最終更新日時 2019/05/10

都内のほかのエリアとは少し雰囲気の違う蒲田。下町の香り漂う蒲田は、あまり魅力が発信されていません。ところが、蒲田には羽田空港を始め、神社、温泉、ご当地グルメなど、魅力的なスポットがたくさん。そこで今回は、蒲田のおしゃれな最新スポットから絶品グルメまで、必ず立ち寄りたくなるおすすめスポットを厳選してご紹介していきます。

蒲田でおすすめの定番スポット10選

1. 羽田空港

蒲田の圧倒的な観光スポット「羽田空港」。日本の空の玄関口羽田空港は、飛行機を利用しなくても、様々なショップが建ち並び、一日では楽しみ切れないほど魅力が詰まっています。さらに、様々な言語が交差する羽田空港は、パスポートなしで外国へ来た気分を味わえます。

View this post on Instagram

@oknmthrがシェアした投稿

ターミナル内には、プラネタリウムを見ながら食事ができるカフェや、日本最大のスロットカーサーキットがある博品館TOY PARKがあるので、まるでテーマパークを訪れたような感覚で子供だけでなく、大人も瞳を輝かせて白熱したレースを楽しめます。刺激的な非日常を味わいたくなったときに、おすすめのスポットです。

名称 羽田空港
住所 東京都大田区羽田空港
営業時間 5:00~24:00(出発ロビーは最終便の出発後、到着ロビーは最終便の到着後に閉館)
サイト https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/

2. 六郷神社

“古くから江戸の出入り口として栄えた六郷一帯を見守ってきたのが「六郷神社」。毎年、1月に行われる男の子の開運、健康、出生を祈願する「七草子供流鏑馬」や6月の「例大祭」には、拝殿の横にある神楽殿で奉納される伝統の獅子舞を見物しようとたくさんの観光客が訪れます。

六郷の総鎮守ということもあって、11月15日の七五三のお祝いの頃には、晴れ着に身を包んだお子さんを連れた家族連れの幸せな笑顔が、境内のあちらこちらで花開いています。また、六郷神社では、立身出世や縁結びにご利益があるといわれているので、仕事に悩んでいるときや素敵な出会いを求めている人におすすめのスポットです。

名称 六郷神社
住所 東京都大田区東六郷3-10-18
サイト https://rokugo.tokyo/

3. 聖蹟蒲田梅屋敷公園

江戸時代に東海道の休み茶屋が始まりとされているのが「聖蹟梅屋敷公園」。江戸時代の売薬所の敷地約3,000坪に数百本の梅の木が植えられ、梅の名所として人々に親しまれてきました。明治天皇も大変気に入られ、何度も訪れたことから皇室ゆかりの地としても有名です。

“時を超えて区立公園となった現在でも、約100本の梅の木が植えられシーズンになると、赤・白・ピンクに咲き誇る梅の花を写真に収めようとたくさんの人で賑わいます。さらに、5月~6月には11種類のアヤメが見頃を迎えます。一人でも気軽にお花見を楽しめる聖蹟梅屋敷公園は、外国人観光客にもおすすめの穴場スポットです。

名称 聖蹟蒲田梅屋敷公園
住所 東京都大田区蒲田3-25-6
サイト https://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/park/umeyashiki.html

4. かまたえん

蒲田駅に直結している子供が喜ぶスポットが「かまたえん」。蒲田のランドマークとして地元の人に愛されているかまたえんの目玉の一つが幸せの観覧車。色鮮やかな可愛らしいゴンドラがついている幸せの観覧車は、観覧車自体は低めですが東急プラザの屋上に設置されているため、晴れた日には富士山まで見えるロケーションの良さが魅力です。

ゆったりした時間が流れるかまたえんですが、緑が豊かで天気の良い日には心地よい風が感じることができるため、お休みの日のデートにもおすすめ。さらに、夏はビヤガーデン、冬は牡蠣小屋などもオープンするので、大人も子供も楽しめる地元密着型の観光スポットです。

名称 かまたえん
住所 東京都大田区西蒲田7-69-1
営業時間 10:00~18:00
サイト https://kamata.tokyu-plaza.com/kamataen/

5. 高砂コレクション

蒲田駅近くにある香りに関するものを展示している貴重な博物館が「高砂コレクション」。ニッセイアロマスクエアビルの17階という、、少しわかりづらい場所にあるため、かなりの穴場スポットです。

“館内には、日本だけでなく世界中から集められた宝石のように輝く香水瓶や香炉など、年代を問わず展示されています。形や色のどれをとってもうっとりするようなきれいなものが並んでいます。女子旅で蒲田を訪れたら、ぜひ立ち寄りたいおすすめの場所です。外国人の方にもきっと気に入ってもらえるはず!

