最終更新日時2019/08/27

神奈川県は東京からもほど近く、日帰りで楽しめる観光スポットが沢山あります。洗練された港町横浜や古都鎌倉、自然と温泉が魅力の箱根など、神奈川に住む地元の人がおすすめしたくなる、ハズレなしの観光・グルメスポットを穴場から王道まで一気に紹介します。

神奈川県に行ったら訪れたい人気の観光スポット37選

1.横浜みなとみらい21

Night Photography Night Lights Buildings Water Reflections Ferris Wheel Urban Landscape City City Lights at 横浜みなとみらい21 (Yokohama Minato-mirai 21)

「よこはまみなとみらい21」とは横浜市の西区と中区にまたがり横浜港に面している地域全体をさします。シンボルであるランドマークタワーをはじめ、クイーンズスクエア横浜や横浜赤レンガ倉庫、横浜コスモワールドなど沢山のビルやショッピングモール、ホテルなどが立ち並んでいます。ここに来れば洗練された海の街を堪能することができます。特に夜景がキレイなのでカップルのデートにおすすめです。

所在地 神奈川県横浜市西区、中区
サイト http://minatomirai21.com/

2.横浜中華街

Chinatown, Yokohama (3)

横浜中華街は王道の観光スポット。約500m四方の広々とした街には約600店(内約200店舗が中華料理店)あります。一歩中に入れば一気に中国の雰囲気に。メディアで紹介された中華料理店も沢山あります。10基の牌楼(門)や横浜中華街關帝廟(よこはまちゅうかがいかんていびょう)などの観光スポットもおすすめ。占いやお土産、中華食材やキッチンツールなどショッピングも楽しめます。

所在地 神奈川県横浜市中区山下町
電話番号 横浜中華街発展会協同組合 事務局045-662-1252(土日祝は休業)
参考価格 無料
営業時間 店舗による
定休日 無休(店舗による)
アクセス みなとみらい線「日本大通り駅」下車徒歩5分
サイト http://www.chinatown.or.jp/

3.よこはま動物園ズーラシア

スマトラトラ (Sumatran Tiger)

世界の動物を気候別に8つのエリアに分け、動物達が実際に暮らす環境をできるだけ再現しているのが特徴です。動物は約110種780点で見応えがあります。また動物と触れ合えるコーナーや馬に餌をあげる体験もできます。パーク内にはいくつか公園や芝部の広場があり、お弁当を持参して食べることも。もちろんレストランもあります。デートやファミリーにおすすめです。

所在地 横浜市旭区上白根町1175-1
電話番号 045-959-1000
参考価格 18歳以上800円 高校生300円 小中学生200円(小学生未満は無料)
営業時間 9:30~16:30(入園は16:00まで)
定休日 毎週火曜日(祝日の場合は開園。翌日休園。)12/29~1/1 ※5月・10月は無休。臨時開園日あり
アクセス 横浜線·横浜市営地下鉄「中山駅」下車、「よこはま動物園行」のバスで約15分
駐車場 2200台あり。1日1回1000円(開園1時間前〜閉園1時間後※入場は閉園30分前まで)
サイト http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/

4.三渓園

Untitled

三渓園は実業家、原三溪により1906年に公開された純日本庭園です。175,000㎡に及ぶ園内には、重要文化財10棟、横浜市指定有形文化財3棟をはじめとする歴史的に価値の高い建造物が自然と調和するように配置されています。また梅や桜、ツツジや紅葉なども楽しめ、特に桜の季節の「観桜の夕べ」がおすすめです。ライトアップされた庭園は昼間とは違う幻想的な空間に。古建築と花の織り成す世界感を堪能して下さい。

所在地 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
電話番号 045-621-0634
参考価格 中学生以上500円 小学生以上200円
営業時間 9:00~17:00(入園は閉園の30分前まで)
定休日 12月29日、30日、31日(天災、不慮の事故などの不測の事由により臨時休園する場合あり)
アクセス ■JR「根岸駅」から市バスで約10分「本牧」下車 徒歩10分
駐車場 あり。最初の2時間500円、以降30分毎100円、当日最大1000円
サイト http://www.sankeien.or.jp/index.html

5.横浜赤レンガ倉庫

The Yokohama Red Brick Warehouse

明治、大正時代に国の模範倉庫として創建された横浜赤レンガ倉庫は歴史を感じるクラシカルな佇まいが魅力です。倉庫ではショッピングは食事はもちろんのこと、海に面した開放的な広場があり、港を行き交う船やみなとみらいの景色が楽しめます。夜にはライトアップされより幻想的で美しく、カップルのデートにぴったりな場所です。

所在地 神奈川県横浜市中区新港1-1
電話番号 1号館045-211-1555 2号館045-227-2002
参考価格 無料
営業時間 1号館10:00~19:00 2号館11:00~20:00(1号館の閉館時間、レストランの営業時間は店舗により異なる)
アクセス JR·市営地下鉄「桜木町駅」下車徒歩約15分
駐車場 最初の1時間500円。以後30分250円。店舗で3000円以上の買物で1時間無料サービスあり
サイト http://www.yokohama-akarenga.jp/

6.八景島シーパラダイス

YOKOHAMA HAKKEIJIMA SEA PARADISE_46

水族館とアトラクションが同時に楽しめるテーマパークです。レストランやホテル、ショッピングモールも完備。1日たっぷり遊べます。水族館ではイルカをはじめとする海の動物のショーやシロイルカのおでこにタッチして写真がとれたり、コツメカワウソに餌をあげて握手ができるふれあいイベントがあります。ファミリーやデートにおすすめ。

所在地 横浜市金沢区八景島 横浜・八景島シーパラダイス
電話番号 045-788-8888
参考価格 ■水族館+アトラクションチケット 高校生以上5050円 小学生以上&65歳以上3600円 4歳以上2050円。詳しくはHP参照
営業時間 9:00~21:00または10:00~20:00(HPのカレンダー参照)
アクセス 「横浜駅」京浜急行約20分「金沢八景駅」下車→シーサイドライン「金沢八景駅」約7分「八景島駅」下車すぐ
駐車場 あり。1日1,200円。(開島30分前~閉島30分後)
サイト http://www.seaparadise.co.jp/

