最終更新日時 2019/08/27

福島県内で最大の人口と面積を持ついわき市には楽しく遊べるスポットがたくさんあります。一方で太平洋に面していることもあり、自然を見ながらのんびり過ごすことも可能です。そんないわき市で絶対に訪れるべきおすすめの観光スポットやグルメスポットを厳選してご紹介します。定番から穴場まで幅広く紹介するので是非参考にしてみてください!

いわきに来たら必ず訪れたいスポット4選

1. いわきマリンタワー

小名浜港東の岬、広大な三崎公園の一角に立つ「いわきマリンタワー」は約59.99mある展望塔です。屋上からはいわき一帯や太平洋を360度見渡すことができ、心地良い潮風を受けながら小名浜の自然を感じることができます。

周辺には緑溢れる「迷路広場」やアスレチックがある「わんぱく広場」など、子供も楽しめる施設が充実しているので、家族旅行で立ち寄るのもおすすめです。また「ピクニックガーデン」もあるので、お弁当やバーベキューの材料を持っておでかけするのも良いですね。

名称 いわきマリンタワー
住所 福島県いわき市小名浜下神白字大作111
営業時間 9:00~17:00(入場は16:30まで)
※7月20日~8月31日は9:00~19:00まで営業
※毎月第3火曜日(祝日の場合は翌日)及び1月1日定休
サイト http://www.iwakicity-park.or.jp/misaki/marine_tower.html

2. 勿来関跡

いわき市には奥羽三大関の一つ「勿来関」があったとされ、「勿来関跡」が残っています。現在はその一帯が公園になっており、「詩歌の小径」や「勿来関文化歴史館」など、勿来の歴史を学べるスポットも点在しています。

また、こちらは桜の名所としても有名で、源義家も和歌を詠んだとされるソメイヨシノやヤマザクラを観賞できます。夜は桜のライトアップも行われ、ロマンチックな雰囲気に包まれるので、デートで訪れるのもおすすめです。

名称 勿来関跡
住所 福島県いわき市勿来町関田長沢
サイト http://www.iwakicity-park.or.jp/bungakurekishikan/

3. 願成寺

「願成寺」はいわき市にある真言宗の寺院で、国宝に指定されている「白水阿弥陀堂(しらみずあみだどう)」を有しています。優雅な浄土庭園に浮かぶように建つ阿弥陀堂は風情があり、四季折々の美しい風景が楽しめます。

こちらの寺院は紅葉の名所としても有名で、紅葉のシーズンになると美しく色付く浄土庭園は必見です。さらに、夜には紅葉や阿弥陀堂のライトアップも行われ、綺麗に浮かび上がる神秘的な紅葉を観賞できます。

名称 願成寺
住所 福島県いわき市内郷白水町広畑219
営業時間 8:30~16:00
※11月~3月は15:30まで
サイト http://shiramizu-amidado.org/

4. 波立薬師(はったちやくし)

「波立薬師」は「赤井嶽薬師(あかいごけやくし)」や「八茎薬師(やぐきやくし)」と合わせて「いわき三大薬師」と呼ばれています。波立海岸から朱塗りの橋で繋がる「波立海岸弁天島」を有しており、島内には七福神などが祀られています。

また、こちらの寺院では梅雨の時期になると色とりどりの綺麗なあじさいが咲くことから、あじさい寺とも呼ばれています。さらにこの周辺は、美しい日の出の名所としても有名で、元旦には初日の出を拝もうと、観光客や地元の人で賑わいます。

名称 波立薬師
住所 いわき市久之浜町田之網字横内89
サイト https://www.tif.ne.jp/jp/spot/spot_disp.php?id=1780

外せない!いわきの定番スポット10選

1. アクアマリンふくしま

「アクアマリンふくしま」は太平洋の潮目をテーマにした東北最大級の水族館です。魅力は何といっても展示されている生き物の種類の多さです。定番の魚はもちろん、マグロや深海魚、ウミガラス、シーラカンスといった希少種まで800種以上の生物を見ることができます。

また「体験型水族館」ということもあり生き物を身近に感じながら楽しく学べるのも魅力の一つです。カツオやエイへの餌やり、水族館の裏側を見るバックヤードツアーなどレアな体験が盛り沢山です。中でも人気なのが「釣り体験」です。アジやサバといった魚を釣り、なんと釣った魚はその場で食べることができます。子供から大人まで楽しめる水族館に是非足を運んでみてください!

