最終更新日時 2019/02/14

忙しい日々の合間を縫って、今日もどこか素敵な場所で自分らしく過ごすオトナたちーー。あなたも、気になっていたあのお店や、一度行ってみたかったあの街へ、”あなたらしさ”を見つけに、おでかけしてみませんか?

今回お話を伺ったオトナは、出版社に勤め、公私共にブックライフを楽しむ川端里恵さん。喧騒から離れゆったりと歩ける「代々木・渋谷」での過ごし方を紹介します。

散歩には『ARMS』のバーガー

代々木・渋谷のオトナの過ごし方を紹介してくれるのは、川端里恵さん。講談社のウェブマガジンmi-mollet(ミモレ)の副編集長をつとめる。

待ち合わせた店は、代々木公園の目の前にあるバーガーレストラン「ARMS(アームズ)」。店内から食事まで自分の両腕で作り上げるという意味から「ARMS」という店名が付けられた。この時期は、イチョウの落葉が鮮やかに店頭を彩っていた。

SPIRA_代々木・渋谷のお出かけ・ランチ・お散歩

ヴィンテージスタイルに統一された店内は、雰囲気も抜群。アメリカにある小さなハンバーガーショップのような、日常的に通える気軽な空間となっている。

SPIRA_代々木・渋谷のお出かけ・ARMS・お散歩

「ARMSは、代々木公園へ行く途中でみつけました。バーガーをテイクアウトして公園で食べたりしますね。公園では本を読んだり、お散歩したり。週末のんびり過ごすときに来ます」

最後まで変わらない美味しさを味わえるようにというこだわりが詰まったバーガー。お店オリジナルの「ポパイバーガー」は、特に人気の高いメニューだという。

SPIRA_代々木・渋谷のお出かけ・ARMS・お散歩
SPIRA_代々木・渋谷のお出かけ・ランチ・お散歩

川端さんお気に入りの、ほうれん草たっぷり「ポパイバーガー」を注文。ポテトもセットで1,150円

「ボリュームたっぷりで食べ応えがありますよね。ここに来るとよく頼みます」

バンズは天然酵母のもの、パティには松阪牛の牛脂を使用。バーガーの食感をなるべく合わせるために、パンズもパティもふんわりと仕上げ、どちらも主張しすぎないように工夫をしている。間に挟む食材も、レタス以外は同じサイズにカットし、マヨネーズと合わせてフレッシュソースに。

また、バーガーだけでなくサンドイッチメニューも充実している。

クラブハウス 1,350円 半分にカットされているためシェアにもぴったり

「ARMS」は、都会の中でものんびりとした場所、風が気持ちの良い場所、休日気分な場所ーー。ガラス越しの陽の光を浴びながら頬張るバーガーは、ホッと心を癒やしてくれる。

店名 ARMS
電話番号 03-3466-5970
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木5丁目64−7

ARMS

ミモレと私

幼い頃から将来本に関わる仕事がしたいと考えていたという川端さん。その思いは社会人になるまで変わらず、2002年、新卒で講談社に入社。

現在副編集長をつとめる『mi-mollet(ミモレ)』は、ミドルエイジ女性のためのWebマガジンとして、ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルのリアルな情報を配信している。

SPIRA_代々木・渋谷のお出かけ・代々木公園・お散歩

「紙の雑誌がなく、さらにオリジナルで記事を作っている女性向けのWebマガジンは少ないんです。雑誌と違って『勝ちパターン』もまだわからないので、大変さはあるけれど面白いです」

そんなミモレの大きな特徴は、編集者が顔をだして着こなしや思いなどを発信していることだろう。

撮影 最上裕美子

「編集者が顔を出し、名前を出して、文字を書くことは講談社では今まであまりやったことがなかったんです。最初は戸惑いもあったけど、私は背が低い、本が好きっていうのは一つの特徴なので、誰かの役にたつないいかなという感じです(笑)」

ミモレでは「バタやん」の愛称をもつ川端さん。編集者ブログでは、おすすめの本を紹介している。

「昔から本が好きです、文学、小説、漫画、ファッションなど。老若男女が『楽しい』のために時間を費やせる娯楽って素敵だなと。好きなもので好きな人たちと交流できる場を作りたいと思っています。」

編集者としてのインスピレーションは、週末の代々木公園での散歩、読書や演劇の鑑賞からも得られるという。

SPIRA_代々木・渋谷のお出かけ・代々木公園・お散歩

「フリーライターの永江朗さんの『編集者は人集まるところに休日は行け』と言う言葉がすごく印象に残っていて。コンサートや銀座の書店物、イルミネーションとか演劇とか。なんでこんな時間にこんな沢山の人が、何を楽しみに来ているのか。それを考えるのが大切だと」

SPIRA_代々木・渋谷のお出かけ・代々木公園・お散歩

本が好き、を軸に仕事でも趣味でも全力で楽しむ川端さん。後編では、奥渋谷に移動し、川端さんのお気に入りの本の見つけ方、そしてお気に入りの隠れ家的ビアバーを教えてもらった。

後編へ


講談社

川端 里恵

2002年講談社入社。広告部、新雑誌企画部、デジタル部書などを経て、現在はウェブマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の副編集長をつとめる。

mi-mollet(ミモレ)
Instagram

特集

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

人気記事