7.カップヌードルミュージアム

CupNoodle Museum, My Cupnoodles Factory

インスタントラーメンの魅力を知れる体験型のミュージアム。おすすめは世界でひとつだけのマイカップヌ―ドル作り。自分で手作りしたカップに4種類のスープから1種類、12種類の具材から4種類を選んでトッピングできます。施設内には製造工程を体感できるアスレチックがあり、ボールプールやトンネル、ローラーすべり台などがあり子供も楽しめます。世界各国の麺を食べることができるフードアトラクションも人気です。

所在地 横浜市中区新港2-3-4
電話番号 045-345-0918
参考価格 大学生以上500円 高校生以下無料。アトラクション利用料それぞれ300~500円
営業時間 10:00~18:00(入館は17:00まで)
定休日 火曜日(祝日の場合は翌日が休館日)年末年始
アクセス ■みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩8分
駐車場 40台あり。入館券提示で最初の1時間無料、それ以降30分毎250円(9:00~19:00)
サイト http://www.cupnoodles-museum.jp/

8. Marine & Walk Yokohama(マリン&ウォーク)

2018年4月にオープンした最新スポット、「Marine & Walk Yokohama」。名前の通りウォーターフロントに位置し、街路にお店が立ち並ぶオープンスタイルのショッピングモールとなっています。

街路ということでワンちゃん連れの方も多く、横浜ならではのお洒落な雰囲気が楽しめます。ファッション系のお店はもちろん、テラスを設けたレストランやカフェが充実。横浜の新名所になること間違いなしの注目スポットです。

名称 Marine & Walk Yokohama
住所 神奈川県横浜市中区新港1-3-1
営業時間 11:00~20:00(レストランは23:00まで)
サイト https://www.marineandwalk.jp/

9. cafe OMNIBUS(カフェオムニバス)/YCC ヨコハマ創造都市センター

非日常的な雰囲気の中、絶品サンドイッチをいただけると評判の「cafe OMNIBUS」。天井が高く開放的な空間は、まるでフランスの宮殿のようで気分が高揚します。何といってもすごいのは、ここが本物だということ。1929年に建てられた「旧第一銀行横浜支店」を移築し復元した、歴史的建造物なのです。

ランチはメイン、デリプレート、ドリンクがついて950円と安いお値段でいただけるのもポイント。メインはサンドイッチかご飯物の週替わりで、キューバサンドやオムニバスバーガー、またはカオマンガイなどがいただけます。

名称 cafe OMNIBUS
住所 神奈川県横浜市中区本町6-50-1 YCC ヨコハマ創造都市センター1F
営業時間 11:00~20:00(L.O19:30)
サイト https://yokohamacc.org/data.cgi?id=cafe_omnibus

10. 横浜八景島シーパラダイス

子供連れからカップルまでみんな楽しめる定番スポット「横浜八景島シーパラダイス」。度々テレビでも紹介されるほど、人気のスポット。プレジャーランドでは様々なライドや屋内遊戯施設があり、小さなお子様でも楽しんでいただくことができます。

また、海の生き物たちとの触れ合いができるプログラムが盛りだくさん。水族館では珍しい、魚釣りや魚とりも実施しています。注目は「LIGHTIA」というショー。光と音楽とイルカとの饗宴が楽しめます。カップルは必見。ロマンチックなムードになれますよ。

名称 横浜八景島シーパラダイス
住所 神奈川県横浜市金沢区八景島
営業時間 8:30~21:30(土日祝日は22:30まで)
サイト http://www.seaparadise.co.jp/

11.横浜港 大さん橋 国際客船ターミナル

Osanbashi Pier

大さん橋は世界各国のクルーズ船が寄港する日本でも有数のターミナルです。建物は3階建てになっており、1階は駐車場、2階は開放的なホールやレストラン、出入国ロビーがあり、屋上は天然芝の緑地とウッドデッキが広がっています。建物はうねる波をイメージしており、水面に浮かぶくじらの背中のように見えます。2階の先端にあるレストランからは横浜の景色を楽しみながら食事ができ、屋上では散歩をしたり、夜はみなとみらいの夜景を楽しむことができます。

所在地 神奈川県横浜市中区海岸通1丁目1番4号
電話番号 045-211-2304(9:00~21:30)
参考価格 無料。
営業時間 屋上 24時間オープン 2F 9:00~21:30(ホール利用 9:00~22:00)
アクセス みなとみらい線「日本大通り駅」下車徒歩約7分
駐車場 約400台あり。平日は24時間利用で最大1,500円。※詳しくはHP駐車場案内ページ参照
サイト https://osanbashi.jp/

12.銭洗弁財天宇賀福神社

DSC03434

洞窟を抜けて境内に入る神秘的な空間の神社。源頼朝が「岩窟の中に湧く霊水で神仏を供養すれば泰平の世になる」と夢を見たのが神社の起源だと言われています。その後、北条時頼が金銭を霊水で清めて一族の繁栄を祈願したことから、お金が何倍にも増えるパワースポットとして有名になりました。小銭やお札を清めて良い心がけで使えば金運が上がると信じられています。

所在地 神奈川県鎌倉市佐助2丁目25-16
電話番号 0467-25-1081
参考価格 無料
営業時間 8:00~16:30
アクセス 鎌倉駅西口から徒歩で25分~30分
駐車場 10台ほどあり。無料 ※土曜日、日曜日と巳の日(要事前確認)は進入禁止

13.長谷寺

Hydrangea, Hase, Kamakura 2013

一年を通して花が絶えないお寺。境内には鎌倉の海と街並みが一望できる「見晴台」と「眺望散策路」があり素晴らしい景観が楽しめます。また、40種類以上、約2500株のアジサイがあり、梅雨時期には見事に咲き誇り圧巻の美しさです。鎌倉へ行くならぜひ立ち寄りたいお寺のひとつ。カップルのデートにおすすめです。

所在地 神奈川県鎌倉市長谷 3-11-2
電話番号 0467-22-6300
参考価格 大人300円 小学生100円
営業時間 3月~9月8:00~17:00(閉山17:30)10月~2月8:00~16:30(閉山17:00)
定休日 無休
アクセス ■JR「鎌倉駅」からバス「長谷観音」下車 徒歩5分
駐車場 30台あり/30分300円
サイト http://www.hasedera.jp/

