最終更新日時 2019/02/28

千葉県にはパワースポットがかなり多くあるのはご存知ですか?しかも千葉には、強力な一宮の三社や、初詣参拝者数が全国2位のお寺や、房総半島など自然の魅力溢れるパワースポットがあるのです。

1.香取神宮

香取神宮

香取神宮(かとりじんぐう)は、千葉県北部の旧国地域で最も格式の高い神社です。全国約400社の香取神社の総本社で鹿島神宮や息栖神社とともに東国三社の一社なので伝統と格式のある神社と言えます。邪魔者をはねのけ進むパワーがあるので、仕事や人生に開運力をもたらすと言われる関東屈指のパワースポットです。また、太古から信仰される地震封じの要石があり、地震除けのご利益があるとされています。

画像素材|PIXTA

そんな香取神宮のパワーを余すところなく受け取るには、津宮鳥居河岸から始めるのがおすすめ。狛犬のいる総門がスタートだと信じている方が多いのですが、実は最初の鳥居は、香取神宮の北3kmの場所にあるのです。利根川に面して鳥居が立っているので、すぐにお分かりいただけるはずです。昔は、江戸から船で訪れ参拝していたからでしょう。なお香取神宮は、茨城県にある鹿島神宮や息栖神社と合わせて「東国三社」と呼ばれています。可能ならば合わせてお参りすると良いでしょう。

住所 千葉県香取市香取1697-1
公式ホームページ http://www.katori-jingu.or.jp/

2.成田山新勝寺

Naritasan Shinshoji 01 成田山新勝寺

成田山新勝寺(なりたしんしょうじ)は、千葉県成田市にある真言宗智山派の寺院です。初詣参拝者数300万人は明治神宮に次ぐ全国2位で年間参拝者数1000万人超の大寺院です。一般には「成田不動」や「成田山」と呼ばれています。家内安全・交通安全などを祈る護摩祈祷のために訪れる人が多くいます。成田山公園内にある高さ約20メートル、幅約2.7メートルの雄飛の滝がパワースポットとしても有名です。

画像素材|PIXTA

参拝後には、精が出るうなぎを食べるのが慣例となっています。参道には何軒もうなぎ屋が並んでいるので、無視して過ぎることは難しいでしょう。どこもおいしそうではありますが、ふっくらとした身が絶品と評判の「駿河屋」がおすすめです。お値段ははりますが、いつでも混んでいるほど大人気です。また、宮家の紋を使うことを許されるほど、格式ある「菊屋」も人気です。また、山門前にある「若松本店」では日本料理も提供しているので、鰻が苦手だという方と同行しても安心です。さらに日帰り湯も完備。ぜひ訪れてみてくださいね。

住所 千葉県成田市成田1番地
公式ホームページ http://www.naritasan.or.jp/

3.千葉神社

千葉神社

千葉神社(ちばじんじゃ)は、星と方位の守護神・妙見菩薩を祀っている妙見信仰の総本社です。昔から千葉にいる人にとって馴染みのある神社です。東西南北・四方八方・全ての方位方角へとその御力を及ぼす星の神様などで有名なので、いろいろな厄災からまもってもらおうと子供の成長を祈願する人が多く訪れます。

画像素材|PIXTA

千葉神社において立ち寄っておきたいスポットはいくつかありますが、その中でも、妙見池にかかる「ねがい橋」と「かない橋」は必須ポイントではないでしょうか。今上天皇即位の御大礼の記念としてつくられた2つの橋は、はっとするような朱色塗りで、力が宿っていそうな雰囲気が漂っています。まずは、願い事を頭に浮かべながら「ねがい橋」を渡りましょう。そのあと一度参拝し、今度は願い事が叶った自分をイメージしながら「かない橋」を渡って帰ります。あなたの願い事が、これをもって叶いますように・・・。

住所 千葉県千葉市中央区院内1-16-1
公式ホームページ http://www.chibajinja.com/

4.猿田神社

猿田彦神社

猿田神社(さるだじんじゃ)は千葉県銚子市猿田町にある神社で、昔より八方除けなどで信仰されています。猿田彦大神・天鈿女命・菊理媛命を主祭神としています。猿田神社に祀られている猿田彦命は道開きの神なので、これから先に進んでいくための道を切り開いて導いてくれると言われています。進むべき道がよく分からない、迷っているという方は一度訪れてみてはいかがでしょうか?

