最終更新日時2019/05/24

江戸城の西側に位置する虎ノ門は、西の神獣「白虎」から由来した地名です。現在はオフィス街を中心に、「虎ノ門ヒルズ」をはじめショッピングやグルメの街とでもある虎ノ門。現在も残る江戸時代の歴史を感じる史跡や、寺社仏閣も多く、随所で当時の面影を感じることができます。そんな虎ノ門でおすすめしたい観光スポットを、定番、穴場、駅周辺に分けてご紹介します。

虎ノ門でおすすめの定番スポット10選

1. 虎ノ門ヒルズ

2016年にオープンした、地上52階建て、高さは247mの超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」。店舗やオフィス、住居、ホテルが入る複合施設であり、会社員をはじめ観光客も多く利用する、虎ノ門の名所となりました。

虎ノ門ヒルズでもひときわ目を引くのが、オーバル広場にあるルーツと呼ばれる巨大彫刻。8つの言語を使ったパブリックアートで、世界の多様性、平和的に共存することを表しています。オーバル広場では定期的にヨガイベントが開催されています。気分転換にぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。

名称 虎ノ門ヒルズ
住所 東京都港区虎ノ門1-23-1~4
サイト https://toranomonhills.com/

2. 栄閑院

虎ノ門駅から車で約3分、虎ノ門ヒルズからもほど近い場所に位置する、浄土宗の栄閑院。昔、猿回しの泥棒がこの寺を訪れ、和尚に説教され、改心した猿回しは全国行脚をはじめます。寺で預かることになった猿は芸を見せ、皆の人気者になったのだとか。そのため、別名「猿寺」とも呼ばれています。

境内には、猿の石像をはじめ、柱や屋根に猿があしらわれた装飾を目にすることができます。栄閑院でもう一つの見逃せないポイントは、「解体新書」で知られる杉田玄白の墓。杉田玄白之墓と描かれた御朱印は、御朱印ガール必見です。

名称 栄閑院
住所 東京都港区虎ノ門3-10-10

3. 日本の酒情報館

虎ノ門駅から徒歩2分、外国人にも人気の「日本の酒情報館」。展示室には全国各地の酒器が並び、写真撮影にもぴったり。麹や酒造りの道具が用意されており、実際に手に取って酒造りを想像して楽しむことができます。

日本酒や焼酎、泡盛、果実のリキュールなど、1杯100円から試飲できることも魅力の一つ。蔵元による試飲イベントや、専門家によるセミナーなど、定期的にイベントも開催されており、日本の酒について詳しく知ることのできる虎ノ門の人気スポットです。

名称 日本の酒情報館
住所 東京都港区西新橋1-6-15 日本酒造虎ノ門ビル1階
営業時間 10:00~18:00
サイト https://www.japansake.or.jp/sake/know/data/

4. 虎ノ門金毘羅宮

虎ノ門駅から徒歩3分、アクセス抜群の「虎ノ門金毘羅宮」は、1679年に現在の位置に遷座しました。江戸時代から残る鳥居には、「虎ノ門」の地名の由来となった四獣があしらわれており、東西南北のそれぞれの方角を守っています。

社殿横にある「結神社」は、女子旅では必見のスポット。江戸時代には、自分の髪や折り紙を境内に結び付けて良縁祈願を行ったとされています。そんな風習にのっとり、現在でも赤い紐が境内には結ばれています。ここで良縁祈願をして願いが叶い、お礼参りに訪れる方も多いのだとか。

名称 虎ノ門金毘羅宮
住所 東京都港区虎ノ門1-2-7
サイト http://www.kotohira.or.jp/

5. 天徳寺

虎ノ門駅から車で約3分、浄土宗のお寺が「天徳寺」です。1533年に創建、徳川家康の江戸城入城と共に行った城郭の拡張整備のため、1611年に現在の位置に移転しました。かつては多くの大名の菩薩寺として知られ、江戸幕府終幕まで栄えたとされています。

都会とは思えないような、厳かな雰囲気が漂う境内。都内でも最古の梵鐘が現存しています。また、中庭はまるで京都の寺院のような美しいつくり。中に入ることはできませんが、四季のうつろいを都心に居ながら感じることができます。

名称 天徳寺
住所 東京都港区虎ノ門3-13-6

6. NHK放送博物館

虎ノ門駅から車で3分、「NHK放送博物館」は1956年に世界初の放送専門のミュージアムとしてオープンしました。1階ではは放送の歴史の絵図、2階ではキャスターやカメラマン体験、3階では放送の歴史、4階ではライブラリーなど見どころもたくさん。子供から大人まで楽しめるスポットです。

