最終更新日時 2019/03/11

東北新幹線の開通以来、関東エリアからだけでなく関西や北陸など日本各地からもぐっとアクセスしやすくなりました。今回はそんな東北エリアから、旅行の際にはぜひ訪れていただきたい東北の隠れたベスト観光スポットをご紹介します!

青森でおすすめの観光スポット5選

1.弘前公園

photo_0377

「日本さくら名所100選」にも選ばれている弘前公園の桜は、4月下旬から5月にかけてが見頃。GWとも重なるこの時期には、「桜」と「お城」という美しい和のコントラストを一目見ようと、国内だけでなく世界中から観光客が訪れています。
また、公園の基になっているのは10万石の大名津軽家の本拠地・弘前城です。広大な敷地内には植物園や史跡など、1日では回り切れない見どころがたくさんあります。本丸には大人 310円、子供 100円で入館できるので、観光と併せて弘前の長い歴史も学ぶことができます。

弘前公園西濠の例のアレ

見所のひとつとして挙げられるのが、公園内に建てられたいくつかの櫓(やぐら)です。櫓とは見張り台としての役割だけでなく、敵が襲ってきたときの攻撃の要所として建てられたものです。しかし園内にある櫓のうち、「辰巳櫓」と呼ばれるものは、弘前八幡宮の山車行列などを見るために、藩主自身も登っていたとのこと。周りはソメイヨシノに囲まれているので、写真撮影もおすすめです。また、園内にある8つの橋も見所のひとつ。朱色の橋や石造りの橋などさまざまな特徴があり、やはり桜とのコラボレーションが美しく、フォトジェニックな景色が楽しめます。桜と切っても切れない関係にある弘前公園は、桜の季節に訪れることをおすすめします。

名称 弘前公園
所在地 青森県むつ市田名部字宇曽利山3-2
公式サイト http://www.hirosakipark.jp/

2.恐山 菩提寺

Osorezan

イタコやゴツゴツした岩場が広がる荒涼とした風景で有名な恐山は、高野山や比叡山と並んで「日本三大霊山」の一つ。平安時代にあたる貞観4年(862年)、山形県・立石寺も創設した慈覚大師 円仁によって開山されたと伝えられています。そんな恐山 菩提寺の境内に温泉が湧いていることは、実はあまり知られていません。恐山は火山でもあり、境内にある湯小屋が無料(参拝料は必要)で利用でき、宿坊にも温泉施設が併設されています。なかなか観光目的では訪れにくいスポットではありますが、少し珍しい温泉が好きな方にはおススメです。

Osorezan

また、恐山に来たら外せないのが、宇曽利湖(うそりこ)です。正式名所は宇曽利山湖(うそりやまこ)。恐山の噴火によりできたカルデラ湖で、白い砂浜に透き通る水が印象的な湖です。その様子は大変美しく、「極楽浜」と呼ばれているのだとか。荒涼とした風景で恐ろしいイメージのある恐山ですが、がらりと印象が変わることでしょう。しかし強酸性の水なので、ウグイ以外は生息していません。また、独特のゆで卵臭もあるので、苦手な方は遠目でお楽しみください。

名称 恐山 菩提寺
所在地 青森県むつ市田名部字宇曽利山3-2
公式サイト http://mutsu-kanko.jp/guide/miru_01.html
開山時間 5月1日~10月31日 6:00~18:00

3.白神山地ビジターセンター

Untitled

青森県から秋田県にまたがる白神山地は、1993年に日本で初めてユネスコ世界遺産の自然遺産として登録されました。登録の決め手になったのは、「人の影響をほとんど受けていない原生的なブナ天然林が世界最大級の規模で分布」している環境が守られていたため。このブナの天然林は、植物だけでなく、ツキノワグマやイヌワシなど様々な動物の住む環境を守る役割も果たしています。
1000m級の山々が並ぶ白神山地は、登山やトレッキングが大好きな方には特におススメです
。イヌワシの飛翔が見られることで有名な小岳コースや、1時間弱で世界遺産区域内を登山できる二ツ森コースなど、季節やルートを変えて何度でも大自然の魅力に触れることができるスポットです。

