最終更新日時 2019/10/08

日本海に面した景勝地に恵まれた福井・東尋坊エリアでおすすめの観光スポット10選を紹介します。福井・東尋坊エリアには、世界的に有名な奇勝、東尋坊をはじめとして公園や城、遊歩道や温泉など、ジャンルの違うスポットが数多く点在しているのが魅力です。組み合わせてトータルで満足度の高いツアーにすることもできるでしょう。

絶対外せない!福井・東尋坊でおすすめの観光スポット10選

1.東尋坊

「東尋坊」と聞くと、訪れたことがない人でも「断崖絶壁」「サスペンスドラマのクライマックスシーン」などをイメージすることでしょう。国の名勝、天然記念物にも指定されている人気の観光スポットは、最高25mの高さとなる断崖絶壁が1キロほどに連なる奇勝として有名です。

冬になると荒々しい日本海から打ち寄せる波が、はじけてシャボンの泡のように舞う「波の花」を見ることも可能です。ゴツゴツとした岩は、地質学上世界的にも珍しい輝石安山岩の柱状節理として高く評価されています。断崖絶壁から見下ろす景色は、怖さを忘れてしまうほど美しいと評判です。

東尋坊では奇石めぐりの遊覧船も運航しています。海面から天に向かってそそり立つ大池やライオン岩、ローソク岩などを間近で見ることができ、崖の上からの眺めとは一味違った眺めを楽しむことができるでしょう。周辺には観光スポットや食事処も数多くあり、様々な楽しみ方ができます。

名称 東尋坊
住所 福井県坂井市三国町安島
営業時間 8:30~17:00(冬季は16:00頃まで、なお、季節や店舗で営業時間が異なりますのでご注意ください。)
サイト https://www.city.fukui-sakai.lg.jp/kanko/kanko-bunka/kanko/shizen/tojinbo.html

2.荒磯遊歩道

「荒磯遊歩道」は、米ヶ脇から雄島近くまで続く約4キロの遊歩道。東尋坊を中心として、黒松の生い茂る珍しい断崖状の地形や自然景観を楽しめることで有名です。東尋坊や高い位置から見下ろすことが多い観光スポットですが、この遊歩道では、より間近に自然の驚異や美しさに触れることができます。

荒磯遊歩道は景勝地を巡るだけのものではなく、文人、詩人、俳人たちの文学碑が多数点在する通りでもあります。遊歩道入口から100mほどのところには、高見順の文学碑、続いて三好達治の詩碑と続くのが特徴。その近くには高浜虚子、虚子に想いを寄せていた森田愛子の碑も立っています。

三国ゆかりの文人や詩人たちの碑が点在するスポットとして、文学好きな人が訪れるスポットでもあります。潮風に吹かれながら海岸の美しい景観を眺めつつ、ふと立ち止まって碑を読めばその時代や風景に想いを馳せることができるでしょう。風景と文学に身も心も癒されるスポットとしておすすめです。

名称 荒磯遊歩道
住所 福井県坂井市三国町米ヶ脇~安島
サイト https://www.city.fukui-sakai.lg.jp/kanko/kanko-bunka/kanko/shizen/ariso.html

3.三方五湖

「三方五湖」は、低い山々の谷間にちりばめられたように点在する「三方湖、水月湖、菅湖、久々子湖、日向湖」の5つの湖の総称です。塩分濃度や水深がそれぞれに異なることから、湖面の色にも微妙な違いあり、五色の湖とも呼ばれています。全体を見下ろすとその微妙な色合いに感動せずにはいられません。

5つの湖のなかでも最も大きい水月湖は、海水と真水が半々の汽水湖で、三方湖、久々子湖、日向湖ともつながっています。湖底には、7万年分の「年縞」が連続して堆積されており、奇跡の湖の別名でも有名です。レインボーラインの山頂公園に登ると三方五胡を一度に見ることができます。

レインボーライン山頂公園は、2006年に「恋人の聖地」として認定されており、恋のパワースポットとして若い方から熟年の方まで、数多くのカップルが訪れています。散策に疲れたに、一休みできる休憩室もあり、旧家を取り壊した後の木材や石材でつくられた趣のある建物の雰囲気が楽しめるのも魅力です。

名称 三方五湖
住所 福井県美浜町・若狭町
サイト https://www.fuku-e.com/010_spot/?id=506

4.西山公園

「西山公園」は、眼鏡で世界的に有名な福井県鯖江市のシンボルとされている公園です。「日本の歴史公園100選」にも認定されている日本海側随一の規模を誇る公園。毎年5月になるとつつじまつりが開催され、5万株にも及ぶつつじが咲き乱れる圧巻の光景を楽しむことができます。