名称 高砂コレクション
住所 東京都大田区蒲田5-37-1ニッセイアロマスクエア17F
営業時間 10:00~17:00(入室は閉室30分前まで)
サイト https://www.takasago.com/ja/museum/index.html

6. 城南島海浜公園

羽田空港の近くに位置し、潮の香りを感じることのできるスポットが「城南島海浜公園」。キャンプ場や登録制のドッグランを備えた大きな公園は、羽田空港から東京湾上空へ飛び立つ飛行機を眺めながら、芝生に寝ころびながらゆったりくつろげる貴重な場所です。

“シーズンになると潮干狩りや、青空の下でBBQを楽しむ家族連れ、そして公園内を散策デートするカップルなどで賑わっています。都内では、東京都心と羽田空港の景色を一望できる穴場スポットは意外に少ないため、蒲田を訪れたら足を延ばして立ち寄って欲しい場所の一つです。

名称 城南島海浜公園
住所 東京都大田区城南島4-2-2
サイト http://seaside-park.jp/park_jonan/

7. 羽田神社

知る人ぞ知る神社が羽田空港近くにある「羽田神社」。飛行機マニアやパイロット、CAさらには、航空業界へ就職を希望している方などが、航空安全や合格祈願のために訪れます。羽田空港を含む羽田全域の氏神様なので、飛行機のスタンプが御朱印帳に押されるところが人気秘密。

また、御朱印帳と御朱印袋も飛行機が描かれたおしゃれなデザインとなっていて、7月の祭礼期間には、限定の夜祭・夜間飛行・暁バージョンの御朱印帳も頒布されます。車でドライブデートしながら、羽田神社にしかない御朱印をいただいてはいかがでしょう。運気アップに期待が持てますよ。

名称 羽田神社
住所 東京都大田区本羽田3-9-12
サイト https://www.hanedajinja.com/index.htm

8. 大田区観光情報センタ―

蒲田を初めて訪れる人におすすめしたいスポットが「大田区観光情報センター」。大田区の産業や歴史などを紹介しているほか、大田区の工芸品や特産品なども販売されているので、蒲田のご当地グルメなどをお土産に選びたい時に最適な場所です。

大田区観光情報センターの魅力の一つが、多言語対応が可能なところ。さらに、日本の伝統文化体験講座などを実施しているので、無料で折り紙などの昔ながらの遊び方講座や生け花講座などを体験できるので、外国人にもおすすめできる激レアスポットです。

名称 大田区観光情報センタ―
住所 東京都大田区蒲田4-50-11ウィングキッチン京急蒲田M2階
営業時間 9:00~21:00
サイト https://tokyoactivity.com/ja/

9. 北野天神

通称・止め天神として広く知られている「北野天神」。八代将軍・吉宗の落馬を止めたのは、北野天神の御加護にあやかったものといい伝えられ、全国の大名や武士にも「落馬止めの天神」の噂が広まりました。そのとき、町人の間では縁起が悪い落馬をあえてはぶいて「止め天神」と呼ぶようになりました。

北野天神では、そのときの言い伝えは現在までも語り継がれ、人の身に降りかかる悪いことを一切止める天神様として、たくさんの人々に崇敬されています。蒲田を訪れたら、25日の縁日に合わせて北野天神で参拝して、災いが降りかからないように止め天神に祈願してはいかがでしょう。きっと、エネルギーチャージできますよ。

名称 北野天神
住所 東京都大田区仲六郷4-29-8
サイト http://www.komainu.org/tokyo/kunai/ootaku/KitanoTenjin/tenjin.html

10. 歓迎(ホアンヨン)

蒲田でランチにおすすめしたいのが「歓迎(ホアンヨン)」。ギョーザ激戦区の蒲田で三大餃子の一つに数えられる歓迎は、羽根つき餃子発祥のお店としても有名です。11:30オープンにもかかわらず、11:40にはあっという間に満席で、行列もできはじめるほどの盛況ぶり!

