最終更新日時2019/07/25

密かな台湾ブームの中で異色のグルメ「臭豆腐」(チョウドウフ・シュウドウフ)を都内で食べられないか調べてみました。臭豆腐は豆腐の加工食品で納豆と同じような発酵食品で個性の強い食材ですが慣れるとくせになる味わいです。臭豆腐だけでなく変わった中華料理を提供しているお店など魅力的なおすすめのお店をご紹介します。

都内で伝統の臭豆腐が食べられるお店10選

1. 青葉

「青葉」は新宿、歌舞伎町にある本場の台湾料理が味わえる老舗のお店です。新宿コマ劇場のすぐ隣の歌舞伎町ビルの地下1Fにあり昭和の雰囲気がただよう店内風景です。有名人が多数来店されているようで、サイン色紙が数多く掲示されています。

「青葉」の臭豆腐は本格的な物で個性が強いため初めての方にはちょっと厳しいかもしれません。他に飲茶や点心など200種類のメニューがありますのでそれらをメインに臭豆腐にも挑戦してみるというスタイルがおすすめです。

名称 青葉
住所 東京都新宿区歌舞伎町1-12-6歌舞伎町ビルB1F
営業時間 月〜金・祝前日 12:00〜翌2:00
土 11:30〜翌2:00
日・祝 11:30〜23:00
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13000025/

2. 古都台南担々麺

「古都台南担々麺」は池袋で本格台南料理が楽しめると評判のお店です。表の看板は普通の中華屋さんのようですが、2Fの入り口には赤い提灯がぶら下がっていて、台湾に来たような雰囲気です。メニューにはずらっと台湾料理が並んでいます。

「古都台南担々麺」の臭豆腐は本場台湾の味が楽しめると評判です。その味を求めて台湾の方々が多く来店されています。食べやすいのは、揚げた臭豆腐を辛口に炒めた「揚げ臭豆腐の辛口炒め」です。蒸した臭豆腐もありますがこちらは臭豆腐上級者用です。飲茶、点心、中華麺などがありますので、それらを楽しみながら臭豆腐も試してみると良いでしょう。

名称 古都台南担々麺
住所 東京都豊島区西池袋1-40-5名取ビル2F
営業時間 17:00〜翌3:00
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13061507/

3. 上海小吃

「上海小吃」は新宿駅東口より徒歩8分ほどのところにあります。新宿歌舞伎町の狭い路地の奥のお店で、初めての方は少々わかりずらいかもしれません。ホームページに、新宿駅東口からの動画が掲載されていますので参考にされると良いでしょう。

「上海小吃」は上海家庭料理のお店です。上海の人たちがいつも食べている物を、そのままの調理法で食べられます。中国の臭豆腐は、台湾のものよりもくせがあると言われていますが、こちらの臭豆腐は、日本向けに調理しているので臭いはおだやかです。お一人ではなく数人で、本格中華料理を楽しみながら臭豆腐もいただくというのがおすすめです。

名称 上海小吃
住所 東京都新宿区歌舞伎町1-3-10
営業時間 月〜土 18:00〜翌5:00(L.O.4:30)
日・祝 18:00〜翌2:00(L.O.1:30)
サイト http://shanghai-xiaochi.com

4. 黒猫夜 銀座店

「黒猫夜 銀座店」は定番とは違った風変わりな中華料理が食べられることで有名な「黒猫夜」の銀座店です。お店は表通りに面していますが、入り口は裏通りにあるので注意が必要です。「中華料理のテーマパーク」がコンセプトのお店です。ランチは週替りの1品展開、個室がありますのでデートや女子会でも楽しめます。

「黒猫夜」はマニアックな中華料理の他、老酒も種類が豊富で10何種類の飲み比べができるメニューもあります。ランチもありますが、銀座店は金曜日はランチが提供されていませんのでご注意ください。臭豆腐は揚げたものや炒めたものなどが提供されています。初めての方には、揚げたもののほうが、食べやすいです。

名称 黒猫夜 銀座店
住所 東京都中央区銀座7-8-15第2新橋会館8F
営業時間 月〜木 昼 11:30〜14:00(L.O.13:30)
月〜金 夜 18:00〜23:30(L.O.フード22:30 ドリンク23:00)
土曜日 夜 18:00〜23:00(L.O.フード22:00 ドリンク22:30)
定休日 日曜・祝祭日
サイト http://kuronekoyoru.com

