最終更新日時 2019/04/16

杜の都「仙台」。東北の玄関口「仙台」には、たくさんの人々が行きかうだけあって、色々な見どころや東北中のおいしいものが集まっています。そして、実は宮城県には、海と山それぞれの絶景がたくさんあります。今回は、そんな宮城県のとっておきの20か所をご紹介します。

仙台エリアでおすすめの観光スポット5選

1. 定禅寺通

仙台駅到着後、まずは仙台の街並みをぶらりと感じてみるのはいかがでしょう。「定禅寺通」は、杜の都「仙台」を物語るのにふさわしい、都市部に美しい木々が立ち並ぶ大通り。おいしいレストランやかわいい雑貨屋さん、おしゃれなカフェを見つけながら散策できます。

定禅寺通では、いろいろなイベントが開催されています。冬場には「光のページェント」というライトアップイベントが開催されています。また、9月上旬には「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」が開催され、道のいたるところで、本格的な音楽を楽しめます。ぜひ、イベント情報をチェックしてから訪れてみてください。

名称 定禅寺通
住所 仙台市青葉区

2. 青葉城址

仙台城跡、「青葉城址」は、戦国大名伊達政宗公が築城した城の跡地です。現在は、城こそ残っていませんが、かつての歴史を学んだり、政宗公の立派な像を見ることができます。高台にあるので、夜景スポットとしても人気があります。

独眼竜、と呼ばれた伊達政宗。その功績を知るには、敷地内の「青葉城資料展示館」へ行ってみましょう。伊達政宗の一生や、仙台城のかつての姿に思いを馳せることができます。ご家族の方々には、子供の歴史学習としてもぴったりです。

名称 青葉城址
住所 宮城県仙台市青葉区川内1
サイト http://honmarukaikan.com

3. 瑞鳳殿

「瑞鳳殿」は、伊達政宗が眠る霊屋。日本の伝統様式による豪華絢爛な建築美は、色彩豊かに復元されており、一見の価値ありです。その立派な公廟の姿から、伊達政宗公の功績を知ることができます。神聖な雰囲気は、一人旅にも最適となっています。

広大な森林一体で、伊達政宗公をまつっています。緑あふれる美しい自然に囲まれながら、散策をお楽しみください。駐車場もありますが、坂があったり石段があったりと、徒歩で進む場所も多いようです。車いすをご利用の方は、ご注意ください。

名称 瑞鳳殿
住所 宮城県仙台市青葉区霊屋下23-2
営業時間 2/1~11/30 9:00~16:30
12/1~1/31 9:00~16:00
サイト https://www.zuihoden.com

4. せんだいメディアテーク

一大都市仙台の、最新の文化・芸術発信の拠点となっているのが、「せんだいメディアテーク」。多種多様なアート展示や、地元アーティストによるイベントが行われたり、図書館としても地元の方の憩いの場としても活用されています。

「せんだいメディアテーク」が有名な観光地となったのは、なによりその建築の素晴らしさが理由。著名な建築家「伊藤豊雄」によるデザインは、建物の外・中どちらにも機能も考慮された特徴があり、開放感のある印象的なデザインとなっています。

名称 せんだいメディアテーク
住所 宮城県仙台市青葉区春日町2-1
営業時間 9:00~22:00
サイト https://www.smt.jp

5. 秋保温泉

大都市仙台から1時間ほどの場所に、素敵な温泉街があります。その一つが「秋保温泉」。こんな都会の近くで温泉が楽しめるなんて、嬉しいですね。昼間は、仙台観光を楽しんで、夜は旅館でゆったり。そんなデートコースにもおすすめです。仙台を満喫できますね。

温泉街は、そこだけでも一日中過ごせてしまうような魅力がたくさん。「秋保大滝」や「二口渓谷」など風光明美な自然にも恵まれています。おいしいスイーツのお店や、そば、うどんなどのランチが楽しめるお店。また、足湯を楽しめたりと、女子旅にも嬉しいスポットが多くあります。

