最終更新日時 2019/07/26

ソーセージやアイスバインなどに代表される「ドイツ料理」。肉料理が多いイメージのドイツ料理ですが、実は多種多様なメニューがあります。そして、ドイツといえばビールも美味しい!今回は、そんなドイツ料理とドイツビールが飲める東京都内のお店をピックアップしました。デートや、女子会などでもぜひ利用してみてください。

ここはマストの定番ドイツ料理店12選

1. インゴ ビンゴ(経堂)

ドイツ料理といえば、一番最初に浮かぶのはやはり「ソーセージ」ですよね。経堂にある「インゴ ビンゴ」は、自家製ドイツソーセージを味わうことができるお店です。また、ソーセージ以外でも南ドイツの「バイエルン料理」も楽しむことができます。

小田急経堂駅南口から徒歩2分とアクセスのよい立地のお店。店内は南ドイツの大衆食堂である「Gaststätte(ガストシュテッテ)」をイメージしたデザインであり、木のぬくもりのあるアットホームで居心地のよい空間です。友達や同僚とワイワイガヤガヤ飲んだり食べたりするのによさそうです。

名称 インゴ ビンゴ(経堂)
住所 東京都世田谷区宮坂2-18-3 キャッスル経堂 B1F

営業時間 17:00~24:00 (L.O.23:00)
定休日 月曜(祝日・祝前日は営業、代休あり)
※年末年始休み
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131813/13153487/

2. クライネヒュッテ(新宿)

陶器のビアマグでビールが飲めるのが「クライネヒュッテ」です。お店はJR新宿駅南口を出て甲州街道方面に徒歩5分ほどの距離にあり、オフィスビルの地下1Fにあります。蓋付きの陶器マグで飲むビールが最高です!

蓋付きのマグは、中世ヨーロッパでペストが大流行した際に、ビールにハエが入らないよう蓋を付けたのが由来だそうです。ドイツでも蓋付きのビアマグでビールが飲める場所は減ってきているので貴重な体験ができますね。ミートボールのような「バワンレバークネーデル」が人気メニューです。

名称 クライネヒュッテ(新宿)
住所 東京都渋谷区代々木2-11-5 アクティブ新宿ビル B1F
営業時間 火~土 17:00~24:00(L.O.23:00)
月 17:00~23:30(LO22:30)
祝 17:00~22:30(L.O.22:00)
定休日 日曜、但し日、月連休時は日曜日営業、月曜日お休み
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13031125/

3. 三輪亭 (ミワテイ)

豪徳寺でこだわりの南チロル郷土料理を楽しむことができるのが「三輪亭」です。南チロルはイタリアの都市ですが、ドイツの影響を受けている地方であり、料理もドイツ風のものが多いです。ソーセージは、南ドイツのバイエルンの製法で作られているそうです。

小田急線豪徳寺駅から徒歩5分ほどの距離にあり、木調のインテリアが料理を含めたお店の雰囲気にぴったりです。カフェ風の内装の中で壁一面に並ぶビールやワイン、ハム類などが、チロル地方らしさをだしており、一度行くと通いたくなる感じのお店です。

名称 三輪亭 (ミワテイ)
住所 東京都世田谷区豪徳寺1-13-15 ツノダ第1ビル1F
営業時間 平日
ランチ 11:30~14:00
ディナー 18:00~23:00(L.O.【フード】21:00【ドリンク】22:30)
土日祝 17:30~(ご予約のお客様に限り)
定休日 水曜
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131813/13038406/

4. lecker maul(護国寺)

ドイツの伝統的な軽食である「フラムクーヘン」という薄いピザが楽しめるのが「lecker maul」。ドイツではカフェやテイクアウトの出店などでよく販売されていますが、クリスマスマーケットなどでも食べる素朴な食べ物。日本でいうとお好み焼きみたいな立ち位置です。ピザと比較すると、さっぱりサクサクした食べ応えです。

lecker maulは、フラムクーヘン専門店としては日本初のお店です。「護国寺駅」より徒歩8分の場所にあり、店内は木目調で統一されています。店はオープンにガラス張りになっていて、外からはいつもお客さんでにぎわっている店内が見えます。ベーコンと玉ねぎのスライスがのった「クラシック」が定番メニューです。

