最終更新日時2019/07/26

東京の下町として有名な浅草は、国内だけではなく海外観光客からも昔ながらの街並みや名所の雷門など、観光地として多くの方が訪れる人気スポットになっています。もちろん、見るだけではなく老舗和食店やレトロな洋食店、風味豊かな蕎麦などのグルメも充実しているのも魅力の一つ。そこで今回は、より観光を楽しめる浅草の人気ランチを厳選して紹介します。

外国人観光客からも人気の和食店10選

1. 初小川(はつおがわ)

「初小川」は明治創業の老舗うなぎ店。やはりランチとは言え上質な鰻重などが並ぶため、価格は3,000円以上はしてしまいます。ですが、中はふっくらと外は香ばしく焼き上げられた鰻重ですので、誰もが納得の価格です。

おすすめの一品は「鰻重上」。予算を抑えたいなら、鰻重上でなくても十分満足できるお店です。お店の外観は、老舗らしい佇まいでお店の前まで近づくとうなぎの香りで誘われてしまいます。囲炉裏や座敷の落ち着いた店内で食事を楽しむことができますので、夫婦のリッチなデートのランチにおすすめのお店です。

名称 初小川
住所 東京都台東区雷門2-8-4
営業時間 12:00~13:30(昼) 17:00~19:30(夜)
定休日;不定休
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003702/

2. まさる

プリプリの車エビの食感をそのまま残し、サクサクの衣で揚げた天丼で人気の「まさる」。ふっくらしたアナゴとキスの天ぷらも一緒に乗った天丼は、贅沢の一言です。天丼で気になるの油っぽさですが、まさるの天丼は胡麻油で揚げているため油っぽさは最小限に留まり、香ばしい仕上がりになっています。

ランチメニューでぜひ食していただきたいのは、「大入江戸前天丼」です。ボリューム満点ですが、新鮮な素材と程よい濃さの甘ダレでお箸が進み、すぐに平らげてしまいます。
味にうるさいグルメの方におすすめのお店です。

名称 まさる
住所 東京都台東区浅草1-32-2
営業時間 11:00~15:00 L.O.14:45
(材料がなくなり次第閉店 / 良いネタが入らなければ休店)
定休日;水曜日,日曜日,祝日
サイト https://retty.me/area/PRE13/ARE9/SUB902/100000022323/

3. 紀文寿司(きぶんずし)

浅草で江戸前寿司を堪能したい方には、「紀文寿司」がおすすめ。新鮮で大きなネタに少し硬めの酢飯が特徴の紀文寿司は、外国人観光客からも人気の高いお店です。醤油で頂いてもおいしいですが、より新鮮なネタの素材をそのまま味わいたい場合は、荒塩で堪能してください。

趣きのある外観とゆったりとした雰囲気で、お酒と一緒にお寿司を食す方が多くいらっしゃいます。デートや家族向けのお店と言うよりは、一人でくつろいだランチを楽しみたい方に、ぜひ利用していただきたいお店です。

名称 紀文寿司
住所 東京都台東区浅草1-17-10
営業時間 月・火・木・金・土 12:00~14:00(昼) 17:00~21:00(夜)
日曜日 12:00~19:30
定休日;水曜日
サイト https://retty.me/area/PRE13/ARE9/SUB902/100000038171/?utm_y_pc_res_title

4. おにぎり浅草宿六(おにぎり あさくさやどろく)

贅沢なほど具がたくさん入っているおにぎりとして人気の「おにぎり浅草宿六」。最近では“rice ball(ライスボール)”と呼ばれお寿司に並んで外国人から高い人気があり、浅草を訪れた外国人観光客もお店に多く訪れています。

具だくさんなだけではなく、具そのものがゴロゴロと大きく非常に食べ応えのあるおにぎりです。また、おにぎりを巻いている海苔も香ばしく、食欲を注いでくれます。
中でもおすすめなおにぎりは「イクラ」ですが、「サケ」「たらこ」「梅」などの定番メニューも程よいお米の炊き具合と塩加減でいくつでも食べ続けてしまいます。

