最終更新日時2019/09/10

本州最北端の県、青森。新幹線1本で行ける街で、日帰りでグルメを食べに行く人もいますよね。海に面した青森は海の幸をメインとした郷土料理や、出汁の美味しいラーメン、名産物のリンゴを使ったスイーツなど、おいしいグルメがどんどん見つかります。今回は青森駅周辺のおいしいグルメ19選をご紹介。「行ってみたいお店」をぜひ見つけてくださいね。

ご当地の郷土料理が食べたい!おすすめグルメ9選

1. お食事処おさない

芸能人も多く訪れ、店内の壁にはサインがずらりと並び地元の人にも愛される大人気の郷土料理のお店「お食事処おさない」。大きな黄色い看板が目印です。メニューの種類も数多く、定食だけでなく一品料理も注文できます。

こちらのお店の一番人気メニューは「ホタテ貝焼きみそ定食」。味噌で煮込んだホタテ貝、玉ねぎ、長ネギなどを卵でとじたお料理です。上にはウニものっていますよ。ホタテのエキスがたまらないこちらのお料理はごはんとの相性も抜群です。

名称 お食事処おさない
住所 青森県青森市新町1-1-17 1F
営業時間 11:00~14:00 16:00~20:00(L.O.)※L.O.の前に並ぶ必要あり
定休日 月曜 (祝日の場合は営業、翌日代休)

サイト https://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2000071/

2. みちのく料理 西むら アスパム店

アスパムという商業施設の10階にあり、海を眺めながら郷土料理が楽しめるお店、「みちのく料理 西むら アスパム店」。天気のいい日の眺めは最高です。そんなこちらのお店のおすすめ料理は「じゃっぱ汁」という郷土料理。

じゃっぱ汁とは磯だらの頭や中骨、内臓などを使って出汁をとり、野菜と煮込んだもの。内臓を入れているのでコクとうまみがでて、寒い地域ならではの体が温まる一品です。こちらのお店ではこのほかにも郷土料理がたくさんあるので、海を眺めながらぜひご堪能ください。

名称 みちのく料理 西むら アスパム店
住所 青森県青森市安方1-1-40 アスパム 10F
営業時間 4/1~10/31の期間 (ねぶた期間は除く)
昼の部 11:00~15:30 (L.O. 15:00)
夜の部 17:00~21:00 (L.O.20:30)

ねぶた期間の営業時間
(8/1~8/6) 11:00~20:00(L.O. 19:30)
(8/7) 11:00~14:30 (L.O 14:00)

“11月~3月 
昼の部 11:00~15:30(L.O.15:00)/夜の部 16:30~20:00(L.O.19:30)
※ご宴会予約のお客様は21:00まで”
定休日 不定休 (アスパムの休館日に準ずる)

サイト http://www.michinokunishimura.com/

3. りんご箱

商業施設「アウガ」内にあるこちらのお店、「りんご箱」ではなんと、夜は津軽三味線の演奏を聴きながら郷土料理をいただくことができます。また店内には本物のりんごの箱でできたテーブルもありとてもユニークなお店。

ランチは定食で、ディナーは居酒屋メニューで郷土料理を食べられ、いちご煮やせんべい汁など、青森の有名な郷土料理もちゃんといただけます。ご当地ならではの郷土料理に三味線の演奏の組み合わせが楽しめて一石二鳥ですよね。

名称 りんご箱
住所 青森県青森市新町1-3-7 フェスティバルシティ アウガ
営業時間 10:00~23:00(L.O.22:00) 平日は15:00~16:30の間CLOSE
定休日 アウガ休館日、新鮮市場休館日に準ずる
サイト http://auga-ringobako.com/hp/

4. 助六 青森駅前店

大きな赤い看板に大きな黒文字で「郷土料理」とかかれたとても目立つお店、「助六 青森駅前店」はリーズナブルに美味しい料理が味わえる串焼き・郷土料理の居酒屋さんです。家族でも一人でも入りやすい雰囲気ですよ。

メニューには定番貝味噌焼きやホタテの塩辛、せんべい汁鍋と郷土料理はもちろん、串焼きも種類豊富。「じゃがバター塩辛のせ」など、名物をつかった変わり串もあります。ワイワイとした雰囲気で食事がすすむお店です。

