最終更新日時 2019/07/25

東京を代表する日本らしさと、グローバルの最先端が同居する銀座。昔から銀座は美味しいお店が多く、デート、女子会でも東急プラザ、GINZA6、と次々と最新の場があらわれる場でもあり、外国人の観光スポットとしても欠かせません。そんな銀座でおすすめのお土産を20個、厳選してみました。

銀座ならではのおすすめお土産スイーツ10選

1. 東京・銀座 資生堂パーラー 限定「スペシャルチーズケーキ」

「東京・銀座 資生堂パーラー」の「スペシャルチーズケーキ」は、美味なクリームチーズで新しい銀座本店限定の定番。銀座本店ショップ数量限定品です。この商品は配送でも扱っておらず、ここでしか買えないので本当に貴重なお土産です。

歴史ある資生堂パーラー。スイーツギフトたちは、ディスプレイからパッケージ、色もデザインも楽しく美しいです。宝石箱のようにデザインされたガラスケースの中のスイーツたち。その上濃密な甘さがありながら後味はしつこくないので、リピーターが多いのも納得です。

名称 資生堂パーラー 銀座本店ショップ
住所 〒104-0061 中央区銀座8-8-3、東京銀座資生堂ビル1F
営業時間 11:00~21:00
定休日 年末年始
サイト

https://parlour.shiseido.co.jp/ginza/shiseido_parlour_shop.html

2. 銀座ウェスト 「リーフパイ」

「リーフパイ」の本場は「銀座ウエスト」です。フレッシュバターと小麦粉生地が256層に重なっているという、手作り木の葉の形のパイ。軽くサクッと美味しい人気の手土産は、箱入りで8枚1,200円から45枚入り5,700円と、人数の多い会社への手土産にも重宝します。

本店では、一人でもゆっくりくつろげる歴史あるカフェが併設。ロマンチックなインテリアはデートにもおすすめです。銀座ウエストの英文字west のロゴの上品さも魅力ですね。本店の売店は平日23時とかなり遅くまで開いていて、急に翌日のお土産が欲しい時にも助かります。

名称 銀座ウエスト 本店
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-6
営業時間 9:00~22:00(売店23:00)

土日祝 11:00~20:00

サイト

https://www.ginza-west.co.jp/product/index1_1.html

3. あめやえいたろう 銀座三越店 の「スイーツリップ」

「あめやえいたろう」の「スイーツリップ」は、リップグロスの形状で、蜜で美味しく唇もつややかになります。飴といいながら、新しい感覚のフルーツの味、リンゴやゆず、グレープ、そして薔薇、ダマスクローズなど、季節限定もあって楽しいです。見た目もかわいらしくて、かさばらず小さいので荷物にもなりません。また、買う側としても負担にならないリーズナブルな価格なのでたくさん購入できます。女性へのお土産には特に喜ばれます。

特に銀座で手土産として是非買いたいのは、スイートリップ「あまおう」銀座店オリジナル。あまおう苺の果汁いりで、パッケージも美しく存在感があります。唇をつややかにするだけでなく、蜜として、紅茶など飲み物に入れてみたりしても良いですね。

名称 銀座三越 地下2階 あめやえいたろう銀座店
住所 〒104-8212 東京都中央区銀座4-6-16
営業時間 10:00~20:00
サイト

https://www.ameyaeitaro.jp/shoplist

4. アンリ・シャルパンティエ 銀座メゾン「ガトー・キュイ・アソート」

「ガトー・キュイ・アソート」は、まるで子供のころに大切にした宝物箱。箱を開けると小さなサイズのフィナンシェや、マドレーヌに、思わずかわいい!と喜ばれる手土産です。小さくともしっかりしたバターたっぷりの焼き菓子。ホームパーティのお土産にも彩りを添えて喜ばれるでしょう。

美しいシャンデリアやシックなインテリアデザインのカフェ、レストランも併設している「アンリ・シャルパンティエ」。芦屋でオープンしてから50年の歴史をもつアンリ・シャルパンティエの銀座メゾンの1階は、つい立ち寄りたくなる贅沢な空間です。是非一度訪れてみてください。

