最終更新日時 2019/04/16

映画「翔んで埼玉」で自虐ネタにされてしまうなど、何かと話題の埼玉県。実は、そんなイメージに反して魅力的な観光名所や穴場スポットが充実していることをご存じですか?

さいたまエリアでおすすめの観光スポット5選

1. 鉄道博物館

2018年に全面リニューアルしてパワーアップした通称「てっぱく」は、体験・体感が充実した鉄道に関する博物館です。見どころは、屋内外含め41両もの迫力ある「実物車両の展示」や、疑似運転を体験できる「車掌シュミレータ」など。子供から大人まで、訪れた人をワクワクさせてくれます。

また、5つテーマを設けたステーションでは、体験展示を中心としたプログラムで、人と鉄道の歴史や物語を楽しく学ぶことができます。広々とした館内には、ショップやレストラン、さらに屋上展望スペースなどがあり、子供連れからカップルのデートまで、鉄男さんや鉄子さんではなくても、1日中楽しめる人気スポットです。

名称 鉄道博物館
住所 さいたま市大宮区大成町3-47
営業時間 10:00~18:00
サイト http://www.railway-museum.jp/

2. さいたま市大宮盆栽美術館

数年前から日本人だけでなく、外国人にもがブームになっている「盆栽」は、さいたま市の伝統産業に指定されています。その盆栽の総合的な文化や魅力を発信しているのが、2010年に世界で初めての公立の盆栽美術館としてオープンした「さいたま市大宮盆栽美術館」です。

盆栽の名品や優品の展示はもちろん、盆栽用の盆器や絵画作品、歴史や民俗資料などが展示されています。また展示だけに留まらず、盆栽に関する講座・講演会も行われているので、興味のある人も初めての人も、盆栽の歴史や文化、魅力や奥深さにしっかりと触れることができます。

名称 さいたま市大宮盆栽美術館
住所 さいたま市北区土呂町2-24-3
営業時間 3~10月 9:00~16:30
11~2月 9:00~16:00
サイト http://www.bonsai-art-museum.jp/ja/

3. 大宮公園

大宮駅から約1.5㎞の場所に位置する「大宮公園」は、1885年に埼玉県で最初の県営公園として誕生した、長い歴史を持つ公園です。古くは、日本の公園の父と称される林学博士「本多静六」が公園の計画に関わり、樹木を中心に整備が進められました。

公園の整備により、現在では樹齢100年を超える赤松林や1,000本もの桜、秋の紅葉など、季節ごとに美しい景観を楽しめるのが最大の魅力です。「日本さくら名所100選」や「日本の都市公園100選」にも選定され、多くの利用者が訪れる名所です。

名称 大宮公園
住所 さいたま市大宮区高鼻町4
サイト https://www.pref.saitama.lg.jp/omiya-park/

4. 東武動物公園

1981年に東武鉄道創立80周年記念事業として開園した「東武動物公園」は、動物園と遊園地を併設したハイブリッド・レジャーランドです。動物園の見どころは、全120種・1,200頭もの多種多様な動物です。特に見た人に幸せをもたらすという伝説がある希少種「ホワイトタイガー」は、施設を代表する人気動物です。

遊園地の目玉アトラクションは、「新滑走水上コースターカワセミ」や「水上木製コースターレジーナ」などのスリル満点のコースターです。しかし他にも小さい子供や絶叫が苦手な人向けの乗り物も充実しています。また、夏は大型のスーパープールや季節ごとに花や植物も整備されていて、1日では遊びきれない充実の施設です。

名称 東武動物公園
住所 埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110
営業時間 9:30〜17:30
サイト http://www.tobuzoo.com/

5. 武蔵一宮 氷川神社

2,000年以上の歴史を持つと言われている「武蔵一宮 氷川神社」は、日本でも指折りの古社として、多くの参拝者が訪れます。神社が鎮座する地は、大宮台地の高台にあり、中でも鼻のように高く突き出た位置にあるため、一帯の地名は高鼻町と呼ばれています。

ご祭神として祀られている須佐之男命・稲田姫命の神は、夫婦・子孫の神様であること、出雲大社の流れを汲んだ本殿から、縁結びの御利益も期待できるパワースポットでもあります。また、境内にある広大な「見沼」は、龍神伝説がある神秘的な神池と言われています。

名称 武蔵一宮 氷川神社
住所 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407
営業時間 9:00~16:00
サイト http://musashiichinomiya-hikawa.or.jp/

