最終更新日時 2019/02/28

今回は千葉・鴨川に行ったら必ず泊まりたくなるような、満足度の高い高級旅館をご紹介します。鴨川は東京からわずか2時間、昔から海水浴やマリンスポーツのできるリゾート地として昔から親しまれてきました。その落ち着いた佇まいから、鴨川という街に伝統行事や工芸品などが今でも大切に受け継がれてきていることが伝わってきます。

旬彩の宿 緑水亭

出典:Relux|旬彩の宿 緑水亭

静かな佇まいの高級旅館・旬彩の宿 緑水亭は、山里の集落に位置する隠れ家的存在。建物は佇まいが美しい純和風スタイルに作られています。

出典:Relux|旬彩の宿 緑水亭

全館畳敷きになっており、滞在中履き物がいらないので気持ちも楽に過ごせます。また各客室にはそれぞれお風呂が備え付けられており、内裏山温泉「蔵の湯」を心ゆくまで楽しめます。

出典:Relux|旬彩の宿 緑水亭

海辺から少し距離はありますが、味に定評のあるお食事には新鮮な魚介類がふんだんに使われています。食事・温泉・そして心配りの行き届いたサービスで、珠玉のくつろぎ時間を堪能してください。

旬彩の宿 緑水亭の詳細をみる

緑水亭 勝浦別館 翠海

出典:Relux|緑水亭 勝浦別館 翠海

緑水亭 勝浦別館 翠海は、勝浦の高台に佇む高級旅館。客室は淡い翠色を基調とした柔らかな雰囲気にアレンジされ、日中は日当たりも良く清々しい時間を過ごせます。健康促進効果のある内浦山温泉「蔵の湯」では日頃の疲れをゆっくりほぐしてください。

出典:Relux|緑水亭 勝浦別館 翠海

新鮮な地魚や地元で採れた野菜など、素材自体の旨味を生かしたお料理の数々は、見た目も素晴らしくまさに五感で楽しむことができます。お食事どころはまるで自宅にいるようなプライベート感のある造りに。

出典:Relux|緑水亭 勝浦別館 翠海

ドッグランやペットホテルも隣接しているので、愛犬を連れて旅行に出かけられます。大切な人・愛犬との忘れられない思い出づくりを是非、緑水亭 勝浦別館 翠海で。

緑水亭 勝浦別館 翠海の詳細をみる

魚彩和みの宿 三水

出典:Relux|魚彩和みの宿 三水

魚彩和みの宿 三水の特徴は、その名の通り、お客様に心も体も和んでいただくことをテーマに造られた美しい客室です。小湊温泉を使用した天然温泉のお風呂は、海を眺めながらゆっくり楽しんでいただけます。

出典:Relux|魚彩和みの宿 三水

お食事は地元で採れた魚や自家栽培のお野菜をたっぷりと使用し、まるで我が家に帰ってきたかのようにホッと安心する優しい味付け。

出典:Relux|魚彩和みの宿 三水

きっと何度も訪れたくなる素朴ながら深みのある癒しの空間・魚彩和みの宿 三水で、自分へのご褒美時間を過ごしてみませんか。

魚彩和みの宿 三水の詳細をみる

季節の料理と古民家の宿 竹林奏

出典:Relux|季節の料理と古民家の宿 竹林奏

勝浦の海岸沿いを少し離れた場所に佇む、季節の料理と古民家の宿 竹林奏。母屋と離れの2棟が1,500坪の広さの敷地に建っており、周りは竹林に囲まれています。

出典:Relux|季節の料理と古民家の宿 竹林奏

客室に備え付けられた木の香りのする貸切風呂で、ゆったりお風呂に浸かりながら風が竹林を揺らす音を聴くと、だんだん心も体もほどけていくように感じるでしょう。また宿の名前にもある通り、竹林奏はその手の込んだお料理が名物。中でも旬の食材の囲炉裏焼きは絶品です。

出典:Relux|季節の料理と古民家の宿 竹林奏

竹林奏の環境が都心からわずか2時間の場所にあるとは、にわかに信じられないかもしれません。1日2組だけが体験できる唯一無二の時間を、是非味わいに行ってみてはいかがでしょうか。

季節の料理と古民家の宿 竹林奏の詳細をみる

渓谷別庭 もちの木

出典:Relux| 渓谷別庭 もちの木

渓谷別庭 もちの木は養老渓谷に位置する、くつろぎの時間が過ごせる高級旅館。お客様の平和と幸せを願い、縁起の良いもちの木が旅館の周りに植えられています。

出典:Relux| 渓谷別庭 もちの木

客室には温泉ジャグジーのお風呂がついており、渓流のせせらぎを聴きながら日々の疲れをゆっくり癒すことができます。お風呂を楽しんだ後は、地元の食材を使ったお料理に舌鼓を打ってください。

出典:Relux| 渓谷別庭 もちの木

海と川に囲まれた豊かな養老川沿いの庭園は四季折々に違った表情を見せ、訪れる人々の目を楽しませてくれます。滞在中庭園へ散歩へ出るのも良いですね。忙しい日々から少し離れて充電したいという人にはぴったりのオススメ宿です。

渓谷別庭 もちの木の詳細をみる

ほっと安らぐ時間が過ごせる、特別な空間へ >>

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事