名称 アンリ・シャルパンティエ 銀座メゾン
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-20 ヨネイビル1階
営業時間 ブティック 11:00~20:00
サイト http://www.henri-charpentier.com/shop/ginza-maison/

5. 和光の「焼きたてアップルパイ」

銀座の老舗といえば「和光」。その中でもイチオシは、ご当地でしか手に入らない「焼きたてアップルパイ」。毎日2回12時と16時に焼き上がり、ひとつ540円と手ごろです。配送などはないので、本当に手に入ればフレッシュで貴重なお土産。シナモンのきいた甘酸っぱいリンゴのパイは、和光のここだけで買うことができるお土産です。

和光の銀座アネックスには、目移りするようなグルメギフトがたくさん。見ているだけでも楽しく、わくわくしてしまいます。その中でも、やはり1階のケーキ&チョコレートショップはスイーツがずらりと並び、ワクワクしませんか?アップルパイももちろんのこと、日持ちするお土産もたくさんあります。

名称 和光
住所 〒104-8105 東京都中央区銀座4-5-11
営業時間 10:30~19:00
サイト

https://www.wako.co.jp/store_information/main/annex/cake_chocolate/index.html

6. 木村屋「あんぱん」

和光の隣、日本で初めての老舗パン屋。銀座でだれでもが知っているお土産として喜ばれる、「木村屋」の「あんぱん」。ただあんぱんといっても種類がたくさんあり、歴史ある酒種あんぱんに、季節替わりのあんパンも。その他およそ130種類のパンの中で好みに合わせて、組み合わせてのお土産を選ぶのもよいでしょう。

明治天皇が召されたことで大衆に広まり、文明開化のころから親しまれているあんぱん。外国人の観光客にも好評です。店頭で好きな種類を組み合わせて、差し入れとしても喜ばれそうなお土産。銀座本店は2階~4階が飲食店になっていてお食事にはおかわり自由のパンも楽しめます。

名称 銀座木村屋(銀座本店)
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座4-5-7
営業時間 1階ベーカリー 10:00~21:00
サイト

http://www.ginzakimuraya.jp/

7. 銀座千疋屋 銀座本店 「フルーツショートケーキ」

フルーツの美味しい「銀座千疋屋」にいったら、「フルーツパフェ」をついオーダーしてしまう方が多いのではないでしょうか。そして、お持ち帰りのお土産としたら、やはりフルーツたっぷりの「フルーツショートケーキ」がおすすめです。季節により、苺、マンゴー、ピーチなどジューシーで美味しいフルーツが贅沢にしっかり味わえます。

そして、お土産の箱は美しい定番のアンティーク風の箱(※有料)にいれると、さらに高級感がでて、パーティのお持たせの主役にも。確実に数を用意したいときには、気軽にお電話で予約、お問い合わせをおすすめします。

名称 銀座千疋屋 銀座本店 1F フルーツショップ
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-1
営業時間 月~土 10:00~20:00 
日・祝 11:00~18:00
サイト

https://ginza-sembikiya.jp/#store

8. 和菓子処 大角玉屋 銀座店 の「みたらし団子」

元祖苺大福の和菓子屋さん、「大角玉屋」は、大正元年の創業です。大流行した苺大福を、あんで苺をくるんで、最初に創作して販売したのがこのお店だということです。知らないうちに頂き物でどら焼きや最中などいただいている和菓子も多いかもしれません。

名物「みたらし団子」は昔ながらの上新粉100%のだんごを、朝突き上げて軽く焦げ目をつけた甘辛醤油だれは、絶品のお団子はひと串145円と安いのでお手頃なお土産。銀座のお出かけ帰りに、今日会う方に食べれるだけの分を気軽に手土産に。頂いたほうも気を遣わずに、熱い日本茶でいただいてしまいましょう。