青く輝く池壷の池

なお、この白神山地を人気スポットとして知らしめているのは、12箇所あるという湖のうちの1つ、青池ではないでしょうか。名前の通り、澄んだ青い色した神秘的な湖で、天候や見る角度にもよって違った表情を見せてくれるのです。まるで青色のインクを溶かしたような、見事なコバルトブルー。まさに、奇跡の景色で、一度見たら忘れられないとも言われています。ちなみに十二湖散策コースはどこまで立ち寄るかによりますが、往復で1時間から3時間ほどで楽しめます。時間や体力と相談しながら、プラニングしてみてください。

名称 白神山地ビジターセンター
所在地 青森県中津軽郡西目屋村大字田代字神田61-1
公式サイト http://www.shirakami-visitor.jp/
営業時間 4月1日~10月31日 8:30~17:00
11月1日~3月31日 9:00~16:30
休館日 休館日4月~12月 第2月曜日(祝日の場合は翌日)※8月は第4月曜日
1月~3月 毎週月曜日と木曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始 12月29日~1月3日

4.不老ふ死温泉

「不老ふ死温泉」は、日本海の雄大な景色を見ることができる温泉です。数々のメディアにも取り上げられており、多くの芸能人も訪れるそうです。数メートル先は海となっており、大海原の迫力は圧巻で悩みも吹き飛ぶほどの豪快さ。

美肌に良い成分が多く含まれており、「美肌の湯」としても有名なので、女子旅にもピッタリのスポットです。また、女湯か混浴か選べるためデートにも向いています。日帰り温泉として訪れる人も多いこともあり、週末などには混雑することも覚えておいた方がいいかもしれません。

名称 不老ふ死温泉
住所 青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15-1
営業時間 8:00~16:00
公式サイト http://www.furofushi.com/

5.ねぶたの家 ワ・ラッセ

「ねぶたの家 ワ・ラッセ」は、東方区三大祭りのひとつ「ねぶた祭り」の歴史が見られる施設です。1年中祭り気分が味わえると地元民から観光客まで多くの人が訪れます。本物のねぶた祭りの衣装を着ることができるので、子供から大人までお祭り気分になること間違いなし!

三味線や、笛を使ったねぶた囃子(ばやし)が流れていて臨場感がすごいです。跳ねて踊る人という意味の「ハネト」になることで誰でもねぶた祭りに参加することができます。本物のねぶた祭りに参加する前に、ここで練習する方もいるのだとか。ぜひ、ねぶた祭の熱を体感してみてはいかがでしょうか。

名称 ねぶたの家 ワ・ラッセ
住所 青森県青森市安方1-1-1
営業時間 9:00~18:00
公式サイト http://www.nebuta.jp/warasse/

岩手でおすすめの観光スポット5選

1.小岩井農場

Koiwai Farm

乳製品と言えば、小岩井。そんな小岩井の牛乳を愛する方におススメなのが、一般にも公開されている小岩井農場です。標高2000m級の岩手山を望む自然いっぱいの草原では、ひつじショーや乗馬というアクティビティだけでなく、球体に入って水上を駆ける「水上ハムスター」や球体で斜面を転がり抜ける「アルマジロボール」といったお子さんにも大人気なアトラクションが盛りだくさん。

Untitled

また牧場と言えばチーズ。新鮮な生乳から生まれたミルク感たっぷりのフレッシュチーズは、チーズ好きでなくとも、思わずうなる美味しさです。一方、熟成を経たゴーダチーズも絶品なんだとか。乳業工場の見学もできるので、お子様の生きた学習にも役立ちます。なお、広大な園内をまわるガイドツアーは、トラクタートレインでまわる自然満喫ツアーから、温泉旅館で泊まれる2日間のツアーまで、多彩なプログラムが用意されているのもポイント。ご家族やお友達同士でたっぷり遊ぶことができるスポットです。

名称 小岩井農場
所在地 岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
公式サイト http://www.koiwai.co.jp/makiba/
営業時間 9:00~16:30(季節によって変動あり)
入場料 大人 800円 子供 300円

2.とうほくニュージーランド村

「とうほくニュージーランド村」は、ニュージーランドを旅行しているかと錯覚するような、海外を彷彿させる町並みや景色が広がっています。アルパカやうさぎ、モルモットと触れ合うこともできるため、子供連れの方も楽しむことができると評判です。

広大な草原は日々の喧騒を忘れさせて癒されるため、癒やしを求めて多くのお客さんで賑わっています。他にもキャンドル作りやとオカリナの餌付けをすることもできるので、一日中遊んでいても飽きない最高のスポットです。岩手に旅行するならぜひ訪れたい場所です。

