最終更新日時 2019/08/09

美味しいお米の名産地で知られる新潟では、選びきれないほど様々なお土産があります。新潟を観光した際にチェックしておきたい、おすすめのお土産アイテムを20選ご紹介します!どんなアイテムが人気なのか、贈る人に喜ばれるものはどんなものなのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

お土産の定番!お土産におすすめのお菓子10選

1. 笹団子

「笹団子」は、「田中屋本店 みなと工房」の人気の定番メニュー。新潟県といえば、笹団子と言われるくらい有名で、新潟県の特産品の1つです。笹の葉に包まれた優しいよもぎ団子。戦国時代から続いているものとも言われています。

新潟県内にはたくさんの笹団子屋があります。それぞれのお店により特徴のある笹団子を食べることができます。こしあんや粒あん、手作りキットを販売しているところもあります。気になる人は、食べ比べてみるのも面白いです。

名称 田中屋本店 みなと工房
住所 新潟県新潟市中央区柳島町1-2-3
営業時間 9:00~18:00
サイト

https://www.dangoya.com/

2. 出陣餅

「かなざわ総本舗」は、雪がたくさん降る地域としても有名な上越市に本店があります。かなざわ総本舗でおすすめは、「出陣餅」です。出陣餅は、新潟県で人気の武将上杉謙信が決戦前に兵に餅を配ったということに参考に作られた餅です。

出陣餅と近いお菓子として、「信玄餅」がありますが、出陣餅には草餅を使用しているのが特徴。草餅に合わせる、黒蜜ときなこの相性抜群。信玄餅が好きな人にはぜひ試して頂きたい一品です。お土産としても人気のあるお菓子ですので、新潟県上越地域に行くのであれば、立ち寄ってみることをおすすめします。

名称 かなざわ総本舗
住所 新潟県上越市稲田4-11-5
営業時間 9:30~16:30
サイト

http://www.syutujin.com/

3. 新潟チップス

新潟のお米をお土産として購入するのも良いですが、新潟の米を原料にしている炊きたての美味しさと新食感を楽しむことができる、「新潟チップス」もおすすめです。ポテトチップスとはまた違った感じで、1度食べるとクセになる美味しさです。

様々なメディアで紹介されているので、知っている人も多くいますが、おやつにもつまみにも相性抜群。味も7種類のあり、様々な味を試すことができます。定番のうすしおやのりしお、米と相性の良いカレーに醤油もあります。少し変わったお土産を購入したい人にもおすすめです。

名称 新潟堂
住所 新潟県長岡市鳥越2253
営業時間 9:00〜18:00
サイト

http://www.niigatadou.co.jp/

4. サラダホープ

新潟限定のお土産を購入したいのであれば、「サラダホープ」がおすすめ。サラダホープは、「亀田製菓」が新潟限定で販売しているので、亀田製菓を知っていてもご当地お菓子のサラダホープを知っている人は、新潟県外にはほとんどいないことでしょう。

亀田製菓のハッピーターンや柿の種は有名ですが、サラダホープも新潟県では定番お菓子。コンビニやスーパーで気軽に購入することができるのもポイントです。味も豊富にあり、うすしお味からチーズ味、わさび味などそのまま食べてもつまみとしても相性の良いお菓子です。

名称 亀田製菓
住所 新潟県新潟市江南区亀田工業団地3-1-1
営業時間 9:00〜18:00
サイト

https://www.kamedaseika.co.jp/cs/

5. 柿の種

「柿の種」を知っている人は多くいますが、元祖柿の種といえば、「浪花屋製菓」です。缶に入った柿の種を購入することができるので、お土産にもおすすめ。缶の外に描いてある絵も昔ながらの伝統ある絵を続けているのもポイントです。

柿の種の原型は、大阪のあられを作ろうとしたらうっかり型を落としてしまい、今の形の柿の種が出来上がりました。浪花屋では、工場見学をすることももできるので、柿の種が好きな人であれば、1度見学に行ってみるのもおすすめです。