広大な園内には芝生公園や大型遊具なども揃っており、観光客だけでなく家族連れで訪れる地元の人の姿も多くみられています。レッサーパンダが変わらぬ人気を維持している西山動物公園は入園無料で利用ができ、アクティブに遊べる冒険の森や美しい日本庭園など見どころが満載です。

桜の時期には夜のライトアップも実施され、幻想的な風景も楽しめます。冬はと雪吊りの風景やスノーフェスタの開催など、年間を通して楽しめるのも魅力。園内には縁結びのため「結びのチャイム」や地蔵を踏むと厄除けになるとされる「地蔵橋」、「祈りの道」など、魅力的なスポットが満載です。

名称 西山公園
住所 福井県鯖江市桜町3
営業時間 入園自由
定休日 年中無休
サイト https://www.fuku-e.com/010_spot/?id=535

5.雄島

「雄島」は東尋坊の少し先にある、周囲約2キロほどの越前海岸の中で最も大きな島です。1200万年も前に噴出した輝石安山岩でできた岩石島は、昔から「神の島」として信仰の対象にもなっています。島に渡る朱塗りの大橋は全長が224mあり、歩を進めるにつれて神秘的な気分になるでしょう。

大橋を渡って石段を上ると、目の前には大湊神社や深い森の中にある木々のトンネルなどが続いています。約1キロの遊歩道が整備されており、島を一周することが可能。樹齢100年を超える大木や間近にみる海食された崖など、東尋坊とはまた異なった不思議な景観を目にすることができます。

雄島は標高27mの高さがあり、山の山頂を目指すこともできます。山頂からさらに進むと開けた岬のような風景が広がり、どこまでも続く紺碧の海と青い空を見渡すことが可能。島を歩けばなぜか、厳かな気持ちになり、この島が神の島としてあがめられていることが実感できるでしょう。

名称 雄島
住所 福井県坂井市三国町安島
サイト https://www.fuku-e.com/010_spot/?id=468

6.三国温泉 ゆあぽーと

「三国温泉 ゆあぽーと」は、パノラマサイズの大きな窓から雄大な景色を眺めながらお湯に浸かることができる展望風呂があることで有名なスポット。福井・東尋坊エリアの観光スポットを巡った後に、疲れた体をゆっくりと癒すことができると観光客にも人気です。

自慢の温泉は、どこまでも青く輝く日本海を一望できる「かもめの湯」、九頭竜川が海に流れ込む様子を眺められる「みなとの湯」の2種類。夕方頃に利用すれば、水平線に沈む夕日や満点の星を眺めながら、贅沢なバスタイムを過ごすことができるでしょう。冷え性や疲労回復にも効果が期待されるため、女性にも人気です。

館内には入浴後にのんびりとくつろげる休憩所やこりをほぐせるマッサージ処のほか、食事処もあります。地元の新鮮な食材をふんだんに使ったメニューは40種類以上。食事や休憩もできる日帰り温泉施設として、ドライブ途中の立ち寄りにもおすすめです。越前松島の観光の帰りに寄るのもいいでしょう。

名称 三国温泉 ゆあぽーと
住所 福井県坂井市三国町宿2-18-1
営業時間 10:00~23:00
定休日 毎月第3水曜日
※祝日の場合は翌木曜日が休館となります。
サイト http://www.yourport.biz/

7.東尋坊タワー

「東尋坊タワー」は、日本随一の奇勝を一望できる展望台として観光客に人気のスポットです。昭和39年東京オリンピックの年に設立された日本海唯一の大展望台は、海抜100m、地上55mの高さを誇ります。展望台からは、東尋坊だけでなく、雄島や白山連峰、越前海岸などの大パノラマを一望することが可能です。

東尋坊タワーは、1階、2階、そして展望台から構成されています。1階にはコーヒーカウンターや売店があり、休憩やご当地名物の眼鏡堅麺麭や越前そばなどのお土産品の購入におすすめです。2階にはレストランやお座敷があり、海の幸がてんこ盛りの海鮮丼や甘エビ丼、などに舌鼓を打つことができます。

展望台の中央部には、観音様と布袋様の木彫が置かれており、カップルで一緒に撫でると幸せになれるという縁結びの言い伝えもあります。東尋坊の断崖の様子はそれほどはっきりとは見えませんが、エリア全景を見渡すのにはちょうどいい位置にあるタワーと言えるでしょう。

名称 東尋坊タワー
住所 福井県坂井市三国町東尋坊
営業時間 9:00~17:00※季節・天候の関係で変更になる場合もございます。
サイト http://www.tojinbo.net/

8.福井県立恐竜博物館

「福井県立恐竜博物館」は、カナダ、中国にある博物館と並んで世界三大恐竜博物館として世界的に高い評価を受けています。日本最大級の規模を誇っており、展示スペースは4,500平方メートルというスケールの大きさ。40体を超える恐竜の骨格氷温やジオラマなど、迫力のある展示で子供から大人まで楽しませてくれます。