川越・所沢エリアでおすすめの観光スポット5選

1. 小江戸川越 蔵造りの町並み

東京・池袋から東武東上線で30分ほど下った場所に位置する川越にあり、今も江戸時代を偲ばせる町並みが「蔵造りの町並み」です。黒漆黒の壁と重厚で豪華な蔵造りの商家が軒を連ね、城下町の面影を色濃く残しているところが「小江戸」と呼ばれる由縁です。

町並みを歩きながらチェックしておきたいのが、川越のシンボルである「時の鐘」や、祭りの雰囲気を感じられる「川越まつり会館」。さらに、ルネッサンスを感じる建物「埼玉りそな銀行川越支店」など、歩いているだけで歴史や文化を感じられる埼玉を代表する観光スポットです。

名称 小江戸川越 蔵造りの町並み
住所 埼玉県川越市幸町
サイト http://www.kawagoe-yell.com/category/sightseeing/kuradukuri-matinami

2. 菓子屋横丁

明治の初めから菓子を製造していた「菓子屋横丁」は、環境省主催の「かおり風景百選」に選定されています。関東大震災で被害を受けた東京に代わって、駄菓子を製造供給するようになり、昭和初期には70軒ほどの業者が軒を連ねていましたが、現在では約20数軒が営業をしています。

p> 最大の魅力は、昔ながらの雰囲気の町並みを楽しみながら、せんべい・カルメ焼・あめ玉などの懐かしい駄菓子が販売されているところです。さらに、食べ歩きができるお店も多く、たい焼きや紫芋まんじゅうなど、軒先で美味そうな匂いがするお店に立ち寄る町歩きデートにもおすすめです。

名称 菓子屋横丁
住所 埼玉県川越市元町
サイト http://www.kawagoe-yell.com/category/sightseeing/kashiya-area

3. 川越大師 喜多院

830年に慈覚大師により創建され、正式には「星野山無量寿寺喜多院」と言い、江戸時代初期には名僧「天海大僧正」が住職をつとめた寺として知られています。また、三代将軍徳川家光・春日局ゆかりの建物をはじめ、多くの文化財を所蔵している名所として、全国的に有名です。

たくさん貯蔵してある文化財の中でも、特に有名で人気なのが「五百羅漢」です。日本三大羅漢の一つに数えられ、十大弟子や十六羅漢、大仏に釈迦如来など、全部で538体が鎮座している圧巻の光景です。さまざまな表情をした羅漢様を、ぜひお参りしてみください。

名称 川越大師 喜多院
住所 川越市小仙波町1-20-1
営業時間 9:00~16:00
サイト https://www.kawagoe.com/kitain/

4. 所沢航空記念公園

埼玉県所沢市に位置する「所沢航空記念公園」は、日本で初めて飛行場が出来た場所で「日本の航空発祥の地」として知られる県営公園です。公園内には、航空機の歴史や原理、航空技術などを楽しみながら見れる航空記念館や、日本庭園茶室などがあります。

また、年間を通してさまざまなイベントが行われています。イベントは陸軍所沢飛行場が開設された4月1日を記念した「所沢市民文化フェア」や所沢市内最大の市民の祭典「所沢市民フェスティバル」、さらに野外ステージでも音楽ライブなどが行われますので、デートにもおすすめです!

名称 所沢航空記念公園
住所 埼玉県所沢市並木1-13
サイト http://www.parks.or.jp/tokorozawa-kokuu/

5. 西武園ゆうえんち

多摩湖、狭山湖の近くの緑豊かな「西武園ゆうえんち」は、長い歴史を持つレジャーランドです。20種類以上の乗り物があり、比較的子供でも楽しめる乗り物が多く存在しています。さらに、夏にはプールや花火、ビアガーデンなどの催しが行われます。

最近の「西武園ゆうえんち」では、謎解きゲームやリアル宝探しなどのアトラクションも充実しています。カップルのデートで訪れ、一緒にアトラクションを進んでいくと、二人の中も深まること間違いなしです。さらに、冬の夜には壮大なイルミネーションが風物詩となっていて、多くの人が訪れるスポットです。

名称 西武園ゆうえんち
住所 埼玉県所沢市山口2964
営業時間 10:00~16:30
季節によって異なる”
サイト https://www.seibu-leisure.co.jp/