名称 浪花屋製菓
住所 新潟県長岡市摂田屋町2680
営業時間 9:00〜17:00
サイト

http://www.naniwayaseika.co.jp/

6. 河川蒸気

「新潟菓子工房 菜菓亭」で販売されている、「河川蒸気」。変わった名前のお菓子ですが、越後平野で交通の手段として活躍していた蒸気船に由来があります。新潟の発展に貢献してきた蒸気船への感謝の想いから名がついたご当地お菓子です。

河川蒸気は、小豆クリームを蒸しカステラで包んだお菓子。小豆クリームは、独特な食感を楽しむことができるクリームです。蒸しカステラは、通常のものと少し違い、黒糖を使用しています。小豆クリームと黒糖の相性抜群。気になる人は、購入してみてはいかがでしょうか。

名称 新潟菓子工房 菜菓亭
住所 新潟県新潟市北区葛塚3249
営業時間 9:00~18:30
サイト

http://www.saikatei.net/

7. 朱鷺の子

本物の卵をイメージして作られている「朱鷺の子」は、「雪国庵 あめ友」が販売しているご当地お菓子です。新潟県といえば、朱鷺をみることができることでも有名ですが、時をイメージして作られた芸術的な和菓子です。

朱鷺の子は、表面にホワイトチョコをコーティングしていて、中は黄味餡を桃山で包んで焼き上げています。口コミで人気が広がり、新潟県の新たな定番お土産として注目のお菓子です。しつこくない味は日本茶でもコーヒーにも相性が良いです。

名称 雪国庵 あめ友
住所 新潟県加茂市上町3-30
営業時間 8:30~18:00
サイト http://ametomo.moo.jp/

8. おむすびころり

新潟のコシヒカリを使用した、「フランス菓子工房 ル・ポアロン・ビス」で販売されている「おむすびころり」は、米粉クッキーです。新潟市の土産品コンクールで、新潟市長賞を受賞した経験もある新潟市でおすすめのお土産です。

おむすびころりは、味もご飯の相性の良いものが多くあります。クッキーでは珍しいごま塩や梅しそ、生姜バニラに焼むすびと他のクッキーでは食べることができる味を楽しむことができます。クッキーの定番の味であるチョコむすびもありますので、定番から変わった味を堪能することができます。

名称 フランス菓子工房 ル・ポアロン・ビス
住所 新潟県新潟市南区白根1245-1
営業時間 9:30~19:30
サイト

http://www.le-poelon-bis.com/

9. 万代太鼓

「万代太鼓」は、「大阪屋」の名物お菓子として40年以上も地元からも観光客からも愛されている新潟の定番土産。子供から大人までどの世代でも好まれる味です。一つずつ個包装されているので、配りやすいのも特徴です。

万代太鼓の名前は、祭りの時期に聴くことができる、新潟万代太鼓を参考にお菓子の名前を付けています。バウムクーヘンのように焼き上げたクッキー生地と優しい味のクリームの相性はよく、ついつい食べ過ぎてしまうお菓子です。

名称 大阪屋
住所 新潟県新潟市江南区大渕1631-8
営業時間 8:30~16:30
サイト

https://www.niigata-osakaya.com/

10. ぽっぽ焼き

新潟の祭りで定番お菓子といえば、「ぽっぽ焼き」。新潟ご当地お菓子として世代関係なく人気のお菓子です。地域によっては蒸気パンという地域もあります。小麦粉と黒砂糖を材料にして作られた細長い蒸しパン。祭りの屋台以外では「あやめぽっぽ」で購入することができます。

あやめぽっぽで購入する場合には、真空パックにすることもできます。できたてをすぐに食べるのが1番美味しいですが、電子レンジやオーブンで温めるのもおすすめ。新潟県のお祭りで購入することができるぽっぽ焼きが気になる人は、訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 あやめぽっぽ
住所 新潟県新潟市中央区万代1-6-1
営業時間 11:00~19:00
サイト

http://ayame-poppo.com/

新潟でおすすめの飲み物のお土産5選

1. どぶろく

日本酒の原点とも言われる「どぶろく」。現在は免許を取得した人が特別に許可された区域内でだけ作ることが出来る貴重なもので、蔵元はそんな特区の全国第一号、新潟県十日町市松代で生まれたお酒です。本物の持つ味わいを大切な方に贈ってみてはいかがでしょうか?