14.鎌倉大仏殿高徳院

Daibutsu @ Kotokuin Temple @ Kamakura

高徳院は鎌倉観光の王道スポット。境内に入ると高さ約11.3m、重量約約121t の大仏が目に飛び込んできます。その姿は堂々としていて圧倒されることでしょう。大仏胎内拝観(入場料と別途20円)もできるので体験してみるのもおすすめです。春は桜が美しく、大仏との調和が見事です。前に紹介した長谷寺も徒歩約5分の所にあります。

所在地 神奈川県鎌倉市長谷4丁目2−28
電話番号 0467-22-0703
参考価格 中学生以上200円 小学生以上150円
営業時間 4~9月8:00~17:30 10~3月8:00~17:00(入場は閉門15分前まで)
定休日 毎週火曜日、年末年始 ※臨時休館日は事前にホームページにて告知
アクセス JR「鎌倉駅」下車→江ノ島電鉄「長谷駅」下車 徒歩約7分
駐車場 障害者用のみあり。一般は問い合せ(0467-24-8897)
サイト http://www.kotoku-in.jp/

15. 明月院

https://pixta.jp/photo/46470030

あじさいの名所として知られる「明月院」。本堂の円窓が有名で、雑誌やインターネットで一度はご覧になった方が多いのではないでしょうか。これは、悟りや真理、大宇宙などを表現したもので、紅葉の時期には外国人も含めたたくさんの観光客が訪れます。

https://pixta.jp/photo/48807505

この「明月院」が優しい色で満ちあふれるのは、やはり梅雨時、あじさいが咲き乱れる頃でしょう。『明月院ブルー』とも呼ばれ、比類なき美しい景色を見せてくれます。見頃は6月上旬から下旬にかけて。本堂裏のハナショウブも見事ですよ。

名称 明月院
住所 神奈川県鎌倉市山ノ内189
営業時間 9:00~16:00(※6月のみ8:30~17:00)
サイト http://www.kamakura-burabura.com/meisyokitakamakrameigetuin.htm

16. 報国寺

https://pixta.jp/photo/31721982

続いても、外国人にも人気沸騰中のスポット「報国寺」。臨済宗建長寺派の寺院。境内には約1000本の孟宗竹林があり、非日常的な雰囲気を味わえると評判となっています。なお、ここは戦に敗れた足利義久が自害した寺でもあり、鎮魂の思いをもって訪れていただきたい場所です。

https://pixta.jp/photo/32852264

報国寺の竹の庭から見える洞穴のようなものは、横穴式でつくられた足利一族の墓。辺りにはもの悲しさが漂っています。お参りを終えたら、「休耕庵」で竹を眺めながらお抹茶をいただくのがおすすめ。抹茶券は拝観券と一緒に予め購入しておいて下さいね。

名称 報国寺
住所 神奈川県鎌倉市浄明寺2-7-4
営業時間 9:00~16:00
サイト https://houkokuji.or.jp/

17. 佐助稲荷神社

最近じわじわと人気があがっているのが「佐助稲荷神社」。後に鎌倉幕府を立ち上げた源頼朝が伊豆に流されていたとき、夢の中で挙兵するようお告げをしたという稲荷を、見事勝利を治めた後にここに祀ったのがこの神社の始まりと言われています。

View this post on Instagram

@nyamoyun13がシェアした投稿

赤い幟旗をはためかせた朱色の鳥居をくぐっていると、異次元の世界へ入り込んでしまいそうな気持ちになります。階段や境内には狐の石像が何体も置かれているほか、参拝者が置いていくのか狐の置物も沢山並んでおり、より厳かな気持ちになることでしょう。なお、ここから行けるハイキングコースもありますよ。

名称 佐助稲荷神社
住所 神奈川県鎌倉市佐助2-22-12
営業時間 特になし
サイト https://kazenotabi-kamakura.com/area-genjiyama/sasukeinari-jinja.html

18. はんなりいなり小町

鎌倉に来たらほとんどの方が訪れる小町通り。食べ歩きが楽しいグルメストリートでもあります。その中でも手軽に食べられて美味しいと評判なのが「はんなりいなり」。小さなお店ながらいつもお客さんでいっぱいの人気店です。

一番のおすすめは、カップに入れられたちらし寿司。生しらすがのった「しらすといくらのミルフィーユ」や「しらすといくらのミルフィーユ」なら、手軽に食べられるうえお腹も一杯に。湘南しらすがたっぷり入ったたまごやきは1本300円。2階にはイートインスペースもあるので、ゆったり過ごすことができますね。

名称 はんなりいなり小町
住所 神奈川県鎌倉市小町2-9-7
営業時間 11:00〜18:00(※食事処は17:00まで)
サイト https://www.maru-han.co.jp/

19. 鎌倉高校前駅

続いては、爽やか気持ちになれる人気のスポット「鎌倉高校前駅」。江ノ電の駅「鎌倉高校前駅」のすぐそばにある踏切周辺に外国人も含め、たくさんの観光客が集まります。実は、そこからの眺めが美しいと評判になり、今では定番観光スポットに。

人気アニメ「スラムダンク」に登場する場所として、今やアニメファンの聖地ともなっています。七里ガ浜の美しさが感じられるので、アニメファンでなくとも是非訪れていただきたいスポット。駅に座って、太陽にきらめく海をのんびりと眺めてみてはいかがでしょうか。

名称 鎌倉高校前駅
住所 神奈川県鎌倉市腰越1-1

20.小田原城

Odawara Castle

昭和35年に復興された小田原城は関東を代表するお城です。天守閣には展望デッキがあり美しい景観が楽しめます。場内には江戸の西を守る役割だった小田原城の歴史や戦国時代、本拠地として使っていた小田原北条氏の足跡が紹介され、小田原ゆかりの美術工芸品も展示されています。お城の周りは桜や梅、ツツジやアジサイなどの花々が美しく、季節によって色々な景観が楽しめます。

