最終更新日時 2019/05/10

柏は電車で都内から約1時間とアクセスがいいにも関わらず、まだまだ自然が残り生き物の観察をすることもできるエリアです。東京じゃなくて関東近辺で遊びたい、そんな方におすすめしたい観光スポット20選をご紹介します。次の休みは柏で友人同士で、カップルで、家族で、柏に出かけてみませんか。

柏でおすすめの定番スポット10選

1. あけぼの山農業公園

「あけぼの山農業公園」は公園内に花畑や池、遊具、バーベキュー場、植物園、売店、畑、日本庭園がある複合型の公園です。外で遊ぶだけではなく、野菜を買いに来たり雨の日に室内のキッズスペースに遊びに来たりなど様々な使い方ができます。

1番人気のスポットは風車の前の花畑。春はチューリップ、夏はひまわり、秋はコスモス、冬はイルミネーションと風車を一緒に写真に収めることができるので、カメラを向ける人であふれます。季節ごとに訪れたくなってしまうスポットです。

名称 あけぼの山農業公園
住所 千葉県柏市布施2005-2
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.akebonoyama-nougyoukouen.jp/

2. 柏の葉公園

「柏の葉公園」はサッカースタジアム、野球場、体育館、植物園、日本庭園、野外ステージ、ドッグラン、広場などがある大きな公園です。休日にはスポーツ観戦やスポーツをしにくる方や、子供のいる家族連れで公園内は賑わいます。

桜の名所でもあり、春は多くの花見客が訪れます。夜はライトアップも行っているので、アルコールを片手に花見も楽しむことができます。また公園内ではフリーマーケットなど様々なイベントも開催されており、家族連れやデート、女子旅で訪れるのに最適な公園です。

名称 柏の葉公園
住所 千葉県柏市柏の葉4-1
サイト http://www.cue-net.or.jp/kouen/kasiwa/

3. 柏しょうなん夢ファーム

「柏しょうなんゆめファーム」は、バーベーキュー場や大人も楽しめるアスレチック、スケートボードパーク、大浴場などが完備されているアウトドア公園です。自然と共存しながら楽しく癒される時間を過ごしてもらいたい、そんな想いから様々なアクティビティ施設が作られています。

中でもスケートボードパークは初心者から上級者まで一緒に楽しむことができ、ふらっとなスペースでは初心者がゆったりと練習できるように。クオーターパイプやRバンク&レッチは上級者が技を磨くことができます。

名称 柏しょうなん夢ファーム
住所 千葉県柏市布瀬89-1
サイト https://www.yumefarm.jp/

4. セブンパークアリオ柏

「セブンパークアリオ柏」は約200店舗あり、イトーヨーカドーや映画館、多くのレストランなど充実したラインナップが揃っています。また野外にあるスマイル・パークは敷地面積が約4000坪で、屋根付きのステージやバーベーキュー場、遊具もあるので、わざわざ公園に行かなくても遊ぶことができます。

敷地の中には「ビック・ワンダー」という、大きなジュースやコーヒー、チェスなどのオブジェが並ぶ空間があります。子供が遊ぶ場所として活用されていますが、写真映えスポットとしても人気があり多くの写真がSNSにあがっています。

名称 セブンパークアリオ柏
住所 千葉県柏市大島田1-6-1
営業時間 9:30~24:30(店舗によって異なります)
サイト http://www.sevenpark-ario-kashiwa.jp/web/

5. ららぽーと柏の葉

View this post on Instagram

@kawabe_がシェアした投稿

「ららぽーと柏の葉」は「生活に欠かせない、さらに便利で心地良いショッピングセンターへ」をコンセプトに開業以来3度のリニューアルを重ねてきました。外のイベントスペースではアイドルや歌手、戦隊モノなどのイベントが行われており、休日になると多くの人がイベントを見に訪れます。

冬になると敷地の周りの木々にはイルミネーションがされ、建物から見た目の前の道が綺麗に光り輝きます。リニューアルではレストランゾーンや子供が楽しめる広場などが、さらに快適に楽しめるショッピングセンターに進化したので、お買い物がてら遊びに行ってみてください。

名称 ららぽーと柏の葉
住所 千葉県柏市若柴175
営業時間 11:00〜22:00
サイト https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/kashiwa/