名称 アクアマリンふくしま
住所 福島県いわき市小名浜字辰巳町50
営業時間 9:00〜17:30(12月1日〜3月20日の期間は17:00まで)
サイト https://www.aquamarine.or.jp/

2. スパリゾートハワイアンズ

「スパリゾートハワイアンズ」は、2006年に公開された映画『フラガール』の舞台にもなった人気の温泉レジャー施設です。日本三古泉の一つである「いわき湯本温泉」を使った大露天風呂や、日本最大のビッグウォーターがあるプールで1日中楽しめるでしょう。館内は1年中28度に設定されているため季節を問わず訪れることが可能です。

またいわき市は「フラガール誕生の町」として知られており、フラガールとダンサーによる本格的なエンターテイメントショーも必見です。実際に衣装を着てフラダンスやウクレレを体験することもできます。常夏感溢れるスポットに行けば自然に気分が上がって楽しめること間違いなしです。

名称 スパリゾートハワイアンズ
住所 福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
営業時間 10:00〜22:15(土日祝日は9:00から営業)
サイト https://www.hawaiians.co.jp/

3. 国宝 白水阿弥陀堂

「白水阿弥陀堂」は福島県内唯一の国宝建造物です。平安時代の代表的な建築物で、曲線を描く屋根や優美な佇まい、赤と金で作られた華やかな橋を見ることができます。また緑と池に囲まれた浄土式庭園も魅力の一つで、ゆったりとした時間を過ごすことができるでしょう。

「白水阿弥陀堂」では夏には古代ハスを、秋にはイチョウやモミジを楽しむことができます。特に紅葉の時期に訪れるならライトアップは必見です。日中の雰囲気とは全く異なり、華やかな雰囲気を味わうことができます。ちなみに阿弥陀像や庭の造りについて丁寧に教えてもらえるので、建造物に詳しくなくても安心です。

名称 国宝 白水阿弥陀堂
住所 福島県いわき市内郷白水町広畑221
営業時間 8:30〜16:00(11月〜3月の期間は15:30まで)
サイト http://shiramizu-amidado.org/

4. 塩屋埼灯台

1899年に開設された「塩屋埼灯台」は日本の灯台50選にも選ばれた大型灯台です。「塩屋埼灯台」は登れる灯台としても知られており、頂上から見る「太平洋の水平線」や「いわき七浜」「黒松の樹帯」はまさに絶景です。

また灯台のふもとには美空ひばりさんの名曲「みだれ髪」の歌碑が建立されています。塩屋岬はみだれ髪の歌詞のモチーフになったことで全国的に有名となり、現在でも多くの観光客が訪れています。いわき駅からはバスで約15分で行けるので是非訪れてみてください。

名称 塩屋埼灯台
住所 福島県いわき市平薄磯宿崎34
営業時間 8:30〜16:00
サイト https://www.tokokai.org/tourlight/tourlight02/

5. いわき市石炭・化石館 ほるる

「いわき市石炭・化石館ほるる」には市内で発掘された恐竜の化石が展示されています。クビナガリュウやフタバサウルス・スズキイなど大迫力の恐竜の化石を見ることができます。またいわき市は産炭地として反映したことでも知られ、炭鉱の生活や歴史を学ぶことも可能です。

展示品を見るだけでなく、アクセサリーや標本作りを体験することもできます。アフリカ産コハクを使ったオリジナルのペンダント作りや、本物のアンモナイト化石を使った標本作製など珍しい体験に子供達は大喜びなので、ファミリーにおすすめのスポットです。

名称 いわき市石炭・化石館 ほるる
住所 福島県いわき市常磐湯本町向田3-1
営業時間 9:00〜17:00(第3火曜日定休)
サイト https://www.sekitankasekikan.or.jp/taiken.html

6. いわき・ら・ら・ミュウ

アクアマリンパークの中にある「いわき・ら・ら・ミュウ」は、太平洋を眺めながら新鮮な海鮮を味わうことができる物産センターです。中でも人気なのが海鮮丼です。ウニやカニ、いくら、マグロなど新鮮な魚介が豪快に乗った丼を低価格で食べることができます。

