最終更新日時 2019/07/01

秋田も温泉や湖など観光名所が沢山ある県です。ここでは秋田土産として人気の品々を紹介してゆきます。日持ちするお菓子10選、かわいい名産品5選、おしゃれな雑貨5選を紹介しますので、秋田お土産何にしようと悩まれる方へ
参考になれば幸いです。

秋田 のお土産お菓子10選

1. 金萬本舗 公営駐車場店

秋田のお土産菓子で一番有名なのが「金萬本舗」の『金萬』だと思います。金萬は、秋田に金座街という場所があり、そこで売られるようになったのが名前の由来です。『金萬』を作っているのは、金萬本舗以外にはありません。

『金萬』は、形状は小さな円柱形で、表面はカステラ生地であり、カステラ生地の中に白あんが入っている小ぶりの和菓子で、気軽に食べやすいのが特徴です。『金萬』は真空パック品と生タイプ品があり、生タイプなら以下で購入するのがおすすめです。

名称 金萬本舗 公営駐車場店
住所 秋田県秋田市中通2-6-2
営業時間 10:00~18:00
URL

2. わたゆう

秋田市内にある「わたゆう」という洋菓子店で売っている『シュークリーム』は、安くてとても美味しいということで大評判です。シューの生地は薄めですが、キャラメルが入っていで、サクッとした食感です。それに対して、シューの中のクリームは濃いめの味です。

わたゆうの『シュークリーム』は、駅の売店などでは売っていませんので、お店で買い求めになる必要があります。それも秋田駅近くではなく新屋駅から徒約15分のところにあります。遠くのお土産というわけではないかもしれませんが、シュークリーム好きの方は、是非足を運んでみてください。

名称 わたゆう
住所 秋田県秋田市新屋元町15-5
営業時間 11:00~19:00
URL

3. 畠栄菓子舗

「畠栄菓子舗」は、秋田県西部の八郎潟にある和菓子店です。『あんごま餅』は、柔らかいお餅の上にあんことすりごまがいっぱいのっている和菓子で、冷蔵・冷凍保存できるので遠方のお土産に最適です。畠栄菓子舗の一番人気の商品です。

畠栄菓子舗の『あんごま餅』は、駅の売店などでは購入することが出来ませんので、八郎潟のお店に直接行くか、通信販売・地方発送を依頼することで購入することができます。秋田観光に来られた方、八郎潟方面に行かれる方は、直接お店で買い求めたら一番新鮮な『あんごま餅』を味わうことが出来ます。

名称 畠栄菓子舗
住所 秋田県南秋田郡八郎潟町字中田8-1
営業時間 8:00~19:00
URL
https://hataei.com/

4. 寿屋

秋田市にある「寿屋」という和菓子店の名物が、『ぽてとまんじゅう』です。『ぽてとまんじゅう』の餡は、薩摩芋と白小豆で出来ていて色は緑色、一方外の皮が非常に薄いので、ほとんど餡を食べているといえる和菓子です。

『ぽてとまんじゅう』は、薩摩芋の味を活かしたとてもシンプルな味なので、あまりしつこくない味なのが逆に人気を呼んでいます。『ぽてとまんじゅう』駅の売店などでは売っていませんので、寿屋で購入する必要があります。
最寄り駅は四ツ小屋駅という駅で、そこから歩いて約20分のところです。

名称 寿屋
住所 秋田県秋田市御野場5-1-12
営業時間 8:30~19:00
定休日 月曜
URL

5. 菓子舗 栄太楼(えいたろう) トピコ店

秋田にある「榮太楼」は、明治16年創業というとても伝統ある和菓子店です。その榮太楼で販売している『さなづら』は、山葡萄を素材とした薄く四角状に切ったゼリーのようなお菓子です。なおかつての大横綱大鵬の奥様である芳子様が、榮太楼のお嬢様でした。

『さなづら』の価格は、8枚入税込840円です。『さなづら』は、榮太楼本店や直営店だけでなく、駅のお土産店などでも買い求めることが出来ます(ここでは直営店の一つであるトピコ店をご紹介しました)。『さくらゼリー』等も有名ですので、『さなづら』とあわせてぜひご賞味ください。

名称 菓子舗 栄太楼(えいたろう) トピコ店
住所 秋田県秋田市中通7-1-2 トピコ内
営業時間 8:00~20:00
URL
http://www.eitaro.net/

