最終更新日時2019/09/24

稲毛は都市部に行くにもアクセスがよく、駅近くは飲食店なども多いエリアです。飲食店も多数ありますが、ランチやディナー、〆にもおすすめしたいのがラーメン店。美味しいラーメン店が多数ある稲毛にはラーメン通の方々も訪れます。仕事や旅行などで訪れることがあれば、美味しいラーメン店にも寄ってみてはいかがでしょう。

稲毛で食べておきたいラーメン店9選

1. らーめん しゃんしゃん

「らーめん しゃんしゃん」はカウンターにテーブル、小上がりもあり、お一人様もご家族も安心のお店。店名が書かれた大きな赤いのれんと赤い看板が目立ちます。カウンター席の椅子にも背もたれがあり、ゆったり食べられる造り。テレビやぶら下がっている照明など、懐かしい雰囲気の店内です。

リーズナブルな500円のラーメンには、丼の半分を占めるくらいの大きなチャーシューが乗っています。少し濁りのあるスープはすっきりした味わい。具材は大ぶりなチャーシューのほかに、茹でもやし、メンマ、ネギ、ほうれん草、海苔と具だくさん。

名称 らーめん しゃんしゃん
住所 千葉県千葉市稲毛区園生町989-13
営業時間 11:00~15:00 17:00~20:00
定休日 水曜日
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12009588/

2. 旨麺

「旨麺」は24時30分まで営業している駅チカ店。近隣で働くサラリーマンの方々にもおすすめです。木戸が懐かしい雰囲気のお店には提灯がぶら下がり、夜になると店内の灯と共に目立ちます。店内も木がふんだんに使用され、カウンター上から下がっている照明のデザインがおしゃれです。

お店のおすすめラーメンは、「排骨(パーコー)塩とんこつラーメン」980円。少々お値段が張りますが、大きなパーコーがどんと乗ってくるボリューミーなラーメンです。サクサク食感を出すために、手仕込みというパーコーがスープになじむと、スープの味にコクが加わるため、とんこつベースでも優しい味わいのスープがパーコーによく合います。

名称 旨麺
住所 千葉県千葉市稲毛区小仲台6-2-7 102号室
営業時間 月~金
11:30~15:00 17:00~24:30

11:30~24:30
日・祝
11:30~23:30
定休日 無休
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12000016/

3. 中華龍之介

「中華龍之介」は古めの赤いテント看板が大きく印象的です。大きな文字で店名が書かれている看板の下には、入口に黄色ののれん。昔から地域にあるラーメン店というイメージです。カウンターとテーブル席があります。テーブルも壁も白くすっきりした店内です。

毎日早朝から仕込んでいるというラーメン550円は、シンプルな昔ながらのラーメンというイメージ。具材は大き目のチャーシューにほうれん草、白ネギの刻みとわかめです。透明感のある醤油スープはこれぞ鶏ガラと言えるすっきりしているのにコクがあるスープ。細麺との相性もいいラーメンです。

名称 中華龍之介
住所 千葉県千葉市稲毛区作草部2-4-33
営業時間 11:30~13:45 17:30~21:00(L.O.20:30)
定休日 日曜、不定休
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12007912/

4. 麺小屋 長沼店

「麺小屋 長沼店 」は平日翌1時45分まで営業しているお店。残業後や飲みの〆にもおすすめのラーメン店です。赤い軒に格子窓の懐かしいイメージの外観。赤いのれんが少しかかっているのも歴史を感じさせます。夜になると格子窓から光が漏れて昭和の雰囲気です。

こちらのおすすめは昔懐かしい雰囲気の中華ラーメン609円。濃いめで酢が透明感のある醤油系のスープに多めのチャーシュー。ネギとわかめに海苔と玉子、ナルト、中華そばの具材がしっかり入っています。麺は少し縮れた感じで、スープなじみもいい麺です。

名称 麺小屋 長沼店
住所 千葉県千葉市稲毛区長沼町95
営業時間 月~土
11:00~翌1:45(L.O.)
日・祝
11:00~23:45(L.O.)
定休日 年末年始
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12027898/

5. まるわ

「まるわ 」はカウンター9席とテーブル7席、全部で16席のラーメン店。お店は黒い外壁でシックなイメージで、一見するとバーのようにも見えます。店内はカウンターの正面から優しく照らす灯や、木の装飾などこだわりが随所に見られるのが特徴です。壁には人気店の証明ともいえるサインがずらり。

すっきりしたラーメンをお好みの方におすすめの淡麗 味玉塩そば780円。透き通ったスープは金色。味玉にチャーシュー、ネギが2種類など具材もたっぷり。そこにバターがトロッと溶けだしています。バターが入ってもくどくならない、だしの効いたスープが決め手のラーメンです。

