最終更新日時 2019/06/20

南房総は千葉県にあり、国内でも人気の観光スポットとして知られています。今回は定番のスポットから穴場のスポットまで20選ご紹介していきます。外国人も多く訪れていますし、女子旅や一人旅でもおすすめの場所です。美味しくて安いお店やとっておきの名所もご紹介しますね!

南房総でおすすめの定番スポット10選

1. 鋸山

画像素材|PIXTA

「鋸山」には大きな大仏があるほか、「地獄のぞき」などさまざまな観光スポットがあります。ロープウェイだけではなく、徒歩や車などでも登ることができます。展望台もあるため、美しい景色が楽しめると評判のスポット。

画像素材|PIXTA

崖から見下ろす景色は圧巻。見渡す限りの絶景が一面に広がっていますし、東京湾も望むことができるので南房総ならではの景色を楽しむことができます。週末にリフレッシュしたい方はぜひ足を運んでいただきたい場所です。

名称 鋸山
住所 千葉県富津市金谷4052-1
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.mt-nokogiri.co.jp/pc/p010000.php

2. 大山千枚田

画像素材|PIXTA

「大山千枚田」は四季折々の景色を楽しむことができるスポット。規模はそこまで大きくありませんが、時間によって様々な美しい景色へと変わります。秋にはキャンドルライトでライトアップされるので、ロマンチックな雰囲気にな流こと間違いなし!

画像素材|PIXTA

朝には爽やかな空気が、夜には厳かで神秘的な雰囲気が広がっています。草木の緑色と、花の赤模様は素晴らしいコントラストで見る者を魅了します。都心部から離れているので、都会の喧噪を忘れてゆったりと時間を過ごすことができます。

名称 大山千枚田
住所 千葉県鴨川市平塚540
営業時間 9:00~16:00
サイト http://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/7456

3. 野島埼

画像素材|PIXTA

「野島埼」は千葉の最南端にある海。周辺には遊歩道が整備されており、歩いてみて回ることができます。散策しながら太平洋や景色を楽しむことができると人気のスポット。

近くにある灯台に登ると、周囲の景色を一望することができるので、ぜひとも登っていただきたいです場所。景色の美しさには言葉を失い、思わずシャッターを切ってしまうでしょう。夕日の時間帯に訪れるとまた違ったロマンチックな景色が広がっているので、デートなどにもオススメですよ。

名称 野島埼
住所

千葉県南房総市白浜町白浜630

サイト https://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/8656

4. 養老渓谷

画像素材|PIXTA

「養老渓谷」はあたり一面を緑の自然で囲まれている渓谷。秋には紅葉スポットとしてもよく知られており、多くの観光客が訪れています。遊歩道が整備されているので歩いて散策することも可能。ハイキングコースも用意されているので小さなお子さんも安全に楽しめます。

画像素材|PIXTA

特に秋に行っていただきたいスポット。渓谷から眺めることのできるもみじはとても美しく、思わずうっとりしてしまいます。ここならではの自然を存分に堪能することができるので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

名称 養老渓谷
住所 千葉県市原市朝生原181 
サイト http://youroukeikoku.com/

5. 沖ノ島

画像素材|PIXTA

「沖ノ島」は館山湾に位置している小さな島。島ですが陸でつながっているので、船でなくても行くことができます。海水浴の時期は多くの観光客が訪れる人気の観光スポット。他にも、シュノーケリングや素潜りなども楽しめますよ。

画像素材|PIXTA

きれいな海でさまざまな体験をすることができます。海水浴はもちろん、手軽にシュノーケリングなど海の遊びを堪能することができるのでお子様から大人まで楽しめます。海が好きな方、シースポーツが好きな方にはたまらない場所と言えますね。

名称 沖ノ島
住所 千葉県館山市富士見地先
サイト http://tateyamacity.com/archives/215

6. いすみ鉄道

画像素材|PIXTA

大原駅から上総中野駅までつながっているのが「いすみ鉄道」。車窓の中から自然あふれる景色を楽しむことができますし、どこか懐かしい雰囲気を感じられるのが特徴的です。車窓から見える景色が季節ごとに変わるのも魅力の一つ。