5. 匯豐齋

「匯豐齋」(えほうさい)は東急東横線祐天寺駅東口から歩いて約6分のところにある台湾料理のお店です。駒沢通り沿いにあり目黒高校の近くです。台湾料理だけでなく一般的な中華料理やランチメニューもあります。メニューの一つとして臭豆腐が食べられます。

「匯豐齋」(えほうさい)で食べられる臭豆腐は「麻辣臭豆腐」です。日本で本場の味が楽しめる逸品ですが、くせが強いので初めての方は、他の物をメインに臭豆腐も食べてみるという形で、食べてみると良いでしょう。

名称 匯豐齋
住所 東京都目黒区祐天寺2-7-20倉方ビル1F
営業時間 11:00〜14:00 17:30〜22:30(L.O.22:00)
定休日 水曜
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13047549/

6. 台湾麺線

「台湾麺線」はJR新橋駅、烏森口より歩いて約8分のところにある台湾麺線の人気店です。本場台湾から直輸入した細い麺線を使用しています。お店は台湾の方が経営しており店員さんも台湾の方なので台湾に来たみたいな雰囲気です。

「台湾麺線」は台湾麺線がメインのお店ではありますがメニューに臭豆腐があり、食べることができます。おすすめはランチメニュー+揚げ臭豆腐です。臭いがそれほどしないのでここの臭豆腐は初心者でも楽しめるお味です。

名称 台湾麺線
住所 東京都港区新橋5-22-2 ル・グラシエルビル1F
営業時間 月〜金 ランチ11:30〜14:30
   ディナー17:30〜22:00(L.O.21:30)
土・祝 ランチ11:30〜14:30
   ディナー17:30〜21:30(L.O.21:00)
定休日 日曜
サイト https://mensen.asia

7. 大ウ邨

「大ウ邨」(だうつん)は池袋駅西口から歩いて約2分の西形ビル3Fにある上海料理店です。他では食べられない本場の上海料理が堪能できるお店です。お店の中には、古き良き時代の上海の写真が貼ってあります。お客さんも現地の方が多いので、さながら自分が外国人になった雰囲気です。

「大ウ邨」(だうつん)は食材にこだわった本格上海料理を本場のシェフが提供しています。この本場の味を、提供しているお店で、日本ではなかなか味わえない臭豆腐をいただくことができます。本場の味を楽しみたい方におすすめです。

名称 大ウ邨
住所 東京都豊島区西池袋1-37-15西形ビル3F
営業時間 11:00〜翌5:00
無休
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13168495/

8. 黒猫夜 六本木店

「黒猫夜 六本木店」は東京メトロ日比谷線六本木駅から歩いて3分の場所にあります。店舗はビルの4Fです、シックなデザインのオシャレなお店でデートなどにもおすすめです。ランチは週替りで1品目の提供です、ランチメニューはFacebookのページで紹介されています。公式ホームページからもリンクされています。

黒猫夜 六本木店は3店舗展開されている「黒猫夜」の六本木店です。独自のアレンジを施した中華料理を提供しているお店です。夜は豊富なメニューと共に老酒の飲み比べができるメニューがあります。定番メニューの「台湾風 自家製 揚げ臭豆腐とじゃこのドウチ炒め」はしょっぱい揚げ豆腐のような味でおすすめです。

名称 黒猫夜 六本木店
住所 東京都港区六本木4-9-1佐竹ビル4F
営業時間 月〜金 昼 11:30〜14:00
    夜 18:00〜24:00(L.O.フード23:00 ドリンク23:30)
土曜日 夜 18:00〜23:30(L.O.フード22:30 ドリンク23:00)
定休日 日曜・祝祭日
サイト http://kuronekoyoru.com

9. 黒猫夜 赤坂店

「黒猫夜 赤坂店」は東京メトロ銀座線・丸ノ内線から歩いて2分のところにある中華料理のお店です。中華料理とは言っても普通のものではなく中国各地の料理をアレンジして提供しているお店です。アルコールも種類豊富に提供されています。3店舗展開していて赤坂店は1号店です。

黒猫夜 赤坂店は昼は週替りのランチが1品提供されています。夜は前菜やら色々の料理やら老酒などが提供されます。その中に臭豆腐もあります。「臭豆腐入りニラ玉」が初心者向けでおすすめです。「臭豆腐と豚モツの旨辛煮」は上級者向けです。

