最終更新日時2019/09/10

静岡といえば富士山!観光スポットとして国内だけでなく、外国人観光客からも人気の高い場所です。そこでこの記事では、「静岡でおすすめのお土産15選」をご紹介します。定番の静岡土産や穴場のお土産などもご紹介するので、観光の参考にしてみてください。

静岡でおすすめのお土産6選

1. 半熟ぷりん

「魔法のケーキ屋さん ぷるみえーる」で販売されている「半熟ぷりん」は透明のカップに入った、半熟のようなとりーりとした食感のプリンです。新鮮な卵黄を使用しているので、コクのある濃厚で高級な味わいが楽しめます。

一度食べると、とろけるようなくちどけにスプーンが止まらなくなること間違いなし!お好みで、カラメルをかけてもホロにが味が楽しめますし、食後のデザートとして食べても良いですね。1つから購入でき、箱買いもできます。

名称 魔法のケーキ屋さん ぷるみえーる
住所 静岡県静岡市葵区黒金町47静岡駅アスティ西館
営業時間 6:15~22:30
サイト http://premier.cocotte.jp/

2. お茶の葉クッキー

静岡県といえばお茶の葉っぱがとても有名!そんなお茶の葉をモチーフに作られているのが、「お茶の葉クッキー」です。見た目も葉っぱのようですが、抹茶に似た風味豊かなお茶の香りが鼻からフワッと抜けていきます。

「一條亭」が販売しているこのお茶の葉クッキーは、保存料や着色料を一切使用していません。その証拠として、クッキーの生地の表面に、小さな気泡のような穴がぷつぷつと開いています。これが美味しさの秘訣!小さな子供でも安心して食べられます。

名称 一條亭
住所 静岡県静岡市葵区黒金町47静岡駅アスティ西館
営業時間 6:15~22:30
サイト http://ich.justhpbs.jp/

3. 桜えびの舞

「桜えびの舞」は、桜えびが練り込まれたお菓子。小さなつぶがあるおせんべいなので、つぶつぶとした食感も楽しむことができます。おせんべいの表面には、焼かれた小エビがトッピングされているので、香ばしい香りがとっても美味!

桜えびの舞は、なんといっても薄い生地が特徴的です。そのため、パリッとした軽い食感で、ついつい最後の1枚まで食べ勧めてしまうほどの美味しさ。12枚入りと21枚入りから購入することができる、お手頃価格です。

名称 フジノネ
住所 静岡県静岡市葵区黒金町47静岡駅アスティ西館
営業時間 6:15~22:30
サイト http://www.fujinone.com/

4. お茶みかん

ご年配の方へのお土産を購入するなら、ぜひ「お茶みかん」を手に取ってみてください。お茶みかんは、みかんというネーミングの通り、みかんのフレーバーが練り込まれたカステラの生地が味わえるユニークな和菓子です。

静岡県産の茶葉とあんこも使われているので、お茶うけとしてぴったりの味です。主張しすぎない、あんこの優しい甘さがくどくなくて食べやすい味。10個入と15個入りのどちらも1,000円代で購入できるお財布に優しいお土産です。

名称 浜松文明堂
住所 静岡県静岡市葵区黒金町49
営業時間 9:30~21:00
サイト http://e-bunmeido.jp/

5. 黒はんぺん

薄い黒色の見た目をしたはんぺんのお土産、「黒はんぺん」。黒はんぺんは、静岡県で水揚げされたいわしとさばのすり身を使用して作られています。着色料や保存料を一切使用していないため、素材本来の素朴な味わい。

普通のはんぺんと同じように、おでんに入れたり筑前煮などの煮物に使用するのがおすすめ。しっかりと出汁を吸ってくれます。「蒲菊」は、何十年以上も続く静岡で有名な和菓子店とあって、多くの観光客がお土産を求めて足を運ぶ場所です。