この「貸民家みらい」のどぶろくは、日本一美味しいと謳われている魚沼産コシヒカリを使用しています。それも農薬や化学肥料を使用せず、丁寧に育て上げられた自家製米です。まろやかでありながらすっきりとした後口が特徴です。

名称 貸民家みらい
住所 新潟県十日町市松代5316-3
サイト

http://mirai-net.com/merchandise.html

2. 神社エール

「古町糀製造所」が販売しているおすすめのお土産が、「神社エール」。高知県産の生姜のしぼり汁を加えた糀ドリンクです。この麹ドリンクを製造する古町麹製造所は、新潟総鎮守白山神社などの参道に位置することから神社という名が付けられたそうです。

ちなみに、この麹ドリンクとは甘酒のことです。栄養価の高い麹、身体を温めてくれる生姜の組み合わせは、体に嬉しい効果がありそうですよね。ネーミング受けのよい、縁起もののお土産として喜ばれること間違いなしです。

名称 古町糀製造所
住所 新潟県新潟市中央区古町通二番町533
営業時間 11:00~18:00
サイト

http://www.furumachi-kouji.com/

3. ヤスダヨーグルト

「ヤスダヨーグルト」は、乳製品を製造している新潟の会社です。もともとは地域に根差した人気製品でしたが、最近はその美味しさが口コミなどで広がり、全国で知られる存在になってきています。新潟駅ビルCoCoLo 南館にショップがありますよ。

おすすめは、ヤスダヨーグルトの美味しさを手軽に楽しむことができる、ドリンクヨーグルトシリーズです。甘みは新潟特産20世紀梨」をヒントにされていて、ヨーグルト特有の酸味とあわさってまろやかな味わいに仕上がっています。

名称 ヤスダヨーグルトショップ 新潟駅ビルCoCoLo 南館店
住所 新潟県新潟市中央区花園1-1-21
営業時間 10:00~20:00
サイト

http://www.yasuda-yogurt.co.jp/

4. 鶴齢

新潟のお土産と言えば、やっぱり米所の美味しいお米を使用したお酒です。「青木酒造株式会社」は、代表作である「鶴齢」を中心に、300年以上酒造りをしている酒造会社。雪国ならではの様々な恵みと、越後杜氏による伝統の技が生きています。

お土産におすすめなのは、鶴齢。地元である魚沼の食文化に寄り添う味わいとして、キレのいい端麗な飲み心地です。雪国でも長期保存が効く干物や漬物など、塩気が効いた料理が多い魚沼料理に合わせられているため、お酒のおつまみとの相性は抜群!

名称 青木酒造株式会社
住所 新潟県南魚沼市塩沢1214
サイト

http://www.kakurei.co.jp/sake/

5. 田友

米所・新潟のお米は魚沼産が有名ですが、その他にも美味しいお米の産地がたくさんあります。「高の井酒造株式会社」が販売しているお酒「田友」は、美味しいお米が作られる“小千谷”産の高級酒用酒米でできたお酒です。

小千谷の名水「時水の水」を使用し、杜氏・蔵人も小千谷の職人、蔵元は小千谷の高の井酒造と、全ての素材が小千谷のもので作り上げられた自慢のお酒。やや辛口のお酒は、冷やぬる燗によく合います。まろやかでさっぱりした味わいです。

名称 高の井酒造株式会社
住所 新潟県小千谷市東栄3-7-67
サイト

http://www.hatsuume.co.jp/products/denyuu/index.html

お菓子以外の食べ物も!お土産におすすめの食品5選

1. 豆醍醐

「割烹豆腐オオハシ」でおすすめなのは、こだわりの製法と厳選された素材で作られた豆腐の味噌漬け「豆醍醐」です。そのままお酒のおつまみとして食べても美味しいですが、豆腐ということもあり、様々な料理に応用することも可能です。中にはパンに塗る人やパスタに絡める人も。料理好きな方におすすめです。

豆腐の味噌漬けは、ほどよい塩気と濃厚でクリーミーな味わいがクセになります。和風テイストのチーズのようで、大人はもちろんお子さんにも人気のお土産です。そのまま食べるもよし、料理の隠し味にするもよし、万能な一品です。