所在地 神奈川県小田原市城内6-1
電話番号 0465-23-1373
参考価格 天守閣単独券は高校生以上500円 小学生以上200円
営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)/6~8月の土日祝、8月15~19は9:00~19:00(入館は18:30まで)
定休日 12月第2水曜日、12月31日~1月1日
アクセス 「小田原駅」から徒歩10分
駐車場 なし。周辺の有料駐車場を利用
サイト http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/odawaracastle/

21.芦ノ湖

ho Ashi 1

箱根で外せないスポットと言えば芦ノ湖。広大な湖は約3100年前に誕生したと言われています。芦ノ湖からは富士山が見え、神奈川の中でも指折りの景勝地です。また、観光スポットも数多く、周辺にはお店やホテルが点在しています。中でも数々の名将も訪れたという箱根神社や縁結びで有名な九頭龍神社が有名。海賊船や遊覧船でのクルージングもおすすめです。

所在地 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根
アクセス JR·小田急「小田原駅」→「箱根湯本駅」下車→箱根登山バス、伊豆箱根バス「湯本駅」「元箱根」「箱根町」「箱根園」などで下車
サイト http://www.hakone-ashinoko.net/

22.名月院

Meigetsu-in

名月院は「あじさい寺」と呼ばれるほどアジサイで有名なお寺です。株の数が多く、ブルーのアジサイが一斉に咲き乱れる様子は圧巻の美しさ。また紅葉の美しさでも有名です。それ以外の時期は比較的、混みあわずゆったりとしているのでおすすめ。円窓から見える景色も趣があり素敵です。

所在地 神奈川県鎌倉市山ノ内189
電話番号 0467-24-3437
参考価格 参拝料300円。6月は500円。(6月と紅葉の時期は庭園特別拝観あり※別途500円必要)
営業時間 6月8:30~17:00 6月以外9:00~16:00
アクセス JR「北鎌倉駅」下車徒歩で10分

23.大涌谷

Black egg @ Owakudani @ Hakone

荒涼とした大地に白煙が立ち、火山活動の迫力を感じられる景観が独特で、人気のある観光スポットです。大涌谷でしか味わえない名物の「黒たまご」が有名。インパクトのある黒色は地熱と火山ガスの化学反応を利用し、温泉で茹でられ、蒸すことでできあがります。ひとつで7年寿命が延びると言われています。また大涌谷のアクセスで利用する箱根ロープウェイからの景色も見事。富士山と白煙が立ち込める大涌谷のコントラストが楽しめます。(現在、立ち入り規制中)

所在地 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原
電話番号 0460-84-9605
参考価格 無料。黒たまごは5個入り500円
アクセス 箱根ロープウェイ「早雲山駅」約10分「大涌谷駅」下車
サイト http://www.owakudani.com/

24. 箱根神社

続いて、女子旅の定番スポット「箱根神社。屈指のパワースポットとしてあがめられているこの神社は、良縁を求める女子たちに人気のスポット。特に、毎月13日の午前10時から行われる月次祭の日には、たくさんの人であふれかえるほど大人気。

船でしか行けないと思われているこちらの神社ですが、実は「ザ・プリンス箱根」の横から、歩いて行くことも可能。混雑しすぎて船に乗れないと諦めている方も多いようですが、ぜひそちらのルートからチャレンジしてみてくださいね。

名称 箱根神社
住所 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
サイト http://hakonejinja.or.jp/

25. 彫刻の森美術館

美術館の常識を覆した、野外彫刻を中心とした珍しい美術館「彫刻の森美術館」。時代と共に常に進化し続けてきたこの美術館は、2019年、ついに50周年を迎えます。世界的に有名な画家ピカソの作品を多く展示していることでも有名。

屋外の作品が充実しており、お子様連れの方でも気兼ねなくアートに触れることができるのが最大の魅力。また、体験型アートとして、子供たちが中に入って遊ぶことができる造形作品もあり、家族皆で楽しむことができます。

名称 彫刻の森美術館
住所 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.hakone-oam.or.jp/

26. フォレストアドベンチャー箱根

大自然を間近で感じつつ、思いっきり身体を動かして遊べるのが「フォレストアドベンチャー箱根」。お子様から大人まで笑顔になれる施設。箱根湯本駅からは無料送迎バスが運行されており、わずか3分ほどでパークに到着することができます。

身長110cm以上のお子様から挑戦できる「キャノピーコース」や、スリルをより楽しみたい方むけの「アドベンチャコース」が用意されています。約7メートルの高さを誇る本格的クライミングウォールも完成。また、10分間飛び放題のトランポリンもあるので、小さなお子様も楽しめますよ。

名称 フォレストアドベンチャー箱根
住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本字茶の花749-1
営業時間 10:00~16:00※季節により変動します。
サイト https://foret-aventure.jp/

27. おだわら諏訪の原公園

小田原市にある公園、「おだわら諏訪の原公園」。全長169メートルものローラー滑り台が子供たちに大人気の公園。風で鳴らすラッパや太陽光で虹を映し出す「プリズムルーフ」など、自然の持つ力を学ぶことができる大型遊具があります。

公園で採れた木の実や枝などを使って、クラフト作品が作れるコーナーも常設。わずか100円でオリジナル作品が作れます。また、展望広場や空中歩道からは小田原の町並みを一望することができます。駐車場も完備しているので、お車でもどうぞ。

名称 おだわら諏訪の原公園
住所 神奈川県小田原市久野3821-1
営業時間 ローラー滑り台 9:00~16:30(12月~2月は16:00まで)
クラフトコーナー 9:00~16:00
駐車場 8:30~18:00
サイト http://www.seibu-la.co.jp/suwanohara/

28. 鱗吉(うろこき)

小田原のご当地グルメと言えばかまぼこ。小田原には、そのかまぼこや小田原おでんのお店が集まった「かまぼこ通り」があります。そのなかでもおすすめなのが「鱗吉」。かまぼこで有名なお店があり、そちらが定番スポットとなっているので、こちらは穴場的な存在。

あまり知られてはいませんが、実はこちらが小田原かまぼこの発祥の店なのです。創業は江戸天明元年。歌麿や葛飾北斎がまさに活躍していた時代。そんな歴史あるかまぼこは、噛むごとに味わったことのない旨みがあふれてくるのだとか。小田原に来たらぜひ立ち寄って下さいね。

