最終更新日時2020/06/24

栃木・日光は観光地としても有名です。そんな日光に訪れた際にぜひ堪能したいのが本場の湯波。本番ならではの厳選された湯波を食べられるお店を厳選して紹介します。本格的な懐石料理から定食屋のイメージで入れる手軽なお店まで日光には様々な湯波料理があります。

定番の日光湯波10選

1. 本格懐石 湯波料理 割烹 与多呂

「本格懐石 湯波料理 割烹 与多呂」は、湯波を使った本格的な懐石料理を食べたい場合におすすめです。徹底的にこだわった湯波を食べられるのが魅力で、特上質の大豆のみを使用して作られています。湯波の品質は、日光の中でも屈指です。

「本格懐石湯波料理(男体)」は、数あるメニューの中でも人気で、10品目以上の様々な料理を味わえます。店づくりにもこだわり風情のある佇まいなので、接待などにも対応してくれるでしょう。大切な方とのひと時にいかがでしょうか。

名称 本格懐石 湯波料理 割烹 与多呂
住所 栃木県日光市下鉢石町965
営業時間 11:00~20:00
定休日 水
サイト http://www.nikko-yotaro.com/

2. 日光ゆば遊膳

「日光ゆば遊膳」は、気軽に入れるお店として人気です。日光には格式高い湯波専門店も多く、敷居が高いと感じることもあるのではないでしょうか。しかし、日光ゆば遊膳は定食屋に入る感覚で利用することができます。

「創作ゆば箱膳 遊膳」は人気メニューで、様々な湯波の創作料理を楽しめます。ヘルシーな湯波もそうですし、色んな野菜が使われているので、健康志向の方にもおすすめです。気軽に入れるので、デートに利用してみてはいかがでしょう。

名称 日光ゆば遊膳
住所 栃木県日光市安川町1-22
営業時間 11:30~15:00
定休日 水
サイト http://www.nikko-yubayuzen.com/

3. 恵比寿家

「恵比寿家」は、100年以上にもわたり湯波料理の老舗として愛されてきました。とても風情のある外観で、背景の山々とのコントラストも素敵です。1000円程度のリーズナブルなコースから4000円程度の豪華なコースがあります。

予算に応じた湯波料理を楽しめますので、様々な方に向いています。日光I.C.から数分程度の場所にあるので、お車での利用が便利です。日光観光の際の食事としていかがでしょうか。予約がない客にも対応してくれます。

名称 恵比寿家
住所 栃木県日光市下鉢石町955
営業時間 11:00~14:30
定休日 火
サイト http://www.nikko-ebisuya.com/index.html

4. 日光湯波 ふじや

「日光湯波 ふじや」は、明治の元号と一緒にスタートし、120年以上の歴史を持つ老舗です。販売されている湯波はどれも美味しいと評判で、販売のみ取り扱っています。揚巻湯波や湯波菓子など調理された商品も販売されていますし、料理用の湯波もあります。

老舗だけあり、高い品質を誇っているので、食感を楽しめる調理法がおすすめです。中でも「さしみゆば」は絶品で、ワサビ醤油やポン酢醤油などで食べる方法があります。日光を観光した記念のお土産としていかがでしょうか。

名称 日光湯波 ふじや
住所 栃木県日光市下鉢石町809
営業時間 8:30~17:30
サイト https://www.nikko-fujiyayuba.com/index.html

5. 油源

「油源」は、湯波料理や湯波弁当を楽しめるお店です。人気メニューは「湯波づくし膳」で、栃木県の名産品と一緒に湯波を堪能できます。量も価格もランチ向きなので、観光の合間に利用されてみてはいかがでしょうか。

もうひとつの人気メニューが「ゆばちらし弁当」です。リーズナブルな価格で湯波を楽しめる駅弁感覚のお弁当なので、旅行のお供に最適。油源で直接購入することもできますし、東武日光駅売店などでも手に入ります。程良い量なので、お一人様の旅行にもおすすめです。

名称 油源
住所 栃木県日光市上鉢石町1028
営業時間 9:30~18:00(L.O.17:30)
サイト https://www.aburagen.jp/Lunch_yubazukushi.shtml

6. さんフィールド

「さんフィールド」は、喫茶店なのですが、本格的な湯波料理を味わうこともできます。手軽に入れる湯波料理屋を探しているならいかがでしょうか。日光の湯波を堪能したい方におすすめのメニューは「ゆばの御膳」です。

少し変わったメニューもあり、「ゆば入りコーヒーゼリー」は、なんとも珍しい湯波入りのコーヒーゼリーです。本格的な湯波料理を味わえる割りにリーズナブルな価格で利用可能なので、予算が限られている方にもおすすめ。