秩父・熊谷エリアでおすすめの観光スポット5選

1. 羊山公園

秩父市の東側に位置し、秩父市街地を一望できる「羊山公園」は、市民の憩いの場として親しまれています。秩父のシンボルである武甲山を東に望む丘陵地に広がる公園で、約17,600平方メートルの広大な敷地を誇ります。

この公園は別名「芝桜の丘」と言われるほど、春になると一面が白やピンク、淡いブルーの花で覆われ、9種で約40万株が植栽されています。毎年4月上旬から5月上旬の開花時期には多くの観光客でにぎわう、関東でも有数の花空間で、最近では多くの外国人も訪れる名所となっています。

名称 羊山公園
住所 秩父市熊木町8-15
サイト http://www.city.chichibu.lg.jp/1853.html

2. 秩父神社

三峯神社、宝登山(ほどさん)神社と共に秩父三社の一社である「秩父神社」。秩父駅から徒歩3分の秩父市街地の中心部に鎮座し、祖神の八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)を祀る神社です。また、社殿は徳川家康による造営で、本殿・幣殿・拝殿が1つにまとめられた権現造と言われる建築形式になっています。

秩父神社のご利益は、学業成就・合格祈願などで受験シーズンには多くの参拝者が訪れます。毎年12月に行われる例祭「秩父夜祭」が有名で、「ユネスコ無形文化遺産」に登録され、日本三大曳山祭及び日本三大美祭とされていますので、外国人や観光客は合わせて訪れるのもおすすめです。

名称 秩父神社
住所 秩父市番場町1-3
営業時間 5:00~20:00
サイト http://www.chichibu-jinja.or.jp/

3. 道の駅大滝温泉

埼玉県の西部に位置する「道の駅大滝温泉」には、日帰り温泉「遊湯館」を中心に、食事処や特産品販売センター歴史民俗資料館が併設されています。秩父地方の西端で急峻な山と、日本のV字渓谷が顕著にみられる大滝地区にあり、深い緑の山々に囲まれています。

日帰り温泉「遊湯館」は、広々とした檜風呂や露天風岩風呂があり、眼下には荒川の清流を眺めながら温泉を楽しむことが出来ます。高濃度のイオン成分が自慢で、神経痛、筋肉痛、関節痛などに効能があり、訪れる人を癒してくれます。また、お食事処では「手打ちそば」や「中津いも」などのご当地グルメも楽しむことができます。

名称 道の駅大滝温泉
住所 秩父市大滝4277-2
営業時間 24時間
サイト http://www.ootakionsen.co.jp/

4. 熊谷天然温泉 花湯スパリゾート

View this post on Instagram

@blue_moon_86がシェアした投稿

埼玉県熊谷市にある源泉掛け流しの天然温泉施設「熊谷天然温泉 花湯スパリゾート」は、関東最大級の温活カフェを兼ね備えた温浴施設です。7,200坪の広大な敷地内には、約600坪の回遊式露天風呂をはじめ、内湯やサウナの温浴施設があります。桜やツツジの植えられた庭園に囲まれながらお楽しみください。

施設の特徴でもある8種の岩盤洞からなる温活カフェでは、岩盤浴や熱波ロウリュウなども楽しむことが出来ます。また、ゆったりくつろげるリラックスルームや漫画や雑誌があるコーナー、レストランなど、大人も子供も1日中楽しめる内容になっています。

名称 熊谷天然温泉 花湯スパリゾート
住所 熊谷市上之1005
営業時間 日~木 10:00~23:00
金・土・祝前日 10:00~翌9:00
朝風呂 6:00 ~9:00″
サイト http://hanayuspa.jp/

5. 妻沼聖天山 歓喜院

熊谷市津沼にある高野山真言宗の仏教寺院である「妻沼聖天山 歓喜院」は、日本三大聖天の一つとされている名所です。1179年にこの地を本拠としていた武将の齋藤別当実盛が、長井庄の総鎮守としたのが始まりとされています。

日光東照宮を彷彿させる本格的装飾建築の本堂「聖天堂」は、その精巧さゆえに「埼玉日光」と呼ばれ、「国宝」に指定されています。縁結びの寺院としても知られ、夫婦の縁をはじめ家内安全・商売繁盛・厄除け開運などのあらゆる良縁にご利益があると言われています。