画像素材|PIXTA

なお、猿田神社でチェックしておきたいポイントは、御神砂とりができること。御神砂とりとは文字通り、砂をいただくことです。その砂を持ち帰って蒔けば、その場所が清められるといわれています。参拝を終えたら忘れずに、立ち寄りましょう。そもそもこの神社は、木々もたくさん生えていて、なんだかのんびりとした雰囲気が流れています。散歩気分で訪れると、リフレッシュできるのではないでしょうか。なお、総武本線をさらに進んでいくと有名な犬吠埼があります。足を延ばして温泉に立ち寄ってみても良いでしょう。

住所 千葉県銚子市猿田町1667-1
公式ホームページ なし

5.玉前神社

玉前神社

玉前神社(たまさきじんじゃ)は千葉県長生郡一宮町に鎮座する神社で上総国の一宮で格式の高い神社です。戦火で社殿や古記録などが焼失してしまったため創建年代は不明だが、少なくとも1200年以上経過しているといわれています。玉前神社には波乗守というお守りがあります。これが海の波から守ってくれるパワーがあると言われており、サーフィンに限らずマリンスポーツや海で遊ぶことが増える夏の季節の前に訪れたい千葉のパワースポットです。また玉前神社で行われる「上総の裸まつり」「十二社まつり」などの祭りには、壮大な儀礼をひと目見ようと関東圏から大勢の人々が集います。

_DSC5504_ff.jpg

この玉前神社のご利益はそれだけではありません。手水舎の近くに、君が代にも歌われている「さざれ石」があります。さざれ石とは、もともとは細かい石という意味で、それらが自然の作用によりくっついたものを指すのだとか。そのさざれ石のすぐそばに子宝に効くというイチョウの木があるのです。しかもここの本殿は、あの源頼朝が、妻の北条政子の安産祈願をした場所なのだとか。この通り子宝を願う方には、イチオシの神社でもあるのです。

住所 千葉県長生郡一宮町一宮3048
公式ホームページ http://www.tamasaki.org/home.htm

6.千葉厄除け不動尊・縁結び大社(愛染神社)

愛染神社正門

縁結び大社(えんむすびたいしゃ)は千葉県東金市にあり、良縁成就・恋愛成就・結婚成就などあらゆる縁結びが叶うと言われている神社です。縁結びの7つのお宮を順番にお参りする「恋の願かけめぐり」が恋愛パワースポットとなっており、多くの男女で賑わっています。

画像素材|PIXTA

「恋の願かけめぐり」とは、良縁の神様、悪縁切の神様、縁開きの神様など、社内にいるそれぞれの神様に、順番を守ってお参りすること。順路が設けられていたり案内の紙をいただけますので、誰でも簡単に実行することができます。まずは、良縁をいただく前に悪縁を断ち切ることから始めます。ニ礼二拍手など、参拝方法も看板に書いてありますので安心です。ちなみに、縁結び絵馬の奉納や縁結び守りはいずれも800円です。すでにお相手がいる方にとっては、うまくいくためのお守りとなります。ご夫婦でもぜひ。