名称 とうほくニュージーランド村
住所 岩手県奥州市衣川区日向59
営業時間 9:00~17:00

3.中尊寺金色堂

「中尊寺金色堂」は、東北初の世界文化遺産に登録されたスポットなので、日本だけにとどまらず世界中から観光客が訪れます。金色堂のほとんどは焼失してしまったため、ほぼ当初のまま現代まで残ってきたものを見られる機会は少ないです。

「中尊寺金色堂」の豪華絢爛なデザインは、五感を刺激して忘れられない思い出になります。また、大自然の中にあるため、木々のやすらぎや葉のゆれる音、鳥の鳴く声など、癒やしとなる要素も盛りだくさんです。ぜひ、岩手の世界遺産をご堪能ください。

名称 中尊寺金色堂
住所 岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202
公式サイト http://www.chusonji.or.jp/

4.歴史公園えさし藤原の郷

「歴史公園えさし藤原の郷」は、奥州藤原氏を描いたNHK大河ドラマ「炎立つ(ほむらたつ)」の撮影場所として使われた場所として有名です。歴史が感じられる平安時代の建物は圧巻ですし、紅葉の季節にあたり一面がカラフルに染まるところも見どころです。

平安時代にタイムスリップしたかのような雰囲気であり、あなたの旅行もより印象的になるのではないでしょうか。アクセス面でも無料送迎車のサービスがあったり、電車での交通の便が良かったりするのもおすすめスポットに選ぶ理由の一つです。ぜひ、「歴史公園えさし藤原の郷」で優雅な景色を満喫してください。

名称 歴史公園えさし藤原の郷
住所 岩手県奥州市江刺区岩谷堂字小名丸86-1
営業時間 9:00~16:00
公式サイト https://www.fujiwaranosato.com/

5.浄土ヶ浜

「浄土ヶ浜」は、本州最東端の街である陸中海岸国立公園内に位置する、岩手県の代表的な観光スポットです。尖った岩が最大の見所で、迫力満点のダイナミックな自然が広がっている。夜になると、夜空に浮かぶ星々と尖った岩が幻想的な景色を作り上げます。

また、尖った岩が海に映し出されるほど透明度も高いです。春には花が海に散らばっており、まさに自然のイルミネーションに大変身します。聖域とも感じられる浄土ヶ浜。ぜひ、旅行した際は英気を養ってみるのもいいかもしれませんね。

名称 浄土ヶ浜
住所 岩手県宮古市日立浜町32
営業時間 24時間
公式サイト http://www.city.miyako.iwate.jp/kanko/jyoudogahama.html

宮城でおすすめの観光スポット5選

1.蔵王酪農センター

100_0659

蔵王と言えば日本のスキー場のメッカでもありますが、夏はまた違った楽しみ方ができるスポットになっていることをご存知でしょうか。蔵王酪農センターでは、蔵王山麓の東京ドーム約20倍(約100ha)もの広大な敷地の中に、チーズ工場やチーズ直売店など、チーズ好きのメッカが広がっているのです。体験館ではバター、カッテージチーズやマスカルポーネチーズ作りを体験することができ、レストランでは作りたてのフレッシュな蔵王チーズをお召し上がりいただけます。

画像素材|PIXTA

また、蔵王酪農センターでは、その広大な敷地をいかして、沢山のバラの花を育てています。その数なんと、約400種類。合計で1800株ものバラが植えられているのです。しかも、一般的に良く花屋さんで見かける切り花用のバラではなく、バラ好きの方に特に人気のイングリッシュローズやオールドローズなど、香りが強い品種が多いのが特徴です。嬉しいのは入園料がかからないこと。良心的な施設ですね。ほかにも手作りのパン工房やバーベキュー施設もあり、1日中楽しむことができます。

名称 蔵王酪農センター
所在地 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字七日原251-4
公式サイト http://www.zao-cheese.or.jp/
営業時間 9:00~17:00

2.楽天生命パーク宮城

「楽天生命パーク宮城」は、東北楽天ゴールデンイーグルスが本拠地とするスタジアムにあるテーマパークです。ショッピングやグルメのお店も充実いるため、楽天ファンでないお子様や大人の方でも楽しむことができます。

また、花火大会やイベントも多く行われているため、地元民から観光客まで多くの人が訪れるスポットです。スタジアムと言えば野球を楽しむ場ですが、ここはテーマパーク化されているため、ぶらぶら歩いているだけでも楽しい時間を過ごすことができますよ!

