最終更新日時2020/01/20

都内からのアクセスもよい小田原は、実は隠れた見どころが満載の観光スポットがたくさんあります!江戸時代、富士、箱根そして伊豆につながる宿場町として栄えていたこともあり歴史的な建造物や観光名所が多く、美しい日本の風景もあわせて楽しめますよ。今回は、そんな小田原でぜひ訪れたいおすすめの観光スポットを一気にご紹介します。

東海道屈指の宿場町「小田原」

小田原は、その昔、後北条氏以来の城下町そして宿場町として栄えました。明治時代では、政治家や文化人たちの保養の地として愛され、現在は神奈川県西地域の中心都市として知られています。

外せない小田原の定番スポット32選

1.小田原魚市場

小田原魚市場 (3)

自然豊かな土地でもある小田原の早川にある「小田原魚市場」。市場がある場所は熱海、小田原、箱根に繋がる交通の要所。このように立地に恵まれている点でもスポットとして非常に人気です。アユ釣りで有名な早川や小田原漁港で獲れる新鮮でおいしいお魚は、近くの「おさかなセンター」でいただけるのも魅力的。市場の見学は基本非公開なのでご注意を。
(見学は、市内学校関係者や地方公共団体等に向けて行っています)

画像素材|PIXTA

小田原魚市場の近くでは、魚市場食堂というグルメ点が人気。小田原魚市場でとれたて新鮮な海鮮料理が食べられます。しかも、日によって出されるメニューも変わるため、何度訪れても飽きることはありません。価格も1500円から1000円と安いのも特徴。食べられるものは、おさしみ定食やエビフライ定食、大漁定食などです。あまりにも客が多すぎるためおかわりは不可能ですが、ご飯の大盛りは無料です。ちなみにカレーも食べられますよ。

名称 小田原魚市場
住所 神奈川県小田原市早川1丁目10-1
電話番号 0465-34-2814
サイト http://www.odawara-uoichiba.co.jp/

2.鈴廣かまぼこの里

「鈴廣かまぼこの里」は、かまぼこの手作り体験や、かまぼこ料理が食べられるスポットです。小田原の名産品「かまぼこ」を見て、触れて、楽しみながら学べることで、多くのメディアにも取り上げられています。メッセージやイラストを紅白かまぼこに焼印してくれる「プリかま」は一番人気です。身近な人に日頃の感謝の思いを伝えてみてはいかがでしょうか。

かまぼこは一つではなく何種類もあります。そのかまぼこを食べ比べできる「かまぼこバー」もあるため、一番好きなかまぼこを発見するといいでしょう。かまぼこの歴史や不思議、素材や栄養のことを学んでみると、これまでとかまぼこの見方が変わるかもしれませんね。ぜひ、小田原の名産かまぼこを思いっきり堪能しましょう。

名称 鈴廣かまぼこの里
住所 神奈川県小田原市風祭245
営業時間 9:00~18:00
サイト https://www.kamaboko.com/

3.清閑亭

清閑亭は1906年に建てられた国登録有形文化財です。数奇屋造りの美しい建物は圧巻で、知らぬうちに見惚れてしまう人も多いそうです。現在は庭と海を眺めるカフェになっているため、優雅なひとときを過ごせるでしょう。「宇治抹茶のかき氷」「抹茶フロート」など抹茶が美味しいと評判が高いです。ここ清閑亭でしか飲めないオリジナルコーヒーはリピーターが続出します。

晴れた日は相模湾や真鶴半島、箱根山を一望することができます。癒しを求めて旅行する人にとってはピッタリの場所です。レトロな雰囲気で照明や大正硝子は、見ていてワクワクした気持にさせてくれるでしょう。小田原の歴史に触れながら心豊かな時間を提供してくれます。家族や友達と清閑亭で楽しい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

名称 清閑亭
住所 神奈川県小田原市南町1-5-73
営業時間 11:00~16:00

4.曽我の里 別所梅林

鎌倉時代初期の「曽我物語」にまつわる歴史が深いスポットです。約3万5千本の梅の花が咲き誇り、最高の景色を堪能できます。春のシーズンはお花見をすることもできますし、家族や恋人と日帰りで遊びに行くのもいいかもしれませんね。天気がいいと富士山がきれいに見えて、桜とのコントラストは忘れられない思い出となるでしょう。

自然が感じられる抜群のロケーションに佇み自然と共存できる場所です。紅白の梅の花が咲く風景は見に行く価値ありです!慌ただしい毎日を離れ、のんびりと羽を休められるでしょう。寿獅子舞や流鏑馬(やぶさめ)などのイベントもやっているため、一日いても飽き足りません。桜が舞い散る贅沢な空間の中で、いつもとは違う休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

名称 曽我の里 別所梅林
住所 神奈川県小田原市曽我別所282

5.松永記念館

もともとは武家屋敷が集まっていた小路であり多くの文学者が集う場所でした。数寄茶人としても高名だった松永安左ヱ門の古美術品を公開するために作られた施設です。現在は無料で公開されており、多くの人が訪れます。春には桜が満開になり風景も様変わりし、風情あるエリアとして有名です。古きよき町の雰囲気を楽しみながら散策すれば、日々の疲れもリフレッシュできるのではないでしょうか。

「日本の歴史公園100選」に選ばれているため、庭園の美しさはお墨付きです。鳥のさえずりに耳を傾けながらゆったりと過ごしていただくことができます。旅行するなら感動体験をしたいと思うもの。自然が豊かで見晴らしのいい場所であり、唯一無二の感動絶景と心安らぐ時間を楽しめるでしょう。ぜひ、小田原に旅行する際は松永記念館を訪れましょう。

名称 松永記念館
住所 神奈川県小田原市板橋941-1
営業時間 9:00~17:00

6.小田原フラワーガーデン

Odawara Flower Garden

一年中花が楽しめる公園「小田原フラワーガーデン」。約400本の梅が植えられており咲き誇る風景と梅のほのかな香りは、小田原観光の癒しのひと時になることでしょう。これを「渓流の梅園」といい、フラワーガーデンの半分くらいの広さを占めています。特に池に浮かぶハナショウブの幻想的風景は必ず見るべきです。季節によって花の咲く時期がそれぞれ違うのも魅力の一つ。四季によって色を変える花のようなものです。入場無料、駐車場無料ですよ。

