最終更新日時 2019/09/10

今回は東京でおすすめのおしゃれミニシアター20選をご紹介します。全国で上映される大手映画会社の作品ではなく、映画館が独自でセレクトした作品を上映する、「ミニシアター」に行ったことはありますか。ぜひ今回の記事を参考に、一度訪れてみてはいかかでしょうか。

東京でおすすめのおしゃれなミニシアター10選

1. アップリンク

渋谷に数多くあるミニシアターのなかでもおすすめなのは、東急本店の奥にある「アップリンク」。奥渋谷と言われるエリアに位置していて、レンガの壁とピンク色の柱が目印。1階にはカフェレストラン『タベラ』が併設されています。

シアター内には座席数の少ないこじんまりとしたスクリーンが3つ。カラフルなソファが可愛いスクリーンや、ゆったりと座れるふかふかソファのスクリーン、キャンプのような折りたたみチェアがあるスクリーンなど、色々な雰囲気が楽しめます。

名称 アップリンク
住所 東京都渋谷区宇田川町37−18 トツネビル1-2F
サイト https://www.uplink.co.jp/

2. シアター・イメージフォーラム

渋谷駅から青山方面へ距離は徒歩8分程進んだ場所にある「シアター・イメージフォーラム」です。独特の形をしたコンクリートの建築が目印です。建物は有名な建築家が設計をしたものだそうです。ぜひ一度訪れてみてはいかかでしょうか。

スクリーンは、座席数64席と100席の2つがあります。海外の芸術的な作品や、世界の有名監督が手掛けた作品など、アーティスティックで個性的な映画を観賞することができます。トークショーやミニライブなどのイベントもおこなわれているので、チェックしてみてください。

名称 シアター・イメージフォーラム
住所 東京都渋谷区渋谷2-10-2
サイト http://www.imageforum.co.jp/theatre/

3. ユーロスペース

ビルの2階にあり、この建物にはほかにもライブホール「ユーロライブ」、名画座「シネマヴェーラ渋谷」、映画美学校、トークラブハウス「LOFT9 Shibuya」が入っています。ビル全体がカルチャーに関わる施設なのですね。外国人の方などもきてはいかがでしょうか。

「ユーロスペース」の館内はシンプルでスタイリッシュな印象。145席と92席の2つのスクリーンがあり、国内外の良質な映画作品を多数上映しています。また、映画監督のトークショーなども頻繁に開催されていますよ。

名称 ユーロスペース
住所 東京都渋谷区円山町1-5
サイト http://www.eurospace.co.jp/

4. 神保町シアター

建物自体が芸術作品のようなミニシアター、「神保町シアター」。卵の形をイメージして造られた建物が、アートに触れる気分を高めてくれます。ビル内には吉本興業お笑い劇場の「神保町花月」も併設されているところが特徴です。

席が99席とこじんまりとした小さな映画館です。建物のデザインは非常にスタイリッシュですが、懐かしい昭和の日本映画が数多くあります。古書店に似た雰囲気がありますね。「次はどんな映画をやるんだろう?」と、いつもわくわくさせてくれるシアターです。

名称 神保町シアター
住所 東京都千代田区神田神保町1-23
サイト http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/

5. シネスイッチ銀座

かつての老舗映画館は、スタイリッシュな姿に生まれ変わりました。また、「レディースデー」という、今では当たりまえのことを初めてとりいれた映画館がこの「シネスイッチ銀座」です。魅力ある場所となっております。

数々の人気作品は、実はこの映画館から日本に広まったのだそうです。今後もシネスイッチ銀座をきっかけに、さまざまな映画が日本でブームを巻き起こすかもしれませんね。映画好きの方ならぜひ一度は足を運びたい場所となっています。