名称 楽天生命パーク宮城
住所 天宮城県仙台市宮城野区宮城野2-11-6
営業時間 10:00~17:00
公式サイト https://www.rakuteneagles.jp/stadium/index.html

3.仙台市天文台

「仙台市天文台」は、プラネタリウムを鑑賞することができるスポットです。ドーム直径25mの水平型プラネタリウムを備えており、国内屈指の最新技術がきれいな星空を演出します。カップルのデートで訪れると、最高の一日となるでしょう。

まるで手が届くかのようなリアリティーがある星空は、見に行く価値ありです。また、プラネタリウム以外でもライブなどのイベントが行われるため、宮城の観光スポットとして欠かせません。プラネタリウム以外のイベントも豊富なので、ぜひ訪れてみてください。

名称 仙台市天文台
住所 宮城県仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32
営業時間 9:00~17:00
公式サイト http://www.sendai-astro.jp/

4.国営みちのく杜の湖畔公園

「国営みちのく杜の湖畔公園」は、東北唯一の国営公園になります。広大な敷地には大自然が広がっていて、季節ごと10万株の花々が咲き誇る「彩の広場」などの魅力が満載です。長いローラースライダーは子供も大喜びしますね。

多種多様な花が咲き乱れているため、自分の知らない綺麗な花も見つけることができますよ。レストランやショップ、wifiなどの施設も充実しているため、とても過ごしやすい、居心地がいいと評価が高いです。ぜひ、10万株の花々が咲き誇る絶景を見に行きましょう!

名称 国営みちのく杜の湖畔公園
住所 宮城県柴田郡川崎町大字小野二本松53-9
営業時間 9:30~17:30
公式サイト http://www.michinoku-park.info/wp/

5.白石城

View this post on Instagram

@kayo.e0622がシェアした投稿

「白石城」は江戸初期に発令された「一国一城令」の後も存続した城です。ここを中心として城下町として栄えていました。秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々に景色が一変するのも見どころとして、地元民から観光客まで多くの人々で賑わいます。

1995年に木造建築による完全復元天守として復元されました。、公園内にはショップや屋台が立ち並んでおり、昔の雰囲気の中で年中お祭り気分が味わえます。公園の中にある「白石城歴史探訪ミュージアム」では、過去の歴史や文化を堪能できるのも魅力の一つです。

名称 白石城
住所 宮城県白石市益岡町1-16
営業時間 9:00~17:00
公式サイト http://www.shiro-f.jp/shiroishijo/

秋田でおすすめの観光スポット5選

1.角館武家屋敷

「角館武家屋敷」は、秋田県仙北市角館町に位置しており、「角館城」と呼ばれるお城があった土地です。春には枝垂桜が満開に咲き誇りあたり一面をピンク色に染め上げます。日本さくら名所100選に選定されるほどの名所として人気です。

人力車に乗りながら優雅に景色を満喫することができ、ガイドの方に案内してもらうと、より楽しめるでしょう。至る所にお勧めの撮影スポットがありますので、思い出の写真もここでたくさん撮れるはずです。現代では感じられない雰囲気でゆったりとした時間を過ごしてみませんか。

名称 角館武家屋敷
住所 仙北市角館町
営業時間 9:00~16:30

2.男鹿真山伝承館

男鹿真山伝承館は、本物のなまはげに会えるスポットです。なまはげは秋田に古くから伝わる伝承として語り継がれています。なまはげの実演が行われ、怖い顔と、恐ろしい声をあげて暴れまわります。大迫力で圧倒される方も多いのだとか。

なまはげの怖さは大人にも効果抜群で、夢に出てきてしまいそうな恐ろしさです。厄災や病気を取り払ってくれるという言い伝えがあり、運気上昇のために訪れてもいいかもしれません。縁起の良いなまはげに会うために、ぜひ「男鹿真山伝承館」に行ってみてください!