名称 蒲菊
住所 静岡県静岡市葵区黒金町49
営業時間 9:30~21:00
サイト http://www.kamakiku.com/

6. ピリ辛かつお角煮

「ピリ辛かつお角煮」は、静岡県で水揚げされたカツオを、食べやすい一口サイズにカットして甘辛く煮詰めた一品です。しょうゆベースの味で、トウガラシが使われた自家製のタレが美味しさの秘密!食欲が湧く匂いです。

お酒のおつまみとしてそのまま食べても美味しいですが、ご飯の上に乗せて食べると、また違ったおいしさが味わえますよ。「山政」で販売されています。瓶に入っているので、型崩れせずに持ち運びしやすいのでおすすめです。

名称 山政
住所 静岡県静岡市葵区黒金町49
営業時間 9:30~21:00
サイト http://www.yamamasa.co.jp/index.php

静岡でおすすめのおしゃれなお土産5選

1. 安倍川もち

「やまだいち」で購入することができるのは、「安倍川もち」です。きなことあんこ味があります。日本茶との相性が良いお菓子なので、お茶が有名な静岡県のお茶も購入してセットで渡せば、喜ばれること間違いなしです。

安倍川もちは、厳選したきな粉を使用して作られているので、ほんのりと甘みが口の中で広がります。また、丁寧に濾されたこしあんは口当たり滑らかなので、食べていてくどさがを感じないですよ。2人前で500円から購入可能。

名称 やまだいち
住所 静岡県静岡市葵区黒金町47静岡駅アスティ西館
営業時間 6:15~22:30
サイト http://abekawamochi.co.jp/

2. 治一郎のバウムクーヘン

「治一郎のバウムクーヘン」は、見た目からも分かるように綺麗なイエローカラーの、バームクーヘンです。新鮮な卵黄をたっぷりと使われているからこそ、この色に仕上がっています。濃厚な卵の風味がとっても美味です。

濃厚な味わいなのに、何度食べても飽きがこないあっさりとした後あじ。一般的なバウムクーヘンよりも、一回り小さいサイズで販売されているので大きすぎることなく、お土産として持ち帰るにはぴったりなサイズです。

名称 治一郎
住所 静岡県静岡市葵区紺屋町6-7 静岡パルコB1F
営業時間 10:00~20:00
サイト http://www.jiichiro.com/

3. うなぎパイ

おしゃれな見た目で、静岡のお土産の定番としても有名なのが、「うなぎパイ」です。うなぎパイは、パイ生地を重ねて焼くことでサクサクとした食感を生み出したお菓子。トーストされているので、カリッとした食感もあります。

パイ生地の表面にまぶされているザラメが、シャリシャリの食感と、丁度良い甘みを生み出してくれています。お店の近くには、女子会やデートスポットにぴったりな場所もあるので、散策のついでに足を運んでみてください。

名称 春華堂
住所 静岡県静岡市葵区黒金町47静岡駅アスティ西館
営業時間 6:15~22:30
サイト http://www.shunkado.co.jp/

4. 鞠福

和菓子が好きな方へのお土産として最適なのが、おまんじゅう!静岡駅周辺で販売されている「鞠福」は、まりふくと読みます。おまんじゅうを半分に切ると、綺麗なもみじに詰められたあんこが出てくるのが、特徴の1つ。

日本の和のスイーツということもあり、外国人観光客からも人気を集めているお土産です。抹茶クリームや生クリーム、、カスタードクリームなどの、フレーバーも楽しめます。ご高齢の方へのお土産としても、おすすめです。

名称 雅正庵
住所 静岡県静岡市葵区黒金町47静岡駅アスティ西館
営業時間 6:15~22:30
サイト http://www.gasho-an.com/

5. こっこ

ネーミングも見た目も可愛らしい「こっこ」は、「ミホミ」で販売されている洋菓子です。静岡では定番のお土産品で、テレビや雑誌などでも紹介されたことから、人気を集めている静岡のお土産。甘い味が好きな方におすすめです。