6. 蕗月堂(ろげつどう)

「蕗月堂」は創立90年以上の秋田の和菓子店です。プール帰りの小学生や一人暮らしのお年寄りがお団子とお茶で一服していくような、アットホームな雰囲気です。そんな蕗月堂でのいま一番の名物になっている和菓子が、『バターもち』です。

『バターもち』とは、もち米にバターや小麦粉・卵黄・砂糖などを加えて作られたお菓子であり、その発祥がまさにここ蕗月堂になります。『バターもち』は、蕗月堂本店だけでなく秋田駅などの売店でも購入出来ます。

名称 蕗月堂
住所 秋田県横手市十文字町西原一番町74
営業時間 時間不定
URL

7. 唐土庵(もろこしあん) 工場店

「唐土庵」は名前の通り、もろこしを中心とした和菓子店で、創立は1957年。その通り、以前からあったもろこしを「さらに美味しく食べることができないか?」と研究した結果、しっとりやわらかの『生もろこし』が生まれたのです!

唐土庵の『生もろこし』は、直営店だけでなく、秋田駅のお土産店などで買うことが出来ますが、おすすめはこちらでご紹介している工場店です。工場見学、生もろこし作りの無料体験なども出来る上、広い休憩スペースもあります。

名称 唐土庵 工場店
住所 〒014-0347 秋田県仙北市角館町小勝田下村21
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・日曜
工場見学9:00~12:00/13:00~15:00(定休日 水曜・日曜)
URL
http://www.morokosian.co.jp/

8. 三松堂

「三松堂」は、大正13年に創業された老舗の和菓子店です。三松堂では、様々な和菓子を製造・販売していますが、その中で季節限定で販売しているのが『いちごわらびもち』です。テレビ番組で取り上げられることになり、全国的に有名になりました。

『いちごわらびもち』は、わらびもちの中に、大きないちご「とちおとめ」が1個丸ごと入っている和菓子であり、餡がすっきりして美味しい上に、いちごもとてもフレッシュで、今までに無い味ということで大評判です。『いちごわらびもち』は春先限定で、三松堂本店及びトピコ店で購入出来ます。

名称 三松堂
住所 秋田県秋田市中通5-7-8
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜
URL
https://www.wagashi-otoriyose.jp/

9. お菓子の郷ジロー

「お菓子の郷ジロー」は、秋田市御所野にあるケーキ等の洋菓子店です。このお菓子の郷ジローが生み出したのが『秋田プリン』です。『秋田プリン』は、秋田県の由利本荘市にある花立牧場のジャージー牛乳を用いて作ったなめらかプリンです。

『秋田プリン』は、牛乳瓶のような容器に入っており、上の方が生クリーム、真ん中がプリン、下の方がキャラメルソースという構成になっており、スプーンで底の方からすくて食べます。1個270円です。『秋田プリン』は、お菓子の郷ジロー本店及び秋田空港などで購入出来ます。

名称 お菓子の郷ジロー
住所 秋田県秋田市御所野下堤2-1-8
営業時間 9:00~19:00
URL
http://www.jiro-yozo.com/shop/index.html

10. フジタ製菓

「フジタ製菓」は昭和36年に創立した秋田の和菓子屋さんで、これまでせんべいやもろこし等で沢山賞も受賞している有名なお菓子会社です。そのフジタ製菓で名物のひとつになっているのが、『なまはげまんじゅう』です。

『なまはげまんじゅう』は、秋田で有名な、なまはげの形に見立てたカステラまんじゅうです。カステラの中に国産小豆製のこしあんが入っていて、素朴ですが飽きない味です。『なまはげまんじゅう』は、フジタ製菓本店、オンラインショップで購入出来ます。

名称 フジタ製菓
住所 秋田県秋田市牛島東7-10-43
営業時間 8:00~17:00
URL
http://www.fujita-inc.com/

秋田のお土産名産品5選

1. 斎藤昭一商店さいとう トピコ店(秋田駅前店)

秋田名物の料理といえば、きりたんぽ。地元秋田でも味わいたいですが、お土産として持って帰れる『きりたんぽ鍋セット』という便利なセットのが販売されています。その商品の販売元として名高いのが、「斎藤昭一商店」です。

