最終更新日時2019/08/05

箱根の自然を生かした美術館やミュージアム20選です。おすすめの10選に加えて、子供も楽しめるミュージアム5選と、箱根ならではのミュージアム5選も加えてみました。箱根をご家族で、子供と、お一人様で、女子会でお楽しみいただく参考にして下さい。さらに併設のアミューズメントカフェもご案内!

デートスポットにもおすすめの美術館&ミュージアムカフェ10選

1. 箱根ガラスの森美術館

箱根仙石原のベネチュアングラスを専門に展示する美術館です。ベネチュアングラスは18世紀から19世紀のベネチュアングラス100点が収められています。ガラスの輝きだけでも美しいのに、内装が王侯貴族のお屋敷そのものです。女子会で行ったらきっと感激で、賑やかになります。

「箱根ガラスの森美術館」は、ガラスの体験工房や、現代ガラスを展示しています。庭園、レストランも併設されていて、人気の観光スポットです。家族みんなでガラスの美しさに感動できる素敵な場所です。リピーター率50%の美術館は評判通りですよ。庭園も、光を受けたガラスの回路も、ロマンチックです。

名称 箱根ガラスの森美術館
住所 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48
営業時間 10:00~17:30(最終入館17:00)
サイト https://www.hakone-garasunomori.jp/

2. 箱根ラリック美術館

ルネ・ラリックが宝飾品の職人だったころからのブローチや香水瓶など、女子ならケースに張り付いて見ていたい作品群230点ほどが常設展示されていて、1500点を収蔵しています。季節に合わせて入れ替えを行なっていますから、いつ行っても新鮮です。

「ルネ・ラリックの美術館」ってことですが、おしゃれなショッピングモールも併設されています。パリのアーケードをモチーフに作られていて、可愛いグッズがたくさん手に入ります。お土産を探すのもここで決まりですね。オリエント急行はこだわりの内装です。カフェタイムはこちらでいかがですか。明るい庭のカフェレストランも人気。

名称 箱根ラリック美術館、カフェレストランLYS
住所 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186-1
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.lalique-museum.com/

3. 箱根彫刻の森美術館

野外彫刻の美術館で、楽しみ方は自由にどうぞってスタイルです。中に、円形の塔が建っていますが、これは見逃さないように!ステンドグラスの塔で、中に入ると美しさに圧倒されます。芝生の中に点在する様々な彫刻たち。

「彫刻の森美術館」では、特にピカソの作品はピカソ館があり間近で作品群を見ることができまさす。しゃぼん玉のお城やネットの森など、子供が芸術と触れ合う遊具と彫刻が一体になったオブジェも人気です。お土産も充実しているギャラリーカフェが人気です。

名称 箱根彫刻の森美術館、ギャラリーカフェ
住所 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121
営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.hakone-oam.or.jp/

4. 岡田美術館

箱根最大規模の美術館が2013年箱根にオープンしました。重要文化財を含む日本画や陶磁器を主として展示しています。美術館の壁画に描かれているのは、風神雷神図12m×30m、模写ではなく、福井江太郎氏による風・刻(とき)というこの立地に合わせて描かれた作品です。足湯も備えています。

「岡田美術館」に併設されている開花亭では地元名店の懐石弁当や、開花亭の人気メニュー、豆アジ天うどんがおすすめです。食事が終わったら、広大な敷地の庭園を散策してみてはいかがでしょう。別途300円の入園料がかかりますが、それだけの見応えがあります。

名称 岡田美術館・開化亭
住所 神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
営業時間 9:00~17:00
休館日 年末年始
サイト https://www.okada-museum.com/

5. ポーラ美術館

「ポーラ美術館」は、知的女子のあこがれの場所。ルノワールやゴッホ、モネなど、有名な印象派の作品1万点を所蔵しています。ステキな絵画と自然の中でデートスポットとしては一押しです。美しい自然を背景に、自分たちが絵画の一部になってしまいそうです。四季折々どの季節もいいですよ。

レストランアレイは美術館のチケットなしで入れます。白い壁と外の景色がしっくり溶けて、明るい気持ちの良いレストランです。ランチセットがリーズナブルな価格で美味しいです。帰りにミュージアムショプで土産もいかがですか。入場料が必要です。

名称 ポーラ美術館 ル・プチフランス
住所 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1285
営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.polamuseum.or.jp/