住所 千葉県東金市山田1210
公式ホームページ http://www.enmusubi.cc/

7.鋸山 日本寺

鋸山

日本寺大仏で知られる日本寺は鋸山全体が境内です。鋸山(のこぎりやま)は、房総半島の南部、千葉県安房郡鋸南町と富津市の境に位置する山で、露出した山肌の岩が鋸の歯状に見えることからこの名で呼ばれています。頂上付近にある「地獄のぞき」は石切場跡の絶壁の上に突き出した岩盤上から約100m下を望むことができるスポットになっており、一目見ようと多くの人が訪れています。不動滝は清めスポットと大仏の薬壺はご利益があると言われています。

crumbling

非常に敷地が広いので、すべてまわりきるには、かなり体力が必要だと思われます。そのなかでも訪れていただきたいのは、「羅漢エリア」と呼ばれる場所です。ちょうど鋸山の中腹あたりで、石段を下りていくとその場所に行き着くことができます。写真のように、岩が洞窟のようになったところに、おびただしい数の羅漢像が祀られているのです。なんとその数は1,500体以上あるそうで、千五百羅漢と呼ばれています。手彫りでつくってきたのでしょう。どれ一つとして同じものは無いそうです。いろんな表情の像があるので、ぜひご覧になってみてください。

住所 千葉県安房郡鋸南町鋸山
公式ホームページ http://www.nihonji.jp/

8.遠見岬神社

Tomisaki Shrine / 遠見岬神社

遠見岬神社(とみさきじんじゃ)は、千葉県勝浦市浜勝浦(上総国夷隅郡)にある神社です。そして房総半島に技術と文化をもたらした天冨命をお祀りする古社です。遠見岬神社といえば鳥居の前の階段に並んだおひなさまの光景が有名で人気です。神社へと続く60段の石段には赤い毛氈が敷かれ、約1500体もの人形が整然と並べられる様はまさに圧巻です。

朝市@那智勝浦_5

勝浦といえば、新鮮な魚介類が獲れることでも大変有名ですよね。実はこの神社から、わずか3分ほど歩いたところで、勝浦朝市が開催されているのです。天正の時代から、つまり400年以上続いている歴史ある朝市で、輪島・高山と並び日本三大朝市と呼ばれています。出品されているのは魚介類だけでなく、野菜や果物も。また、お花や工芸品なども並んでいます。いまでは、地元の人だけでなく、観光客も多く訪れ大変なにぎわいに。朝6時から11時まで、水曜や元旦をのぞいて毎日行われています。ぜひ覗いてみてくださいね。

住所 千葉県勝浦市浜勝浦1
公式ホームページ http://www.tomisaki.or.jp/

9.意富比神社

MMFC1321

意富比神社(おおひじんじゃ)は、千葉県船橋市にある神社です。長く船橋市民に愛されており、初詣には多くの人で賑わいを見せています。1900年以上の歴史を持つ古社でもあります。毎年10月に例大祭という祭りが開催され、神楽の奉納と徳川家康公の上覧相撲に始まる400年以上の歴史と伝統のある奉納相撲が行われます。相撲といっても、一般人が行うけんか相撲大会で、大人相撲と子供相撲との両方が行われるものです。

画像素材|PIXTA

歴史のある由緒正しい神社であり、あの平将門や源頼朝、そして前述した徳川家康との結びつきも強く、重宝されてきたようです。とくに家康は鷹狩りに行く際にここを訪れていたとのことで、境内には家康の歯を納めた木造も安置されていると言われています。重宝されてきた証に、天正19年(1591)には、徳川家康公より五十石の土地を寄進されたという記録もあります。と同時に、伊勢は遠く、なかなかお伊勢様にお参りいけない方の心のよりどころでもあったのだとか。こちらにきたら、明治13年に建てられたという灯明台を見上げてみましょう。千葉県の文化財に指定されています。

住所 千葉県船橋市宮本5丁目2-1
公式ホームページ http://www.oohijinja.jp/

10.安房神社

安房神社

安房神社(あわじんじゃ)は千葉県南部、房総半島最南端部の吾谷山(あづちやま)山麓に鎮座する神社で、神武天皇が即位した紀元前660年ほど前からあるといわれています。上の宮には日本産業の総祖神・天太玉命、下の宮には房総開拓の神・天富命を祀っており、安房国一の宮として、古くから篤い信仰を集めています。樹齢450年のご神木も見ものです。主祭神の天太玉命 (アメノフトダマノミコト)は、日本の産業創始の神様なのでも事業繁栄・商売繁盛・技術や学業向上のご利益があると言われております。