名称 lecker maul(護国寺)
住所 東京都文京区目白台1-24-8
営業時間 11:30~15:00(L.O.14:30)
17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日 不定休
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13163671/

5. ツム・アインホルン(六本木一丁目)

ドイツの春の名物として知られているのが「シュパーゲル」と呼ばれる白アスパラガス。ドイツでは4月から6月の間だけ出回っており、ドイツ人はこの時期はみなシュパーゲルを食べるのを楽しみにしているとか。そんな白アスパラガスをつかったドイツ料理が有名なのが、「ツム・アインホルン」です。

六本木一丁目駅から徒歩5分の場所にあり、春限定メニューのホワイトアスパラをつかった様々なメニューがあり、こちらはいったら必ず食べてみてくださいね。太くシャキシャキのアスパラの甘みが口いっぱいに広がり、とても上品な味に仕上がっています。

名称 ツム・アインホルン(六本木一丁目)
住所 東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビルB1F
営業時間 月~金
11:30~14:00
14:00~15:30
月~土
17:00~22:00
定休日 日曜・祝日
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13004971/

6. ビッテ(国会議事堂前)

ドイツの2つ星レストランでの修業経験を持ち本格的なドイツ料理を食べることができるのが「ビッテ」です。お肉料理をはじめとして、ドイツ風パスタなど、様々なドイツ料理をいただけます。国会議事堂駅からは徒歩2分、溜池山王駅からは徒歩5分の場所にあります。

人気メニューの「アイスバイン」はドイツ北部でよく食べられる家庭料理です。塩漬けされた豚すね肉を煮込んで調理したこのメニューは、豚のコラーゲンがたっぷりプルプルで病みつきになる食感。「マンガリッツァ豚のグリル」も人気メニューです。マンガリッツァ豚とは、ハンガリーの国宝にされるほどの豚であり、世界で脂肪率が最も高い豚とされています。

名称 ビッテ(国会議事堂前)
住所 東京都千代田区永田町2-9-6 十全ビル1F

営業時間 定休日 日曜・祝祭日
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13032245/

7. アイヒェンプラッツ(赤坂)

赤坂にある「アイヒェンプラッツ」は、ドイツ料理・ドイツビールの専門店。数十種類以上ある様々なドイツビールと、ドイツの郷土料理をいただくことができます。ドイツビールはこのお店でなければ飲むことができない銘柄もありますよ!

お店は赤坂駅から徒歩2分のビルの2階であり、店頭には笑顔のケルナーの人形が置かれています。バイエルン州名物の「Obazda(オバツダ)」というチーズディップはぜひ前菜に食べてもらいたい逸品です。チーズにバターや玉ねぎなどを混ぜあわせたものですが、チーズのコクがとても美味しいです。

名称 アイヒェンプラッツ(赤坂)
住所 東京都港区赤坂5-5-11 赤坂通り50番ビル2F
営業時間 月~金 11:30~15:00(L.O.14:30)
月~土 17:30~23:30(L.O.23:00)
定休日 日曜・祝日
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13030549/

8. SCHMATZ AKASAKA(赤坂)

ドイツ料理をカジュアルに楽しめる「SCHMATZ AKASAKA」。オーナーの一人がドイツ人ということもあり、お店はかなり本格的なドイツを感じることができます。お店も外国人の方が多く、故郷ドイツを懐かしくなってついつい来てしまう人も多いそうです。

赤坂見附駅から徒歩3分、赤坂駅から徒歩4分とアクセスしやすい場所に。ビールもタップにつながれたピルスナータイプのものが多く、のどごしのよいタイプが多いです。ビールの飲み比べもできるので、お気に入りのドイツビールを探すにはもってこいです。

名称 SCHMATZ AKASAKA(赤坂)
住所 東京都港区赤坂3-19-8 赤坂ウェストビル 1F
営業時間 月~木 17:00~23:00
金 17:00~23:30
土 15:00~23:00
日・祝 15:00~22:30
定休日 年末年始のみ
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13182491/

9. Metzgerei SASAKI

田園調布から徒歩2分の位置にあるのが「Metzgerei SASAKI」。ハム・ベーコン・ソーセージなどのシャルキュトリーはドイツの国家資格者が作っており、品質が非常に高い品々ばかり。テイクアウトも可能です。おすすめのメニューは日本人の口に合うような塩加減にしてあるアイスバインです。

