最終更新日時 2019/06/10

四谷は上智大学がすぐ近くにあり、学生が多い街です。最新のグルメや、老舗の飲食店、味のある居酒屋など誰にとっても魅力的なお店がきっと見つかります。また歴史を学べるられる観光スポットや、博物館など子供から大人まで楽しめる施設も数多くあります。カップル、家族、友達、だれと訪れても四谷は楽しめる街ですよ。

四谷でおすすめの定番スポット10選

1. 東京おもちゃ美術館

「東京おもちゃ美術館」は1984年に中野で会館しました。現在の四谷に場所を移したのは2008年です。地域の寄付によりせんかをのがれた歴史的建造物だった廃校が美術館へと姿をかえました。この美術館は「おもちゃ学芸員」というボランティアスタッフのちからを借りて市立民の美術館としてなりたっています。

3Fまである建物内はいろいろなコーナーに分かれていて、場所ごとに違った遊びを楽しめます。また、館内の階段は74年前の建築当時のまま使用されているので、歴史的にも貴重なもの。ベビーカーや車イスの方もエレベーターがあるので安心です。HPには親子や大人同士での楽しみ方も紹介されているので、来館の前にチェックしてみましょう。

名称 東京おもちゃ美術館
住所 東京都新宿区四谷4-20四谷ひろば内
営業時間 10:00~16:00
サイト

http://goodtoy.org/ttm/

2. 東京四谷総鎮守 須賀神社

「須賀神社」は須佐之男命(すさのおのみこと)と宇迦能御魂神(うかのみたまのみこと)を中心に祀られ大王様として親しまれ、御祭礼は「大王祭」や「かっぱ祭り」として有名です。年間を通してさまざまな行事が行われ、古くから地元の人に親しまれてきました。

須賀神社は現在若い世代から人気を集めています。その理由は、日本で大ヒットした映画「君の名は」の舞台となったから。神社の前の階段は劇中だけでなく作品にちなんだCMにも登場し、ファンには聖地として人気を集めています。映画を見た方にはたまらないスポットと言えるでしょう。

名称 東京四谷総鎮守 須賀神社
住所 東京都新宿区須賀町5番地
サイト

http://www.sugajinjya.org/about.html

3. 迎賓館赤坂離宮

「迎賓館赤坂離宮」は大正天皇がご成婚されるさいに東宮御所として建てられました。建物は明治時代の洋風建築技術の総決算といわれ、著名な学者や芸術家などが総動員されました。そしてその後、国へ移管され1986年に改修工事を経て、迎賓館へと移り変わりました。

2009年には国宝に指定され、昭和50年から夏に10日間だけ一般公開されていたのが2016年から通年公開になりました。世界各国の国王や大統領などが宿泊する施設を見学できるのは貴重な体験です。事前に予約が必要な場所もあるのでHPで早めに確認しておきましょう。フォトジェニックな空間を女子旅やデートで訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 迎賓館赤坂離宮
住所 東京都港区元赤坂2-1-1
営業時間 10:00~17:00
サイト

https://www.geihinkan.go.jp/akasaka/access/

4. パティスリーSATSUKI

ホテルニューオータニでグランシェフをつとめる中島眞介さんのペストリーブディックが「パティスリーSATSUKI」です。ここではシェフオリジナルのケーキと焼き立てパンを食べることができます。宿泊しなくても利用できるので、一度は食べてみたいスイーツです。

パティスリーSATSUKIで食べられるスイーツはどれも人気ですが、特にパンケーキは「パンケーキの概念が変わる」とも言われています。メープルシロップも違う甘さの3種類が用意されており、飽きることなく最後までパンケーキを味わうことができますね。

名称 パティスリーSATSUKI
住所 東京都千代田区紀尾井町4‐1
営業時間 11:00~21:00
サイト

https://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/p-satsuki/

5. 消防博物館

「消防博物館」は江戸時代から現在の最新の消防の歴史について学ぶことができる博物館です。館内には、フロアごとに消防の歴史や車両などが公開されています。すべての展示を見終わったときには、消防博士になっちゃいますよ!

