最終更新日時2020/02/05

こんにちは、SPIRA編集部の新村です。
幼少期、誰もが一度は手にして遊んだことのあるレゴ®ブロック。好奇心と想像力が溢れだし、夢中になってブロックでモノを作る。
今回はそんな子供心をくすぐり続ける「レゴランド®・ジャパン」へ、1泊2日で5歳の息子と家族で遊びに行ってきました。

09:00 レゴランド®・ジャパンへ到着

愛知県名古屋市の金城ふ頭まで、東京から新幹線で2時間程度。息子を驚かせようと、行き先は内緒にして向かいました。到着後、息子に今回の旅行がここレゴランド®であることを伝えると、満面の笑みでガッツポーズ!レゴランド®・ジャパンは10時からオープンのため、それまではホテルの1階にあるレゴ®ブロックで遊んで待っていることができました。

レゴランド・ジャパン

レゴランド・ジャパン

10:00 パークがオープン

レゴランド®は世界8カ国に展開されており、日本にあるのはここ名古屋だけ。子供から絶大な支持を受けているレゴ®ブロックを使ったテーマパークは、家族で「楽しい」を共有できる場所。
今回訪れたのは11月ということもあり、クリスマスならではのイベントや飾り付けに!パーク入り口から子どもの好奇心を刺激する、クリエイティビティに溢れる最高に楽しい世界が広がっていました。子どもは過去色々なテーマパークや遊園地に行ってきましたが、「ここが最高!」と大はしゃぎ!楽しい仕掛けがいたるところに溢れており、全く飽きることがありません!

レゴランド・ジャパン

レゴランド・ジャパン出典:Relux

なかでも驚いたのはレゴ®ブロックを活用して日本の風景を再現しているミニランド。レゴ®ブロックでできた街並みは本物そのもの。

レゴランド・ジャパン

レゴランド・ジャパン

14:00 レゴ®・クリエイティブ・ワークショップに参加

午前中はパークでたくさん遊んだので、午後は気になっていたレゴ®・クリエイティブ・ワークショップへ行きました。親しみやすいインストラクターのもとたくさんあるブロックを一つの「モノ」へ作り上げます。想像力を掻き立てながら完成を目指すことで、物作りの楽しさを教えてくれた時間でした。

レゴランド・ジャパン

レゴランド・ジャパン

16:00 ホテルへチェックイン

レゴランド・ジャパン・ホテル

今回宿泊したところは、パークと併設しているレゴランド®ホテル。
朝も早かったため大人の私は少し休憩したいところでしたが、子供はまだまだ遊び足りず。家族旅行でこういったことはよくあるのですが、レゴランド®ホテルは一味違いました!
パイレーツやアドベンチャーなどをテーマにした客室だけでなく、お部屋の中にも楽しい仕掛けがもりだくさん!各客室には、2つの寝室があり大人向けにはクイーンサイズのベッド。お子様には2段ベッドと専用のテレビが備わった部屋で、息子は初めての「自分だけの部屋」に大興奮!子供ながらに少し大人になったような感覚を味わえるのも、お子様をメインテーマに置いているレゴランド®ホテルならではの魅力だと感じました。
なかでも一番盛り上がったのはレゴ®ブロックのギフトが詰まった宝探しゲーム。私たちがホッと一息ついてる間に息子は夢中になってゲームを解いていました!お宝をゲットできて大喜び!

レゴランド・ジャパン・ホテル出典:Relux

レゴランド・ジャパン・ホテル出典:Relux

レゴランド・ジャパン・ホテル

施設の詳細をみる>

18:00 スカイライン・バーで夕食

ホテル内での夕食は、「ブリックス・ファミリー・レストラン」、または、「スカイライン・バー」の2箇所で楽しめます。
今回は、食材や調理にこだわっている「スカイライン・バー」で食事をすることに。ここの嬉しい設備は食事が出来上がる前の待っている間や、食事の後は、レストランフロアのプレイエリアでも子どもは遊ぶことができること!いつもはバタバタとしたお食事でしたが、久しぶりにゆっくりと楽しむことができ、子どもも大人も嬉しい時間でした。もちろんお食事は子どもも大人も、大満足で頂きました。

レゴランド・ジャパン・ホテル

レゴランド・ジャパン・ホテル

レゴランド・ジャパン・ホテル

施設の詳細をみる>

08:00 翌朝

カーテンを開けるとパーク内に差し込む陽の光がとてもキレイで気持ちのいい朝を迎えました。
朝食は、カラフルなレゴ®ブロックの世界観の中で、ビュッフェ形式の食事を提供する「ブリックス・ファミリー・レストラン」でいただくことに。子供の高さに作られたコーナーもあり、好きなものを好きなだけ取れることに息子は大喜び!和洋中様々な料理を毎食100種類以上、そしてドリンクも豊富に用意されているので朝から家族で幸せな時間を過ごしました。

レゴランド・ジャパン・ホテル

レゴランド・ジャパン・ホテル

施設の詳細をみる>

10:00 ホテルを後にし、シーライフ名古屋へ

チェックアウトをして2日目へ。レゴランド®ホテルでは2日目も遊ぶ場合、荷物を預けることができるんです。
フロントの方へお願いし、パークへまだ体験できていなかったアクティビティを体験しつつ、「シーライフ名古屋」へも行ってきました。
一見水族館のように見えるのですが、ただの水族館ではなく、冒険感のある雰囲気で楽しむことができ、また、海の生物に触れることができたりと海や生物の勉強をすることもできるエッセンスがたっぷり詰まっています。

レゴランド・ジャパン・ホテル

レゴランド・ジャパン・ホテル

レゴランド・ジャパン・ホテル

編集後記

こうしてあっという間の2日間が終わりました。「次はいつ来る?」と、話しをしながら、最高のひとときは過ぎていきました。息子もこの2日間で大ファンになったようで、家ではすっかりレゴ®ブロックを使って遊ぶ日々。
今回の旅行は、レゴランド®・ジャパン・リゾートにきて大正解。子供は全力で遊びつつ、大人の時間もしっかりと用意されており、家族みんなが大満足でした。今回は平日に行ったのですが、レゴランド®・ジャパン・リゾートを満喫するのであれば、できれば、休日よりも平日の人が少ない時に来るのがおすすめ。そして、やはり、宿泊はレゴランド®・ジャパン・ホテルでの宿泊がおすすめです。

レゴランド・ジャパン・ホテルの予約はこちら

特集

2020/06/01港町・函館で日本一の朝食を。温泉も夜景も味わう最高の癒し体験 ──センチュリーマリーナ函館

2020/05/18余韻を楽しむ大人にふさわしい、手の届く贅沢──京都悠洛ホテル Mギャラリー

おすすめ記事

人気記事