6. 成川美術館

芦ノ湖畔の「成川美術館」はロケーションが素晴らしく、富士山も美術品のようです。個人美術館ながら、4,000点の日本画を所蔵しています。常設展示はないので、行くたびに新しい作品に会えます。観光地にありながらお一人様もよく訪れています。

芦ノ湖畔の海賊船の発着場の前に和風の建物、外人さんも箱根・芦ノ湖成川美術館、ティーラウンジ季節風海賊船の発着場に和風の建物、外人も興味深々で見つめています。日本画の繊細で柔らかな筆遣いは、間近で鑑賞するのが1番です。それには、箱根が良く合いますね

名称 成川美術館・展望ラウンジ
住所 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根570
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.narukawamuseum.co.jp/

7. 箱根美術館

「箱根美術館」は、箱根で最も古い美術館です。世界救世教の教祖の収集品を展示しています。陶磁器専門の美術館で、広い庭園は三万坪もあります。仙山郷と名づけられた庭には130種の苔と200本の紅葉は美しいとしか表現のしようがなく、心が洗われます。

苔庭に面した真和亭では、無農薬のお茶と季節の和菓子が楽しめます。贅沢な時間を求めて、女子会でのリピーターも多いのです。国の登録記念物に指定されている巨石の庭石楽亭も、特別公開されます。満たされた時間を過ごすことも大切ですね。

名称 箱根美術館、真和亭
住所 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
営業時間 4月~11月 9:30~16:30
12月~3月 9:00~16:00
休館日 木曜  
サイト http://www.moaart.or.jp/hakone/

8. マイセンアンティーク美術館

マイセンはヨーロッパ最高峰の陶器の窯です。その中でも貴重なアンティーク300点が収蔵されています。建物は旧日銀総裁の邸宅で、趣きがあります。マイセンに興味があるなら、かなり楽しめます。専門的な美術館は興味がある方にパラダイスですね。

「マイセンアンティーク美術館」のアーチェロで使われているお茶のセットは全てマイセンを使っています。最初にそう聞いてしまうと、落とさないようにちょっと緊張します。せっかくですから、ケーチのセットはいかがですか? 日常から離れたアフタヌーンティーに立ち寄ってみて下さい。

名称 箱根マイセンアンティーク美術館・カフェアーチェロ
住所 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-653
営業時間 9:00~17:30

サイト http://www.hakone-meissen.com/

9. 箱根写真美術館

ご当地ならではの小さな美術館です。地元出身の遠山桂の個人美術館で、箱根で撮影した富士山の姿を展示しています。企画展は人気で、全国がら写真家が訪れています。隣に奥様が営むカフェがあり、口コミで人気が広がっています。

「箱根写真美術館」は、個人の美術館なので、迷惑にならないように見学したいですね。隣カフェのケーキは評価が高いので、是非ご堪能下さい。富士山の写真は地元ならでは刻々と変わる富士山の一瞬を切り取った写真は感動します。知らない富士山の表情に圧倒されます。

名称 箱根写真美術館、プレジール・ドゥ・ルフ
住所 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-432
営業時間 10:00~17:00
休館日 火曜
サイト http://www.hmop.com/

10. 町立湯河原美術館

日本画の平松礼二の作品を通年展示しています。フランスのモネの自宅から株分けしてもらったという睡蓮の池が館内から見おろせるおしゃれな構造になっています。「町立湯河原美術館」は、小さな美術館ですが、ゆっくり見てまわれます。温泉のついでにご当地美術館、至れりつくせりの湯河原です。

ランチの心配をしていたら、新たにアンドガーデンが併設されていました。豆乳スープがご自慢の品で、ディナーもやっていますが、予約制です。カフェには足湯もありますから、東京からなら一泊で楽々です。心身ともに癒されにお出かけ下さい。

名称 町立湯河原美術館アンドガーデン
住所 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1
営業時間 9:00~16:30(最終入館16:00)
休館日 水曜(休日に当たるときは開館)・年末
サイト https://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/museum/

子供も喜ぶおすすめのミュージアム5選

1. 星の王子さまミュージアム

「箱根★サン=テグジュペリ 星の王子さまミュージアム」は、生誕100周年の世界記念事業として建てられた、世界唯一のの美術館です。もちろん子供が主役ですが、かつて子供だった大人も歓迎しています。絵本の世界そのままの世界観です。「

