最終更新日時 2019/07/25

小田原城をはじめとした、多くの史跡が残る小田原。今回はそんな小田原のおすすめグルメスポットをご紹介!名物グルメはもちろん、歴史ある町ならではの老舗ごはん、B級グルメ、お得なランチを、駅近のお店から穴場の名店までまとめました。観光の際にはぜひ参考にしてみてください。

小田原駅周辺でおすすめのグルメ5選

1.寿庵 (ことぶきあん)

小田原駅より徒歩2分の好立地にある、「寿庵」。1920年創業の老舗蕎麦屋です。せいろやかけ天ぷらそば、おかめそばなど一通りのそばや、天丼やカツ丼などの丼ぶり、一品料理なども豊富にそろっています。店内は広々としていて、家族連れや大人数でも利用できるのは嬉しいですね。

View this post on Instagram

@sin3agtがシェアした投稿

お店のオリジナルメニューは、「宿場そば」。東海道の9つ目の宿場として栄えた小田原にちなんだ蕎麦で、小さなお椀に盛られた9種類の蕎麦が楽しめます。夜のラストオーダーは19時、と早いので時間を気にせず伺うなら、ランチでの利用がおすすめ。

名称 寿庵 (ことぶきあん)
住所 神奈川県小田原市栄町2-1-26
営業時間    11:00~19:30(L.O.19:00)
※月曜のみ 11:00~15:00
サイト http://www.0465.net/omise/kotobukian/index.html

2.のれんと味 だるま料理店

小田原駅から徒歩約8分の場所にある、 「のれんと味 だるま料理店」。1893年創業の老舗の名店で、懐石・会席料理、天ぷら、寿司などが味わうことができます。
店舗の1階は、入りやすい食堂のようなスタイル。2階は座敷席で、懐石コースの取り扱いのみです。どちらも落ちついた純和風の雰囲気で利用シーンに合わせて使い分けることができそうですね。

気軽に利用できるのは、食堂スタイルの1階。こちらの階では、お刺身や、天ぷら、煮魚など様々な定食が選べるほか、天丼や海鮮丼、一品料理などもあり、メニューがとっても豊富です。こだわりの天ぷらは、すべてお店特製のごま油で揚げているので、風味豊か。ぜひ食べていただきたいメニューです。
また、店舗の建物は国の有形登録文化財に指定されていて、お店にいながら歴史を感じることができますね。

名称 のれんと味 だるま料理店
住所 神奈川県小田原市本町2-1-30
営業時間 11:00~20:00
※1階食堂 (L.O.20:00)
※2階座敷 (最終入店19:00)
サイト http://darumanet.com/

3.サカナキュイジーヌ・リョウ

安くて美味しい海鮮ランチを楽しみたいなら、JR小田原駅より徒歩3分の「サカナキュイジーヌ・リョウ」がおすすめ。「海鮮ちらし」や「海鮮天丼」の他、定食など多くのメニューがそろっているお店です。中でも数量限定のサービスランチは、1,180円ととってもお得!

サービスランチで特に人気のメニューが、さまざまな海鮮をミョウガ、シソ、キュウリであえた「まかない丼」。ボリュームたっぷりで、なのにあっさり食べられる、とかなりの評判!お刺身の量が多くて、ご飯までなかなかたどり着かないとも。
ただし、人気メニューのため、確実に食べるには12時頃までの来店は必須だそうです。

名称 サカナキュイジーヌ・リョウ
住所 神奈川県小田原市栄町1-14-57 ジャルダンビル 1〜3F
営業時間 ランチ 11:30〜14:30(L.O.14:00)
ディナー17:00〜22:30(月〜土曜日,L.O.22:00)
    17:00〜21:30(日曜日・祝日,L.O.21:00)
サイト http://www.d-ryo.co.jp/

4.天史朗寿司(てんしろうずし)

View this post on Instagram

@super_oysterがシェアした投稿

小田原駅北口前にある「天史郎寿司(てんしろうずし)」。地魚を使った寿司が評判で、週末は行列ができるほどの人気店です。ランチのおすすめは、地魚の寿司と塩辛の巻物、玉子焼きの数種類が味わえる、「地魚鮨」。
お店では昼からお酒を嗜むお客が多いのも特徴です。せっかく来たら優雅に昼から一杯、というのも観光の醍醐味の一つですね。

夜は22時までの営業。地魚を中心としたお刺身や寿司の他、海鮮を使った一品料理も提供しています。
夜は、あん肝のみそ漬けなどもおすすめ。旨味が凝縮されていて、味噌に混ぜられた唐辛子がいいアクセントに。日本酒や焼酎などが豊富で、お酒好きの人は特に楽しめそう。こじんまりと落ち着いた雰囲気で大人のデートにもおすすめです。