名称 おにぎり浅草宿六
住所 東京都台東区浅草3-9-10
営業時間 11:30~(昼) 18:00~(夜)
(シャリが無くなり次第閉店)
定休日;火曜日(夜),水曜日(夜),日曜日(昼)
サイト http://onigiriyadoroku.com/

5. 釜めし むつみ(かまめし むつみ)

豊富な種類の釜めしと一品料理が楽しめることで人気の「釜めし むつみ」。釜めしだけでも十分満足ですが、里芋揚げや鶏皮ポン酢、なまこ酢などの一品料理もおいしく、ランチとしてだけではなくお酒も飲みながら楽しめるお店です。

中でもおすすめの釜めしは、「五目釜めし」。浅草の贅沢なランチとしては1,000円とリーズナブルなお値段で食べることができます。また、近くにスカイツリーも見えるので、観光しながらグルメを楽しむにはぴったりなお店です。

名称 釜めし むつみ
住所 東京都台東区浅草3-32-4
営業時間 11:30~21:30(L.O.)
定休日;水曜日,隔週で火曜日
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003756/

6. 京もつ鍋 亀八 浅草店 (きょうもつなべ かめはち あさくさてん)

浅草ではランチでもお鍋を食べることができます。ランチでもお鍋が食べられるお店の中で特におすすめなのが、「京もつ鍋 亀八」。お鍋は、複数で食べることも多いですが、このお店では一人でも鍋ランチを楽しむことができるのが最大の特徴です。

ランチメニューとして注文できるのは、白味噌仕立ての「京もつ鍋御膳」です。そして、このお鍋の最大の楽しみは何と言ってもシメです。こちらのお店では、黒トリュフをかけたリゾットが食べることができ、誰もが満足すること間違いなし。

名称 京もつ鍋 亀八
住所 東京都台東区浅草2-6-7 まるごとにっぽん 4F
営業時間 11:00~15:00(昼)
(ランチ営業にてスープが完売した場合のみ、1度閉める場合あり)
15:00~23:00(夜) フードL.O.22:00 ドリンクL.O.22:30
定休日;「まるごとにっぽん」の定休日に準ずる
サイト https://retty.me/area/PRE13/ARE9/SUB902/100001255272/?utm_y_pc_res_title

7. 尾張屋 本店(おわりや ほんてん)

浅草と言えば浅草寺の雷門が有名ですが、その雷門のすぐ近くにあるお店が「尾張屋 本店」です。おいしくてボリュームのあるランチが1,000円前後で食べれてしまうのがこの尾張屋の魅力の一つ。浅草寺周辺を散策した観光客で賑わうお店です。

特におすすめなのが、大きな車エビが乗っかった「上天丼」と「天ぷらそば」です。どちらも尾張屋の看板メニューとして人気が高く、おすすめの一品です。また、カレー南蛮や親子丼などメニューも豊富ですので、子供連れの家族でぜひご利用してみてはいかがでしょうか?

名称 尾張屋 本店
住所 東京都台東区浅草1-7-1
営業時間 11:30~20:30(営業時間・定休日は変更となる場合あり)
定休日;金曜日
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003714/

8. 今半 別館 (いまはん べっかん)

上質な霜降り牛ですき焼きを堪能できる「今半 別館」。その上質なお肉は、口に入れた途端にトロッと溶けてしまうような柔らかさ。こちらも観光名所になっている浅草寺近くにあるので、参拝後にランチを楽しむ観光客で賑わいます。

店内は高級料亭のようで少し敷居が高い印象もありますが、すき焼き以外にも「上肉定食」などの定食メニューがあるため、ちょっとリッチな女子会などにも利用されています。また、メニューの「すき焼き」は「おかわり上肉」で追加することもできるので、子供連れの家族みんなで堪能することもできます。

名称 今半 別館
住所 東京都台東区浅草2-2-5
営業時間 月~土 11:00~15:00(昼) 16:30~21:30(夜) L.O.20:30
日・祝 11:00~21:00 L.O.20:30
サイト http://www.asakusa-imahan.co.jp/