現在はほとんど見ることのできない、カメラやスピーカー、録音機など、大人は懐かしく、子供は新鮮な気持ちで楽しめる展示品も豊富。イベントも開催され、朝ドラファンは見逃せない展示会も開催されています。日々見ているテレビへの概念が変わるかもしれない、そんな虎ノ門の定番スポットです。

名称 NHK放送博物館
住所 東京都港区愛宕2-1-1
営業時間 9:30~16:30
サイト https://www.nhk.or.jp/museum/index.html

7. 菊池寛実 智美術館

虎ノ門駅から車で3分、「菊池寛実 智美術館」は、現代陶芸のコレクター菊池智のコレクションを展示する美術館で、2001年に開館しました。昭和天皇がお使いになられたディナーセットや茶器など、外国人にも見ごたえのある作品が展示されています。

展覧会の開催のほかにも、隣接する「西洋館」の一般公開も行っています。大正時代に建てられ、国の登録文化財に指定されている西洋館は、現在でも迎賓館として使用されているほど。定員は20名の予約制なので、気になる方は最新の情報をチェックしてみましょう。

名称 菊池寛実 智美術館
住所 東京都港区虎ノ門4-1-35 西久保ビル
営業時間 11:00~18:00
サイト http://www.musee-tomo.or.jp/index.html

8. 愛宕神社

虎ノ門駅から車で2分、23区内で一番標高の高い愛宕山にあるのが「愛宕神社」です。高層ビルのない江戸時代には、見晴らしの名所として賑わいました。本殿を彩る胡蝶蘭は、変わらぬ愛や幸福が飛んでくるという花言葉にちなみ、奉納する参拝客が後を絶ちません。

愛宕神社でも特に有名なのが出世の石段です。かつて徳川家光公は、愛宕神社の梅を馬に乗って石段を登り、取ってこいと家臣に命じます。皆が戸惑う中、曲垣平九郎が石段を馬に乗って駆け上がり、梅の花を取ってきます。その後彼は日本一の馬術の名人と言われたことから、この階段を出世の石段と呼ぶようになりました。出世を願う方はぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

名称 愛宕神社
住所 東京都港区愛宕1-5-3
サイト http://www.atago-jinja.com/

9. アンダーズ東京

出典:Relux|施設名

2014年にオープンした「アンダーズ東京」は、「虎ノ門ヒルズ」の最上階を含む47階から52階に位置します。ミシュランガイド東京2019では4つ星を獲得、眺望はもちろん、和モダンの落ち着いた雰囲気は外国人からも大人気です。

出典:Relux|施設名

東京スカイツリーや東京タワー、レインボーブリッジの見える眺望など、シーンに合わせて利用できる客室が164室完備されています。また、豊富な知識を持ったコンシェルジュが、周辺の観光スポットや東京のランドマークなど魅力を紹介してくれるのも魅力の一つ。虎ノ門の観光にアクセスも抜群、ぜひ滞在したい高級ホテルです。

名称 アンダーズ東京
住所 東京都港区虎ノ門1-23-4
営業時間 チェックイン:15:00~ 
チェックアウト:~12:00
サイト https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/andaz-tokyo-toranomon-hills/tyoaz

10. 西久保八幡神社

虎ノ門駅から車で5分、1004年から1012年の寛弘年間に源頼信によって創建された「西久保八幡神社」。大河ドラマでも知られる、徳川秀忠の正室・江は、家康と秀忠の関ケ原の戦いでの戦勝と安全を、西久保八幡神社に祈願するため参拝したとされています。

第二次世界大戦では、社殿や神輿が空襲によって焼失。現在の社殿は1953年に再建、神輿は2015年に氏子の協力のもと復興しました。2017年には戦後73年ぶりの神幸祭が開催され、毎年8月には一年で一番大きなイベントである例大祭が行われています。歴史ファンは見逃せないスポットです。

名称 西久保八幡神社
住所 東京都港区虎ノ門5-10-14
サイト http://www.hachimanjinja.or.jp/main/

虎ノ門駅周辺でおすすめのスポット5選

1. 猫雑貨の店エブリー

虎ノ門駅から徒歩5分の場所に位置する、猫好きは絶対に訪れたいスポット「猫雑貨の店エブリー」。東京駅から一番近い猫雑貨のお店ということもあり、アクセスも抜群、猫が描かれた手ぬぐいは外国人にも人気の商品です。

