最終更新日時 2019/08/27

「みさきまぐろきっぷ」を利用しておいしいマグロに舌鼓を打ち、自然いっぱいの絶景やかわいい海の生き物とのフォトジェニックも楽しめます。おしゃれなカフェやかわいいスイーツで、お友達と女子会で盛り上がりますね!ゆっくりと温泉に浸かって、日頃の疲れも吹き飛ばしてまったり女子旅を満喫しましょう!

三崎口周辺の女子旅でおすすめ観光スポット10選

1. 馬の背洞門

城ヶ島の南端にある「馬の背洞穴」。ここは岸壁が波や風雨にさらされて、長い年月でメガネのように穴が開いた海蝕洞穴です。穴の真上にあたる道が馬の背の様に見えることでこの名前が付けられました。現在は上の道はもろくなっていて通れないですが、穴をくぐって眺める太平洋はまた違ってキレイです。

洞門から太平洋を眺めたら、この近くは岩礁地帯になっているので干潮時には水に入って遊ぶ事もできます。たまには子供に戻って岩場のカニと遊ぶのもいいですね!波による不思議な形の岩ばかりなので神秘的な気分にも浸れます。この辺りは足場も悪く歩き辛いのでヒールよりペタンコ靴がおすすめです。

名称 馬の背洞門
住所 神奈川県三浦市三崎町 城ケ島

4. 城ヶ島灯台

「城ヶ島灯台」は江戸時代につくられたのろし台から始まって、とても歴史がある灯台です。かがり火の時代を超え、鎖国が解かれた事で明治時代にフランス人が設計して西洋式灯台になり、レトロな灯台で若者からも人気です。

灯台といえば、海の近くに建っていて青い海にカモメが飛ぶ姿をイメージできます。城ヶ島にもいくつかの灯台がありますが、レトロやおしゃれな灯台が多くフォトジェニックです。天気がいいと伊豆半島や富士山も眺める事ができ、広大な海原にため息が出てしまいます。

名称 城ヶ島灯台
住所 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島
サイト https://romance-toudai.uminohi.jp/toudai/jogashima.php

2. 城ヶ島公園

三浦半島最南端の城ヶ島の東半分を占めるのが「城ケ島公園」です。その広さは14.6haにも及び、いくつかの広場や施設に分かれています。公園内は太平洋から吹き付ける強風と降り注ぐ日差しにより、植物がまっすぐ長く成長することが出来ません。松なども海からの強風を避けるように島の内側に傾いて枝を伸ばします。

園内は広場や灯台などの施設があります。そして西側に面した辺りでは、荒波により出来た崖がありますが、ここは天然記念物のウミウなどの生息地です。近くの岩礁地帯は磯釣りに最適な場所で釣り人で賑わっています。そして1月から2月にかけては約10万株の水仙が公園一面に咲きます。1年を通して楽しめますね!

名称 城ヶ島公園
住所 神奈川県三浦市三崎町城ケ島
サイト http://www.pref.kanagawa.jp/docs/tu5/cnt/f6599/p19710.html

1. ホテル京急油壺 観潮荘 油壺の湯

「ホテル京急油壺観潮荘」の「油壺の湯」は日帰り利用可能です。 海を見ながら入れる人気の露天風呂「海洋泉」でお湯に浸かりながら絶景を見渡すことが出来ます。この露天風呂は、近くの海水を汲み上げて沸かしためずらしい海水風呂で、天然ミネラルたっぷり!