また「いわき・ら・ら・ミュウ」ではいわき市ならではのお土産も販売されています。旬の魚介を使ったおつまみや名物メヒカリ、波佐見焼などお土産の種類が豊富に取り揃えられています。美味しい食事と買い物を同時に済ませたい方は是非お立ち寄りください。

名称 いわき・ら・ら・ミュウ
住所 福島県いわき市小名浜辰巳町43-1
営業時間 9:00〜18:00
サイト http://www.lalamew.jp/topics/buy/

7. ワンダーファーム

「ワンダーファーム」は全国でも珍しいトマトがメインのテーマパークです。トマトソフトクリームやトマトケーキといったここでしか味わえないトマト料理や9品種が揃った新鮮なトマト狩り、自家製のトマト商品など、とにかくトマトを堪能することができます。

中でも人気なのがブランドトマトの「いわきサンシャイントマト」です。東北の中でもトップクラスの日射量を誇るいわき市の太陽の光を浴びて育ったサンシャイントマトは、とにかく甘くて濃厚です。その場で試食したりお土産として購入できるので是非その味を自分で確かめてみてください。

名称 ワンダーファーム
住所 福島県いわき市四倉町中島広町1
営業時間 10:00〜18:00(土日祝日は9:00から営業)
サイト http://www.wonder-farm.co.jp/index.html

8. 三崎公園

「三崎公園」は小名浜港の隣に広がる大型シーサイドパークです。頂上から太平洋といわきの街並みを一望できる「マリンタワー」や、太平洋を見ながら公園内をのんびり歩ける「自然遊歩道」、海上に突き出た展望台で臨場感を味わえる「潮見台」があります。太平洋を様々な角度から楽しめることで人気です。

また園内の総面積は700,000㎡と広いため、BBQや遊具を楽しむ人が多い園内でも混雑さを感じません。さらに春には約200本のソメイヨシノが花を咲かせ、お花見スポットとしても人気です。太平洋と自然を楽しめる公園でのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか?

名称 三崎公園
住所 福島県いわき市小名浜下神白字大作111
営業時間 年中開放
サイト http://iwakicity-park.or.jp/misaki/

9. 鮮魚食堂 うろこいち

小名浜港のすぐ隣にある「うろこいち」は、美味しい魚料理を破格の安さで食べられることで人気の飲食店です。使用する魚介は、市場で水揚げされてその日の朝に競り落とした物を使っているためとにかく新鮮です。中でも人気なのがいわきのウニを使ったウニ海鮮丼(1,550円)です。臭みの全くない新鮮で濃厚なウニ丼を味わうことができます。

店内はお昼を過ぎても混み合うほどの人気店ですが、朝8:00から営業しているため朝ご飯として利用することもできます。ちなみに丼ものの全てのメニューにはカニ汁がセットで付いてきます。新鮮な海鮮を食べたい方はうろこいちを訪れてみてください!

名称 鮮魚食堂 うろこいち
住所 福島県いわき市小名浜字栄町66-40
営業時間 8:00〜17:00(毎週水曜日定休)
サイト http://3dedusoft.com/urokoichi/index.html

10. ウミネコ商店

「ウミネコ商店」はオシャレな雑貨と自家焙煎のコーヒー、焼きたてパンが楽しめる人気カフェです。川沿いにあるので自然豊かな景色を見ながらのんびりくつろぐことができます。人気メニューはクリームソーダと自家製ソーダです。味の良さはもちろん、見た目も可愛くてSNSにオシャレな投稿をすることもできます。

また「ウミネコ商店」という名の通り、店内には看板猫のぴーちゃんがいます。とても人懐っこくておとなしい猫なのでぴーちゃん目当てに訪れるお客さんも大勢います。気まぐれなので散歩中だと会えない場合もありますが、猫好きの方は訪れてみてはいかがでしょうか?