名称 秋保温泉
住所 宮城県仙台市太白区秋保町
営業時間 各店舗による
サイト http://www.akiuonsenkumiai.com

松島・石巻エリアでおすすめの観光スポット5選

1. 松島観光船

宮城といえば、「松島」をイメージされる方も多いのでは。日本三景のひとつ、「松島」はミシュランガイドにも選ばれたことがあるため、外国人にも人気があり、誰もが認める絶景スポットとなっています。周辺一帯が観光地なのですが、まずは「松島観光船」に乗ってみるのがおすすめ。

観光船の所要時間は約50分。陸地からは見えないような島々を間近にみることができます。遊覧船のデッキにはかもめがやってくることも。船内では松島の解説を聞くことができるので、観光の最初に訪れるのにぴったりです。

名称 松島観光船
住所 宮城県松島町松島字内98-1
営業時間 9:00~16:00
サイト http://www.matsushima.or.jp

2. 松島さかな市場

ランチのお食事処としても、おみやげなどのショッピングにも最適なのが「松島さかな市場」。より新鮮な海鮮グルメを買うことができるスポットになっています。お食事の種類も豊富で、リーズナブルなので、家族連れにもぴったり。

松島に行ったら、ぜひ味わいたいのが、名産の「かき」。松島さかな市場では、豪快に大量のかきを蒸し焼きにする、かき小屋も体験できます。ほかでは食べることができない、珍しいかきバーガーも、食していただきたいです。

名称 松島さかな市場
住所 宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂4-10
営業時間 8:00~17:00
サイト http://www.sakana-ichiba.co.jp

3. 円通院

松島を望む海岸沿いから、山側へ向かってほど近いところにあるお寺「円通院」。その美しさが評価され、ミシュランの観光ガイドにも選ばれています。本堂や枯山水の庭園など見どころ満載で、一見の価値ありのお寺となっています。

ひとつひとつが、重要な文化財となっている「円通院」ですが、ぜひ注目したいのが「三慧殿」です。当時の国際交流を反映し、なんとバラやハートなど洋風の要素が取り入れらているそうですよ。縁結び観音で、かわいいこけしにお願いごとを書くのもお忘れなく。

名称 円通院
住所 宮城県松島町松島字町内67
営業時間 4月~10月下旬 8:30~17:00
10月下旬~11月 8:30~16:30
12月~3月 9:00~16:00
サイト http://www.entuuin.or.jp

4. 石ノ森萬画館

View this post on Instagram

@maa7511がシェアした投稿

海岸沿いの中州に、突如現れるたまご型の大きな建物。「石ノ森萬画館」の外観は「宇宙船」をイメージして作られています。日本の歴史に名を残す漫画家「石ノ森章太郎」とその作品を集める記念館になっています。

アニメを流したり、原画を飾るだけでなく、様々なワークショップなど体験して遊べる展示が多いのも特徴です。アニメ好きの方も、そうでない方も、誰もが楽しむことのできる施設になっています。駐車場もとても広いので、車でドライブを楽しみながら行くのもいいですね。

名称 石ノ森萬画館
住所 宮城県石巻市中瀬2-7
営業時間 3月〜11月 9:00~18:00
12月〜2月 9:00~17:00
サイト https://www.mangattan.jp/manga

5. 田代島

「田代島」は、知る人ぞ知る猫の島。島では人よりも猫の数が多いといわれ、猫のことをこの島の守り神として、大切に扱っています。そのため、猫と触れ合える場所や猫の神様をまつる神社など、猫好きには、必見のスポットがたくさんあります。

田代島は、石巻駅からバスとフェリーを使って移動します。フェリーは本数が限られますので、行き帰りいずれも、余裕をもって訪れてください。数百匹を超える猫たちが、皆様が訪れるのを待っていることでしょう。

名称 田代島
住所 宮城県石巻市田代浜

鳴子・古川エリアでおすすめの観光スポット5選

1. 鳴子温泉

「鳴子温泉」は、鳴子温泉郷といわれ、4つの温泉から構成されます。その歴史は1000年を超え、かつてより歴史上の偉人がここを訪れています。かの有名な松尾芭蕉の「奥の細道」に使われていることでも評判となっています。