画像素材|PIXTA

鉄道の車窓から見える景色に思わず写真を撮ってしまうことでしょう。黄色の草木を走る黄色の列車、緑色の草木を走る赤い列車など、写真映えするシーンがたくさんあるので、鉄道ファンはもちろんカメラマンにも人気のスポットです。

名称 いすみ鉄道
住所 千葉県夷隅郡大多喜町大多喜264
営業時間 5:20~21:36
サイト https://www.isumirail.co.jp/

7. 小湊鐵道

画像素材|PIXTA

内房線から上総中野駅までつながっているのが「小湊鐵道」です。自然あふれる景色だけではなく、住宅地などローカル的な雰囲気を楽しむことができるのが特徴的。列車自体も昭和のような雰囲気なので昔懐かしく思わせてくれます。

画像素材|PIXTA

レトロな列車の車窓から景色を一望することができます。春には桜、秋には紅葉と季節ごとに様々な景色を見せてくれます。疲れた心も癒してくれるので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?一人旅にもおすすめです。

名称 小湊鐵道
住所 千葉県市原市五井中央東1-1-2
営業時間 5:32~23:25
サイト https://www.kominato.co.jp/

8. 鴨川シーワールド

画像素材|PIXTA

「鴨川シーワールド」は太平洋側にあり、さまざまな海の生き物を見ることができます。シャチやアシカ、イルカのショーは圧巻で、そのショーを目当てに多くの観光客が訪れています。デートスポットとしてもとても人気です。

画像素材|PIXTA

鴨川シーワールドに行ったら絶対に見ていただきたいのがショーです。太平洋の海をバックにアシカやイルカがジャンプする姿は圧巻で、夕日がバックに見えれば思わず涙が出てしまうことでしょう。お子さんと一緒に行ってみてはいかがですか?

名称

鴨川シーワールド

住所 千葉県鴨川市東町1464-18
営業時間 9:00~16:00
サイト http://www.kamogawa-seaworld.jp/

9. 房総フラワーライン

画像素材|PIXTA

館山から房総半島に向けて走っている道路が「房総フラワーライン」です。道路沿いにはファミリーパークなどもあるのでいろいろなスポットに立ち寄ることができます。景色を楽しみ、周辺スポットに立ち寄りながらドライブできるのが特徴。

画像素材|PIXTA

道路だけでは景色を楽しめないと思いがちですが、柵の向こうには季節ごとに花が咲いており、その向こうには海が広がっています。ドライブしながらロマンチックな景色を楽しめるので、カップルでデートの時などに訪れてみてもいいかもしれませんね。

名称 房総フラワーライン
住所 千葉県館山市
サイト http://tateyamacity.com/archives/292

10. マザー牧場

画像素材|PIXTA

鹿野山の山頂にあるのが「マザー牧場」です。250ヘクタールもあり、とても広々とした牧場。牛だけではなく、うさぎ、羊、カピバラなど様々な動物の触れ合えるのが魅力。楽しい遊園地も併設されているんので、大人も子供も楽しめます。

画像素材|PIXTA

動物と触れ合えるだけではなく、小さな遊園地も併設されているのでお子様連れには特におすすめ。その他、牛の乳しぼり体験があるので、お子さんと一緒にぜひ体験していただきたいです。普段味わえない貴重な思い出となることでしょう。

名称 マザー牧場
住所 千葉県富津市田倉940−3
営業時間 9:30~16:30
サイト http://www.motherfarm.co.jp/

館山駅周辺でおすすめのスポット5選

1. 砂山

画像素材|PIXTA

「砂山」は全長200mもの長さを誇り、頂上からソリに乗って一気に駆け抜けていくアスレチックスポット。高低差も20mほどあるので、景色を楽しめるのも特徴。リフトがないので自分で上まで登らないといけませんが、散歩気分で楽しめます。

画像素材|PIXTA

なんといっても高低差20mから滑り落ちるときの疾走感はたまりません!最初は怖いようにも思えますが、一度滑れば虜になってしまいます。風を浴びながらお子さんと一緒にも楽しめるので、ぜひ足を運んでみてください。