名称 まるわ
住所 千葉県千葉市稲毛区轟町4-1-13
営業時間 平日
11:00~14:30 17:30~22:30
土日祝
11:00~15:00 17:00~22:00
ラストオーダー各15分前
材料切れで閉店する場合があります。
定休日 月曜日 月曜日が祝日の場合は営業。翌火曜日がお休みになります。
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12008504/

6. 幸楽苑 千葉山王町店

「幸楽苑 千葉山王町店」はリーズナブルな価格と美味しいラーメンが人気のお店。黄色のテント看板が遠くからでもよくわかります。お店の外壁の黄色い看板も黒い外壁に映えて印象的です。店内は白い壁にブラウンの柱がアクセントになったシックで落ち着きのある空間。

庶民派のラーメン店として人気があるこのお店には色々なメニューがありますが、味噌ネギラーメンもおすすめです。白髪ねぎがたっぷり入ったコクのある味噌スープ。麺はつるつるで味噌ラーメンにしてはスタンダードな太さです。白髪ねぎのシャキシャキ感がいいアクセント。

名称 幸楽苑 千葉山王町店
住所 千葉県千葉市稲毛区山王町411-2
営業時間 11:00~24:00 ( L.O.23:30 )
サイト https://tabelog.com/chiba/A1204/A120402/12028276/

7. ラーメンショップ穴川

「ラーメンショップ穴川 」は真っ赤なテント看板がよく目立つ街の中のラーメン店です。サッシの入り口など懐かしい雰囲気。赤いのれんをくぐり中に入ると、小上がりに大きな座布団。小さいお子さんと一緒でも寝かせられそうなくらいに大きな座布団です。アットホームな雰囲気なのでお一人様も気軽に入れるでしょう。

スープの表面に油がふんわり浮いているラーメンは540円。少し濁りのあるスープにチャーシューとネギ、メンマと具材はザ・中華そばというイメージです。チャーシューは厚めでジューシーな味わい。テーブルにはおろしにんにくが置かれているので、味変に利用するといいでしょう。

名称 ラーメンショップ穴川
住所 千葉県千葉市稲毛区園生町889-4
営業時間 11:30~23:00
定休日 水曜日
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12009587/

8. 中華大王

「中華大王」は商店街の中にあるラーメン店ですが、かなり奥まったところにあります。知る人ぞ知る穴場店。通り沿いにお店の看板があるので、そこから奥を見ると赤い大きなテント看板が見えてきます。店内にはテーブルにカウンターがあり、商店街に昔からあるラーメン店といった懐かしい雰囲気。

おすすめはシンプルにラーメン500円。リーズナブルな価格が嬉しいこのラーメンは、昔からある懐かしさいっぱいの醤油ラーメン。油分も少なくすっきりいただけます。シンプルなスープに細麺がよくなじみ、柔らかすぎないチャーシューも昔ながらといったイメージです。

名称 中華大王
住所 千葉県千葉市稲毛区園生町1306-6
営業時間 11:00~
定休日 火曜日
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120105/12009585/

9. 進来軒

「進来軒」は11時から14時の営業と、ランチ営業のみのお店です。店頭には植物がきれいに並べられています。赤いのれんをくぐって店内に入ると、中もこぎれいに掃除され、清潔感のあるイメージです。カウンターの上にはメニューがずらっと並び、天井から下がっている照明も明るすぎずいい雰囲気。

浅草の来々軒で修業した店主が作るラーメンは、進来めん700円がおすすめ。野菜のあんかけは野菜のシャキシャキ感も残り、あんとよくなじみます。鶏ガラ系のスープとあんが混ざるとちょうどいい風味になるラーメンです。麺はストレートの中細麺。あんかけとよく絡み、つるつるとのど越しよく食べられます。

名称 進来軒
住所 千葉県千葉市稲毛区天台5-6-5
営業時間 11:00~14:00
定休日 月曜日・第3火曜日
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12002408/

お手軽価格で食べられるラーメン店5選

1. タンメン照

「タンメン照」は稲毛駅から歩いて行けるラーメン店。黄色の看板が目印です。店内は白い壁が清潔感のある印象。カウンターの奥行きが広く、ゆったり食事ができます。テーブル席がないので家族向けではありませんが、アットホームな雰囲気で、お一人様は気軽に入れるお店でしょう。

おすすめのラーメンは野菜タンメン。野菜の量を200g、400g、800gから選ぶことができます。野菜400gのタンメンは750円。丼に山盛りの炒め野菜が乗ってきます。キャベツにニラ、もやしにニンジンと野菜たっぷりのラーメン。優しいスープの味とたっぷり野菜でおなかも満足です。

名称 タンメン照
住所 千葉県千葉市稲毛区小仲台7-26-1 坂通ビル 103
営業時間 火~土 11:30~14:30(L.O.) 18:00~22:30(L.O.)
日・祝 11:30~14:30(L.O.)18:00~21:00(L.O.)
定休日 月曜日(祝日の月曜は都合により定休になる場合あり)
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12029924/