名称 割烹豆腐オオハシ
住所 新潟県長岡市与板町与板乙1204-1
営業時間 9:30~18:00
サイト

http://www.ohashi-tofu.com/index.html

2. へぎそば

そば通の方ならご存知であることも多い「へぎそば」。現地でいただくのもおすすめですが、新潟のお土産として持ち帰ってみてはいかがでしょうか。自宅で本場のへぎそばを食べられるので、贈答用としてもおすすめの一品です。

へぎそばは、布海苔(ふのり)という海藻をつなぎにしてつくられたお蕎麦です。海藻が入っているため、お蕎麦はほんのりと緑がかったきれいな色をしています。「小嶋屋総本店」のへぎそばは“とよむすめ”という品種を使った蕎麦で、蕎麦の風味が強くなめらかなのどごしが特徴です。

名称 小嶋屋総本店
住所 新潟県十日町市中屋敷758-1
営業時間 11:00~21:00(L.O.20:30)
サイト

http://www.kojimaya.co.jp/

3. かんずり

お料理好きな人のお土産におすすめな、新潟名物の「かんずり」。これは全国的にも珍しい唐辛子を発酵させた新潟発祥の調味料で、食通にもファンが多い通向けの逸品です。西の柚子胡椒、東のかんずりとも言われています。

かんずりは新潟上越地域で昔から作られていた発酵食品で、塩漬けにしたトウガラシを雪の上にさらしてあく抜きをし、柚子や糀などを混ぜて発酵させることにより完成します。お鍋に足したりラーメンや味噌汁に入れたりと、使い方は無限大です。

名称 有限会社かんずり
住所 新潟県妙高市西条437-1
営業時間 8:30~17:30
サイト

http://kanzuri.com/

4. さけ茶漬け

もらっても自宅用に購入しても嬉しい新潟土産、「さけ茶漬け」。「新潟加島屋」が販売している商品で、丁寧にほぐされた鮭の身が瓶の中にぎっしりつまっています。“さけ茶漬け”という名前の商品ですが、鮭フレークといった方がイメージしやすいかもしれません。

さけ茶漬けに使用されているのは、脂ののったキングサーモンです。脂がのっている鮭だからこそ出せる、しっとりとした食感と旨味が特徴。ちょうどいい塩加減なので、お茶づけはもちろん、ごはんのおともやおにぎりの具にもぴったりです。

名称 株式会社加島屋
住所 新潟県新潟市中央区東堀前通8番町1367
営業時間 9:30~19:00
サイト https://www.kashimaya.jp/

5. 栃尾の油揚げ

お酒の肴に、ご飯に合わせるおかずの一品に、様々な形で食卓に華を添えてくれる「栃尾の油揚げ」。新潟・栃尾の名物で、通常の油揚げよりも分厚く食べごたえがあるところが特徴です。その中でもお土産におすすめなのが、「まめ工房 ぽっぽ」の栃尾挟み油揚げ。

ふんわりとボリュームのある栃尾油揚げに、様々な具材が挟み込まれている、まめ工房ぽっぽの人気商品です。外はカリっとしていて中はふんわり、ごまみそやネギ味噌、桜海老マヨや和風チーズなどバリエーションも豊富です。

名称 まめ工房 ぽっぽ
住所 新潟県長岡市栃尾大野町4-2400
営業時間 9:00~18:00
サイト

http://www.mamepopo.jp/

新潟土産はお菓子やお酒、食べ物など、美味しいものが豊富

今回は、新潟でおすすめのお土産アイテムを厳選して20選ご紹介させていただきました。新潟の食品はどれも素敵なものばかり。美味しい食べ物や飲み物が多い地域だからこそ、お土産の種類も本当に豊富です。お米がおいしい地域だからこそ、お酒やお米を使った食品、ご飯に合うものがたくさんありますよね。ここでは紹介しきれなかった数々のお土産も待っている新潟、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

【関連記事はこちら】

▷【最新】新潟のご当地グルメにもピッタリ合う!おすすめ日本酒銘柄12選

特集

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

人気記事