最終更新日時 2019/09/03

八戸を代表するグルメと言ったら、南部せんべいを鶏だしやサバだしの汁の中に入れて具と一緒に煮込む”八戸せんべい汁”ではないでしょうか。それ以外にも”いちご煮”や”八戸ばくだん”など様々なご当地料理があります。ここではご当地料理別にオススメのお店をご紹介していきます!

八戸王道のグルメを堪能できるお店9選!

1. お台どころ ねね

八戸屋台村のみろく横丁一のせんべい汁が食べれると人気の「お台どころ ねね」。ピンク色の提灯がぶら下がり、少し入りづらい店構えですが、白い割烹着をきた店員さんたちが明るく向かい入れてくれる親しみやすいお店。大皿料理、馬肉料理、郷土料理を家庭的な雰囲気の中で楽しむことができます。

みろく横丁一と言われるせんべい汁はしっかりとした出汁にたっぷりの具が入っていて、食べ応え抜群です。地元民にも大人気なのが、店員さんが歌う”せんべい汁の歌”はいくつかバージョンがあるみたいです。せんべい汁を頼んだら聞けるかも!

名称 お台どころ ねね
住所 青森県八戸市大字三日町25 みろく横丁 おんで市2丁目
営業時間 月〜土16:00〜翌1:00
日16:00〜24:00
サイト https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2000143/

2. いちば亭

八戸の郷土料理を代表する”せんべい汁”や、新鮮な海鮮をたっぷり使用した海鮮丼など、地元の食材を使ったメニューが豊富な「いちば亭」。八戸の美味しいものが集まった「八食センター」内にあるお店です。お腹いっぱいになった後はショッピングも楽しめます。

「いちば亭」のせんべい汁は自分で南部せんべいを割って入れ、自身の好みな硬さで食べれます。オススメはアルデンテ。味噌仕立てのスープに野菜もたっぷり入っていて、馬肉から出る濃厚な味わいがとても美味しいと評判ですよ。馬肉って鍋にして食べても美味しいんだと新しい発見です。

名称 いちば亭
住所 青森県八戸市大字河原木字神才22-2 八食センター
営業時間 10:00~22:00(L.O. 20:30)
定休日 第4水曜
サイト https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2000900/

3. 屋久岳

こちら「屋久岳」も八食センター内にあるお店で、新鮮な魚介の炭火焼きや特製のせんべい汁が人気の定番メニュー。また、炭火で焼き上げた新鮮な地元の焼魚や、脂ののった八戸前沖さばの炭火焼きも人気があり、その香りは最高です。

屋久岳のせんべい汁はなんと250円とかなり安い!せんべい汁マイスターのご主人が作る八戸せんべい汁は、出汁がよくきいていて、コクがしっかりあるけどあっさりとしています。南部せんべいも時間を計って入れているようで、クタクタになり過ぎず良い噛み応えがありお腹も気分も大満足です。

名称 屋久岳
住所 青森県八戸市河原木字神才22-2 八食センター
営業時間 10:00〜18:00
定休日 水曜

4. 青森自慢料理 ほこるや

「ほこるや」は江戸時代に創業した酒造を料理屋に改装。大正に建てられた建物はレトロな雰囲気があり、1987年に創設された「八戸市まちの景観賞」の受賞第一号で、国の登録有形文化財に指定されています。オシャレな建物はデートや女子会に最適。

ほこるやで食べれるせんべい汁は青森の地鶏”青森シャモロック”の出汁で作った旨味がしっかりしたコクのあるスープで楽しめます。その他にも贅沢なウニとアワビお使った八戸のお吸い物”いちご煮”はウニの濃厚な旨味が汁全体に広がり美味しいと好評。

名称 ほこるや
住所 青森県八戸市八日町6-1
営業時間 ランチ:1:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー:17:00~22:00(L.O.21:30、ドリンクL.O.21:30)
定休日 日曜
サイト https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2004569/

5. おかげさん

JR本八戸駅近くのレトロな飲み屋通り内にある緑色の看板とのれんが目印の「おかげさん」。地元客はもちろん、観光や出張時に利用したことをきっかけにリピーターが生まれるほど評判です!チャーミングで個性的な女将さんファンも多く、一人で行っても楽しめること間違いなし。

八戸名物のせんべい汁はもちろん美味しいですが、少し違った新しい南部せんべいメニューもここでは味わうことができます。その名も”八戸せんべいピザ”。南部せんべいの上に、塩気強めなイカの塩辛とチーズをのせて焼いたカナッペ風のせんべいピザはぜひ試してもらいたい一品です。

