最終更新日時 2019/05/15

みちのくの町、弘前。青森ということで、りんごのイメージが出てくる方が多いのではないでしょうか。しかし、津軽を代表する弘前市ではさまざまな文化・伝統が残っており、それらを体感できる施設が沢山あります。あまり知られていないご当地グルメも!今回はそんな弘前のおすすめのスポットをご紹介したいと思います。

弘前でおすすめの定番スポット10選

1. 弘前城

画像素材|PIXTA

弘前だけでなく東北地方のシンボルでもある「弘前城」。現在では数少ない、現存天守の 貴重なお城です。津軽統一を果たした津軽為信により江戸時代後期に築城されたお城で、一度落雷により天守が消失したものの、その後修復され現在に至っています。

そんな弘前城には「弘前公園」と呼ばれる広大な公園に囲まれています。公園には2600本の桜が植えられ、春になると沢山の地元の方や観光客が訪れます。この時期に訪れる方は、場所はお弁当などを用意して下さる「手ぶらで観桜会のプラン」をぜひチェックしてみて下さい。

名称 弘前城
住所 青森県弘前市下白銀町1
営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.hirosakipark.jp/

2. 津軽藩ねぷた村

青森県と言えば「ねぷた祭り」。弘前で行われる「弘前ねぷたまつり」は弘前四大まつりの一つであり、 「ヤーヤドー」という大きな掛け声とともに数メートルにもなる山車をひく、壮大なお祭りです。そんな祭りを学べる場所が弘前城からも歩ける場所にある「津軽藩ねぷた村」。

思わず息をのむほど迫力満点の大型ねぷたは、高さ10メートルにもなるのだとか。そんなねぷたを間近で見られるうえ、内部の骨組みを見学できるのです。沢山の外国人も訪れている人気スポット。製作体験するコーナーもありますよ。

名称 津軽藩ねぷた村
住所 青森県弘前市亀甲町61
営業時間 9:00~17:30(最終入場は17:00)
サイト http://neputamura.com/

3. 弘前市りんご公園

青森の特産品といえばりんご。ここ、弘前市内にもりんご園があるほど、たくさんのりんごが生産されています。そんなりんごを見て、食べて楽しめるのが「弘前市りんご公園」。弘前駅からは車で20分ほどのところにあるので、車を借りて行かれると便利です。

公園内には80種、2,300本ものりんごの木が植えられています。食べごろに育ったりんごをもぎ取る収穫体験は大人気。特に子供連れにはおすすめのスポットです。期間は8月から11月頃まで。見所いっぱいなのでシーズンオフでも楽しめますよ。

名称 弘前市りんご公園
住所 青森県弘前市清水富田寺沢125
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.city.hirosaki.aomori.jp/ringopark/

4. 道の駅 ひろさき

大鰐弘前インター近くにある「道の駅 ひろさき」。車で訪れる方におすすめのスポットです。別名「サンフェスタいしかわ」と呼ばれるこちらの建物内では、新鮮でお安い野菜や果物、ジェラートなど美味しいものが集まっています。

人気商品のひとつである煮玉子はお土産にも最適。「弘前の煮玉子屋」でつくられており、黄身の部分までしっかりと味が染みこんでいます。また、フレッシュりんごジュースやトマとろジュースも大人気。ぜひお帰り前に立ち寄って下さいね。

名称 道の駅 ひろさき
住所 青森県弘前市大字石川字泉田62-1
営業時間 4月~10月 9:00~18:30
11月~3月 9:00~18:00
サイト http://michinoeki-hirosaki.jp/

5. 嶽ホテル

市街地からちょっと離れるものの、治場として親しまれてきた名湯が「極温泉」です。岩木山の山懐にひっそりと佇む温泉郷で、10軒ほどの宿が並んでいます。その中でもおすすめなのが、日帰り湯も受け入れてくれている「獄ホテル」。

総ヒバの湯船で秘湯気分が味わえるのが特徴です。全部で12室のこぢんまりとしたホテルで、家庭的な雰囲気が魅力の宿でもあります。お泊まりもおすすめ。日帰り入浴料は500円。駐車場も完備しています。なお、JR弘前駅からバスが出ており、50分程ですぐそばまで行くことも可能です。