2. 北京亭 西千葉店

「北京亭 西千葉店」は赤い軒テントと黄色の看板が目印のラーメン店。お店の外にはおすすめメニューの看板もあります。店内は中華店らしく丸いテーブルと赤いカウンター。壁にはポスターなどが貼られて街の中華屋さんといったアットホームなイメージです。

大学の前にあるラーメン店なので、学生さんも多くランチメニューなどが充実しています。おすすめの担々麺は750円。丼の真ん中に肉みそが乗せられ、これを溶かしながら食べます。ゴマの風味がいいスープは粘度の高い部分と低い部分の2層。辛味もありますがコクのある担々麺です。

名称 北京亭 西千葉店
住所 千葉県千葉市稲毛区弥生町2-21
営業時間 月~金 11:00~14:30 17:00~21:30
土 11:00~14:30 17:00~20:30
定休日 日曜
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12001221/

3. 中華創房 希林

「中華創房 希林」はみどり台駅からすぐ近くにある駅近のラーメン店です。バリアフリーのお店なので高齢の方も障害をお持ちの方も安心。お店の入り口上に食と大きな文字が書かれています。ペパーミントグリーンのドアから中に入ると白い壁と天井に、竹の装飾などがあり和モダンな雰囲気です。

こちらのお店の一押しは765円の担々麺。白いクリーミーな胡麻ペーストのスープに肉みそがたっぷり。そこにオレンジ色の辣油が浮かびます。とろみのあるスープに肉みそを混ぜていくと、よりコクのある味に変化。中華系香辛料の香りも食欲をそそる一品です。

名称 中華創房 希林
住所 千葉県千葉市稲毛区緑町2-14-3
営業時間 11:30~21:30
定休日 月曜日
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12000747/

4. ラーメン やまや本店

「ラーメン やまや本店」は駅チカで立地条件のいいラーメン店です。駅チカで大学の目の前なので、サラリーマンや学生さんの利用が多いお店。黄色のテント看板に赤い文字で店名が書かれているので、お店はすぐにわかります。店内も白い壁ときれいな薄茶色のカウンターがきれいな印象です。

ラーメンは並、中共に730円。食券を渡すときに麺の量を申告するシステムです。トッピングの野菜増しや、少なめ、にんにくや脂の量なども調整できます。ただし、野菜増しにしなくても並盛で野菜の量は十分。インド玉を多くするとカレーラーメン風に味変も可能です。

名称 ラーメン やまや本店
住所 千葉県千葉市稲毛区弥生町2-21
営業時間 月〜土
11:00~15:00 17:30~22:00
木曜日
11:00~15:00
祝日
11:00~15:00 17:30~22:00
定休日 日曜
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12040101/

5. 北海道らーめん ひむろ 稲毛店

「北海道らーめん ひむろ 稲毛店」は翌4時まで営業しているお店。サラリーマンや学生さんの飲みの〆にもおすすめです。北海道ラーメンと大きく書かれた白い看板が目立ちます。お店の入り口横にはラーメンメニューの説明も書かれているので、初来店の方もわかりやすいでしょう。

北海道らーめんを色々と楽しめるお店です。札幌味噌らーめん、旭川の醤油らーめん、辛味噌などもあります。学生の皆さんは学生証を見せると100円トッピングか半ライスがサービスです。札幌味噌らーめんは味噌のコクが深く、大きめのチャーシューともよく合うラーメン。こちらは780円です。

名称 北海道らーめん ひむろ 稲毛店
住所 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-5-13
営業時間 月~土
11:00~翌4:00

11:00~23:00
定休日 無休
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12024307/

こってりラーメンが食べられるお店5選

1. 日高屋 稲毛西口店

「日高屋 稲毛西口店」は平日翌2時まで営業、JR稲毛駅にも近い便利なラーメン店です。店名が書かれた大きな白い看板が目を引きます。お店の入り口にはメニューの紹介がされていて、にぎやかな印象。店内には1人客用のカウンターなども用意されています。

おすすめの五目うま煮つけ麺は560円とリーズナブルです。つけ汁には海老や豚肉、かまぼこが入っています。キャベツやブロッコリーなど野菜もたっぷりです。つけ麺は一般的に太麺が多いのですが、こちらはラーメンに利用するスタンダードな麺。スルスルと食べられる麺はつけ汁とよく合います。

名称 日高屋 稲毛西口店
住所 千葉県千葉市稲毛区稲毛東3-14-8 SJビル1F
営業時間 月~土
11:00~翌2:00
日・祝
11:00~24:00
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12004553/

