最終更新日時 2019/02/28

湘南というと海のイメージがありますが、実は湘南という地名はなく、どこからどこまでが湘南、という具体的な決まりもありません。ですがその中にあって、藤沢は多くの人が湘南だと感じる場所のひとつでもあります。今回はそんな藤沢の観光スポットをご紹介します!

1. 江の島

20100130 Enoshima 10

鎌倉観光とひとくくりにされることも多く、実は藤沢市にあることがあまり知られていない江の島。小さな島ですが、一日中遊んでも飽きないほどグルメスポットや見どころが沢山あるのをご存知でしたか。江の島は古くから景勝地として栄えていたため狭い路地や坂道、階段が多く、島内の移動手段はほぼ徒歩であるといっても過言ではありません。ただ江島神社からは「江の島エスカー」という有料エスカレーターがあり、足腰の悪い人でも頂上までなら簡単にたどり着ける移動手段がありますのでご心配なく。

Tako-senbei

また、弁天橋を通って江ノ島に到着しますと、いろいろな食べ物屋さんやお土産屋さんが見つかります。人気が高いのは、手軽に食べられる軽食。特にあさひ本店の「たこせんべい」には、いつも行列が出来ています。たこに小麦粉を付けてプレスして焼いたものなのですが、なんとたこを丸々1匹使っているのだとか。たこの味もしっかりとしているうえ、パリパリした食感が美味しいと評判です。ほかにもシーズンごとにフレーバーが変わる本格アイスキャンディーのお店や、最中や磯焼きなど、さまざまな味自慢が楽しめます。なかには「しらすパン」などと変わり種も。食べ歩きをしながらのんびりと江ノ島を堪能してくださいね。

名称 江の島
所在地 藤沢市江の島
アクセス 小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅徒歩12分、江ノ島電鉄線江ノ島駅徒歩16分、湘南モノレール湘南江の島駅徒歩18分
公式URL http://www.fujisawa-kanko.jp/index.html

2. 新江ノ島水族館

Enoshima Aquarium - Main Tank

国道134号線沿い、江の島へと続く江の島大橋のすぐ手前に新江ノ島水族館はあります。片瀬江ノ島駅からは徒歩3分というアクセスの良さです。最大の目玉は8000匹のマイワシの大群を目の当たりにできる「相模湾大水槽」。幻想的な「クラゲファンタジーホール」や、定番の「イルカショー」も人気があります。閉館後の水槽内の生き物たちを観察しながら朝まで過ごすことのできる「お泊りナイトツアー」といった、他では体験できないイベントやプログラムも充実。また無料で利用できる学習施設、「なぎさの体験学習館」もあります。

_DSC0198

ショーやイベントの中で特に人気が高いのは、イルカたちとふれ合える「イルカと握手」でしょう。愛らしいイルカたちを間近で見られるだけでなく実際に触れることができるとあって、大人から子供までが詰めかける一大イベントとなっています。各回先着30人までの限定プログラムで、4歳以上ならどなたでも参加が出来ます。また、魚たちに手でごはんあげるという新プログラム、「さかなのもぐもぐプール」もおすすめ。小さな魚たちが集まってもぐもぐする様子は、想像以上に癒やされる時間となることでしょう。

名称 新江ノ島水族館
所在地 藤沢市片瀬海岸2-19-1
アクセス 小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅徒歩3分、江ノ島電鉄線江ノ島駅、湘南モノレール湘南江の島駅徒歩10分
公式URL http://www.enosui.com/

3. 江島神社

Enoshima shrine

江島神社は安芸の宮島、竹生島と並ぶ日本三大弁財天のひとつに数えられています。辺津宮、中津宮、奥津宮の三つの社殿からなり、それぞれの社に三姉妹の女神たちが一人づつ奉られています。なお奉安殿に奉られている妙音弁財天と、鎌倉市腰越にある龍口明神社の御神体である五頭龍大神は夫婦であり、二つの神社は夫婦神社として知られています。昭和34年にできた国内初の屋外エスカレーター「江の島エスカー」は、この江島神社の「朱の鳥居」そばに第1区の乗り場があり、第3区まで乗り継げば江ノ島シーキャンドルのある頂上部までわずか4分で到着するという手軽さです。ただしあるのは往路のみで、復路はありませんのでご注意を。