天然ミネラルが豊富な海水風呂は塩化ナトリウムを多く含み、美肌効果のほかにも体の芯まで温まる保温作用が優れていて、リラクゼーションや健康・美容などに効果があります。絶景を眺めながら心身の疲れを癒してくれる油壷の湯でリフレッシュしたいですね。

名称 ホテル京急油壺 観潮荘 油壷の湯
住所 神奈川県三浦市三崎町小網代1152
営業時間 日帰り入浴営業時間 11:00~22:00(最終受付時間21:30) 
※水曜 14:00~22:00

定休日 不定休

4. 京急油壺マリンパーク

三浦市の最南端にある「京急油壷マリンパーク」は、水族館の周りも海で囲まれていて景色もとても綺麗な場所です。この水族館はサメの標本や大型のサメが沢山泳いでいて、とても大きな回遊水槽から熱帯魚の水槽まで30もの水槽があります。そして各エリアごとにかわいい海の生き物たちの生活を見ることが出来ます。

水族館といえばイルカ、アシカショーですね!でもこの水族館では魚のパフォーマンスまで見ることができます。更に水族館のアイドルのペンギン島では運がいいと赤ちゃんが見られる時もあるんです。そして大人気の体験イベントは、カワウソに餌をあげると小さな穴から手を出してくれて握手ができてしまいます!癒されますよね!

名称 京急油壺マリンパーク
住所 神奈川県三浦市三崎町小網代1082
営業時間 9:00~17:00

サイト http://www.aburatsubo.co.jp/

5. 水中観光船にじいろさかな号

みさきまぐろきっぷが使える「にじいろさかな号」で三崎の海の中を覗いてみませんか?三崎港を出港後、城ヶ島大橋や宮川湾などのビューポイントを約40分間ぐるっとめぐります。ワンちゃんも乗船可なので家族の一員のワンちゃんと一緒に楽しめますね。

にじいろさかな号は半潜水式の観光船なので、船内から魚が見えるポイントまではデッキに上がってカモメに餌をあげることができます。沖の方の魚の居るポイントに着くと、船底の海の中がみえる部屋に移動すると近くまで魚が寄ってきてくれるのでとても楽しい時間が過ごせます!

名称 水中観光船にじいろさかな号
住所 神奈川県三浦市三崎5-3-1
営業時間 チケット販売  9:00~
運行時間  9:20~16:00 全7便(夏季全8便)

6. 海南神社

「海南神社」は、パワースポットとしても知られています。神社には龍の形をした御神木や、源頼朝が植えられたといわれている御神木があります。福の神様の弁財天さまも祀られています。運気アップ、子宝や良縁の御利益があるそうです。まさに女子は立ち寄りたい神社です。

海南神社の御朱印帳も頒布されていますが、この神社は7種類の御朱印が頂けます。海の神様とも呼ばれているこの神社は、漁師さんが使うロープが注連縄に使われているそうです。そしてご当地みくじとして、鮪みくじがあります。マグロのお腹にご神託が入っていて釣り竿で吊り上げるという楽しいおみくじも人気です。

名称 海南神社
住所 神奈川県三浦市三崎4-12-11
営業時間 授与所、ご祈祷 8:00〜17:00 
サイト http://www.miura7.com/3kainan.htm

7. 横堀海水浴場

神奈川県の三浦半島周辺には沢山の海水浴場があり、シーズン時には海水浴客で賑わっています。その中でも長さ40mほどの小さな海水浴場、「横堀海水浴場」は1年を通してシーズン時でも人が少ないひっそりとした穴場スポットです。

水は透明度が高く、神奈川県では屈指の綺麗さを誇っています。少し離れた場所にこんな穴場の綺麗な海辺があることを知らない人も多いはずです。女子旅でプライベートビーチ気分も味わえる静かなビーチでのんびり過ごすのも素敵ですね。

名称 横堀海水浴場
住所 神奈川県三浦市三崎町小網代
営業時間 遊泳時間 8:00~17:00

8. 黒崎の鼻

三浦半島でも、天気が良ければ遠くに富士山が見えて、周りには人工的な建物等が一切見えない大パノラマが眺められるのが「黒崎の鼻」です。草の生い茂った小道を歩いていると、急に視界が開け、絶景が目に飛び込みます。自分がどこにいるのかわからなくなるくらいの風景は圧巻です。