音声ガイドを無料でレンタルできるサービスがあるので、たくさんある展示も安心して見れます。また、消防博物館では期間限定の展示や、普段は乗ることのできない消防車両に乗れるイベントもあります。ぜひご家族で訪れてみてください。

名称 消防博物館
住所 東京都新宿区四谷3-10
営業時間 9:30~17:00
サイト

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/museum.html

6. No.4

「No.4」は、人が集まる空間はそこに暮らす人々の生活から生まれるという思いが込められオープンしたお店。カフェでもレストランでもベーカリーでもないと言い切るNo.4が提案するのは、ハンドクラフトを楽しめる空間です。

メニューのパンは産地にこだわった素材を使っています。ピザは店内の薪窯で焼き、ビーガンやベジタリアンの人向けの具材のピザもあり、パンやピザを選べる食事のメニューも揃っています。また、店内にはベビーカーも持ち込みができるので、小さいお子さん連れも安心して利用できますよ。

名称 No.4
住所 東京都千代田区四番町5-9
営業時間 8:00~21:00
サイト https://www.tysons.jp/no4/

7. 長照山 陽運寺

「長照山 陽運寺」は東海道四谷怪談で知られるお岩様とゆかりのある神社です。江戸時代にお岩様が庶民に広く知られ、お岩様の霊堂があったといわれていましたが、戦災でなくなってしまいました。現在の姿になったのは栃木県から薬師堂を移築し、建築をされたからです。

長照山 陽運寺が有名なのはお岩様だけではありません。厄除け、ご縁、芸能にもご利益があると、多くの人が参拝に訪れます。境内にはお岩様の由縁の井戸もあるので、歴史に触れながら参拝してみるのはいかがでしょうか。

名称 長照山 陽運寺
住所 東京都新宿区左門町18番地
営業時間  8:00~17:00(受付時間9:00~16:30)
サイト http://oiwainari.or.jp/

8. 新宿区立新宿歴史博物館

「新宿区立新宿歴史博物館」は旧石器時代から新宿の歴史を学ぶことができる博物館です。実際に新宿の地下から発掘された石器や遺物は、歴史的にも貴重な品々です。また新宿で暮らしていた文学者たちの作品も展示されているので、新宿を身近に感じられます。

新宿の江戸時代の街並みを再現したジオラマは、時間を忘れて見入ってしまいます。商家の年中行事の展示では、現在の文化と照らし合わせてみると受け継がれているものが多くあります。歴史を感じながら1人でゆっくり訪れてみるのはいかがでしょうか。

名称 新宿区立新宿歴史博物館
住所 東京都新宿区四谷三栄町12-16
営業時間 9:30~17:30(最終入館は17:00)
サイト

https://www.regasu-shinjuku.or.jp/rekihaku/

9. たいやき わかば

「たいやき わかば」は創業60年を越える老舗。創業当時から地元の人に愛されてきた、たいやきはあんこがあたまからしっぽまでぎっしりと詰まっています。東京のたいやき御三家ともいわれる「わかば」のたいやきは並んでも食べたい一品ですね。

お店オリジナルの生地とあんこは、素材も作り方もこだわりが詰まっています。1匹ずつていねいに焼かれたたいやきは皮はパリッと中はふんわり、素朴な味は何度でも食べたくなります。子供からお年寄りまで人気の味をぜひ食べてみてください。

名称 たいやき わかば
住所 東京都新宿区若葉1-10小沢ビル1F
営業時間 平日9:00~19:00
土曜日9:00~18:30
祝日9:00~18:00
サイト

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130902/13000848/

10. TORANOKO

「TORANOKO」は店主が厳選したコーヒー豆を自家焙煎して淹れたコーヒーが自慢のお店です。店名の「TORANOKO」は虎の子をローマ字にしたもので、「秘蔵のモノ」や「手放したくないモノ」という意味が込められています。

TORANOKOはこだわりのスイーツも人気。季節に合ったメニューを考え、食べる人の身体もことも考えて作られています。店内でゆっくり過ごすのはもちろん、テイクアウトも可能なので散歩やショッピングの途中においしいコーヒーを飲みながらホッと一息つくのはいかがでしょうか。

名称 TORANOKO
住所 東京都新宿区四谷三栄町6-14 寿ビル1F
営業時間 10:30~18:00
サイト

http://site-1214852-4032-2769.strikingly.com/

四谷駅周辺でおすすめのスポット5選

1. CAFE MIKUNI’S(カフェミクニズ)

「CAFE MIKUNI’S」は三國シェフが30年間温めてきたカフェがオープンしました。旬の食材を使った本日のお料理のセットメニューや、季節のケーキもあるのでいつ訪れても新しい発見があります。テイクアウトもできるので自分や家族へのご褒美にもおすすめです。