名称 砂山
住所 千葉県館山市坂井
サイト http://bosotown.com/archives/15772

2. 城山公園

画像素材|PIXTA

立派なお城も建っていて、つつじの名所としても有名なのが「城山公園」です。緑もいっぱいで、公園を登っていくと南房総の自然と町並みが見えてきます。お城の中には資料館も入っているので、地域の歴史に触れられます。

画像素材|PIXTA

城山公園に行ったらぜひ展望台に登ってみてください。展望台の上からは、春は桜、秋はもみじと季節によってさまざまな景色を眺めることができます。南房総の景色を一望することができるので、南房総を訪れた際にはぜひ訪れてみてください!

名称 城山公園
住所 千葉県館山市館山362
営業時間
サイト https://www.city.tateyama.chiba.jp/kankou-bunka/cate000206.html

3. みなとオアシス「渚の駅」たてやま

画像素材|PIXTA

「渚の駅」は基本的には観光案内所なのですが、魚と触れ合える広場や、館山の町並みを一望できる展望台、地元の名産品が購入できる売店などさまざまな場所が用意されています。もちろん食堂もありますので、休憩地点にもぴったりです。

道の駅とは思えないほど施設が充実。お子さんも一緒に楽しめるように工夫されています。魚と触れ合ったり、博物館を巡ったり、地元の名産品を使った料理を食べたりして、南房総を身近に感じてみてください。

名称 みなとオアシス「渚の駅」たてやま
住所 千葉県館山市館山
営業時間 9:00~16:45
サイト https://www.city.tateyama.chiba.jp/minato/page100034.html

4. 館山海軍航空隊赤山地下壕跡

画像素材|PIXTA

戦争遺跡として現在でも残っている館山を代表する建物「館山海軍航空隊赤山地下壕跡」。全国的に見てもその規模は大きく、圧巻の雰囲気を醸し出しています。展示されている資料などは少ないですが、その外観や内観だけでも存在感を大きく発揮しているのが特徴です。

画像素材|PIXTA

中はとても静かなので、ゆっくりと鑑賞することができます。どのように人々がここで過ごしていたのか説明する案内板もあるので、当時の情景に馳せながら観察してみてください。歴史が好きな方、戦争について深く知りたい方にはもおすすめです。

名称 館山海軍航空隊赤山地下壕跡
住所 千葉県館山市宮城192-1
営業時間 9:30~16:00
サイト https://www.city.tateyama.chiba.jp/syougaigaku/page001892.html

5. 館山市立博物館分館

「館山市立博物館分館」は「渚の駅」に併設されている博物館。地域の歴史に触れた展示品や資料などがたくさん展示されています。料金は大人400円、子供200円なので気軽に立ち寄ることができます。人々がどのように暮らしていたかを見ることができる模型も展示されていますよ。

規模はそこまで大きくはないのですが、歴史に触れたり、昔の人々の暮らしをわかりやすく知ることができます。 文字だけではなく、模型などもあるのでお子様にもわかりやすい博物館と言えますね。

名称 館山市立博物館分館
住所 千葉県館山市館山1564-1
営業時間 9:00~16:45
サイト https://www.city.tateyama.chiba.jp/hakubutukan/page100065.html

南房総でおすすめの穴場スポット5選

1. かつうら海中公園

画像素材|PIXTA

「かつうら海中公園」は勝浦市の鵜原にある穴場スポットです。海中展望塔が設置されているのですが、その端を渡ると海の景色が一望でき、展望塔を下れば海中の魚たちの姿を見ることができます。

画像素材|PIXTA

かつうら海中公園に行ったら、ぜひ展望塔を下りてみてください。どのような種類の魚たちが泳いでいるのか、どのように食事を食べているのかを間近で見ることができます。普段見ることのできない魚たちを見ると、良い思い出になりますね。