名称 鱗吉
住所 神奈川県小田原市本町3-7-17
営業時間 9:00〜17:00
サイト https://www.urokoki-kamaboko.com/index.html

29.ポーラ美術館

KC3A0082

ガラスをふんだんに使った明るく近代的な建物の中で、モネ、ルノアールの西洋絵画や日本絵画、ガラス工芸や化粧道具まで様々なコレクションが楽しめます。2013年にグランドオープンした森の遊歩道「風の遊ぶ散歩道」は全長670mの緑道で、一年を通して富士箱根伊豆国立公園内の自然が楽しめ、鳥のさえずりや小動物を愛でることができます。また、レストランでは企画展に合わせた限定コース料理があり、画家たちが愛したメニューやゆかりの地の名産などが味わえます。

所在地 神奈川県足柄下郡足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
電話番号 0460-84-2111
参考価格 大人1800円 中学·小学生700円(土曜日無料)
営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日 年中無休(ただし展示替のための臨時休館あり)
アクセス JR·小田急「小田原駅」箱根登山バス(直通)約60分「ポーラ美術館」
駐車場 第一駐車場(隣接)163台あり。1日500円
サイト http://www.polamuseum.or.jp/

30. あつぎこどもの森公園

2016年3月にオープンし.話題になった公園「あつぎこどもの森公園」。106メートルにも及ぶ滑り台は、林の間を抜けるため迫力満点。冒険気分が味わえると評判になっています。また、ネットのリングを通れば、リスやムササビになったかのような気分を味わうことができます。

また、自然を間近で感じられるよう、公園内には空中回廊が設けられています。なんとその長さは745メートル。公園内をほぼ一周することができるうえ、地上10メートルの高さからの視点で森を眺めることができます。さまざまなイベントも実施されているので、事前に調べてから訪れてみてはいかがでしょうか。。

名称 あつぎこどもの森公園
住所 神奈川県厚木市中荻野916-2
営業時間 4月〜9月 9:00〜17:00
10月〜3月 9:00〜16:00
サイト https://atsugikodomonomori.com/

31. ツリークロスアドベンチャー

次は大人が思いっきり遊べるアスレチック「ツリークロスアドベンチャー」。名前からご想像いただけるように、木の上に設置された数々の障害を渡っていくスリル満点のアドベンチャーです。もちろん命綱ロープを使うので、万が一の際にも安心です。

身長130㎝以上から参加できるので、小学生のお子様も一緒に楽しんでいただけます。全6コースで、全部まわると約2時間かかる大規模なもの。まだあまり知られていない穴場的スポットなので、ぜひ訪れてみて下さい。

名称 ツリークロスアドベンチャー
住所 神奈川県厚木市七沢2758付近(住所なし)
営業時間 平日10:00~日没(休日は9:00~)
※最終受付は季節や曜日ごとに異なります。詳しくは公式サイトまで。
サイト https://treecross-advtr.storeinfo.jp/

32. 七沢荘

市街地からちょっと離れると、豊かな自然に恵まれた厚木市。そんな地理的条件を利用した公園が充実していると共に、なんと温泉が湧出しているのです。おすすめは「七沢荘」。美肌の湯として有名で、女子旅や一人旅にもイチオシです。

2010年に改装したという館内はとてもきれい。風情ある内湯と露天風呂で自慢で心底リラックスできるとともに、メタホウ酸の含有量が多い湯が肌をつるつるにしてくれます。なお、ペットと泊まれるコテージも完備しています。

名称 七沢荘
住所 神奈川県厚木市七沢1830
営業時間 日帰り入浴 8:00〜21:00   
チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
サイト https://nanasawasou.jp/

33. 厚木シロコロホルモン焼 千代乃

厚木のB級グルメといえばシロコロホルモン。「B-1グランプリ」に優勝しTVや雑誌などで特集されて以来、大人気となったメニューです。シロコロとは豚の大腸のこと。外側はシコシコと歯ごたえがあり、内側はプニョプニョ、2つの食感が楽しめます。特に有名なのが「厚木シロコロホルモン焼 千代乃」。

網焼きでこんがりと焼けば、香ばしさと共に、ジューシーな肉汁がお口いっぱいに広がります。しかもこのお店特製の「自家製ニンニク味噌ダレ」は、このシロコロホルモンと絶妙なハーモニーを奏でてくれるのです。厚木に来たら、ぜひ本物の味をお確かめ下さい。

名称 厚木シロコロホルモン焼 千代乃/永野ビル
住所 厚木市旭町1-23-1 永野ビル1階
営業時間 17:00~22:00
サイト http://www.chiyono4656.jp/

34. 海老名運動公園

次は厚木市のお隣、海老名市にある遊べるスポット「海老名運動公園」。テニスコートや屋内プール、体育館などの施設が揃う総合公園で、人気アーチスト「いきものがかり」がライブを行ったことでも有名なスポット。

冒険広場には大型の遊具が設置されており、お子様連れに大人気。周辺は砂場になっているので、小さなお子様は持参したお砂場セットで自由に遊ぶ姿も見られます。またポニーに乗ったり、モルモットなどと触れ合うことも可能です。

名称 海老名運動公園
住所 神奈川県海老名市社家4032-1
サイト http://ebispo.jp/index.html

35. ストロベリーハウス

海老名市にあるいちご狩りスポット「ストロベリーハウス」。海老名市には「ストロベリーロード」と呼ばれるいちご農園が集まる通りがありますが、こちらが最も早くいちご狩りが楽しめるとあって多くの人々が詰めかけます。

一番の特長は、高設栽培を採用していることにより、立ったままいちご狩りができること。いちごの粒が目の前に並んでいるので、お子様にとっては夢のような世界ではないでしょうか。通路も広いのでベビーカーでも入室可能。キッズスペースやおむつ替え台も完備しているので、赤ちゃん連れパパママも安心して楽しめますよ。

名称 ストロベリーハウス
住所 神奈川県海老名市中河内1120
営業時間 1~3月 7:30受付、4~6月中旬8:30から先着順にて受付 ※定員になり次第受付終了 ※入園は10:00頃 
サイト http://strawberryhouse-ebina.com/