9. 浅草むぎとろ 本店(あさくさむぎとろ ほんてん)

腸内環境を整え、美肌効果があるとろろが存分に堪能できる「浅草むぎとろ 本店」。浅草は天ぷらなどの揚げ物や丼ランチが多く、少しさっぱりしたものを食べたいと考える方や女性に人気のお店です。また、スカイツリーも眺めながら食事ができるので、最高のランチスポットです。

浅草むぎとろの最大のおすすめは、平日の11:00~13:30限定で「むぎとろバイキング」。夏バテで食欲がない時や、観光で歩き回って疲れた時の栄養補給に最適です。スカイツリーを眺めながら、むぎとろを堪能してみてください。

名称 浅草むぎとろ 本店
住所 東京都台東区雷門2-2-4
営業時間 月~金 11:00~16:00(昼) L.O.15:00 17:00~22:30(夜) L.O.21:00
土・日・祝 11:00~22:30 L.O.21:00
サイト https://www.mugitoro.co.jp/honten/

10. 小柳(こやなぎ)

創業90年を超える老舗店の「小柳」。老舗と聞くとレトロなお店を想像しますが、新装したばかりで店内は非常に広く綺麗です。古風な雰囲気が苦手な方や小さな子供を連れた家族でも、安心して利用できる老舗店です。

やはりおすすめなのは、ふっくら蒸されて柔らかく仕上がった「鰻重」です。うなぎは焼き上がるのに時間がかかりますが、小柳は商品提供時間が早いため時間に追われる観光客からも高く評価を得ています。鰻重以外にもジューシーな食感で人気の「鳥重」もおすすめです。

名称 小柳
住所 東京都台東区浅草1-29-11
営業時間 11:30~21:00
定休日;木曜日
サイト http://asakusa-ryoin.jp/koyanagi/

レトロからモダンな雰囲気の浅草洋食店5選

1. グリル佐久良(ぐりるさくら)

昭和のレトロな雰囲気で心が落ち着く洋食店「グリル佐久良」。こちらのグリル佐久良は、何度かテレビなどでも特集されているほど、人気の洋食店です。ハンバーグやカツサンド、ハヤシライスなどの洋食の定番メニューが並び、好き嫌いがあっても安心して選ぶことができます。

特におすすめのメニューは「ビーフシチュー」です。ジューシーで柔らかなビーフは、誰もが納得の味です。さらに「厚焼きトースト」を一緒に注文して、ビーフシチューに付けパンして食べるのがベスト。その他にも、「カニクリームコロッケ」などの洋食店に欠かせないメニューがたくさんありますので、ぜひご利用ください。

名称 グリル佐久良
住所 東京都台東区浅草3-32-4
営業時間 11:30~14:00(昼) L.O.13:45 17:00~20:30(夜)L.O.19:45
定休日;火曜日,第2・4水曜日
サイト https://retty.me/area/PRE13/ARE9/SUB902/100000036925/?utm_y_pc_res_title

2. ヨシカミ 浅草店(よしかみ あさくさてん)

外観は下町の古くからある洋食店、そして店内は昭和テイストな雰囲気の中に赤のチェック柄のテーブルクロスが印象的な「ヨシカミ 浅草店」。こちらのお店は1951年創業から続き、戦後復興の浅草の町をずっと支えてきました。

ヨシカミの人気ランチメニューは、「タンシチュー」と「ポークソテー」です。タンシチューはナイフが不要なほど柔らかく、口の中で溶けるような食感が大人気です。ポークソテーは、外はカリカリで中はジューシーなので、リピーターが続出しています。

名称 ヨシカミ 浅草店
住所 東京都台東区浅草1-41-4
営業時間 11:45~22:30 L.O.22:00
定休日;木曜日(祝日の場合は営業)
サイト http://www.yoshikami.co.jp/info01.html

3. グリル グランド

浅草の洋食店と言えば、下町のレトロな雰囲気に溶け込む外観のお店が非常に多いですが、「グリル グランド」は少しクラシックでモダン派な外観のお店です。店内も明るく、デートや女子会のランチに最適のお店です。