ミュージアムレストランは入場しなくても利用できます。メニューも素敵で、しかも美味しいです。ローズティーの香りが雰囲気にマッチして、夢の世界へ連れて行ってくれますよ。ウワバミのオムライスは人気メニューです。

名称 星の王子さまミュージアム、ル・プチ・プランス
住所 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909
営業時間 9:00〜18:00(最終入園17:00)
休館日 第2水曜(3月と8月は無休)
サイト https://www.tbs.co.jp/l-prince/

2. ドールハウス美術館

1/12スケールのミニチュアドールハウスはヨーロッパの伝統工芸品です。はじまりは、お金持ちが娘のために作らせてたのが、流行して、職人が腕を競い合いました。中世のドールハウスは細部に至るまでハンドメイドで女子会で行ったらすごく盛り上がりました。

ドールハウス美術館はデートにぴったり、小さな家を眺めながら、なんとなくこれから暮らす理想の家なんて話題になるかもしれませんね。そんな話しなら隣のカフェでお茶でも飲みながらごゆっくりして下さい。ドールハウスはクラフトの王様といって、上流暮らすの趣味でした。

名称 ドールハウス美術館
住所 神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯84-55
営業時間 4月〜10月 10:00〜17:30(最終入館17:00)
11月〜3月 10:00〜17:00(最終入館16:30)
休館日 第2、第4火曜、年末年始
サイト http://hakonedollhouse.jp/

3. 箱根生命の星地球博館

県立の自然史博物館です。子供から大人まで、生命の起源について学べるようになっています。展示室は3Fまで吹き抜けになっていて、中央には恐竜の骨格標本が展示されています。動物や昆虫の標本など、見応え充分です。夏休みはかなり混雑します。

「箱根生命の星地球博館」はミュージアムシアターや、ミュージアムライブラリーが利用できるほか、展示物の解説も、子供相手にしては、しっかりしています。子供たちは柔軟な頭で、吸収してくれることでしょう。夏休みの自由研究に訪れていますから、そのころは混み合っています。

名称 神奈川県立生命の星地球博館
住所 神奈川県小田原市入生田499
営業時間 9:00~16:30(最終入館16:00)
休館日 月曜(祝日・振替休日は翌平日)
サイト http://nh.kanagawa-museum.jp/

4. 空中散歩館

大成瓢吉・節子の作品を展示しています。生活空間のなかで、制作から作品の発表まで行っている個人の美術館です。音を鳴らして楽しむような可動型の作品が楽しいですよ。時にはコンサートが行われることもあります。

「空中散歩館」は、見て、触って、動かして、アートって楽しいんだ! 子供たちは大喜びの動きのある美術館です。体験して、新発見があるかも知れません。写真や、立体、オブェが展示されています。。展示品は制作の中で変わってゆくので、常に新しい発見ががあります。

名称 空中散歩館
住所 神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋813-7
営業時間 10:00~17:00
休日 月曜
サイト

5. 森のふれあい館

動物や植物を展示しています。ふれあうなかで、自然の素晴らしさや、大切さを学ぶのが目的です。大人から小さなお子さんまで楽しむことができる施設になります。木の実クラフトは子供達にも人気です。参加してみて下さいね。

この投稿をInstagramで見る

@hirop68がシェアした投稿

「森のふれあい館」は、木の実や、生き物にふれあいながら学べるので、いつも子供達の声にあふれています。ガイドウォークや工作体験などが行われています。「森のふれあい館」は、2012年にジオパークに認定されるという実績があります。

名称 箱根町立森のふれあい館
住所 神奈川県足柄下郡箱根町箱根381-4
営業時間 9:00~17:00 (12/1~2月末は16:30まで)
サイト https://www.hakone.or.jp/morifure/

箱根ならではのご当地ミュージアム5選

1. 箱根武士(もののふ)の里美術館

「武士(もののふ)の里美術館」は、室町時代から江戸時代にかけての鎧や甲冑、刀剣など、武士に関わる道具を展示している美術館です。最近は外国人のお客様も多く、注目されている美術館です。1,000点の所蔵品のなかで300点が展示されています。

古美術商が長年収集した品で、鎧、甲冑だけでも20領が展示されているのは壮観です。鎧甲冑は単なる戦闘着ではなく、凝った装飾が施されていることから、昔から美術品として扱われてきました。一同に展示されている事で、装飾の方法など見て知ることができます。