画像素材|PIXTA

トロピカルドーム温室は一年中暖かいエリアです。そのため、冬には沖縄のような避寒地として過ごせることもできます。冬でも暖かいわけは、燃えるごみの残りを再利用していることにあります。この余熱利用により南国にしか生息しない植物も生きられる環境になっています。植えられる植物は約200種。熱帯スイレンやカリアンドラなど個性豊かな植物がいっぱいです。沖縄など少数の島を除いて南国の楽園気分を味わえる地帯がない日本では、ある意味貴重な存在でしょう。

名称 小田原フラワーガーデン
住所 神奈川県小田原市久野3798-5
電話番号 0465-34-2814
サイト http://www.seibu-la.co.jp/odawarafg/

7. のれんと味 だるま料理店

「のれんと味 だるま料理店」は小田原駅から徒歩約10分にある、天ぷらや寿司を提供するお店です。創業明治26年の老舗料理店で現在の建物は大正時代に建てられましたが、国の登録有形文化財に指定されています。木造2階建ての唐破風入母屋造りで、歴史を感じるその佇まいに思わず感動してしまうことでしょう。

View this post on Instagram

@5danukiがシェアした投稿

敷居が高く感じられるかもしれませんが、ランチは特に高すぎず入りやすい価格のメニューが揃っています。特に天丼は大きめのエビの天ぷらと野菜の天ぷらがつゆに浸り、つゆがしみたご飯と一緒に食べると口の中に濃い味が広がります。登録有形文化財の中で食べるランチは、また気持ちも異なって美味しく感じることでしょう。

名称 のれんと味 だるま料理店
住所 神奈川県小田原市本町2-1-30
営業時間 11:00~20:00
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14002352/

8. 田島桜の里

「田島桜の里」は、剣沢川沿いの700mに植えられたソメイヨシノが咲き誇る穴場スポットです。約100本のソメイヨシノとしだれ桜、オカメザクラなど合計で約350本が、見る人々に感動を与えてくれます。また、田島桜まつりも開かれて地元農産物の販売などが行い、賑わいを見せます。

公園内にあるスポットではないので、駐車場やトイレ、ベンチなどの設備もないですが、シートを敷いてお弁当を広げてみんなでワイワイするのにぴったりの場所。混雑する場所が苦手な方は、穴場のお花見スポットに足を運んでみてください。

名称 田島桜の里
住所 小田原市田島

9.報徳二宮神社

画像|PIXTA

小田原城に隣接する「報徳二宮神社」。二宮金次郎ゆかりの神社であり、二宮金次郎の像があります。像はみなさんのイメージするような薪を背負いながら勉強に励む金二郎です。報徳二宮の名前の通り、二宮金二郎が神様として祀られているところです。金二郎没後、明治時代に神社創始しようとする運動が起こりました。その運動の末金二郎の業績を残そうと1894年に創設されたのがこの「報徳二宮神社」です。境内にはカフェもあるのでちょっと休憩にもおすすめです。

画像素材|PIXTA

金二郎の人生は波乱に満ちたものでした。幼い頃に両親を亡くし、一家を復興させるために朝から夜まで働き、その合間に勉学に取り組んだのです。成人し一家を復興させた金二郎は、当時貧困に苦しんでいたたくさんの村々を救済したのです。彼は単に勉強家だけではなく、優れた経営者として企業のお手本となっています。二宮金次郎について学びたい方は報徳博物館というところに行くのがおすすめです。ここでは、尊徳生家周辺敷地測量図や木の玉など金二郎にまつわる展示物が公開されています。

名称 報徳二宮神社
住所 神奈川県小田原市城内8-10
サイト http://www.ninomiya.or.jp/

10.石垣山城

石垣山城

関東初の本格的な総石垣の城「石垣山城」。地元では「一夜城」と呼ばれています。天下の豊臣秀吉が、小田原城を攻める際に昼夜交代で、80日間で築城させました。短期間で、あっという間に出来上がったお城とは思えないほどの、山の山頂にあり、数えきれないほどの大きな石を積み上げて作り上げています。石垣山城は、直線で約3キロの距離にあることなど、当時の豊臣秀吉の知恵と力がうかがえます。

画像素材|PIXTA

石垣山城には展望台が設けられています。展望台からは地平線上に見えるのは、小田原城と小田原の街々、そして相模湾です。さらに遠くなら、房総半島までが眺められます。小田原合戦の時に小田原城にいた兵士達が秀吉の石垣山城が一夜で完成したのを見て戦意を失ったと伝えられています。あの秀吉もここから小田原城を見下ろしていたのでしょう。築城から500年経った今建物自体は基礎しか残っていませんが、城跡から観れる絶景は500年前と変わりません。

名称 石垣山城
住所 神奈川県小田原市早川
サイト http://www.usuitouge.com/bunkamura/about/

11.酒匂川

酒匂川

神奈川県西部を流れる「酒匂川」。地元から小田原の川として親しまれています。この川で様々なイベントが行われており、特筆すべきは花火大会です。夜の酒匂川では、音楽と調和した盛大な花火が楽しめます。最後にはナイアガラの滝のように火花が飛ぶ場面は魅力的。酒匂川を横断し、盛大なフィナーレを盛り上げてくれるエンターテイメントです。また、アユ釣りやサイクリングなどが楽しめます。酒匂川左岸サイクリング場では、レンタサイクルができますよ。

画像素材|PIXTA

酒匂川の歴史は古く、名前の由来は平安末期に酒のような匂いがすることから源頼朝によって名付けられたことに起因しています。江戸時代には小田原・箱根に行く旅行ルートとして活用されましたが、橋は掛かっておりませんでした。なので、川を自分の足で歩かなければならなかったのです。酒匂川を題材にして描かれた浮世絵からも川渡りの過酷さが伺えます。現在は橋が架かっているから、かなり便利ですね。小田原市には当時の川渡りを今に伝える石碑が残されています。