名称 大角玉屋 銀座店
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座西3-1
営業時間 10:00~20:00
サイト

http://www.oosumi-tamaya.co.jp/information.html

9. 銀座あけぼの お煎餅「二十四節花」

「銀座あけぼの」といえば、和菓子の有名な老舗。この美しいボックスに入った、花の絵のデザインに、花の俳句。だれもが頂いたことがあるでしょう。意味が分からなくても、日本の俳句(HAIKU)の書いてあるこのお煎餅は、外国人のお土産としても喜ばれるはずです。

「二十四節花」には、8種類の自然の味わいのおかきは小ぶりで味も良く、おすすめです。日本が昔は太陰暦で、24節に一年分けて季節を感じていた頃にちなんだ季節感ある24種類の花と俳句の小袋は、捨ててしまうのが惜しいほど美しく、完成度の高いお土産品といえるでしょう。

名称 銀座あけぼの
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座 5-7-19
営業時間 月~土 10:00~21:00 
日・祝 10:00~20:00
サイト

http://www.ginza-akebono.co.jp/

10. ベルギーチョコレート デルレイの人気「ダイヤモンド」

アントワープのダイヤモンド美術館にはたくさんのカラフルなカラーダイヤを見ることができます。「ピンクダイヤモンドミルク」、「ホワイトダイヤモンドミルク」、「レッドダイヤモンドミルク」、「ゴールドダイヤモンドミルク」というネーミングのチョコレートは、まさにダイヤモンドのような貴重さで、一粒が500円と高級です。

デルレイは美しさも美味しさも兼ね備えた、特別なジュエリーといえるでしょう。本店をベルギーアントワープにもつ「デルレイ」は、日本では銀座にショコラティエとパティスリーがあります。このように特別なお土産は、人に喜ばれるのはもちろんですが、特別な日に自分一人で楽しむお土産としてもよいでしょう。

名称 デルレイ銀座 ショコラトリー
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-19 銀座MCビル1F
営業時間 11:00~20:00
サイト https://www.delrey.co.jp/chocolate

美味しい銀座の手土産に、クラス感のあるお茶類・雑貨5選

1. マリアージュフレール 銀座本店 「マルコポーロ」

「マリアージュフレール」銀座本店でティータイムを楽しむと、まるでパリにいるかのように、ゆったりと時の流れも変わってしまうようです。ティーポットでいただく紅茶とスイーツを楽しみながら、ほんとうに幸せな時間を過ごすことができるでしょう。

おすすめの手土産は、定番のダージリン、マルコポーロ、アールグレイフレンチブルーの50g3缶セット。黒の箱も、紅茶の缶のデザインもうっとりするほどきれいで、シルバーの茶さじまでついて5,000円。フルーツのフレーバーが何とも言えない「マルコポーロ」は人気の高い一品です。

名称 マリアージュフレール 銀座本店
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座 5-6-6
すずらん通り マリアージュ フレール ビル
営業時間 11:00~20:00
サイト

http://www.mariagefreres.co.jp/

2. 千疋屋 フルーツ詰め合わせ「感謝の気持ち」

果物の手土産は重宝がられるものですが、「千疋屋」からとなれば高級フルーツとしてあらたまった手土産にも最適です。銀座千疋屋が、旬の最高級フルーツを贅沢に厳選し詰合せたセット「感謝の気持ち」は、その時期にしかない果物や、果物づくりの名人から特別に独占仕入れした果物などを、贅沢に福箱に詰めています。

一つ一つが、まるで宝物のように丁寧にくるまれた果物。ほんとうにデリケートな気遣いを感じます。そして、千疋屋のHPの動画には、フルーツをどのようにカットするとよいのか動画まで用意されています。細やかな心憎い配慮ですね。

名称 銀座千疋屋 銀座本店 1F フルーツショップ
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-1
営業時間 月~土 10:00~20:00 
日・祝 11:00~18:00
サイト

https://ginza-sembikiya.jp/item/GS2022

3. カフェパウリスタ 「特製コーヒー缶シリーズ」

銀座の「カフェパウリスタ」。日本の文化人、果ては、アインシュタイン、ジョン・レノンとオノ・ヨーコも通ったという銀座らしい歴史あるカフェ。森のコーヒーが有名ですが、コーヒー好きな方が喜ぶ「ギフトセット」は手頃で約3,000円です。