36. AQUARIUM CAFE Affinity 海老名

カップルやお子供連れ、そして一人旅でも楽しめるグルメスポットといえば「AQUARIUM CAFE Affinity 海老名 」。海老名駅から徒歩5分という立地にありアクセスも便利です。名前の通り、大水槽を眺めながらお食事が楽しめます。

女子会にも人気。お昼は明るい雰囲気のカフェですが、夜はムーディーなBARとなるのでカップルにもおすすめです。お昼は明るいCAFE、夜はムーディーなBARとなります。ランチは1,000円台。お子様メニューも用意されています。

名称 AQUARIUM CAFE Affinity 海老名
住所 神奈川県海老名市扇町5丁目8 T.CREST.BLDGⅣ
営業時間 ランチ 11:00~15:00(L.O.14:30)
ディナー 17:00~24:00(L.O.23:30)
※木曜定休
サイト https://www.hotpepper.jp/strJ001143128/

37.川崎市 藤子・F 不二雄ミュージアム

藤子・F・不二雄ミュージアム

藤子・F・不二雄ファンにはたまらないミュージアム。館内にはアニメのキャラクターのオブジェがあり撮影スポットが沢山あります。貴重な原画の展示や実際に漫画が読めるコーナー、ミュージアムでしか見ることのできないオリジナル作品をながすFシアターなど、ファンはもちろん子供も楽しめるようになっています。キャラクターにちなんだカフェメニューも大人気です。

所在地 神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
電話番号 0570-055-245(9:30~18:00)
参考価格 大学生以上1000円 中学生以上700円 4歳以上500円 3歳以下無料
営業時間 10:00~18:00
定休日 毎週火曜日、年末年始 ※臨時休館日は事前にホームページにて告知
アクセス 小田急線およびJR南武線「登戸駅」より川崎市バスによる直行便が運行。 ※約10分間隔で運行(所要時間 約9分)
駐車場 なし。車での来場は不可
サイト http://fujiko-museum.com/

外せない神奈川の定番スポット10選

1. よこはまコスモワールド

「コスモクロック21」という世界最大級の観覧車が目印の、都市型遊園地「よこはまコスモワールド」。3つのゾーンに分かれており、ゾーンごとに様々なアトラクションを楽しむことができます。

入園料は無料で、アトラクションごとにチケットを購入するシステムとなっています。そのため、短時間で遊びたい時や夜からのデートなどにもおすすめ。高さ112.5mの観覧車から、まるで宝石を散りばめたような、美しい横浜の夜景を堪能してみてください。

名称 よこはまコスモワールド
住所 神奈川県横浜市中区新港2-8-1
営業時間 11:00〜21:00
サイト http://cosmoworld.jp/

2. 横浜ランドマークタワー

多くの高層ビルがある横浜の中でも、ひときわ高い建物が「横浜ランドマークタワー」です。ショッピングモールの「ランドマークプラザ」に、ホテルやオフィスなどが入った複合施設で、横浜みなとみらい21の中核を担う一大観光スポットです。

ファッションやインテリアなどのショップがずらりと並んだ「ランドマークプラザ」は、5層吹抜けの壮大なつくりになっており、ただ歩いているだけでも景観を楽しむことができます。和食やビアバー、イタリアンなどの飲食店が入った「みらい横丁」や、展望スポット「スカイガーデン」もあり、1日中過ごせるスポットです。

名称 横浜ランドマークタワー
住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1
営業時間 ショッピング 11:00~20:00
カフェ&レストラン 11:00~22:00
みらい横丁 11:00~23:00
サイト https://www.yokohama-landmark.jp/

3. 山下公園

「山下公園」は、大桟橋の入口から山下埠頭までの海岸に面した公園です。散歩やジョギングなど市民の憩いの場として利用されているのはもちろん、観光名所として多くの人々で賑わっています。春にはチューリップやスイレンが咲き誇り、また沈床花壇のバラ園も有名です。

山下公園を語る上で忘れてはならないのが、港に浮かぶ貨客船「日本郵船氷川丸」。戦前の日本で建造され現存する唯一の貨客船であり、現在は博物館船として300円で見学することができます。アールデコ様式の豪華な客室や、甲板から望める横浜港の景色など、見どころ満載です。

名称 山下公園
住所 神奈川県横浜市中区山下町279
サイト https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/midori-koen/koen/koen/daihyoteki/kouen008.html

4. 新横浜ラーメン博物館

「新横浜ラーメン博物館」は世界初のフードアミューズメントパークとして、全国各地の有名店のラーメンを紹介しています。1階と地下2階の3フロアがあり、昭和の町並みを模した館内では、当時のレトロな雰囲気を感じながらラーメンをいただくことができます。

また、ミュージアムショップや駄菓子屋、喫茶店・スナックなども併設されています。駄菓子屋の店頭で、休日限定で販売されている揚げパンは、隠れた人気メニュー。普通の横浜観光では満足できない方には、ぜひ訪れていただきたい穴場スポットです。

名称 新横浜ラーメン博物館
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
営業時間 11:00〜22:00
日曜日 10:30〜22:00(L.0.10:30)
サイト http://www.raumen.co.jp/

5. 鶴岡八幡宮

「鎌倉八幡宮」と呼ばれるぐらい、古都鎌倉に根ざしている「鶴岡八幡宮」。源頼朝ゆかりの神社として有名で、外国人をはじめ数多くの観光客が訪れています。9月には、最大の祭事「例大祭」が行われ、鎌倉時代さながらの衣装を着た射手による流鏑馬を見ようと、大勢の人で賑わいます。

鎌倉駅から若宮大路へ向かうと、真っ赤な二ノ鳥居が現れます。その奥には葛石を積み上げた段葛が続き、境内の入り口である三ノ鳥居へと到着します。およそ800年前の伝統が残る境内はとても広く、四季折々の花々に囲まれながら厳かな空気を肌で感じることができます。

名称 鶴岡八幡宮
住所 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
サイト https://www.hachimangu.or.jp/

6. 新江ノ島水族館

江ノ島から徒歩で10分ほどの場所にある「新江ノ島水族館」は、富士山や江ノ島が臨めるロケーションの素晴らしい水族館。「わくわくドキドキ大冒険水族館」をコンセプトに掲げ、遊びながら学ぶことのできる「エデュテインメント型水族館」として、小さい子供を連れた人々で賑わっています。