名称 嶽ホテル
住所 青森県弘前市大字常盤野字湯の沢28-1
営業時間 10:00~15:00
サイト http://www.dake-onsen.com/dakehotel/dakehotel.html

6. 岩木山

日本百名山や新日本百名山にに選ばれている山「岩木山」。裾野の広がり方から「津軽富士」とも呼ばれています。平野が広がる津軽地方では遠方からもこの山を望むことができ、市民には”ふるさとの風景”として瞼に浮かぶ山でもあります。

標高は1,625メートル。かなり高い山ですが、いくつもの登山ルートが設けられており、学校の登山でも使われるような初心者むきのコースもあるのです。高山植物がよく見られるコースや、山道よりも歩きやすい自動車専用道を通るルートもありますよ。

名称 岩木山
住所 青森県弘前市
サイト http://www.iwakisan.com/

7. 岩木山神社

画像素材|PIXTA

さきほどご紹介した岩木山の南東麓にあるのが「岩木山神社」。創建約1,200余年となる歴史のある神社です。杉の木立が並ぶ長い参道が印象的なこの神社。一歩本殿に近づくごとに、神聖な気持ちになることでしょう。

画像素材|PIXTA

弘前市民からは「お岩木様」と呼ばれ親しまれているこちらの神社は壮麗で、「奥日光」とも呼ばれちるのだとか。最近元気がないなどと感じられている方は、ぜひこのみちのくのパワースポット岩木山神社を訪れてみて下さい。

名称 岩木山神社
住所 青森県弘前市百沢寺沢27

8. 藤田記念庭園

弘前公園のすぐそばにある日本庭園「藤田記念庭園」。公園内にある洋館、和館、考古館は国の登録有形文化財とされています。総面積は約6,600坪。東北地方でも有数の広さを誇り、わざわざ訪れる価値のある見事な庭園です。

結婚式にも使用されるほど、フォトジェニックなスポットが沢山。「津軽富士」と言われる岩木山をのぞめる高台スポットもあります。「クラフト&和カフェ 匠館」では、手仕事感のある雑貨類が販売されているほか、スイーツやクラフトビールをいただけます。

名称 藤田記念庭園
住所 青森県弘前市上白銀町8-1
営業時間 9:00~17:00 (最終入場は16:30)
サイト http://www.hirosakipark.or.jp/hujita/index.html

9. 弘前市仲町伝統的建造物群保存地区

カメラ女子や外国人に人気のエリア「弘前市仲町伝統的建造物群保存地区」。もともとは弘前城の城下町で、当時の雰囲気を残した趣深い地区です。サワラの生垣や板塀などが印象的で、独特の雰囲気を醸し出しています。

一般公開されている屋敷は「旧伊東家」と「旧梅田家」、「旧岩田家」、そして「旧笹森家」の4棟のみですが、外から見たり歩いてみるだけでも、十分雰囲気を楽しむことができます。着物や浴衣姿で記念撮影する方の姿も。

名称 弘前市仲町伝統的建造物群保存地区
住所 青森県弘前市馬喰町
サイト http://www.city.hirosaki.aomori.jp/gaiyou/bunkazai/kuni/kuni31.html

10. 青森銀行記念館

弘前市では、最近、一眼レフカメラをかかえた一人旅や女子旅の方が増えています。その理由は、ノスタルジックな建物や風景が沢山あるから。「青森銀行記念館」もそのひとつ。1904年に建設された、古い洋風建築の建物です。

「旧第五十九銀行本店本館 」とも呼ばれるこちらの建物は、洋風建築の当時の第一人者堀江佐吉によるもの。国重要文化財の指定も受けており、一部内部も解放されています。JR弘前駅より100円の循環バスで行くことができます。

名称 青森銀行記念館
住所 青森県弘前市元長町26
営業時間 9:30~16:30
サイト http://aoginkinenkan59.ec-net.jp/contents/

弘前駅周辺でおすすめのスポット5選

1. 吉野町煉瓦倉庫

今後弘前「吉野町煉瓦倉庫」。明治期にはシードル工場だった場所を、弘前市が現代美術を展示する文化施設への転換を決定しました。光とアートが雪を彩る参加型イベントが開かれたり、何かと話題を呼んでいる最新エリアでもあります。

