最終更新日時 2018/12/22 18:24

今回は青森に行ったら必ず訪れたい、おすすめの温泉をご紹介します。たくさんある青森の温泉の中から、秘湯・名湯と呼ばれる温泉を集めてみました。ちょっとアクセスが不便な場所もありますが、大自然の中での湯浴みは、日々の喧騒を忘れさせてくれること間違いなしです。お気に入りの温泉をぜひ見つけてください。

鯵ヶ沢温泉郷

岩木山

1993年にユネスコの世界自然遺産に登録された白神山地と、岩木山を抱く津軽半島の鯵ヶ沢町にあるのが鰺ヶ沢温泉(あじがさわおんせん)です。「化石海水」と呼ばれる約30万年前の海水が、天然温泉となった貴重な温泉です。化石海水を含んだ温泉は塩分濃度が高く、保温と保湿に優れています。

画像素材|PIXTA

近隣にある観光スポットが「くろくまの滝」です。世界遺産白神山地を源流とする赤石川の支流「滝ノ沢」にあり、原生林に囲まれていて、新緑の時期や紅葉の時期は絶景です。高さ85m、幅15mのこの滝は、日本の滝百選にも選ばれた青森県内で最大級の規模を誇る名瀑です。

住所 青森県西津軽郡鯵ヶ沢町大字本町209番地2
電話番号 0173-72-2111(鰺ヶ沢町役場)
アクセス 新青森駅からJR奥羽本線・川部駅へ、五能線・鰺ヶ沢駅下車
日帰り温泉 「水軍の宿」8:00~21:00 大人420円 中人150円 小人60円
効果・効能 神経痛、五十肩、運動麻痺、慢性消化器病、痔疾など
参考URL http://www.ajiiku.jp/index.html

下風呂温泉郷

下風呂温泉

青森県下北半島の風間浦村にある下風呂温泉郷(しもふろおんせんきょう)は、温泉郷全体で3か所の源泉を持つのが全国でも珍しいと言われています。昭和の文豪・井上靖が1958年にこの地を訪れ、小説「海峡」を執筆しました。その終章で下風呂温泉を「漁り火の見える温泉」と紹介したことで、全国的にも有名になりました。

足湯中。今日は下風呂で一泊。

第二次大戦中に工事が中断して幻となった大間鉄道の陸橋跡が、2005年4月にメモリアルロードとして生まれ変わりました。遊歩道の中央には足湯があり、昼は北海道恵山岬を、夜には津軽海峡の漁火を眺めることができます。

住所 青森県下北郡風間浦村下風呂
電話番号 0175-35-2010(風間浦村商工会青年部)
アクセス JR東北本線・野辺地駅から 大湊線・下北駅下車
日帰り温泉 「大湯」4月~10月 7:00~20:30 11月~3月 8:00~20:30 350円 月曜定休
「新湯」4月~10月 7:00~20:30 11月~3月 8:00~20:30 350円 火曜定休
効果・効能 神経痛、リュウマチ、関節痛、しびれ、高血圧、美肌など
公式URL https://www.shimohuro.com/

浅虫温泉郷

浅虫温泉

浅虫温泉(あさむしおんせん)は、平安時代の876年に慈覚大師(円仁)により発見されました。当初は、麻を蒸すためにだけ使用されていましたが、1190年にこの地を訪れた円光大師(法然)が、村人に入浴をすすめたことから人々に利用されるようになりました。温泉名も麻を蒸すことに由来し、「麻蒸」が転じて「浅虫」になったといわれています。

湯の島

浅虫マリーナから800mの沖合いに「湯の島」があります。春になると島全体に群生したカタクリが咲き乱れ、4月にはカタクリ祭りが開催されます。また島内には樹齢400年を越すケヤキの巨木もあり、ゆっくり歩いても1時間ほどで散策できます。

住所 青森県青森市浅虫蛍谷70
電話番号 017-752-3259 
アクセス 青森駅から青い森鉄道・浅虫温泉駅下車すぐ
日帰り温泉 道の駅「浅虫温泉 ゆーさ浅虫」 7:00~21:00 大人350円、小学生150円
効果・効能 神経痛、リュウマチ、創傷、婦人病など
公式URL http://www.asamushi.com/sightseeing/yunoshima.html

酸ヶ湯温泉

Sukayu Hot Spring

酸ヶ湯温泉(すかゆおんせん)は八甲田の主峰である大岳の西麓、標高約900メートルの高地にあります。北八甲田や、毛無岳などの湿原への登山口になっています。周辺にはキャンプ場やスキー場があり、四季を通して楽しめる温泉地です。柱が一本もない総ヒバ作りの「ヒバ千人風呂」は160畳の広さがあり、初めて見る人を驚かせます。

城ヶ倉大橋

近隣の観光スポットとして有名なのが、城ヶ倉大橋(じょうがくらおおはし)です。全長360m、高さ約120mの日本一の上路式アーチ橋で、橋の上からは八甲田連峰や岩木山はもちろん青森市街地まで見渡せます。また、紅葉の時期には城ヶ倉渓谷の見事な紅葉が望めます。

住所 青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50番地
電話番号 017-738-6400
アクセス 青森駅からJRバス・酸ヶ湯温泉前下車
日帰り温泉 ヒバ千人風呂(混浴)7:00~17:30 玉の湯(男女別)9:00~17:00
どちらか利用 600円 両方利用 1000円
効果・効能 神経痛、運動麻痺、慢性皮膚病、慢性婦人病、痔疾など
公式URL http://www.sukayu.jp/Tops/index

恐山温泉

恐山

下北半島の中央部、宇曽利湖(うぞりこ)のほとりにある、恐山(おそれざん)菩提寺の中にある温泉です。恐山は高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場のひとつで、約1,200年も昔に開山した死者の霊が集まる霊場です。恐山温泉は恐山菩提寺に入山した参拝客のみが利用できます。周辺にはむつ市釜臥山スキー場や、桜の名所の早掛沼公園があります。

Taiko bridge / Sanzu river

恐山の入口には三途の川が流れています。その川を渡れば、その先は「あの世」ということです。境内には一周3kmの参拝コースがあり、136の「地獄」を巡ることができます。

住所 青森県むつ市大字田名部宇曾利山3-2
電話番号 0175-22-3825(恐山寺務所)
アクセス JR大湊線・下北駅から 路線バス・恐山下車
営業日時 5月1日~10月31日 6:00~18:00
入山料 500円
効果・効能 神経痛、リュウマチ、胃腸病など
参考URL http://www.mutsu-kanko.jp/guide/miru_01.html

つづきを読む >>

特集

2018/12/21【連載】過ごす、代官山 -忙しい日々の合間を縫って- 佐藤杏里さん【後編】

2018/12/21【連載】過ごす、代官山 -忙しい日々の合間を縫って- 佐藤杏里さん【前編】

人気記事