名称 ウミネコ商店
住所 いわき市小名浜大原字富岡前100
営業時間 09:00〜18:00(パンが売り切れ次第終了)
サイト https://www.facebook.com/umineko123/

いわき駅周辺に来たら訪れたいスポット5選

1. いわき市立美術館

いわき駅から徒歩約10分の場所にある「いわき市立美術館」。国内外の現代美術や地域ゆかりの美術を合わせて約2,000個のコレクションが展示されています。また常設展だけでなく企画展も行われ、若い人でも訪れやすい美術館です。

さらに展覧会の他にギャラリートークや美術講座、実技講座、ワークショップ等も行われています。過去には「蜷川実花×後藤繁雄 スペシャルトーク」や「センスアップ写真術」といった人気イベントが開催されました。駅から徒歩で行くことができるので興味のある方は是非訪れてみてください。

名称 いわき市立美術館
住所 福島県いわき市平字堂根町4-4
営業時間 9:30〜17:00(7、8月は20:00まで営業)
サイト http://www.city.iwaki.lg.jp/www/genre/1444022369394/index.html

2. 丹後沢公園

「丹後沢公園」は水と緑に囲まれた落ち着きのある公園です。かつては江戸初期に建てられた磐城平城の本丸と二の丸、三の丸の内堀だったところですが、現在は近代的な公園として整備されています。とはいえ沼や歩道などはどこかお城を感じさせる雰囲気もあります。

また4月には桜を、5月には菖蒲を楽しめることでも人気のスポットです。緑に囲まれた静かな憩いの広場ということもあり、駅前で購入した飲み物や食べ物を持ち込み、休憩がてらのんびり寛いでいる人も多く見受けられます。

名称 丹後沢公園
住所 福島県いわき市平旧城跡4-7
営業時間 散策自由
サイト http://www.iwakicity-park.or.jp/mb/p-tangosawa/

3. いわき回廊美術館

いわき市にゆかりのある世界的な現代美術家といわき万本桜プロジェクトが共同して開設した「いわき回廊美術館」。木製造りの建物やツリーハウスなど自然と一体化した美術品を楽しむことができます。回廊の前には大きなスペースがあり、コンサートやイベントも開催されます。

そしていわき回廊美術館のシンボルでもある「ツリーブランコ」は必見です。高台に設置されているため少し恐怖を感じるかも知れませんが、目の前に広がる田園やいわきの街並みを楽しめる絶景ポイントです。タイミングが良ければ電車が街を走る姿も一望できます。オシャレな写真を撮ることができるのでインスタ映えスポットとしても人気です。

名称 いわき回廊美術館
住所 福島県いわき市平中神谷地曾作7
営業時間 夜明け〜日没(詳細な時間なし)

4. 夜明け市場

「夜明け市場」は東日本大震災からの復興を願って2011年11月4日にオープンした飲食店街です。昭和の雰囲気を感じる道沿いに個性的な飲食店がたくさん並んでいます。震災で被災した地元の名店が集まって作られた市場ということもあって、どのお店に入ってもとにかく美味しい料理を食べることができます。

また「夜明け市場」は映画のロケにも利用された小路を活用して作られており、レトロさを感じることのできるスポットです。いわき駅から徒歩3分という好立地な場所にあるので、良い雰囲気で美味しい料理やお酒を楽しみたい方は是非訪れてみてください。

名称 夜明け市場
住所 福島県いわき市平字白銀町2-10
営業時間 各店舗の営業時間に準ずる
サイト http://www.touhoku-yoake.jp/

5. 飯野八幡宮

「飯野八幡宮」には源頼義が奥州討伐の際に石清水八幡を磐城の地に訪れ、戦勝を祈願したという云い伝えがあります。そこから現在まで約400年の間、流鏑馬神事が執り行われています。また縁起物として扇子や生姜を撒かれる珍しい風習でも知られます。

入口にある朱色の大鳥居をくぐると、神橋や楼門、唐門、本殿へと続きます。これらは1186年に源頼朝が好島荘の総社として建立したといわれています。歴史ある神社に参拝する人が多く、観光スポットとしても人気です。

名称 飯野八幡宮
住所 福島県いわき市平字八幡小路84
営業時間 9:00~16:00
サイト http://www.noteplan.net/8man/

もっと楽しみたい穴場スポット5選

1. いわき市アンモナイトセンター

「いわき市アンモナイトセンター」は、日本で初めて化石産出地の上に建設された博物館です。発掘されたままの状態で化石が展示されており、どこよりもリアリティのあるアンモナイトを見ることができると評判を呼んでいます。

