最終更新日時 2019/04/23

今回は横浜にある、おすすめのスポットを20個ご紹介します。名所から最新のアミューズメント施設、自然溢れる公園、そして写真映えする穴場カフェなど、女子旅でもデートでも子供と一緒でも楽しめるスポットを集めました。横浜の魅力を存分に味わう1日を過ごしてみませんか。

横浜でおすすめの定番スポット10選

1. 横浜 中華街

横浜に行くなら必ずと訪れるグルメの名所といっても過言ではない、「横浜中華街」。食べ歩きであれば小籠包やタピオカ、ちまき、肉まんなど、安い料金で思う存分楽しめます。色鮮やかな門をくぐると、別世界にきたような感覚になってしまいます。

いつ行っても行列ができている小籠包。たくさんお店があるのでどこに行くか迷ってしまいます。お店によって具材が異なったり、味が異なってきたりするので、お気に入りの小籠包やさんを見つけるのも楽しいですね。食べる時は熱い肉汁が飛び出すので、最初に皮に穴を開けて肉汁を飲んでから、慎重に食べましょう。

名称 横浜中華街
住所 神奈川県横浜市中区山下町
サイト https://www.chinatown.or.jp/

2. 赤レンガ倉庫

明治末期から大正初期に建設された「赤レンガ倉庫」は、2002年に商業施設としオープンしました。中にはアクセサリーや雑貨、飲食店など、様々なお店が入っていますが、どこもおしゃれな雰囲気です。
日中も海辺に立つ赤レンガがとても印象的ですが、夜になってライトアップされているのも、とても幻想的です。

赤レンガ倉庫の前の広場ではビールや餃子祭りや、ミュージシャンの演奏、雑貨市、シアターイベントなど、年間で多くのイベントが開かれています。
その中でも12月にあるクリスマスマーケットでは、まるでドイツのクリスマスマーケットにきたような気分にさせてくれます。

名称 赤レンガ倉庫
住所 神奈川県横浜市中区新港1-1
営業時間 1号館 10:00~19:00
2号館 11:00~20:00
サイト https://www.yokohama-akarenga.jp/

3. 山下公園

海沿いにある「山下公園」は、赤レンガ倉庫や大桟橋から出航する船などを望むことができる、景色がいい場所にあります。アメリカ・サンディエゴ市から寄贈された「水の守護神」やインド水塔、赤い靴履いてた女の子像など、園内に様々なモニュメントが設置されており、デートスポットとしてはぴったりの場所です。

また、園内には様々な花が植えられています。春になるとチューリップをはじめとする花々、秋になると約160種、1900株が咲き誇るバラが、園内を美しく彩ります。
花越しに大型客船を撮影すると、普通の植物園とは一足違った写真が撮ることができます。

名称 山下公園
住所 神奈川県横浜市中区山下町279
サイト https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/midori-koen/koen/koen/daihyoteki/kouen008.html

4. 横浜港 大さん橋国際客船ターミナル

ここ「横浜港 大さん橋国際客船ターミナル」は、海外からの大型クルーズ船や横浜近辺の周遊船、また伊豆七島へ行く船など、大きな船が寄港するターミナルです。施設内にはカフェやレストラン、雑貨屋さんなどが入っています。海外からの船がくることから、日本人だけではなく外国人も多く、常に賑わっています。

大さん橋の屋上部分は「くじらのせなか」と言い、寄港する船やみなとみらいの風景が一望できます。床部分には絵が描かれ、複雑な傾斜の階段があるので、どこから撮っても良い雰囲気の写真が撮ることができます。
夜にライトアップされた大さん橋は、また違った魅力を発見させてくれることでしょう。

名称 横浜港 大さん橋国際客船ターミナル
住所 神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4
営業時間 2階のみ 9:00~21:30(ホール利用:9:00~22:00)
サイト https://osanbashi.jp/

5. カップヌードルミュージアム 横浜

誰もが一度は食べたことがあるインスタントラーメン。ここ「カップヌードルミュージアム 横浜」では、そのインスタントラーメンが発明されていった歴史や、創業者の安藤百福の生涯を学ぶことができます。
「NOODLES BAZAAR -ワールド麺ロード-」では、安藤百福が出会った世界のラーメンを食べることができます。

中でも一番人気のアトラクションは、「マイカップヌードルファクトリー」。スープと具材を選んだあとにカップ部分には自分でデザインすることで、オリジナルのカップヌードルを作ることができます。友達やカップルで、忘れられない思い出の品を作ってみてはいかがですか。

