最終更新日時2019/12/04

青森といったら、マグロやサバ、そしてホタテなどの新鮮な海産物が有名ですね。そしてフレッシュなリンゴの産地でもあります。その他にも味わうべき伝統ある郷土料理からラーメンまで魅力的なグルメがたくさんあります。そこで今回は青森に行ったら是非食べたい!人気おすすめグルメ20選をお伝えしていきます。

青森の定番グルメ10選

1.寿司一 (すしいち)

本州の最北端の地、青森に全国の良いものを寄せ集め、大変クオリティの高いお鮨をのんびりと静かな場所で誰にも邪魔されずに味わうことができるお店です。青森や築地の市場から仕入れる上質な鮮魚を、旬を逃さず満喫できます。

下駄の音、そして大将の寿司を握る姿も絵になります。このライブ感は本格寿司屋のカウンターでないと味わえませんね。最初にツマミ、その後に握りがくるおまかせコースがおすすめです。日本酒も良いものが揃えてあってお寿司とも合うのでついつい進んでしまいます。

名称 寿司一 (すしいち)
住所 青森県青森市本町4-4-15
営業時間 営業時間
18:00~翌01:00

昼は応相談にて。
定休日
不定休 ※お店までお問合せください

サイト
http://hokkaido-sv.com/shop/sushiichi

2.津軽割烹未来

食材は一つ一つ産地を説明していただけますが、そのほとんどが青森産で、有名な郷土料理やご当地の味を味わうこともできるお店です。例えば八戸の郷土料理の「いちご煮」は雲丹と鮑や、天日干しの帆立にアレンジされたものが味わえます。優しい旨味が溶け込んだお汁が沁み入ります。

トゲクリガニ
は青森の春の味です。毛蟹の仲間らしいあっさりした食味で、味噌や内子も一緒に和えられていて、小ぶりでありながらもたっぷり堪能できます。
こちらは器も素敵。津軽塗の赤は落ち着いた色調ながら華やかさを漂わせて、お料理を引き立てます。

名称 津軽割烹未来
住所 青森県青森市安方2-3-16
営業時間 夜[月~土] 午後5時~午後10時30分(ラストオーダー夜9時)
昼[月~土]午前11時~午後2時(予約営業2名様より・要2日前までの予約でお願いします)
定休日
日曜日
(月曜祝祭日の場合 日曜営業)
祝祭日不定休   
サイト
http://www.tk-mirai.com/

3.シュトラウス

青森にある、ウィーン菓子店です。地理的に縁はないのに存在は知っている、それくらい有名なお店です。ここはオーストリアの菓子職人の最高位
資格であるコンディトア・マイスターを取得された方のお店になります。

青森はりんごの産地なのでアプフェルシュトゥルーデルはとてもおすすめです。りんごがぎっしり入っていて、甘さは控えめです。生地は、コンディトアの技が素晴らしくとても美味しいです。2階のイートインスペースはオシャレで高級感ある内装でまさに本場ウィーンを思わせる素敵カフェです!

名称 シュトラウス
住所 青森県青森市新町1-13-21
営業時間 (テイクアウト)
10:00~18:30
(イートイン)
11:00~17:30(L.O.17:15)
サイト
http://www.strauss.jp/

4.Ar (アール)

JR青森駅からは駅前の新町通りをまっすぐ東に1.5km程度にあるアルファホテル青森。
その正面玄関の左側入口から入った奥にある穴場的カクテル&ショットバーです。
さらに奥の突き当りの左手には姉妹店らしき”second Ar”がありますが、こちらはラウンジになります。

お店に入るとブルーライトに包まれたアプローチが期待感を高めてくれます。エントランスからのアプローチに導かれて右にUターンすると圧巻のバックバーが待ち受ける姿はまさしく荘厳です。おいしいと評判のお店で本格カクテルを楽しめます。

名称 Ar (アール)
住所 青森県青森市橋本1-1-7 アルファホテル青森 1F
営業時間 営業時間
月~土
20:00~翌4:00(L.O.03:30)
日・祝
20:00~翌2:00(L.O.01:30)
日曜営業
定休日
年中無休
サイト
http://www.suntory.co.jp/gourmet/bar-navi/shop/0177325055/index.html

5.菜のはな (なのはな)

お店はとても綺麗な作りで落ち着いて食事ができるお店です。
料理は青森で採れた食材で非常に手が込んでおり、こんなに美味しい和食があるのかと感じるくらい本格的です。
大間のマグロのお刺身は
とても味が濃く、赤身でもこんなに美味しいのかと感動する美味しさです。

八甲田牛と天然舞茸のお鍋はお肉もとろけて舞茸ってこんなに香りと味が良いのかと驚く美味しさです。
お食事の焼きウニの焼き飯茶漬けもとても美味しいです。
お酒は田酒を中心に青森の地酒があり、田酒の純米大吟醸と純米吟醸、うとう、稲とりなどたくさんの種類を取り揃えていて青森の味を楽しめます。