CAFE MIKUNI’Sでぜひ食べたいのが、1日24食限定のガトーショコラです。つるつるとした見た目の濃厚なガトーショコラは、テレビで何度も取り上げられ有名芸能人もオススメしています。古民家を改装した落ち着く空間のカフェでケーキを楽しんでみてはいかがでしょうか。

名称 CAFE MIKUNI’S(カフェミクニズ)
住所 東京都新宿区若葉1-18-6
営業時間

火~土曜日 11:30~18:00(L.O.17:00)
日曜日   11:30~16:00(L.O.15:00)

サイト

https://www.oui-mikuni.co.jp/cgi-local/group/restaurant.cgi?idx=5

2. 塩湯

「塩湯」は1916年にオープンした歴史のある銭湯です。昭和の雰囲気が漂う施設内は、今ではなかなか見ることができない番頭台もあります。テレビでしか見たことのないような年代物のマッサージ器も置かれているので、レトロな雰囲気を感じながらゆっくりできます。

最近、サウナ好きな女の子「サ女子」が多くなってきたようにサウナは人気です。塩湯でも入浴料にプラス料金を支払えば利用可能で、お風呂と同様レトロな雰囲気の中で、サウナでゆっくり汗を流せます。女子旅のプランに入れてみてもいいでしょう。

名称 塩湯
住所 東京都新宿区三栄町1-1
営業時間 15:00~23:00
サイト

http://1010yuge-g.jp/map.html

3. すし匠 (すししょう)

「すし匠」は東京の江戸前寿司の名店といわれています。そのため予約をとるのは困難ですが、寿司好きなら一度は訪れてみたいお店です。1989年に創業されたすし匠は修業した職人たちがのれん分けをし、どの店舗も人気店として知られています。

現在は勝俣啓太氏が店を任されています。丁寧に仕込みされた寿司の味はもちろん、先代の「お客さまの満足のため」という想いを受け継いだ職人たちのチームワークが光るお店です。大切な日を、大切な人とおいしい江戸前寿司を楽しむならここがおすすめ。

名称 すし匠 (すししょう)
住所 東京都新宿区四谷1-11 陽臨堂ビル1F
営業時間 月水金11:30~13:30 18:00~22:30
火木土 18:00~22:30
サイト

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130902/13000852/

4. Choci Tokyo(チョキトーキョー)

「Choci Tokyo」はフランス人のチョコレート職人が作るチョコボール専門店です。季節やイベントごとにフレーバーを変えたチョコボールが発売されます。フレーバーはチョコレート職人がフランス産のチョコレートとそれに合う日本の食材を合わせたものをオリジナルで開発しています。

Choci Tokyoでは基本的に量り売りのスタイルです。好きなフレーバーを自分好みにミックスして購入できます。三層構造のチョコボールに使われている材料は、保存料と着色料を使わないナッツやリンゴなどです。子供と一緒に安心して食べられるチョコボールを堪能してみてはいかがでしょうか。

名称 Choci Tokyo(チョキトーキョー)
住所 東京都新宿区四谷3-4-8 SCビル1階F
営業時間 11:30~19:30
サイト

https://www.chocitokyo.jp/home-ja.html

5. しんみち通り

「しんみち通り」は新宿通りと並行する大きな看板が目印の飲食街です。細い通りには両側にところせましと飲食店や居酒屋が並びます。アジア料理や南米料理もあり、バラエティー豊かな店構えにサラリーマン、観光客、外国人で賑わいます。

しんみち通りは何度訪れても飽きないほどたくさんの飲食店があります。居酒屋ひとつとっても、定番の焼き鳥に生ビールはもちろん、秋田料理や新鮮な魚介を食べられるお店、おいしい地酒を楽しめるお店もあります。いつもと違った料理を味わってみてはいかがですか?

名称 しんみち通り
住所 東京都新宿区四谷
営業時間
サイト

www.kanko-shinjuku.jp/spot/c001-vi-20/article_446.html

四谷でおすすめの穴場スポット5選

1. 紫雲山来迎寺

「紫雲山来迎寺」は1631年に創建されたといわれています。このお寺は山の手三十三観音霊場18番の寺に指定されています。山の手三十三観音霊場とは、江戸山の手地区にあった観音菩薩をお参りしていく札所です。

ここには高さ120㎝の庚申塔(こうしんとう)があります。庚申塔は中国から伝えられた道教に由来して建てられた石でできた塔です。また、来迎寺の庚申塔には古地名が刻まれていて、歴史的にもとても価値のある史料です。お参りの際には、彫刻を実際に見てみてくださいね。