名称 カップヌードルミュージアム 横浜
住所 神奈川県横浜市中区新港2-3-4
営業時間 10:00〜18:00
サイト https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/yokohama/

6. 新横浜ラーメン博物館

全国のご当地ラーメンを食べることができる「新横浜ラーメン博物館」。1994年から始まり、現在は沖縄から北海道までのお店があります。地元では大行列ができるほどの人気店が多く、横浜で食べることができるのは嬉しいですね。

実は国内ラーメンだけではなく、海外の逆輸入ラーメンも食べることができます。アメリカ・カナダ・イタリア・ドイツからの出店があり、それぞれその土地で愛されています。パスタの粉を使った麺や、日本では味わえないユニークなものなど、ラーメンの新たな発見があるかもしれません。

名称 新横浜ラーメン博物館
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
営業時間 11:00~21:30
※日祝10:30~
サイト http://www.raumen.co.jp/

7. よこはまコスモワールド

大観覧車が目印の「よこはまコスモワールド」。3つのエリアに分かれており、たくさんのアトラクションに乗ることができます。高さ112.5mもある「コスモクロック21」からは、横浜の町並みを一望することができます。夜になれば宝石のようにきらびやかに輝く町並みも楽しめます。

ジェットコースターは、水中に入っていくかのように降下していくので、ハラハラドキドキの走行です。その他にも子供が楽しめるようなキッズエリアや、ホラー系アトラクションなどなど、種類は豊富です。
入場料はかからないので、1つだけ乗るなどもできるのがいいですね。

名称 よこはまコスモワールド
住所 神奈川県横浜市中区新港2-8-1
営業時間 11:00〜21:00(日によって変わります)
サイト http://cosmoworld.jp/

8. 八景島シーパラダイス

水族館と遊園地を同時に楽しめる「八景島シーパラダイス」。水族館には700種類、12万匹の生きものたちが生活しています。動物たちのショーも人気で、最近は新元号発表があったことからオタリアのレオくんが、習字で「令和」の文字を書いたりなど、他の水族館では見ることができないイベントもあります。

遊園地エリアでは、27種類のアトラクションがあります。ジェットコースターや迷路、ボートなどあります。
その中でも「ブルーフォール」は、107mの高さから最高速度125km/hで降下!まるで海に落ちていくかのようなハラハラドキドキな体験をしてみてください。

名称 八景島シーパラダイス
住所 神奈川県横浜市金沢区八景島
営業時間 8:30〜21:00(日によって時間が変わります)
サイト http://www.seaparadise.co.jp/index.html

9. 横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

子供の時に必ずみんなみてたアンパンマン。「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」では、そのアンパンマンと仲間たちに会えるとあって、休日には多くのお子さんが訪れます。
しかしお子さんだけではなく、写真映えを求めてやってくる若い女性たちも多く訪れているようです。

特に「ジャムおじさんのパン工場」では、アンパンマンをはじめ、仲間たちをかたどったパンが人気です。毎日お店で手づくりしており、できたてパンを食べることができます。
アンパンマンが描かれている期間限定のスムージーなどのドリンクと一緒に、可愛い写真を撮ってみませんか。

名称 横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール
住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-3-1
営業時間 ミュージアム 10:00~18:00(最終入館17:00)
ショッピングモール 10:00~19:00
サイト http://www.yokohama-anpanman.jp/index.html

10. Orbi Yokohama

「Orbi Yokohama」は動物と触れ合い、非日常のネイチャー体験をすることができる施設です。ハリネズミやカピバラ、うさぎ、ひよこ、猫、とかげ、インコなどとのふれあいコーナーがあります。普通の動物園では触ることができない動物もいるので、貴重な体験をすることができます。

動物だけでなく、シアターを使った上映や、大自然が映し出される最新のプロジェクションマッピング。そしてお面をかぶって面白い写真が取れるコーナーなど、子供から大人まで楽しめます。
ショッピングモール内にあるので、お買い物ついでに遊び行くこともできる便利な施設です。

名称 Orbi Yokohama
住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK IS みなとみらい 5階
営業時間 月~木 9:00~21:00(最終入館 20:00)
金土日祝 9:00~22:00(最終入館 21:00)
サイト http://orbiearth.jp/

横浜駅周辺でおすすめのスポット5選

1. 横浜ベイクォーター

「横浜ベイクォーター」は、横浜駅の「きた東口A」から徒歩3分にある、ショッピングモール。
レストランやショップが充実しており、お子さん連れに優しい施設でもあります。ベビーカーのレンタル・おむつ替え台・授乳室・休憩室はもちろんの事、レストランやカフェにも子供用のメニューやイス・食器も用意されています。