画像素材|PIXTA

なお、参道を進み社務所を超えると、右側に拝殿や本殿、そして上の宮がありますが、本殿にむかって右奥に下の宮があります。知らないと下の宮に参拝せずに帰ってしまう方が多いようですが、下の宮のちょうど正面には、ご神木である槇が鎮座しているのです。すがすがしさを感じるような、そんな空間の中、そっと佇んでいるのがこの木。しかし実際に近寄ってみると、力強い生命力やご神気が感じられるはずです。なお、お帰りの際は、平成25年に開店したという茶屋に立ち寄られてはいかがでしょうか。

住所 千葉県館山市大神宮589
公式ホームページ http://www.awajinjya.org/

11.麻賀多神社

佐倉 麻賀多神社

麻賀多神社(まかたじんじゃ)は、千葉県成田市台方にある神社で、旧佐倉藩の総鎮守で、古くから「まかたさま」とこの地方の人々に親しまれ、崇敬されています。印旛沼周辺に18社ある麻賀多神社の本宮で、神道版の黙示録ともいえる「日月神示(ひつきしんじ)」が降ろされた場所としても有名です。ご神木の大杉は健康運・厄除けスポットで重く堂々とした強烈なエネルギーがあります。古くより不老や長寿のご神木として崇拝され、多くの祈願が行なわれた場所です。ご神木には心霊が宿り、大願成就前には稍から霊光が輝き、神のお告げがあると言い伝えられています。

DSC_4925

ちなみに、ご神木の大杉は東日本一なんだとか。太さが9メートルもあるうえ、高さは40メートルを超えています。すぐそばで見上げると、そのすごさがお分かりいただけることでしょう。なお、毎年10月の第2金土日にご例祭が行われています。別名「佐倉の秋祭り」とも呼ばれ、豪華な神社大神輿やたくさんの山車が登場します。神社だけでなく町の通りを練り歩く、盛大なお祭りで、城下町の面影を残す佐倉ならではの情緒が味わえますよ。日本武尊(やまとたけるのみこと)や関羽霊長など、町ごとに違った人物の山車人形がのせられているので、それを見比べるだけでも十分に楽しめそうです。

住所 千葉県成田市台方1
公式ホームページ http://www.makata.jp/

12.法華経寺

正中山法華経寺 Hokekyoji Temple Photographed by Filmmaker  Ryota Nakanishi

法華経寺(ほけきょうじ)は、千葉県市川市にある日蓮宗大本山の寺院で、鎌倉時代の文応元年に創立されました。境内には五重塔や沢山の重要文化財が残されています。また、約200本もの桜が春になると美しく咲くことでも知られています。桜のトンネルを楽しむ参拝客が多く訪れる千葉県の桜スポットでもあります。

画像素材|PIXTA

実はここ、一般人にとっては桜の名所でありますが、僧侶にとっては非常に厳しい場所として有名なのです。というのは、慶大内にある荒行堂で、毎年大変な修行が行われているからです。 それは、11月1日より2月10日までの100日間、毎朝2時に起き、1日7回、寒水を浴びる「水行」と、「万巻の読経」「木剣相承」相伝書の「書写行」などの修行を行うというもの。その間、朝夕2回、梅干し1個の白粥という厳しい食事の生活が続くのです。それを想像しながら寺を訪れると、改めて真摯な気分でお参りできるのではないでしょうか。

住所 千葉県市川市中山2-10-1
公式ホームページ なし

13.洲崎神社

洲崎神社

洲崎神社(すさきじんじゃ/すのさきじんじゃ)は、館山市洲崎にある神社で、式内社(大社)論社です。江戸時代には安房国一宮とされたとも言われております。また、標高110メートルの御手洗山にあり、太平洋を一望でき、さらに大島の御神火を望むことのできる山稜で、地元の人達には神社山として親しまれています。