名称 菜のはな (なのはな)
住所 青森県青森市本町5-4-20
営業時間 18:00~22:00(L.O.21:00)
定休日
不定休
サイト
http://www.aomori-nanohana.sakura.ne.jp/

6.川よし

JR青森駅から徒歩12分の場所にある鰻のお店です。百名店の称号が付されている青森では超老舗の名店です。こだわりは、生きたまま捌き、素焼きして一度蒸してから再度焼くところです。
職人のこだわりと匠の技で作り上げた風味豊かな美味しさがこのお店の真骨頂です。

備長炭でゆっくり焼き上げられ、余分な脂を落とされ、雑味は一切無く、ふっくらと素材を生かした美味しさがたまりません。
肉厚のうなぎは、皮目がカリッと中身はふっくらと、
そしてやさしい脂が口の中にいっぱい広がってもう幸せになること間違いなしです。
本州最北端の青森で、歴史ある鰻が楽しめますよ。

名称 川よし
住所 青森県青森市本町3-2-4
営業時間 11:00~20:00
日曜営業
定休日
月曜・第4日曜
サイト

7.お食事処おさない

青森郷土料理を青森駅から徒歩3分で堪能できるお店です。ホタテがうりで、中でも貝焼みそが有名です。ほたて貝焼みそ定食は、ホタテ、ウニ、玉ねぎ、ネギ、玉子が甘みのある味噌で味付けされており、いくらでも白ご飯が進んでしまいます。

店内はアットホームで温かい雰囲気です。ホタテのお刺身
は小振りながらも肉厚で甘〜い

です。ぷりっと食感でじゅわ〜っと旨味がお口いっぱいに広がるホタテのバター焼き
もご飯が進みます。揚げたてのホタテフライは
小振りだけどフライにすることによってホタテの旨味が閉じこめられ、抜群に美味しいですよ。

名称 お食事処おさない
住所 青森県青森市新町1-1-17 1F
営業時間 11:00~14:00
16:00~20:00(L.O.)
※L.O.の前に並ぶ必要あり
日曜営業
定休日
月曜(※祝日は営業、翌日代休)
サイト

8.はた善 (はたぜん)

お店、青森で20年以上の歴史がある老舗でありながら、鮮度の良い魚介を良心的な価格で肩肘張らずに楽しめる割烹料理屋さんです。このお店は、その日に仕入れた魚介を
美味しく調理して出してくれます。予約で満席のこともあるので予約がおすすめです。

一品一品の料理価格は殆どが1000円超えなので
単品注文するのは一見割高に思えるかもしれませんが
一皿のボリュームが多めなので実はどれも良心的な価格設定だと思います。魚介が新鮮だし美味しいしボリュームあるしそしてお手頃価格なので人気があるのです。

名称 はた善 (はたぜん)
住所 青森県青森市安方2-17-15
営業時間 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日
日曜
サイト
http://www.hatazen.jp/

9.すし処 三國 (三国 みくに)

青森駅へ向かい、津軽弁の「会うが」に由来する複合施設の地下の市場の中のお寿司屋さんがこのお店です。

ホタテウニ丼が人気です。全面にホタテが敷き詰められています。
中心に無造作にウニがドッサッと乗ってます。ホタテは一つを厚さ方向に切って
2枚にしたものが12枚、即ち貝柱を6つ使っています。ウニは下駄の半分以上、使う勢いです。

名称 すし処 三國 (三国 みくに)
住所 青森県青森市新町1-3-7 フェスティバルシティ アウガ B1F
営業時間 5:30~18:00
日曜営業
定休日
不定休(アウガに準ずる)
サイト
http://www.auga.aomori.jp/shinsen/tenpo69.html

10.すし居酒屋 樽

三方を海に囲まれた青森は日本海と太平洋の魚が両方入って来る非常に海鮮の美味しい土地の味を味わうことができるお店です。お店は新町のアーケード通りからアスパム方面に少しだけ行った場所にあり青森駅からも徒歩10分圏内です。

鮮度抜群の刺身の他、濃厚な旨みのくり蟹や珍味のフジツボや岩もずく等もあります。
また青森の地酒のラインナップが充実しており半合単位で色々注文出来るのもいいところです。他ではなかなかお目にかかれない青森の美味しい魚や地酒を堪能できます。

名称 すし居酒屋 樽
住所 青森県青森市新町1-11-13
営業時間 17:00~翌1:00
定休日
日曜日(日曜・月曜連休の時は日曜営業、月曜休)
サイト

青森のおしゃれグルメ5選

1.カーサ・デル・チーボ (casa del cibo)