1970年にオープンしたこのお店。創業当初は衣料品や日用雑貨を販売するお店でしたが、時代の流れと共に猫雑貨に力を入れるお店へと変貌。常連客をはじめ、今では観光客も多く訪れるお店となりました。猫雑貨の店エブリーでは、虎ノ門の歴史の移り変わりを体感することができます。

名称 猫雑貨の店エブリー
住所 東京都港区西新橋1-22-10 西新橋アネックスビル1階
営業時間 平日:9:00~20:30 
土曜日:10:00~17:00
サイト https://every33.com/

2. LF CAFE

虎ノ門駅から徒歩3分とアクセス抜群の「LF CAFE」。店内は35席のテーブル席、一人でも気軽に立ち寄れるカウンター、デートにぴったりのソファ席、夏には大人気のテラス席など、シーンに合わせて利用できることも魅力の一つ。

都会の真ん中にあるにも関わらず、ランチは680円とリーズナブルなお値段。コース料理も人数に合わせて選ぶことができます。広い店内は貸切も可能で、大人数でのスポーツ観戦など楽しみ方も様々。一人で、デートで、女子会で、大切な人とゆっくり過ごせるお店です。

名称 LF CAFE
住所 東京都港区虎ノ門2-3-17 虎ノ門2丁目タワー1階
営業時間 月~金・祝前日 10:00~23:00 
土日祝 貸切のみ
サイト https://lfcafe.owst.jp/

3. 珈琲KANEKO

虎ノ門駅から徒歩2分、駅チカにも関わらず、路地裏に隠れた穴場の老舗喫茶店「珈琲KANEKO」。店内はどこか懐かしい落ち着く雰囲気。人気カフェ出身のマスターが淹れる珈琲とふわふわのホットケーキは人気メニューの一つです。

もう一つの人気メニューは、朝7時から11時まで限定のモーニングセット。分厚いトースト、野菜たっぷりのサラダ、ドリンクがついて490円ととってもリーズナブル。ドリンクメニューも豊富で、何度も行きたくなるお店です。

名称 珈琲KANEKO
住所 東京都港区虎ノ門1-8-4 虎ノ門オーディーエービル2階
営業時間 月~金 7:00~20:00 
土 7:00~15:00
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13118468/

4. 草枕

虎ノ門駅から徒歩3分、珈琲と書かれた看板と、和モダンな入口がひときわ目を引くカフェ「草枕」。木のぬくもりを感じる店内には、シックな雰囲気が広がります。文庫本が並び、読書しながらゆっくりと過ごすのにもぴったり。

こいめ、ふつう、うすめの3段階から選べるコーヒーや、夏には嬉しい濃いめの水出しコーヒーなど、コーヒーメニューも豊富。自家製ケーキや上品な甘さの和三盆のお菓子など、スイーツメニューも充実しています。一人旅はもちろん、大人のデートにおすすめです。

名称 草枕
住所 東京都港区西新橋1-10-1 日美ビル1階
営業時間 月~金 10:00~23:00 
土 10:00~18:00
サイト https://retty.me/area/PRE13/ARE2/SUB1601/100000040031/

5. 江戸城外堀跡 地下展示室

虎ノ門駅から直結の「江戸城外堀跡 地下展示室」。オフィス街や文部科学省、霞が関ビルが立ち並ぶ一角には、江戸城の外堀が現存しています。この石垣は、徳川家康の時代から続いた江戸城整備の総仕上げとして、1636年に徳川家光が全国の諸大名に対し命じたものです。

虎ノ門駅11番出口から案内板に従い進むと、石垣の解説や外堀の水位の分かるパネル、石垣の素材である花崗岩の標本が並びます。奥には石垣が広がり、綺麗に積み重なったその姿から、当時の技術力の高さを実感することができます。外国人にもおすすめしたい、虎ノ門の歴史スポットです。

名称 江戸城外堀跡 地下展示室
住所 東京都千代田区霞が関3-2

虎ノ門でおすすめの穴場スポット5選

1. 日本刀剣

虎ノ門駅から徒歩8分の穴場スポット「日本刀剣」。創業は明治時代、初代が日露戦争で負傷し、美術商を始めたことがきっかけだったそう。当時の虎ノ門は骨董通りと呼ばれるほど、美術店や骨董品店が多かったと言われています。