名称 酒匂川

12.箱根海賊船

新宿駅からバスで約2時間15分、電車で1時間20分の場所に位置している「箱根海賊船」。海賊船は迫力があり、まるで海賊船のクルーになったかの気分が味わえます。船酔いが苦手な人も揺れることはほとんどないので安心です。カップルのデートスポットとしておすすめです。芦ノ湖や山々を眺めれば心も安らぎ、日々の喧騒を忘れることができるのではないでしょうか。

View this post on Instagram

@yamamokkolyがシェアした投稿

紹介文(本文)
周囲を山に囲まれた大自然の中でひっそりと佇む海賊船。夜になると真っ暗な中にライトアップされた船が現れます。昼間とは違う景色、船旅を味わうことができます。夜は雰囲気も良いため、デートなどで訪れて欲しいスポットとなっています。

名称 箱根海賊船
住所 足柄下郡箱根町箱根161
営業時間 10:00~16:35
サイト https://www.hakone-kankosen.co.jp/port/motohakone.php

13.箱根小涌園ユネッサン

「箱根小涌園ユネッサン」は水着で遊ぶアミューズメントテーマパークです。ワイン風呂、本格コーヒー風呂など珍しい温泉を楽しむことができます。冬限定の「クラゲ鑑賞風呂」では、目の前にクラゲを見ての入浴が満喫できます。また、イルミネーションで美しい風景を演出してくれるため、温泉情緒とくつろぎの時を満喫できるでしょう。

露天風呂からは箱根外輪山を一望できます。その景色は絶景で日々の悩みも解消できるのではないでしょうか。その時だけの限定風呂も魅力的なので、何度行っても新しい発見が味わえます。「栗」「紅茶」「りんご」などを生かした自家製ケーキなど絶品スイーツが楽しめます。家族からカップル、一人でも楽しめる最高の観光スポットです。

名称 箱根小涌園ユネッサン
住所 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
営業時間 9:00~20:00
サイト https://www.yunessun.com/

14.箱根強羅公園

「箱根強羅公園」は、開園100周年を迎えるフランス式整型庭園です。広大な敷地には自然が広がっており開放感が溢れています。カフェやレストラン、お土産屋などのショップも充実していて、便利なところもこの公園の魅力です。公園内の「一色堂茶廊」では、和牛ローストビーフサンドやフルーツにんじんサンドが絶品。また、店内の優雅な雰囲気がの居心地のいよさを演出してくれます。

吹きガラス体験では、風船のように膨らむガラスに思わず興奮すること間違いなしでしょう。子供が体験すれば大喜びするはずです。春から初夏にかけては花がたくさん咲いて、行く価値がさらに上がると言えるでしょう。夜になると園内がライトアップされて、幻想的で美しい風景が堪能できます。非日常の空間をぜひ体験しに行ってみてはいかがでしょうか。

名称 箱根強羅公園
住所 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.hakone-tozan.co.jp/gorapark/

15. 大人の隠れ家 箱根 別邸今宵

出典:Relux|大人の隠れ家 箱根 別邸今宵

「大人の隠れ家 箱根 別邸今宵」は強羅駅から送迎車を利用して5分のところにある、おふたりさま向けの宿です。箱根の眺望が楽しめる露天風呂付きの客室や、ライブキッチンでの料理を堪能できます。また、13歳以上しか宿泊できないのでご夫婦やカップルなどが多く、静かでゆったりとした時間を過ごすことができます。

出典:Relux|大人の隠れ家 箱根 別邸今宵

こちらの宿には日帰りプランもあります。 15:00から21:00の間で大浴場の利用とお部屋での利用が可能。お部屋は値段が異なりましがスイートルームからスタンダードルームまでお選びいただけるので、宿泊はできないけど少し贅沢な時間を過ごしたいという方にはおすすめです。

名称 大人の隠れ家 箱根 別邸今宵
住所 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-658
営業時間 15:00~21:00
サイト https://rlx.jp/23350/

16. 渡邊ベーカリー

「渡邊ベーカリー」は宮ノ下駅から徒歩8分のところにある、パン屋さん。1891年に創業した老舗店で、梅干しが丸ごと入った梅干しあんパンや温泉パン、種類豊富なカレーパンなど、テイクアウトでもイートインでも食べることができます。他にも、箱根の湧き水を使ったパン粉も販売されています。

一番人気のメニューはイートインで食べる、温泉シチューパン。カリカリとしたパンの中に入っているのは、熱々の自家製シチューです。シチューによって少しずつ柔らかくなっていくパンとお肉がゴロゴロと入ったシチューを一緒に食べれば、美味しいこと間違いないです。

名称 渡邊ベーカリー
住所 神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下343-3
営業時間 4月~9月 9:30~17:30
10月~3月 9:30~17:00
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1410/A141001/14003548/

17. 箱根 彫刻の森美術館

画像|PIXTA

小田原近辺にある人気の観光スポットといえば「箱根彫刻の森美術館」。車だとおよそ30分強、彫刻の森駅からは歩いて2分ほどで到着することが可能です。約7万平米にも広がる広大な敷地を利用した美術館で、屋外にも大きな彫刻作品が展示されているのが特徴といえます。

画像|PIXTA

ピカソをはじめ、有名彫刻家の作品が飾られていることでも知られていますが、「しゃぼん玉のお城」や「ネットの森」など、実際に入って遊べる大型作品もあるので子供連れにもおすすめ。屋外に足湯もあるので雄大な景色を眺めつつ、のんびりと美術鑑賞をしてくださいね。

名称 箱根 彫刻の森美術館
住所 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121
営業時間 9:00〜17:00
サイト https://www.hakone-oam.or.jp/

18. 富士箱根伊豆国立公園

画像|PIXTA

「富士箱根伊豆国立公園」とは、神奈川県から静岡県、そして山梨県にかけた広大な地域にまたがる国立公園です。小田原に近いところでは、箱根の仙石や芦ノ湖、それから大涌谷や元箱根などがそのエリアに入っています。

画像|PIXTA

大変貴重な自然が残るエリアであり、ハイキングなどを楽しむことができます。このあたり一帯について知識を広めたり実際にまわる場合には、まずは元箱根にある「箱根ビジターセンター」に向かうとよいでしょう。お子様が参加可能なウォーキングツアーなども企画されていますよ。

