最終更新日時 2019/04/08

福島県会津若松市の東山温泉は、山形県の上山温泉、湯野浜温泉とともにかつて奥羽三楽郷とも呼ばれた由緒ある温泉。東山温泉は天平時代に行基菩薩が発見したという伝説も残っています。今回は、そんな東山温泉の宿、今昔亭の魅力と周辺の観光スポットを4つご紹介します。

昭和18年創業の老舗温泉旅館・今昔亭

今昔亭出典:Relux|今昔亭

福島県会津若松市から車で10分というアクセスの良い場所にある温泉街、東山温泉。今昔亭はそんな東山温泉にある温泉旅館です。昭和18年創業の老舗で、緑豊かな会津の温泉街の隠れ家のような温泉旅館『今昔亭』は、静かで凛とした佇まいのやすらぎの空間。誰にも邪魔されることなく、ゆっくりと流れる時間を味わうことができる癒しの宿です。日々の仕事のストレスや都会の人混みに疲れたら、今昔亭の自然豊かな癒しの空間を訪れてみませんか。おひとり様や女子旅はもちろん、恋人や夫婦にもおすすめ。今昔亭では、客室、温泉、料理、仲居さんやスタッフの接客、どれも最良のおもてなしで、特別な時間を過ごすことができます。
会津若松市に近く、東山温泉駅から会津若松駅を周遊するバスもあり、観光拠点としても便利な立地となっています。

今昔亭出典:Relux|今昔亭

客室は和室10畳、和室10畳広縁、和室10畳応接間付、和洋室、源泉かけ流し風呂付和室、和洋室、展望風呂付客室、露天風呂付客室の7タイプ。もっともスタンダードな和室でも10畳の広さで、障子を開ければ爽やかな渓谷の景色を楽しむことができます。調度品やインテリアも和の趣がある、老舗の温泉旅館らしい雰囲気がたっぷり。源泉かけ流し風呂付和室や展望風呂付客室では自分の客室から出ることなく、人の目を気にせず温泉にゆったりと浸かることができます。野鳥のさえずりや会津の緑豊かな山間の景色を楽しみながら、癒しのひとときを存分に満喫。外の景色を楽しみながら、いつまででも浸かっていたくなりますね。露天風呂付客室の浴槽は、青森ヒバ製の浴槽、信楽焼の浴槽の2タイプがあるので、お好みの浴槽を選んで。別料金で客室でマッサージの施術も受けられます。

今昔亭出典:Relux|今昔亭

今昔亭に宿泊するなら、湯川の流れに沿って設けられた水辺の野外ダイニング『川どこ』での食事がおすすめです。100以上の席数を誇る川どこでは、青い空の下、清流のせせらぎと水鳥や枝垂桜などが彩る景色を眺めながら食事をとることができます。秋には紅葉が見られ、冬になれば雪化粧をまとい、季節によって異なる様相を見せます。今昔亭では、食事も豊かな自然の中で楽しむことができるのです。夜には人工滝のライトアップと篝火が柔らかな光を灯し、幻想的な光景に。非日常感のある川どこでの食事は、大切な記念日にもぴったりです。

今昔亭出典:Relux|今昔亭

また、川どこには足湯もあり、食事をしなくても景色を眺めながらゆったり過ごすこともできます。自然の音に耳をすませながら、足湯でのんびり。そんな寛ぎのひと時をお愉しみください。

今昔亭出典:Relux|今昔亭

今昔亭で供される食事は、新鮮な地野菜や旬食材、築地市場から取り寄せた新鮮な魚介を使った和会席料理。その日に仕入れることができた最高の食材を使った料理でおもてなしをしたいという総料理長の思いから、献立はあらかじめ決まっておらずその日のお楽しみ。
築地市場から仕入れた旬の魚介類は鍋料理やお造りで、福島県産のA4ランク以上の牛肉はすき焼きやしゃぶしゃぶで、食材がもっとも引き立つ料理を味わうことができます。季節の食材を使った一例として、春はこごみやうるいなどの山菜類、夏は鱧、秋はしめじや松茸、栗、さつまいもなどを使った料理が提供されます。

