最終更新日時 2019/07/10

ラーメン好きたちの間で不動の人気となった油そば。油そばとは、ゴマ油やラー油、タレをからめて食べるスープのないラーメンのことです。
東京は油そばの発祥の地とも言われており、油そばの激戦区でもあります。数ある店舗のなかでも、とくにおすすめの油そばの名店をご紹介します。

東京でおすすめの定番の油そば

1. 珍珍亭(ちんちんてい)

「珍珍亭」がオープンしたのは1957年。お店の外観も、かなり味があります。珍珍亭は油そば発祥の店とも言われています。現在も行列の絶えない、人気のお店です。このお店の油そばは、実にシンプル。トッピングは少なめですが、一度食べたらやみつきになる飽きのこない味で、世代を問わず愛されています。

トッピングなしでシンプルに味わうのもおすすめですが、お好みでネギや生卵、味付けゆで卵などを追加するのもgood!店員さんのあたたかい接客と落ち着く店内の雰囲気。油そばのおいしさだけでなく、居心地のよさも申し分なく、また訪れたくなるお店です。

名称 珍珍亭(ちんちんてい)
住所 東京都武蔵野市境5-17-21
営業時間 11:00~16:00※麺がなくなり次第閉店
定休日 日曜・祝日
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132003/13005922/

2. 宝華(ほうか)

「宝華」はオープンから30年以上たつ、老舗の中華料理店です。開店当初、オーナーが「他のお店では食べられない味を」と、5年の歳月をかけて開発したのが「宝そば」。今では宝そばが宝華の看板メニューとなり、「油そばといえば宝華の宝そば」というほど有名に。連日宝そば目当てのお客さんで、行列ができています。

見た目はシンプルですが、どんぶりの底にしずむ鶏ガラベースのタレは感動の味。一口食べた瞬間に、宝そばのファンになってしまうほど。油そばなのにあっさりしているので、女性の方にもおすすめです。たっぷりのせられたトッピングのかいわれ大根とネギがまた絶妙の食感で、リピーター続出の油そばです。

名称 宝華(ほうか)
住所 東京都小金井市東町4-46-12
営業時間 11:30~15:00
17:30~21:00 
土・日曜、祝日11:30~21:00 
定休日 月曜
サイト http://www.k-houka.com/user_data/access.php

3. 燦燦斗(さんさんと)

ラーメン店がひしめく東十条駅周辺でも、群を抜いているのが「燦燦斗」です。ラーメンがおいしいと評判のお店ですが、それに勝るぐらい人気なのが油そば。グルメな方の舌をもうならせる自家製麺と、上品なのに後を引くタレのおいしさは、試してみる価値があります。

トッピングはいたってシンプル。特徴的なのは、淡いピンク色をしたレアチャーシューです。柔らかい食感と、ふんわりした肉の旨味は絶品です。そして燦燦斗のいちばんの売りは、ツヤツヤもちもちの自家製麺です。タレに絡みやすくのどごしがいいので、あっという間に完食してしまうはず。東十条近くに行ったら、ぜひ燦燦斗に立ち寄ってみてくださいね。

名称 燦燦斗(さんさんと)
住所 東京都北区中十条3-16-15
営業時間 18:00~20:30
定休日 月曜・木曜
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132304/13038064/

4. 油SOBA専門店 図星

早稲田大学のすぐ近くにある「油SOBA専門店 図星」は、つねに学生達でにぎわう人気店。油そばの専門店だけあり、油そば好きな方達がわざわざ足を運ぶお店です。とくにこだわっているのが、しっかりと魚介系のダシがきいたさっぱり系のタレ。油で食べるというよりは、ダシの旨味だけで十分満足できます。

少し太めの麺はダシによく絡みます。あっさりなのに決してもの足りなさを感じさせない、バランスのとれた油そばです。メンマの代わりに麺にのせられた、ミニタケノコの味もまた絶品。チャーシューはやわらかで、肉の旨味がギュッと凝縮されています。「油そばのなかでこの味が一番好き」という熱烈なファンも多いですよ。