名称 おかげさん
住所 青森県八戸市大字鷹匠小路1
営業時間 18:00~24:00
定休日 日曜
サイト https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2000611/

6. 千陽 本店

完全予約制の「千陽本店」は、メニュー表が無くて予算に合わせたコース料理をで八戸産や青森産の四季折々の食材を活かした海鮮料理・郷土料理を頂けます。店主が厳選した地酒や日本酒が揃い、”日本酒に合う料理”が一人¥8000のコースから楽しめます。デートや大事な会食などにも最適なお店。

東北一の割烹料理屋とも言われている千陽は、綺麗な器に大胆に、そして繊細に盛り付けられた食材はまるで芸術のようです。店主さんは日本のカウンター割烹の先駆の「浜作」で8年間修行し、そこで得た独創的な発想から生み出される創作料理は目と舌を魅了させてくれますよ。

名称 千陽 本店
住所 青森県八戸市大字堤町8
営業時間 18:30~23:00
サイト https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2005810/

7. さめ八

八戸イカや八戸さばが堪能できる「さめ八」はお酒の種類も豊富で酒飲みさんにはたまらないお店です。炉端風のカウンターで炭火の火に癒されながらお食事が楽しむことができ、もちろん個室やテーブル席もあるので、接待やデートにも使えますね!

お酒に合う八戸産の新鮮な魚料理が楽しめるさめ八で頂ける、新鮮なウニとアワビで作ったいちご煮は優しい磯の香りがたまりません。その他にもぜひ試してほしい定番メニューが”焼き魚五種セット”。炭火で焼いた八戸の魚は脂の旨味がしっかりしていて最高に美味しいと評判です。

名称 さめ八
住所 青森県八戸市長横町14-2
営業時間 17:00~翌3:00
定休日 日曜
サイト https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2000397/

8. 魚食家 きんき

八戸・北三陸の選び抜いた魚介を堪能できる「魚食家きんき」では、甘く上質な脂の高級魚”吉次”が定番メニューで低価格で頂けます。他にも、新鮮なウニとアワビのいちご煮、肉厚で脂乗り抜群の”八戸前沖さば” など、職人が厳しい目で選び抜いた魚を堪能できるお店です。

店員さんもオススメの吉次の塩焼きは脂がしっかりのっていて、「美味い!」と誰しもが声に出してしまうほど。ビルの3階にあり、少し入りづらい感じはありますが、店内は清潔感があって落ち着いて食事もお酒も楽しむことができます。美味しい魚料理とお酒を楽しみたいなら間違いないお店です。

名称 魚食家 きんき
住所 青森県八戸市鷹匠小路18 金剛ビル 3F
営業時間 17:00~22:00 (L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)
定休日 日曜・他平日不定休あり
サイト https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2001072/

9. 八食市場寿司

八食センター内にある「八食市場寿司」は市場内にある為、常に新鮮な旬のネタを揃えていることで地元民にも観光客にも大人気な大型回転寿司店。いつも行列ができるほど賑わっているので、並ぶこと覚悟で早めにいくのがオススメです。

八戸の名物である「いか」「ほたて」「平目」をはじめ、地元産の「いわし」「そい」「めばる」や東京では珍しい「あいなめ」や「生サバ」などが人気。ここでオススメなのが八戸名物”いちご煮”です。ここでは比較的安く頂くことができ、味はもちろん値段以上!ぜひ試してみてください。

名称 八食市場寿司
住所 青森県八戸市河原木字神才22-2 八食センター
営業時間 10:00~21:00
定休日 無休(臨時休業あり)
サイト https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2000178/

美味しい八戸名物のご飯ものが食べれるお店5選

1. 波光食堂

八戸駅からは少し遠い場所にある「波光食堂」は海の幸を使った料理が頂けるお店です。近くには白浜海岸や種差海岸もあるので、海岸沿いの散策も楽しむことができますね。駐車場もあるので車で行けるのが嬉しいですね。メニューもお食事系の定食が多いので、ファミリーでも行くことができます。

定番メニューは”磯ラーメン”。魚介スープが細ちぢれ麺によく絡んで絶妙な美味しさです。オススメは定番の磯ラーメンとミニ生ウニ丼のセット。目の前の海で採れた生うにを海水で洗っているので、うに本来の美味しさが味わえます。ぜひ試してみてください!