名称 男鹿真山伝承館
住所 秋田県男鹿市船川港本山門前
営業時間 8:30~17:00
公式サイト https://www.namahage.co.jp/namahagekan/denshokan.php

3.赤れんが郷土館

「赤れんが郷土館」は、秋田銀行本店の本館として1912年に建造されました。郷土の版画家「勝平得之」の版画が常設展示されているので、美術が好きな人も楽しむことができます。さらに、ベビーカーの利用も可能になっているため、赤ちゃんがいるファミリーも安心して満喫できます。

明治幕末の歴史が色濃く残っている建物があるので時代の違いを体感できるでしょう。貴婦人の風格でたたずむ赤れんが館は国の重要文化財として登録されていることも、歴史的価値が高いことを証明していると言えるでしょう。

名称 赤れんが郷土館
住所 秋田県秋田市大町3-3-21
営業時間 9:30~16:30

4.秋田県立美術館

「秋田県立美術館」は、平成25年にオープンした美術館です。旧秋田県立美術館である「平野政吉美術館」の作品がそのまま引き継がれており、他では見れない作品が多いため、行く価値が高い観光スポットです。

「藤田嗣治」という画家・彫刻家の作品が多く展示されていて、彼の独特の世界観に引き込まれてしまいます。藤田と交友のあった秋田の資産家である平野政吉が集めたコレクションの全てがここにあります。「藤田嗣治」の作品を見ることができると多くの方が訪れるのだとか。

名称 秋田県立美術館
住所 秋田県秋田市中通1-4-2
営業時間 10:00~18:00
公式サイト https://www.akita-museum-of-art.jp/index.htm

5.田沢湖

「田沢湖」は、日本一の深さを誇る湖として有名です。水深も深く、透明度も高いため多くの魚が生息しています。旅行した時は釣りをしてそのまま食べるのも楽しみの一つでしょう。湖のあまりの美しさから「秋田で一番美しい景色」と称されることも多いです。

湖の深さは、東京タワーや東海道新幹線のぞみがすっぽる埋まるほどです。そのため、秋田は雪が降る地域として有名ですが、この湖は深さがあるため凍りつくことはありません。綺麗な湖に夕日や太陽が鏡のように移り、絶景を見せてくれることでしょう。

名称 田沢湖
住所 秋田県仙北市田沢湖卒田字中野74-2

山形でおすすめの観光スポット5選

1.宝珠山 立石寺

IMG_0019

「山寺」の愛称で有名な宝珠山 立石寺は、貞観2年(860年)に慈覚大師円仁によって開かれたと伝えられている東北を代表するお寺です。「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」という句に松尾芭蕉が着想を得たのは、奥の院に至るまでの長い長い1050段もの石段の途中にある「せみ塚」でのことでした。一段、また一段と上ることで煩悩が消えると言われている石段の先には、達成感と眼下に広がる素晴らしい眺望が出迎えてくれるはずです。

画像素材|PIXTA

山寺登山口から間もないところにある根本中堂からはじまり、芭蕉が句のヒントを得たと言われるせみ塚や弥陀洞、そして仁王門などをまわるのに、往復で2時間から2時間半はみておきたいところです。とくに百丈岩の上に立つ開山堂は必須ポイント。このすぐそばにある、五大明王を奉る五大堂からは、絶景が楽しめるのです。奥の院まで滞りなく参拝を終えたところで、この絶景ポイントに立ち寄るのが人気のコース。これを見たら長い石段もなんのその。ぜひチャレンジしてみましょう。

名称 宝珠山 立石寺
所在地 山形県山形市山寺4456-1
公式サイト http://rissyakuji.jp/
拝観料 大人300円 中学生200円 小学生以下100円

2.鶴岡市立加茂水族館

ちっちゃくてかわいいクラゲ

水族館では様々な魚や動物と出会うことができますが、そんな全国の水族館の中でも珍しい不思議な海の生き物・クラゲに特化したのが鶴岡市加茂水族館です。「クラゲドリーム館」として全国のクラゲ好きを魅了するこちらの水族館では、数の多さでギネスにも認定されている50種類以上のクラゲが展示されています。また、館内のレストランではクラゲそのものを食材として使ったクラゲラーメンやクラゲアイスもお召し上がりいただけ、見て楽しい!食べてもおいしい!クラゲの魅力を存分に味わうことができるスポットになっています。

画像素材|PIXTA

そんなこと言われてもクラゲには興味がない!…という方、ぜひだまされたと思って一度見てみてください。その展示の方法も工夫されていて、カップルでも楽しめるのです。一番の目玉はクラゲが舞う直径5メートルの大水槽。およそ2000匹のミズクラゲが浮遊し、幻想的なシーンを見せてくれます。テレビでも放映され、人気もうなぎ上り。写真映えするその姿に、わざわざ遠くから訪れる人も後を絶ちません。ちなみにこの加茂水族館を改築する費用の一部を賄うのに、「クラゲドリーム債」を募集したのだとか。まさに夢が詰まった水族館。ぜひ訪れてみてください。

