最終更新日時 2019/02/28

伊勢神宮やおかげ横丁をはじめ、さまざまな観光スポットがもりだくさんな伊勢・志摩、そして鳥羽地域。リアス式海岸が特徴的な伊勢湾の絶景や、特徴のある島々や夫婦岩など自然の景観も素晴らしい地域です。また昔から海とのつながりが深いため、水族館やイルカの飼育施設など、水棲生物に触れ合える施設も多くあります。今回はさまざまな魅力のある伊勢・志摩、鳥羽地方のおすすめ観光スポットをご紹介していきます。

古来からの観光名所「伊勢神宮」

20130701_112554_0015

「お伊勢さん」と日本で古くから親しまれる神社群です。二千年以上の歴史を持ち、日本神道の最高神である天照大神など日本を代表する神様を祀っています。四季を通じてさまざまな祭典が催されており、その数実に1,500回以上!内宮、外宮に分かれ、広大な敷地を有する神社群は参拝して回るだけでも1日かかりです。せんぐう館、新宮美術館といった施設もあり、見所満載の観光スポット。伊勢を訪れたら絶対に外せない場所でもあります。

伊勢神宮

伊勢神宮は皇大神宮と豊受大神宮をはじめとする125のお社やお宮が集まった、いわば神社の集合体。ひとつのお社だけがあるのではなく、いくつもの神様のお社やお宮が集まっている場所のことで、正式には「神宮」といいます。参拝の順序は「豊受大御神」を祀る「外宮」から、「天照大御神」を祀る「内宮」の順に参拝するのが正しい順序です。

所在地 〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町1
お問い合わせ先 神宮司庁
電話番号 0596-24-1111(午前8時30分~午後4時30分)
詳細 http://www.isejingu.or.jp/

お伊勢参りのその後は「おかげ横丁」

伊勢神宮内宮前 おかげ横丁 ise jinguu naiguu okage yokochou

伊勢神宮の門前町として古くからさまざまな商店が並ぶ商店街。現在も伊勢神宮にお参りに訪れる人々が立ち寄り、一年を通して多くの人で賑わっています。名物の伊勢うどんや赤福などのほか、こんにゃくやさつまあげといった伊勢の名物を売るお店が軒を連ね、いろいろな名産品を一度に楽しむことができます。

おかげ横丁 招き猫

おかげ横丁には名物の食べ歩きフードが盛りだくさん。特に「豚捨」の和牛のコロッケとミンチカツはぜひとも買って食べ歩きしておきたい一品です。そのほかにも「若松屋」のふわふわはんぺんや「つけもの傳兵衛」のおつけものなど、少量なのでいくらでも買い食いできてしまいます。また招き猫や紙風船、昔ながらのおもちゃなどおかげ横丁ならではのレトロ感あふれる雑貨もお土産としてチェック必須です。

所在地 〒516-0025三重県伊勢市宇佐安野木利町38-8
お問い合わせ先 株式会社伊勢福
電話番号 0596-23-8838
詳細 http://www.okageyokocho.co.jp/

二見浦からの絶景「夫婦岩」

夫婦岩

二見浦にある二見興玉神社の沖合いにある大小二つの岩です。二つ並んだ岩にはしめ縄がかけられており、古来より日の出遙拝所として知られてきた場所でもあります。5月から7月にかけては、岩の間から上ってくる太陽を見ることができ、秋から冬にかけては岩の間に満月の姿を見ることができます。名勝地として知られており、三重県に立ち寄ったら一度は見ておきたいスポットのひとつです。またカエルの像が神社に多く散見されるのは、カエルがご祭神でもある猿田彦大神の神使とされ、「無事かえる」「貸した物がかえる」「若がえる」というご利益を得た人々が多く奉納しているからなのだそう。

所在地 伊勢市二見町江 二見興玉神社内
お問い合わせ先 二見興玉神社
電話番号 0596-43-2020
詳細 https://www.kankomie.or.jp/spot/detail_2231.html

