最終更新日時 2019/02/22

今回は神奈川県に行ったら必ず訪れたい、おすすめの夜景スポットをご紹介します。神奈川県は相模平野と相模原台地、多摩丘陵が広がるエリアで、横浜、川崎、相模原と3つの政令都市があるベッドタウンと工業都市、箱根、湘南、鎌倉などの観光地もある多彩な県となっています。そして、県内有数の観光スポットとなっている横浜や湘南エリアには、街の灯りとひろびろ広がる夜景を眺められる、数多くの絶景スポットがあります。

横浜ランドマークタワー スカイガーデン

画像素材|PIXTA

横浜市内だけでなく京浜地区のあちらこちらから遠望できる横浜一のランドマークと言えば、高さ296.33m、地上70階建ての横浜ランドマークタワーです。ランドマークタワーの69階、地上273mという高さにあるのが、まさに360度の大パノラマビューが楽しめる横浜ランドマークタワー・スカイガーデンです。スカイガーデンの夜景のシンボリックな光景は、直下に眺められるみなとみらいをはじめとした港ヨコハマの華やかでインパクトある煌めき達です。

画像素材|PIXTA

直下の印象的な港ヨコハマの夜景を眺めたあとは、関東平野の眺めをひとりじめすることができるような、360度の大パノラマ夜景を堪能しましょう。日中の広々とした長閑さすら感じさせる関東平野の風景が、夜ともなればどこを眺めても、どこまでも煌めく夜景となって地平線の彼方まで広がる光景は、京浜地区の要となっている横浜にあるスカイガーデンならではの絶景と言えるでしょう。

湘南平

画像素材|PIXTA

神奈川県内で一番とも言える、全国的にも名を知られていて、夜景100選にも選ばれている夜景スポットが、標高181mの泡垂山の山頂一帯となる湘南平です。湘南平一帯は高麗山公園となっていて、公園内には2つの展望台があり、恋人達が永遠の愛を誓って南京錠をかけることで有名なテレビ塔展望台と、360度のパノラマ絶景をさえぎる物も無く楽しめる高麗山公園レストハウス展望台があります。

画像素材|PIXTA

テレビ塔展望台、レストハウス展望台のいずれからも藤沢から小田原までの相模湾沿岸の街々や、大山、丹沢の麓に広がる伊勢原市や秦野市などの街々の夜景から、遠くを眺めると横浜、川崎など京浜エリアの煌々と灯りが広がる夜景を一望することができます。日中は、天気が良ければ大島や、三浦半島から房総半島まで眺めることができます。さらに素晴らしい夜景となる前奏として、夕暮れ時には街の灯りが煌めく夜景とはまた雰囲気の違う、刻々と姿を変えて行く富士山と相模湾の光景を見ることができます。

山下公園

画像素材|PIXTA

港ヨコハマの定番観光スポットとして昔から知られ、バラの名所としても知られているのが山下公園です。山下公園は、関東大震災の瓦礫で埋め立てを行って生まれた公園で、のんびりと散策しながら横浜港を一望出来るスポットとして、横浜市民の憩いの場となっています。多くの船が港を出入りする昼間の活気ある横浜港の風景は、夜ともなれば優雅さをも感じられる光景に移り変わり、潮風に吹かれながら雰囲気ある夜景をゆっくりと味わえる場所となっています。

画像素材|PIXTA

山下公園の夜景は日本夜景遺産にも選ばれており、その夜景を形作っている代表となるのは、古くから港ヨコハマのシンボルとなっている、海に向かって右側にあるライトアップされた氷川丸と、右手陸側にあるマリンタワーです。氷川丸やマリンタワーのほかにも、山下公園からは、暗い公園からはいっそう華やかな輝きを魅せるみなとみらいの光景や、しっとり輝く大桟橋、光の帯となって移りゆく車のライトとライトアップされた姿が美しいベイブリッジが、コントラストある印象的な夜景となって眺められます。

港の見える丘公園

画像素材|PIXTA

古くからハマっ子カップルの定番デートコースは、山下公園から元町商店街、そして、元町公園脇から山手の丘に登って外人墓地前へ、その先のゴールとなる場所が港の見える丘公園です。新山下の崖直上にある公園の展望台からは、ベイブリッジを正面に横浜港の光景が一望できます。夜ともなればライトアップされたベイブリッジや、照明に照らされる本牧ふ頭のガントリークレーン浮かび上がり、ホタルの光のように点々と灯っている、新山下エリアの街の灯りと共に、幻想的でロマンチックな夜景を魅せて、デートの気分をさらに盛り上げてくれます。

画像素材|PIXTA

展望台からの夜景は、ベイブリッジを中心としたものだけでなく、左側に目を移して行くと、昼には見えにくかった風景を楽しむことができます。フランス山の向こう側、マリンタワーから大桟橋、その先のみなとみらいエリアに向かっての風景が、ビルや街の灯りが点ることによって、まばゆいばかりの華やかさのある夜景となって眺められるようになるのです。

江の島シーキャンドル

画像素材|PIXTA

空から見ると湘南海岸から突き出ている岬のようにも見える江の島。その江の島の頂上にあるのが、ライトアップされた姿が煌めく宝石のようであることから「湘南の宝石」とも呼ばれている江の島シーキャンドルです。シーキャンドルは、四季折々のテーマカラーに沿って一年を通してライトアップされていて、その名の通り夜空に浮かび上がる幻想的で美しい姿を、片瀬海岸をはじめとして、湘南海岸一帯から眺めることができます。

画像素材|PIXTA

江の島からぽっかりとその姿を見せている江の島シーキャンドルは、海抜59.8mの江の島頂上に立っている高さ59.8mの展望灯台なので、湘南海岸から眺める美しい姿だけで無く、海抜101.56mの展望フロアやその上にある屋外展望台からは、眼下に眺める江の島や片瀬海岸の街灯や街の灯りが美しい夜景ばかりか、三浦半島から湘南海岸、さらにその先の伊豆半島まで、海岸沿いの灯りが何とも印象的な夜景が海側から一望することができます。風が強くなければ、屋外展望台からの潮風を感じながら、展望フロアとは違うガラスが遮らないくっきり鮮やかな夜景を楽しんで見たいものです。

うっとりと眺める神奈川県の夜景のつづきはこちら >>

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事