また「いわき市アンモナイトセンター」の魅力は、採掘場で化石発掘体験ができることです。化石発掘セットはレンタルできるので手ぶらで来館してもOKです。貝殻やサメの歯の化石、運が良ければアンモナイトを発掘することもできるため、ワクワク感を味わうことができるでしょう。

名称 いわき市アンモナイトセンター
住所 福島県いわき市大久町大久鶴房147-1
営業時間 9:00〜17:00
サイト http://www.ammonite-center.jp/

2. 太平洋健康センター いわき蟹洗温泉

「観光地をたくさん巡って疲れてきたな…」という時は「いわき蟹洗温泉」に足を運んでみてください。10種類の天然温泉に浸かりながら太平洋と澄んだ空を眺めることができるので、心身共に癒すことでしょう。中でも海水を取り入れた露天風呂に入れば大海原の上にいるような不思議な感覚を味わうことができます。

またアカスリやエステ、仮眠室も用意されているので、長旅で溜まった体の疲れを癒すことができます。さらにカラオケルームや宴会場もあるので、疲れを癒したい時はもちろん、大人数で観光する際に利用するのもおすすめです。

名称 太平洋健康センター いわき蟹洗温泉
住所 福島県いわき市四倉町字6-164-2
営業時間 10:00〜翌8:30
サイト https://kaniarai.net/

3. 道の駅よつくら港

「道の駅よつくら港」は四倉漁港内にオープンしたいわき市初の道の駅です。「浜風香るシーサイド夢長屋」として親しまれ、市内の新鮮な野菜や魚、お土産を購入することができます。また新鮮な食材を使ったフードコートも魅力の一つで、道の駅ながら本格的な海鮮丼やご当地ラーメンを食べられます。

さらに施設内には体験交流スペースがあるのも魅力の一つです。魚介類の干物作り体験や野菜果物のドライフルーツ作り体験など、市内の食材を使った体験ができます。体験を通じて地元の方と交流してみてはいかがでしょうか?

名称 道の駅よつくら港
住所 福島県いわき市四倉5-218-1
営業時間 9:00〜18:00(不定休)
サイト https://www.429-love.jp/index.html

4. 小名浜観光遊覧船 いわきデイクルーズ

大型観光遊覧船「ふぇにっくす」に乗って太平洋上をクルージングできる「いわきデイクルーズ」。小名浜港のいわき・ら・ら・ミュウから毎日10時から1時間毎に出発します。目の前に広がるオーシャンブルーの世界はまさに絶景です。

天気が良い日は餌を求めて船を追ってくるカモメやウミネコと交流することができます。また周遊コースも4種類あるためいろんなクルージングを楽しめるのも魅力の一つです。安全性と快適性を十二分に備えたデイクルーズで楽しい時間を過ごしてみてください。

名称 小名浜観光遊覧船 いわきデイクルーズ
住所 福島県いわき市小名浜字辰巳町43-1
営業時間 10:00〜14:00(土日祝日は15:00まで)
サイト http://www.iwaki-j.net/corp/day-c/index.html

5. 夏井川渓谷

「夏井川渓谷」は自然の中でリフレッシュできる人気スポットです。清流のせせらぎや風に揺れる木の葉の音、鳥の鳴き声に心が癒されることでしょう。一方で大きな滝があるのも特徴で、滝の轟音を感じたり奇妙な形の岩や断崖も見ることができます。

また「夏井川渓谷」は紅葉スポットとしても人気です。10月下旬から11月中旬にかけて、山全体が紅葉によって真っ赤に染まった美しい景色を楽しむことができます。大自然の空気と景色を感じながらのんびり散策するのもおすすめです。

厳選!いわきで食べたいグルメ10選

1. メヒコ いわきフラミンゴ館

「メヒコいわきフラミンゴ館」はフラミンゴのいるレストランとして注目を集めています。ピンク色の壁が可愛いお店の中庭にはフラミンゴが飼育されており、ガラス越しにフラミンゴを眺めながら食事することができます。