名称 シネスイッチ銀座
住所 東京都中央区銀座4-4-5 旗ビル
サイト http://www.cineswitch.com/

6. トリウッド

「トリウッド」という下北沢にある映画館です。雰囲気はおしゃれなバーに似ており、映画館には見えません。アニメーションの作品が数多くあり、アニメ好きの方や、デートなどにおすすめです。ぜひ一度訪れてみてはいかかでしょうか。

座席が非常におしゃれで、47席のみのこじんまりとした映画館ですが、ゆったりとした映画鑑賞をご堪能できます。またトリウッドでは持ち込み作品も上映でき、若手の映画監督にとっては非常にありがたい場所となっています。

名称 トリウッド
住所 東京都世田谷区代沢5-32-5
サイト http://tollywood.jp/

7. ラピュタ阿佐ヶ谷

「ラピュタ阿佐ヶ谷」は、ジブリ作品の“天空の城ラピュタ”から名づけられたミニシアターです。映画館ができた当初はアニメーション映画を専門に上映しておりましたが、現在は主に昔懐かしい日本映画をメインに上映しています。

ラピュタ阿佐ヶ谷はラピュタビルの2階にあり、地下1階には小劇場「ザムザ阿佐谷」、3・4階には「レストラン山猫軒」があります。シアターは50席のこじんまりとした規模で、背もたれの高いゆったりとした椅子でくつろぎながら映画鑑賞できる空間です。

名称 ラピュタ阿佐ヶ谷
住所 東京都杉並区阿佐谷北2-12-21
サイト http://www.laputa-jp.com/

8. 恵比寿ガーデンシネマ

車いらずの、恵比寿駅からの距離徒歩5分ほどの距離にあるミニシアター、「恵比寿ガーデンシネマ」。 スクリーンや座席の数は少ないですが、この劇場は明るくおしゃれな雰囲気で、椅子自体もひろくてゆったりとした空間を楽しめます。

映画はもちろんですが、お食事を楽しみに来るお客さんも多くいます。 綺麗なロビーで美味しいお酒を味わった後は、少し変わった映画作品をゆっくり楽しむ。そんな贅沢な時間を過ごしたい映画ファンにぴったりのミニシアターです。

名称 恵比寿ガーデンシネマ
住所 東京都渋谷区恵比寿4-20-2
サイト https://gardenplace.jp/culture/cinema.php

9. ポレポレ東中野

「ポレポレ東中野」は、スクリーン、座席ともにミニシアターとしては大きめな映画館。ゆったりとした映画鑑賞をお楽しみいただけます。さまざまな社会問題を題材をテーマにした映画が数多くありますので、様々なことを学べます。

新人作家のアート系作品や成人向け映画などもラインアップされており、観客を飽きさせない幅広いジャンルを取り扱う映画館です。新たな刺激を求めている人にとって最適なシアターと言えます。レトロな雰囲気をともに、映画を楽しんでみてください。

名称 ポレポレ東中野
住所 東京都中野区東中野4-4-1
サイト https://www.mmjp.or.jp/pole2/

10. 目黒シネマ

「目黒シネマ」は、 歴史あるレトロな空間が広がる映画館で、ハリウッド大作映画から芸術的作品まで、幅広いジャンルの邦画・洋画を楽しむことができます。コアな映画ファンだけではなく映画初心者の方にもぜひ訪れてほしいミニシアターです。

映画館のロビーには映画館スタッフお手製のディスプレイが設置されており、入場するときに渡されるプログラムもスタッフの手作りなので、映画館スタッフの愛を感じることができる場所となっています。1枚の入場券で2本映画を見ることができるところも嬉しいポイント。

名称 目黒シネマ
住所 東京都品川区上大崎2-24-15
サイト http://www.okura-movie.co.jp/meguro_cinema/now_showing.html

レトロなシネマやおしゃれなシネマ!東京でおすすめのミニシアター5選

1. Bunkamura ル・シネマ

「ル・シネマ」は、複合文化施設Bunkamuraの中にある映画館です。Bunkamuraは映画館のほか、音楽ホールや劇場、ミュージアムがある、建物全体がアートに触れられる空間になっています。最新鋭のデジタル映写システムが完備されていて、ミニシアターながらクオリティの高い鑑賞ができます。