名称 富士箱根伊豆国立公園
住所 箱根一帯
営業時間 特になし ※箱根ビジターセンターは9:00~17:00
サイト https://www.env.go.jp/park/fujihakone/access/index.html

19. 箱根小涌園ユネッサン

画像|PIXTA

箱根とは切っても切れない一大観光スポットが「箱根小涌園ユネッサン」です。日帰り温泉「森の湯」をはじめ、水着で入れるユニークな温泉があなたを待っています。特に家族連れやカップルに人気が高いスポットといえます。

画像|PIXTA

あまり知られてはいませんが、敷地内には箱根七福神にも数えられる「山王神社」と呼ばれる小さな神社があるのです。幸福と長寿をもたらす福禄寿様を祀る神社で、ユネッサンを訪れる人や宿泊客に人気なのだそう。また隣接した敷地には散歩にぴったりな場所も。レストランも充実。ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 箱根小涌園ユネッサン
住所 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
営業時間 10:00~18:00
サイト https://www.yunessun.com/

20. 天山湯治郷

画像|PIXTA

箱根町のなかでも湯本茶屋と呼ばれる地域にある温泉郷「天山湯治郷」。静かでのどかな場所ですが、実は箱根の玄関口ともいえる箱根湯本からは車で10分とそう離れていないのもポイントです。敷地内には「ひがな湯治 天山」と「かよい湯治 一休」の2か所の温泉施設があり、それぞれ趣が異なる雰囲気を楽しめます。

画像|PIXTA

また、ひがな湯治天山は23時までと夜遅くまで営業しているので、たっぷり遊んだあと立ち寄れる温泉施設として貴重な存在でもあります。なお敷地内には蕎麦屋も併設。このあたりに流れるアルカリ性のまろやかでおいしい水を使ったおそばを、あなたもぜひお試しあれ。

名称 天山湯治郷
住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋208
営業時間 施設による
サイト https://tenzan.jp/

21. こどもの森わんぱくらんど

画像|PIXTA

「千条の滝」と書いて、「ちすじのたき」と呼びます。その名の通り、いくつもの水のすじが、絶えず流れている滝です。滝自体の落差は3メートルと非常に小さいのですが、横が25メートルと幅が広いのが特徴で、まるで糸でできたカーテンのように、静かに、そして絶え間なく流れているのです。

画像|PIXTA

秋にはカエデやもみじなどの紅葉が美しく、外国人にも人気が出始めています。また、夏にはゲンジボタルがみられるなど、まだまだ自然が残る場所でもあります。またビロードのような質感の苔も美しく、暑い時期に涼を感じるにはぴったりの場所といえます。少し歩きますが無料駐車場もありますよ。

名称 千条の滝
住所 神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷507
営業時間 特になし
サイト

22. フォレストアドベンチャー・箱根

画像|PIXTA

小田原市が運営する公園「こどもの森わんぱくらんど」。自然豊かな小田原市の特徴を活かした広大な公園です。小田原のシンボル、小田原城アドベンチャーと呼ばれる大型遊具のほか、ターザンロープやローラー滑り台など定番の遊具も設置されています。

画像|PIXTA

なお有料ではあるものの、こども列車やロードトレイン、ポニー乗馬なども体験することができます。夏には水遊び場もオープンし、ちょっとした遊園地のようにたっぷりと遊ぶことができます。授乳室やおむつ交換台なども完備。赤ちゃん連れにも優しいイチオシスポットです。

名称 こどもの森わんぱくらんど
住所 神奈川県小田原市久野4377-1
営業時間 特になし※管理事務所や有料施設は9:00~16:30
サイト http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/park/wanpaku/

23. フォレストアドベンチャー・箱根

画像|PIXTA

いまや全国にひろがりつつある大人向けのアスレチック。箱根にも本格的なアスレチック「フォレストアドベンチャー・箱根」がオープンしました。箱根湯本駅からごく近い場所にありますが、約2,3分で到着できる無料バスも運行されているので車でない方にもおすすめです。

森の中にロープが張り巡らされ、スリル満点のアスレチックが体験できます。110㎝のお子様からチャレンジできるコースや小さなお子様でも遊べるトランポリンもあるので、デートだけでなくファミリー旅行にもおすすめです。高さ約7mあるクライミングウォールにもチャレンジしてみては?

名称 フォレストアドベンチャー・箱根
住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本字茶の花749-1
営業時間 9:00~17:00
サイト https://fa-hakone.foret-aventure.jp/

24. 岡田美術館

画像|PIXTA

小涌谷にある私設の美術館「岡田美術館」。自然に囲まれた静かな場所に建つ、モダンで先鋭的な様相の建物です。とにかく”美しいもの”を集めた美術館で、ときには土偶の美人コンテストなど面白い企画も実施したりと、ユニークさが光る最新の観光スポットといった存在です。

画像|PIXTA

敷地内には、人の手を加えず、あるがままの美しさを大事にしたような美しい庭園が設けられています。源泉かけ流しの足湯もあり癒しの時間が過ごせます。美術館入館者は無料で利用できるので穴場的なスポットといえるでしょう。日本家屋を改装した「開化亭」ではお食事も楽しむことができますよ。

名称 岡田美術館
住所 神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.okada-museum.com/

25. 神奈川県立生命の星・地球博物館

画像|PIXTA

小田原市に登場してはや20余り年たつ「神奈川県立生命の星・地球博物館」。その名の通り、地球の歴史や生命の多様性をテーマにした大型の博物館です。もっとも人気が高いのは恐竜の展示。実物大の大きさが一目でわかり思わず圧倒されることでしょう。子供たちは大興奮。動物のはく製も必見です。

画像|PIXTA

思わずため息がこぼれるような美しい蝶の標本などもあり、大人でも楽しむことができます。実習を伴うイベントも行われているので、公式サイトにてぜひチェックしてみてください。無料駐車場も完備。お車の方も安心です。

名称 神奈川県立生命の星・地球博物館
住所 神奈川県小田原市入生田499
営業時間 9:00~16:30
サイト http://nh.kanagawa-museum.jp/index.html

26. 箱根美術館

画像|PIXTA

箱根エリアのなかでも、大変人気の美術館が「箱根美術館」。そのコレクションは縄文時代に作られたとされる土器から色鮮やかな江戸時代の陶器まで、さまざまな年代の作品を見ることができます。