名称 油SOBA専門店 図星
住所 東京都新宿区戸塚町1-101-2アルファ早稲田ビル1F
営業時間 11:00~16:00
17:00~23:30
不定休
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13160056/

5. あぶらー亭 本店

桜上水駅の近くにある「あぶらー亭」は、いつも若者でにぎわう人気のラーメン店。決して小ぎれいではありませんが、雰囲気のある外観に期待値が上がります。あぶらー亭の目玉はもちろん油そば。それと並んで、チャーハンの味も評価が高いです。

あぶらー亭の油そば「あぶらーめん」のおいしさの秘訣は、旨味たっぷりの自家製ラードです。ラードと聞くとこってりで重たい印象ですが、麺に対する油の割合が少なめなので、意外とさっぱりしています。麺が多くて躊躇するかもしれませんが、にんにくのきいたタレが格別で、あっという間に完食してしまいますよ。

名称 あぶらー亭 本店
住所 東京都杉並区下高井戸1-22-9
営業時間 11:00~翌4:00(L.O.3:10)※売り切れ次第閉店あり
サイト https://aburatei.com/

6. ぶぶか 吉祥寺北口店

「ぶぶか」は吉祥寺で20年以上もお店を構える、老舗のラーメン店。油そば好きの方なら、誰でも知っている超有名店です。ラーメンもメニューにありますが、ほとんどのお客さんのお目当ては油そば。こってり系の「黒丸 油そば」が元祖の味で、黒丸よりもあっさりなのが「白丸 油そば」。白丸は、油が少なめでタレが多めです。

壁には、イラスト付きで油そばの食べ方の説明書きも貼ってあるので、はじめての方も安心。テーブルにはにんにくやお酢、豆板醤などの調味料が置かれており、自分好みの味にカスタマイズできます。
味付けゆで卵をのせた味玉油そばや、白髪ネギたっぷりのネギ油そばも人気があります。しょうゆとゴマ油のきいたタレは絶品で、何度も食べたくなる味です。

名称 ぶぶか 吉祥寺北口店
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-7-1
営業時間 11:30~0:00
サイト http://www.bubuka.top/

7. 破顔

桜台駅から歩いて1分ほどの場所にある「破顔」。ラーメン店ですが、名物は油そば「汁なし」です。破顔の油そばを目当てにやってくるお客さんがほとんどのようです。いつも混んでいる人気店ですが、店内はカウンターのみの小さいお店。しかし回転率が高いので、そこまで待たされることはありません。

もちもちの太麺によく絡む、甘口のしょうゆダレ。さらに大きめの炙りチャーシューも絶品です。メンマとたっぷりのった白髪ネギ、そして味付けゆで卵がほどよいバランスで、完璧な味。ベーシックな油そばですが、にんにくと豚骨、魚介の旨味がきいたコクのあるタレは、クセになるおいしさです。

名称 破顔
住所 東京都練馬区桜台1-5-12
営業時間 月~土曜11:30~14:00
18:00~22:30
日曜11:00~16:00
17:00~20:00
サイト http://ramenhagan.com/

8. まぜそば七

渋谷駅南口から約200メートル歩いたところにある「まぜそば七」は、カウンターのみの小さなお店です。ベーシックスタイルの油そばですが、油そばを愛する人たちの間では「渋谷で一番おいしい」と言われるほどの人気店です。

基本のトッピングは、チャーシューとメンマ、ネギ、オニオンチップ。もちもちの太麺に、魚粉のきいたしょうゆベースのタレがまたよく合います。テーブルに置いてある、定番の刻みにんにく・ラー油・コショウ・お酢を自由にトッピングして、自分好みの味にアレンジできます。安定のおいしさなので、おすすめですよ。

名称 まぜそば七
住所 東京都渋谷区桜丘町16-10
営業時間 月~金11:30~23:15(L.O.)
土・日曜、祝日11:30~22:00(L.O.)
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13169375/