名称 天史朗寿司(てんしろうずし)
住所 神奈川県小田原市城山1-6-80
営業時間 月~土 11:30~14:30 (L.O.14:00)
17:00~22:00 (L.O.21:10)
日・祝 11:30~14:30 (L.O.14:00)
    17:00〜21:00 (L.O.20:00)
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14001483/

5.フュージョンダイニング F

小田原駅の駅ビル「ラスカ小田原」の2階にある「フュージョンダイニングF」は、富士屋ホテル系列の洋食店。富士屋ホテルで培ったクラシックなフレンチの技法を使った、フランスの伝統的な家庭料理やワインが楽しめる本格ビストロです。ディナーはコース料理の他、17:00~19:00限定のお得なディナーセットや、本格ビストロ料理を提供しています。

ランチは、数量限定の「ビストロスタイル 相州牛ローストビーフどん」、相州牛を使った「ビーフカレーランチ」、メインディッシュを選べる「ランチセット&ランチコース」がなどがあります。相州牛を使ったローストビーフどんは、良質な肉質を誇る相州肉に、県内産のお米を使ったこだわりの一品。
ランチではカジュアルながらも本格的な料理が楽しめるのが魅力です。

名称 フュージョンダイニング エフ 小田原
住所 神奈川県小田原市栄町1-1-9 小田原ラスカ 2F
営業時間 ランチ  11:00~15:00
カフェ  15:00~17:00
ディナー 17:00~20:30 (L.O.20:30)
バー   20:30~22:00 (L.O.21:30)
サイト https://www.fujiyahotel.co.jp/fdining/

小田原でおすすめの名物グルメ5選

1.魚市場食堂

ここ「魚市場食堂」は、早川漁港の市場内にあり、早川であがる新鮮な魚介を使ったメニューが安く食べられると地元でも評判の店。メニュー豊富で、ボリュームたっぷりの刺身定食をはじめ、アジのたたき、限定の海鮮丼、金目鯛の煮付けなどが人気です。

お店は大衆食堂のような雰囲気で、カップルから家族連れなど誰でも気軽に利用できます。海が丼からはみ出しそうなほどネタが盛られてた海鮮丼や、見るからにボリューム満点のフライ盛り合わせなどは子どもも喜びそうです!

名称 魚市場食堂
住所 神奈川県小田原市早川1-10-1 小田原魚市場 2階

営業時間 10:00〜15:00
サイト http://www.0465.net/omise/uoichiba-shokudou/

2.小田原おでん本店

ここは、小田原名産の練り物、水産物、野菜などを使ったおでんを楽しめる「小田原おでん本店」。梅みそをつけて食べるのがこちらのお店の流儀だそう。
田原駅から徒歩18分と、駅から少し離れていますが、静かな住宅街にたたずむ古民家を改装した建物は、風情たっぷり。雰囲気抜群でデートにもおすすめです。

ランチでは、小品盛合せ、小田原おでん5品、茶飯、ミニデザート付のお得な「おでん茶飯ランチ」が人気。ランチでおでんを食べられるお店は、珍しいのではないでしょうか。
夜はお酒とともにゆっくりおでんを堪能したいですね。夜の締めは、おでんの出汁で食べる「出汁茶漬け」に決まりです!

名称 小田原おでん本店
住所 神奈川県小田原市浜町3-11-30
営業時間 月〜金 11:30〜14:00、16:00〜21:00
※平日月曜日はランチのみ営業
土・日・祝 11:30〜21:00
※但し、14:00~16:00まではおでん単品のみ。
サイト https://odawaraoden.com/odawaraoden/xiao_tian_yuanoden_ben_dianheyoukoso.html

3.うなぎ亭 友栄 (ともえい)

風祭駅から徒歩数分の場所に店を構える、「うなぎ停 友栄(ともえい)」。通常の約1.5倍の大きさの”ふっくら柔らか”なうなぎを厳選して使用しているのが特徴。ふわふわの食感とそのボリュームに虜になる人が多く、芸能人のファンも多い名店です。

落ち着いた雰囲気の店内では、うざく、肝焼き、白焼きなど、一品料理やお酒も楽しめます。個室があり、家族連れでも利用しやすいですね。
週末は1時間以上待つこともあるほどの人気のお店。うなぎの予約が可能なので、事前に電話をしておくのが安心です。

名称 うなぎ亭 友栄(ともえい)
住所 神奈川県小田原市風祭122
営業時間 10:00~17:00
※品切れ次第終了
サイト http://www.tomoei-unagi.com/

4.千世倭樓 そば 美蔵 (ちょうわろう そば みくら)

風祭駅にある、「鈴廣かまぼこの里」内の蕎麦を中心としたお店「千世倭樓 そば 美蔵」。こちらでは、かまぼこづくりにも使われる名水「箱根百年水」で打った蕎麦を提供しています。更科と田舎蕎麦の2種類があり、どちらも自家製麺と本格的です。