赤黒缶(パウリスタオールド)銀座カフェーパウリスタ本店のハウスブレンドは、やや深めに焙煎で、まろやかな苦味、甘い香りのハーモニー。金黒缶(森のコーヒー)は、農薬不使用。豆の風味を守る天日乾燥で、完熟豆ならではの自然の甘みがあります。どちらも豊かな風味で人気の定番です。

名称 https://www.paulista.co.jp/
住所

〒104-0061 東京都中央区銀座8-9 長崎センタービル1F

営業時間 月~土 8:30~21:30 
日・祝 11:30~20:00
サイト

https://www.paulista.co.jp/

4. 三徳堂「東方美人茶」

ヴィクトリア女王がオリエン タルビューティと呼んだというお茶、「東方美人茶」。お茶にもいろいろあり、半発酵茶(烏龍茶)・不発酵茶(緑茶)
・後発酵茶(プ一アル茶)などがあります。この東方美人茶は50gで4,800円。香ばしい紅茶に似た香りと、フルーティなまろやかな味わいが特徴です。

「三徳堂」は中国茶と台湾茶の専門店で、茶器なども扱っています。本格的な茶器を使って、その場でいただくお茶は格別です。お茶は味や香りの好みもありますので、カフェでいろいろと試させていただいてから、決めるのもよいでしょう。

名称 銀座三徳堂
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座7-8-19 喜多ビル 1F
営業時間 11:00~20:00
サイト http://santokudo.jp/

5. 煎茶堂「透明急須と煎茶」

日本の代表銀座で、煎茶の専門店「煎茶堂」がだしている、ガラスの‍‍‍ような透き通った本体の急須。極厚の樹脂で成形された急須は、究極にシンプルにお茶を入れることができることがテーマでつくられていて、話題にもなりました。この急須に茶葉を選んだセットは、新居のお祝いに特におすすめです。

今、世界では日本の伝統や文化は高く評価されています。とりわけグリーンティーはカテキンがはいっており体にも良く、世界では日本の伝統や文化は高く評価され外国人のお土産としても人気急上昇中です。
外国人のお土産としても人気がありそうです。カラフルなお茶缶には、生産地の絵型がさりげなくはいっていて、ぱっと見お茶とは思えないモダンなデザインです。

名称 煎茶堂 東京 銀座店
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座5-10-10
営業時間 11:00~20:00
サイト

https://www.senchado.jp/gifts

見ているだけで楽しい、銀座の雑貨ギフト5選

1. 鳩居堂 「はがき」

銀座の「鳩居堂」にはいると、かすかに懐かしいお香やお線香の香りがします。香りだけでなく店内に入ると和紙など沢山の美しいものが目を楽しませてくれます。その中でもずらりと並んだ、カラフルで、とても日本らしい手書き風の「はがき」は、種類がとてもたくさんあります。なんと柄の総数は200種類以上というので驚きですね。

このシルクはがきは、色がとても美しく、見ていて飽きません。差し上げたい人を思い浮かべながらはがきを選ぶのは楽しみにもなりますので、ぜひ足を運んでみましょう。数枚から、10枚くらいまでを相手の方を思いながら選んだものは、お値段は意外に安いですが、とても喜ばれる手土産にもなります。

名称 東京鳩居堂 銀座本店
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座5-7-4
営業時間 月~土 10:00~19:00 
日・祝 11:00~19:00
サイト

http://www.kyukyodo.co.jp/index.html

2. KIRARITOGINZA 「銀座の貴和みやげ」

日本の「和」をテーマにした「KIRARITOGINZA」はお土産の探しの定番。中でも銀座店ではオリジナルのアクセサリーが登場しています。オリンピックも意識した、最新の和のアクセサリーが沢山そろっています。もともと、買いやすいお値段の、アクセサリーパーツが揃う貴和製作所は、キラリトギンザの中でも、いつも込み合っている人気の場所です。