館内に入って目が釘付けとなってしまうのが、巨大なティラノサウルスの展示です。体の色や皮の質感、肉付きなどがとてもリアルに再現されているため、今にも動き出しそうな迫力が感じられます。自動制御で動きや鳴き声なども楽しめるため、突然の出来事に泣いてしまう子供もいるようです。

博物館では復元ジオラマや恐竜映画などをみることができるスポットもありますが、体験型のスポットもおすすめです。恐竜標本を間近で観察したり、足跡に触れたりすることができるダイノラボは親子連れだけでなく、デートで訪れるカップルにも人気。時間があれば化石発掘体験をしてみるのもいいでしょう。

名称 福井県立恐竜博物館
住所 福井県勝山市村岡町寺尾51-11かつやま恐竜の森内
営業時間 9:00~17:00(最終入場16:30まで)
休館日 第2・4水曜日(祝日の時は翌日が休館、夏休み期間は無休)
サイト https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

9.丸岡城

「丸岡城」は、現存する天守閣としては最古の建築様式を持つことで知られる名城です。織田信長の命によって柴田勝家が老いの勝豊に築かせた城は別名「霞ヶ城」とも呼ばれています。春満開の桜の中で浮かぶ城の姿はとても美しく、丸岡城桜まつりで400本ものソメイヨシノが咲き乱れることから「日本のさくら名所100選」としても有名です。

築城400年を記念して造られた日本庭園式公園は日本の心を存分に感じられるとして、外国人観光客にも人気です。最近の城ブームにより、一人で訪れる歴史好きの方以外にも女子会のグループの姿もよくみられます。桜と城のコントラストにより、絵葉書のような美しい写真が撮れるフォトスポットとしてもおすすめです。

城内では、外敵に石や弓、鉄砲などで応戦した石落としや丸岡城ならではの急な階段、天井の間など、独特な珍しい建築物を見ることができます。また、最上階にある天守閣は城山のふもとから35mほどの高さがあり、日本海や三国の海岸など、360度の大パノラマを臨むことが可能です。

名称 丸岡城
住所 福井県坂井市丸岡町霞町1-59
営業時間 8:30~17:00(最終入場16:30まで)
サイト http://www.maruoka-kanko.org/

10.大本山永平寺

「大本山永平寺」は、横浜市にある大本山總持寺とともに曹洞宗の大本山のひとつとされています。両大本山は曹洞宗寺院の根本、信仰の源です。永平寺は道元が45歳の時に建立した大仏寺が2年後に永平寺と名を変えたもの。山門や仏殿、法堂や僧堂などの七堂伽藍で日々、修行僧たちの厳しい修業が営まれています。

釈迦如来、弥勒仏、阿弥陀如来の三世仏を祀っており、世界的に有名な観光スポットとして有名です。現在でも160人ほどの修行僧が、禅宗の修行の中でも最も厳しいとされる修行生活を送っています。33平方メートルもの広大な敷地には70を超えるお堂や楼閣があり、七堂伽藍を結ぶ回廊を歩けば自ずと厳粛な気持ちになるでしょう。

拝観だけでなく、様々な体験ができるのもこのスポットの魅力です。何十人もの修行僧の圧巻の読経に全身が包まれる朝課、禅道場で行われる座禅三昧の参禅。背筋が伸びて心が洗われる瞬間を感じることができるでしょう。宿坊での宿泊や写経体験は外国人にも人気です。

名称 大本山永平寺
住所 福井県吉田郡永平寺町志比5-15
営業時間 8:30~17:00(最終入場16:30まで)
※朝の行持により、時間が変わる事があります。
サイト https://daihonzan-eiheiji.com/

欲張りに体験したいなら福井・東尋坊を訪れよう

福井・東尋坊エリアには、日本海の美しい景観や奇勝、グルメや温泉などを楽しめる魅力的な観光スポットが数多く点在しています。ただ見るだけではなく、遊歩道を歩いたり、お城に登ったりして五感で体感できるスポットが多いのも魅力です。永平寺での宿泊体験など、他ではできないことも目白押し。賢く組み合わせれば、歴史、文化、芸術、宗教、地理、など様々なジャンルの学びも可能でしょう。欲張りにいくつも体験したいのであれば、福井・東尋坊エリアを訪ねてはいかがでしょうか。

【関連記事はこちら】

▷流行に敏感な福井県人。福井駅周辺で見つけたおすすめグルメ19選。

特集

2019/11/29【宿泊体験】ドーミーインの和風プレミアムブランド – 天然温泉 凌雲の湯 御宿 野乃 浅草 –

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

人気記事