名称 鶴岡市立加茂水族館
所在地 山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
公式サイト http://kamo-kurage.jp/
営業時間 通常 9:00~17:00
夏休み 9:00~17:30
入館料 大人1,000円 小・中学生500円

3.蔵王ロープウェイ

蔵王 Zao

蔵王の冬の風物詩“樹氷”、シベリアからやってくる季節風は雲粒が0℃以下でも凍らない過冷却水滴として蔵王に降り積もります。雪とこの水滴が混ざりながら針葉樹に凍り付き、だんだんと固まり大きくなって生まれるのが“スノーモンスター”と英訳される樹氷なのです。11月からできはじめ、1~2月が最大の規模になる樹氷を見られるのはスキーヤ―と、ヨーロッパでも採用されている安全性の高いゴンドラに乗る乗客です。晴れた日に眺める樹氷の姿には、きっと自然の神秘を感じるはずです。

画像素材|PIXTA

では、樹氷が見られる冬以外は、蔵王は楽しめないのか・・・?もちろんそんなことはありません。春には春の、そして夏には夏の楽しみがあるのです。春から秋にかけては、冬には難しいハイキングができます。大小さまざまな沼が集まる「いろは沼」は、木の歩道が設置され、初心者の方でも楽々山歩きを楽しめます。標高が高い湿地帯ならではの、可憐な植物に出会うことができ、心癒やされることでしょう。また、夏にはロマンチックなひとときを過ごせる、サマーナイトクルージングが行われていますよ。

名称 蔵王ロープウェイ
所在地 山形市蔵王温泉229-3
公式サイト http://zaoropeway.co.jp/
営業時間 山麓線 8:30〜17:00
山頂線 8:45〜16:45
入館料 大人 1,500円(片道) 2,600円(往復)
子供 800円(片道) 1,300円(往復)

4.天童最上川温泉ゆぴあ

「天童最上川温泉ゆぴあ」は、開放感あふれる温泉としておすすめの観光スポットです。お湯は毎分230Lで湧出している天然原水で、血行促進を促して肩こりや冷え性の改善につながります。露天風呂からは自然を眺めることができてリフレッシュできるでしょう。

掛け湯、水風呂、サウナ、寝湯など、温泉の種類も豊富なので、自分が好きな温泉を発見することができます。光がふりそそぐ大きな窓と開放感あふれる広い浴室が特徴的で、どなたでも心ゆくまで楽しむことができます。ぜひ、「天童最上川温泉ゆぴあ」で日々の疲れを癒やしてみてはいかがでしょうか。

名称 天童最上川温泉ゆぴあ
住所 山形県天童市藤内新田1620-1
営業時間 6:30~21:00
公式サイト http://yupia.com/yupia/

5.山形蔵王温泉スキー場

「山形蔵王温泉スキー場」は、子供から大人まで楽しめるスキー場です。単独のスキー場としては最大の規模を持ち25のゲレンデとコースがあるため、数日かけて滑っても飽きずに楽しめるところが魅力的です。山頂から滑り降りるスリルは快感!

1925年に開場されてから約100年間、地元民や観光客から愛されてきました。最長滑走距離9000m、総面積305haもの広さがあるスキー場は他にはなかなかありません。ぜひ、山形の自然を肌に感じながら、スキーやスノーボードをお楽しみください。

名称 山形蔵王温泉スキー場
住所 山形県山形市蔵王温泉土合709-1
営業時間 8:15~21:15
公式サイト http://www.zao-ski.or.jp/chrage/

福島でおすすめの観光スポット5選

1.スパリゾートハワイアンズ

Dancers at Iwaki Hawaiians

スパリゾートハワイアンズは、温泉やプールが楽しめる、お風呂好きの方や家族連れにぴったりの一大スパリゾートです。水着を着て遊べる「スプリングタウン」や江戸時代の雰囲気の中で世界最大級の露天風呂が楽しめる「江戸情話 与市」など、様々な種類のお風呂を満喫することができます。また、2006年に公開された「フラガール」の映画でも有名になったグランドポリネシアンショーは予約をして見ていただきたい、必見の価値がある迫力あるダンスショーです。