名称 さんフィールド
住所 栃木県日光市下鉢石町818
営業時間 10:00~19:00(L.O.18:00)
定休日 木
サイト https://tabelog.com/tochigi/A0903/A090301/9002034/

7. 手打ちそば・うどんの店 桐花

「手打ちそば・うどんの店 桐花」は、美味しいうどんやそばを食べられるめん処です。自慢の手打ち麺に日光名物の湯波を組み合わせたメニューが得意。手打ちそばにとろろゆばをかけた「ゆばとろろそば」は、とてものど越しが良いです。

定食メニューがほしいなら「引上げゆば丼」や「ゆば定食」がおすすめ。とろろとご飯に湯波を付けたシンプルな「とろろめし」も人気メニューです。手軽に日光の湯波を食べられるお店なので、サッと昼食を済ませたい方は訪れてみてはいかがでしょう。

名称 手打ちそば・うどんの店 桐花
住所 栃木県日光市中宮祠2480
営業時間 10:00~15:00
サイト http://kiribana.dohome.net/

8. 米吉 晃寿司

「米吉 晃寿司」は、東武日光駅前で60年以上にもわたり営業を続けるお寿司屋さんです。湯波と寿司が自慢のお店で、料理に合った地酒もおすすめ。人数に合わせたお座敷があるので、くつろぎながら湯波料理を食べられます。

湯波料理の人気メニューは「湯波御膳」で、自慢の湯波と寿司を一緒に楽しめます。駅前に店舗を構えるので、アクセスがしやすく、観光時の食事にいかがでしょうか。外国人客への気配りも感じるお店で英語メニューがあります。

名称 米吉 晃寿司
住所 栃木県日光市松原町9-1
営業時間 10:30~22:00(L.O.21:30)
サイト http://www.nikko-kankou.org/gourmet/436/

9. 丁田屋

「丁田屋」は、リーズナブルな価格で日光の名物を堪能できると人気です。清滝I.Cの近くにあり、車でのアクセスもしやすいです。日光の各観光地も近いので、観光の合間の休憩スポットに最適。店内には開放感のあるスペースが広がっています。

人気の湯波メニューは「ゆばの香り御膳」。様々な湯波料理を一度の楽しめるので、湯波目当てならこちらのメニューを頼むとよいでしょう。宴会等の大人数での利用にも対応しているので、社員旅行などで利用するのもおすすめです。

名称 丁田屋
住所 栃木県日光市清滝丹勢631-3
営業時間 11:30~14:00
定休日 木
サイト http://www.chodaya.net/

10. 本家やまびこ

「本家やまびこ」は、日光湯波を使った郷土料理を楽しめるお店です。観光地として有名な日光の社寺とも近いので、いつも観光客で賑わっています。人気メニューは「ゆば精進膳」で、歯ごたえのある湯波を楽しめます。

しっかりと食べたいなら「ゆばしゃぶ膳」もおすすめ。定番の食べ方のしゃぶしゃぶで、美味しいお肉と一緒に肉厚の湯波を堪能できます。そばの美味しいお店としても知られているので、湯波と一緒にいかがでしょうか。

名称 本家やまびこ
住所 栃木県日光市安川町10-8
営業時間 9:00~17:00

手軽に食べられる日光湯波2選

1. お食事処なんたい

「お食事処なんたい」は、栃木の各所から集めた名物を楽しめるお店です。地産地消にこだわり、日光ゆばの他に中禅寺湖ヒメマスなども食べられます。お米にも栃木産の「コシヒカリ」を使うなど徹底したこだわりです。

見た目は定食屋のイメージですが、味の追求には妥協を許さない姿勢で、洗練された湯波料理の数々を楽しめます。栃木の味覚を堪能したいという方にはかなりおすすめのお店です。事前予約をすれば大人数に対応した宴会コースもあります。

/tbody>

名称 お食事処なんたい
住所 栃木県日光市中宮祠2478-8
営業時間 11:30~21:00(L.O.20:00)
冬期は16:00まで

2. あさやレストハウス

「あさやレストハウス」は、栃木観光のお土産処として知られます。栃木県の各地から取り寄せた名産品が所せましと並べられているので、お土産を買いたい方にもおすすめ。2Fと3Fはレストランで、湯波料理を楽しめます。

色々なメニューが用意されていますが、どうせ利用するなら予約することで利用可能な「神橋食彩三昧」を召し上がってはいかがでしょう。価格もお得な豪華な湯波料理を堪能できます。栃木観光のお土産探しのついでに、湯波料理を食べに訪れてみてはいかがでしょう。