黒崎の鼻の先端である小高い丘から、大パノラマを眺めてまったりしたり、小さな入り江が沢山あるので磯遊びも楽しめます。足場は悪いので歩きやすい靴でのんびりと大自然に触れあうのがおすすめ。撮影ポイントも沢山あるのでカメラに収めたり日常を忘れて遊べますね。

名称 黒崎の鼻
住所 神奈川県三浦市初声町下宮田

10. 小松ヶ池公園

「小松ヶ池公園」は三浦海岸駅から小松ヶ池公園まで約1000本の桜が植えられているので、毎年2月下旬から4月にかけて河津桜の花見客でとても賑わいます。満開の時は桜の花が小松ヶ池の水面に映ってとても綺麗です。ソメイヨシノよりも開花期間が長いので長く楽しめるのも嬉しいですね。

桜の時期が終わっても自然が多い小松ヶ池公園では、池に集まってくるアイガモやカワセミなど沢山の野鳥がいます。バードウォッチングを楽しむ人も多く、池のまわりにいくつかベンチが設置されているので、時にはのんびりと自然や野鳥と触れ合う時間も癒されます。

名称 小松ヶ池公園
住所 神奈川県三浦市南下浦町上宮田
サイト https://sorairo-net.com/rekishi/miura/kamimiyata/009.html

三崎口周辺の思い出の体験が楽しめるスポット5選

3. 長井海の手公園 ・ソレイユの丘

季節ごとに色々な花が咲いている入園料無料の「長井海の手公園 ・ソレイユの丘」。広い園内では色々な体験施設があって大人から子供まで楽しめます。体験の種類で料金は様々ですが、1日いても足りないくらい盛沢山な施設に迷ってしまいますね。

ソレイユの丘ではパンやピザ作り、ハーバリウムやキャンドルなど他にも色々なアクセサリーが作りなど楽しみ方はいろいろ。旬の野菜の収穫体験やバーベキューもできますよ。遊び体験では、子供の遊具からメリーゴーランドや観覧車も乗れます。お土産コーナーではソレイユの丘オリジナルのお土産も色々あるのでゲットしたいですね!

名称 長井海の手公園・ソレイユの丘
住所 神奈川県横須賀市長井4丁目地内
営業時間 (3~11月)9:00~18:00
(12~2月)9:30~17:00

温浴施設「海と夕日の湯」
営業時間 10:00〜21:00(最終入館20:30)

サイト http://www.seibu-la.co.jp/soleil/access

2. 三浦ガラス工芸館 Kirari

海辺沿いにある「ガラス工芸館 Kirari」。国内の作家だけではなく、外国人の作家の手作りガラス工芸品も展示や販売されています。Kirariブランド商品もあるので、お土産にもいいですね。みさきまぐろきっぷが利用できる体験もあるので、チャレンジしてみるのもいい思い出になります。

みさきまぐろきっぷを利用できるのは、トンボ玉作りとジェルキャンドル。どちらも作ったらその日に持ち帰れるので、子供から大人まで楽しめますね。本格的にガラスを溶接したり、世界で一つのオリジナルの作品も作れるので素敵です!

名称 三浦ガラス工芸館 Kirari
住所 神奈川県三浦市三崎3-2-11
営業時間 10:00~17:00 
※体験受付 16:00まで

定休日 水曜、木曜 

サイト http://kirari.umigyo.co.jp/glass.html

3. リゾートクラフト施設「風工房」

三浦半島の岬の突端にある、大人の隠れ家的なリゾートが味わえる「風工房」。ひっそりとした外観は、異国に来たかのようなガーデンに季節の花が咲き乱れて、秘密の花園のようなリゾート気分が満喫できます。陶芸、染め物、ガラス工房の教室で体験も楽しめます。

体験は初心者は「ちょこっと陶芸」「じっくり陶芸」から選べます。ガラス工房も、「吹きガラス制作」やトンボ玉が人気です。疲れたらガーデンで休憩したり、併設するイタリアンレストランがあり、陶芸工房で制作されたオリジナルな食器で本格的なナポリピッツァが味わえます。ぜいたくな時間ですね!

