最終更新日時 2018/12/22 18:24

神保町に佇む隠れ家ホテル、2018年2月にオープンしたSAKU REN JIMBOCHOをご存知でしょうか?周りは150軒ほどの古書店が軒を連ねる、世界一の古書店街。館内は1900年代の音楽が流れ、たくさんのこだわりが詰まったレトロモダンな空間を楽しむことができます。今回SPIRA編集部が実際に宿泊し、男性はもちろん、忙しい女性の方にもぴったりなホテルだと再認識しました。そこで、日常生活から少し息抜きしたいあなたにピッタリの過ごし方をご紹介します。

一歩踏み入れると、レトロモダンな空間

出典:Relux|SAKU REN JIMBOCHO

フロントは、和のインテリアとクラシカルなイメージを融合させた空間が漂います。本棚においてある古書は季節によって変わります。お部屋に持ち込んでお読みいただくことも、お気に入りの本をご購入いただくことも可能です。

出典:Relux|SAKU REN JIMBOCHO

チェックインのあとは、1926年ヴィクター社製の手巻蓄音機でジャズをお楽しみください。古いレコードが奏でる音色が心地よく、ついつい聞き入ってしまいます。

お部屋の中には、心躍るアメニティの数々が

出典:Relux|SAKU REN JIMBOCHO

お部屋のベッドは、すべてシモンズ社製の最高級ヘブンズベッドが備えられています。ふかふかのマットレスが最高の睡眠へと導いてくれます。

出典:Relux|SAKU REN JIMBOCHO

パジャマは嬉しい上下に分かれるタイプ。色も落ち着く藍色で、SAKU REN JIMBOCHOのロゴが刺繍されています。

出典:Relux|SAKU REN JIMBOCHO

ナノケアのドライヤーやスチーマー、リファカラットなど、普段から気になるけれどなかなか試す機会のない美容器具が、全てのお部屋にアメニティとして設置されています。今回は、贅沢にも全て体験してみました。明日の朝にはもちもちのお肌に変身するかも!とワクワクしながら眠りにつくことができました。

詳しくみる

気持ちいい朝を迎える、オリジナルコーヒー

出典:Relux|SAKU REN JIMBOCHO

朝のコーヒーは神田伯剌西爾(かんだぶらじる)をバルミューダの電気ケトルで。神保町の名喫茶店・神田伯剌西爾とコラボレーションした特別なコーヒーが、いつもとはひと味違う朝を演出します。

撮影:SPIRA編集部

お部屋に用意してあるメモ帳にまでこだわりがたっぷり。原稿用紙を模した手のひらサイズのメモ帳で、かわいいと評判のようです。お土産としてもすごく喜ばれました。

非日常の体験で、明日に向けてリフレッシュ

出典:Relux|SAKU REN JIMBOCHO

いかがでしたでしょうか。忙しい日常生活から解放されて、お部屋で読書をしたり、スペシャルなコーヒーを味わったり、ベッドでくつろいだり、スチーマーでプチスパをしてみたり…。都心にいながらも、非日常な体験ができるレトロモダンなホテル・SAKU REN JIMBOCHOで、自分へのご褒美時間を作ってみませんか?

SAKU REN JIMBOCHO

特集

2018/12/21【連載】過ごす、代官山 -忙しい日々の合間を縫って- 佐藤杏里さん【後編】

2018/12/21【連載】過ごす、代官山 -忙しい日々の合間を縫って- 佐藤杏里さん【前編】

人気記事