おすすめのメニューは、鈴廣のかまぼこを使った「かまぼこかき揚げそば」。名物のかまぼこの弾力と、サクサクの天ぷらの食感が特徴です。
他にも一品料理も豊富。「板わさ」もあり、こちらは天然素材の味わいを楽しむため醤油はなしでいただきしょう。

名称 千世倭樓 そば 美蔵(ちょうわろう そば みくら)
住所 神奈川県小田原市風祭50
営業時間 月~金   11:00~17:00
土・日・祝 11:00~19:00
サイト http://www.tiowa.jp/soba-mikura/index.html

5.一夜城 ヨロイヅカファーム

パティシエの鎧塚俊彦シェフが運営する「一夜城ヨロイヅカ・ファーム」。こちらは相模湾を見渡せる景色の良い高台にあり、ブーランジェリー、地元野菜の直売所を併設したレストランです。ランチは、前菜・メイン・デセールが選べるフレンチのコースを提供しています。

お店では当然ながらスイーツも人気で、レストランでランチやカフェタイムに楽しめる他、お土産としての購入も可能。小田原で栽培したみかんをたっぷり使用し、ほどよい酸味とみかんの甘さ、たっぷりのクリームが特徴の「一夜城ヨロイヅカ・ロール」が看板商品です。

名称 一夜城 ヨロイヅカファーム
住所 神奈川県小田原市早川1352-110
営業時間 パティスリー     10:00~19:00
レストラン カフェ  10:00~10:40(L.O. )、14:00~16:00(L.O. )
      ランチ 11:30~14:00(L.O. )
      ディナー 18:00~19:00 ※完全予約制
マルシェ(直売所)  10:00~17:00
サイト http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/index.html

小田原でおすすめのB級グルメ5選

1.お食事処 大原

JR東海道本線「早川」駅より徒歩7分。「お食事処 大原」は、早川港で採れる、新鮮なアジを使ったアジフライを求める人たちで、平日も行列ができるほどの人気店。アジフライ定食はふわふわサクサクのアジフライが3枚ついて、1100円と高いコストパフォーマンス!せっかく小田原に来たのだからお刺身も食べたいという人には、刺身3点、もしくは5点がついた盛りだくさんなアジフライ定食もあります。

海老フライ1尾、生帆立フライ1本、アジフライ2枚セットのミックスフライ定食や、海老フライ(1尾)とアジフライ(3枚)定食などから、刺身も豊富で、しらす、いくら、ねぎとろの三色丼、しらす・いくら丼 、ネギトロ丼(天然)なども。みんなでシェアしてもいいですね。

名称 お食事処 大原
住所 神奈川県小田原市早川1-6-10
営業時間 11:45~15:00、17:30~19:00 
※品切れ次第終了
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14023879/

2.海鮮丼屋 小田原海舟

小田原駅から徒歩3分、小田原早川港の仲卸問屋直営「鮮魚の達人」がプロデュースする海鮮丼専門店「海鮮丼屋 小田原海舟」。新鮮な海鮮を使った丼ぶりのお店ですが、ここでは「かまぼこカツ丼」というちょっと変わった丼ぶりがあります。

「かまぼこカツ丼」は名前の通り、豚肉の代わりに小田原名物のかまぼこを使ったカツ丼です。地元グルメを使った「小田原どん」の1つで、これを目当てに訪れる人も。
また、びっくりするほど巨大な海老がそびえたつ「大海老天丼」も目を引く一品です。

名称 海鮮丼屋 小田原海舟
住所 神奈川県小田原市栄町1-14-55 竹内ビル 1階
営業時間 月~金   11:00~17:00
土・日・祝 11:00~20:00
サイト http://kaisen-don.com/index.html

3.いしとみ

鴨宮駅より徒歩11分の「いしとみ」は小田原のラーメンのお店の中でも行列必至の人気店です。1番のおすすめは「ワンタン麺」。ラーメンは少し濃い目の醤油ダレに平打ち縮れ麺。そこに、ニンニクと生姜がきいた餡がぎっしり詰まったワンタンがゴロゴロ!間違いない組み合わせの虜になります。チャーシューとたっぷりの三つ葉もトッピングされていて嬉しいですね。

「ワンタン麺」の他には、「葱ラーメン」「チャーシュー麺」「葱ワンタン麺」「チャーシューワンタン麺」なども。「飽きずに食べられる味」と地元の人からも愛され続けるご当地ラーメンはぜひとも一度試したいですね。

名称 いしとみ
住所 神奈川県小田原市酒匂1-23-31

営業時間 11:30~20:00
※材料切れ次第終了
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14018232/

