最終更新日時 2019/02/28

東京からほど近く観光名所もたくさんある鎌倉は、長期滞在はもちろん、週末の日帰りプチ旅行にもおすすめの場所。鎌倉は様々な漫画や映画の舞台になっており、フォトジェニックなお洒落スポットや、歴史的な史跡まで数え切れない様々な観光名所があります。テーマを絞っても1回では周りきれませんよね。そんなたくさんの観光スポットがある鎌倉ですが、中でも今回は鎌倉旅行へ行くならぜひ足を運びたい、代表的な観光名所をご紹介します。

1. 江ノ島電鉄

そうだ 江ノ島、行こう。

『江ノ電』の名前で親しまれている江ノ島電鉄は、藤沢駅から鎌倉駅を繋ぐ、鎌倉とその周辺スポットの観光に欠かせない移動手段の一つ。鎌倉観光の際にお世話になる可能性は高いでしょう。江ノ島電鉄の鎌倉高校駅前は、根強いファンを誇るアニメ『SLAMDUNK』にも登場しており、アニメファンの聖地巡礼の場所としても注目されています。約10㎞の区間を走る江ノ電は、気まぐれにどの駅で降りても何かしらの観光スポットがあるので、きっちり計画を立てずに、江ノ電で楽しむふらり途中下車の旅もおすすめですよ。
創業100年以上の江ノ島電鉄は、駅舎や電車自体の見た目もレトロで、ローカル線の雰囲気を楽しめます。そして、なんといっても江ノ電の魅力は海岸沿いを走る車内から見える青い海。車窓から見える景色も、海をバックに走る江ノ電もフォトジェニックです。

施設名 江ノ島電鉄
所在地 2行目右
電話番号 0466-25-3480(江ノ島駅)
詳細情報 https://www.enoden.co.jp/

2. 小町通り

小町通り - 鎌倉

鎌倉駅東口を出ると、小町通りという商店街が。小町通りは鎌倉を代表する観光スポット『鶴岡八幡宮』まで続いており、鎌倉で買い物や食べ歩きを楽しむなら欠かせない場所となっています。

Animal [ 小町通り / 鎌倉 ]

小町通りには、クレープやお団子などの軽食からお洒落なランチが食べられるカフェ、お土産屋さんなどが立ち並んでいます。もちろん食べ物ばかりではなく、お洒落で可愛い雑貨屋さんもたくさんありますよ。着物レンタルをしているお店もあるので、着物に着替えて鎌倉観光を楽しむのもいいですね。

施設名 鎌倉小町通り商店会
詳細情報 http://www.kamakura-komachi.com/

3. 豊島屋本店

鳩サブレー

小町通りには様々なお土産屋さんがありますが、何にするか迷ってしまったら、やっぱり鎌倉土産定番の鳩サブレーですよね。その鳩サブレーを作っている豊島屋本店は鎌倉市小町通りにあります。明治生まれの鳩サブレーは、鎌倉のハイカラな味として100年以上に渡って老若男女に愛されています。豊島屋本店では、鳩サブレーやその他のお菓子を購入することができます。
それに加え、本店でしか買えない限定アイテムもあるんです。それは、あの鳩サブレーの鳩をモチーフにした雑貨『鳩コレクション』。レターセットやふせんなどの文具類、クッションなど色々な鳩サブレーグッズがあります。ユニークでキュートな鳩コレクションは、プレゼントとしてはもちろん、自分用のお土産として買って帰りたくなっちゃいますね。

施設名 豊島屋本店
所在地 鎌倉市小町2-11-19
営業時間 9:00~19:00
定休日 水曜不定期休
電話番号 0467-25-0810
詳細情報 https://www.hato.co.jp/index.html

4. 新江ノ島水族館

新江ノ島水族館

鎌倉駅から江ノ電で20分ほどの江ノ島駅、そこから徒歩10分ほどの場所にあるのが『新江ノ島水族館』通称えのすい。えのすいでは、ペンギン・イルカやサンゴ礁の海の生き物など水族館の定番のほか、江の島の特産であるシラスの繁殖展示、今上陛下の海洋生物研究についての展示、深海研究の最前線の紹介など、なかなかコアな展示も盛りだくさん。
特にこちらではクラゲの展示が有名で、半ドーム式の空間に大小13の水槽とホール中央に球型水槽を配置したクラゲファンタジーホールではクラゲたちがふわふわと泳ぐ幻想的な空間を楽しむことができます。定番の綺麗なサンゴ礁の魚やイルカショーを見たいという人も、マニアックな人も、すべての人が楽しめる水族館となっています。

施設名 新江ノ島水族館
所在地 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
営業時間 9:00~19:00(季節によって変更)
電話番号 0466-29-9960
詳細情報 http://www.enosui.com/