こっこは、ふわふわとした食感の蒸しケーキのなかに、バニラ風味のホイップクリームをたっぷりと詰めたお菓子。一口食べると、バニラのコクのある香りが、ふわっと広がります。箱で購入できるので、スーツケースに入れて持ち運びやすいです。

名称 ミホミ
住所 静岡県静岡市葵区黒金町47静岡駅アスティ西館
営業時間 6:15~22:30
サイト http://www.cocco-cocco.jp/

静岡でおすすめのリーズナブルなお土産4選

1. あげ潮

安い値段で購入出来て、穴場の静岡のお土産であれば、「あげ潮」はいかがでしょうか。あげ潮は、クッキー生地にコーンフレークやくるみ、レーズンなどを練り込んだザクザク食感がたまらないお菓子です。パクリと食べられる一口サイズ。

コーンフレークが良い仕事をしていて、噛み応えのある食感と香ばしい風味を出してくれています。お店は、駅から近い場所にあるので車やタクシーを利用して観光できない方でも、気軽に足を運んでみてください。600円代から購入可能。

名称 まるたや洋菓子店
住所 静岡県静岡市葵区黒金町47静岡駅アスティ西館
営業時間 6:15~22:30
サイト http://www.marutaya.net/

2. バリ勝男クン

インパクトのあるネーミングなのが、「バリ勝男クン」。「シーラック」で販売されています。ピーナッツとカツオを乾燥させたカツオチップスのおつまみ。カツオのチップスは、しょうゆベースの味なので日本人好みです。

お酒が好きな方へのお土産として購入すれば、お酒のアテとして喜ばれること間違いなしですよ。お土産としてだけでなく、静岡観光で小腹が空いたときのおやつとしても、持ち運びもしやすいので良いのではないでしょうか。

名称 シーラック
住所 静岡県静岡市葵区黒金町47静岡駅アスティ西館
営業時間 6:15~22:30
サイト http://www.sealuck.co.jp/sealuck/2010/index.html

3. 黒大奴

「黒大奴」は、シンプルな見た目をしていますが、味のインパクトは大!こしあんを薄いようかんで包んだ、珍しい組み合わせの和菓子です。伝統的な製法を守りながら作られているので、職人技が光る繊細な風味があります。

表面に巻かれているようかんには、昆布が練り込まれているのでほんのりと塩気のある味わいです。15入りと30個入りを購入可能です。また、トッピングされているけしの実が食感と良いアクセントを与えてくれています。

名称 清水屋
住所 静岡県静岡市葵区黒金町47静岡駅アスティ西館
営業時間 6:15~22:30
サイト http://www.komanjyuu.jp/

4. 8の字

「8の字」は、「カクゼン桑名屋」で販売されている、8の形をした一口サイズのクッキー。300円代から購入できます。添加物や着色料を一切使用していない製法なので、小さな子供やご高齢の方でも安心して食べられるお土産ですね。

余計なものが入っていないので、卵と小麦の昔懐かしい素朴な味が楽しめます。「カクゼン桑名屋」は、朝の6:15分からととても早い時間からオープンしているので、お土産を購入し忘れた時などの緊急時にもおすすめです。

名称 カクゼン桑名屋
住所 静岡県静岡市葵区黒金町47静岡駅アスティ西館
営業時間 6:15~22:30
サイト http://hachinoji.jp/

静岡でおすすめのお土産15選をご紹介!

いかがでしたでしょうか。今回の記事では、「静岡でおすすめのお土産15選」をご紹介しました。数あるお土産の中から、「これを購入しておけば間違いなし!」というものばかりです。もし、静岡へ観光などで立ち寄る機会があれば、今回のお土産の記事を参考にしてみてください。この記事が、少しでも旅の手助けになれば幸いです。

【関連記事はこちら】

▷静岡で海の幸・山の幸を食べつくす!おすすめグルメ店20選

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

おすすめ記事

人気記事