最終更新日時 2018/12/25

眼前には水平線まで広がる相模湾。どこまでも広がる青い空と、自然豊かな伊豆の山々。伊豆は自然の恵みを五感で感じることができる場所です。早春に咲き誇るピンクの河津桜は、自然豊かな伊豆の景色をいっそう彩ります。今回は桜と温泉両方を満喫できるお宿をご紹介していきます。

河津桜まつりとは

namiki6_b出典:河津桜まつり公式サイト

伊豆半島は河津町の河津桜は、ソメイヨシノや八重桜よりもひとあし早く開きます。例年1月下旬頃から鮮やかな色をつけはじめ、2017年は2月10日(金)より、「河津桜まつり」が催されます。河津桜まつり期間中は、町のあちこちに色鮮やかな桜並木や桜トンネルが現れ、町内を流れる河津川沿いでは、桜の紅と菜の花の黄が美しいコントラストを描き、道行く人々を楽しませてくれます。

URL http://www.kawazu-onsen.com/sakura/
開催時期 2017年2月10日(金)~3月10日(金)

稲取銀水荘 銀の栞

出典:Relux|稲取銀水荘 銀の栞

河津桜の会場までは車で1時間ほどの距離ですが、すべての客室からは水平線が広がる相模湾を一望することができます。すべての客室に天然温泉の露天風呂が備え付けてあり、露天風呂から眺める相模湾は絶景の一言です。8タイプある客室はすべてコンセプトが異なり、旅の目的やお好みに合わせてお部屋を選ぶことができます。

出典:Relux|稲取銀水荘 銀の栞

お料理は相模湾の魚介を活かした会席料理が提供されます。食材は料理長が自ら足を運んで買い付け。金目鯛やあわび、伊勢えびなどの地元の旬の食材を使ってこしらえたお料理が、一品一品ちょうど良い頃合でサーブされます。お食事はお部屋まで運んできてもらえるので、ゆっくりとくつろぎながらいただくことができます。

住所 静岡県賀茂郡東伊豆町 稲取1624-1
詳細情報 https://rlx.jp/21890/

食べるお宿 浜の湯

出典:Relux|食べるお宿 浜の湯

河津桜の会場までは車で30分ほどの距離にあり、河津桜まつりを楽しむことができます。旅館からはどこまでも広がる相模湾を見渡すことができ、開放感が抜群の宿です。客室はさまざまなタイプが用意され、インテリアやベッドサイズなど旅の趣向に合わせて選ぶことができます。露天風呂つきの客室も用意されているので、露天風呂につかりながら開放的な海の景色を眺める楽しみ方も。

出典:Relux|食べるお宿 浜の湯

食べるお宿 浜の湯は伊豆ならではの食材を楽しんでいただけるようにと、お料理にこだわりを持っています。ボリューム感のあるお料理を提供するために、「お昼はなるべく軽くすませてきてください」とのこと。旅館では金目鯛をはじめとした相模湾の恵みがお刺身や煮つけなどさまざまな調理方法で調理され、旬の相模湾の食材を美味しくいただくことができます。

住所 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1017
詳細情報 https://rlx.jp/29052/

玉峰館

出典:Relux|玉峰館

河津桜のイベント会場である河津川沿いに立地している旅館なので、昼の河津桜と夜ライトアップされた河津桜など、一日中河津桜を満喫することができます。旅館全体は和モダンのインテリアに彩られ、大正モダンの趣が。源泉賭け流し温泉の露天風呂つき客室やベッドつきの客室など、さまざまなタイプの客室が用意されており、旅の目的に合わせて選ぶことができます。

出典:Relux|玉峰館

お料理は地元伊豆の旬の食材を使った日本料理。ただし和だけでなく、洋の要素も組み込んだ「新日本料理」として創造性のあるお料理を堪能することができます。コースのメインは魚料理と肉料理のうちから2品を選ぶことができ贅沢です。お料理は日本庭園が眺められるテラスでもいただくことができます。解くに夜は美しくライトアップされ、ゆっくりとくつろげる空間です。

住所 静岡県賀茂郡河津町峰440
詳細情報 https://rlx.jp/22041/

奈良偲の里 玉翠

出典:Relux|奈良偲の里 玉翠

河津桜の会場までは車で30分から1時間ほど。河津桜まつりと河津川沿岸に咲き誇るピンクの河津桜を愛で楽しむことができます。旅館からは伊豆の山々に囲まれた自然を一望でき、緑豊かな景色に癒されることができます。全てのお部屋に趣の異なる露天風呂が備え付けてあり、一面に広がる竹林や自然林、伊豆の山々を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができる宿です。

出典:Relux|奈良偲の里 玉翠

お料理は地元静岡の食材をふんだんに使った和会席。伊勢えびや金目鯛など地元の食材を料理長がていねいに調理しています。朝食は和洋お好きな方から選ぶことができます。品数がたくさんあるので、朝食とはいえ食べ応え満天です。温泉は奥熱川を源泉としており、日本で唯一です。野趣あふれる岩露天風呂などでゆっくりとつかることができます。