斎藤昭一商店は、昭和34年に秋田市内で創業した食品会社で、1990年から『きりたんぽ鍋セット』の製造・販売を始めました。『きりたんぽ鍋セット』は自宅用・手づくりきりたんぽ比内地鶏セットという手軽なセットの場合、きりたんぽ、比内地鶏、野菜などがついて2人前2,400円(税別)です。

名称 斎藤昭一商店
住所 秋田県秋田市中通7-1-2 秋田ステーションビル トピコ 2F(さいとうトピコ店)
営業時間 8:00~20:00
URL
http://www.kiritanpo.com/direct/index.php

2. 佐藤養助 トピコ店

「佐藤養助商店」は『稲庭うどん』の発祥の店と言われています。江戸時代の1665年に、先祖の稲庭(佐藤)吉左エ門によって『稲庭うどん』の技術が確立されたとされます。それ以来ずっと『稲庭うどん』の老舗として君臨しているのが藤養助商店です。

佐藤養助商店の『稲庭うどん』は、140gのお試し版が540円(税込み)から始まり、家庭用・贈答用で沢山の品数があり、秋田以内に沢山ある直営店で購入できます。実は東京にも数点直営店があります。さらには佐藤養助商店のWebサイトからも購入できます。

名称 佐藤養助 トピコ店
住所 秋田県秋田市中通7-1-2 秋田ステーションビル トピコ3F
営業時間 11:00~22:00
URL
https://www.sato-yoske.co.jp/

3. 有限会社 三浦米太郎商店

ハタハタといえば、秋田音頭でも歌われているように、秋田名物の魚です。ハタハタは秋から冬にかけて秋田で沢山穫れる魚であり、しょっつる鍋や正月の保存食として愛好されてきました。『ハタハタ寿司』を作っているので有名なのが、昔からハタハタ寿司を作っている「三浦米太郎商店」です。

三浦米太郎商店は、ハタハタを加工した様々な商品を販売しており、その代表が『ハタハタ寿司』です。三浦米太郎商店の『ハタハタ寿司』は本店、もしくはWebサイトからオンライン販売で購入することが出来ます。

名称 有限会社 三浦米太郎商店
住所 〒018-0402 秋田県にかほ市平沢字上町49
営業時間 8:30~17:00
URL
http://www.hatahata.net/

4. いぶりがっこ本舗 雄勝野きむらや

この投稿をInstagramで見る

@34yossyがシェアした投稿

「いぶりがっこ」は秋田県において、漬物用の干し大根が凍らないように、大根を囲炉裏の上に吊るして燻し、米ぬかで漬け込んだ漬物のことです。がっことは秋田弁で、”漬物”のことです。もちろん日持ちしますので、少し多めに買うのもいいですね。

「雄勝野きむらや」は昭和38年に創業した漬物の店であり、伝統的な製法で様々な漬物を作る中で、『いぶりがっこ』が雄勝野きむらやの代表的な商品です。本店で購入することが出来ますが、東京にある「秋田ふるさと館」や雄勝野きむらやのオンラインサイトでも購入が出来ます。

名称 いぶりがっこ本舗 雄勝野きむらや
住所 秋田県湯沢市下院内字常盤町91
URL
https://www.iburigakko.com/

5. 三高水産

『ぎばさ』は秋田で昔からよく食べられている海藻で、昨今は、『ぎばさ』の粘り気の元がフコイダンということで、健康食品としても注目されています。「三高水産」は、1982年創業と比較的新しい会社ですが、『ぎばさ』の加工・販売でとても有名で何度もマスコミにもとりあげられています。

三高水産 の『ぎばさ』は、マスコミで多く取り上げられたこともあり、ネット販売も大人気で予約しないと商品が買えないような状態です。そうした中で、秋田においては、秋田駅ビル トピコ(さいとう内)、あきた県産品プラザほかで運良ければ購入することが出来るかもしれません。

名称 三高水産
住所 秋田県男鹿市船川港双六館山122
URL
http://sanko.akita.jp/

秋田のお土産雑貨5選

1. 大館市観光案内所

フィギュアスケートのザキトワ選手に贈呈されたことから秋田犬が話題沸騰中です。今秋田では、沢山のかわいい『秋田犬グッズ』が販売されています。お菓子等を始めとして、「大館市観光案内所」にはキーホルダーなどの小物も沢山ありますので、ちょっとしたお土産に最適です。