ランチも人気なこちらのお店は、スープ・サラダ・パン・ドリンクがついて、1,500円、ディナーも500〜1,500円のメニューが多くリーズナブル。近所の方々からも愛されているお店であり、席が少ないので予約をした方がよいでしょう。

名称 Metzgerei SASAKI
住所 東京都大田区田園調布3-1-3
営業時間 カフェ 11:30~22:00(L.O. 21:00)
デリ  11:30~19:00
定休日 月曜・火曜
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131704/13169243/

10. ドイツ料理 ピラミッド

築地のドイツ料理の名店が「ドイツ料理 ピラミッド」です。こちらは、ビールをたっぷり使ったドイツ風のカレーが人気メニュー。ビールで煮込まれているため、お肉がとてもやわらかくてジューシー。ビールのコクがいきたカレーは何杯でもおかわりしたくなる味。

ドイツ料理なのに店名がピラミッドなのは、シェフがエジプト出身だからだそうです。ソーセージは、バイエルン風であり、ハーブの聞いたタイプや、白いブルンブルストなど本場仕込みのもの。噛むと肉汁があふれてきて、病みつきになります。

名称 ドイツ料理 ピラミッド
住所 東京都中央区築地2-12-16 JFA築地ビルB1

営業時間 月~金
ランチ 11:00~15:30(L.O.15:00)
ディナー 17:00~23:00(L.O.22:30)


ランチ 11:00~15:00(L.O.14:30)
ディナー 17:00~23:00(L.O.22:30)

定休日 日・祝日

サイト https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13113775/

11. バーデンバーデン

ミュンヘンの「ホフブロイハウス」樽生ビールが、本場ビアホールと同じジョッキで飲めるのは日本でもここだけではないでしょうか。「バーデンバーデン」は、ドイツのビアホールをイメージしたお店であり、笑い声のたえないアットホームな雰囲気です。

ミュンヘンのビールがたくさんそろっており、ドイツ風の大ジョッキでのむドイツビールは、のど越しがよいため、いくらでもグイグイ飲んでしまいます。ソーセージとドイツビール、この二つの組み合わせに勝るものは世の中にないのではないでしょうか?

名称 バーデンバーデン
住所 東京都千代田区有楽町2-1-8 JR高架下

営業時間 月~金 17:00~23:00(L.O.22:30)
土 16:00~23:00(L.O.22:30)
日・祝 16:00~22:00(L.O.21:30)
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13002212/

12. jsレネップ

ドイツビールと、ドイツ料理をお腹いっぱい大人数でわいわい食べたいときにおススメなのが、「jsレネップ」。コースメニューも用意されており、5000円でドイツビールの飲み放題も付くので、ビールを浴びるほど飲みたい!って方はよいのでは!?

バーデン=バーデンはドイツの南部に位置する都市の名前だそうです。ビールに合うザワークラフトやビーフジャーキーなどのおつまみが揃っており、ビールメインにしておつまみをつまみながら、っていうスタイルで利用するのもよい感じのお店です。

名称 jsレネップ
住所 東京都千代田区有楽町2-1-8

営業時間 月~木 15:30~23:30(L.O.22:45)
金 15:00~24:00(L.O23:30)
土・日・祝 12:00~23:30(L.O.22:45)
サイト https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13007939/

ドイツビールを浴びるほどのみたい!

おすすめのドイツ料理のお店はいかがでしたか?日本では、フランス料理やイタリア料理と比べると知名度があまりないドイツ料理ですが、ワインではなくビールがメインなのでビールによくあう美味しい料理が多いのが特徴です。せっかくドイツ料理ならビアホールっぽいお店も活気があって楽しいですよ!ビール飲んでハッピーになって明日を楽しく迎えましょう。

【関連記事はこちら】

▷心と体にピリッとすみずみに轟く!東京でおすすめな担々麺お店19選
▷東京で懐かしい思い出が蘇る!おすすめしたい大人のお子様ランチ20選

特集

2020/01/22金魚のように揺蕩うふたりだけの濃密な時間 ──1日3組限定の露天風呂付ラグジュアリーヴィラ Yufuin Luxury Villa zakuro

2019/12/16【宿泊体験】子どもが主役になれる!レゴランド®・ジャパン・リゾートステイ

人気記事