2. 自家製太打麺 勢拉 稲毛店

「自家製太打麺 勢拉 稲毛店」は平日翌3時まで営業しているお店。お店の外観は古木を使用したレトロで渋めの印象です。赤い小さめののれんに裸電球、その上にはトタンの軒を使うなど、昭和のイメージのお店。店内の壁にはラーメンの説明がびっしり貼られてます。

油そばの並、690円は麺の量が225g。この油そばの食べ方もカウンターの壁などにしっかり書かれています。温玉を割り入れて混ぜ、卓上調味料で自分流に味をアレンジ、最後に割りスープで楽しむというスタイル。シンプルに食べ進めて、途中で卓上調味料を使えば味変を楽しめる油そばです。

名称 自家製太打麺 勢拉 稲毛店
住所 千葉県千葉市稲毛区小仲台6-2-1
営業時間 月~土
11:00~翌3:00

11:00~翌1:00
定休日 無休
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12023799/

3. ガッツ

「ガッツ」は横浜家系ラーメンを食べられるお店。お店の店頭には店名が大きく書かれたかなり目立つ看板があります。入口にはここで食べられるおすすめラーメンが写真付きで紹介されているので、にぎやか。店内も天井から照明と共に濃厚と書かれた提灯がぶら下がり、壁にお店の注文システムの説明書きがあります。

横浜家系らしい濃厚な豚骨スープの「ラーメン」は700円。とろみの強いスープに醤油ダレがしっかり効いたラーメンです。色々と調整できるシステムのお店ですが、初心者の方は全てノーマルで注文してもいいでしょう。ノーマルで頼んでも十分濃厚でおなかにがっつり来るラーメンです。

名称 ガッツ
住所 千葉県千葉市稲毛区小仲台6-14-3 太田ビル 1F
営業時間 月~木・土・日
11:00~24:00

11:00~翌1:00
定休日 無休
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12035317/

4. ラーメン餃子武蔵

「ラーメン餃子武蔵 」はカウンター11席、小上がり18席の29席のお店です。小上がりがあるのでご家族連れにもいいですし、カウンター席はお一人様におすすめ。駐車場が10台分用意されていますのでお車での来店も安心でしょう。ラーメンと餃子がおいしいと定評のあるお店です。

こちらのお店のおすすめは味噌ラーメン。餃子もおいしいので一緒に頼んでもいいでしょう。味噌ラーメンは具材たっぷりという感じではなく、シンプルにスープと麺を楽しむといった印象。味噌ラーメンには珍しく、玉子麺のような黄色い麺が使用されているのが特徴的です。

名称 ラーメン餃子武蔵
住所 千葉県千葉市稲毛区山王町368-1
営業時間 11:30~14:00 17:00~22:00
定休日 水曜日
サイト https://tabelog.com/chiba/A1204/A120402/12009589/

5. らーめん楢蔵

「らーめん楢蔵 」は深夜24時まで営業している、サラリーマンの〆ラーメンにもおすすめのお店。黒い木材が外観を持つお店には、店名が大きく書かれた看板が掲げられています。黒い外観の建物に白いのれんが印象的。一品メニューも豊富なのでここで飲んで〆にラーメンもいいでしょう。

こちらのお店のおすすめラーメンは楢蔵元祖味噌ラーメン700円です。お店のこだわりの味噌だれは、選び抜いた味噌を使っています。コクのある味噌スープの上には、あぶって香ばしい香りのするチャーシュー。麺は少し太めの平打ちの縮れ麺で、スープに良くなじみます。

名称 らーめん楢蔵
住所 千葉県千葉市稲毛区園生町406-7 石渡ビル 1F
営業時間 11:30~24:00(L.O.23:45)
定休日 水曜日
サイト https://tabelog.com/chiba/A1201/A120105/12042134/

家族やお友達と一緒に稲毛のラーメン店を楽しもう

稲毛にある数多くのラーメン店は、ご家族におすすめのお店や、お一人様、またお友達同士におすすめのお店など、非常にバラエティに富んでいます。ラーメンは幅広い年齢層の方々が好きなメニュー。小さいお子さんも、高齢の方もラーメン店に足を運んでいますが、稲毛に行くことがあるなら、この情報を利用しておすすめの美味しいラーメンを食べてほしいです。こだわりを持ったお店が多数ある稲毛のラーメン店の中でも、人気の高いおすすめ店を紹介しています。この週末にでも稲毛までラーメンを食べに行ってみてはいかがでしょう。

【関連記事はこちら】
▷千葉県の津田沼でグルメが楽しみたいならここ!おすすめのお店18選
▷必見!津田沼まで来たときに行ってみるべき!おすすめのカフェ16選

特集

2020/02/17泊まってよかった!Reluxが紹介する部屋自慢の宿5選

2020/02/14プール付きヴィラと美食を楽しむ “プライベートで贅沢”なファミリーステイ──ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ

人気記事