歓迎では300円という安いお値段で一番人気の羽根つき餃子を味わえますし、いつもワイワイ・ガヤガヤ本場中国さながらの賑やかな店内では、本格的な絶品中華料理を堪能できます。蒲田を訪れたら、肉汁が口の中にジュワーッと広がるコスパ抜群のご当地グルメを思いっきり楽しんでください。

名称 歓迎(ホアンヨン)
住所 東京都大田区蒲田5-13-26大田区立消費者生活センタ―
営業時間 ランチ11:30~14:00
ディナー17:00~22:30

蒲田駅周辺でおすすめのスポット5選

1. 改正湯

蒲田駅から徒歩約7分の場所にあるのが、鯉がいるお風呂屋さんで知られているのが「改正湯」。蒲田近辺では、比較的に黒湯の温泉銭湯が多く、個性豊かな銭湯が点在しています。その中でも改正湯は、黒湯銭湯に炭酸泉が組み合わさった世界でもココだけにしかない貴重な温泉です。

さらに、激戦区でひときわ目立っているのが、銭湯とは思えない最新のビル型の建物。ユラユラと泳ぐ水槽の中の色とりどりの鯉、金魚、サメを眺めながら、ゆっくりお湯に浸かれる時間は何とも贅沢!美肌の湯としても知られているので、女子旅におすすめです。

名称 改正湯
住所 東京都大田区西蒲田5-10-5
営業時間 15:00~24:30
サイト http://www.kaiseiyokujou.com/

2. 御園神社

多摩川の洪水によって流れ着いた猿田彦命を祀っているのが「御園神社」。通称おしゃもじさんと称えられています。蒲田駅から徒歩約5分の場所にあり、繁華街の中のオアシスのような存在です。摂末社も「お福神社(おしゃもじさま)」、「稲荷社」、「龍神社」があり、水害から逃れられるようにと龍神様を祀っているといわれています。

繁華街にあるとは思えないほど緑豊かな木々で覆われた広い境内は、地元の人に親しまれているだけあって、いつ参拝に訪れても美しい状態が保たれています。御園神社の狛犬はキリリとした表情で、左は子取り狛犬、右は玉取り狛犬です。珍しい狛犬なので、御園神社を訪れたらチェックしてみてください。

名称 御園神社
住所 東京都大田区蒲田7-40-8
サイト http://kamatahachiman.org/

3. 西六郷公園

蒲田駅から徒歩約15分の場所にあるのがタイヤ公園の名で親しまれている「西六郷公園」。園内には、大小様々な古タイヤ約3,000個を使って遊具が設置されています。タイヤで作られた巨大な怪獣やロボットなどを見つけた瞬間、子供たちだけでなく童心に返った大人たちの表情までも緩んでしまいます。

園内には、固定されていないフリーのタイヤを積み上げたり、転がしたりと自由自在に扱いながら、独創的な遊び方を楽しむことができます。約50年前、区職員の発案で開園したタイヤ公園。親から子へ語り継がれる素敵な公園として、今なお多くの子供たちが魅了されています。近くを散策した後に、ぜひお立ち寄りください。

名称 西六郷公園
住所 東京都大田区西六郷1-6-1
サイト https://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/park/nishirokugou.html

4. ゆ~シティ蒲田

都内随一の温泉湧出地の大田区の中でも銭湯激戦区の蒲田。そんな蒲田の中でも蒲田駅から徒歩約5分の場所にあるのが「ゆ~シティ蒲田」。大人460円という安い価格で、天然温泉が楽しめると人気のスポットです。

昔ながらの下町の雰囲気が漂うエリアで、昭和レトロな空気に包まれながら、ゆっくり天然温泉につかると、体の芯から温まり身も心も癒されますよ。蒲田の天然温泉に外国人や観光客が入って驚くのが、真っ黒な色が特徴の黒湯。ぜひ、蒲田を訪れたら、蒲田の天然温泉・黒湯を体験してはいかがでしょう。

名称 ゆ~シティ蒲田
住所 東京都大田区蒲田1-26-16
営業時間 11:00~24:00
サイト http://youcity.sakura.ne.jp/

5. 三州屋本店

蒲田観光で必ず立ち寄りたいお店が「三州屋本店」。地元の人に愛される大衆割烹ですが、観光客でも気軽に入ることができるので、ディープな蒲田の夜を楽しみたい人たちでいつも賑わっています。JR蒲田駅の東口のすぐそばという、アクセスの良さも観光客にとってはうれしいポイントです。

新鮮な海鮮を中心としたメニューが、リーズナブルなお値段で味わえます。手が込んだお料理の数々が並びますが、どれも大満足の逸品。東京ならではのドジョウ鍋や冬のカキフライなど、一年中おいしいものが食べられる三州屋本店は、旅の始まりと旅の終わりに立ち寄りたいお店です。

名称 三州屋本店
住所 東京都大田区蒲田5-11-10
営業時間 15:00~22:30

蒲田でおすすめの穴場スポット5選

1. 旧穴守稲荷神社・大鳥居

羽田空港の敷地内にあった穴守稲荷神社が、GHQによって強制移転されたとき、何らかの理由で取り残されたのが「旧穴守稲荷神社の大鳥居」。大鳥居だけが残された理由としては色々あるようですが、1999年に取り壊しが検討された大鳥居は、住民たちが声をあげたことによって、現在の場所に移築されました。