「鳴子温泉」の原泉は、400以上とも。さまざまな泉質の違いを楽しめる「湯めぐりチケット」を使うと、安くお得に、対象施設の温泉を利用できます。また、地元の人が通う共同浴場も、その土地の暮らしが体験できるスポットとなっているのでおすすめ。毎日使える施設とあって、お値段もとってもリーズナブルですよ。

名称 鳴子温泉
住所 宮城県大崎市鳴子温泉字湯元2-1
サイト http://www.naruko.gr.jp

2. 鳴子峡

鳴子温泉郷のひとつ、中山平温泉の絶景スポットのひとつが「鳴子峡」。特に、10月下旬から11月中旬にかけての紅葉シーズンは、見渡す限りの美しい木々と、岩石の織り成す景色に感動そのもの。見晴らし台からの絶景をお楽しみください。

渓谷の深さはなんと約100mにもおよぶと言われています。清流が長い時間をかけてつくりだした「猿の手掛岩」、「一双岩」など奇岩の数々も見られますよ。森林浴を楽しみながら、散策してみるといいかもしれません。

名称 鳴子峡
住所 宮城県大崎市鳴子温泉尿前
営業時間 冬季 見晴らし台、及びレストハウスが閉鎖

3. あ・ら・伊達な道の駅

地方を訪れた際に、一度は立ち寄りたいのが、地元の名産を取り扱う「道の駅」。「あ・ら・伊達な道の駅」は、そのおしゃれさで注目されている、進化した道の駅となっています。JR池月駅からもほど近く、電車でもアクセスできるのが嬉しいですね。

道の駅定番の農産物直売所はもちろん、姉妹都市や沿岸部被災地の物販コーナーもあります。バイキングで美味しい料理を味わえるところも、人気のポイント。「伊達な醤油ラーメン」や「栗団子」が特に人気の名物。近くを通った際は、ぜひ訪れてみてください。

名称 あ・ら・伊達な道の駅
住所 宮城県大崎市岩出山池月字下宮道下4-1
営業時間 8:45~18:00
サイト http://www.ala-date.com

4. 感覚ミュージアム

ちょっと変わった名前のミュージアム「感覚ミュージアム」。その名のとおり五感をフルに使った不思議な体験をすることができます。最新テクノロジーを使い、感覚を最大限に使うアートの数々は、全国をみてもここでしかできない体験となります。

さまざまな光や色、音やかたちが織り成す不思議な造形は、子供から大人まで、大興奮すること間違いなし。ミュージアムカフェでは、鳴子でとれたブルーベリーを使った「ブルーベリーシェイク」が人気。さわやかな味のブルーベリーが、さっぱりした気持ちにさせてくれることでしょう。

名称 感覚ミュージアム
住所 宮城県大崎市岩出山字下川原町100
営業時間 9:30~17:00
サイト http://www.kankaku.org

5. 潟沼

「潟沼(かたぬま)」は鳴子温泉にあるカルデラ湖。世界トップクラスの酸性度をもつため、生物はほぼいません。硫黄のにおいが漂い、絶えず熱泉ガスなどが発生しています。天気によって、湖面がエメラルドグリーンに見えるのが、人気の秘訣となっています。

凍結や積雪のため、残念ながら冬季は閉鎖をしており、潟沼に訪れることはできません。ボートや遊歩道もあるので、ぜひ天気のよい、温かい季節に訪れてみてください。水色に輝く湖が、なんとも幻想的な雰囲気を醸し出してくれますよ。

名称 潟沼
住所 宮城県大崎市鳴子温泉湯元69
営業時間 11月下旬から4月下旬までの期間は冬期閉鎖
サイト https://www.city.osaki.miyagi.jp/index.cfm/24,1167,108,235,html

白石・宮城蔵王エリアでおすすめの観光スポット5選

1. 御釜

「御釜」は、大自然がつくりあげた絶景の名所。山の中にぽっかりと現れた、エメラルドグリーンの湖は、なんとも言えない幻想的な風景となっています。インパクトもある上に、春夏秋冬、四季折々の表情を見せてくれると評判です。

3つの峰に囲まれた円形の火山湖。その大きさから、自然のエネルギーの大きさを感じることができます。なお、御釜へのルートは、冬季は通行止めになっていて見に行くことができません。計画を立てる前に、必ずホームページで道路状況をご確認ください。