6. 柏の葉 T-SITE

「柏の葉 T-SITE」は代官山の蔦屋書店とT-SITEが作り出した、新しい「文化拠点」です。1階は毎日の食と暮らしを、2階は親と子のコミュニケーションをコンセプトとした店舗、別棟にはアウトドアの店舗が入っています。

特にその中でも蔦屋書店はウッド調で統一された空間の中に様々な種類の本が並べられており、コーヒーを飲みながら一人でゆったりと本を読むには最適の場所です。2階まで吹き抜けですが、下を照らす照明と本棚を一緒に撮影すると素敵な写真を撮ることができます。

名称 柏の葉 T-SITE
住所 千葉県柏市若柴227-1
営業時間 9:00〜21:00
サイト https://store.tsite.jp/kashiwanoha/

7. 道の駅しょうなん

「道の駅しょうなん」は、手賀大橋のたもとにある道の駅。駐車場やトイレは24時間利用が可能で、レストランや野菜の直売所、休憩スペースもあるので観光や生活の中で利用することができます。手賀沼が目の前にあるので、散歩するのにも気持ちの良い場所です。

道の駅の中のレストラン「レストランViaggio」では、中華や麺類、デザートなど幅広いメニューが揃っています。その中でも地元の農家とコラボレーションして作った野菜のアイスクリームを販売しており、ほんのり野菜の優しい味がするアイスクリームを求めて来る人もいます。

名称 道の駅しょうなん
住所 千葉県柏市箕輪新田59-2
営業時間 8:00~19:00(店舗や時期によって異なります)
サイト http://www.michinoeki-shonan.jp/

8. 手賀沼公園

「手賀沼公園」は手賀沼を中心として、生涯学習センター「アビスタ」や広場、遊具など市民の憩いの場になっている公園です。手賀沼の周りを一周することができる遊歩道が整備されているので、ランニングしたりレンタルバイクでサイクリングしたりと思い思いの過ごし方をすることができます。

手賀沼には白鳥が時期になると飛来してきて、繁殖をしています。田んぼで餌を探すヒナを観察できたり、夕日をバックに佇む白鳥を撮影できたりと、白鳥を身近に感じることができます。手賀沼はバードウォッチングの名所でもあり、自然の残る貴重な場所でもあります。

名称 手賀沼公園
住所 千葉県我孫子市若松1
サイト https://www.city.abiko.chiba.jp/event/shizennonaka/kouenryokuchi/teganuma.html

9. 手賀沼花火大会

「手賀沼花火大会」は手賀沼湖上で開催される、大きな花火大会です。約13,500発の花火が打ち上がり、スターマインやキャラクター花火などが夜空を彩ります。毎年40万人ほどのお客さんが花火を見に訪れます。

1番の見所は、水中花火です。湖面から半円状に炸裂するその花火は湖に写るので、普通の花火とは一味違います。柏市と我孫子市の共同で開催されており見る側で少しずつ異なるので、お気に入りの会場を見つけて大切な人と一緒にみてみてください。

名称 手賀沼花火大会
住所 千葉県我孫子市若松
サイト https://www.city.abiko.chiba.jp/event/event_moyooshi/hanabi2019.html

10. 旧吉田家住宅歴史公園

「旧吉田家住宅歴史公園」は江戸時代末期に造られた国指定重要文化財です。長屋門、向蔵、新蔵、道具蔵があり、全て1830年台に建てられました。豪農出会った𠮷田家の歴史や当時使われていた農具類なども残っており、とても貴重な品々を見学することができます。

春になると、長屋門の前の桜が美しく咲きます。長屋門は全長25m・幅5mの大きな建物で、壁は白漆喰で塗られています。桜と一緒に撮影すれば、歴史を感じる素敵な写真を撮ることができます。和の雰囲気を味わうことができるので、外国人にもお勧めしたいスポットです。

名称 旧吉田家住宅歴史公園
住所 千葉県柏市花野井974-1
営業時間 9:30〜16:30
サイト http://former-yoshida.jp/

柏駅周辺でおすすめのスポット5選

1. 三協フロンテア柏スタジアム

「三協フロンテア柏スタジアム」はJリーグに所属する柏レイソルのホームスタジアムです。1985年にオープンしたスタジアムで、柏の葉スタジアムに変わるまでのつなぎとして使用される予定でした。しかしながら観戦のしやすさなど理由に、現在までメインスタジアムとして使われています。

