最終更新日時2019/10/03

海にも面している青森県は、魚介も野菜も美味しい魅力的な場所です。そんな青森県へ旅行に行こうと考えているならば、ぜひとも行って欲しい温泉宿や銭湯が青森にはたくさんあります。そんな中でも特におすすめの10ヶ所を厳選して紹介します。旅行の際の参考にしてみてください。

一度は行きたいリラックススポット!青森でおすすめの温泉宿&銭湯

1.浅虫温泉 辰巳館

「浅虫温泉 辰巳館」には露天風呂と内湯が男女ともに1ヶ所ずつあります。特に露天風呂内では美しい庭園を楽しむこともできるので、温泉で身体がリラックスすることはもちろんですが、庭園の美しさを感じながら楽しむ温泉は格別です。一度は入浴してみましょう。

観光で訪れるならば、浅虫温泉 辰巳館は立地的にも観光をしやすい場所にあります。周囲には浅虫水族館や道の駅など観光を楽しめるスポットが点在しているので、宿泊して温泉を楽しみ周囲を散策して観光を楽しむという楽しみ方ができるので利用してみてはいかがでしょうか。

施設内には、工芸品や名産品が販売されている売店もあるので、お土産を買うこともできます。他にもゆったりと休んだり卓球を楽しめるラウンジなども施設内に用意されているため、のんびりしたい方におすすめです。宿泊している間どんな過ごし方をするか、自分だけの楽しみ方を見つけてみましょう。

名称 浅虫温泉 辰巳館
住所 青森県青森市浅虫山下281
営業時間 チェックイン15:00 チェックアウト10:00
温泉12:00~翌8:30
サイト https://hpdsp.jp/tatumikan/

2.棟方志功ゆかりの宿椿館

「棟方志功ゆかりの宿椿館」の椿館の温泉は、源泉かけ流しで美容効果もあり、湯冷めしにくいのでお風呂あがりも身体がぽかぽかするでしょう。大浴場と露天風呂のほかに温泉を飲むことが出来る場所もあります。椿館の温泉は県内の温泉地で初めて飲泉許可をもらった温泉です。飲んでその効果を確かめてみるの良いでしょう。

椿館は創業400年の老舗の温泉旅館。歴史を感じさせる雰囲気の中でゆっくりと休むことができます。宿泊する方は、料理も堪能することができます。青森のでとれた新鮮な食材と青森の味付けでつくられた料理は、どれも絶品。グルメな人にでも満足してもらえる料理の数々を楽しみましょう。

椿館は、入口につけられたたくさんの提灯が目印の宿泊宿です。無料の駐車場があるので、お車で来ることも可能。浅虫温泉駅からは徒歩6分で行くことができます。浅虫温泉駅からは、宿泊する方であれば送迎をお願いすることも可能なので、電車を利用して足を運ぶことができます。

名称 棟方志功ゆかりの宿椿館
住所 青森県青森市大字浅虫字内野14
営業時間 チェックイン15:00、チェックアウト10:00
椿の湯 6:30~8:00 13:00~15:00
※最終入場各終了時間の30分前まで
サイト https://www.810215.com/

3.HOTEL Jogakura

「HOTEL Jogakura」では、温泉からも外の景色を楽しむことができます。周囲の自然は四季によって表情を変え、秋になると紅葉した樹々たちを楽しむことも可能。温泉でしっかり疲れをとりつつ、普段の生活ではなかなか見ることのできない自然の景色も楽しんでみましょう。

客室は、北欧風のオシャレなものから畳の香りに心も休まる和室まで用意されており、デートで足を運ぶのも良いでしょう。寝具には大きなこだわりがあり、ベットはシモンズ製のものが使用されています。こだわりぬいた寝具たちのおかげで普段の生活では感じられないような快眠で、すっきりと身体がリフレッシュできるでしょう。

こちらのホテルでは、季節に応じてさまざまな体験をすることが可能。星空観測やバックカントリーツアーなど、自然の中だからこそできることも多いです。女子会旅行として足を運び、友人たちとさまざまな体験を満喫してみるというのもおすすめの楽しみ方です。

名称 HOTEL Jogakura
住所 青森県青森市荒川八甲田山中
営業時間 チェックイン14:00 チェックアウト10:00
温泉宿泊者 14:00~23:00、5:00 ~ 10:00
日帰り入浴 11:30~16:00(最終入場15:00)
サイト https://www.jogakura.com/

4.極楽湯 青森店

朝からお風呂を楽しみたいという時には極楽湯 青森店に行ってみましょう。「極楽湯 青森店」では朝の六時から入浴をすることができるので、朝風呂を楽しむスポットとして最適です。朝から暖かい温泉につかって、すっきりとした一日のスタートをきりましょう。