名称 波光食堂
住所 青森県八戸市鮫町棚久保 14
営業時間 11:00~18:00 (L.O.17:00)
サイト https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2004889/

2. 海席料理処 小舟渡

海抜ゼロ!広大な海を見渡せる抜群のロケーションや、旬で一番美味しい魚を提供してくれると評判の「海席料理処 小舟渡」。定食や丼物から郷土料理にお酒も揃っています。格別な眺めで食べる料理や飲むお酒は一段と美味しい!とリピーターも多い、知らないと見逃しちゃう穴場なお店です。

八戸ご当地グルメであるせんべい汁やいちご煮も人気ですが、ここでの人気メニューは香りの良い磯ラーメン。塩ラーメンがベースでウニや貝、海老などの魚介や海藻がたっぷりのラーメンはスッキリとしてコクがあり魚介の旨味がしっかりと味わえるスープです。他にも新鮮で美味しいと生ウニ丼が人気。

名称 海席料理処 小舟渡
住所 青森県八戸市鮫町小舟渡平10
営業時間 ランチ:11:00~15:30
ディナー:17:00~20:00
定休日 月曜
サイト http://www.kofunato.co.jp/kofunato_top.htm

3. みなと食堂

全国から熱狂的なファンを集める超絶人気店の「みなと食堂」は、朝6時から開店しているが、8時頃には行列が出来てしまうほどです。年季の入った建物にビリビリなのれんから想像できないぐらい店内は綺麗で落ち着いた柔らかい雰囲気のお店です。

みなと食堂の定番メニューは薄いオレンジ色に光り輝く”ヒラメ漬け丼”です。硬すぎず、柔らか過ぎない、しっかりとした身と、ほのかな甘みを感じる美味しい平目は行列ができるのも納得できる一品。甘めの醤油タレがご飯の底までにも届いていて、最後までしっかり楽しめる丼物です。並んででも試す価値あり。

名称 みなと食堂
住所 青森県八戸市大字湊町字久保45-1
営業時間 6:00~15:00(L.O.14:30)
定休日 日曜・年末年始
サイト https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2000865/

4. 磯料理芝亭

天然芝が波打ち際まで広がる種差海岸の風景を楽しみながら、「磯料理芝亭」自慢の磯料理が味わえるお店。駅からお店まで少し歩きますが、海が一望でき、海鳥がたくさん飛んでいて、のどかな風景が広がります。まず、景色で癒されましょう!

磯料理芝亭人気の新鮮な魚介を使用した磯ラーメンは、かに爪、うに、ホタテ、えび、海藻類など具沢山で塩味のスープは磯のいい香りがたません。結構ボリューミーで十分の満腹感を得られます。この量でこの質は安い!と感じることも多いそうです。

名称 磯料理芝亭
住所 青森県八戸市鮫町字棚久保14
営業時間 11:00~18:30
定休日 第1・3火曜(7・8月は無休)
サイト https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2000169/

5. しんぶんカフェ・俵屋

デーリー東北新聞社が地域の活性化や食文化の発信を願いオープンした「しんぶんカフェ・俵屋」は、東北ホールと連動していて、カフェコーナーと寿司・和食コーナーに分割されています。カフェコーナーには普段読むことができない、地方紙15種類が揃っていて、寿司・和食コーナーではご当地料理や魚料理を楽しむことができます。

しんぶんカフェ・俵屋の名物メニューは、「八戸銀サバトロづけ丼」。なんと、東京都内で開かれた「全国ご当地どんぶり選手権」で、2年連続となるグランプリを獲得しているんです。脂の乗ったサバトロづけ丼は、残り3分の1くらいになったら熱々のだし汁をかけてお茶漬けで食べます。1度に2度楽しむことができます。

名称 しんぶんカフェ・俵屋
住所 青森県八戸市城下1-3-18
営業時間 ランチ:11:00~15:00(L.O.14:30)
ディナー:17:00~21:30(L.O. 21:00)
サイト http://feature.daily-tohoku.co.jp/web2/company/company-cafe.html

お酒も郷土料理も楽しめる欲張りさん向けのお店5選

1. ばんや

大正時代に建てられた一軒屋の郷土料理居酒屋「ばんや」は八戸に行ったら行くべき!と人気のある居酒屋。メニューはなく、カウンターに並んだ大皿や壁に貼られたメニューのみです。最初は少し頼みづらいかもしれませんが、建物やお店が作る雰囲気はなんとも居心地がよく、リピーターも多いお店です。

ばんやの大皿料理は都会ではなかなか食べれない、ご当地料理ばかり。いかの共和えや蕗と薇と油揚げと鰊の煮物など、お酒にすごく合います。刺身や魚料理は新鮮で、ウニは格別と評判です。お酒は青森はもちろん、東北の美味しい日本酒が並んでいます。お酒好きのグルメさんは行くしかありません!