江ノ島神社

まず迎えてくれるのは「瑞心門」。竜宮城をイメージして作ったという門です。海の神社らしい雰囲気で、気分が上がって参りますね。さて江島神社の御利益と言えば、金運向上や縁結び、厄除けや安産などさまざまなものが挙げられます。通常は決まった時期にしかできない茅の輪くぐりが、一年を通してできるのが「辺津宮」。まずはここで悪運を落としてから運気を高めると良いでしょう。余裕がある方は一番奥にある「奥津宮」まで参拝してみてくださいね。ちなみに縁結びを求める方は、「むすびの樹」にピンク色の絵馬をかけるのを忘れずに。

名称 江島神社
所在地 藤沢市江の島2-3-8
アクセス 小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅徒歩16分、江ノ島電鉄線江ノ島駅徒歩20分、湘南モノレール湘南江の島駅徒歩22分
公式URL http://enoshimajinja.or.jp/

4. 江の島シーキャンドル

Enoshima Candle - Night time light up in summer

湘南で圧倒的な存在感を放つのが、この江の島シーキャンドルです。シーキャンドルは頂上部の避雷針までを含めると、高さおよそ60メートルにも及ぶ江の島の展望灯台。夕日の名所としても有名なので、昇るなら夕刻の時間に訪れるのがおすすめ。最終入場が19時30分と、日の長い夏季期間中でも安心して楽しめるのが嬉しいポイントです。ちなみに夕日が最も美しく見えるとされるのは日没の30分ほど前。夜間には春夏秋冬と季節に合わせたライトアップも行われており、遠目に眺めるだけでもロマンチックな雰囲気を味わえます。

江ノ島展望灯台

こちらが江の島シーキャンドルからの眺めです。足元には緑豊かな島、江ノ島と、藤沢の街を眺めることができます。上から見ると、はっきりと地形がわかるのも面白いですよね。ちなみに、江の島エスカー、江の島サムエル・コッキング苑、江の島シーキャンドルの入場料を含んだ展望灯台セット券は、大人750円、小学生370円なので大変お得です。1階にある「Cafe Du Gabo(カフェドゥガボ)」では、焼きたてワッフルやスイーツが楽しめるので、合わせてお立ち寄りくださいね。

名称 江の島シーキャンドル
所在地 藤沢市江の島2-3-28
アクセス 江島神社より徒歩10分
公式URL https://enoshima-seacandle.com/

5. 江の島サムエル・コッキング苑

Enoshima Samuel Cocking Garden

江の島サムエル・コッキング苑は1882年、イギリスの貿易商人だったサムエル・コッキング氏によって造営された植物園です。戦後、長いあいだ江の島植物園の名で親しまれてきましたが、2002年から2003年にかけてのリニューアルに伴い、現在の名称に変更されました。苑内には長野県松本市やアメリカのマイアミビーチ市、韓国の保寧市、中国の昆明市といった藤沢市とゆかりのある姉妹都市エリアが存在し、エリアごとに違った雰囲気を楽しむことができます。

LONCAFE 湘南江之島本店

日本初のフレンチトースト専門店「LONCAFE」があるのは、この中のマイアミビーチエリア内です。木々や花々に囲まれたこちらのテラスには、青と白のパラソルが並べられ南国ムードが漂います。リゾートよりリゾート。そんな表現がぴったりでしょうか。眼下には海も広がり、まるで地中海にいるような気分を味わうことができます。また、世界各国から集めた珍しい熱帯植物が生育しているのも、苑の特徴のひとつとなっています。

名称 江の島サムエル・コッキング苑
所在地 藤沢市江の島2-3
アクセス 江島神社より徒歩10分
公式URL https://enoshima-seacandle.com/garden/

6. 江の島岩屋

Enoshima 54

江の島岩屋は江島神社発祥の地とされている洞窟です。かつてこの洞窟には江の島の主であった龍神が棲んでいたといわれており、この龍窟への信仰がのちの江島神社信仰へと発展していったとされています。多くの修行僧や弘法大師、日蓮聖人といった高僧らも修行した神聖な場所ですが、現代では通路も整備され多くの観光客で賑います。