メイン広場ではフリーマケットや体験教室などが開催され、休日には多くの日が訪れます。またクリスマスにはツリーが、バレンタインには可愛いモニュメントなどが広場を彩ります。
シーズンを通していろんな顔を見せてくれるシンボルツリーを、ぜひ見に行ってみてください。

名称 横浜ベイクォーター
住所 神奈川県横浜市神奈川区金港町1-10
営業時間 ショップ 11:00〜20:00
サービス 11:00〜2100
レストラン 11:00〜23:00(一部 7:00〜)
サイト https://www.yokohama-bayquarter.com/

2. 日産 グローバルギャラリー

「日産 グローバルギャラリー」では、国内外で一般に販売されている車やレーシングカー、コンセプトカーなどが展示されています。またモニターを見ながら実際に自分がレースで運転しているかのような体験ができる、「グランツーリスモSPORT」なども用意されています。

レースの中継をパブリックビューイングすることができるホールがあり、そこでは車のレース以外にもサッカーの試合も観戦することができます。
現地やテレビでみるのもいいですが、解説してもらいながら観るのも一味違っていいですね。

名称 日産 グローバルギャラリー
住所 神奈川県横浜市西区高島1-1-1
営業時間 10:00~20:00
サイト http://www.nissan.co.jp/GALLERY/HQ/

3. アソビル

「アソビル」は、遊べる駅近ビルをコンセプトに、カフェやセレクトショップ、ハンドメイド体験、フットサルなどができるコートなど、フロアごとにいろんな遊びを楽しめる施設です。駅直結なので、仕事終わりや学校終わりに行くこともできます。

ビル内では期間限定イベントも開催されており、2019年の春には「うんこミュージアムYOKOHAMA」が開催されています。写真映えを求めている人には大人気のスポットで、色鮮やかなモニュメントが空間を彩ります。

名称 アソビル
住所 神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル
営業時間 10:00〜22:00
※フロアによって異なる
サイト https://asobuild.com/

4. 原鉄道模型博物館

2012年にオープンした「原鉄道模型博物館」。ここは世界的に著名な鉄道模型製作で収集家の、原信太郎が製作・所蔵した、世界一の大きさの鉄道模型と鉄道のコレクションを公開するために作られました。世界各国の鉄道模型が走り、鉄道好きにはたまらない空間です。

本物の運転台を使って鉄道模型を運転する体験もでき、モニターには電車からみる町並みが映し出されます。
模型はまるで、本当の街が小さくなったかのようにリアルな作りをしているので、本当に自分が電車を運転しているかのような経験ができ、お子さんと一緒に大人も楽しめるスポットです。

名称 原鉄道模型博物館
住所 神奈川県横浜市西区高島1-1-2 横浜三井ビルディング2階
営業時間 10:00~17:00(最終入館16:30)
サイト http://www.hara-mrm.com/

5. スカイスパ YOKOHAMA

「スカイスパ YOKOHAMA」は、駅直結ビルの14階にあるスパ。炭酸泉やフィンランド式ドライサウナ、古代ローマ式スチームサウナ、ウォームベッド&フットバス、ヒーリング アウフグース、ソルト溶岩浴(女性のみ)など、種類が豊富にあります。
朝の9時まで営業しているので、仕事終わりから翌日まで滞在が可能です。日頃の疲れを癒しに行ってみませんか。

また、スパ施設内には日本初のコアワーキングスペース「コワーキングサウナ・KOOWORK(クーワーク)」も併設されています。電源やWiFiの完備はもちろん、ミーティングもできるようにサウナに見立てたスペースも用意されています。いつもとは違った環境で仕事をすれば、新たなひらめきが生まれるかもしれませんね。

名称 スカイスパ YOKOHAMA
住所 横浜市西区高島2-19-12 スカイビル14階
営業時間 10:30~翌9:00
サイト https://www.skyspa.co.jp/

横浜でおすすめの穴場スポット5選

1. MARINE & WALK YOKOHAMA

「MARINE & WALK YOKOHAMA」は、赤レンガ倉庫の近くにあるショッピングモール。海沿いの倉庫街に街路をつくるという発想から生まれました。
海を眺めながらご飯を食べたり、ショッピングしたりと、海を近くに感じることができる場所です。ランナー給水スポットや、ペット用水飲み場なども完備されているので、ショッピング目的ではない人も気軽に使うことができます。