スタジアムは試合観戦で多くの人が訪れますが、桜の季節になれば付近にピンク色の桜が咲き誇ります。試合結果がどうであっても、美しい桜が人々の心を癒すことでしょう。また公園も併設しているので、家族連れで遊ぶにもちょうど良い場所です。

名称 三協フロンテア柏スタジアム
住所 千葉県柏市日立台1-2-50

2. 三日月氷菓店

「三日月氷菓店」は、1年を通じてかき氷を食べることができるお店です。ふわふわのかき氷は、他のかき氷よりも繊細で口どけも柔らかく感じます。食べ進めていくと底の部分に無添加のミルクアイスが入っているので、2重で楽しむことができます。

また冬季限定でパンケーキの販売もしています。パンケーキは厚みのある大きな1枚の上にバターが載り、練乳が添えてあります。甘すぎずふわふわな生地で、最後まで食べ飽きずに美味しくいただけます。冬は夏場に比べると人も少ないですがかき氷も食べることができるので、穴場の時期です。

名称 三日月氷菓店
住所 千葉県柏市柏1丁目5−5 谷沢ビル
営業時間 11:00〜18:00(L.O.17:30)
サイト https://www.mikazukihyouka.com/

3. コーヒープラザ 壹番館

「コーヒープラザ 壹番館」は高島屋の中に入っている喫茶店です。特にフロートが人気で、飲み物の上にバラの形のアイスがのっています。味はヨーグルト、クリームソーダ、コーヒー。お好みのジュースとアイスのコラボレーションをお楽しみください。

またパフェも人気で、プリン・アラモードは生クリームや果物、プリンなど器に入りきらないほどのたくさんのっているパフェです。1280円と少し高いですが、ちょっぴり優雅で贅沢なおやつの時間をお過ごしいただけます。

名称 コーヒープラザ壹番館
住所 千葉県柏市末広町3-16 柏タカシマヤ 中3F
営業時間 10:00~17::00
サイト https://tabelog.com/chiba/A1203/A120301/12027953/

4. Yucha 御茶 柏 タピオカ専門店

「Yucha 御茶 柏 タピオカ専門店」は台湾から日本にDay One上陸した、タピオカ専門店。柏には他にもタピオカ専門店がありますが、まだYuchaの柏店はオープンしたばかりで比較的混んでないため、穴場のスポットです。

店内はパステルカラーの壁色や、ネオンに光るうさぎ、さらに多くのぬいぐるみが並んでおり、写真映えスポットとして人気。お花やネオンとともにタピオカドリンクを撮れば、写真映えすること間違いなしです。

名称 Yucha 御茶(ユチャ) 柏 タピオカ専門店
住所 千葉県柏市柏1-7-1
営業時間 11:00~21:00
サイト https://yucha-kashiwa.owst.jp/

5. Gleeful Cafe

「Gleeful Cafe」はファッション雑貨を売っているGleefulのカフェです。古着など取り扱っていることとから、外観や店内はアンティークな雰囲気で統一されています。食事、コーヒー、アルコールなどメニューの種類は豊富にあるので、充実したランチをいただくことができます。

メニューはタコライスやサンドイッチ、ワッフル、ケーキなど、アメリカンな料理が用意されています。またドリンクの中でもスムージーにはスーパーフードが入っており、美容をきにする女性にも嬉しい栄養が高くカロリーが低い一品です。

名称 Gleeful Cafe
住所 千葉県柏市柏3-9-9
営業時間 11:00~18:30
サイト http://gleeful-kashiwa.com/cafe/

柏でおすすめの穴場スポット5選

1. 近藤勇陣屋跡

千葉県流山市にある「近藤勇陣屋跡」。JR武蔵野線、常磐線の新松戸駅から流鉄流山線の幸谷駅で乗り換え、流山駅から徒歩約5分の場所にあります。新選組ファンがしばしば訪れる近藤勇陣屋跡は古い土蔵が当時の面影を色濃く残します。