IMG_4157

実はこの岩屋、日本人なら誰でも知っているある有名な武将が訪れたとも言われています。それは、あの源頼朝。島流しにあいつつも不屈の精神で平氏を追い詰め、武士が支配する鎌倉幕府を築いた名将です。その頼朝が戦勝祈願した場所が、この岩屋。何事にも打ち勝つ力を得られる、そんなパワースポットなのかもしれませんね。ちなみに岩屋は中で二つに分かれていて、それぞれの岩屋の真上には「龍宮」や「恋人の丘」といったパワースポットもあります。併せて訪れておきましょう。

名称 江の島岩屋
所在地 藤沢市江の島2
アクセス 江島神社より徒歩25分
公式URL http://www.fujisawa-kanko.jp/spot/enoshimaiwaya.html

7. 稚児ヶ淵

Sunset from Enoshima

かながわ景勝50選のひとつで、天候に恵まれれば伊豆半島や大島、富士山まで望むことができる場所です。岩場ですがフラットになっているので、小さな子どもでもすぐ波打ち際まで歩いて降りることができます。江島神社から徒歩、またはエスカーを使って散策を楽しみながら向かうのも良いのですが、岩屋やこの稚児ヶ淵へ行くには、江の島大橋から船で向かうという手段もあります。海側から潮風を感じながら、また島を眺めながらの移動は新鮮です。片道10分程度ですので、体力や時間を節約したいという人に便利。片道だけの利用も可能です。

影

ちなみこの「稚児ヶ淵」は「チゴガフチ」と読みますが、ちょっと変わった名前だと思いませんか?これは、ある僧侶の、道なき恋の伝説から来ているのです。それはある寺で学問を勉強している「白菊」という稚児、つまり子供がこの断崖にいるのを一目見たある修行僧が心を奪われ、恋文を送り続けることでかえって稚児を追い詰め、自害にまで追いやってしまう話です。その修行僧もここで後を追うことになるのですが、そんな伝説を頭に思い浮かべつつ荒れ狂う白波を眺めてみてください。

名称 稚児ヶ淵
所在地 藤沢市江の島2-5-2
アクセス 江島神社より徒歩25分

8. テラスモール湘南

7956 Tsujido, Japan

テラスモール湘南はJR辻堂駅に直結したショッピングモールです。広場に面し全体的に張り巡らされたテラスが特徴で、心地よい風を感じながらショッピングや映画、食事などが楽しめます。ただ昼時のフードコートは混み合うので、ランチは早めに済ませるのがベスト。週末や雨天時なども周辺道路が渋滞するため、電車移動がおすすめです。子どもも楽しめるイベントも多数開催されており、特に恒例のクリスマス時期のイルミネーションは、いまや湘南の風物詩となっています。

こちらのテラスモールには、さまざまな有名ショップがテナントとして入っていますが、「湘南ヴィレッジ」と呼ばれるエリアでは、ここならではの個性豊かなお店が軒を連ねています。歩いているだけで海沿いのリゾートを感じられるほか、ルーバーが印象的な「シェイクシャック」では、1杯ずつスピンして作る本格的なシェイクをいただくことができます。一方、どこか湘南らしい雰囲気が漂う「湘南マルシェ」では、毎日の食料品のほか、お土産にもぴったりな湘南ならではの商品が手に入ります。

名称 テラスモール湘南
所在地 藤沢市辻堂神台1-3-1
アクセス JR湘南新宿ライン、JR東海道本線辻堂駅北口直結
公式URL http://terracemall-shonan.com/

9. 龍口寺

龍口寺 - 本堂

龍口寺は、日蓮聖人が龍ノ口法難に遭われたことで知られる刑場跡を、護持するために建てられた由緒あるお寺です。龍ノ口法難とは、日蓮聖人がこの龍ノ口の地で斬首されそうになったまさにその瞬間、空に走った閃光により役人たちの目がくらんだため、その斬首刑が中止になったという出来事です。しかしこの鎌倉時代後期には摩訶不思議なものとして捉えられていた謎の光の正体は、実は隕石だったのではないかともいわれています。