名称 御釜
住所 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林内
営業時間 日中帯
サイト http://www.zao-machi.com

2. 蔵王ハートランド

家族連れやデートにおすすめなのが「蔵王ハートランド」。誰もが楽しめる、さまざまな牧場体験をすることができます。東京ドーム約20個分ほどの広大な土地に広がる牧場で、壮大な自然と圧倒的な開放感を味わえます。

なんと100頭以上の牛、その他うさぎやひつじ、やぎなどが飼育されています。動物たちが自然のなかでいきいきと暮らしている姿に、癒されること間違いなしです。ぜひ、間近で触れ合って、忘れられない思い出にしてください。

名称 蔵王ハートランド
住所 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字七日原251-4
営業時間 9:30~17:00 (11月~3月までは冬期休業)
サイト https://heartland.zao-cheese.or.jp

3. 国営みちのく杜の湖畔公園

大自然でアクティブに過ごしたい家族連れに人気なのが、「国営みちのく杜の湖畔公園」。ただの大きな公園ではなく、キャンプ場やドッグラン、ボートや大型遊具が揃う、アミューズメント施設です。四季おりおりの花が咲くお花畑に、心がおどります。

園内は、オートキャンプ場やドッグランのある北地区、森の生い茂る里山地区、ボート乗り場や遊具、ふるさと村からなる南地区の三つの地区に分かれています。あなたのお好みのアクティビティを見つけて、自然と触れ合う豊かな一日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

名称 国営みちのく杜の湖畔公園
住所 宮城県柴田郡川崎町小野二本松53-9
営業時間 3月1日~ 6月30日、9月1日~10月31日 9:30~17:00
7月1日~ 8月31日 9:30~18:00
11月1日~2月末 9:30~16:00
サイト https://www.michinoku-park.info/wp

4. 白石城

ここ「白石城」は、伊達家仙台藩の南の守りの要、重臣片倉氏の居城となっていました。江戸時代を生き抜いたものの、江戸時代の終わりとともに、明治7年に取り壊されました。ですが、再興され、当時の建築様式も忠実に再現されており、立派な天守閣をのぞむことができます。

敷地内には「歴史探訪ミュージアム」があり、歴史的な背景を読み解いた展示が数々なされています。また、近くに見学可能な「武家屋敷」もあります。昔ながらの生活を想起させる展示に、思わず江戸時代にいるかのようです。

名称 白石城
住所 宮城県白石市益岡町1-16
営業時間 4月~10月 9:00~17:00
11月~3月 9:00~16:00
サイト http://www.shiro-f.jp/shiroishijo

5. JAみやぎ亘理 吉田観光いちご園

ここ亘理は、東北一のいちご生産量を誇る地域だそうです。「JAみやぎ亘理 吉田観光いちご園」では、新鮮な取れたていちごを、おなかいっぱい心ゆくまで食べられます。地元だからこそ実現できるリーズナブルな、いちご狩り体験を楽しむことができます。

このいちご園で食べられるのは、全国でも人気の「とちおとめ」という品種。いちごの旬である、冬〜春にかけて開催されています。また、近隣にもたくさんのいちご園があるので、ぜひホームページで情報を確認してからご来場ください。

名称 JAみやぎ亘理 吉田観光いちご園
住所 宮城県亘理郡亘理町長瀞字稲荷前45-10
営業時間 10:00~16:00
サイト http://burawatari.jp/ja/spot/detail/110055

都市から大自然まで、あなた好みの旅を過ごしてみてはいかがですか?

「仙台」を中心に、都市部でおしゃれに過ごすのもよし。ちょっと足を伸ばして、海から山へと風光明美な大自然にふれるもよし。春夏秋冬、さまざまな顔を見せてくれるので、どんな時期でもお楽しみいただけますよ。実は、宮城県は、いろいろな楽しみかたができる観光都市だったんです。ぜひ、あなた好みの宮城県の過ごし方を見つけてみてください。そして、なにより、とれたての海鮮を使った料理、ずんだもちや牛タンに代表される仙台グルメを楽しむこともお忘れなく!

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事