雰囲気も良く落ち着いた素敵な店内でテーブルもきりっとしていて、ちょっとしたお庭のラインティングも素晴らしいです。彩りと一皿一皿の一体感は何とも至福で感動します!お値段がリーズナブルなのも嬉しいところです。

食べ手の本能を刺激するストレートな美味の数々を味わうことができるフレンチレストランです。料理は、まずそれぞれの素材が素晴らしく、さらにお互いを引き立て合っていて圧倒的な美味しさです。
東京の星付きイタリアンに負けないくらい美味で、八戸でこんなに洗練されたイタリアン!是非味わってほしいお店です。

名称 カーサ・デル・チーボ (casa del cibo)
住所 青森県八戸市湊高台1-19-6
営業時間 12:00~13:30(L.O.)
18:00~20:30(L.O.)
サイト
https://www.facebook.com/Kasaderuchibo/

2.千陽 本店

店主は日本のカウンター割烹の先駆けである京都 祇園の『浜作』さんで八年間研鑽を積まれた方であり確かな日本料理の技術の上に独自のスタイルで大胆な器使いと器あしらいそして独創的な発想から生み出される唯一無二の創作料理で目と舌を魅了させてくれます。

ひっそりと佇んでいる落ち着いたお店です。この控えめなお店で次から次へと紡ぎ出される料理には、誰をも唸らせる力と優しさがあります。海老の唐揚げや松茸とあおもり倉石牛のすき焼きも美味しく割り下の甘味と牛肉の旨味が染み込んだ松茸は歯ごたえもたまりません。

名称 千陽 本店
住所 青森県八戸市大字堤町8
営業時間 18:30~23:00
サイト
“http://hachinohe-senyou.com/

3.レストラン山崎

こちらのお店がある弘前は、知る人ぞ知るフレンチのお店が集まるエリアです。赤いソファイスに落ち着いたクラシックがかかる店内は、まさにフレンチな空間です。
予約の立て札が多く、人気を伺わせます。

コースは3種類、おすすめは青森でも評価の高い奇跡のリンゴを使用したフルコースです。

前菜
のりんごの冷製スープ・カプチーノ仕立ては、このスープはおすすめなので是非
味わってほしい逸品です。この甘さと口当たりの良さは、凄いです。
デザートと冷静スープの中間の様な絶妙な果実の甘みがクセになります。

まさに青森ならではの絶品リンゴを使用したスープ、素晴らしい一品ですよ。

名称 レストラン山崎
住所 青森県弘前市親方町41
営業時間 11:30~14:00(L.O.)
17:30~20:30(L.O.)
日曜営業
サイト
http://r-yamazaki.shop-pro.jp/

4.ローズガーデン (ROSE GARDEN)

綺麗なバーテンダーさんがリズミカルにカクテルを作っているのがこちらのバーです。デートや女性同士そしてカップル、また女性1人なら断然入りやすくその雰囲気もとても良いです。
最初にカクテルの説明をしてくれますよ。

ハイビスカスのカクテルがおしゃれで、ドライアイスの煙に、ハイビスカスのフレーバーをカクテルに注ぎ込む演出が素敵です。ハイビスカスの良い香りが辺りにフワッと香ってもちろん味わいも素敵で、グラスの中には食用のハイビスカスが入っていますよ!

名称 ローズガーデン (ROSE GARDEN)
住所 青森県八戸市長横町7 マルマンビル 3F
営業時間 [月~土]
20:00~翌4:00
サイト

5.オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ (OSTERIA ENOTECA DA SASINO)

こちらは弘前にあるイタリアンです。知名度は全国区のとても有名なお店です。場所は弘前の中心街に位置します。弘前公園から徒歩で5分ほど。JR弘前駅からは、タクシーで向かえば1000円ほどの距離になります。

食事の内容はイタリアンというより、このお店独自の料理といった感じを受けます。オンリーワンの料理がここにはあります。
店内は落ち着いた雰囲気で、居心地がとてもよいです。お店の方々も落ち着いたサービスが心地よく、洗練された雰囲気で本格的なフレンチが堪能できるお店です。

名称 オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ (OSTERIA ENOTECA DA SASINO)
住所 青森県弘前市本町56-8 グレイス本町 2F
営業時間 18:00~21:00(L.O)
サイト
http://www.dasasino.com/

青森のリーズナブルなグルメ5選

1.中華そば ひらこ屋

こちらはあっさりの「煮干し中華そば」とこいくちの「とんこつ煮干しそば」があります。3日間かけて厚みを出しているそうで、酸味が強い煮干スープとなっており入るととてもいい香りがたちこめていてそれがまた食欲をそそります。