そんな不思議な言い伝えが残る龍口寺ですが、厳かな気分になれる日が「龍の口竹灯籠」です。一年に一度、八月の上旬あたりに行われる行事で、青竹にロウソクを灯すことで竹灯籠供養をします。境内に所狭しと並べられた約5000基の竹灯籠に、ゆらゆらとゆらめく灯り・・・。その幻想的な雰囲気を一目見ようと、多くの方が参拝に訪れます。江ノ電の「江ノ島駅」から歩いてわずか3分とアクセスも便利です。また、1基あたり1,000円で竹灯籠を申し込むことができます。ちなみに来場者は灯籠を持ち帰ることも可能です。

名称 龍口寺
所在地 藤沢市片瀬3-13-37
アクセス 小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅徒歩11分、江ノ島電鉄線江ノ島駅徒歩3分、湘南モノレール湘南江の島駅徒歩3分
公式URL http://ryukoji.jp/

10. 江の島アイランドスパ

Untitled

江の島にも温泉があるのをご存知でしたか。江の島アイランドスパは、2004年に開業した江の島唯一の天然温泉の日帰り入浴施設。江の島大橋を渡ってすぐの「青銅の鳥居」右手にあり、一見宮殿と見まがうほどのゴージャスな外観が印象的です。館内には16種類ものスパがあり、水着着用でプール感覚で楽しめるエリアもあります。水着はレンタルできるので、観光がてら、ぶらりと立ち寄っても大丈夫。

なお、2階屋外に作られたプールは、海と一体感が得られるインフィニティプールとして話題を呼んでいます。長さも23.5メートルと、泳ぐことも出来る広大なプールからは、美しい夕日や富士山も望むことができ、極上のひとときを過ごせるでしょう。ただし12月~2月の冬期はクローズとなるので注意が必要です。また、こちらの施設は、未就学のお子様は入館できないほか、日曜日は小学生も不可になっているなど利用制限があります。なお館内にはレストランやカフェが併設されており、「アイランドグリル」では、地元の新鮮な野菜や魚介をふんだんに盛り込んだお食事をいただくことができます。

名称 江の島アイランドスパ
所在地 藤沢市江の島2-1-6
アクセス 小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅徒歩13分、江ノ島電鉄線江ノ島駅徒歩17分、湘南モノレール湘南江の島駅徒歩19分
公式URL http://www.enospa.jp/index.php#top

11. 片瀬江ノ島駅

片瀬江ノ島駅

片瀬江ノ島駅といえば、この竜宮城を模したインパクトのある駅舎が魅力!小田急江ノ島線の終着駅であり、江の島や新江ノ島水族館に最も近い駅でもあります。斬新な駅舎のデザインは昭和4年の開業当時から変わらず、何度も塗り替えられ現在の姿を保ち続けています。関東の駅百選に選ばれています。

今回この駅を推薦した理由は、実は他にもあるのです。2020年に行われるオリンピックまでを目処に、駅全体の改良工事が始まっているからです。新しい駅舎には神社仏閣の「竜宮造り」を取り入れ、より本格的な竜宮城スタイルになるとのこと。ますます楽しみですね。なお近くにはお洒落なカフェが点在しています。江ノ島やオーシャンビューのカフェ、とろけるような絶品パンケーキのお店など目白押し。江ノ電の江ノ島駅まで向かう途中にもお店が点在しているので、散歩がてらお目当てのお店を探してみるのもおすすめです。

名称 片瀬江ノ島駅
所在地 藤沢市片瀬海岸2-15-3
アクセス 小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅徒歩0分、江ノ島電鉄線江ノ島駅徒歩8分、湘南モノレール湘南江の島駅徒歩9分
公式URL http://www.odakyu.jp/station/katase_enoshima/

いざ、日々進化中の藤沢へ

藤沢の観光スポットをご紹介しました。いかがでしたでしょうか?やはり藤沢の観光スポットというと江の島が大部分を占めているのがわかります。しかし古くから観光地であった江の島を、変わらぬ人気スポットとして維持してきた藤沢市の活力は、並々ならぬものといえるでしょう。日々進化する藤沢の魅力を体感しに、どうぞ何度でも足を運んでみてください。

神奈川県のおすすめ旅館・ホテルをさがす

特集

2019/06/07朝の時間を旅する -明け方の浅草寺-

2019/02/22泊まる、ふたりだけの世界【伊東】 ー宿泊体験記vol.2ー ふたり木もれ陽

人気記事