音楽やファッションに関連した映画が上映されることが多く、おしゃれやアートに興味がある人におすすめです。ル・シネマ独自の感性で作品をセレクトし、芸術性の高い映画を単館ロードショー形式で上映している映画館です。

名称 Bunkamura ル・シネマ
住所 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
サイト https://www.bunkamura.co.jp/cinema/index.html

2. 飯田橋ギンレイホール

「ギンレイホール」は、1974年にスタートしたミニシアターです。ロードショーが終了した映画から2本立てでセレクトして上映しているスタイルで、一度入場すれば2本映画を見ることができます。昭和の香りが残る、レトロな雰囲気の映画館です。

日本やアメリカだけではなく、アジアやヨーロッパなど国境を問わないラインナップの映画を上映しています。「注文の多い映画館」であることを自称しており、映画を心行くまで楽しむため「途中入場の遠慮」や「携帯電話のオフ」などのルールがあります。

名称 飯田橋ギンレイホール
住所 東京都新宿区神楽坂2-19 銀鈴会館
サイト http://www.ginreihall.com/hallinfo.html

3. ケイズシネマ

「ケイズシネマ」は新宿にあるミニシアターです。昔は主に仁侠映画を上映していましたが、現在は様々なラインナップで作品をセレクトしています。国内映画だけではなく、個性が光る面白い映画を見ることができるシアターです。

席数は多くないですが、ゆとりのあるパーソナルスペースを取りながら映画鑑賞ができます。”映画を観るための心地良い時間と空間を提供する映画館”がコンセプトになっており、こじんまりとした場内ですが居心地のいい空間です。

名称 ケイズシネマ
住所 東京都新宿区新宿3-35-13 SHOWAKANビル
サイト http://www.ks-cinema.com/

4. 新宿武蔵野館

「新宿武蔵野館」は新宿にあるミニシアターです。商店の力で設立された映画館です。戦後は、芸術的な映画や、一般の方向けのとても面白い映画などを上映しています。2016年11月にリニューアルオープンし、館内やロビーが新調されました。

特に洋画を取り扱っています。また独特の日本映画も上映します。席はすべての席指定席です。同じビル内にあった系列のシネマカリテは近くの別の場所に移転しました。新宿武蔵野館へのアクセスは、JR新宿駅東口からの距離徒歩5分以内です。

名称 新宿武蔵野館
住所 東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル
サイト http://shinjuku.musashino-k.jp/

5. 早稲田松竹

「早稲田松竹」は、その名前の通り松竹系の映画館で、昔は数多くの名作の映画を上映していました。2002年に休館したものの、早稲田大学の学生の力により復活しました。見逃した映画や、そういえば見たかった映画などが見られるシアターです。

比較的新しい2017年ごろの人気のある映画を上映しており、また昔の人気のヒット作を2つ同時に見れるというのも魅力の一つです。JR高田馬場駅から徒歩5分以内で、アクセスもしやすい場所です。レトロな雰囲気のシアターを楽しみたい方はぜひ。

名称 早稲田松竹
住所 東京都新宿区高田馬場1-5-16
サイト http://www.wasedashochiku.co.jp/

まだまだある!東京でおすすめのミニシアター5選

1. ヒューマントラストシネマ

ゆったりとした空間で、落ち着いて映画鑑賞を楽しめると評判の「ヒューマントラストシネマ」。フードメニューも豊富で、映画を楽しみながら美味しくいただくことができます。舞台挨拶やトークショーなどのイベントもありますよ。

小規模の映画館といっても立派なテアトルなので、作品をじっくりと観賞できたり、ゆっくりとした映画鑑賞をご堪能できます。テアトル新宿、シネリーブル池袋と同じ系列の映画館となっており、シアターは3つ用意されています。