極楽湯青森店に足を運んだら、ぜひ入浴してみてほしいのが高濃度人工炭酸泉の露天風呂です。湯舟の中で発生している炭酸ガスの力によって体内の血管が広がるので血流も良くなり、とても健康面に良い効果を得ることができるお風呂なのでその効果を体感してみましょう。

内湯から露天風呂まで、豊富な温泉の種類を楽しむことができるのでゆっくり入浴ができるでしょう。露天風呂はオーソドックスなものから壺の形の湯舟で入浴できる壺湯、座って入浴する座湯など個性豊かなお風呂が用意されています。入浴してそれぞれの魅力を体感してみましょう。

名称 極楽湯 青森店
住所 青森県青森市東大野2-4-21
営業時間 6:00~翌1:00(最終入場24:20)
サイト https://www.gokurakuyu.ne.jp/tempo/aomori/

5.道の駅浅虫温泉ゆ~さ浅虫

「道の駅浅虫温泉ゆ~さ浅虫」には、青森市特産のすぐりを使用したソフトクリームやリンゴとバニラのミックスソフトクリームなどが販売されています。お風呂上りに最適のデザートが楽しめるのはゆ~さ浅虫ならではです。のんびりできて、美味しいものも食べれてデートに最適なスポットです。

ゆ~さ浅虫の施設内には、特産品が購入できる物販コーナーや、お食事ができるレストランなどいろんなものが入っています。お土産を買うのも良し、美味しいものを食べるのも良しで、こちらの施設だけでもゆっくり楽しい時間を過ごすことができるスポットです。

ゆ~さ浅虫の5階には展望浴場があります。陸奥湾を眺めながら入る温泉はとても心地の良いものです。そんな景色と温泉が大人で350円で楽しめるのは安いでしょう。旅行の途中で寄ってちょっとリラックスタイムなんて楽しみ方をしてみるのも良いかもしれません。

名称 道の駅浅虫温泉ゆ~さ浅虫
住所 青森県青森市大字浅虫字螢谷341-19
営業時間 展望浴場7:00~21:00(最終入場20:30まで)
サイト http://www.yu-sa.jp/

6.たらポッキ温泉

ちょっと変わった名前が特徴の「たらポッキ温泉」ですが、シンプルな浴槽の中ではかけ流しの温泉が楽しめます。湯の温度は少し熱めで、寒くなる冬などはしっかり身体もあたたまるでしょう。ツルツル感やスベスベ感もある温泉なので、お風呂上りは美肌になれます。

たらポッキ温泉では、シャワーとカランからも温泉がでます。さらには源泉口からは飲用するためのコップも置かれているので、温泉を飲むことも可能です。そんな贅沢に温泉を楽しむことができるポッキ温泉の入浴料は、大人で420円と安いので寄ってみる価値ありです。

たらポッキ温泉を経営しているのは、地元の食品会社である三幸食品です。もともとたらポッキというのは三幸食品で販売している商品名。実はたらポッキは日本で初めて販売されたチーズ鱈です。温泉に入ったら、ついでに買って味わってみてはいかがでしょうか。

名称 たらポッキ温泉
住所 青森県青森市大字鶴ケ坂字田川88-3
営業時間 8:00~22:00
定休日 無休
サイト https://www.atca.info/detail.html?oid=14

7.徳の湯温泉

「徳の湯温泉」では、これぞ銭湯と感じられる背景画を見ながらの入浴を楽しむことができます。青森の人気スポットでもある十和田湖が壁には描かれており、十和田湖を見ながら入浴をしているような気分を楽しむことができるので、時間がある時には寄ってみましょう。

徳の湯温泉は、青森駅から1駅の筒井駅から徒歩2分の好立地にあります。一人で旅行をしている時に、次の予定まで時間が余ったら足を運んで時間調整もできるスポットです。もしも一時間ほど時間の余裕があったら立ち寄って、リラックスタイムを楽しみましょう。

徳の湯温泉で楽しんでみてもらいたいのが水風呂です。水風呂といえばかなり冷たいイメージがありますが、徳の湯温泉の水風呂は源泉かけがなしで、水温が28度程度とそこまで低くありません。水風呂に入ることで、より入浴後の体のぽかぽか感が高まるでしょう。

名称 徳の湯温泉
住所 青森県青森市桜川8-5-4
営業時間 火~土 11:30~22:00
日曜 9:30~22:00
定休日 月曜日
サイト https://www.atca.info/detail.html?oid=35