画像素材|PIXTA

それだけではありません。なんと、霊峰富士山までも望むことができるのです。鳥居の中にすっぽりはまった富士山。やはり信仰の対象ともなっている富士山を、鳥居越しに眺めようと狙ってつくられたのかどうかは定かではありませんが、いつまでも眺めていたくなる景色ですね。ちなみに、かの源頼朝が1180年に伊豆で敗れた際に、海路でこの安房の地へ避難してきました。そのときに再起を狙って参拝したのが、この洲崎神社なのです。その後見事に天下を治めることになったのは周知の事実だと思います。リベンジをしたい方は、ぜひこの洲崎神社を訪れてみてください。

住所 千葉県南房総市富浦町原岡963
公式ホームページ http://www.sunosaki.info/

14.飯香岡八幡宮

DSC_1204

飯香岡八幡宮(いいがおかはちまんぐう)は、千葉県市原市にある、一国一社の国府八幡宮と呼ばれる古社です。殖産・海上守護・安産子育てなど多くの人の信仰を集めています。飯香岡八幡宮は「子育て八幡宮」とも呼ばれる神社であり、秋季大祭当日(旧暦8月15日)に子育て祈願や虫封じなど子供に関する祈願を受ける習わしがあります。

画像素材|PIXTA

さて、飯香岡八幡宮を訪れたら、必ずチェックしていただきたいのが銀杏の木です。写真の木は「夫婦銀杏」。地上2.8メートルのところから2本に分かれ相対しているので、まるで夫婦のように見えると、そう名付けられました。ちなみに675年に植えられた記念樹であると言われています。江戸時代にはこの存在が広く知れ渡り、あの葛飾北斎の漫画にも登場しているのだとか。なお、社殿の左手にあるもう1本の銀杏の木は、「さかさ銀杏」と呼ばれています。理由は、安房に逃れた源頼朝が、源氏再興を祈願しさかさにして植えたと伝えられているからです。どちらもぜひチェックしてくださいね。

住所 千葉県市原市八幡1057-1
公式ホームページ なし

15.櫻木神社(桜木神社)

絵馬 Ema, 櫻木神社 Sakuragi Shrine

櫻木神社(さくらぎじんじゃ)は、千葉県野田市桜台にあり、平安時代からの由緒ある神社です。この地は桜木村(後に桜台村)と呼ばれるほど桜が咲き誇る美しい土地だったようです。ご祭神はイザナギノミコト、イザナミノミコトで、五穀豊穣、商業、産業繁栄として知られています。ちなみに櫻木神社には30種類、約400本もの桜が植えられており、その桜は10月桜とも呼ばれている通り、春だけでなく10月にも開花して11月の七五三の時期に見頃を迎え、お正月まで咲いているときもあります。そのため別名、四季桜、七五三桜、正月桜とも言われる桜もぜひ一目見ておきたいです。

画像素材|PIXTA

ちなみに日本三大桜というのはご存知ですか?岐阜にある「根尾谷淡墨桜」、山梨の「山高神代桜」、そして福島にある「三春滝桜」がそれです。なんとこの神社には、最後に挙げた福島の「三春滝桜」のクローン桜があるというのです。しかも、年々その姿が「三春滝桜」に似てきたと、話題になっているのです。「三春小桜」と名付けられたこの木、ぜひ福島県にある本家本元と両方訪れて、確認してみてはいかがでしょうか。ちなみに、おみくじやお守りもたくさん種類があります。なかには、桜の形をしたお守りもあるので、とくに女性におすすめの神社です。

住所 千葉県野田市桜台210
公式ホームページ http://sakuragi.info/

観光のあとは、上質な宿泊体験を

いかがでしたか?千葉県には魅力的なパワースポットである神社や寺院や自然がたくさんあります。千葉県は関東圏から日帰りでも行けるので週末にお出かけがてら訪れてみたり、千葉のパワースポット巡りだけでも充実した旅になることでしょう。

千葉のおすすめホテル・旅館をさがす

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事