画像|PIXTA

東京にあった創立者、岡田の住居も移築されており、写真撮影を楽しむことができます。また、茶室「真和亭」では、苔庭を眺めながら、お抹茶をいただくことも。竹庭や萩の道などフォトジェニックなスポットもたくさん。紅葉も見事なので四季折々の美しさが見つかるはずです。

名称 箱根美術館
住所 神奈川県箱根町強羅 1300
営業時間 【4月~11月】9:30~16:30
【12月~3月】9:30~16:00
※茶室「真和亭」は10:00~15:30
サイト http://www.moaart.or.jp/hakone/

27. 箱根写真美術館

箱根で最も古い美術館でありつつ、穴場的な存在である「箱根写真美術館」。いまここが注目を集めている最新スポットなのです。箱根出身の写真家、遠藤桂さんの写真を常設展示。富士山をライフワークとした彼の作品は、外国人にも定評があります。写真がもっとうまくなりたいという方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

この場所が注目を集めている理由、それはここでいただける絶品ランチとスイーツにあります。 冬季限定の焼きリンゴ、ラムレーズンとクランブル、ミルクアイスとのハーモニーが癖になるのだとか。注文してから焼き上げるので熱々をいただけます。モーニングも実施しているので、ぜひ立ち寄ってみて。

名称 箱根写真美術館
住所 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-432
営業時間 10:00-18:00
サイト http://www.hmop.com/

29. 福住楼

画像|PIXTA

明治時代からこの地で宿を営む老舗和風旅館「福住楼」。箱根湯本の駅からは歩いて約15分。せせらぎのすぐそばにある古めかしい旅館です。一歩足を踏み入れるとまるでタイムスリップしてしまったかのような不思議な感覚に襲われます。福澤諭吉や川端康成も足を運んだ名旅館の雰囲気にどっぷり浸かってみるのも良いでしょう。

画像|PIXTA

まるで迷路のように張り巡らされた廊下や大きな松の幹をくり抜き、組み合わせて作ったという大丸風呂が有名です。まろやかな肌触りのアルカリ性単純温泉は24時間掛け流しにされているのだとか。会席料理も美味しいと評判。あなたもぜひ一夜過ごしてみてはいかがでしょうか。

名称 福住楼
住所 神奈川県足柄下郡箱根町塔之沢74
営業時間 チェックイン15:00 チェックアウト10:00
サイト http://www.fukuzumi-ro.com/index.html

30. 最乗寺

画像|PIXTA

別名、道了尊(どうりょうそん)とも呼ばれる「最乗寺(さいじょうじ)」。小田原市のお隣にある足柄群にある曹洞宗のお寺です。古くから僧侶たちの修行の場であり、開創してから600年、天狗に守護されているお寺として厚く信仰されてきました。

画像|PIXTA

周囲は森に囲まれており、お寺への道は「かながわ美杉50選」に選ばれるなど、ハイキングコースとしても人気を集めています。境内の奥にある不動堂のそばには心を浄化してくれると評判の「洗心の滝」が。パワースポット巡りにもどううぞ。

名称 最乗寺
住所 神奈川県南足柄市大雄町1157
営業時間 総合受付6:00~16:00 お守り売り場 9:00〜16:00
サイト https://daiyuuzan.or.jp/

31. 大磯ロングビーチ

夕日がきれいなビーチとして再注目を集めている大磯ロングビーチ。とくに、ビーチ沿いに建てられた「大磯プリンスホテル」はリニューアルも施され最新のデートスポットといった存在です。全長140メートルものウォータースライダーも完備。子供連れにも見逃せない、そんなスポットといえるのです。

このホテルの一番のポイントは、インフィニティプールではないでしょうか。広大な相模湾との一体感を楽しむことができます。このスパフロアは年齢制限もあるので、ゆったりとリゾート気分を味わいたいという方にもおすすめです。

名称 大磯ロングビーチ
住所 神奈川県中郡大磯町国府本郷546
営業時間 特になし ※大磯プリンスホテルのプールは夏期のみ。詳しくは公式サイトにて確認を。
サイト https://www.princehotels.co.jp/pool/oiso/

32. 箱根湯本温泉

画像|PIXTA

箱根の玄関口、箱根湯本。そこはすでに温泉パラダイスといえます。駅から徒歩圏内にも日帰り温泉施設もあるので、外国人も含め、湯巡りに興じる方も増えているようです。また、駅周辺には商店街が充実。いまや、食べ歩きグルメの聖地ともなっています。

画像|PIXTA

小田原で老舗のかまぼこ店を営む「籠清」も出店しており、テイクアウト用の揚げかまぼこを販売しています。各店オリジナティを出した温泉饅頭や、塩辛コロッケ、珈琲ソフトなどもあり、思わず食べ過ぎてしまう恐れも。お腹を空かせて訪れて下さいね。

名称 箱根湯本温泉
住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本
営業時間 施設・店舗による
サイト http://www.hakoneyumoto.com

小田原駅周辺に来たら訪れたいスポット8選

1.小田原駅

小田原駅

小田原の玄関口JR「小田原駅」は、大正5年に開業した駅です。ここからは強羅や大涌谷など箱根のエリアに通ずる箱根登山鉄道につながっており、箱根の玄関口としても機能しています。直結のショッピングセンター「ラスカ小田原」や観光案内所もあります。「ラスカ小田原」ではショッピングはもちろんイートインも充実。ミスタードーナツや築地銀だこ、小田原麺屋通りなど広いジャンルのグルメが楽しめます。小田原・箱根旅行のちょっと立ち寄る際におすすめですよ!