5. 由比ヶ浜

由比ヶ浜/Yuigahama

明治時代から海水浴場のメッカとして親しまれてきた由比ヶ浜海岸は、様々な物語の舞台にもなっています。夏は海の家が出店され海水浴場として賑わい、サーフィンやボディボードなどのマリンスポーツや海水浴を楽しむことができます。遊泳期間以外でも、穏やかな波がよせる海岸での散歩は風情があって素敵ですよ。

施設名 由比ヶ浜海水浴場
所在地 鎌倉市由比ガ浜4丁目4
詳細情報 http://yuigahama.sos.gr.jp/

6. 鎌倉文学館

鎌倉文学館

由比ヶ浜駅から徒歩7分と由比ヶ浜からすぐ近くにある鎌倉文学館は、鎌倉所縁の文学者たちの資料の収集保存と展示をしている資料館。夏目漱石、芥川龍之介、島崎藤村、川端康成、中原中也、与謝野晶子、正岡子規、などなど一度は聞いたことのある文豪たちの紹介、直筆原稿や愛用品などの展示があり、日本文学ファンにはたまらないものになっています。
また、鎌倉文学館の庭園には600㎡の広さのバラ園があり、200種類ものバラを楽しむことができます。春は5月中旬から6月下旬、秋は10月中旬から11月下旬が見ごろです。洋風のデザインを取り入れた旧前田侯爵家別邸であった鎌倉文学館本館と満開のバラ園の組み合わせは、ヨーロッパの庭園のような趣です。

施設名 鎌倉文学館
所在地 鎌倉市長谷1-5-3
営業時間 9:00~17:00(季節によって変更)
電話番号 0467-23-5952
詳細情報 http://www.kamakurabungaku.com/index.html

7. 鎌倉大仏

鎌倉大仏

鎌倉のシンボル、高徳院の鎌倉大仏。与謝野晶子も高徳院の鎌倉大仏を歌に詠んでいます。像高約11.3メートル、重量約121トンもの巨大な鎌倉大仏の中は空洞になっており、大仏の右側にある受付から大仏胎内拝観することもできます。高徳院の鎌倉大仏は鎌倉の大仏の中でも唯一国宝に指定されています。

施設名 鎌倉大仏殿高徳院
所在地 鎌倉市長谷-2-28
電話番号 0467-22-0703
詳細情報 http://www.kotoku-in.jp/

8. 大船観音

大船観音

大船観音寺にある白衣観音像、通称大船観音は、鎌倉大仏よりもさらに大きい観音像。JR大船駅西口降りて徒歩5分、駅からすぐ近くで大きな白い観音像が目印になっているので迷うことはありません。寺への階段を登っていくと、上から大きな観音様に覗き込まれているような感覚に。実際に大船観音の近くで見ると、こんなに大きいのに上半身しかないことが分かります。大船観音でも胎内拝観をすることができます。ちなみに、大船観音には子宝のご利益があるそう!

施設名 大船観音寺
所在地 鎌倉市岡本1-5-3
電話番号 0467-43-1561
詳細情報 http://www.oofuna-kannon.or.jp/

9. 長谷観音(長谷寺)

長谷寺

鶴岡八幡宮と並ぶ鎌倉の由緒ある寺、長谷寺。正確な時期は不明ですが、長谷寺が創建されたのは奈良時代と言われています。境内は上境内と下境内に分かれており、観音山の裾野に広がる下境内は散策できる庭園になっています。下境内では庭園に咲く桜や紫陽花、山茶花など四季折々の花々を、上境内の見晴台では鎌倉の海と街並みを楽しむことができる景勝地でもあります。写経体験や観音ミュージアムなどもあり、仏教文化に触れたい人にもおすすめです。

施設名 長谷寺
所在地 鎌倉市長谷3-11-2
電話番号 0467-22-6300
詳細情報 http://www.hasedera.jp/about/

10. 鶴岡八幡宮

鎌倉鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮は、源氏の守り神、源頼朝ゆかりの神社です。日本三大八幡のひとつとしても数えられており、鎌倉の代表的な観光名所。また、勝負運、仕事運、出世運、安産、縁結び・良縁などのパワースポットとしても注目されており、安産や良縁を望む女性にも、勝負運や仕事運のご利益が欲しい男性にも人気です。歴史ファン、神社仏閣ファン、パワースポット巡り、色々な目的で訪れることのできる鶴岡八幡宮は、鎌倉に来たらぜひ行きたい観光名所ですね。

施設名 鶴岡八幡宮
所在地 鎌倉市雪ノ下2-1-31
電話番号 0467-22-0315
詳細情報 https://www.hachimangu.or.jp/

11. 明月院

明月院

『あじさい寺』として有名な明月院。紫陽花の時期には境内に紫陽花が咲きほこります。可愛らしいあじさいが咲く明月院は、雨の日の散策も楽しめますよ。奥庭園ではあじさいの他にも花菖蒲などが見事な花を咲かせ、目を楽しませてくれます。

明月院 丸窓

花だけでなく、枯山水や、方丈の丸窓など、日本庭園の美しさも味わうことができます。ゆったりとした時間を過ごせる観光スポットなので、のんびり癒されたい方にオススメ!

