最終更新日時 2019/07/10

下町情緒と日本文化が色濃く残る「谷根千」エリアには、数多くの神社・仏閣が立ち並んでいます。狭い範囲にいくつもあるので、御朱印ガールの女子会旅に最適です。雰囲気ある散策コースもあり、一人旅でも楽しめます。外国人観光客にも人気のレトロ可愛いカフェやギャラリーで、タイムスリップを楽しみましょう。

谷根千で御朱印巡りを!御朱印ガールに嬉しい神社仏閣10選

1. 根津神社

1900年の歴史がある「根津神社」は、本殿や拝殿などの社殿7棟が国の重要文化財に指定されています。1975年に東京十社のひとつとして定められました。日本武尊によって始められたと伝わっています。境内には2000坪の「つつじ苑」があります。春になると「文京つつじまつり」が開催され露店も出るので、地元の子供たちも楽しみにしています。

境内には「乙女稲荷神社」があり、そこに続く参道には千本鳥居が立ち並んでいます。インスタ映えスポットとして外国人旅行者にも人気です。根津神社は「根津権現」として親しまれており、数々の小説にも登場しています。社殿とつつじがデザインされた根津神社オリジナルのご朱印帳があり、女子会旅の目的のひとつとされています。

名称 根津神社
住所 東京都文京区根津1‐28‐9
営業時間 11月~1月 6:00~17:00、2月6:00~17:30、3月6:00~18:00、4月・5月・9月5:30~18:00、6月~8月5:00~18:00、10月5:30~17:30
サイト http://www.nedujinja.or.jp/

2. 駒込天祖神社

源頼朝公に夢のお告げがあり、1189年に祀られた「駒込天祖神社」。1945年2月25日の空襲で全て焼失してしまいましたが、地元の皆さんの熱意によって1954年に再築されました。緑豊かな木々に囲まれた静かな神社で、子供連れでもゆっくりと過ごすことができます。

江戸時代には「駒込神明宮」として信仰を集めていました。伊勢神宮の流れをくみ、天照大神が祀られています。社殿も伊勢神宮にならって神明造りの建築様式で、重厚感があります。社務所で御朱印を頂くことができます。

名称 駒込天祖神社社務所
住所 東京都文京区本駒込3‐40‐1
営業時間 9:00~16:30 
サイト http://www.komagometenso.com/

3. 長明寺

春になると大きなしだれ桜が美しい「長明寺」は、1609年に創建されました。桜のころには外国人観光客も花見に訪れます。インスタ映えスポットとして、女子会帰りに気軽に撮影をしにくる女性グループも多く、とても賑やかになります。また、かつては蛍の名所としても知られており、水戸光圀公が蛍を見に通っていたことでも有名です。

台東区の有形文化財に指定されている「銅鐘」は、口径75,1cm・高さ122.9cmの大きさです。鋳造した職人は椎名良寛といって、四代将軍徳川家綱の墓の鋳造を任されるほどの有名な実力者でした。長明寺はアクセスがとてもよく、駅から徒歩5分です。無料駐車場が整備されているので、車でお越しの方にも便利です。

名称 長明寺 谷中樹陵久遠
住所 東京都台東区谷中5‐10‐10
営業時間 9:00~17:00
サイト https://anchorage.co.jp/kuon/

4. 白山神社

「白山神社」には1000年以上の歴史があります。948年に加賀国の白山比咩神社の勧めで建立され、その後場所を2度変えて1655年に現在の場所に移設されました。現在の地名は、この神社の名前がもとになっています。徳川綱吉と桂昌院がこの寺を信仰していた事で有名です。歯痛止め信仰としても知られています。

白山神社の境内から白山公園にかけて、3000株のあじさいが植えられています。毎年「文京区あじさいまつり」が開催され、子供による「あじさい写生会」や「紫陽花コンサート」などでにぎわいます。歯ブラシ供養も行われています。

名称 白山神社社務所
住所 東京都文京区白山5‐31‐26
営業時間 10:00~16:00
サイト https://www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/kanko/spot/jisha/hakusan.html

5. 本行寺

坂の上に建つ「本行寺」は、その眺めの良さから「月見寺」とも呼ばれています。1526年に江戸城内に建立され、その後数か所転々とし、1709年に現在の場所に移されました。木造の大きな山門が特徴的です。英語の説明看板もあり、外国人観光客に喜ばれています。