名称 あさやレストハウス
住所 栃木県日光市上鉢石町1111
営業時間 10:00~16:00
サイト http://www.nikko-asaya.jp/

アイディアが光る日光の湯波5選

1. まるひで食堂

「まるひで食堂」は、ちょっと変わった湯波料理を探している方におすすめ。名物メニューは「ゆばトマトラーメン」です。タレとトマトスープが見事に絡み合い、湯波にたっぷりとしみ込ませて食べます。奇抜なメニューですが、隠れたファンはかなり多いようです。

本格的な湯波料理を注文することも可能で、定食屋のリーズナブルな価格で、美味しい湯波を堪能できます。アットホームな食堂で美味しい湯波料理を食べられるので、ファミリーの方には特におすすめです。ベビーカーの入店も可能。

名称 まるひで食堂
住所 栃木県日光市安川町10-24
営業時間 9:00~17:30
サイト https://tabelog.com/tochigi/A0903/A090301/9010089/

2. 揚げゆばまんじゅう本舗 さかえや

「揚げゆばまんじゅう本舗 さかえや」は、揚げゆばまんじゅうが大人気メニューです。独自の製法が使われ、とちぎフロンティア企業としても有名。その人気は、外国人観光客にも取り上げられるほどで、海外のSNSで話題になったこともあります。

揚げゆばまんじゅうの他に、普通の日光ゆばまんじゅうも購入でき、2つの味の違いを確かめるのも面白いのではないでしょうか。日光観光の際にぜひ寄りたいスポットです。価格もリーズナブルなので、お土産にもおすすめ。

名称 揚げゆばまんじゅう本舗 さかえや
住所 栃木県日光市松原町10-1
営業時間 9:30~18:30
サイト http://www.sakaeya.net/

3. LANCATLGUE CAFE NIKKO VORTEX&QUEENIE

「LANCATLGUE CAFE NIKKO VORTEX&QUEENIE」は、湯波の創作料理が人気のお店です。「くみ上げゆばのとろゆばごはん」や「くみ上げ湯波の和風スープパスタ」など多彩な創作料理を楽しめます。
日光で少し変わった湯波料理を食べたいなら、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 LANCATLGUE CAFE NIKKO VORTEX&QUEENIE
住所 栃木県日光市安川町4-12
営業時間 12:00~17:00(L.O.16:45)
定休日 水
サイト http://www.lancatlgue.com/

4. カフェレストラン 匠

「カフェレストラン 匠」は、国指定の有形文化財の中にあるレストランです。伝統的な日本家屋の中にレストランがある和洋折衷の不思議な空間はとても魅力的。価格もファミリーが気軽に楽しめるリーズナブルな設定です。

日光名物の湯波を洋食に取り入れたメニューが楽しめ「ゆばグラタンセット」は人気のメニューのひとつです。少しふんぱつするなら豪華な「ゆば弁当」もおすすめです。店内に流れるジャズを聴きながら食べる湯波は、他とは違った魅力があります。

名称 カフェレストラン 匠
住所 栃木県日光市上鉢石町1024
営業時間 11:00~17:30
サイト https://www.bussanshokai.com/meal/takumi.shtml

5. かまやカフェ・デュ・レヴァベール

「かまやカフェ・デュ・レヴァベール」は、洋食を楽しめるレストランです。人気メニューは「NIKKO丼」で、ローストビーフと温玉子に湯波を大胆に組み合わせています。ローストビーフ用のお肉には、日光牛が使われ、まさに日光のご当地グルメ。

数量限定かつ人気メニューなので、お早目の注文をおすすめします。洋食屋の温もりの中で、湯波を楽しむのも、新鮮ではないでしょうか。メニューにハンバーグセットなどもあるので、子供のいるご家族にもおすすめです。

名称 かまやカフェ・デュ・レヴァベール
住所 栃木県日光市松原町12-6
営業時間 11:00~17:00
サイト https://tabelog.com/tochigi/A0903/A090301/9002966/

日光にはバラエティに富んだ湯波がある

栃木・日光には様々な湯波料理があることがわかったのではないでしょうか。日光の有名なお店で提供される湯波は品質が高く、色々な料理と組み合わせることができます。お店で食べる湯波料理も魅力ですが、観光のお土産として購入するのもおすすめです。日光で食べた湯波料理を自宅で再現してみるのもよいのではないでしょうか。

【関連記事はこちら】

▷日光には名物や雑貨がたくさん!おすすめのお土産を20選ご紹介!

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

おすすめ記事

人気記事