8.大福温泉

「大福温泉」は、昔ながらの雰囲気を感じることができる銭湯です。住宅街にあるので、足を運ぶ際には事前に場所をチェックしておくと良いでしょう。入浴料は390円ととても安いので、財布の負担にもならずゆったりと広い浴槽で入浴を楽しむことができるスポットです。

お湯は木彫りの熊の親子の置物から噴出されています。そんなおちゃめな部分も味があって、魅力的な大福温泉です。お湯はアルカリ性単純水でお湯の温度は比較的高め。熱いお湯は、入浴するとお風呂から出たあとも、身体のぽかぽかがしっかり持続してくれます。

大福温泉のお湯は、循環利用されていますが銭湯でよくあるような消毒の臭いを感じさせないので臭いを気にせず入浴することができます。座り湯のジェットバスや寝湯などは、疲れた体をしっかり癒しつつのんびりとした時間を過ごすことが可能です。日々の疲れをしっかりと癒していきましょう。

名称 大福温泉
住所 青森県青森市浪館前田4-25-31
営業時間 月~土 12:00~22:00
日曜 8:30~22:00
サイト https://www.atca.info/detail.html?oid=31

9.つくだ温泉ゆ~ぽっぽ

「つくだ温泉ゆ~ぽっぽ」は、青森駅からすぐにある気軽に行ける温泉スポットです。天然温泉をかけ流しで使用しているので、気軽に温泉を楽しみたい時にも気軽に立ち寄れる施設。大人から子供まで楽しめるスポットなので家族連れで足を運んでみるのも良いでしょう。

ゆ~ぽっぽの入浴料は、450円。450円で内風呂をはじめ露天風呂やサウナなども、楽しむことができるのは嬉しいです。浴場には子供用のお風呂が設置されていますし、施設内には子供用の椅子も設置されているので、子供も楽しみやすい環境が整っています。

ゆ~ぽっぽには岩盤浴も用意されており、ゆっくりできます。岩盤浴を利用する際には施設の使用料プラス岩盤浴用の浴衣料金で300円。ですが浴衣の使用料を含めても、岩盤浴をとても安く利用できるので、しっかり身体を暖めて汗をかいてデトックスしてしまいましょう。

名称 つくだ温泉ゆ~ぽっぽ
住所 青森県青森市南佃2-3-20
営業時間 5:00~22:00
定休日 無休
サイト http://yu-poppo.net/

10.仙寿・鶴亀温泉

「仙寿・鶴亀温泉」は広々とした大浴場で入浴を楽しむことができます。温泉はもちろんですが、入浴料だけで岩盤浴も楽しめてしまうのが仙寿・鶴亀温泉の魅力です。湯舟で身体を暖めるもよし、岩盤浴で身体を芯から温めて汗をかくのもよし、自分なりの入浴を楽しんでみましょう。

仙寿・鶴亀温泉の大浴場には、電気風呂もあります。電気のぴりぴりとした刺激が疲れた身体にしっかり効きます。身体が疲れている時に足を運んでみると良いでしょう。高温のサウナで汗をかいて水風呂という定番の温泉での流れを楽しんでみるのもおすすめです。

人目を気にせずに広々とした湯舟で入浴をしたいときには、家族風呂の利用がおすすめです。貸し切りで温泉を家族だけで楽しむことができるので、しっかりリラックスできます。小さな子供などが居るけどゆっくり入浴したいときなど家族風呂を利用してみると良いでしょう。

名称 仙寿・鶴亀温泉
住所 青森県青森市安田字近野1-73
営業時間 5:00~23:00
※12/31のみ20:00で終了
サイト https://www.houen-aomori.co.jp/onsen-link/tsurukame/

自然の豊かさを感じてしっかりリフレッシュしよう!

自然も豊かでのどかさを感じる青森には、老舗の温泉旅館からオシャレなホテルまでそれぞれ個性豊かなスポットが点在しています。もちろん日帰り入浴できる施設も多いので、ちょっと温泉に行きたいなんて時にも最適のスポットも紹介しています。青森は温泉が多いので、せっかく旅行に行くのであればそれを楽しまない手はありません。それぞれの温泉の魅力を体感しつつ、青森の観光スポットも楽しんで旅行をより素敵なものにしましょう。

【関連記事はこちら】

▷青森でおすすめのランチ19選~定番から穴場まで~

特集

2020/02/17泊まってよかった!Reluxが紹介する部屋自慢の宿5選

2020/02/14プール付きヴィラと美食を楽しむ “プライベートで贅沢”なファミリーステイ──ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ

人気記事