こちらのお店は新鮮なシーフード料理に定評があり、中でも看板メニュー「伝統カニピラフ」は豪快な蟹のトッピングが人気です。ユニークな演出や料理は盛り上がること間違いなしなので、女子会やデートにおすすめ。

名称 夏井川渓谷
住所 福島県いわき市小川町・川前地内
営業時間 散策自由
名称 メヒコ いわきフラミンゴ館
住所 福島県いわき市鹿島町走熊字四反田3
営業時間 11:00~22:00 (L.O.21:00)
サイト http://www.mehico.com/shop/flamingo1.html

2. チーナン食堂

「チーナン食堂」はボリュームたっぷりのラーメンがリーズナブルに味わえると人気のお店で、観光客や地元の人で絶えず賑わっています。あっさりとしたスープに背脂の程よい甘さが加わり、ストレートの麺とよく合います。

おすすめメニューは、麺が見えないくらい盛られた塩味チャーシューが魅力の「チャーシュー麺」で、見た目も食欲をそそります。また、ラーメン以外のメニューも評判で、ソース焼きそばやカレーライスなど食堂らしいメニューも揃っています。

名称 チーナン食堂
住所 福島県いわき市小名浜字栄町66-30
営業時間 11:00~16:00(材料が無くなり次第終了)
※火曜日定休(祝日の場合は翌日休み)
サイト https://tabelog.com/fukushima/A0704/A070401/7001301/

3. 創作麺 やま鳶

カフェのような外観がおしゃれな「創作麺 やま鳶」はユニークな創作ラーメンが人気のお店です。シンプルな「らぁ麺」に加え、「ベジタブル冷やし中華」や「江戸前ヌードル」など珍しいメニューも豊富なので、どれにしようか迷ってしまいます。

さらにこちらのお店は、可愛いスイーツやドリンクが楽しめる「食と空間そらくまカフェ」としても営業しています。特にくま型のボトルに入ったフォトジェニックなドリンクには女性に大人気なので、食後のデザートにおすすめ。

106

名称 創作麺 やま鳶
住所 福島県いわき市平作町1-10-5 第1エミネンス1階
営業時間 11:00~22:00
※火曜日定休
サイト https://tabelog.com/fukushima/A0704/A070401/7015740/

4. レストランさすいち

いわき市小名浜の新鮮な海の幸を味わうなら「レストラン さすいち」がおすすめです。こちらは、鮮魚店が営む和食レストランなので、とろけるような美味しさの刺身や海鮮丼などを福島の地酒と共に堪能することができます。

また小名浜の人気グルメ、あんこう鍋も冬季限定で登場します。濃厚なあんこうの肝を混ぜたみそ味の出汁がぷりぷりのあんこうや冬野菜に良く合い、体の芯まで温まります。シメは雑炊にして、あんこうの旨味を味わい尽くしましょう。

名称 レストランさすいち
住所 福島県いわき市小名浜字辰巳町36-1
営業時間 平日 7:00~15:00
土・日・祝日 7:00~20:00
※火曜日定休
サイト https://tabelog.com/fukushima/A0704/A070401/7010866/

5. ジュネス

「ジュネス」は地元の人にも愛されている、ボリュームたっぷりのサンドイッチが魅力のお店です。特に人気なのがたまごサンドで、パンの2〜3倍ほど厚みがあるふわふわのたまご焼きと濃厚なマヨネーズのハーモニーが楽しめます。

その他、サクサクジューシーなヒレカツや、パン・野菜と相性の良いハムなどの具材も厚みがあり食べ応え十分。サンドイッチや飲み物はテイクアウトもできるので、お弁当としてピクニックに持って行くのもおすすめ。

名称 ジュネス
住所 福島県いわき市小島町2-9-20
営業時間 8:30~21:00
サイト https://tabelog.com/fukushima/A0704/A070401/7003658/

6. Grilld Triangle(グリルド トライアングル)

「Grilld Triangle」はボリューム満点のグリルサンドやトーストが人気のカフェ。サンドイッチメニューの豊富さも魅力で、フルーツサンドなどのスイーツ系からピザスモークチキンサンドなどのお食事系まで幅広く揃っています。

またこちらのカフェでは、キャラメルムーストーストや、リキュールを使った大人のパフェ(アルコール抜きもあり)など、サンドイッチ以外のスイーツメニューも充実しているので、カフェタイムやデザートタイムにもおすすめです。