本行寺には、小林一茶や種田山頭火など有名俳人の句碑があることでも有名です。山頭火の句碑は、東京では本行寺にしかない貴重なものです。専用の駐車場はありません。車で行く場合は近くに安いパーキングがあるので、それを利用しましょう。

名称 本行寺
住所 荒川区西日暮里3‐1‐3
サイト http://www.city.arakawa.tokyo.jp/kanko/jishajiin/nipporijinja/hongyoji.html

6. 円乗寺

「八百屋お七の墓」があることで有名な「円乗寺」は、1500年代後半に建立された天台宗の寺院です。好きな人に会いたい一心で家に放火するお七の話は、歌舞伎や文楽で演じられ、数多くの文学作品にも残されています。

境内には「お七地蔵堂」もあり、縁結びのご利益があるということでデートスポットにもなっています。お七の墓は3基あり、寺の住職が供養で建てたもの・歌舞伎役者が建てたもの・近所の人が270回法要で建てたものなどが並んでいます。防火のお守りも人気です。

名称 円乗寺
住所 文京区白山1‐34‐6
サイト http://yaoyao7.net/

7. 駒込富士神社

「駒込富士神社」は、江戸時代にあった「富士山信仰」の拠点のひとつです。富士山に見立てた富士塚の上に拝殿が作られており、地元の人達から「お富士さん」と呼ばれ親しまれています。富士山から運ばれた溶岩も置かれていて、外国人にも人気です。御朱印にも富士山があしらわれています。

縁起物として昔から言われている「一富士、二鷹、三茄子」は駒込富士神社で再現されていました。近くには鷹匠屋敷があり、ナスもこの地の名産品でした。毎年初夏に例大祭「山開き」があり、子供たちも楽しみに参加しています。山開きの時だけに販売される「麦落雁」はご当地グルメとしても有名です。

名称 駒込富士神社
住所 東京都文京区本駒込5‐7‐20
サイト https://www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/kanko/spot/jisha/fuji.html

8. 浄心寺

大きな布袋さん像が目印の「浄心寺」は1612年に創建した浄土宗のお寺です。当初は湯島恋坂にありましたが、「八百屋お七」の江戸大火で焼失し、現在の場所で再建されました。日本一の巨大な木魚があることでも有名です。桜の季節には見学に来る外国人の姿も見られます。

「子育て千体地蔵尊」へ子供の事でお参りにくる方も多く、御朱印には「子育桜観音」の文字が記されています。ご本尊は阿弥陀如来です。専用の駐車場は無いので、車で行く際には近くの安いパーキングを利用してください。

名称 浄真寺
住所 東京都文京区向丘2‐17‐4
サイト http://www.jyoshinji.jp/

9. 護国山尊重院 天王寺

幸田露伴の小説「五重の塔」は、「天王寺」の五重塔がモデルとされています。1957年に放火により焼失し、跡地は東京都の史跡「五重塔跡」になっています。天王寺には英文の説明板も設置されており、外国人観光客に喜ばれています。

山門はコンクリート打ちっぱなしで、とてもモダンな雰囲気です。中に入ると釈迦如来像が目に入ります。この大仏は、江戸のシンボル的存在として大切にされてきました。緑豊かな都会のオアシス的な場所で、子供たちの遊び場にもなっています。

名称 護国山尊重院 天王寺
住所 東京都台東区谷中7-14-8
営業時間 8:00~16:00
サイト http://www.tendaitokyo.jp/jiinmei/tennoji/

10. 慈雲山 瑞輪寺

「瑞輪寺」は、安産や厄除けのご利益があることで有名です。日蓮上人が難産の女性の為に飯匙(しゃもじ)に祈祷したことから「安産飯匙祖師」として信仰され、江戸十大祖師のひとつに数えられています。安産と子供の健康を願うため、多くの人が訪れています。

瑞輪寺は、徳川家康公によって1591年に創建されました。家康公は子供の頃、日新上人から学問を学んだとされています。天下統一を果たした後、師匠である日新上人との約束を守り、寺院を建設しました。境内にある鐘楼堂は、3代将軍徳川家光公より寄進されたものです。