4.柳屋ベーカリー

小田原駅より徒歩15分。「柳屋ベーカリー」は、1921年創業の小田原の老舗パン屋です。お店で売っているのは、薄皮あんぱん。つぶあん、こしあんだけでなく、いも、宇治抹茶、赤しそ、うぐいす、大正金時など変わり種のあんぱんも並んでいます。

特徴は、とにかく極薄の皮にあんがぎっしり詰まっていること。超人気店で、午前中でほぼ売り切れ状態ということも珍しくありません。人気過ぎる小田原のご当地パン、予約ができるので確実に食べたいなら事前に電話予約しておくのがおすすめです。

名称 柳屋ベーカリー
住所 神奈川県小田原市南町1-3-7
営業時間 10:00~16:00
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14004324/

5.小田原 かまぼこ発祥の店 うろこき

小田原駅から徒歩15分。創業はなんと1781年の、小田原かまぼこ元祖の店「小田かまぼこ発祥の店うろこき」。かまぼこ、伊達巻、練り物などを販売する店ですが、店内にイートインコーナがあり、日本酒や地ビールなどと一緒にお店自慢の練り物を味わえます。

食べ歩きするなら、「自然薯の棒かまぼこ」がおすすめ。白身魚と自然薯を丹念に練り上げて作られる一品です。軽く炙ってもらうと、香ばしい香りと魚のうまみがまりません!ビールとの相性も抜群のB級ご当地グルメです。

名称 小田原 かまぼこ発祥の店 うろこき
住所 神奈川県小田原市本町3-7-17

営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.urokoki-kamaboko.com/company.html

小田原でおすすめの穴場グルメ5選

1.ステーキハウス 優味

こちら「ステーキハウス 優味」は、小田原駅から徒歩5分の場所にある鉄板焼きのお店。雑居ビルの2階にあり、地元の人でないと見落としてしまいがちですが、本格的なステーキが比較的リーズブルに味わえる、と評判。個室があるので、家族連れやデートなど様々なシーンで利用しやすいのも嬉しいです。

ランチが特にお得。1番のおすすめは、ふっくら炊いたごはんの上に、分厚いお肉がゴロゴロ乗っている「ステーキ丼」。お肉だけでなく、野菜も添えられています。
また、1番安いのは「ステーキランチ」でごはんもついてぴったり1000円!さらに、どちらもサラダ、味噌汁もセットです。ちょっと贅沢したい人はスペシャルランチコース(3500園〜)もあり。
ディナーは単品もありますが、コースは6000円〜です。

https://orange-build.com/yuumi/index.html

名称 ステーキハウス 優味
住所 神奈川県小田原市栄町1-5-18 オレンヂビル
営業時間 11:00~15:00(L.O.14:30) 、16:30~22:30(L.O.21:30)
サイト

2.小田原邪宗門

「小田原邪宗門」は、国府津駅徒歩20分程度のお寺にあるカフェです。上品なインテリアに落ち着いた雰囲気の店内は思わず時間を忘れて過ごせそうな空間。バナナシフォンケーキやコーヒーなどのドリンクの他、精進料理のようなヘルシーランチが楽しめます。

ランチは数種類のおばんざいと雑穀米がセットになったプレートなどがあり、丁寧に作られた優しい味わいと評判です。価格も良心的なのがうれしいところ。
ランチの後は緑にかこまれたお寺の境内でゆっくり過ごすのもいいですね。

名称 小田原邪宗門
住所 神奈川県小田原市小八幡2-12-26 三寶寺 内
営業時間 11:00~18:00
定休日 日曜・月曜
サイト http://www.jashumon.jp/

3.砂時計

「砂時計」は、足柄駅から徒歩数分の場所にある喫茶店です。店内は丸太作りのテーブルや椅子、柱時計などが並び、ドラマや映画に出てきそうな趣のお店。ケーキやパフェなどの他、サンドイッチやナポリタン、チャーハン、生姜焼き、カレーなどがそろっています。

看板メニューは、ナポリタンとカレーが相盛りで、半々になったランチプレート。太麺&ちょっぴり甘めの昔ながらのナポリタンはファン多し。反対にカレーは、激辛!ボリュームもたっぷりです。
ランチは数種類から選べ、どれも950円ととてもリーズナブルです。

名称 砂時計
住所 神奈川県小田原市久野353-1

営業時間 平日  11:00~22:00
土日祝 11:00~21:00
※ランチ11:30~14:00
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14011601/

4.Dee アジアン食材・キッチン

鴨宮駅から徒歩8分ほど歩いた場所にあるエスニックレストラン、「Dee アジアン食材・キッチン30」。ラオス出身の女性店主が営むお店です。
店内は、アジアンなインテリアにラオス音楽が響き、ムード満点。タイやベトナム、ラオスなどのさまざまな料理が楽しめるのが魅力です。

ランチは、タイカレー2種類・ライス・サラダ・スープ・デザートがセットになった「タイカレーセット」や、米類のタイラーメン・春巻き3種類・デザートがセットになった「春巻きクイッティオセット」など。どれも彩り豊かで、見ているだけでワクワクします。