Spa Resort Hawaiians スパリゾートハワイアンズ

過去にすでに行ったことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんが、高低差日本一と言われるボディスライダーが開設されたりと、リニューアルをすることにより、常に新しい魅力で人々を惹きつけています。また、カラフルな熱帯魚やサメなど約1,300匹の魚たちと一緒に泳いでいるような気分が味わえる、新感覚プール「フィッシュゴーラウンド」も大人気です。お子様連れはもちろん、カップルでお出かけください。

名称 スパリゾートハワイアンズ
所在地 福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
公式サイト http://www.hawaiians.co.jp/
営業時間 平日 10:00~22:15
土日祝 9:00~22:15
(夏休み期間など変動あり)
入館料 大人 3,240円 小学生 2,060円 幼児 1,450円
(時間割引あり)

2.鶴ヶ城

「鶴ヶ城」は福島県会津若松市追手町に位置する城です。地元民以外からは「会津若松城」と呼ばれることが多いです。戊辰の戦役で新政府軍の猛攻を1ヶ月以上耐え抜いたことで有名です。先人の知恵と努力が結集した、ゆかりある地で歴史を感じ、自然豊かな景色で和むことができます。

歴史が好きな人はもちろんのこと、歴史に関心がない人でも建物や景色、さらに木々の匂いは最高の癒やしを与えてくれます。歴史的な建築物としてだけでなく、春には桜が満開のお花見スポットとしても多くの人で賑わいます。

名称 鶴ヶ城
住所 福島県会津若松市追手町1-1
営業時間 8:30~17:30
公式サイト http://www.tsurugajo.com/turugajo/shiro-top.html

3.アクアマリンふくしま

アクアマリンふくしまは、たくさんの種類の魚を楽しめる水族館です。イルカやウミガメなど多くの種類の水中の生き物が展示されており、平日でもショーを開催しています。福島の海は暖かい黒潮と、冷たい親潮が交わる「潮目の海」と言わています。

ファインディングニモでご存知のカクレクマノミや、大迫力のトドまで鑑賞することができ、子供を連れていけば大喜びすること間違いなしでしょう。海での進化の歴史が学べる骨格標本なども見ることができますので、ぜひお子様と訪れて欲しいスポットです。

名称 アクアマリンふくしま
住所 福島県いわき市小名浜辰巳50
営業時間 9:00~17:00
公式サイト https://www.aquamarine.or.jp/

4.猪苗代湖

「猪苗代湖」は、日本の福島県会津若松市に位置しており「日本国内で4番目に広い湖」です。天を映すように澄み切った様子は大変美しいですし、福島の旅行がより思い出深いものになるでしょう。四季折々により景色も変わるのも魅力的です。

「猪苗代湖」は、なんと「日本百景」にも選ばれており、景色の美しさは息を飲むほどです。磐梯山の姿を湖面に映す姿が絶景なことや、風によりゆれる水の動きが癒やされると評判が高いです。ぜひ、福島に行くときは「猪苗代湖」の絶景を楽しむことをおすすめします。

名称 猪苗代湖
住所 福島県耶麻郡猪苗代町大字翁沢字長浜870

5.ブリティッシュヒルズ

「ブリティッシュヒルズ」は、中世英国の街並みを再現しており、イギリスの町並みを感じることができます。ティールーム、パブ、食事、ショッピングが楽しめますし、国内でイギリスの歴史を触れ合うことができるスポットとして人気が高いです。

建物からインテリア、カーペットなど至るところまでイギリス風なので、日本との文化や歴史の違いを肌で体感できるでしょう。福島は雪が降る地域としても有名ですが、ブリティッシュヒルズで雪が降ると景色がロマンチックになり最高です。イギリスに旅行したかのような雰囲気を味わうことができますよ。

名称 ブリティッシュヒルズ
住所 福島県岩瀬郡天栄村田良尾芝草1-8
営業時間 9:30~18:00
公式サイト https://www.british-hills.co.jp/

お気に入りの東北観光スポットを見つけよう!

いかがだったでしょうか?
東北エリアはそれぞれの地方で独自の文化や習慣が残っており、ウインタースポーツや温泉だけでなく、観光スポットとしてもゆっくり楽しんでいただきたい場所がたくさんあります。次回の東北旅行の計画の際には、ぜひ参考にしてみて下さいね!

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事