おすすめのランチメニューは、ふわふわ卵の「オムハヤシ」とクリーミーで濃厚ソースの「カニクリームコロッケ」です。その他にもハンバーグやサンドウィッチなどたくさんのメニューがありますが、どのメニューにすればいいか迷ってしまう優柔不断の方は、2品を注文してみてください。

名称 グリル グランド
住所 東京都台東区浅草3-24-6
営業時間 11:30~13:45(昼) 17:00~20:30(夜)
定休日;日曜日,月曜日
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13008702/

4. ロッジ赤石(ろっじあかいし)

洋食店と言うよりは喫茶店のような外観の「ロッジ赤石」。店内に入ってみると、昭和の喫茶で流行ったテーブルゲームや古時計、コーヒーカップなどレトロなアイテムが並びノスタルジックな気分になります。昭和の懐かしさを求めて来店する方や日本のレトロな喫茶店を求めた外国人観光客が多く来店します。

ロッジ赤石でおすすめのメニューは、「エビサンド」です。プリプリで揚げたてアツアツのエビサンドは、食べ応えがあり満足のいく一品です。他にも、「カレーライス」や「ハンバーグ」、「クリームソーダ」など子供に人気のメニューもありますので、ファミリー向けにもおすすめ。

名称 ロッジ赤石
住所 東京都台東区浅草3-8-4
営業時間 火~土 9:00~翌4:00
日・祝 9:00~翌1:00
定休日;月曜日
サイト https://retty.me/area/PRE13/ARE9/SUB902/100000055126/?utm_y_pc_res_title

5. 中華・洋食 やよい(ちゅうか・ようしょく やよい)

浅草を歩き回り疲れた後に、がっつりランチを食べたい方におすすめなのが「中華・洋食 やよい」。ボリューム満点な「かつ丼」や「しょうが焼き定食」、「鳥南蛮」などのメニューがあり、お腹いっぱいまで食べたいと思う方に人気のお店です。

多くあるメニューの中でもおすすめなのが、「ハヤシカツ」です。ハヤシソースの酸味とカツの相性が抜群で、リピーターが続出。また、ハヤシカツに並ぶ人気メニューが「かつ丼」。柔らかい肉と少し濃いめのつゆで、丼ぶりを持って掻き込んで食べたくなってしまうほどです。

名称 中華・洋食 やよい
住所 東京都台東区浅草5-60-1
営業時間 11:30~15:00(昼) 17:00~21:00(夜)
定休日;木曜日
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13073525/

新蕎麦が堪能できる浅草おすすめのランチ蕎麦5選

1. 寺方蕎麦 長浦(てらかたそば ながうら)

浅草寺の裏手で隠れ家的な佇まいの「寺方蕎麦 長浦」。寺方蕎麦とは寺で僧が振る舞う蕎麦のことで、この長浦では大根を千切りにしてシャキシャキとした食感を楽しめる妙高寺蕎麦や大根おろしが入った雲水蕎麦と呼ばれる寺方蕎麦がおすすめ。

寺方蕎麦 長浦の特徴は、コシがありそば粉の風味を感じる蕎麦を味わうことができることです。また、おすすめのメニューは「梅干しそうめん」で、夏バテしていて食欲がない時でもツルっと食べられてしまいます。ヘルシーで身体にも良い蕎麦ですので、健康志向の方や女性におすすめのお店です。

名称 寺方蕎麦 長浦
住所 東京都台東区浅草1-13-1
営業時間 12:00~17:00 L.O.17:30
サイト https://retty.me/area/PRE13/ARE9/SUB902/100000007740/?utm_y_pc_res_title

2. 蕎麦前 つるぎ 浅草店(そばまえ つるぎ あさくさてん)

「蕎麦前 つるぎ 浅草店」は素材にこだわり、築地から移転した豊洲新市場から直に新鮮な食材を仕入れて提供してくれるこだわりの店です。つるぎの蕎麦は、つなぎの小麦粉を使用せず100%蕎麦粉を使用した風味の強い蕎麦になっています。

