最終更新日時 2019/02/27

毎日多くの人が行き交う場所、東京駅。今回はその駅舎内にひっそりと佇む東京ステーションホテルのふたつのバーと、ここでしか味わえないオリジナルのカクテルをご紹介します。お仕事帰りや大切な記念日など、様々なシーンを演出する東京駅で素敵な一杯をいかがですか?

丸の内のシンボル「東京ステーションホテル」

RP28564_1022出典:relux|東京ステーションホテル

1915年の開業以来、震災や戦争を乗り越え、人々の歴史や想いを見つめてきた東京ステーションホテル。2014年に開業100周年を迎えたことでも大きな話題になりました。建物全体の復原工事が行われたのは、2012年のこと。赤レンガをまとった佇まいは、時を経てもなお、その美しさを失うことはありません。

そんな東京ステーションホテルの2階に、ふたつの瀟洒なバーがあることをご存知ですか? 「Bar Oak」と「Camellia」、それぞれに異なる特長をもったバーの、”ここでしか味わえない一杯”をご紹介します。

▼東京ステーションホテル
■ 詳細情報:https://rlx.jp/28564
■ 所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1(JR「東京駅」丸の内南口直結)

木の質感が香るオーセンティックバー「Bar Oak」

RP28564_1015出典:relux|東京ステーションホテル

「Bar Oak」は、駅舎の創建当時に用いられていた赤煉瓦と木の質感を楽しむことができる、ゆったりとした時間が流れるバーです。ビビッドな色づかいで、お酒の楽しさを知るバーと位置付けられているのが、もうひとつのバー&カフェ「Camellia」。それに対して、「Bar Oak」はシックで落ち着いた装いで、もともとお酒が好きな方のための、いわば”大人のバー”であるといえます。

電車に乗り遅れることのないようにとの配慮から、店内の時計の針は実際の時間よりも数分早くセットされています。これも駅の中のバーだからこそですね。

そうきちさん(@sew_sawa)が投稿した写真

そして、ここ「Bar Oak」でしか味わえないのが、「東京駅」というカクテル。このカクテルを生み出したのは、名バーテンダーとして名を馳せる、杉本壽氏です。

杉本氏が東京ステーションホテルに入社したのは、1958年のこと。それ以来、バーテンダーとして多くのゲストに逸品を提供し、愛されてきました。そんな杉本氏が、東京駅の開業75周年の記念して生み出したのがカクテル「東京駅」なのです。タンカレー(イギリスのジン)、スーズ(フランスのリキュール)、アメリカのライムジュース、日本のざくろジュースという4つをミックス。日本のセントラルステーション、そして国際都市・東京をイメージした一杯なのだそう。美しい琥珀色は、レンガづくりの東京駅を照らすライトのようにも見えますね。

▼カクテル「東京駅」
■ 価格:1,300円(税込・別途サービス料10%)

▼「Bar Oak」
■ 公式HP:www.tokyostationhotel.jp/restaurants/oak/
■ 座席数:18席
■ 営業時間:バータイム 17:00〜24:00(L.O.23:30)

気軽に足を運べるカジュアルなバー「Camellia」

RP28564_1007出典:relux|東京ステーションホテル

バー&カフェ「Camellia」は、1951年から愛されてきた一軒。「Bar Oak」とともに、東京ステーションホテルの2階に佇んでいます。「Bar Oak」がオーセンティックなら、「Camellia」はモダンなスタイル。若いひとにも気軽に足を運んでもらえるようにと、ビビットカラーを散りばめたカラフルな内装へと生まれかわりました。

「Bar Oak」の営業時間はバータイムのみですが、バー「Camellia」はランチタイムでも楽しむことができます。

10407935_930231550373565_5536304509664877009_n

▲左「山手線」/右「京葉線」(出典:relux Magazine編集部)

そんな「Camellia」でぜひ味わってみたいのが、東京駅を行き交う6つの路線をモチーフにしたカクテルたち。それぞれの路線のカラーをそのままカクテルに仕立てています。

11205533_644579658976011_928696395905483130_n出典:relux Magazine編集部

こうしてみると、通勤に使っている路線もいつもより特別に感じられるかもしれません。どの路線に乗ろうか、思わず迷ってしまいそうですね。

▼「Tokyo Station 6 Cocktails」
・山手線:サークルグリーン
・京葉線:ガーネットライン
・東海道線:グリーンサンライズ
・総武快速線:マリーゴールドイエロー
・京浜東北線:スカイブルー
・中央線:ヴァーミリオンオレンジ
(各1,900円/税込・別途サービス料10%)

▼バー「Camellia」
■ 公式HP:www.tokyostationhotel.jp/restaurants/camellia/
■ 座席数:36席
■ 営業時間:ランチタイム 平日 11:30〜24:00(L.O.23:30)/土日祝 11:30~15:00(L.O.)/バータイム 17:00~24:00

贅沢な夜に、ここだけの一杯を。

いかがでしたか? 東京駅は、旅の出発地や目的地、あるいは通過地点となる特別な場所。そこに、こんなに素敵な時間を過ごしながら、”ここだけの一杯”を味わえる場所があったのです。このバーに訪れるためだけに、東京駅に足を運んでみるのも素敵ですね。

TOP画像出典:relux|東京ステーションホテル

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事