施設名 明月院
所在地 鎌倉市山ノ内189
電話番号 0467-24-3437
詳細情報 http://www.kamakura-burabura.com/meisyokitakamakrameigetuin.htm

12. 報国寺

暑いけど涼しい、心が澄まされます

報国寺の庭には別世界のような竹林が広がります。報国寺の竹林の奥には茶席があり、竹林を眺めながら抹茶とお菓子を頂くことができます。観光地を格付けするミシュラン・グリーンガイドの三ツ星の格付けを受けている報国寺は、鎌倉観光の際にはぜひ立ち寄ってみたい場所です。緑の竹林に囲まれ、風にそよぎ触れ合う葉や鳥がさえずる声を聞き、癒しのひと時を楽しむことができるでしょう。

施設名 報国寺
所在地 鎌倉市浄明寺2丁目2-7-4
電話番号 0467-22-0762
詳細情報 http://www.houkokuji.or.jp/

13. 円覚寺

円覚寺

北条時宗が開基した円覚寺は、鎌倉五山第二位の巨大なお寺。JR北鎌倉駅を降りてすぐのところに総門があります。歴史の古い円覚寺は境内や庭園が史跡・名勝として指定されているほか、数々の重要文化財が収蔵されています。円覚寺の重要文化財は、宝物風入(虫干し)の日の数日間展示されます。また、円覚寺の舎利殿は、鎌倉で唯一国宝指定された建造物となっています。舎利殿も宝物風入の時期のみ公開され、付近までお参りをすることができます。

円覚寺

夏目漱石は円覚寺で参禅していたことがあり、『門』の他、夏目漱石の小説作品の端々に円覚寺が出てきます。川端康成、島崎藤村、大佛次郎といった作家も円覚寺を自身の作品に登場させており、鎌倉文士に所縁の深い場所でもあります。

施設名 円覚寺
所在地 鎌倉市山ノ内409
電話番号 0467-22-0478
詳細情報 http://www.engakuji.or.jp/

14. 銭洗弁財天

銭洗弁財天宇賀福神社

鎌倉駅西口から歩いて30分ほどの場所にある銭洗弁財天。銭洗弁財天は、源頼朝が見た霊夢に従い、佐助ヶ谷の岩壁に湧く霊水を見つけ、社を建てて宇賀神を祀ったもので、北条時頼がこの霊水で銭を洗って一族繁栄を祈ったのが『銭洗』の始まりだと言われています。今ではこの霊水『銭洗水』でお金を洗うと倍になって戻ってくると言われ、商売繁盛や収入アップを望む人々に人気の観光スポットになっています。

銭洗弁財天宇賀福神社

銭洗水が湧き出す本堂の横の洞窟にはざるが置いてあり、ざるに硬貨や紙幣を入れて銭洗水で洗い、洗ったお金はそのまま使うと富に恵まれるのだそうです。

施設名 銭洗弁財天宇賀福神社
所在地 鎌倉市佐助2-25-16
電話番号 0467-25-1081
詳細情報 http://www.kamakura-burabura.com/meisyokamakurazeniaraibenten.htm

15. 佐助稲荷神社参道

佐助稲荷神社

佐助稲荷神社参道は、銭洗弁財天と同じく、源頼朝が見た吉夢を元に社を建てたものです。吉夢で稲荷が平家討伐を促し、それを聞いた頼朝が出兵し見事勝利したことから、出世・仕事運に効くパワースポットとされています。赤い鳥居が幾重にも続く参道には所々にお稲荷様が鎮座しています。出世運・仕事運をアップさせたい方はぜひ、佐助稲荷神社にお参りしてみてくださいね。

施設名 佐助稲荷神社
所在地 鎌倉市佐助2-22-10
電話番号 0467-22-4711
詳細情報 http://kamakura-guide.jp/sasukeinarijinja

フォトジェニックな鎌倉旅に出かけよう!

いかがでしたか?東京近郊であり別荘地でもある鎌倉は、長期滞在で各地の観光名所をじっくり見てまわるのも、週末や突然予定が開いた日にフラッと訪れるのにも最適なスポットです。
お洒落な雑貨屋さんやカフェ巡り、鎌倉のフォトジェニックな場所へ撮影旅行に、歴史的な史跡や神社で過去に思いを馳せたり……。様々な楽しみ方ができる鎌倉には、他にもたくさんの観光スポットがあります。ぜひ自分だけの鎌倉観光モデルコースを見つけてみてください。

神奈川のおすすめ旅館・ホテルをさがす

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事