『秋田犬グッズ』が購入できるのは、いわゆる一般の京都観光みやげ店になりますが、ここで特に『秋田犬グッズ』に限定しておすすめしておく店としては、秋田犬発祥の地である大館市観光案内所が一番秋田犬グッズが置かれているようです。流石ですね。

名称 大館市観光案内所
住所 秋田県大館市御成町1-1-1 JR大館駅舎内
URL
https://www.akitafan.com/member/content/260

2. 竹谷本店

秋田における伝統的な工芸として、『秋田銀線細工』があります。純銀の線によって、様々な模様が描かれた細工であり、ペンダントやブローチ、イヤリングなどがあります。その銀線細工で有名なのが、秋田市内にある「竹谷本店」です。

竹谷本店は、天保元年創業ということで江戸時代から『秋田銀線細工』を行ってきた老舗中の老舗です。『秋田銀線細工』のおしゃれなアクセサリー類は竹谷本店で購入できますが、秋田駅ステーションビルのトピコ2階に、竹谷本店直営店がありますので、そこでも購入できます。

名称 竹谷本店
住所 秋田市中通2-4-3
URL
http://takeyahonten.sakura.ne.jp/index.html

3. あきた県産品プラザ

秋田は日本酒が美味しいところでもあり、日本酒の『ぐい呑み』が工芸品として有名です。素材もガラス製から木製から色々あります。あまりかさばることないので、秋田土産としてとても手軽に持ち帰ることが出来ると思います。

『ぐい呑み』は秋田の様々なお土産店に置いてありますが、ここでのおすすめ店は、「あきた県産品プラザ」です。秋田駅西口から徒歩5分くらいのところにあり、品揃えが4000点という中で、お土産にする『ぐい呑み』を選ぶことが出来ると思います。

名称 あきた県産品プラザ
住所 秋田県秋田市中通2-3-8 アトリオンB1F
営業時間 9:30~18:30
URL
http://www.a-bussan.jp/

4. 角館 伝四郎本店

『樺細工』は山桜の樹皮でつくられた工芸品で、商品としては茶筒や煙草入れが有名です。『樺細工』は、18世紀末から秋田の角舘において佐竹北家という人が技法を広めたと言われています。今でも角舘でその工芸が続いているというのが素晴らしいですね。

『樺細工』の商品は今やネット通販などでも購入することが出来ますが、せっかく秋田観光に来たのであれば、角舘に行って購入するのが良いと思います。中でも、「角館 伝四郎本店」がおすすめです。秋田市内では西武デパートに直営店がありますのでぜひのぞいてみてください。

名称 角館 伝四郎本店
住所 秋田県仙北市角館町下新町45
営業時間 10:00~17:00
定休日 水曜
URL

5. 秋田空港おみやげ広場あ・えーる

『超人ネイガーグッズ』は秋田のご当地キャラクターであり、マニアにはとても人気があります。超神ネイガーの名前は、秋田名物の“なまはげ”の名言である“泣ぐ子は居ねがぁ”から来ているそうです。まさに秋田の象徴である、なまはげキャラといえるかもしれませんね。

超人ネイガーグッズは、マニアはネット通販で購入する場合が多いかと思いますが、秋田に行ったなら、秋田で購入したいですよね。購入できる場所としては、秋田駅や秋田空港のお土産店にあります。あと秋田のコンビニでも購入できるようです。ちなみに秋田空港の場合は、「秋田空港おみやげ広場あ・えーる」で購入出来ます。

名称 秋田空港おみやげ広場あ・えーる
住所 秋田県秋田市雄和椿川字山籠49
営業時間 7:00分~20:30
URL
http://www.omiyageakita.com/html/page2.html

秋田お土産は美味しいものも工芸品もいっぱい!

このように秋田のお土産お菓子10選、名産品選、工芸品5選を紹介してきました。どれも甲乙つけがたいものばかりだと思います。その中でお土産を差し上げる方の顔を思い浮かべて、このお土産だったら喜んでくれるかなと想像しながら、お土産を選ぶのも楽しいですね。是非良いお土産を選ぶのにこの記事が参考になったら幸いです。いろんな種類のお土産を選ぶ場合には、あきた県産品プラザかトピコが秋田駅周辺ではおすすめです。

【関連記事はこちら】

▷秋田を訪れたら絶対押さえておくべき!おすすめの観光スポット20選
▷秋田県でおすすめの観光スポット12選!自然に囲まれた癒しの旅を!

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事