画像素材|PIXTA

現在の「小田原駅」はコンクリートのビルでできた大規模な駅舎。現在の駅舎の建設が始まる2003年までは、大正5年に建造された旧駅舎が存在していました。旧駅舎は開業当時から存在しており、ステンドグラスで有名なこともあって小田原市民に100年間親しまれていた場所です。関東大震災の時も一部の損壊で済み、太平洋戦争でさえ全壊せずに生き延びました。歴史ある小田原市の駅としては小規模なものの、レトロな雰囲気を感じさせる駅だったようです。

名称 小田原駅
住所 神奈川県小田原市栄町1丁目
サイト http://www.jreast.co.jp/estation/station/info.aspx?StationCd=382

2.小田急ロマンスカー

小田急特急ロマンスカー LSE

箱根に向かう特急列車と言えばこの「小田急ロマンスカー」が有名ではないでしょうか?ロマンスカーは新宿から小田原まで85分で直通で行けるのが魅力です。優雅な気分にさせてくれる憧れの列車でもありますね。元々戦前からロマンスカーの概念はありましたが、新宿から小田原直通の列車が登場するのは戦後になってから。3展望席を設置した3100形など数々の列車が小田急を走りました。中でも3000形は日本発の新幹線0系のモデルになったと言われています。

画像素材|PIXTA

現役の小田急ロマンスカーの中でもVSE50000形の快適度はトップクラス。乗車するとホテルのような快適さがあなたを迎えてくれます。特に注目したいのは小田急伝統の展望席。一言で言えば、電車版「展望台」のようなもので、電車から絶景が見られます。VSEの設計に関わったのがフランス政府公認の建築家である岡部憲明さんです。名だたる建築家により高度に施された列車は見た目や中身のクオリティが抜群で、小田原旅行では絶対におすすめします。

名称 小田急ロマンスカー
住所 小田原市城山1-1-1
サイト http://www.odakyu.jp/romancecar//

3.ロマンスカーカフェ

目の前にロマンスカーが迫ってくるという噂の聖地ロマンスカーカフェにやって来ました。 この状態でランチ食べるのは確かに鉄道好きの子供には夢かもしれませんが、早く電車に乗りたがるのでノンビリできないという弱点も発見。

目の前にロマンスカーが迫ってくる「ロマンスカーカフェ」。小田原からロマンスカーに乗り最終到着地である新宿にあります。お店でお茶をしながらロマンスカーを眺められると人気ですよ。電車、しかも特急列車をカフェの場で寛ぎながら見られる場所はそうそうありません。また、ロマンスカーを待っている間の暇つぶしとしても利用できます。箱根・小田原旅行の際に寄り道として訪れるのがおすすめです。帰り道の時にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

画像素材|PIXTA

ロマンスカーカフェのメニューはとても豊富。パンにサンドウィッチ、エビスカボチャなど軽食で食べられるものがあります。飲み物もアイスコーヒーやオレンジジュース、リンゴジュースなどが味わえます。季節限定のドリンクも扱っていることも魅力です。最後にはたまごプリンやアイスなどのデザートを召し上がるといいでしょう。これらのグルメを味わってロマンスカーを眺めるのが、カフェ最高の醍醐味です。また、酒のつまみも注文することができます。

名称 ロマンスカーカフェ
住所 東京都新宿区西新宿1−1−3 新宿駅西口地上改札横
電話番号 03-5326-8343
サイト http://www.odakyu-restaurant.jp/shop/cafe/romancecarcafe/

4.小田原城 天守閣

「小田原城 天守閣」は、ガイドブックにもわざわざ訪れる価値のある場所として掲載されるほどのスポットになります。昭和35年に市制20周年記念事業として、総工費8千万円をかけて復興されると小田原のシンボルになりました。標高約60メートルの最上階からは相模湾が一望でき、天気がいいと房総半島まで見渡すことができます。

城は歴史を深く感じられて、それに加えて絶景が見られるのは、まさに至福のひととき!小田原城の歴史資料の展示施設でもあるため、刀剣や古文書、絵図を拝見することもできます。当時の小田原の様子が細かに記載されているのです。また、城の中は自然が豊かなので、気持をリフレッシュすることもできるでしょう。ぜひ、一度は訪れてみたいスポットです。

名称 小田原城 天守閣
住所 神奈川県小田原市城内6-1
営業時間 24時間営業
サイト
https://odawaracastle.com/castlepark/tennsyukaku/

5.北條早雲公像

hakone_20090901122048

小田原駅西口の駅前広場に立つ「北條早雲公像」。戦国時代の小田原の礎を築いた武将です。牛の角に松明をつけた迫力ある姿は一見の価値あり。これはいわゆる「火牛の計」と呼ばれるもので、大軍が襲来したかのように見せかける作戦です。早雲はこの作戦で当時大森氏が支配していた小田原城を見事陥落させました。その時の姿をモチーフに造られた像ですから、早雲の魅力が数倍増しますね。電車の時間調整などの間にもおすすめです。

画像素材|PIXTA

北条早雲と聞くと北条政子など鎌倉時代の北条氏を連想しますが、実は全く関係がありません。というのも早雲の息子が鎌倉の北条氏に倣って、名乗り出したからです。早雲の当時の名前は伊勢盛時で、彼の人生上一度も北条氏を名乗ったことはありませんでした。北条早雲という名前自体も後世に付けられたもの。とはいえ早雲が小田原城を占領し、戦国大名としての北条氏、そして現在につながる小田原を繁栄に導いたのは事実。不明な点は多いですが、紛れもなく小田原のスーパースターです。

名称 北條早雲公像
住所 神奈川県小田原市城山1丁目
サイト http://www.city.odawara.kanagawa.jp/darc/item/203/

6.湯河原温泉

「湯河原温泉」の上質な泉質は神奈川県ナンバーワンと言っても過言ではありません。肩こりや美容効果もあるため、女子旅にもおすすめです。駐車場もあるため車で日帰りで楽しむこともできます。源泉掛け流しの外湯「ままねの湯」は一番人気で、タヌキがお湯を見つけたという言い伝えがあるそうです。こういった歴史が背景にあるからなのか、施設内にはタヌキの置物が置いてあります。

夏目漱石や国木田独歩をはじめ多くの作家たちが利用していた温泉!周囲には土産店や商店があり、賑やかな湯の町情緒を漂わせていることも魅力的です。また、子供が遊べるスマートボールに射的、ボーリング場もあるため、お風呂上がりにも楽しむことができるでしょう。ぜひ、レトロ感たっぷりの温泉で、最高のひとときを過ごしてください。

名称 湯河原温泉
住所 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上
営業時間 8:30~17:15
サイト http://www.yugawara.or.jp/