9. 麺処マゼル

秋葉原でおすすめの油そばのお店は、秋葉原駅から徒歩1分の所にある「麺処マゼル」です。二郎系ラーメンの油そばバージョンといったスタイルで、もやしがたっぷりのった油そば。2011年オープンのわりと新しいお店ですが、行列の絶えない人気店です。

平打ちで太めの麺はもちもちで、たまらない食感です。無料で増やせるのが「野菜、にんにく、アブラ、チーズ、カラメ(味の濃さ)」。とくにおすすめなのがチーズです。とろけるチーズが麺に絡んで、最高の味わいです。二郎系ラーメンが好きな方は、大満足の一品ですよ!

名称 麺処マゼル
住所 東京都千代田区神田佐久間町1-14第2東ビル1F
営業時間 11:30~15:00
17:30~21:00
定休日 日曜・祝日
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13122931/

10. 油そば専門店ぶらぶら

さっぱり系の油そばを求める方におすすめなのが、赤坂にある「油そば専門店ぶらぶら」。シンプルで飽きのこない味に、リピートする方も多いですよ。ぶらぶらの大きな特徴は、大盛・特盛でも値段が同じという点です。男性にとってはうれしいサービスです。

もちもちふっくらな食感の麺は、のどごしがよくどんどん箸が進みます。テーブルに置かれたにんにくをトッピングすると、さらにgood!鶏ガラベースのスープ割りも無料なので、試してみてください。オーソドックスな油そばが好みの方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

名称 油そば専門店ぶらぶら
住所 東京都港区赤坂5-1-1赤坂肥後のれんビル1F
営業時間 月~金11:00~翌2:00(L.O.翌1:50)
土・日曜、祝日11:00~23:00(L.O.22:50)
サイト https://www.bura-2.com/

東京でおすすめのがっつり系油そば

1. 東京麺珍亭本舗 鶴巻町店

早稲田駅近くにある「東京麺珍亭本舗」は、1997年に開店したカウンターのみの小さなお店。油そばの専門店で、いつでも満席状態です。店内の雰囲気は和やかで落ち着く雰囲気。深夜まで営業しているので、夜食にもおすすめ。

食べる前に酢とラー油を回しかけるのが、おいしく食べるポイントです。運がよければ、チャーシューの切れ端を無料でトッピングできます。麺はツルツルもちもちでペロリと完食してしまいます。大盛で注文する方が多いようですよ。一度食べたらクセになる油そばです。

名称 東京麺珍亭本舗 鶴巻町店
住所 東京都新宿区早稲田鶴巻町565
営業時間 11:00~翌3:00
日曜・祝日11:00~24:00
サイト http://www.hit-men.co.jp/Page/USP0004

2. ローストビーフ油そば ビースト 歌舞伎町本店

歌舞伎町にある一風変わった油そばのお店が「ローストビーフ油そばビースト」。店名にもあるとおり、ローストビーフが贅沢にのせられた油そばです。ローストビーフそのものが、こだわり抜いた絶品の味。肉好きの方にはたまらない油そばです。

もちもちの特製麺としょうゆベースのタレが、ローストビーフと相性抜群。どんどん食べ進められます。締めに無料の追い飯を、どんぶりの底にたまったタレに混ぜてお楽しみください。最後まで楽しめる、大満足の一品です。

名称 ローストビーフ油そば ビースト 歌舞伎町本店
住所 東京都新宿区歌舞伎町2-37-2鈴木ビル1F
営業時間 11:00~翌8:00(L.O.翌7:30)
サイト http://www.beefst.com/index

3. 武蔵野アブラ学会 早稲田総本店

早稲田駅近くにある「武蔵野アブラ学会」は、こってり系の油そばが食べたい方におすすめです。店内は学生など若者でいっぱいですが、油そばマニアも通う油そばの名店です。深夜2時まで営業しているのもうれしいですね。