名称 Dee アジアン食材・キッチン
住所 神奈川県小田原市南鴨宮1-9-22 白金ビル 1F-D
営業時間 11:30~20:00
(ランチは15:00まで)
サイト https://www.facebook.com/Dee0808/?pnref=story

5.ポルト・イル・キャンティ

「ポルト・イル・キャンティ」は、JR東海道線「早川駅」から徒歩10分、小田原漁港裏手に佇む隠れ家的イタリアン。早川港にあがったばかりの魚介類を使った料理と、ワインは各110種類以上の品ぞろえ。ウッディでかわいらしいインテリアの店内で、目の前に広がる海を眺めながら食事……。デートにもぴったりですが、女子会をするのにも良さそうです。

ボリューム満点の料理が魅力の店でもありますが、ランチがとてもお得です。パスタランチは、前菜3種盛り合わせ、彩り野菜ミニサラダ、フォカッチャ、本日のデザート、ドリンク付で1200円!パスタランチの内容に、お魚料理とお肉料理がついた、2,000円のスペシャルランチもあります。

名称 ポルト・イル・キャンティ
住所 神奈川県小田原市早川1-6-5

営業時間 月~金  11:30~15:30(L.O.15:00)、17:00~23:00(フードL.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
土日祝  11:30~23:00(フードL.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
サイト http://www.yyjam.com/porto

小田原でおすすめのスイーツ5選

1. ムーンカフェ

北海道十勝産の小豆を使ったどらやき・小田原うさぎは小田原を代表する銘菓。このほかにも、月のうさぎやご黒うさんなど、様々な和菓子を製造・販売しているのが、明治時代創業の「和菓子菜の花」です。「ムーンカフェ」は、そんな老舗和菓子店の和菓子や、コーヒーを提供するカフェです。

人気メニューは焼きモンブラン。フランスのパート・フィロという皮を使用し、パリパリとした食感が特徴です。また、焼きモンブランのお供にぴったりなコーヒーはハンドドリップ。コーヒーカップは併設されたショップで買うこともできるので、気になった方は要チェックです。

名称 ムーンカフェ
住所 神奈川県小田原市栄町1-1-7 小田原地下街HaRuNe小田原内
営業時間 10:00~20:00
サイト http://www.nanohana.co.jp/

2. きんじろうカフェ

1894年、みなさんも知っている・見たことのある偉人をご祭神とした、報徳二宮神社が小田原城に創建されました。そのご祭神は二宮金次郎。彼は小田原市で生まれたとされています。その境内にある「きんじろうカフェ」では、金次郎にまつわるグッズの販売や、コーヒー、スイーツの提供をしています。

人気メニューのきなぽんは、もっちりとした食感が特徴。和のきな粉と洋のカラメルソースとの相性も抜群です。また、コーヒーはイタリア製のエスプレッソマシンで淹れたもの。かわいいラテアートはインスタ映え必至です。このほかにも、季節限定で老舗和菓子店のお菓子も登場。観光の際立ち寄ってみてはいかがでしょう。

名称 きんじろうカフェ
住所 神奈川県小田原市城内8-10 報徳二宮神社内
営業時間 11:00~16:00
サイト http://www.hotoku.jp/kinjiro-cafe/

3. 呉地珈琲

「呉地珈琲」はJR小田原駅から200mほどしか離れておらず、アクセスも抜群のお店。おしゃれ横丁と呼ばれる路地にあり、青を基調とした店内はモダンな雰囲気が漂います。コーヒーは自家焙煎。すっきりとした後味が特徴です。

スイーツはチーズケーキやタルト、パウンドケーキなど種類も様々。季節や日によって変わるので、その日に何があるかはお楽しみ。席数は8席ほどと小さなお店ですが、だからこそ小田原への一人旅やデートにおすすめしたい、穴場なお店です。

名称 呉地珈琲
住所 神奈川県小田原市栄町2-1-18
営業時間 9:00~19:00
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14055401/

4. カフェ清閑亭

小田原城址公園のすぐ近くにある清閑亭は、明治時代に活躍した黒田長成の別邸として、1906年に建てられました。国の登録有形文化財にも指定されたこの建物は、木造二階建ての数寄屋造り。当時そのままの天井や欄間からは、豊かな彼の暮らしぶりが伝わってきます。

「カフェ清閑亭」は、そんな建物にあるカフェ。抹茶やコーヒー、小田原城の形がかわいらしいおだわら最中など、メニューも充実しています。店内はどこを見ても風情を感じ、ついつい長居したくなる、そんなお店です。まるでタイムスリップしたかのような、そんなひと時を過ごしてみませんか?