7. サカナキュイジーヌ・リョウ

「サカナキュイジーヌ・リョウ 」は小田原駅から徒歩約3分にある、魚介をメインに出す居酒屋。ここでは数量限定で、ランチタイムに海鮮丼や海鮮天丼、まかない丼を食べることができます。特に一番人気はまかない丼で、開店すぐに入店しないと売り切れになってしまうほどのメニューです。

こちらのお店は夜は居酒屋として営業しており、2015年にミシュランのビブグルマン(5,000円以下で食事ができる店)に選ばれているほど値段以上に満足度の高い料理をお楽しみいただけます。新鮮な魚を使ったメニューを、ぜひご賞味ください。

名称 サカナキュイジーヌ・リョウ
住所 神奈川県小田原市栄町1-14-57 ジャルダンビル 1.2.3F
営業時間 11:30〜14:30(L.O.14:00)
月〜土 17:00〜22:30(L.O.22:00)
日・祝 17:00〜21:30(L.O.21:00)
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14002005/

8. わんぱくらんど

「わんぱくらんど」は子供が様々な体験をすることができる、大規模な公園です。園内には移動ができるように電車が走り、ヤギや羊と触れ合うことができるふれあい広場や、大きなネットが印象的な遊具、芝でソリ滑りができるようなゲレンデ、水遊びができるような沢など、1日では遊びきれないほど充実しています。

また園内には桜が綺麗に咲くサクラの丘があり、タイリョウザクラやヨウコウザクラ、ヤマザクラ、オカメザクラ、そしてソメイヨシノなど300本近い桜を鑑賞することができます。早咲きのものから遅咲きのものまであるので、子供と一緒に遊びながら長く桜を楽しめるスポットとして人気です。

名称 わんぱくらんど
住所 神奈川県小田原市久野4377-1
サイト http://odawara-jigyo-kyokai.jp/wanpaku/wanpakuland

小田原城周辺に来たら訪れたいスポット8選

1.小田原城

小田原城

室町時代から戦国時代、5代に渡って栄えた戦国大名北条氏の本拠地として有名な「小田原城」。城はかなり大規模で、めがね橋や小田原城の歴史を学べる小田原城歴史見聞館など数々のスポットが存在しています。特に天守閣は高さ27メートルという日本有数の大きさ。小田原城より大きい城といえば、姫路城など数が少ないです。城内は小田原城に関する資料を展示している博物館のような設計。天守閣の屋上からは、箱根の山々や小田原城市内が眺められます。JR小田原駅から徒歩で約10分。アクセスも良く気軽に行けるお城です。小田原城は桜の名所としても有名ですよ。

画像素材|PIXTA

小田原城は意外にも歴史が古く平安時代の終わりに小早川氏が築いた館が始まりとされています。戦国時代の初期には北条早雲という下克上で有名な武将が小田原を陥落させ、北条氏5代の礎を築き上げました。小田原城が本格的に居城として利用されるのは2代目氏綱の頃。豊臣秀吉が攻めるまでの100年間難攻不落を誇った城です。あの上杉謙信や武田信玄でさえ一度も落とすことはできませんでした。その小田原城も豊臣秀吉の大規模な兵力、そして一夜城を築く知略の前に敗れ去ってしまうのです。

名称 小田原城
住所 神奈川県小田原市城内6-1
営業時間 金 9:00 ~ 17:00
サイト http://www.odawara-guide.com/

2.小田原城址公園

城址公園こども遊園地

小田原城址公園は本丸、総構を含んだ広い城郭が史跡・歴史公園として整備された場所。天守閣はもちろんこども遊園地があり、懐かしい豆汽車やバッテリーカー、かわいらしいメリーカップなどの遊具がありますよ。家族でのお出かけにおすすめです。小田原は非常に暖かい気候のため、3月の終わりから4月の中旬にかけて桜が咲き誇ります。桜スポットとしても神奈川県内で非常に人気が高く、「さくら名所100選」の一つに選ばれています。また、美術館や図書館など様々な施設が揃っている複合施設でもあるのです。

画像素材|PIXTA

「小田原城址公園」にあるこども遊園地は、非常にリーズナブルな料金で楽しめることで有名。遊園地一番の目玉である豆汽車でさえたったの80円。しかも、一度の乗車につき2周回れるのです。豆汽車で城址公園内を巡れるのは、小田原城の一つの醍醐味。メリーカップやゴーカートも豆汽車同様80円で遊べます。自動遊器具になると、たったの30円。風船ガム一つ買えるほどの費用です。こども遊園地への入場料も無料で入れます。リーズナブルでありながらたくさん楽しめるとあっておすすめの遊園地です。

名称 小田原城址公園
住所 神奈川県小田原市城内
サイト http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/spot/jyousikouen.html

3.小田原城の住吉橋

DP2Q1785

木造の反橋である「小田原城の住吉橋」。小田原城址公園に1990年(平成2年)に復元されました。銅(あかがね)門に向ってありますよ。橋を渡ると当時の人たちの気持ちになるかもしれません。小田原城の常盤木橋は明治時代に築かれたコンクリート橋ですが、こちらは正真正銘の木造の橋。江戸時代の文献でも住吉橋が木で造られていたことが確認できます。関東大震災で埋められてしまいましたが、1990年の復元工事で再び小田原城の一部として蘇りました。

画像素材|PIXTA

住吉橋は2018年現在復元から28年の時が経っているため、老化が激しくなりました。そのため、2016年から2018年まで架け替え工事が行われることに。工事では木材の腐敗を防止する銅板という材料が使われました。このようにどんな時にも臨機応変に対応できる技法が色濃く受け継がれているのです。2018年3月には無事に修復が完了し今まで通り橋を渡れるようになりました。2代目住吉橋はさらに30年経てばまた、架け替え工事が行われるでしょう。

名称 小田原城の住吉橋/td>
住所 神奈川県小田原市城内
サイト http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/spot/jyousikouen.html

4.小田原城歴史見聞館

小田原城の「今」と「昔」の情報が得られる「小田原城歴史見聞館」。小田原城や北条氏などを軸に歴史を学ぶことができます。館内で分かれているエリアは北条五代ゾーンと江戸時代ゾーン、小田原情報ゾーンの3つになります。どのゾーンも映像やパネルなどで分かりやすい展示解説がされており、誰でも小田原城の詳細な知識を堪能できるところが魅力です。レトロな建物がかわいらしいですよ。天守閣とセット料金になっている場合もあるのでお得に愉しんでくださいね!