ここには多くの写真スポットがあります。まずは天使の羽。そして大きなスプーンが壁に並んでいたり、スヌーピーのお店にはかわいいキャラクターたちがいたり、夜になるとライトアップされた建物など、思わず足を止めて写真を撮りたくなってしまいます。ぜひお気に入りの撮影スポットを探し出してみてください。

名称 MARINE & WALK YOKOHAMA
住所 神奈川県横浜市中区新港1-3-1
営業時間 11:00~20:00
(レストラン~23:00)
サイト https://www.marineandwalk.jp/

2. THE BEACH

「THE BEACH」は、白く、敷地内に砂浜のような水辺がある可愛いカフェです。ドリンクはオーガニックで素材本来の味を楽しむことができ、さらに見た目も可愛いメニュー。食事は11種類のガレット。ハムたまごやサーモンアボカド、さらにはストロベリーチョコレートやキャラメルバナナなどのデザートメニューもあります。

ハートのライトやストライプ柄の椅子、ピンクのドア、ピンクストライプのビーチパラソル、そしてカラフルなブルドッグの絵など、どこで写真を撮っても可愛い写真が撮れます。女子旅で横浜に行く時は、ぜひとも行ってみたいカフェです。

名称 THE BEACH
住所 神奈川県横浜市中区新山下3-2-5
営業時間 10:00〜20:00
サイト http://the-beach.jp/

3. BLUE BLUE Yokohama

ファッションアイテムが揃う、「BLUE BLUE Yokohama」。店内はコンクリート打ちっ放しと木材の調和が、海沿いのお店にぴったりな雰囲気を醸し出しています。ここでしか買うことができないデザインのマグカップやキーホルダーなどもあるので、思わず買いたくなってしまいますね。

またお店の外は写真映えスポットになっています。青いBLUEの文字の前にはイカリがあり、隣にある全面水色の壁の前にはテラス席があります。ここで思い思いのポーズをとって、とっておきの1枚を撮影してみませんか。

名称 BLUE BLUE Yokohama
住所 神奈川県横浜市中区海岸通1-1
営業時間 平日 11:30〜20:00
土日祝 11:00〜20:00
サイト https://www.hrm.co.jp/blueblue_yokohama/index.html

4. カフェ オムニバス

1929年に建設された「旧第一銀行横浜支店」を用いた、「YCC ヨコハマ創造都市センター」の1階にあるカフェ、「カフェ オムニバス」。白を基調としており、大きな白い柱とシャンデリアが印象的な空間は、MV撮影などにも使われています。

ランチタイムの色鮮やかな旬の野菜を使ったサンドイッチが人気で、見た目は可愛い上に身体にも優しい一品です。
カフェタイムでは、ハンドドリップコーヒーやハーブティーなどを飲むことができます。併設しているギャラリーでは、アート展示やイベントなども開催されるので、チェックしてみてください。

名称 カフェ オムニバス
住所 神奈川県横浜市中区本町6-50-1
営業時間 11:00~20:00 (L.O.19:30)
サイト https://yokohamacc.org/data.cgi?id=cafe_omnibus

5. 野毛 都橋商店街

約60もの飲食店が立ち並ぶ、野毛の「都橋商店街」。ハーモニカ横丁とも呼ばれており、まるでハーモニカの穴のように規則正しく建物が立ち並ぶ姿から名付けられたそうです。少し怪しげな雰囲気を醸し出していますが、居酒屋やバルなど、女性でも入りやすいお店もたくさんあります。

ここは夜になると、穴場の美しい撮影スポットになります。川沿いにあることから、看板やお店の明かりで照らされた昭和レトロな建物たちが水面に映し出されます。お店に入らなくても、写真だけでも撮りに行きたいと思ってしまうスポットです。

名称 都橋商店街
住所 神奈川県横浜市中区宮川町1-1 野毛都橋商店街ビル
営業時間 店舗により異なる

横浜に行くなら、食も観光も楽しみたい

いかがでしたか。横浜と言ってもとても広いので、まだまだ知らない観光スポットや飲食店がたくさんあります。美味しいものを食べるだけの旅もよし、写真映えスポットを巡る旅もよし、穴場スポットを探す旅もよしと、いろんな楽しみ方もできますね。横浜は四季折々で様々な顔を見せてくれるので、何度も訪れたくなる場所です。次の休日はどこに行こうか迷っていたら、ぜひ横浜へ遊びに出かけてみませんか。

【関連記事はこちら】
▷ついにオープン!横浜の複合エンタメ施設「アソビル」ってどんなところ?
▷横浜・みなとみらいのおすすめ高級ホテル5選!美しい夜景を堪能しよう!

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事