名称 リゾートクラフト施設「風工房」
住所 神奈川県三浦市三崎町諸磯1893
営業時間 営業時間 10:00~17:00

定休日 火曜、第1、3水曜日※祝祭日あたる場合は営業

サイト http://kaze-kobo.net/

9. ホーストレッキングファーム三浦海岸

「ホーストレッキングファーム」は広々とした三浦海岸沿いで馬に乗ることができる、全国でも数少ない乗馬クラブです。「海岸外乗コース」がありますが、初心者にはスタッフが付き添いで海岸を馬に乗って歩けるので安心ですね。上級者は波うち際で馬に乗れるので、自分のレベルに合わせて乗馬を楽しめます。

夏季限定のイベントでは、裸馬に乗って海で乗馬をする「海馬(うみうま)コース」や、馬の尾をつかんで泳ぐ「しっぽサーフィン」を開催しています。スタッフも皆さんフレンドリーなので、海で乗馬・馬のしっぽでサーフィンという思い出に残る女子旅も素敵です。

名称 ホーストレッキングファーム三浦海岸
住所 神奈川県三浦市南下浦町上宮田1751-3
営業時間

営業時間 9:00〜18:00

定休日 月曜 ※祝日の場合は翌火曜

5. フラワーガーデンイイジマ農園

三浦の「フラワーガーデンイイジマ農園」では、イチゴ狩りや野菜や花の摘み取り体験ができます。メインとなるイチゴ狩りは、予約が必要ですが30分食べ放題なのでおなか一杯食べたいですね。イチゴの時期以外でも、旬の野菜や花の摘み取り体験ができます。

無農薬・低農薬野菜を畑で選び収穫して、収穫した分を購入するスタイルですが、普段野菜をスーパーで購入しているので土がついたままの野菜を好きなだけ収穫して帰れるのは嬉しいですね。土と触れ合う体験は貴重な思い出になります。農園に咲いているお花も摘み取り体験出来て子供も大人も楽しめます。

名称 フラワーガーデンイイジマ農園
住所 神奈川県三浦市南下浦町金田1661-1
営業時間 営業時間 10:00~17:00

定休日 月曜、金曜 (祝祭日は開園)

サイト http://mur.kanagawa-ippin.jp/farmer/139/

三崎口周辺でご当地お土産やグルメが楽しめるお店5選

1. 手土産いろいろ三浦ストア

三浦市はマグロで有名ですが、農作物も豊富だという事はあまり知られていません。「手土産いろいろ三浦ストア」では商品開発から知恵を絞り、ご当地野菜を使った無添加食品ばかりを扱っているお店です。棚にキレイに並べられた小瓶やかわいい店内がおしゃれです!

三浦市の高梨農園の野菜で作られたピクルスや漬け物、ジャムやゼリーなど、地元野菜だけを使って作られた商品がかわいい瓶に入って沢山並んでいます。夏みかんジャムや杏ジャム、スイカゼリーやパンやお菓子もあります。お土産なら地元でしか買えない、ご当地グルメに限りますね。無添加で体にもいい最高なお土産で喜ばれます。

名称 手土産いろいろ三浦ストア
住所 神奈川県三浦市南下浦町上宮田3255
営業時間 営業時間 11:00〜19:00

定休日  水曜、木曜

サイト https://temiyageiroiro-miurastore.tumblr.com/

2. くろば亭 本店

「くろば亭」の店主はまぐろのすべての部位を使ったまぐろ料理を手掛け、レパートリーは200種類を超えます。そしてその腕前は海外でも高い評価を受けています。親子三代で創業50年の老舗は、全国から食べに来る人も多く人気を集めています。

みさきまぐろきっぷで3種類のメニューから選ぶ事もできます。くろば亭では、まぐろの内蔵まで全て使った料理が豊富にあり、その他の魚料理も多数あります。あんなに大きなマグロですが「食べれらない所がない」のも鮮度と料理の腕によるもの。まぐろ料理をお腹いっぱい堪能出来るというのはやはり三崎ならではですね。