名称 紫雲山来迎寺
住所 東京都新宿区喜久井町46
サイト

https://tesshow.jp/shinjuku/temple_kikuicho_raigo.html

2. 支那そば屋 こうや (シナソバヤコウヤ)

「支那そば屋 こうや 」は創業から30年以上愛され続けてきた老舗です。店内はカウンターとテーブル席が広々としています。ラーメン好きはもちろん、芸能人にもファンが多いことで有名。17時以降には1品料理も選べるのでランチにもディナーにもおすすめです。

支那そば屋 こうや で人気のメニューは雲吞麺です。プルプルとした雲吞はちょうど良い形の具材がしっかり詰まっています。値段も1000円でしっかりしたボリュームが人気の秘密。人気のラーメン店をぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 支那そば屋 こうや (シナソバヤコウヤ)
住所 東京都新宿区四谷1-23 上野KGビル 1F
営業時間 11:30~22:30
サイト

ps://tabelog.com/tokyo/A1309/A130902/13000840/

3. ホテルニューオータニ 日本庭園

「ホテルニューオータニ 日本庭園」はなんと400年以上の歴史があるといわれています。もともとはこの場所には加藤清正の下屋敷があったとされ、現在まで形を変えながら江戸時代の雰囲気を伝えてきました。丁寧な手入れがされた庭園は見ているだけで心が落ち着く空間です。

ホテルニューオータニ 日本庭園はホテルの50周年を記念してライトアップが始まりました。照明デザイナーとして数多くの賞を受賞した石井幹子氏がプロデュースした日本庭園の夜の顔は昼間とは違った雰囲気を味わえますよ。歴史的にも貴重な日本庭園は、一度は見ておきたい光景ですね。

名称 ホテルニューオータニ 日本庭園
住所 東京都千代田区紀尾井町4‐1
サイト

https://www.newotani.co.jp/tokyo/garden/

4. The Artcomplex Center of Tokyo(アートコンプレックス・センター)

「The Artcomplex Center of Tokyo」は2007年にオープンした様々なアートが複合した施設です。アートに携わる人にとって新しい発信の場所になることを目指しています。そのためアーティストの活動のサポートを積極的に行っています。

The Artcomplex Center of Tokyoのギャラリースペースは全部で6つあり、色々なアートの展示が企画されています。アーティストの持ち込み企画もあり、いつ訪れても違った展示を見ることができます。足を運んでお気に入りのアーティストを見つけてみるのはいかがでしょうか。

名称 The Artcomplex Center of Tokyo (アートコンプレックス・センター)
住所 東京都新宿区大京町12-9
営業時間 11:00~20:00
サイト

http://www.gallerycomplex.com/

5. 専称山西念寺

「専称山西念寺」は徳川家康の家臣で槍の名人、忍びの達人と呼ばれた服部半蔵によって開山されました。信長が天下だった時代、徳川信康の死と時代に無常を感じ、信康の冥福を祈るために仏の道に入門しました。服部半蔵は寺院の設立を命じられたものの、55歳で亡くなってしまい設立はかないませんでした。

広い境内には徳川家康の息子である、信康の供養塔があります。そして服部半蔵の槍もお寺の中に納められています。戦国武将にまつわるお寺は、戦国マニアにも人気のスポット。ぜひ一度歴史を復習して訪れてみてはいかがでしょうか。きっとより一層見ごたえが増すことでしょう。

名称 専称山西念寺
住所 東京都 新宿区若葉2-9
サイト

https://tesshow.jp/shinjuku/temple_wakaba_sainen.html

歴史を感じながらおいしいものを堪能しよう!

四ツ谷の魅力は伝わったでしょうか。四ツ谷には歴史の教科書や本などで見たことのある人物にゆかりがあるスポットがたくさんあります。もう一度歴史やストーリーを復習してから巡ってみると、感じ方もきっと変わりますよ。また、おしゃれなスイーツからおいしいお酒を呑めるお店もたくさんあります。女子同士、仕事仲間とおいしい四ツ谷のグルメを楽しんでみてください。きっと何度訪れても飽きない魅力的なスポットに出会えますよ。

関連記事

九段下を観光するならここに決まり!定番から穴場のおすすめスポット20選
御茶ノ水にきたらぜひ行って欲しい!おすすめの観光スポット20選

特集

2019/06/07朝の時間を旅する -明け方の浅草寺-

2019/02/22泊まる、ふたりだけの世界【伊東】 ー宿泊体験記vol.2ー ふたり木もれ陽

人気記事