名称 かつうら海中公園
住所 千葉県勝浦市吉尾174
営業時間 9:00~17:00
サイト http://katsuura.org/

2. 音楽と珈琲の店 岬

「音楽と珈琲の店 岬」はまるで海の家のような外観が特徴的なカフェ。目の前には海が広がっており、コーヒーやケーキを楽しみながら景色を見ることができます。時間とともに姿が変わっていくのも魅力的。ゆったりと過ごせる雰囲気の穴場カフェ。

目の前の東京湾を眺めながらコーヒーを飲んでほっと一息をつくことができるので、時間を忘れてゆったりと過ごすことができます。非日常感を味わいたい、癒されたいという方にもおすすめなのでぜひ足を運んでみてください。

名称 音楽と珈琲の店 岬
住所 千葉県安房郡鋸南町元名1
営業時間 10:00~日没
サイト https://retty.me/area/PRE12/ARE468/SUB4604/100000344715/

3. ホタルカフェ

「ホタルカフェ」はいすみ市の山の中に位置している落ち着いた雰囲気が特徴のカフェ。その名の通り、山の中にはホタルが生息しているので、テベストシーズンには、テラス席からホタルを眺めることができます。メニューにもこだわっており、本格的なランチが楽しめます。

この投稿をInstagramで見る

@hsgwaaoがシェアした投稿

少なくなっていますが、このカフェでは高確率でホタル観賞ができます。暗くなるとお尻が光って幻想的な雰囲気。都会では見ることのできない、神秘的なホタルを鑑賞してみてはいかがでしょうか?

名称 ホタルカフェ
住所 千葉県いすみ市山田4484-1
営業時間 11:00~17:00
サイト http://www.hotarucafe.com/

4. 道の駅→道の駅とみうら 枇杷倶楽部

画像素材|PIXTA

冨浦町に「道の駅→道の駅とみうら 枇杷倶楽部」という道の駅があります。休憩スペースだけではなく、散策コースも用意されているのが特徴で、運転疲れの気分転換にもなります。売店では房総ならではの特産品が種類豊富に販売されています。

画像素材|PIXTA

道の駅に立ち寄ったら、富浦名産のびわを使ったソフトクリームを食べてみてください。びわの甘みが生かされつつもさっぱりとした味わいになっているので、甘いのが苦手な人でも食べやすいです。ぜひ近くを通った際は、食べてみてください。

名称 道の駅→道の駅とみうら 枇杷倶楽部
住所 千葉県南房総市富浦町青木123-1
営業時間 10:00~18:00
サイト http://www.biwakurabu.jp/

5. 枇杷狩り

画像素材|PIXTA

「房州びわ」は毎年皇室にも届けられているほど絶品の富浦町名物。そんなびわの狩り体験ができるのも房総ならではといえるでしょう。毎年5月〜6月の初夏の時期に「びわ狩り」ができるので、この1か月の間は多くの方で賑わいます。

画像素材|PIXTA

ぜひ、びわ狩りを体験してみてください。狩ったばかりの新鮮なびわは甘みが強く、舌触りもよい食感。もぎたての新鮮な味を楽しめるのは、富浦町の名産品だからこそですね。新鮮なびわをジャム作りに使っても良いですね!

名称 枇杷狩り
住所 千葉県南房総市富浦町青木123-1
営業時間 施設によって異なる
サイト https://mboso-etoko.jp/top/biwa/

南房総には魅力がたくさん!自然を存分に楽しもう!

今回は南房総でおすすめの観光スポットをご紹介していきましたが、いかがでしたか?南房総は自然にあふれていて、体だけではなく心もリフレッシュさせることができます。いつもとは違った貴重な体験をすることもできるので、お子さんと一緒に行っても家族全員で楽しむことができますよ。家族の思い出づくりにもおすすめですので、計画を立ててみてください。定番から穴場まで様々な観光スポットをご紹介したので、ぜひ自分のお気に入りの場所を見つけてみてください。南房総の魅力を新たに再発見してみてくださいね!

【関連記事はこちら】

▷館山のおすすめ観光スポット10選!花畑の広がる素敵な街
自然もグルメも、名所から穴場までばっちり!釧路の観光スポット20選

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事