名称 Grilld Triangle
住所 福島県いわき市植田町本町2-4-9
営業時間 平日 11:00〜15:30(L.O15:00)
土・日曜日 11:30〜17:30(L.O17:00)
※夜営業は月曜日~土曜日、予約優先
※毎月第1月曜日定休、不定休
サイト https://tabelog.com/fukushima/A0704/A070401/7015256/

7. Pfad COFFEE(プファート コーヒー)

本格的なコーヒーが楽しめる「Pfad COFFEE」は、日光が差し込む明るい店内でまったりと過ごせるカフェです。こちらで提供されるコーヒーは豆の特徴に合わせて自家焙煎しており、こだわりの一杯を味わえます。

また、コーヒーに合うスイーツメニューも充実しています。特に人気なのが、スキレットを使ってふっくらと焼き上げられた「パンケーキ」で、一口食べれば優しい素朴な甘さが口いっぱいに広がり、ぺろりと完食できてしまいます。

名称 Pfad COFFEE
住所 福島県いわき市四倉町名木荒神下14-3
営業時間 11:00~17:00
※金曜日定休
サイト https://pfad-coffee.business.site/

8. cafe Uluru(カフェ ウルル)

「cafe Uluru」は開放的な雰囲気と美味しいランチやスイーツが人気のおしゃれなカフェ。海のすぐ近くにあるので、晴れた日には心地良い海風を感じながら、のんびりとしたカフェタイムを過ごすことができます。

こちらの人気メニューは、サクふわ食感の「ワッフル」で、ティラミスワッフルやチーズはちみつレモンワッフルなど、ユニークなフレーバーも揃っています。ハーフサイズがあるので、ランチ後のデザートにもおすすめ。

名称 cafe Uluru
住所 福島県いわき市小名浜下神白三崎12-3
営業時間 ランチ 11:00~14:00
カフェ 14:00~17:00
※日曜日と毎月第1月曜日定休
※毎月第2・4土曜日は23:00まで営業
サイト http://cafeuluru.com/index.html

9. 白土屋菓子店

「白土屋菓子店」はテレビやSNSでも話題になっている「ジャンボシュークリーム」が人気のお店です。インパクトのあるビジュアルが目を引きますが、味にも定評があり、サクッと軽いシュー生地とまろやかなクリームのハーモニーが素晴らしい絶品スイーツ。

サイズはジャンボシュークリーム、中、特大、超特大の4種類で、超特大ジャンボシュークリームになると8号のホールケーキを超えるほどの大きさになります。誕生日や記念日などで、家族や友人とシェアして食べるのにちょうど良いサイズですね。

名称 白土屋菓子店
住所 福島県いわき市好間町上好間字南町田36-1
営業時間 平日・土曜日 8:30~18:00
日曜日・祝日 8:30~17:00
※不定休
サイト https://tabelog.com/fukushima/A0704/A070401/7001217/

10. ゼリーのイエ

「ゼリーのイエ」はカラフルで繊細なゼリーが人気のゼリー専門店です。ショーケースに並んだ種類豊富なゼリーはどれも食べるのがもったいないほどの可愛さで、県内だけでなく県外からも多くのスイーツファンが訪れています。

全て手作りのゼリーは懐かしい味が魅力で、何層にも重なったものや、中に違った味のゼリーが入っているものなど、様々なフレーバーが楽しめます。清涼感のある爽やかなスイーツなので、夏の手土産にもおすすめです。

名称 ゼリーのイエ
住所 福島県いわき市小名浜寺廻町7-16
営業時間 9:00~15:00(無くなり次第終了)
※土日祝日定休
サイト http://zerry-no-ie.net/

いわき市でアミューズメントと雄大な自然を楽しもう!

いわき市に行くなら絶対訪れるべきおすすめの観光スポットを20個ご紹介しました。いわき市は人口が多いこともあって人気のアミューズメント施設が複数あります。一方で広大な海や森林など大自然でゆっくり寛ぐことも可能です。家族や友人、カップルなど誰といっても楽しめるスポットばかりを厳選して紹介したので、いわき市に訪れる際の参考にしてみてください。

特集

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

人気記事