青森の煮干の独特な美味しさが楽しめるラーメン店です。動物系ベースの境港産の平子・うるめ・片口の煮干スープで、豚骨ベースですがドロドロしていません。
粘度はサラっとしており、そして口あたりもサッパリです。
しかし大量煮干を極限まで煮出しとあるように、煮干の香りが凄いです。

名称 中華そば ひらこ屋
住所 青森県青森市新城山田588-16
営業時間 10:30~21:00(L.O.20:45)
※スープがなくなり次第終了
日曜営業
定休日
火曜(祝日の場合は営業)
サイト
https://www.facebook.com/Hirakoya

2.たかはし中華そば店 (たかはしちゅうかそばてん)

こちらのお店は、JR奥羽本線・撫牛子駅近くの県道260号線沿いにあります。津軽煮干し魂を掘り下げた煮干ラーメンの真髄を味わうことのできるお店です。100名店にも選ばれているお店です。注文は券売機制になっていて待たずに手軽です。

そのスープは濃厚でガツンときながら後味がスッと消えるような魔法のような味わいでとても美味しいです。濃厚であるのにそれでいてアッサリもしていて後味がとても良いです。深い出汁の旨味にハマること間違いなしです。

名称 たかはし中華そば店 (たかはしちゅうかそばてん)
住所 青森県弘前市撫牛子1-3-6
営業時間 11:00~16:00(L.O.15:45) ※なくなり次第終了
日曜営業
定休日
水曜日
サイト

3.みなと食堂 (みなとしょくどう)

「みなと食堂」は朝6時から営業をしている独特の営業スタイルです。それはなぜかというと重工業、水産業に従事する人が多いエリアが近くにあるからなのです。
お店の隣りに駐車場が3台分あって車で行くこともできます。

安くて美味しいお店の代表格、「八戸まで来た甲斐があった」そう思わせる絶品海鮮丼をお手頃価格で味わうことができるお店です。ここの中落丼は何ともボリューミーで赤身として出せるのでは?と思うくらい身がしっかりしていて美味しいです。

名称 みなと食堂 (みなとしょくどう)
住所 青森県八戸市大字湊町字久保45-1
営業時間 [月~土]
6:00~15:00
定休日
日曜日・年末年始
サイト

4.長尾中華そば 西バイパス本店

青森県津軽地方の煮干ラーメンを全国へ。熱い店主の想いが伝わってくるお店です。裏メニューシリーズ(ごぐにぼ、こくにぼり、まぜにぼ、ごぐにぼMAX)がリニューアルしており、煮干し濃厚好きにはたまらない美味しさが楽しめます。

裏メニューは、レギュラーメニューの「こく煮干し」をベースとし、ピューレ状の煮干などを加え、より煮干の存在感をアップさせた、煮干好きにはたまらないスープです。
麺は旭屋製麺のかんすいを抑えた太ストレート麺。首都圏などで煮干に合わせることが多い、細ストレートのパッツン麺ではこの味は出せません!

名称 長尾中華そば 西バイパス本店
住所 青森県青森市三好2-3-5
営業時間 (通常営業時間)
[火~金]
7:00~20:00
[土・日・祝]
7:00~15:00

注)スープ切れのため時間前に閉店の場合あり
日曜営業

サイト
http://www.naga-chu.com/

5.らーめん大地

無料のライスとお漬物があるお店です!このお店のおすすめは「青森大地ブラック」です。食べる前にまずビジュアルに驚きます。見るからにスープが真っ黒なんです!濃厚な煮干しの香りがたまりません。ライスともとても合います。

ここには2大おすすめラーメンがあってもう一つは「豚そば」です。読み方はとんそばです。豚骨醤油に背脂で旨みが出ていてとても濃厚です!とんこつなはずなのに奥にしっかり煮干も感じるというのもたまりませんよ!

名称 らーめん大地
住所 青森県青森市石江字三好46-1
営業時間 [年中無休]
11:00~翌3:00(L.O.翌2:40)
日曜営業
サイト
http://www.aba-net.com/ramen/daichi.html

青森は美食の宝庫♥本格食材を余すところなく味わおう

いかがでしたか?青森には世界的にも有名な大間のマグロをはじめ、八戸ならば何と言ってもサバが有名ですし、青森の帆立もここでしか味わえない絶品の味覚になります。青森は有名な腕が確かな料理人や世界でも有数のシェフがいることも、大きな魅力です。青森のここでしか味わえない本格的な美味に会いに行かなくては!そんな魅力あふれる青森に遊びに来ませんか?

特集

2020/03/26私らしいオシャレ女子旅のススメ。箱根の森の奥深く、思わずため息が出るフォトジェニックな絶景宿 ──箱根・芦ノ湖 はなをり

2020/03/23世界が注目するリゾートアイランド宮古島で、リュクスな大人のバカンスを──ホテル シギラミラージュ

おすすめ記事

人気記事