住所 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本 39-1
詳細情報 https://rlx.jp/29755/

伊豆今井浜東急ホテル

出典:Relux|伊豆今井浜東急ホテル

河津桜まつりの会場には徒歩で行けるほど近い場所に建つホテルです。徒歩で川沿いを散策することができるので、好きなところに思いの赴くまま散策する楽しみ方ができます。ホテルからは一面に広がる相模湾と空が広がり、開放感のある景色を満喫できます。客室のインテリアも明るい色調で統一され、開放的な海辺のリゾートを楽しむことができます。

出典:Relux|伊豆今井浜東急ホテル

ホテルにはフランス料理と日本料理のレストランが用意されているほか、ティーラウンジやバーなどさまざまな形態の飲食店が営業しています。フランス料理のレストラン「シャングリ・ラ」では金目鯛など地元の新鮮な食材をふんだんに使ったメニューが提供され、日本料理の店「あずま」では海と山の恵みを存分に味わうことができる会席料理が提供されています。

住所 静岡県賀茂郡河津町見高今井35-1
詳細情報 https://rlx.jp/28874/

吉祥CAREN

出典:Relux|吉祥CAREN

河津桜の会場までは車で35分程度です。昼は河津川沿いに咲き誇るピンクの桜を鑑賞し、夜は相模湾を一望できる旅館でゆっくりと温泉を堪能することができます。3タイプの広さの客室が用意されているので、旅の目的や趣向に合わせて選ぶことができます。すべてのお部屋から相模湾を眺めることができ、旅の開放感を味わうことができます。

出典:Relux|吉祥CAREN

海や空とつながったような錯覚を覚える露天風呂「碧海」からは水平線まで見渡すことができる相模湾の景色を眺めることができます。夜はぼんぼりの明かりがともる幻想的な空間でゆっくりと流れる時間を楽しめます。木漏れ日と自然の香りに癒されるのは檜で湯船ができた露天風呂「和月」。鳥のさえずりを聴きながら入る露天風呂は心身ともにリラックスできる場所です。

住所 静岡県賀茂郡東伊豆町北川温泉
詳細情報 https://rlx.jp/21558/

下田蓮台寺温泉 清流荘

出典:Relux|下田蓮台寺温泉 清流荘

清流荘は山間にたたずむ温泉旅館。自然に囲まれた静寂の中、ゆっくりと落ち着いた時間を過ごすことができる旅館です。河津桜まつりの会場まで車で35分程度なので、昼間は早春に咲くピンクの桜を愛でまつりの賑わいを楽しむこともできます。客室は露天風呂つきの客室から内風呂つきの和室、和洋室などさまざまなタイプが用意され、旅の趣向に合わせてお好きなお部屋を選ぶことができます。

出典:Relux|下田蓮台寺温泉 清流荘

温泉は源泉賭け流しの天然温泉。お部屋についている露天風呂とは別に岩で構成された野趣あふれる大露天風呂や、一面ガラス張りで開放感抜群の内風呂、貸切でプライベートを重視しながら温泉を楽しめる露天風呂などさまざまな方法で露天風呂を満喫することができます。お料理は四季折々の旬の食材がふんだんに使われた和会席料理。地元食材の金目鯛や伊勢えびなどあますところなく堪能できます。

住所 静岡県下田市河内2-2
詳細情報 https://rlx.jp/29878/

地魚の宿 運龍

出典:Relux|地魚の宿 運龍

河津桜まつりが行われる河津川の奥深くにある宿「地魚の宿 運龍」。周囲を伊豆の自然に囲まれて、四季折々の景色を楽しむことができる旅館です。河津桜まつりの会場まで車で30分程度なので、河津川沿岸に咲き誇る桜を眺めながら合わせて祭りも楽しむことができます。客室は2部屋ある広々としたものや、離れ、足湯つきのものまでいくつかのタイプが用意され、旅の目的に合わせて選ぶことができます。

出典:Relux|地魚の宿 運龍

提供されるお料理は旬の食材をふんだんに使った懐石料理。地産池消をモットーとした地元の食材にこだわった朝食が出されるなど、季節ごとの食材や地のものをたっぷりと満喫できるお料理がいただけます。またお食事処は個室タイプになっているので、まわりの目を気にすることなくゆっくりとお料理を堪能することができます。

住所 静岡県賀茂郡河津町梨本439
詳細情報 https://rlx.jp/25585/

海と山、そして桜が楽しめる

自然に恵まれた伊豆半島では、海の幸と山の幸を同時に満喫できるという贅沢な場所。さらには温泉まであり、英気を養うのにぴったりです。地元の旬の食材を味わい、温泉と自然に癒され、華やかな河津桜を眺める旅はいかがでしょうか。

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事