名称 助六 青森駅前店
住所 青森県青森市新町1-6-25
営業時間 17:00~24:00 (L.O. 23:30)
定休日 無休
サイト http://taiheizan-farm.jpn.com/sukeroku-aomori/

5. 甚太古

人間国宝である津軽三味線演奏家、高橋竹山の愛弟子が女将をしている「甚太古」。津軽三味線と弾き語りをBGMに郷土料理が楽しめるお店です。三味線を聴いたことがない人でもひとたび演奏が始まると箸を止めて聴きいってしまうほどの迫力です。

そしてこちらのお店のお料理のおすすめは塩仕立ての「じゃっぱ汁」。味噌味で出すお店が多いですが、こちらは魚のあらでとった出汁に塩で味付けしています。そこに旬の魚などを入れて煮込んだものがこのお店のじゃっぱ汁。三味線を聴きながらぜひ味わいたいお料理です。

名称 甚太古
住所 青森県青森市安方1-6-16
営業時間 18:00~21:00
定休日 第1、第3日曜日
サイト https://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2000467/

6. 津軽じょっぱり漁屋酒場 青森本町店

大きな「ねぶた」3体がお客を出迎える「津軽じょっぱり漁屋酒場 青森本町店」。3体のねぶたは迫力満点です。外観が派手でびっくりされる方もいらっしゃいますが、お料理のおいしさにもびっくりすること間違いなしですよ。

郷土料理のメニューの多さもピカイチで、青森の魚介系の郷土料理はほとんど食べることができます。なかでも天然もずく酢のおいしさには定評があり、「もずく酢ってこんなにおいしいものだったのか!」と新しい発見ができるはずです。

名称 津軽じょっぱり漁屋酒場 青森本町店
住所 青森県青森市本町2-5-14
営業時間 17:00~24:00
定休日 無休
サイト http://marutomisuisan.jpn.com/isariya-tugaru/

7. 酒肴旬 三ッ石

美味しい郷土料理、懐石料理、地酒を堪能できる「酒肴旬 三ッ石」。総席数140席と、かなり広いお店で、一人でも気軽に座れるカウンター、少人数から大人数まで利用できる個室などがあり、いろいろな場面で使えるお店です。

こちらのお店は地酒の種類が多いのも自慢です。利き酒セットもあるので、飲み比べをすることもできますよ。また、馬肉の有名所でもある青森ならではの、おいしい馬肉もいただけます。美味しい料理に美味しい地酒で美味しい青森を満喫しましょう。

名称 酒肴旬 三ッ石
住所 青森県青森市安方2-7-33
営業時間 昼11:30~14:30(LO14:00) 夜17:00~23:00(LO22:00)
定休日 日曜 
サイト https://www.mitsuishi-aomori.jp/

8. 鱒の介

「お一人様歓迎」の看板が目をひくこちらのお店は「鱒の介」。もちろんお一人様じゃなくても歓迎ですよ。メディアで取り上げられたこともあり、郷土料理がおいしい人気店。アットホームな雰囲気が何度も足を運びたくなるお店です。

「味得とくセット」を頼めば、ビールと青森の代表的なお料理が2種ついてお得。このセットは数種類あり、お料理の内容でお値段も変わります。店主の豊富なお料理の知識も聞くことができるので、じっくり聞いてから決めるのもいいですね。

名称 鱒の介
住所 青森県青森市新町1-1-20
営業時間 17:00~24:00 (L.O.23:00)
ねぶた祭期間のみ(8月2~7日) 16:00~24:00
定休日 無休
サイト https://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2000741/

9. 郷土料理 奥津軽

青森の郷土料理として、「生姜味噌おでん」も有名ですよね。こちらのお店、「郷土料理 奥津軽」では、美味しい生姜味噌おでんを食べることができます。屋台村にある店舗なので決して広くはないですが、だからこそ店主やほかのお客との会話も弾みます。

こちらのお店のウリが、「青森の名物がすべて食べられる」ということもあって、前述のおでん、けの汁、田子にんにく、貝焼き味噌、せんべい汁とラインナップも豊富。楽しい会話に美味しい料理で青森での夜をお楽しみください。

名称 郷土料理 奥津軽
住所 青森県青森市本町3-8-3 青森屋台村 さんふり横丁
営業時間 17:00~24:00
定休日 無休
サイト https://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2000461/