名称 くろば亭 本店
住所 神奈川県三浦市三崎1-9-11
営業時間 営業時間 11:00~20:00

定休日 水曜(祝日の場合は翌日休み)

サイト http://kurobatei.com/about/

3. ミサキドーナツ 三崎本店

旅行に行くと、お腹がいっぱいでも甘い物はべつ腹で食べれてしまいますよね。「ミサキドーナツ」もお店から甘い匂いが漂ってくるのでつい店内に入ってしまいます。店内でドリンクと一緒にのんびり食べるのもよし、テイクアウトできるので公園などでのんびり食べるのもいいですね。

手軽に食べられて、子供から大人まで大人気のドーナツは店内に入ると、20種類以上のドーナツが並んでいます。ミサキドーナツはドーナツの中にフルーツやジャムが入っていて、軽くてとっても美味しいんです。地元の人や観光客でいつも賑わっています。色々な種類を友達とシェアして食べたくなりますね。

名称 ミサキドーナツ 三崎本店
住所 神奈川県三浦市三崎3-3-4
営業時間 営業時間 平日11:00~17:00  
     土日祝10:00~18:00

定休日 なし 

サイト http://misakidonuts.com/product/

4. 三浦パン屋 充麦(ミウラパンヤ ミツムギ)

三浦半島南部にある焼きたてパン屋さん「充麦」。このお店のこだわりは、小麦を自分たちの手で種まき、収穫、脱穀、製粉まで全ておこなっているというところです。パンに対する熱い想いが感じられます。手間ひまかけて作られたパンは是非味わってみたいですね。

商店街のようなガラス戸のお店のドアを開けると、焼きたてパンのいい匂いとなぜか外観とは合わないヒップホップ音楽が⁉実は「充麦」のオーナーシェフは、パン屋さんであり元DJでもあります。そしてカウンターに並べられたパンの種類は30種類以上。軽快な音楽の中、楽しくパンを選びましょう。

名称 三浦パン屋 充麦(ミウラパンヤ ミツムギ)
住所 神奈川県三浦市初声町入江54-2
営業時間 営業時間 7:00〜17:00 ※売り切れ次第終了

定休日  火曜・水曜、(種まき、収穫時期は不定休)

サイト http://mitsumugi.web.fc2.com/osusume.html

5. 雀家 Suzumeya

三崎のおしゃれなカフェ「雀家 Suzumeya」のオーナーは有名なアウトドア料理家なので、忙しいとお店を閉めてしまい営業日が土曜~月曜しかありません。確実に訪問したければ事前に問い合わせる事をおすすめします。

かわいいお店の前の木で作られた看板にも、「営業時間は日暮れまで」という手書きでゆるい感じがアットホームですね。おしゃれなカフェで自慢のホットサンドやおいしいスイーツを頂いて、のんびりすると女子会も盛り上がります。

名称 雀家 Suzumeya
住所 神奈川県三浦市三崎3-6-11
営業時間 営業時間 月曜・日曜12:00~18:00(L.O.17:30)
     土曜    12:00~22:00(L.O.21:30)

定休日  火曜・水曜・木曜・金曜

サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140603/14050497/

三崎口もまだまだ穴場スポットがたくさんあります。

三崎口周辺は海に囲まれているので、広大な海の絶景を見たり海の生き物と触れ合ったり、のんびりと過ごすことが出来ます。お友達同士でフォトジェニックを楽しんだり、新鮮な魚介をお腹いっぱい食べたり露天風呂に浸かったり日頃の疲れも心身共にリフレッシュできる場所ですね。お腹も目も心も体も満足できる三崎口の女子旅で、欲ばりプランを立てて女子会に花を咲かせて、思い出に残る旅行をしませんか?そしてご当地のお土産をいっぱい買うのも楽しいですよね!

【関連記事はこちら】

▷神奈川県に行ったら訪れたい!人気の観光スポット37選!

特集

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

人気記事