油そばのなかでも、ジャンク系を求める方に絶大な人気があります。見るからにこってりなビジュアルですが、期待を裏切らない満足感。スタミナが欲しいときには、にんにくと卵を加えればバッチリです。太めのもちもち麺と、魚介のダシを感じる濃いめのタレは、中毒性のあるおいしさです。

名称 武蔵野アブラ学会 早稲田総本店
住所 東京都新宿区西早稲田1-18-12
営業時間 10:30~翌2:00
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13116801/

4. 用心棒本号

こってり系油そばの代表と言っても過言ではないのが東京大学のすぐそばに店を構える「用心棒本号」のまぜそば。見た目のインパクトもさることながら、どっしりとパンチのきいた油そばです。実は野菜がたっぷりのっているので、意外と胃もたれしません。

夏限定でメニューに加わる冷やしまぜそばも大人気。よく冷えたコシのあるもちもち麺は、スルリとのどを通ります。トッピングされた分厚いカットの豚肉と揚げ玉が、さらに食欲を後押しします。ボリューム感がありますが、あっという間に完食です。一度は食べてみる価値ありですよ。

名称 用心棒本号
住所 東京都文京区向丘1-20-6ファミール本郷1F
営業時間 11:00~14:45(L.O.) 17:00~22:30(L.O.)
定休日 日曜
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131004/13116286/

5. 平太周 味庵(ひらたいしゅう あじあん)

「平大周 味庵」は、五反田駅西口から徒歩2分の所にあるラーメン店。ラーメンの味にも定評がありますが、同じぐらい人気なのが「爆盛油脂麺」という迫力あるネーミングの油そば。ビジュアルからして、かなりパンチがあります。

背脂好きにはたまらない、がっつり系の油そばです。豚骨しょうゆベースのタレは濃厚で、にんにくと合わせると絶妙。太めでコシのあるたっぷりめの麺が、胃袋を満たします。女性には少しきついかもしれませんが、味は保証します!

名称 平太周 味庵(ひらたいしゅう あじあん)
住所 東京都品川区大崎4-2-2トーカンマンション五反田1F
営業時間 月~土曜・祝日11:00~24:00
日曜11:00~22:00
サイト http://hirataishu.jp/

東京でおすすめのこだわりの油そば

1. 油そばの店 蜻蛉(とんぼ)

通好みに人気の油そばは、平和島駅から歩いてすぐの「油そばの店 蜻蛉(とんぼ)」です。2016年オープンのまだ新しいお店です。蜻蛉の油そばのタレには厳選した数種類のしょうゆが使われており、ごまかしのない味。さらに油にもこだわっており、体にいいとされる「リノール酸」「オレイン酸」を含むヘルシーな植物油を使用。女性も気兼ねなく楽しめる油そばです。

インパクトを求める方は物足りなさを感じるかもしれませんが、余韻の残るタレのおいしさに、リピートする方も多いですよ。あっさりがお好きな方は「淡麗油そば」、濃いめがお好きな方は「濃厚油そば」をお試しください。清潔感あふれる店内は、女性も落ち着いて食事ができます。デートの際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

名称 油そばの店 蜻蛉(とんぼ)
住所 東京都大田区大森北6-27-6
営業時間 月~金11:00~25:00
日曜・祝日11:00~23:00
サイト https://tombo-soba.com/news/

2. 油そば専門店 GACHI(ガチ)

自家製麺にこだわり抜いた「油そば専門店GACHI」は、ラーメンクリエイターの庄野智治氏が2013年にオープンさせた、話題のお店。曙橋駅から歩いてすぐの場所にあります。黒豚油そばが人気メニュー。打ちたて自家製麺のおいしさは、格別です。

油そばは、タレが命。GACHIのタレにはしょうゆ発祥の地といわれる和歌山県・湯浅の生じょうゆを使用。コクのあるタレは、うなるおいしさです。また油は身体にいいとされる「アマニ油・太白白胡麻油」が使われているので、ヘルシー志向の方でも気兼ねなく楽しめますよ。もちもち麺とコクのあるタレは、クセになります。