名称 慈雲山 瑞輪寺
住所 東京都台東区谷中4‐2‐5
サイト https://jiunzan.zuirinji.nichiren-shu.jp/

レトロかわいいお店でタイムスリップ!谷根千カフェ5選

1. カヤバ珈琲

1938年に開店した「カヤバ珈琲」は、一度は閉店したものの2009年に再開しました。谷中を代表する喫茶店です。とてもレトロな外観と内装は、昭和にタイムスリップしたよう。谷中で作られた食材を選ぶなど、材料にこだわりがあり、子供連れでも安心して立ち寄ることができます。

1階はテーブル席、2階は畳敷きの座敷空間です。おばあちゃんの家に来たような懐かしさを覚えます。2階は日本らしさを強く感じるので、外国人にも喜ばれるはず。メニューはコーヒーと、ふわとろの卵サンドがおすすめです。

名称 カヤバ珈琲
住所 東京都台東区谷中6‐1‐29
営業時間 月~木・日8:00~18:00 
金・土8:00~21:00
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13019585/

2. 爬虫類研究所8分室

谷中のヘビ道にある「爬虫類研究所8分室」。爬虫類の研究をしているかのような店名のカフェです。土日にしか営業していないので来店の際は注意が必要。看板も小さく、一人で歩いていると見逃してしまいそうです。店名に反して店内に爬虫類はおらず、研究所の「喫茶分室」という設定。

古民家に作られている爬虫類研究所8分室の店内は、研究所の無機質な感じが良くアレンジされています。一方の壁は昔の黒板のような色合いです。メニューはドリンク中心。デートでヘビ道散策をしているカップルが多く目につきます。

名称 爬虫類研究所8分室
住所 東京都文京区千駄木2‐49‐8
営業時間 土日のみ営業 12:00~19:00
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131106/13164016/

3. オカエリ

手作りお惣菜のテイクアウトもできるカフェ「オカエリ」。ランチの「okaeri定食」はおかずが4品とスープ付きです。ご飯とお茶はおかわり自由。午後のカフェタイムはスイーツや飲み物のメニューが揃っています。女子会に嬉しいお店です。

晩御飯も定食スタイルです。アルコールもあるので、デートの店としても好まれています。根津神社裏門の路地にあった古民家をリノベーションしたカフェで、隠れ家的な雰囲気も味わうことができます。外国人にも人気です。

名称 オカエリ
住所 東京都文京区千駄木2‐2‐13
営業時間 11:30~20:00 L.O19:30
サイト http://sendagi-okaeri.tokyo/

4. 散ポタカフェのんびり屋

約100年前の古民家をリノベーションした「散ポタカフェのんびり屋」。広々とした入り口は入りやすい雰囲気です。もともとは文房具を扱うお店でした。畳にちゃぶ台が置かれたスペースもあり、のんびりと女子会をするのにも適しています。

お酒の取り扱いもあり、まるで赤ちょうちんの飲み屋のような気安さもあります。300円からという安いおつまみも人気です。外国人観光客も立ち寄りやすい雰囲気です。お持ち帰りメニューもあるので食べ歩きをすることができます。

名称 散ポタカフェのんびり屋
住所 東京都台東区谷中5‐2‐29
営業時間 月・火17:00~23:00  
金~日・祝11:00~23:00
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131105/13193788/

5. 雨音茶寮

木目を活かした内装がスッキリ清々しい雰囲気の「雨音茶寮」。木と心中とガラスで統一されており、落ち着いた優しい雰囲気を味わう事ができます。テーブルやトレイなど角が丸く削られているので、子供がぶつかっても安心です。

メニューも独特です。白い紙にセットメニューのイラストがスッキリと描かれており、日本語が読めない外国人観光客にも理解しやすい内容です。ロゴには雨粒がデザインされており、とてもオシャレな雰囲気を楽しむことができます。

名称 雨音茶寮
住所 東京都文京区千駄木2‐44‐19
営業時間 11:30~22:00
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131106/13229357/

非日常空間で学び癒される!谷根千ギャラリー5選

1. ギャラリー猫町

猫好きたちの聖地「ギャラリー猫町」は、テーマを猫だけに絞ったアートギャラリーです。住宅街の一軒家がそのままギャラリーとして使われており、猫のいるお家におじゃました雰囲気です。アーティストたちの猫への愛情が様々な素材で表現されています。一人で何度も足を運ぶファンもいます。

展示は短期間で変わりますので、何度訪れても新しい発見があるギャラリーです。ここを目指す猫好きの外国人観光客もいます。看板は見落としやすいので、初めて行く方は注意しましょう。木曜から日曜までのオープンです。