名称 カフェ清閑亭
住所 神奈川県小田原市南町1-5-73
営業時間 11:00~16:00
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14044255/

5. 湘南パンケーキ 小田原店

温もりを感じるインテリアと、店内を優しく照らし出す照明。そんな「湘南パンケーキ 小田原店」は、和麦の先駆けと言われる湘南小麦を使ったパンケーキのお店です。注文を受けるごとにメレンゲを作り、混ぜて焼き上げるので、ふわっとした食感が特徴です。

パンケーキのメニューはどれもインスタ映え間違いなしのビジュアル。チーズや卵をふんだんに使ったフワフワの生地は、生クリームやチョコレートソースと一緒に頬張ると幸せな気持ちに。また、食事メニューもあるのでランチタイムにもおすすめです。ちょっとした贅沢にいかがでしょう。

名称 湘南パンケーキ 小田原店
住所 神奈川県小田原市本町2-6-1 高井ビル2階
営業時間 10:00~20:00
サイト https://shounan-pancake.com/

小田原でおすすめのランチ5選

1. イルマーレ

「イルマーレ」は海の近くの小さなレストラン。シェフは会社員から料理人へと職を変え、都内のイタリアンで修行。実際にイタリアを巡り、2006年にこのお店をオープンしました。小田原の食材を使った、独自のイタリアンを提供しています。

3,000円のランチは平日のみ。その日に仕入れた食材を使うため、どんな料理が出てくるかはお楽しみ。見た目も色鮮やかで美しく、つい見とれてしまうほど。人気店のためランチやディナーは混みあいます。事前の予約がおすすめです。

名称 イルマーレ
住所 神奈川県小田原市早川1-11-6 PORT SIDE K-Ⅱ1階
営業時間 火~土 ランチ:12:00~14:00
    ディナー:18:00~20:30
日 ランチ:12:00~14:00
  ディナー:18:00~19:00
サイト https://www.il-mare.co.jp/

2. 蕎麦 月読

食べログの2018、2019珀名店にも選ばれた「蕎麦 月読」は、小田急線栢山駅から徒歩10分ほどの場所に位置します。使う蕎麦の実は、北海道、青森、茨城、埼玉のもの。その日の気温によって種類を使いわけ、産地に合ったひき方で仕込んでいます。

蕎麦はまずそのままで。蕎麦粉の香りが、口の中にふわっと広がります。次はこだわりの出汁で。冷たい蕎麦は3種類、温かい蕎麦は4種類の出汁をとっており、最後の蕎麦湯を入れても香りが引き立つ工夫をしています。蕎麦はその日に使う分だけ打っているので、早めの来店がおすすめです。

名称 蕎麦 月読
住所 神奈川県小田原市栢山2222-3
営業時間 ランチ 11:30~14:30
ディナー 17:30~20:00
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14038695/

3. 松琴楼

JR小田原駅から徒歩7分ほどの「松琴楼」は、江戸時代末期創業の老舗うなぎ店です。独自の製法で焼き上げたうなぎはふっくらしており、ファンも多いこのお店。人気ナンバーワンのうな重は、ほかのお店ではなかなかない、変わった方法で注文します。

うな重は、140gから300gまで5種類。調理する前のうなぎの重さで注文します。うなぎが提供されるまで少し時間がかかりますが、うなぎを注文した方には骨せんべいのサービスが。癖になるパリパリ食感が特徴です。駅からも近いため、観光はもちろん新幹線の待ち時間にもおすすめのお店です。

名称 松琴楼
住所 神奈川県小田原市栄町1-14-37
営業時間 ランチ 11:00~14:00
ディナー 17:00~20:00
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14011925/

4. ラッコアメーノ

「ラッコアメーノ」は、JR小田原駅から徒歩5分ほどのイタリアンのお店です。店主は本場イタリアのナポリや、ナポリピッツァ協会認定のお店で修行。2014年のオープン当初から、本場の料理が味わえると話題となり、行列をつくる人気店となりました。

ナポリの新窯を使ったピザは外側はパリッと、中はモチモチ。毎朝仕入れる新鮮な魚介類を使ったオダワラーナ特に人気の逸品です。ピザは常に20種類以上と充実のラインナップで、お値段も1,000円からとリーズナブル。小田原でイタリアンランチを味わうならこのお店!