人とイルカと音楽が一体となったショーは、まるでテーマパークのように豪華な世界観で、カップルで眺めるのもおすすめ。イルカショー以外にも、幻想的なクラゲや可愛らしいカピバラなど、人気の海の生き物が勢ぞろいです。暑い夏には、水族館で涼やかな時間を過ごしてください。

名称 新江ノ島水族館
住所 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
営業時間 平日 9:00〜20:00
土・日・祝日 8:00〜20:00
サイト https://www.enosui.com/

7. 万葉公園

「万葉公園」は湯河原温泉街の中心にある緑地公園で、万葉集で歌に詠まれ湯河原温泉を象徴する公園であることから、「日本の歴史公園100選」にも認定されています。園内には万葉集に登場する草花が植えられ、川のせせらぎに耳を傾けながら散策を楽しむことができます。

9つの温泉をたたえた足湯の泉「独歩の湯」があり、近所に住んでいる人々や観光客の疲れた足を癒してくれる人気スポットになっています。それぞれの泉には異なる効能があるので、全て巡って違いを感じながら、憩いのひと時をお過ごしください。

名称 万葉公園
住所 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1
サイト https://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kankou/guide/manyo-park.html

8. 箱根ユネッサン

ユニークな温泉が集まっている「ユネッサン」や、日帰り温泉「森の湯」が一体となった施設が「箱根ユネッサン」です。家族旅行や友達との女子旅、カップルでの温泉デートとしてもピッタリです。タオルだけでなく水着のレンタルもあるので、思いつきで急に行くことになっても安心して楽しめます。

ユネッサンには、若返りと美肌効果を期待できるワイン風呂や、疲労回復やリラックス効果があると言われている本格コーヒー風呂など、他にはない変わったお風呂が盛りだくさん。他にも緑茶風呂や酒風呂、ドクターフィッシュの足湯などがあります。水着で入れる温泉で、ゆったりと寛いでみるのはいかがでしょうか?

名称 箱根ユネッサン
住所 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
営業時間 土日祝・繁忙期 9:00~19:00
上記以外 10:00~18:00
サイト https://www.yunessun.com/

9. 猿島

東京湾最大の自然島で無人島の「猿島」。横須賀沖から1時間に1本のペースで出ている船に乗り、10分程度で到着します。江戸時代に大砲台を置いてからは要塞として使われるようになり、兵舎や弾薬庫など当時の面影が残ったスポットが、島内のあちこちにあります。

緑に囲まれた自然豊かな島は、まるでジブリ映画の世界に入り込んだような雰囲気で、写真映えする美しさです。浅瀬でのフィッシングや、手ぶらでBBQを楽しめるのも嬉しいポイント。夏場には海水浴場もオープンするので、アウトドアを満喫できます。

名称 猿島
住所 神奈川県横須賀市猿島
サイト https://www.tryangle-web.com/sarushima/

10. 城ヶ島

三浦半島の最南部に位置する「城ヶ島」は、豊かな緑と雄大な海に囲まれた観光スポットです。城ヶ島公園から城ヶ島灯台まで東西につながったハイキングコースは、平坦で歩きやすいため老若男女問わず楽しめます。晴れていれば、伊豆大島や富士山を眺めることもできます。

ハイキングコースの途中には、長い年月をかけて穴が空いた「馬の背洞門」があります。この辺りは広い岩場になっているため、磯遊びをしにくる観光客で賑わっています。夜は天の川が綺麗に撮れる撮影スポットとしても有名です。

名称 城ヶ島
住所 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島
サイト http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p950054.html

厳選!神奈川で食べたいグルメ10選

1. bills 七里ヶ浜

“世界一の朝食”として名高い、シドニー発のカジュアルダイニング「bills」。オープンから10年以上経った今でも、行列のできる人気店です。日本で最初にできた七里ヶ浜店は、目の前に湘南の海を望む抜群のロケーションを誇ります。

billsの代名詞といえば、ふわふわのリコッタパンケーキ。注文を受けてからしっかりと泡立てて焼くので、口に入れた瞬間にとろけるような柔らかさです。一緒に添えられたバターとシロップ、バナナが織りなす程よい甘さのハーモニーもたまりません。

名称 bills 七里ヶ浜
住所 神奈川県鎌倉市七里ガ浜1-1-1 2階
営業時間 月曜日 7:00〜17:00
火〜日曜日 7:00〜21:00
サイト https://billsjapan.com/jp

2. 珊瑚礁 本店

「珊瑚礁」は七里ヶ浜の海に面した、カレーの有名店。カレー激戦区の鎌倉の中でも群を抜いて人気のお店で、1967年のオープン以来、多くのカレーファンを虜にしてきました。バターのコクが活かされた濃厚なルーが特徴で、一度食べると忘れられないほどのコクとインパクトがあります。

看板メニューは、味付けされた具沢山のライスにルーがかけられたドライカレー。また、サイドメニューのガーリックポテトは、カレーが出てくるまでの間にいただくことができる定番の一品。香ばしくてほくほくのポテトをつまみながら、熱々のカレーをお待ちください。

名称 珊瑚礁 本店
住所 神奈川県鎌倉市七里ガ浜東3-1-2
営業時間 11:30〜21:00
サイト http://www.sangosho.net/

3. しらすや 腰越漁港前店

江ノ島名物の生しらすを美味しいくいただけると評判の「しらすや 腰越漁港前店」。腰越漁港の目の前にお店があるので、しらす以外にも、獲れたての新鮮な地魚を味わうことができます。カフェ風で落ち着いた店内には生簀もあり、元気に泳ぐ魚たちが出迎えてくれます。

おすすめは、生しらすと釜揚げしらすにお好みの刺身を加えた三色丼。甘みと苦味が絶妙な旨さの生しらすに、ほっこりとした甘さを感じることができる釜揚げしらすの味が、口の中いっぱいに広がります。江ノ島の中心地からは少し離れますが、リーズナブルで美味しい海鮮を楽しめます。

名称 しらすや 腰越漁港前店
住所 神奈川県鎌倉市腰越2-10-13
営業時間 11:00〜21:30
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14002304/