すぐ隣には「吉野町緑地公園」があり、歴史感じさせる赤レンガと溶け合い散歩にも気持ち良い場所となることでしょう。改修工事も行われており、より魅力的に変身予定。2020年4月にリニューアルが完成予定の注目スポットです。

名称 吉野町煉瓦倉庫
住所 青森県弘前市吉野町2-1
サイト https://www.facebook.com/Hirosaki.yoshino/

2. 中華そば八助

地方にはいろんなご当地ラーメンがありますが、ここ、弘前では煮干しで出汁を取ったラーメンが市民の胃袋を満たしています。そこでおすすめなのが「中華そば八助」。弘前駅城東口側、徒歩10分ほどのところにある小さなラーメン店です。

濃厚な煮干しとともにエビの風味がふわっと広がるこちらのラーメンは、地元の方にはおなじみですが、観光客にはまだあまり知られていない穴場的なお店でもあります。弘前市民が愛するご当地グルメをぜひ味わってみて下さいね。

名称 中華そば八助
住所 青森県弘前市城東中央3-1-15
営業時間 月~金 11:00~14:30 17:00~20:00 木曜定休
土、日、祝日 11:00~20:00

3. Angelique弘前

スタイリッシュなインテリアがお洒落だと話題を呼んでいる「Angelique弘前」。こちらのお店では、贅沢なほどりんごがたっぷりと使われたアップルパイが人気を呼んでいます。りんごのジューシーさはもちろん、パイもサクサクとしていて美味しいと評判です。

ほかにも、マカロンやチョコレートケーキなど、見た目も味もレベルの高いスイーツが沢山。こだわりのパンもあるので、甘いものが苦手な方にもおすすめです。イートインスペースや駐車場もあるので安心して訪れることができます。

名称 Angelique弘前
住所 青森県弘前市野田1-3-16
営業時間 販売 10:00~19:00
カフェ 11:00~18:30
サイト https://www.instagram.com/angelique_hirosaki/

4. 時の音 ESPRESSO

続いてご紹介するのも、わざわざ立ち寄りたいカフェ「時の音 ESPRESSO」です。「 最高のエスプレッソとは何か・・・?」。店名にもあるとおり、エスプレッソにこだわったお店で、地元の方に大変人気です。

またラテアートが評判で思わず写真におさめたくなるほど。シフォンケーキやアッフォガードなどのスイーツメニューもあるので、観光の合間の一休憩にぴったり。時が止まったような落ち着きのある店内で、リラックスしてお過ごし下さい。

名称 時の音 ESPRESSO
住所 青森県弘前市北横町5
営業時間 10:30〜19:00
サイト https://tokinone1.tumblr.com/

5. antique&café ROTTO

ブロカントを中心に、アンティーク家具や雑貨を揃えるお店「antique&café ROTTO」。時を重ねた家具達は生活のテンポをゆるめ、肩の力を抜いた自分らしいライフスタイルをつくり出してくれます。この店でお気に入りのアイテムを見つけてみてはいかがでしょうか。

お店の2階は週末だけオープンするカフェスペース。ローストビーフ丼などのランチをいただけるということで地元の人たちで賑わいます。熱烈なファンもいるという看板猫ちゃんもいます。金、土、日に旅行される方は特に必見です。

名称 antique&café ROTTO
住所 青森県弘前市代官町111-2
営業時間 11:30~18:00(L.O 17:30) ランチメニューは14:00まで
サイト https://www.facebook.com/pages/category/Retail-Company/Antiquecafe-ROTTO-587621431345660/

弘前でおすすめの穴場スポット5選

1. キアッソ弘前

地元でも、知る人ぞ知るといえる穴場的なお店「イタリア料理キアッソ」。住宅街の中にひっそりと佇むイタリアンのお店です。ランチでも決して手を抜かないという絶品前菜が人気の秘密です。なんとランチの前菜だけでも4,5点がつくというから驚きです。

最もリーズナブルなAコースは、日替わりパスタ、ミニ前菜、スープ、食後のお飲みものがセットになって1,280円とリーズナブルな価格設定。カウンター席もあるので、カップルだけでなく一人旅にもおすすめですよ。