今昔亭出典:Relux|今昔亭

ゆっくりと時間が流れる今昔亭では、朝ごはんも豪華!会津産のコシヒカリに、市場から届いた焼き魚、味噌汁など、栄養バランスも考えられた日本人のための和の朝ごはんです。日頃簡単に済ませがちな朝食もゆっくり味わいながら食べるという、忙しい現代人にはなかなかできない贅沢で美味しい時間を楽しめます。美味しい朝ごはんをしっかり食べれば、活力も湧いてきます。

今昔亭出典:Relux|今昔亭

今昔亭の温泉の大浴場は湯川に面しており、対岸の自然林は春には新緑、秋は紅葉、冬には雪景色を見ることができ、川辺には野鳥たちも訪れます。温泉に浸かりながら湯川と対岸の自然林を見ていると、自然の恵みと癒しを感じられます。
源泉を引いている温泉の湯は無色透明の硫酸温泉で、浴槽温度は43度。神経痛、筋肉痛、関節痛、うちみ、くじき、慢性消化器病、冷え性などの温泉一般の適応症の他、泉質別の適応症では動脈硬化症、切り傷、火傷、慢性皮膚病、慢性婦人病に効能があります。観光と食事の後、1日の終わりには浴場の御影石の湯船に浸かり、湯川の光景と体に染み込む源泉かけ流し温泉で心も体もリラックス。
大浴場は24時間で、男女入れ替えあり。もちろん石鹸シャンプーにタオルやドライヤー、歯ブラシ、女性風呂にはクレンジングなどのスキンケア用品、男性風呂にはシェービングフォームやヘアリキッドなど、アメニティ一式も揃っています。

今昔亭の詳細をみる

今昔亭周辺の観光スポット

1.鶴ヶ城

会津若松城(鶴ヶ城)

会津の観光名所といえば会津若松城。またの名を鶴ヶ城。福島県内の学生の修学旅行や遠足でも人気のスポットです。1384年に蘆名直盛が東黒川館という館を作ったのが鶴ヶ城の始まりとされ、15世紀半ごろまでには黒川城として成立し、東文禄2年(1593年)に会津藩主の蒲生氏郷が天守閣を完成させ、鶴ヶ城と改められました。以来数々の歴史に刻まれる舞台となり、黒川城時代からの城主には伊達政宗、上杉景勝、会津松平家などそうそうたる大名たちがいます。
戊辰戦争では新政府軍からの城攻めにひと月耐え切り、難攻不落の鶴ヶ城と称えられました。日本百名城の一つにもなっています。現在の鶴ヶ城は昭和40年に復元されたもので、平成23年には幕末時代の赤瓦をまとった日本で唯一の天守閣となっています。平成27年には天守閣再建50周年を記念し、鶴ヶ城内部にある展示室がリニューアルされています。
鶴ヶ城公園内と付近には、他にも千利休の子小庵が建てたとされる『鱗閤』という茶室や、徒歩15分の場所に国の名勝に指定されている御薬園など、歴史ある日本文化を感じられるスポットがあります。