「銀座の貴和みやげ」は折り紙風のモチーフで、折り鶴や紙風船があったり、ちいさなガラスのおはじきのようなアクセサリー。女の子から、大人の女性まで楽しめて、喜んでもらえる手軽なる手土産としておすすめです。お寿司モチーフなどは、海外旅行にもっていったり、外国人の方へのお土産としても手軽でよいでしょう。

名称 キラリトギンザ 貴和製作所
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座1-8-19
営業時間 11:00~20:30
サイト https://www.kirarito-ginza.jp/shop/貴和製作所/

3. 伊東屋の「美味しい魚ノート」

1904(明治37)年創業の「伊東屋」。長い間、文房具や画材といえば銀座伊東屋と言われるほどたくさんの種類と良い品質を揃え多くの方から支持されてきました。その中でも、グリーティングカードの種類の多さ、デザインの豊富さは素晴らしいレベル。、例えば日本国内のデザインから、世界各地からの輸入品まで目移りするほどたくさんの種類が一気に揃えられていて壮観。

いつも最新のデザインや企画で楽しませてくれる伊東屋の品ぞろえ。例えば子供たちに、書くことが好きな方に、「美味しい魚ノート」はいかがでしょう。カラフルなシリーズは、きっと印象に残ります。ヒラメやタコなどユーモアのイラストが描かれながら、実用的なお土産となるでしょう。

名称 銀座伊藤屋本店
住所 〒104-0061
東京都中央区銀座2-7-15
営業時間 月~土 10:00~20:00
日・祝 10:00~19:00
サイト

https://www.ito-ya.co.jp/

4. 銀座東急プラザ 生活の木 「ジョン&ダイアナソープ」

「銀座東急プラザ」の生活の木のハンドメイド石鹸「ジョン&ダイアナソープ」は原料にもこだわり、肌にやさしく、価格も648円とお手頃です。ほかにフェアトレードのハンドメイド石鹸も扱っていて、手土産にぴったり。ベビー石鹼は702円。石鹸は使うものですし、サイズもちょうどよくかさばらない便利なお土産です。

生活の木は、「自然」「健康」「楽しさ」にこだわって、常によいもの、オーガニックなものを提供してくれるブランドです。ジョン&ダイアナ ソープ カレンデュラクリームソープには、人の肌にとてもよいヤギのミルクが使われています。原料のやさしさなどもお伝えして手土産に。

名称 東急プラザ 生活の木 銀座店
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 6F
営業時間 11:00~21:00
サイト

https://www.treeoflife.co.jp/shop/tokyuplazaginza.html

5. 松栄堂 銀座店「匂い香」

創業以来300年以上という京都老舗の香専門店「松栄堂」の銀座店。小ぶりで薄型の匂い香は、とても美しく、ポーチやバッグに忍ばせて隠れたお洒落にもと喜ばれる手土産です。香りは様々な原料を配合した匂い香3種類の中から選び、和紙常時30種類以上の中から好みの色、絵柄を選び、その場でつくることができます。

お香の匂いは伝統的な懐かしいような、ほっとするような匂いで瞑想的ですらあります。そんなほっとした日本のリラグゼーションが手土産とともに伝えられるので、とりわけ海外の方に渡すお土産としてもおすすめです。

名称 香老舗 松栄堂 銀座店
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-8銀座七丁目プレイス1F
営業時間 月~土 10:00~17:00
日・祝 10:00~18:00
サイト

https://www.shoyeido.co.jp/ginza/

伝統と最新の同居する銀座の魅力的手土産

日本の西洋化の始まりの場所でありながら、日本の美しさも折衷して持ち続けている銀座。夜は高級車が目立ち、昔から画廊があり、文化人たちが集まってきた銀座には、魅力的なものがたくさんあります。銀座には、美味しいもの、上質なもの、最新のものが常に集まり続けています。そんな銀座には充実したお土産もたくさんあることが、今回の20選だけでもおわかりいただけたのではないでしょうか?まだまだ紹介しきれなかったおすすめもあります。ぜひ、今回の内容も参考に銀座をぶらつきながら、お土産を探してみてください。

【関連記事はこちら】

▷横浜にはかわいいお土産がたくさん!横浜おすすめのお土産20選!

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事