東京上空に弧を描くように、次から次に飛び立つ飛行機を眺められる絶好のロケーションの天空橋近くにドーンと鎮座し、航空安全を祈願しています。大鳥居から徒歩で約8分の場所に移築された穴守稲荷神社があります。

名称 旧穴守稲荷神社・大鳥居
住所 東京都大田区羽田空港1

2. 七辻

日本全国でも大阪と福岡のほかには、蒲田の街にしかない穴場スポットが「七辻」。交差点のサークルを中心に、七つの道路が放射線のように繋がっています。実は、1916年から行われた耕地整理の結果、誕生したといわれています。譲り合いの交差点モデルといわれている七辻は、過去に事故が起きたことはありません。

信号もない複雑な交差点ですが、優しさや思いやりの気持ちのおかげで、無事故というまるで奇跡のような日々が続いているいわれています。一見、観光とは無縁のエリアですが、航空写真で見る七辻の光景は壮観です。パワースポットとしても注目されているので、七辻周辺の街歩きを楽しむと新発見があるかも!

名称 七辻
住所 東京都大田区東六郷1-16-10

3. 稗田神社

709年に創建された「稗田神社」。誉田別尊や天照大神など6柱が祀られていて、蒲田のパワースポットとして有名です。平安時代の書物延喜式(えんぎしき)にも行基が創建したという記録が残されているほど、由緒正しい神社です。

稗田神社には、摂末社がいくつかあり、その中でも珍しいのは薬祖神社と三十番神社。薬祖神社は、日本の医薬の祖神といわれている神様が祀られ、三十番神社は、30柱の神様が日替わりで国家や国民などを護ってくれるという思想に基づく神社らしい。誰もが興味が湧く稗田神社を参拝して、パワーチャージしましょう。

名称 稗田神社
住所 東京都大田区蒲田3-2-10
サイト http://hieda.kamatahachiman.org/

4. 池上本門寺

View this post on Instagram

@kannon3388がシェアした投稿

日蓮聖人が没した歴史的にも重要なお寺が「池上本門寺」。緑豊かな広々とした境内は、シーンと静まり返り、荘厳な空気に包まれています。五重塔や日蓮像など、由緒正しい建築物の美しさや文化財の数々を見て回りながら、散策を楽しむだけで都会の喧騒を忘れてリフレッシュできます。

せっかく、池上本門寺を訪れるなら、日蓮聖人の御命日である10月13日を中心に開かれる「お会式(おえしき)」と呼ばれる祭りや、きれいに飾られた万灯が連なる「万灯練り供養」の時期に合わせることをおすすめします。「万灯練り供養」の圧巻の美しさは、一生忘れることのできない思い出になるはずですよ。

名称 池上本門寺
住所 東京都大田区池上1-1-1
営業時間 終日可能
サイト http://honmonji.jp/

5. 蓮月

美しい名前の「蓮月(れんげつ)」。風格ある昭和の香りが感じられる建物の蓮月は、以前はお蕎麦屋さんでしたが、誰もが心惹かれる蓮月を存続させるために、古民家カフェとして復活しました。

蒲田の中心地からは少し離れていますが、カフェの近くには池上本門寺もあるので、散策しながらの休憩にピッタリです。ノスタルジックな雰囲気のカフェで、モーニングからボリューム満点のランチが味わえますし、マジックアワーの頃には、ワインやビ―ルを飲みながら優雅な時間を過ごせます。

名称 蓮月
住所 東京都大田区池上2-20-11
営業時間 10:00~18:00(金・土・日は22:00まで)
サイト http://rengetsu.net/

ディープな蒲田で大人時間を楽しもう!

何となく、横浜や羽田空港へ向かう通過点と思い込みがちな蒲田。観光地とは無縁というイメージが先行していますが、実は梅の名所が点在し、見どころ満載。餃子や天然温泉の激戦区としても有名です。さらに、蒲田駅周辺の数多くの神社が、2017年に御朱印を美しくリニューアルしたことで、御朱印好きの注目を集めているホットスポットに生まれ変わりました。いつもと違う蒲田で、ディープな大人時間を満喫しましょう。

【関連記事はこちら】
▷ 定番から穴場まで!一度は行きたい錦糸町のおすすめ観光スポット20選
▷東京の真ん中で、和と洋の融合を楽しめる、日本橋の観光スポット20選

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事