4. 豊島屋・八十小路

鶴岡八幡宮にいる鳩をモチーフにした「鳩サブレー」を製造している豊島屋が、鎌倉で営んでいる甘味処が「豊島屋・八十小路」です。和風でモダンな雰囲気にまとめられた店内は、ほっと一息つける落ち着いた空間になっています。

紅白のかわいい白玉が乗った豆かんや、注文を受けてから作るホカホカの本わらび餅、もちもちとした食感の白玉がのった翡翠白玉など、見た目にも可愛らしい和スイーツが盛りだくさん。お冷は柚子入りで爽やかな味になっており、細かな心遣いのきいたお店です。

名称 豊島屋・八十小路
住所 神奈川県鎌倉市小町2-9-20
営業時間 11:00〜17:00
サイト https://www.hato.co.jp/hatokoji/index.html

5. 三崎館本店

明治時代に創業されたという、老舗の割烹旅館「三崎館本店」。趣ある玄関を抜けると純和風な空間が広がり、まぐろづくしのメニューを堪能することができます。漁師が海上で好んで食べた「まぐろのかぶと焼」を、日本で初めて陸で料理したことでも話題を呼んだお店です。

京急の電車とバスの乗り放題、お食事券、おみやげ券のついた「みさきまぐろきっぷ」も利用できるので、お得に本格的なまぐろ料理をいただくことができます。目の前に広がる海の香りを感じながら、心休まるひとときをお過ごしください。

名称 三崎館本店
住所 神奈川県三浦市三崎5-2-9
営業時間 11:00〜20:00
サイト https://www.misakikan.com/

6. 横須賀海軍カレー本舗

「横須賀海軍カレー本舗」は、レストランと横須賀土産・物産の販売を行っているアンテナショップが一体となった施設です。建物の2階が、戦艦三笠の船内をイメージしたレストランになっていて、横須賀名物の海軍カレーをいただくことができます。

海軍カレーはスパイス少なめで甘辛なので、小さなお子さんでも安心して食べられます。また、太めのウインナーが15本ものった「島風カレー」など、一風変わったメニューも用意されているので、行くたびに色々な味にチャレンジして楽しんでみてくださいね。

名称 横須賀海軍カレー本舗
住所 神奈川県横須賀市若松町1-11-8 YYポート横須賀
営業時間 平日 11:00〜16:00(L.O.15:30)
土・日・祝日 11:00〜20:00(L.O.19:30)
サイト https://yokosuka-curry.com/

7. 第一亭

日ノ出町駅にある隠れた名店「第一亭」。昔から地元の住民たちに愛されてきた中華料理店で、ドラマ『孤独のグルメ』でも取り上げられたことから一躍有名になりました。生姜とネギとともに炒められた豚の胃「チート」が看板メニューで、1日に100食も出るのだそう。

忘れてはならないのが、裏メニューの「パタン」。ニンニクがたっぷりとのった太めの麺で、そのまま食べてもいいですし、一緒についてくるスープにつけてつけ麺のようにして食べることもできます。ごま油と醤油というシンプルな味付けながら、病みつきになる中毒性があります。

名称 第一亭
住所 神奈川県横浜市中区日ノ出町1-20
営業時間 11:30〜13:30/16:30〜21:00
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14004194/

8. 炭火・七輪ホルモン焼 珍満

「炭火・七輪ホルモン焼 珍満」は1967年に創業されて以来、近隣住民に親しまれてきた地域密着型のお店。B-1グランプリで優勝した「厚木シロコロ・ホルモン」をいただけるお店として、評判を集めています。ホルモン焼きがメインですが、他の一品料理も美味しくいただけます。

一番人気は、新鮮でプリプリな食感の「シロマル」。転がすように網の上で焼けば、マルマルと仕上がりジューシーな味を堪能できます。『吉田類の酒場放浪記』でも紹介されたことがあり、これからますます注目されるお店になることでしょう。

名称 炭火・七輪ホルモン焼 珍満
住所 神奈川県大和市南林間2-10-9
営業時間 16:00〜24:00
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1407/A140702/14006072/

9. 太田なわのれん

「太田なわのれん」は1868年に横浜で創業し、鉄なべを使用した元祖牛鍋屋としてその名を馳せています。趣のある一軒家の料亭には個室も多数用意されており、会食や接待などのビジネスの場面にも大活躍間違いなしです。

牛鍋は角切りされた牛肉を鉄鍋でしっかりと温めてから、濃厚な江戸味噌をたっぷりとのせます。味噌が焦げすぎないように気をつけながら少しずつ出汁を加え作っていきます。長ネギ、春菊、椎茸、豆腐、しらたきなどの具材にもしっかりと味噌の味が染み込み、溶いた卵との相性も抜群です。

名称 太田なわのれん
住所 神奈川県横浜市中区末吉町1-15
営業時間 平日 17:00~22:00
土・日・祝日 12:00~15:00/17:00~21:00
サイト https://www.ohtanawanoren.jp/

10. 大涌谷くろたまご館

箱根名物「黒たまご」が食べられる「大涌谷くろたまご館」。真っ黒な見た目はインパクトも大きく最初はびっくりしますが、かわをむけば中からはアツアツの温泉卵が顔をのぞかせます。1つ食べれば7年寿命が延びるとも言われており、縁起物として有名。

さらに、黒たまごは普通のゆで卵より20%うま味成分が高いという検証結果もあるみたい。外国人をはじめ、多くの観光客が一度は食べようとくろたまご館に訪れます。立ち込める噴煙が見せる迫力満点の景色を眺めながら、黒たまごを味わってみてくださいね。

名称 大涌谷くろたまご館
住所 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251
営業時間 9:00〜16:00
サイト http://www.owakudani.com/

http://www.owakudani.com/

お気に入りの観光スポットをみつけて出かけよう!

いかがでしたか?大自然の景観を楽しむスポットから美術館、神社やお寺など神奈川にはおすすめの観光スポットが沢山あります。ぜひ気に入った場所に足を伸ばしてみて下さい。カップルでもファミリーでも女子旅でも楽しめるところばかりです。

特集

2020/02/17泊まってよかった!Reluxが紹介する部屋自慢の宿5選

2020/02/14プール付きヴィラと美食を楽しむ “プライベートで贅沢”なファミリーステイ──ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ

人気記事