江戸時代末期(幕末)に活躍した新選組および近藤勇が屯集した地であり、最後の陣営地となった場所です。流山に集まっている情報を得た新政府軍に包囲された近藤勇は、民衆を兵火に巻き込むことを嫌がり、1864年に自首をしました。

名称 近藤勇陣屋跡
住所 千葉県流山市流山2-122-3
サイト https://www.city.nagareyama.chiba.jp/tourism/1013070/1013072.html

2. 五本松公園

「五本松公園」はバーベキュー施設やアスレチック遊具、あずま屋など、4.8ヘクタールの緑豊かな森の中にある公園です。この地域では弥生土器の壺が出ており、公園も含めて「岡発戸新田貝塚」として指定されています。

公園のあずまやからは手賀沼が見え、また春になると桜の木が公園内を彩ります。園内には野外卓が6基あるので、お弁当を持ってお花見をするのにもちょうど良いです。駅からは少し離れていますが、車でお出かけする際は寄ってみてはいかがでしょうか。

名称 五本松公園
住所 千葉県我孫子市岡発戸
サイト http://www.city.abiko.chiba.jp/event/shizennonaka/kouenryokuchi/gohonmatsukouen.html

3. 寅さんCafe

「寅さんCafe」は移動販売の米粉クレープ専門店です。主に養鶏場に併設された施設「むこたま」で販売しており、その他にも道の駅やショッピングセンターでも出店しています。砂糖を使わず、むこたまの卵を使用した米粉のクレープは、素材の味を生かした優しい味をしています。

看板犬が不定期で来店しており、オレンジ色の移動販売車の前で元気にお客さんをお出迎えしてくれます。子供から大人まで安心して食べることができるモチモチのクレープを食べながら、看板犬に癒されに行ってみませんか。

名称 寅さんCafe
住所 千葉県柏市藤ヶ谷1846-1
営業時間 10:00〜18:00
サイト https://www.facebook.com/torasancafe/

4. むこたま

むこたまは安心・安全を第一に考えた良質な卵を生産している、養鶏所の直営店です。日本の気候や日本人の好みに合わせて改良された純国産鶏のもみじは、安定的に卵は取れないものの良質な卵を産んでくれます。そして生みたて新鮮な卵を直営店で買うことができます。

新鮮な卵を使った商品も販売されており、たまごの味を生かしたソフトクリームや焼きたてのたまごパン、濃厚なプリン、もちもちしたクレープなど卵の良さを存分に味わうことができます。特にプリンは、柏に寄った際はお土産として買って帰ってほしい一品です。

名称 むこたま
住所 千葉県柏市藤ケ谷1846-1
営業時間 9:00〜19:00
サイト http://www.mukodai.com/index.html

5. Eagle 137

「Eagle 137」は奥手賀沼の自然を存分に満喫できるよう、様々なイベントを行っているカフェです。都会からすぐだけど知られていないからこそ自由に遊べる場所をというコンセプトのもと、地元の旬の野菜や果物を使った家庭的な料理を食べることができます。

柏の特産物であるかぶや根芋、梨、ねぎ、ホウレン草、枝豆。その他にも青梗菜、いちご、ブルーベリー、お米、トマト、パクチーなど身近でとれるものを使った、地元の味を楽しめます。特に果物をそのまま利用したデザートが人気で、季節に合わせてメロンや桃などそのままお召し上がりいただけます。

名称 Eagle 137
住所 千葉県柏市鷲野谷137
営業時間 9:00〜16:00
サイト https://www.eagle137.com/

都内からアクセスの良い柏散策に出かけてみませんか

いかがでしたか。都内からアクセスの良い柏には、自然の残る大きな公園からスポーツの試合が行われるスタジアム、市民の憩いの場になっている手賀沼、歴史が残る建物など、様々なスポットがあります。東京観光は少し飽きてきたなと感じた時は、まだまだ知らない魅力が詰まっている柏に訪れてみてはいかがでしょうか。お気に入りのスポットを見つけに出かける、いつもとは違う旅をお楽しみください。

【関連記事はこちら】
▷木更津へ行くならここへ行こう!おすすめの観光スポット20選!
▷千葉で一度は訪れたい!おすすめの観光スポット20選

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事