青森駅周辺でB美味しいラーメン!おすすめ5選

1. くどうラーメン

青森のご当地ラーメンの一つである「津軽ラーメン」。その津軽ラーメンのお店で代表的なのがこちらのお店、「くどうラーメン」です。「煮干しラーメン」とも呼ばれるこのラーメンは出汁に煮干しをたっぷりつかい、東北特有の塩気が強めの味付けです。

シンプルにチャーシュー、メンマ、ネギというトッピングで出すお店が多く、くどうラーメンでも見た目はいたってシンプル。味もシンプルですが、だからこそ飽きられずに愛されるお味なんですね。観光客のみならず地元の人にも人気のお店です。

名称 くどうラーメン
住所 青森県青森市新町1-6-12
営業時間 8:00~16:00
定休日 木曜
サイト https://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2000343/

2. 味の札幌 大西

「味噌カレー牛乳ラーメン」ときいて、食べたことのないひとはすぐに味が想像できるでしょうか?いまいちピンとはきませんよね。でもなぜか「それ絶対美味しい」と思える、そんなラーメンの人気店は「味の札幌 大西」。

いろいろな種類のラーメンがありますが、こちらのお店で一番人気なのが青森名物の「味噌カレー牛乳ラーメン(バターいり)」です。味噌にカレーに牛乳にバター。想像するだけで、どんなお味なのか今すぐ食べにいきたくなりますね。

名称 味の札幌 大西
住所 青森県青森市古川1-15-6 大西クリエイトビル 1F
営業時間 11:00~21:30 (L.O)
定休日 不定休 (年末年始、9月に数日間やすみ)
サイト https://www.oonishi0024.co.jp/oonishi

3. 時おり

エビを使ったラーメンが自慢の「時おり」。カウンター席メインのお店なので、大人数でというよりは少人数で訪れるのがおすすめです。冬は期間限定のエビ味噌ラーメンがありますが、一年を通して食べられるのは醤油ベースのエビラーメン。

あっさりとした醤油ラーメンではありますが、エビのほどよい甘みを感じることができ、固めの麺によく合います。サクラエビとゴマを散らして見た目も華やかなラーメン。エビが好きな人にはたまらないラーメンですね。

名称 時おり
住所 青森県青森市新町1-15-7 大福ビル 1F
営業時間 11:00~15:00
定休日 日曜
サイト https://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2008412/

4. 長尾中華そば 青森駅前店

仙台や東京にも店舗を展開している「長尾中華そば 青森駅前店」。津軽ラーメンは、こちらはあっさりしたものからすこしこってりしたものまで3種類。コクのあるタイプは煮干しスープに白湯スープをブレンドしたもので、「新津軽ラーメン」と呼ばれています。

コクのあるほうは濁ったスープで、こってりしつつも白湯スープのまろやかさも感じられます。あっさり醤油ベースの津軽ラーメンを出すお店が多いですが、せひこちらの新しい津軽ラーメンにもチャレンジしてみてくださいね。

名称 長尾中華そば 青森駅前店
住所 青森県青森市柳川1-2-3 青森駅ビル ラビナ 駐車場 1F
営業時間 7:00~21:00
定休日 月曜日 (月曜が祝日の場合は火曜休み)
サイト http://www.naga-chu.com/top/

5. らーめん 砂小屋

「らーめん 砂小屋」は深夜まで飲食可能なラーメン屋さん。飲んだ後のシメにもピッタリですね。こちらのお店の自慢メニューは、「塩煮干しラーメン」。煮干しのうまみが最大限に活きているスープに細平打ち縮れ麺が相性抜群です。

ランチには無料の半チャーハンがサービスでついてくるので、お腹がすいた方にはうれしいですね。夜は限定の麻婆辛味噌ラーメンがあったりと、昼も夜も行ってみたくなってしまいますね。ラーメンが大好きな方は、ランチもディナーも訪れてみてください!

名称 らーめん 砂小屋
住所 青森県青森市新町1-11-9 2F
営業時間 11:00〜15:00  20:00〜翌2:00
定休日 日曜
サイト https://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2008937/

青森といえばリンゴ!おすすめリンゴグルメ5選

1. 赤い林檎

1階がケーキ販売、2階がカフェになっている「赤い林檎」。添加物を一切使わないケーキやパイが自慢です。店名にもあるように、林檎を使ったパイ、そう、アップルパイが有名なお店です。青森土産の定番にもなっていますね。

パイはサクサクパリパリで中にはとろっとした林檎。少し甘めの味付けになっています。想像しただけで今すぐ買いに行きたくなってしまいますね。リンゴの季節には生林檎を使ったハート型のパイも販売されますよ。恋愛運が上がるかも?