名称 ラッコアメーノ
住所 神奈川県小田原市栄町2-11-30
営業時間 ランチ 11:30~14:00
ディナー 17:30~21:00
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14053675/

5. 漁師めし食堂

小田原と言ったら、都心から日帰りで行ける観光地!小田原城やすぐ近くの箱根だけでなく、小田原は漁師の街でもあります。「漁師めし食堂」は早川漁港のすぐそばにあるお店。このロケーションだからこそ、一番おいしい食べ方で新鮮な魚介類が味わえます。

テレビでも紹介されたこのお店。SNS映えする人気のかき揚げ丼は、丼ぶりからはみ出るほどのかき揚げが特徴です。また、お店イチオシが天ぷら地魚刺身定食。ここだからこそ食べられる魚が満載です。魚を知り尽くした漁師たちも認める料理たちを、ぜひ味わってみてはいかがでしょう。

名称 漁師めし食堂
住所 神奈川県小田原市早川1-4-8
営業時間 平日 10:00~16:00
土日祝 10:00~17:00
サイト http://ryousi.com/concept.html

小田原周辺でおすすめの老舗グルメ店5選

1. グリル木の実

1962年創業の老舗洋食店「グリル木の実」。オーナーは元映画館の館主。都心から来た人々が立ち寄れる、そしてわざわざ車を飛ばしてくるような、そんな価値あるお店を開こうと考えたのがオープンのきっかけ。オーナー自身が車好きということで、駐車場も完備しています。

ランチセットは国産牛のハヤシライスやハンバーグなど、大人から子供まで楽しめるメニュー。人気のコロッケは、彩も鮮やかでとろけるようなカニクリームがたっぷり入っています。ランチコースもあるので、気軽なランチはもちろん、贅沢な一日にもおすすめしたいお店です。

名称 グリル木の実
住所 神奈川県小田原市本町1-11-9
営業時間 11:30~21:00
サイト http://www.grill-konomi.jp/

2. 鶏の三平

「鶏の三平」は1960年創業の老舗から揚げ店。2018年の第9回からあげグランプリにて金賞を受賞したお店が、栄町に移転オープンしました。国産の成語40日以内の若鶏のみを使用。特製の片栗粉をまぶして、低温でじっくり。二度揚げしているので、カリっとした食感が特徴です。

二度揚げすることで、その食感だけでなく旨味をしっかり閉じ込めています。あふれる肉汁は、ご飯はもちろんお酒もついつい進む味。ランチは定食メニュー中心で、女性も食べやすいレディースランチも。家族みんなで伝統のから揚げを味わってみませんか?

名称 鶏の三平
住所 神奈川県小田原市栄町2-10-18
営業時間 ランチ 11:30~14:30
ディナー 17:00~22:00
サイト http://sanpei-odawara.com/

3. うな和

都内でも東海道線を利用している方は、「国府津」という名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか。そんなJR国府津駅から徒歩10分ほどの場所にある「うな和」は老舗のうなぎ店。改装をした店内は綺麗で座敷席もあるため、家族連れにもおすすめです。

人気のうな重は松竹梅と上の4種類。うな重の蓋を開けると、香ばしいタレの香りがふわっと広がります。うなぎは身がふっくらとしていて、甘めのタレとの相性も抜群です。山椒をつけずに食べることで、うなぎ本来のうま味をダイレクトに感じることができますよ。

名称 うな和
住所 神奈川県小田原市国府津2-8-1
営業時間 ランチ 11:00~14:00
ディナー 17:00~20:00
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14002105/

4. そば処 橋本

「そば処 橋本」のはじまりは、なんと江戸時代。天保年間に創業し、庶民から武家まで人気のお店だったそう。そして時は流れ明治、大正へ。当時の小田原はすでに漁港として栄え、大漁の時にはこのお店から蕎麦をとって、お祝いをしたと文献にも記されています。

使用しているそば粉やわさび、かつお節などは、全て現地へ行って「おいしいものを作らせていただきます」と約束して仕入れたもの。のど越しの良い蕎麦はもちろん、カラッと揚げたかき揚げは磯の香が口の中いっぱいに広がります。江戸時代から人気のその味を、ぜひご堪能ください。

名称 そば処 橋本
住所 神奈川県小田原市栄町1-13-37
営業時間 11:00~19:00
サイト http://www.sobahashimoto.com/

5. さかなの食堂 こじま

JR早川駅から徒歩2分とアクセス抜群の「さかなの食堂 こじま」は、創業から30年以上。店主はもともとは魚の卸売業をしており、その日に仕入れた魚はその日のうちに売り切る主義だとか。新鮮な魚介類と、リーズナブルなお値段が特徴のお店です。

人気のメニューは金目鯛の煮つけ。こってりとした味付けは、どこか懐かしいおふくろの味。また、アジフライやミックスフライ定食はどれもサクサク。メニューのほとんどが1,000円台と安いので、追加で一品料理を注文して、色々な味を楽しむのもおすすめです。

名称 さかなの食堂 こじま
住所 神奈川県小田原市早川1-13-18
営業時間 月~土 ランチ:11:30~15:00
    ディナー:17:00~20:00
日 11:30~19:00
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14002247/

小田原でデートにおすすめのお店5選

1. Lepus座 八起

JR小田原駅からすぐの「Lapus座 八起」は、どこか懐かしい昭和レトロな店内が人気のお店。ランチメニューはフワフワで分厚い卵焼きをサンドした卵サンドや、喫茶店の定番メニューナポリタンから、アジを使ったメニューなど和洋どちらも種類豊富です。