現在でも日本刀や武具、かぶとなどを販売している日本刀剣。中には2,000万円を超える刀も販売されています。刀女子が増える昨今、女子旅はもちろん、日本の歴史に興味のある外国人からの人気も高いお店です。

名称 日本刀剣
住所 東京都港区虎ノ門3-8-1
営業時間 9:30~18:00(土曜日は17:00まで)
サイト http://www.japansword.co.jp/

2. 浅野内匠頭終焉の地

年の瀬のドラマとして知られる「忠臣蔵」。江戸城松の廊下にて、赤穂藩藩主浅野内匠頭は吉良上野介を斬りつけ、浅野内匠頭は即日切腹を申し付けられます。藩主のため、赤穂浪士達は立ち上がり、吉良上野介への仇討を成功させました。

その赤穂藩藩主である浅野内匠頭は、当時の将軍綱吉公の命により、田村邸にて切腹します。その田村邸があったのが「浅野内匠頭終焉の地」であり、今ではひときわ目立つ石碑が建てられています。歩道に面しているため、アクセスも抜群。周辺観光の際に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

名称 浅野内匠頭終焉の地
住所 東京都港区新橋4-31

3. 江戸見坂

「菊池寛実 智美術館」や「ホテルオークラ東京」など、虎ノ門の名所に面する「江戸見坂」。江戸見坂という名前は、江戸の中心部に市街地が開けて以来、そのほとんどを眺望することができた、ということに由来しています。

江戸時代には街の大半を見ることができた、というだけあって、急な斜面が続く江戸見坂。ホテルオークラ東京は、江戸見坂をはじめ、汐見坂と霊南坂の3つに囲まれています。虎ノ門の散策の際、周辺観光スポットと合わせて立ち寄ってみてはいかがでしょう。

名称 江戸見坂
住所 東京都港区虎ノ門3-6-1

4. 大倉集古館

2019年の秋まで改修工事を行っている「大倉集古館」。明治から大正にかけて活躍した大倉喜八郎が集めたコレクションを展示しており、1917年に日本初の市立美術館として開館しました。1998年には、建物が国の登録有形文化財に指定されています。

これまでの展覧会では、大倉喜八郎のコレクションをはじめとして、日本刀や能面など、日本の文化に関わるイベントが開催されています。日本の文化を再確認することのできる大倉集古館。外国人観光客はもちろん、大人から子供まで、新しい発見のできる時間が過ごせます。

名称 大倉集古館
住所 東京都港区虎ノ門3-1-10 第二虎の門電気ビルディング7階
営業時間 10:00~16:00(2019年秋まで休館)
サイト http://www.shukokan.org/index.html

5. 珈琲大使館 虎ノ門店

虎ノ門駅から徒歩2分とアクセス抜群の「珈琲大使館 虎ノ門店」。1976年に本格的な珈琲専門店としてオープンし、オフィス街の多い虎ノ門で働く会社員を中心に、朝やお昼に賑わいを見せる駅チカの穴場カフェです。

純喫茶のように、落ち着くインテリアが並ぶ店内。コーヒーはもちろん、フードメニューも豊富です。珈琲大使館 虎ノ門店では、毎月1日に大使館ブレンドのおかわり無料、ブレンドパックのプレゼントの「ブレンドデー」が開催されます。一人でも気軽に立ち寄ることのできる、地元に愛されたお店です。

名称 珈琲大使館 虎ノ門店
住所 東京都港区虎ノ門1-8-13
営業時間 8:00~19:00
サイト http://www.coffee-embassy.com/

オフィス街にひそむ江戸時代の面影を探しに

オフィス街として賑わう虎ノ門。2020年の東京オリンピックを控え、ますます発展を遂げる街の一つです。虎ノ門ヒルズをはじめ、アートを感じる美術館やホテルが並ぶ中にも、江戸時代の面影を残す史跡や寺社仏閣など、見どころも豊富。街中では、落ち着くカフェや、地元に愛されるお店など、人々の温かさを体感することができます。そんな虎ノ門では、江戸時代へのタイムスリップが楽しめること間違いなし。隠れた当時の面影を探しに、虎ノ門へ出かけてみませんか?

【関連記事はこちら】
▷目黒に行くならここへ行こう!目黒の本当におすすめできるスポット20選!
▷自然やおしゃれな雑貨が多い!吉祥寺でおすすめの観光スポット20選

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

おすすめ記事

人気記事