名称 キアッソ弘前
住所 青森県弘前市泉野2-12-1
営業時間 11:45~15:00 18:00~21:00

2. 追の沢マス釣場

地元の人たちには知られていても、観光客はあまり見られない穴場のスポット「追の沢マス釣場」。自然に囲まれた中の釣り堀で、釣り初心者でも簡単に釣りが楽しめるとあって、子供連れやカップルの姿が多く見られます。

釣った魚は塩焼きや唐揚げなどに調理していただけるので、思わず夢中になってしまうという声も。名物の流しそうめんと一緒にどうぞ。ちなみに、竿とバケツが料金に含まれているので手ぶらで気軽に訪れていただくことができます。

名称 追の沢マス釣場
住所 青森県弘前市大字百沢東岩木山2279
営業時間 9:00~16:00 (冬場は閉鎖)

3. 弘前こぎん研究所

津軽地方の伝統文化「こぎん刺し」について学べるのが「弘前こぎん研究所」。冬が厳しい津軽地方では、ちくちくと布に刺繍を施す「こぎん刺し」の内職が盛んに行われていました。最近人気急上昇しており、デパートや手芸屋さんで見かけたりすることが増えましたよね。

北欧の刺繍にも似た、どこかほっこりとさせてくれるような図案が多く、お財布などの身の回りの小物に使う人が多く見られます。着物の帯となると数十万することも。弘前への旅は、そんな貴重な文化や作品を見られるいい機会です。ぜひ尋ねてみて下さいね。

名称 弘前こぎん研究所
住所 青森県弘前市在府町61
営業時間 9:00〜16:30 (土日祝日は休業)
サイト http://tsugaru-kogin.jp/

4. 弥生いこいの広場

View this post on Instagram

@anne0619がシェアした投稿

お待たせいたしました。続いてご紹介するのは、子供連れに大変おすすめの公園です。岩木山のふもとにある自然たっぷりの広大な公園で、ペンギンやラマ、ワラビーなど沢山の可愛らしい動物たちとも会える、総合公園なのです。

ピクニック広場では、サッカーなどのボール遊びをしたり、レジャーシートを広げてお弁当を食べる家族連れの姿が見られます。BBQ合コンなど、ユニークな大人向けイベントも。ほかには、工作教室やホタル鑑賞会などが年間を通じて行われています。

名称 弥生いこいの広場
住所 青森県弘前市百沢東岩木山2480
サイト http://www.hirosakipark.or.jp/yayoi/index.html

5. 津軽三味線と郷土料理の店杏

最後にご紹介するのは、やはり津軽の伝統文化である津軽三味線を味わうことができる「津軽三味線と郷土料理の店杏」です。撥を叩きつけるようして甲高い音を勢いよくかき鳴らすのが特徴の津軽三味線。その音色には、フラメンコのようにどこか切なさを感じるものがあります。

こちらのお店では、その津軽三味線の音色を楽しみつつ、青森ならではの珍しい郷土料理もいただけるのだとか。最近は人気上昇中で、満席で入れないこともあるのだとか。演奏途中からでも入室できるので、時間が合わない方も一度ご相談下さい。

名称 津軽三味線と郷土料理の店杏
住所 青森県弘前市親方町44-1
営業時間 18:00~(予約が少ない場合は21:00で終了)
サイト http://anzu.tsugarushamisen.jp/

伝統や懐かしい景色が残る津軽へ・・・

いかがでしたか?今回はみちのくの町、弘前をご紹介して参りました。りんごのイメージが強かった弘前ですが、後世に残したい貴重な伝統文化や施設がたくさんある町でしたね。思わず通いたくなるようなお洒落なカフェも沢山ありました。今度の休暇はぜひ東北へ、そしてこの豊かな町、弘前を訪ねてみてはいかがでしょうか。その際は、ぜひカメラも忘れずにお持ち下さいね。

【関連記事はこちら】
▷お祭りだけじゃない!東北・青森でおすすめしたい観光スポット20選
▷大自然の湯浴みを堪能!青森の温泉でこころと身体をリフレッシュ

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事