午後2時からは、女性に嬉しいデザートタイム。あんみつやぜんざい、カシスリキュールやカルーアミルクをかけたソフトクリームなど、ちょっと大人なメニューも登場します。周辺観光で疲れた時の休憩に、移動前の一休みにいかがでしょう。

名称 Lepus座 八起
住所 神奈川県小田原市栄町1-1-27
営業時間 11:00~22:00
サイト https://www.sankou2005.jp/lepus

2. サドルバックカフェ

「サドルバックカフェ」は、相模湾の見える高台にあるカフェです。店内はゆっくりくつろげるソファ席を完備。寒い冬には、見ているだけでも心癒される暖炉が店内を暖めます。天気の良い日にはテラス席がおすすめ。夜7時まで営業しているので、夕陽が沈む姿も見られます。

メニューは、くりぬいたパンにアツアツのグラタンが入った魚貝グラタンや、ハンバーグなど、女性も男性も満足のメニュー。また、敷地内では乗馬体験など動物とのふれあいも楽しめます。海に囲まれたロマンチックな空間へ、大切な人との思い出をつくりに出かけてみませんか?

名称 サドルバックカフェ
住所 神奈川県小田原市江之浦415
営業時間 11:00~19:00
サイト http://saddle-back.com/cafe/

3. cafe空

28年間、地元民や観光客に親しまれている「cafe空」。オーナーは陶芸家で、手作りのカップや皿が素敵なひと時を彩ります。コーヒーはタンザニアやブラジル産の豆を使用。ひとつひとつ丁寧にハンドドリップで淹れており、深みのあるコクと香りが特徴です。

コーヒーが苦手な方でも大丈夫。紅茶やハーブティーも充実しており、特に小田原産のこゆるぎ紅茶はデザートだけでなく食事にも合うと話題です。コーヒーや紅茶のお供には、手作りのデザートがおすすめ。大切な人とプライベートなひと時が過ごせる、隠れ家風のお店です。

名称 cafe空
住所 神奈川県小田原市城山2-27-12
営業時間 11:00~18:00
サイト https://www.cafe-ku.info/

4. 城町CAFE

東海道五十三次の9番目の宿場町であった小田原。江戸を出て初めての宿場町ということで、当時から多くの人が訪れる街でした。現在では都心からのアクセスも良く、周辺の箱根観光の際に立ち寄る方も多い小田原。「城町CAFE」では、伝統の和の甘味と現代のカフェを融合したメニューを提供しています。

可愛らしい城町3食だんごをはじめ、インスタ映え間違いなしの枡ティラミス、スコップケーキなど、見ても楽しめるメニューが豊富。ランチには野菜たっぷりの城町カレーはいかがでしょう。小田原の昔と今を一度に感じる。そんな時間が過ごせます。

名称 城町CAFE
住所 神奈川県小田原市栄町1-14-41 丸越ビル1階
営業時間 11:00~18:00
サイト https://shiromachicafe.com/

5. nico cafe

JR小田原駅から歩いて7分ほど。突然見えてくるのが、風格溢れる古民家カフェ「nico cafe」です。これまで建具屋や飲食店として使われていたこの建物。入口や壁も隠してある状態で、10年ほど使われていない築90年の古民家でした。4か月間に渡る改築の末オープンした店内には、自然と集まった楽器や古本が飾られています。

ランチは玄米を使ったプレートランチや、オムライスなど。オリジナルブレンドのコーヒーや、自家製のドリンクなど、体に優しいメニューが並びます。また、月に1度クラフト市も開催。ついつい長居したくなる店内で、恋人との会話を楽しむ。そんな時間を過ごしてみませんか?

名称 nico cafe
住所 神奈川県小田原市栄町2-15-26
営業時間 10:30~17:00
サイト https://nicocafe.myportfolio.com/

歴史ある老舗の他、バラエティ豊かなグルメがそろう小田原

名物である魚介を使った和食、老舗、B級グルメ、イタリアン、フレンチ、エスニックなど、バラエティ豊かなグルメスポットがそろう小田原。中でも、老舗の名店が多いことに驚きますよね。
史跡巡りをした後に、町の歴史とともに老舗の味を堪能するのもいいですね。また、フレンチやイタリアンでデートを楽しむもよし、大衆的なお店で家族でわいわい楽しむもよし。一緒に行く人や気分にあわせて選んで、おいしいランチやディナーをぜひ満喫してください。

神奈川県のおすすめ旅館・ホテルをさがす

【関連記事はこちら】
▷都心から約1時間半で弾丸旅行にも最適!箱根のおすすめ隠れ宿10選
▷みなとみらいで一度は訪れたい!おすすめの観光スポット29選

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事