名称 ギャラリー猫町
住所 東京都台東区谷中2‐6‐24
営業時間 木~日 11:00~18:00
サイト http://gallery.necomachi.com/index.htm

2. 寺町美術館+GALLERY

浮世絵版画作品が数多く展示されている「寺町美術館+GALLERY」は、外国人観光客にもとても人気のスポットです。谷中のメインストリート「初音の道」沿いに位置し、北斎や写楽など有名な版画家の作品を間近に見る事ができます。

医師だった富澤祐三氏の浮世絵コレクション300点が、3カ月に一度入れ替えられて展示してあります。様々な浮世絵を見たいリピーターが沢山いる美術館です。建物は元剣道場だったせいか、どこか凛とした雰囲気が漂っています。江戸文化を学ぶために、子供と一緒に来館する方もいらっしゃいます。

名称 寺町美術館+GALLERY
住所 東京都台東区谷中7‐6‐3
営業時間 平日11:00~夕暮れ 
土・日・祝10:30~夕暮れ
サイト http://teramachi-artmuseum.com/

3. SCAI THE BATHHOUSE

200年の歴史ある銭湯を現代美術ギャラリーとして蘇らせた「SCAI THE BATHHOUSE」。ミシュラングリーンガイドで2つ星を獲得したことから、日本人だけでなく外国人観光客も数多く訪れています。

下町文化独特のスペースを活かして現代アートを発信するSCAI THE BATHHIUSEは1993年に創設されました。日本人アーティストの紹介や発掘、外国人アーティストのサポートにも力をいれています。谷根千エリアがブームになる前から建っている老舗です。

名称 SCAI THE BATHHOUSE
住所 東京都台東区谷中6‐1‐23柏湯跡
営業時間 12:00~18:00
サイト https://www.scaithebathhouse.com/ja/

4. 朝倉彫塑館

谷中でひときわ目立つ独特な「朝倉彫塑館」。明治と昭和に活躍した著名な彫刻家・朝倉文夫氏がデザインした建物としても有名です。朝倉氏が彫塑制作をするためのアトリエであり、住居でもありました。国の登録有形文化財に指定されています。彫塑ファンだけではなく、外国人観光客も数多く訪れています。

展示室には朝倉文夫氏の作品はもちろん、蔵書やコレクション品も展示されています。蘭の栽培をしていたサンルームは、現在では「猫の間」として猫をモチーフとした作品が並んでいます。「キッズサポーター」制度があり、小学生の子供たちが屋上菜園などの手伝いを通じて朝倉彫塑館の理解を深める活動をしています。

名称 朝倉彫塑館
住所 東京都台東区谷中7‐18‐10
営業時間 9:30~16:30
サイト http://www.taitocity.net/zaidan/asakura

5. 谷中レッドハウスボタンギャラリー

赤いレンガ造りの建物が印象的な「谷中レッドハウスボタンギャラリー」。ヨーロッパのアンティークボタンが展示販売されています。一歩中に入ればヨーロッパにいるような雰囲気を味わうことができ、女子会旅でもデートでも気分が盛り上がります。

谷中レッドハウスは「アート&クラフト運動」で有名な「ウィリアム・モリス」のレッドハウスをお手本に建てられました。ウィリアム・モリスがデザインした壁紙やステンドグラスで装飾されています。珍しく貴重なボタンが展示されていて、ボタンひとつひとつの美しさに目を奪われます。オーナーのご主人は外国人です。

名称 谷中レッドハウスボタンギャラリー
住所 東京都台東区谷中3‐1‐15
営業時間 水~土 11:30~18:00
サイト https://www.yanaka-redhouse.jp/

レトロ可愛い谷根千は何度も行きたくなるエリア

いかがでしょうか。東京下町の情緒あふれる「谷根千エリア」をご紹介しました。レトロ可愛いスポットが沢山あり、一瞬にしてタイプスリップができる街並みでした。御朱印集めが楽しめますし、食べ歩きグルメやギャラリー巡りは何度行っても飽きません。谷根千エリアには江戸時代から続く日本文化が残っており、外国人観光客にもおすすめです。猫好きさんの一人旅にもピッタリです。エリアはどんどん生まれ変わっているので、最新情報をチェックしましょう。

▷上野ぶらり旅!丸一日でも空き時間でも楽しめる、観光スポット10選
▷浅草のおすすめ観光スポット10選!下町風情を楽しもう!

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事