名称 赤い林檎
住所 青森県青森市新町2-6-15
営業時間 9:30~17:30(閉店19:00)
定休日 無休
サイト https://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2000480/

2. おきな屋 新町店

リンゴを使ったお菓子が何種類も並ぶこちらのお店は「おきな屋 新町店」。青森自慢のリンゴをパイやマドレーヌ、餅菓子に使い販売しています。リンゴは青森県産の紅玉。程よい酸味が後を引き、どんどん食べたくなってしまいます。

色々あるお菓子でも特に「薄紅」が人気商品で津軽の銘菓としてファンも多いお菓子となっています。青森に行かれた際にはぜひこちらのお店に立ち寄ってお土産、そしてもちろん自分用にもいろいろ買ってみてくださいね。

名称 おきな屋 新町店
住所 青森県青森市新町 1-8-2
営業時間 9:00~19:00
定休日 無休
サイト http://www.a-okinaya.co.jp/

3. ナチュレ

素材の味を活かした自然派ジェラートを作るお店、「ナチュレ」。無着色、無添加のジェラートにこだわり、素材も厳選しています。リンゴのジェラートは特に人気で、さっぱりとした酸味とその中にかくれる甘みが絶妙です。

人気のリンゴジェラートは数種類あるほかに、とうもろこしや毛豆のジェラート、日本酒のジェラートなど、少し変わったフレーバーもあります。色とりどりのショウケースを眺めてどれにするか迷う時間も楽しいですよね。

名称 ナチュレ
住所 青森県青森市新町1-6-22
営業時間 月~土 10:00~18:00
日 10:00〜17:00
定休日 水曜
サイト https://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2000818/

4. A-FACTORY

青森駅からすぐの場所にある「A-FACTORY」は、青森のお土産屋さんです。店内にはオシャレに陳列されたさまざまなお土産が売られていて、見ているだけでも楽しめます。なかでもやはりリンゴを使ったお菓子は種類もたくさん。

リンゴ飴キットやリンゴのジュースにお酒、さらにリンゴのお茶など、お土産を選ぶのにも時間がかかってしまいそうなほど。おすすめは「青森のりんごちっぷす」薄くスライスした乾燥リンゴでサクサクとした触感がたまりません。あっという間に食べ終わってしまいそうなお菓子です。

名称 A-FACTORY
住所 青森県青森市柳川1-4-2 A-Factory
営業時間 レストラン1F 11:00~20:00
レストラン2F 11:00~20:00
ショップ 9:00~20:00
定休日 無休
サイト https://www.jre-abc.com/wp/afactory/index/

5. SWEETEST DAY

オシャレなスイーツバー、「SWEETEST DAY」。ニューヨークの街角にあるお店を連想させるような雰囲気です。それもそのはず。こちらのお店はニューヨークなどにはよく見られる、「食事をした後にデザートを食べるための専門店」なんです。

こちらでは、青森県産リンゴを使ったガトーショコラが人気。リンゴとチョコの意外な組み合わせですが、リンゴの食感としっとりとしたガトーショコラがいいハーモニーを奏でています。夏季にはリンゴのかき氷も登場。オシャレなスイーツをオシャレなスイーツバーでどうぞ。

名称 SWEETEST DAY
住所 青森県青森市古川1-17-1 あかとんぼビル 1F
営業時間 11:30〜18:00
定休日 水曜
サイト https://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2008445/

食べたい青森グルメはみつかりましたか?

北の海で獲れる海の幸、それを活かした郷土料理に、うまみが凝縮されたラーメンスープ。誰もが知っている名産のリンゴを使ったスイーツ。どれもこれも、食べるところを想像しただけで今すぐドアをあけて青森へ出発したくなりますよね。夏には夏の、冬には冬の、それぞれいい一面を持つ青森。次のご旅行はぜひ青森も候補に入れてくださいね!

【関連記事はこちら】

▷新鮮な海鮮からオシャレなカフェまで!青森市でおすすめのランチ20選
▷食べ歩きしよう!青森に行ったら絶対食べたいおすすめのラーメン店20店

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

おすすめ記事

人気記事