名称 ばんや
住所 青森県八戸市朔日町4
営業時間 18:00~23:00
定休日 日曜・祝日
サイト https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2000410/

2. 南部民芸料理 蔵

ビルの中にありながら、築350年の蔵をそのまま使っている「南部民芸料理 蔵」。思わず「ただいま!」と言ってしまいたくなるようななんだか、懐かしくホッとするお店です。囲炉裏を囲みながら食べる八戸の旬の料理や定番メニューはご当地料理の”いちご煮”と”せんべい汁”は格別です。

定番メニューは八戸ご当地料理の”いちご煮”や”せんべい汁”に”そばかっけ”。そばかっけは、そばをこねて薄く伸ばしたものを三角形に切って食べる鍋料理で、蔵のそばかっけは大きなお鍋で運ばれてきて、取り分け用の小皿には特性のお味噌が入っています。濃厚で深い味わいでお腹も心も大満足になること、間違いなしです。

名称 南部民芸料理 蔵
住所 青森県八戸市十三日町28 花真ビル 1F
営業時間 17:00~22:30
サイト https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2000500/

3. はっと

みろく横丁の中にある「八戸」と書いて「はっと」と読むお店は、元バスガイドの母と娘が二人三脚で運営しています。黙々と仕事をする娘さんと、お話好きのお母さんで繰り広げる娘に怒られてるお母さんのドタバタ喜劇が面白いと、ちょっと名物になりつつあります。

はっとのメニューはとても良心的な値段の物が多く、定番メニューは刺身の3点盛りです。イカにしめ鯖、エンガワで¥600は安い!その日によって変わる手作りおかず3品も¥500と安いですが、お味は価格以上。美味しい料理とお酒を楽しみながら、元バスガイドの女将さんから耳寄りな観光情報が聞けるのは嬉しいポイントです。

名称 はっと
住所 青森県八戸市六日町25
営業時間 16:00~22:00頃
サイト https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2004624/

4. うまいもんや山海楼

「うまいもんや山海楼」は新鮮で美味しい八戸の魚介類がに食べれると地元でも評判のある居酒屋。料理の値段は少し高めですが、それ以上の接客と料理の味に大満足できるお店です。地元民からも愛され、常に賑わっていますので、行く際は、予約をした方が良いかもしれません。

名物メニューは脂の乗った本マグロで、店主が目の前でわさびを摩り下ろしてくれる時もあり、新鮮はマグロと香りの良い擦りたてワサビは最高に美味しいと大好評です。擦りながら話してくれる大将のワサビうんちくもクセになる、リピーターの多いお店です。

名称 うまいもんや山海楼
住所 青森県八戸市大字鷹匠小路17-1 鷹匠アレイビル
営業時間 17:30〜23:00(L.O.22:30)
定休日 日曜
サイト https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2010072/

5. とんでん兵

「とんでん兵」の名物といえば北海道出身のマスター。毎回、お箸が出てくるのに時間がかかります。その理由はマスターが一人一人に直筆でメッセージを書いているからです。長渕剛の大ファンで、リクエストすれば、ギターで弾き語りもしてくれるとか。一人で行っても、友達と行っても、デートで行っても楽しめる居酒屋です。

料理は魚も肉もあり、バラエティー豊かで値段も安めに設定されています。魚介類はやはり八戸にあるので、どれも鮮度は良く、特に評判なのはタコの白子です。茹でたものはたまに見ますが、生で出せるのは八戸だからですね。お酒は青森の朝けはもちろんマスターが選りすぐった日本全国のお酒が揃っています。

名称 とんでん兵
住所 青森県八戸市八日町36 第一ビル地下1F
営業時間 17:30~24:00
定休日 水曜
サイト https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2000318/

海の幸に目がない人にはまさに天国な八戸!

いかがでしたか?どのお店も新鮮な魚介類が頂けるお店です。食べ馴染みのある魚でも鮮度が良いと違います。どのお店も気になりますが、私はみなと食堂のヒラメ漬けがとても気になっています。並んででも食べてみたい!あとは、みろく横丁にあるお店も回ってみたいですね。お酒も多く、郷土料理も食べれるさめ八にも行ってみたいです。あと、個人的にとんでん兵のマスターにすごい会いたい!皆さんも気になるお店があれば、ぜひ足を運んでみてください!

【関連記事はこちら】

▷青森で大間野マグロを食べよう!おすすめのお店20選

特集

2019/11/29【宿泊体験】ドーミーインの和風プレミアムブランド – 天然温泉 凌雲の湯 御宿 野乃 浅草 –

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

人気記事