店内も奇麗で女子会やデートにおすすめのお店です。この店で外せないのが、「牡蠣天せいろ」です。蕎麦粉の風味が溢れる蕎麦だけでも十分ですが、牡蠣の天ぷらと一緒に食べる蕎麦は贅沢としか言いようがありません。

名称 蕎麦前 つるぎ 浅草店
住所 東京都台東区浅草1-1-17 増田ビル B1F
営業時間 平日 11:30~15:00(昼) L.O.14:30
   17:00~23:00(夜) フードL.O.22:30 ドリンク22:30
土・日・祝 11:30~15:30 L.O.15:00
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13195552/

3. 並木藪蕎麦(なみきやぶそば)

洒落た佇まいでデートにも最適な「並木藪蕎麦」。白い漆喰で仕上げられた奇麗な建物は、2011年に改装したばかりです。改装前の旧店舗で使用されていた、白木のつぎ木で作られた目を引く大きな看板にも一見の価値があります。

このお店の味のポイントは、出汁と天ぷらです。出汁を楽しみたい方におすすめのメニューは「鴨南蛮」です。鴨の出汁とネギの薬味が利いた出汁が食欲を湧かせます。また、天ぷらは揚げたてでサクッとした食感がたまりません。

名称 並木藪蕎麦
住所 東京都台東区雷門2-11-9
営業時間 11:00~19:30
定休日;木曜日 ,第2水曜日
サイト https://retty.me/area/PRE13/ARE9/SUB902/100000033021/?utm_y_pc_res_title

4. 吾妻橋 やぶそば(あづまばし やぶそば)

浅草駅側からスカイツリーを眺めながら駒形橋を渡ってくると見えてくるのが「吾妻橋 やぶそば」。このお店の蕎麦は、極細の蕎麦に濃厚な胡麻の風味が加わったつゆが特徴です。濃厚でコクのある出汁には、ネギやワサビなどの薬味が相性バッチリです。

おすすめのランチメニューは、吾妻橋 やぶそばの特徴でもある「胡麻汁そば」が一番おすすめです。薬味をたっぷり乗せて召し上がれ。その他にも「なめこおろしそば」などヘルシーなメニューもあり、コクや濃さを求めるよりはさっぱりとしたものを食べたい方には、こちらがおすすめです。

名称 吾妻橋 やぶそば
住所 東京都墨田区吾妻橋1-11-2
営業時間 11:30~15:00
定休日;月曜日,火曜日
サイト https://retty.me/area/PRE13/ARE9/SUB904/100000048805/?utm_y_pc_res_title

5. おざわ

太打ち蕎麦が特徴の「おざわ」。麺が太く蕎麦粉のみを使用した十割蕎麦なので、蕎麦粉の香りがダイレクトに伝わります。場所は浅草駅周辺ですが、駅から見てスカイツリーや浅草寺とは反対側にあるため、穴場スポットになっています。

麺が太いので、しっかりとした味の汁との相性が良く、おすすめのメニューは「鴨せいろ」です。鴨の出汁が利いた汁で太麺をお楽しみください。また、せいろはおかわりもできますので続けて太麺を味わったり、気分転換で細麺も楽しむのもいいでしょう。

名称 おざわ
住所 東京都台東区西浅草2-25-15
営業時間 水~金 17:30~20:30
土・日・祝 11:30~14:30(昼) 17:30~20:30(夜)
定休日;月曜日,火曜日(祝日の場合は営業、翌日休)
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13008590/

浅草は観光とグルメの名所!

スカイツリーや雷門、飲料メーカー本社の金色のオブジェクトなど浅草にはたくさんの観光スポットがあります。観光スポットを回るだけではなく、浅草にはたくさんの魅力あるグルメもたくさんありますので、ぜひランチも楽しんでください。その際には、こちらの記事をご参考にしていただけると幸いです。

【関連記事はこちら】

▷浅草のおすすめデートスポット15選|カップルで楽しむおすすめプラン紹介
▷浅草のおすすめ観光スポット10選!下町風情を楽しもう!

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

おすすめ記事

人気記事