名称 黒猫夜 赤坂店
住所 東京都港区赤坂3-9-8篠原ビル3F
営業時間 月〜金 昼 11:30〜14:00
    夜 18:00〜23:45(L.O.フード22:45 ドリンク23:15)
土曜日 夜 18:00〜23:00(L.O.フード22:00 ドリンク22:30)
定休日 日曜・祝祭日
サイト http://kuronekoyoru.com

10. 台南茶寮

「台南茶寮」は東京メトロ日比谷線茅場町駅から歩いて2分の場所にある台湾料理店です。メニューは台湾南部の家庭料理が中心でピータン、水餃子、台湾腸詰などがラインナップされています。台湾の家庭に入り込んだような温かい雰囲気のお店です。

台南茶寮では「くさい豆腐揚げ」というメニュー名で、臭豆腐が提供されています。油で揚げることによって、コーティングされ独特の癖が少しだけマイルドになるので、比較的食べやすい臭豆腐です。臭豆腐デビューにも良いかもしれません。

名称 台南茶寮
住所 東京都中央区日本橋茅場町2-15-4第2大倉ビル1F
営業時間 月〜金 17:00〜23:30(L.O.22:00)
定休日 土・日・祝日
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130203/13059095/

都内で変わった形で臭豆腐が食べられるお店2選

1. 礼華

「礼華」(ライカ)は新宿御苑に面した中華料理・上海料理・四川料理のお店です。油を控えめにした繊細な味わいの料理が提供されています。お祝いやサプライズなども可能なので家族・子供や友人などとご利用されると良いでしょう。

礼華では臭豆腐が自由に注文できるわけではありませんが、コース料理の中で炒め物として出てきます。炒めて臭いを飛ばしながら良いアクセントとして活躍することでコース全体のコントラストを強め、満足度を上げられそうです。

名称 礼華
住所 東京都新宿区新宿1-3-12壱丁目参番館1F
営業時間 11:30〜15:00(L.O.14:00) 
17:30〜23:00(L.O.21:00) 
無休(年末年始を除く)
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13004304/

2. 極 蘭州拉麺

蘭州拉麺は、中国の蘭州を発祥とするラーメンです。あっさりとした牛骨スープが特徴的なラーメンで、日本でも少しずつ流行ってきています。日本のラーメンとは少しテイストが違いますが、クセも弱く、試していただきやすいです。

「極 蘭州拉麺」では店名でもある蘭州拉麺のほか、中国のローカルな料理を中心とする小皿料理も色々と提供しています。ここで食べられる臭豆腐は、自家製臭豆腐。本場より少しクセを抑え、日本人好みにしているようです。

名称 極 蘭州拉麺
住所 東京都豊島区池袋2-65-17 恩田ビル 1F
営業時間 [月〜土] 11:00~翌2:00
[日・祝] 17:00〜翌2:00
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13093156/

都内で臭豆腐を食べられる穴場のお店1選

1. 南方中華料理 南三

「南方中華料理 南三(ミナミ)」は創作中華料理のお店です。グルメが集まる荒木町界隈でも評判です。メニューはシェフにお任せのコース料理1択で台南、湖南、雲南の南方料理をアレンジした物が提供されます。夜のみの営業で予約が必要ですが人気が高くてなかなか取れませんFaceBookで空き情報が確認できます。

南方中華料理 南三では、臭豆腐そのものはメニューにはありませんが、「臭豆腐の湖南唐辛子らっきょう」というおつまみメニューにて臭豆腐を提供。単体だとクセの強い臭豆腐ですが、こうした形で何かの調味料のような形になると、ほどよいアクセントになり食べやすくなっています。

名称 南方中華料理 南三
住所 東京都新宿区荒木町10-14 伍番館ビル2F B
営業時間 18:00〜23:00 最終入店21:00
定休日 日・祝
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13221235/

都内で見つけたおすすめ臭豆腐のお店

今、密かなブームの台湾グルメの中でちょっと異色な臭豆腐が味わえる都内のお店をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。独特な癖のある臭いのため食べる人を選ぶ食材ではありますが、慣れるとくせになる味わいです。お一人だけでなく家族やご友人でワイワイと楽しんだりカップルでデートしたり楽しみ方も色々、伝統的な中華店、現地の雰囲気たっぷりのお店、レストランや屋台風など多様なお店があります。一度試してみることをおすすめします。

【関連記事はこちら】

▷輝くチャイナタウンに魅せられて・・・。横浜中華街で満喫する「春節」
▷神戸の中華街【南京町】 中華街で食べるおすすめの食べ放題グルメ!

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

おすすめ記事

人気記事