詳細を見る

2.飯森山公園

会津飯森山: 白虎隊士墓所

戊辰戦争の際、会津藩が組織した少年のみで編成された白虎隊という部隊がありました。16、17歳の武家の少年が主でしたが、中にはもっと若い15歳や13歳の少年もいました。白虎隊は本来予備部隊でしたが、旧式の装備のまま戦っていた会津藩は、新政府軍に劣勢を強いられ、年端もゆかぬ白虎隊も戦線に投入されます。
各所で苦戦し多くの戦死者が出、343名で構成されていた白虎隊は、わずか20名まで減ってしまいます。新政府軍から逃れ、隊士たちはなんとか飯森山まで逃げ伸びましたが、鶴ヶ城周辺から立ちのぼる煙を見た白虎隊は、鶴ヶ城が落城したと思い込んでしまい、全員が自刃してしまいます。しかし、白虎隊が落城したと思い込んだ時点ではまだ鶴ヶ城は落城していなかったのです。この白虎隊の悲劇は今も語り継がれており、飯森山には白虎隊士の墓や遺品などが収蔵されている記念館があります。
飯森山で自刃した際、唯一生き残り昭和まで生きた飯沼貞吉(のち飯沼貞雄と改名)も、
本人の希望により白虎隊士たちが散った飯森山に埋葬されています。白虎隊士たちの墓前にはお線香を供え、若くして散った隊士たちの冥福を祈る人は絶えません。毎年春と秋に行われる墓前祭では、白虎隊の霊を慰めるため、地元の高校生たちによる剣舞が奉納されています。
飯森山公園内には、白虎隊士のお墓や記念館の他、白虎隊・新選組ゆかりの武具や調度品、家具や江戸時代の女性用の装身具が展示されている白虎隊伝承史学館や、
ダ・ヴィンチも建てられなかったという、昇る人と降りる人がすれ違わない2重らせん構造の不思議なお堂『さざえ堂』、大河ドラマのオープニングで使われた市天然記念物の『石部桜』など、見所がたくさんあるので、じっくり時間をかけて見て回りたい場所です。

詳細を見る

3.渋川問屋

_0014166

渋川問屋は明治時代に創業した元海産物問屋で、現在では当時の木造家屋や蔵を活かしたレトロ感あふれる宿&食事処になっています。宴会ができる座敷からロマネスク調の喫茶レストランまであり、日本に西洋の文化が入り始めた頃の時代を彿とさせる渋川問屋は歴史的価値のある建物としても評価が高く、福島県建築文化賞特別賞、会津若松市歴史的景観指定建造物など、様々な賞を受賞しています。
中庭を抜けると畳敷に椅子の離れがあり、宿泊施設である別館へと続く日本庭園を望むことができます。お食事のメニューはこづゆ、ニシンの山椒漬、昆布巻き、そば粒がゆ、会津牛のステーキなど本格的な会津の郷土料理。明治・大正時代を思わせる建物の中で会津の郷土料理を味わいながら、歴史に思いを馳せてみては。七日町通り付近でランチを食べるならぜひ渋川問屋で!バス停七日町駅から徒歩3分です。

詳細を見る

4.野口英世青春通り

_2112850

野口英世青春通りは、あの福島県の偉人・野口英世が青春時代を過ごした会津若松で所縁のある場所が立ち並ぶ通りです。野口英世青春通りにある野口英世青春館は、野口英世が幼い頃に火傷した左手の手術を受け、医学の道を志すきっかけとなった『会陽医院』の跡地で、2階で野口英世に関する写真など様々な資料が展示されています。
1階は明治17年に建てられた旧会陽医院の建物を活かしたアンティークでお洒落なカフェになっています。その他野口英世青春通りには、18歳に洗礼を受けた教会や、初恋の女性と出会った場所など、野口英世関連の様々なスポットがあります。古い建物やアンティークでお洒落なカフェやショップも多く、野口英世を詳しく知らない人も楽しめます。野口英世をよく知らないという人は、野口英世青春館に訪れた機会に彼の偉業や生涯について知識を深めるきっかけにしてみてください。

詳細を見る

Reluxで極上の旅を

いかがでしたでしょうか。Reluxでは今回お届けした宿泊施設以外にも、日本全国の心からおすすめできる一流旅館・ホテルを、旅のプロが厳選してご紹介しています。あなたもReluxで、今までにない特別な旅をご体験ください。

一流旅館・ホテルを探す

特集

2019/06/07朝の時間を旅する -明け方の浅草寺-

2019/02/22泊まる、ふたりだけの世界【伊東】 ー宿泊体験記vol.2ー ふたり木もれ陽

人気記事