名称 箱根武士の里美術館
住所 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817-580
営業時間 夏期 10:00~17:00(最終入館16:30)
冬期 10:00~16:00(最終入館15:30)
サイト https://www.hakone.or.jp/560

2. 駅伝ミュージアム

箱根駅伝はお正月の風物詩といってもいいくらい生活に浸透しています。箱根駅伝が始まって100年の歴史があります。毎年生まれるドラマ、名シーンを写真やグッズで伝えてくれるのが「箱根駅伝ミュージアム」です。箱根町の皆さまが、声援をおくる姿を見るのも、毎年恒例になりました。

毎年テレビ中継でおなじみの往路と復路のスタート地点を見にいくまえに「箱根駅伝ミュージアム」で、過去の駅伝の歴史を見て行きませんか?来年の駅伝がより見応えあるものになりますね。代表4校の旗がお出迎えしてくれます。

名称 駅伝ミュージアム
住所 神奈川県足柄下郡箱根町箱根167
営業時間 10:00~17:00
サイト http://www.hakoneekidenmuseum.jp/index.html

3. 箱根寄木細工関所からくり美術館

箱根関所のすぐ近くに2013年に開園した「箱根寄木細工関所からくり美術館」には、からくり創作研究が作ったからくり100点が展示されています。電動のもも出ているのですよ。昔から引き継がれてきた日本の職人さんの技見てみませんか?

箱根も今や外国人の観光客がたくさんいます。からくりは江戸時代から受け継がれた技術です。外国人の方がからくり箱を押したり引いたりしているのを見かけると、誇らしい気持ちになります。外国人の収集家の方もいるようです。

名称 箱根寄木細工からくり美術館
住所 神奈川県足柄下郡箱根町箱根16
営業時間 9:00~17:00
サイト https://hakone-karakuri.jp/

4. 箱根ジオミュージアム

「箱根ジオミュージアム」は、箱根の火山や砂防など、箱根の自然について、ジオビジョンでわかりやすく説明しています。火山のなりたちが巨大モニターで見る事ができます。大涌谷にあるので、バスの待ち時間に気軽に立ち寄れます。

観光地の美術館、博物館は入館料が1,000円以上しますが、ジオミュージアムは100円です。展示物もわかりやすく整理されていて、火山のこと、温泉のこと、それ以前に箱根の成り立ちのことが紹介されています。ぜひ立ち寄る価値ありです。

名称 箱根ジオミュージアム
住所 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251
営業時間 9:00~16:00
休館日 不定休(天候等による臨時休館あり)
サイト http://www.hakone-geomuseum.jp/

5. 玉村豊生ライフアートミュージアム

ワイナリーオーナーにして、画家であり、エッセイストの玉川豊男氏の個人ミュージアムです。素材は身近な風景や、草花だったり、世界の風景を優しい水彩で描いています。女性は絵葉書やカレンダーのコーナーで動かなくなります。一点一点丹念に購入作品を吟味し始めるのです。

玉村豊男氏は自分の暮らしをアートとして表現する”ライフアート”を展開しています。「玉村豊生ライフアートミュージアム」に展示されている作品はその場で購入することができるところもユニークです。原画とステーショナリーなどのグッズも展示販売されています。

名称 芦ノ湖テラス玉村豊男ミュージアム
住所 神奈川県箱根町元箱根61
営業時間 月~金 10:30~17:00
土・日・祝 9:00~17:00
サイト http://www.ashinoko-terrace.jp/museum.html

箱根で知力・体力・食欲をリフレッシュしましょう!

箱根は江戸の昔から国民の保養地として利用されてきました。最近ますます進化を遂げている箱根はまさに、癒しのパラダイス。都心から、すぐに行ける手軽さも魅力です。都会を一歩離れれば、広大なパノラマビュー、癒しの温泉。観て、ふれて、食べて、笑って、時には充電も必要ですよ。満たされに箱根にお出かけしましょう。箱根に行くのは新宿から小田急ロマンスカーで一直線です。

【関連記事はこちら】

▷アート満載!都心からすぐそば「箱根」 癒しの観光スポット20選
▷神奈川県に行ったら訪れたい!人気の観光スポット37選!
▷小田原で必ず訪れたい!おすすめの観光スポット40選

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

おすすめ記事

人気記事