名称 油そば専門店 GACHI(ガチ)
住所 東京都新宿区住吉町7-10曙企画ビル1F
営業時間 11:00~22:00
定休日 日曜
サイト http://www.menya-shono.com/abura-gachi/

3. らぁめん小池

上北沢駅から徒歩4分の場所にある「らぁめん小池」は、もともとつけ麺のお店でしたが、2014年に現在のお店にリニューアル。らぁめん小池のラーメンはミシュランガイドに掲載されたこともあり、その味は保証済み。行列のできる人気店です。

ひそかに人気なのが、玉ねぎとセロリがのった油そば。細めの麺に、煮干しのきいた濃いめのしょうゆダレが、なんともいえぬおいしさ。品のあるシンプルな油そばは、控えめながら何度も味わいたくなる一品です。女性におすすめの油そばですよ!

名称 らぁめん小池
住所 東京都世田谷区上北沢4-19-18上北沢ハイネスコーポ1F
営業時間 月~金曜11:00~14:30
18:00~21:00
土・日曜、祝日11:00~15:00
18:00~21:00
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13172994/

4. まぜそば めん佳

スパイシーな油そばを求めるなら、駒込駅近くにある「まぜそば めん佳」がおすすめ。他店にはないオリジナルの油そばが味わえます。とくに人気なのが「スパイシー香りまぜそば」です。スパイスや生野菜、ナッツ、ゴマなどがトッピングされているので、カロリーを気にする健康志向の方でも楽しめる一品です。

誰もが感動するのが、とろけるやわらかさのしっとりチャーシュー。肉の旨味がスパイシーさをマイルドにしていて、完璧なバランスを生みます。たっぷりのスパイスが代謝を上げるので、女性にはぜひ食べていただきたい油そばです。麺好きカップルのデートの食事にピッタリですよ!

名称 まぜそば めん佳
住所 東京都豊島区駒込1-25-10高村荘1F
営業時間 月~土曜12:00~13:30(L.O.)
土・日曜、祝日12:00~14:00(L.O.)
不定休
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132301/13189722/

5. 麺屋こころ 高田馬場店

一部の油そばマニアから絶大な人気を誇るのが「麺やこころ」の台湾まぜそば。台湾まぜそばは名古屋で人気のまぜそばですが、東京でもじわじわと話題になっています。いつもお客さんでいっぱいの店内ですが、回転が早いので心配ご無用。ピリ辛スパイシーな台湾まぜそばは、女性客からのウケがいいです。

台湾まぜそばの特徴は、唐辛子とにんにくがきいたピリ辛のミンチと、生のニラ・ネギ・魚粉・卵黄のトッピングです。その味は、クセになるおいしさ!太めのツルツルもちもちの麺に、しょうゆベースの甘辛ダレがたまりません。最後に残ったタレに、無料の追い飯を混ぜてお楽しみください!

名称 麺屋こころ 高田馬場店
住所 東京都新宿区西早稲田2-21-7
営業時間 11:00~15:00(L.O.)
17:30~22:30(L.O.22:30)
定休日 日曜
サイト https://www.menya-cocoro.com/kodawari

東京にはおすすめの油そばの名店がたくさん!

東京は油そばの激戦区。今回ご紹介したお店の油そばは、どれも目移りするおいしさです。油そばはグルメな方や女性の方、年配の方にもおすすめできる、日本人の口にも合う料理です。油そばは、スープがない分ラーメンよりもヘルシーなので、健康に気を使う方でも楽しむことができます。まだ油そばを食べたことがない方は、ぜひ試してみてください。きっと、油そばのおいしさにハマってしまうはずですよ!

【関連記事はこちら】

▷東京で絶品の背脂ラーメンを食べよう!おすすめの背脂ラーメン20選!

特集

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

人気記事