画像素材|PIXTA

小田原情報ゾーンは小田原のスポットについて学ぶことができます。このゾーンで小田原城はもちろん、周辺の観光スポットまで把握されています。最大の特徴は遊び感覚で覚えられること。これだけゾーンが面白ければ小田原の観光スポットもすんなりと頭に入ります。小田原城の名所を体験できるゲームは特に必見です。このゾーンを楽しんだら、他のゾーンで北条氏五代の軌跡と江戸時代の小田原の様子を学びましょう。これらの観光スポットをより深く知れば、小田原観光が数倍面白くなりますね。

名称 小田原城歴史見聞館
住所 神奈川県小田原市城内3-71 214
サイト http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/odawaracastle/castlepark/historicalmuseum/

5.小田原城址公園銅門広場

Kanagawa HDR - 06

桝形門と呼ばれる「銅門」の「小田原城址公園銅門広場」。二の丸の入り口としてそびえ立つ歴史スポットです。小田原城の天守閣に行くには、馬屋曲輪、住吉橋、銅門を必ず通過する必要があります。門、近くに架けられている住吉橋など見るからに戦国から江戸時代の建造物として素晴らしいです。ドラマ「天皇の料理番」にも使われていますよ。小田原城に来たなら撮影スポットとしてもおすすめです。天守閣も撮影スポットですが、城の入り口から撮影しても趣がありますね。

画像素材|PIXTA

銅門は天守閣や二の丸などの建造物同様、戦国から江戸時代に建造されたものを正確に復元したスポットです。建造当初のものは江戸末期から明治初期にはかなり荒廃した状態になり、天守閣と共に取り壊されてしまいました。そして100年以上の時が経ち、平成9年についに銅門の復元工事が完了しました。銅門の由来ともなっている装飾も正確な復元工事で見事に再現されています。ちなみに銅門の一部である石落としも復元されていますよ。

名称 小田原城址公園銅門広場
住所 神奈川県小田原市城内3-71
サイト http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/odawaracastle/castlepark/akaganemon/

6.小田原城跡八幡山古郭

小田原城の中心地の一つであったと考えられている「小田原城跡八幡山古郭」。北条氏が使用したお城があったと言われています。一説には北条五代の初代当主北条早雲が以前の城主である大森氏から奪取した頃の城跡だと考えられているのです。こちらは典型的な戦国時代の山城です。時代が江戸時代になり泰平の世になると、徐々に放棄されていきます。そういう意味では戦国時代の小田原城を知る上では、欠かせないスポットです。市街地が眺められる場所にあり撮影スポットとしてもおすすめです。

画像素材|PIXTA

八幡山古郭は小田原城天守閣の西方面に向かってすぐそばにあるため、天守閣からよく見えます。位置的には東海道本線と東海道新幹線の間にあります。スポット自体は公園で、あの豊臣秀吉が短時間で築いた一夜城や小田原城が一望できます。旧小田原城の方から撮影した小田原城は天守閣からのとはまた違う新鮮さがありますね。大森氏も北条早雲も旧小田原城から当時の小田原の光景を眺めていたかも知れません。余談ですが、縄文土器が出土したことでも有名です。

7. うなぎ 松琴楼

「うなぎ 松琴楼」は小田原駅から徒歩約7分にある、うなぎ専門店。江戸末期の創業と長い間人々に愛されおり、現在も長蛇の列ができるほどの人気店です。小田原城の近くにあるので、観光ついでにランチで訪れることもできます。

一番人気のメニューは、うな重です。うな重の大きさの表記が通常の「並」などではなくグラム数で、どのくらいの大きさなのかわかりやすく表記されています。うなぎは皮は薄めで焼きすぎず、身は蒸してるのでふわふわ。口に入れて瞬間とろけてしまいます。

名称 小田原城跡八幡山古郭
住所 神奈川県小田原市城内3-71
名称 うなぎ 松琴楼
住所 神奈川県小田原市栄町1-14-37
営業時間 11:00~14:00
17:00~20:00(L.O.19:00)
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14011925/

8. ういろう

「ういろう」は小田原城にほど近い場所にある、ういろうのお店。14世紀に朝廷に仕えていた外郎家で作っていた薬のことがういろうと呼ばれていました。また、外郎家は接待用のお菓子を作ったのでそのお菓子もういろうと呼ばれていたそうです。

ういろうは蒸したお菓子のことで、もっちりとした食感とほのかな甘さが特徴の食べ物。このお店ではその他にも薬のういろうや、ういろう羊羹、ういろう最中、くるみ餅、焼き菓子、饅頭など、様々なお菓子を購入することができます。

名称 ういろう
住所 神奈川県小田原市本町1-13-17
営業時間 10:00〜17:00
サイト http://www.uirou.co.jp/

小田原の街歩きを楽しもう!

かつて宿場町として栄えた小田原には、歴史的な建造物をはじめとしたスポットがたくさんあります。また観光名所の箱根へのアクセスも良いので、合わせて訪れるのも良いでしょう。次の休日は、ぜひ小田原へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

【ホテルの関連記事】
小田原に来たら立ち寄りたい!周辺のオススメの入浴施設や温泉宿&銭湯10選
箱根で一度は泊まりたい!おすすめ高級ホテル4選!

【お土産の関連記事】
厳選!箱根を観光した際にぜひ購入してほしいおすすめのお土産14選を紹介
【最新】箱根湯本でおすすめのテイクアウトグルメ8選

【グルメの関連記事】
必見!疲れた心を癒してくれる!小田原でおすすめのカフェ19選
シーンに合わせて楽しめる!神奈川のおすすめグルメ店20選

特集

2020/07/01鎌倉で泊まるのに便利で人気のホテル・宿泊施設10選

2020/06/29愛犬と一緒に初めてのリゾートホテルステイ ──あてま高原リゾート ベルナティオ

おすすめ記事

人気記事