名称 ヒューマントラストシネマ
住所 東京都渋谷区渋谷1-23-16 ココチビル 7・8F
サイト https://ttcg.jp/human_shibuya/

2. 下高井戸シネマ

「下高井戸シネマ」は、名画座として知られています。昔は東映系の映画を上映していましたが、昭和55年以降は名画座として、現在まで人気のある映画館です。友の会に入ると1年間割引で上映作品を見ることができるお得なサービスもあります。

こちらでは、オールジャンルの様々な映画を楽しむことができます。面白いところは、上映される作品によって料金が異なるところ。あらかじめ見る映画を決めておくとよいかもしれません。アクセスは京王・東急世田谷線下高井戸駅から徒歩5分以内です。

名称 下高井戸シネマ
住所 東京都世田谷区松原3-27-26
サイト http://www.shimotakaidocinema.com/

3. 蒲田宝塚

1964年に開業し、この地域唯一の映画館として人気の「蒲田宝塚」。建物の雰囲気も趣があり、最近の映画館では見かけなくなった2階席もあります。座席数は279席あり、ブランケットの貸し出しなども行われている居心地のいいシアターです。

上映作品は、主に邦画です。おなじ施設内にはテアトル蒲田という映画館もあり、こちらは東映系の映画の放映が主になります。昭和の雰囲気が手に取るように感じられる蒲田宝塚で、映画の世界にどっぷり浸ってみてはいかがでしょうか。

名称 蒲田宝塚
住所 東京都大田区西蒲田7-61-1 東京蒲田文化会館 4F
サイト http://kamata.main.jp/

4. 新宿ピカデリー

「新宿ピカデリー」には、特別席プラチナシート、プラチナルームがあります。高級感あふれる雰囲気が魅力で、バルコニー席はプライベートなムードを味わえます。リラクゼーションやプラチナラウンジなどがあり、ほかの映画館では味わえない雰囲気です。

フードメニューも充実していて、おすすめはドトールコーヒーと共同開発されたホットドッグ。香ばしいソフトフランスパンに、パリッとした皮とジュワッと旨味が広がるソーセージがサンドされています。3D上映にも対応しており、鑑賞料金+一律400円で鑑賞することができます。

名称 新宿ピカデリー
住所 東京都新宿区新宿3-15-15
サイト https://www.smt-cinema.com/site/shinjuku/index.html

5. 新文芸坐

「新文芸坐」は、池袋東口から徒歩3分のところにある映画館です。多くの映画ファンが足を運ぶミニシアターで、ロビーには自然の光が差し込み、心地の良い空間が広がります。特に音響は素晴らしく、どの席に座っても快適に映画を観ることができます。

トークショーやオールナイト上映など、魅力的なイベントも開催されており、いつ行っても飽きることがありません。1枚のチケットで2本見られる「2本立てシステム」になっており、入れ替えがないため席を立たずにそのまま見ることができます。

名称 新文芸坐
住所 東京都豊島区東池袋1-43-5マルハン池袋ビル3F
サイト http://www.shin-bungeiza.com/

東京でお気に入りのミニシアターを見つけよう!

今回は、今回は東京でおすすめのミニシアター20選をご紹介しました。全国で上映される大手映画会社の作品ではなく、映画館が独自でセレクトした作品を上映する、「ミニシアター」に行ったことはありますか?今では有名な『ニュー・シネマ・パラダイス』や『アメリ』なども、実はミニシアターがきっかけで日本全国に広まったのだそうです。また上映作品だけでなく、映画館の外観や内装も個性豊か。施設によってかなり特徴があります。この記事を参考に、立ち寄っていただければ幸いです。

【関連記事はこちら】

▷東京へ行く時に外せない!東京駅周辺のリーズナブルで美味しい穴場ランチ

特集

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

人気記事