名称 妻沼聖天山 歓喜院
住所 埼玉県熊谷市妻沼1511
営業時間 9:30~16:00
サイト http://www.ksky.ne.jp/~shouden/

草加・春日部エリアでおすすめの観光スポット5選

1. そうか公園

1988年に開設されて以降、拡張整備をすすめられてきた「そうか公園」は、総面積17.8ヘクタールで東京ドームの約4倍の広さを誇る公園です。園内にはテニスコート、多目的運動公園広場(野球場、サッカー他)、遊具広場などがあります。

さらに、きれいに整えられた園内には緑が豊富で、四季折々の樹木や草花、野鳥や昆虫を観察できる自然にあふれています。また、公園西側の八条用水沿いには桜並木があり、春には多くの桜が咲き誇る名所として、日本人から外国人まで人気の公園です。

名称 そうか公園
住所 草加市高砂1-1-1
サイト http://www.city.soka.saitama.jp/li/020/110/040/010/050/010/index.html

2. 草加松原

草加を代表する景観 の「草加松原」は、草加市北部の綾瀬川沿いに1.5kmに渡って続く旧日光街道の松並木です。2014年に「おくのほそ道の風景地」の一群をなすものとして、「国の名勝」に指定された、ご当地の名所として多くの人が訪れます。

「千本松原」とも呼ばれるこの名所は、松並木に沿って整備され、石畳が敷かれた遊歩道が特徴的です。さらに、車道と交差する箇所には跨道橋である百代橋や矢立橋なども合わせ、美しい景観のこの遊歩道は「日本の道100選」にも選定されています。

名称 草加松原
住所 草加市栄町1~3、草加市神明二2
サイト http://www.city.soka.saitama.jp/cont/s2105/030/010/010/PAGE000000000000036710.html

3. 竜泉寺の湯 草加谷塚店

「こころとからだが温まる癒しの別天地」をコンセプトとする「竜泉寺の湯 草加谷塚店」は、人気のスーパー銭湯です。4つの高濃度炭酸泉や14種類のお風呂やロウリュサウナ・塩サウナなど、多彩な館内施設が自慢です。

さらに、7種類のアロマ岩盤浴があり、女子旅やカップルのデートにもおすすめです。また、お風呂だけでなく、多彩なメニューのレストラン、エステやあかすりなどのリラクゼーションも充実している魅力的なスポットです。

名称 竜泉寺の湯 草加谷塚店
住所 草加市谷塚上町476
営業時間 5:00~翌2:00
サイト http://ryusenjinoyu.com/souka/

4. 首都圏外郭放水路地底探検ミュージアム「龍Q館」

首都圏外郭放水路内に設置されている「龍Q館」は、国土交通省江戸川河川事務所と春日部市が運営する穴場の博物館です。地底体感ホールや展示室などで、外郭放水路の機能や役割を紹介し、地域との連携を図った総合学習・生涯学習施設としての機能があります。

この施設の一番の見どころは、なんと言っても「外郭放水路の地下見学会」です。高さ18メートル、重量500トンの柱が59本もそびえる「地下神殿」とも呼ばれる巨大な調圧水槽に入ることができます。普段では見ることのできない、圧巻の光景が人気の見学会です。

名称 首都圏外郭放水路地底探検ミュージアム「龍Q 館」
住所 春日部市上金崎720
営業時間 9:30~16:30
サイト http://www.city.kasukabe.lg.jp/shisetsu-annai/category_search/shiigai/ryu-q-kan.html

5. 春日部八幡神社

創建が詳しくはわかっていない「春日部八幡神社」ですが、鎌倉時代に近辺を治めていた春日部一族が1330年頃に造営したと言われています。春日部氏の衰退後は、栄枯盛衰を繰り返し、現在は春日部の総鎮守として人々から愛されています。

神社を訪れた際に必見なのが、御神木の大銀杏です。造営された頃に飛来してきた鶴岡八幡宮の銀杏の枝が、一夜にして成長し、参拝者を驚かせたという伝説が残っている立派な御神木です。緑に囲まれた、雰囲気のある境内はゆっくりと歩きたくなる春日部のご当地名所です。

名称 春日部八幡神社
住所 春日部市粕壁5597
営業時間 8:30~17:00
サイト http://www.kasukabe-hachiman.jp/

ダサくない埼玉県を訪れよう!

ださいイメージがある埼玉県には紹介したものだけでも知られていな素晴らしい場所がたくさんあります。皆さんもぜひ、温泉や自然豊かな空間などで紹介されたものだけでなく、自分のお気に入りのスポットを見つけてみてはいかがでしょうか?きっと埼玉県がより好きになるでしょう!

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事