英虜湾のリアス式海岸を一望できる「登茂山展望台」

登茂山展望台 - Observation deck of Tomoyama // 2010.02.12 - 20

太平洋に広がる英虜湾のリアス式海岸と、ところどころに浮かぶ島々の景観を一望することができます。正面に日が沈んでいく夕方の景色が素晴らしく、多くのカメラマンがカメラを構えているスポットです。右手側には賢島、左手側には前島半島が伸びており、リアス式海岸の複雑な海岸線と、浮かぶ小島の織り成す景色は夕暮れ時でなくても絶景のひとこと。美しい夕暮れを眺めながらゆったりとした時間を過ごせばリラックスした気分になれること請け合いです。

所在地 志摩市大王町登茂山
お問い合わせ先 ともやま公園管理事務所
電話番号 0599-72-4636
詳細 https://www.kankomie.or.jp/spot/detail_2312.html

日本神話のハイライトシーンとしても有名「天の岩戸」

天岩戸神社

日本神話で弟の須佐之男命から天照大神が逃れるために隠れた洞窟がこの「天の岩戸」といわれています。天照大神が八百万の神々の努力により外に引きずり出された後、乱暴三昧だった弟の須佐之男命は高天原を追放され、根の国に向かいます。遠い神話の世界に思いを馳せながら、神道の最高神が引きこもっていたと言われる洞窟を訪ねてみてどうでしょう。

所在地 志摩市磯部町恵利原
お問い合わせ先 志摩市観光協会
電話番号 0599-46-0570
詳細 https://www.kankomie.or.jp/spot/detail_2222.html

絶壁の灯台が美しい絵描きの灯台「大王崎灯台」

Kite photo"Daiousaki lighthouse"  カイトフォト"大王埼灯台"

太平洋の荒波が押し寄せる断崖絶壁にそびえたつ白亜の灯台。その景観は美しく数々の絵描きによってその景色が描かれてきました。船乗りにとっては難所と言われる場所は、切り立った崖に白い波しぶきが飛び散り雄雄しい景色を作り出し迫力満点です。全国有数の参観灯台のひとつで、階段で頂上まで登ると全方向に広がる絶景を一望することができます。ただし安全上、小学生までは上ることができませんので注意が必要です。

所在地 〒517-0603 三重県志摩市大王町波切 三重県志摩市大王町波切54
お問い合わせ先 志摩市観光協会 大王支部
電話番号 0599-72-0789
詳細 http://www.daiozaki.com/

飼育している水棲生物の種類は日本トップクラス「鳥羽水族館」

IMG_1142.JPG

鳥羽水族館は鳥羽市にある日本でも指折りの規模の水族館です。日本でトップクラスのいろいろな種類の魚や海獣を飼育しており、非常に多くの海の生物を見ることができます。海獣の王国ではトドやゴマフアザラシのほか、日本で唯一飼育されているマナティも。マナティはここでしか見ることができないのでぜひとも見ておきたいですね。またパフォーマンスではアシカ達のショーが人気。館内は観覧順序がなく、好きなように行ったり来たりすることができます。

カピバラ

鳥羽水族館は水族館ですが、カピバラやスナドリネコといった陸上の生き物も飼育されています。理由は彼らが水辺で生活している生き物だから。鳥羽水族館では水の中の生き物だけでなく、水辺で生活している生き物の様子も観察できます。スナドリネコはスナドリ=漁をするので名づけられた名前ですが、実際に水辺で魚を狩る様子も観察できるんですよ。

所在地 〒517-8517 三重県鳥羽市鳥羽3−3−6
お問い合わせ先 鳥羽水族館
電話番号 0599-25-2555(代表)
詳細 http://www.aquarium.co.jp/

かわいいイルカと直に触れ合える「イルカ島」

DSC03236

イルカと直に触れ合うことのできる施設です。施設は島にあり、その島は本当にイルカのような形をしていて可愛らしいです。イルカ島ではイルカに直接タッチできるイルカタッチのほか、イルカのおやつをあげるイベントや、イルカのおでこにタッチできる子どもから大人まで楽しめるイベントなどが盛りだくさん。イルカが好きな人には外せない観光スポットです。

所在地 〒517-0015 三重県鳥羽市小浜町
お問い合わせ先 志摩マリンレジャー株式会社 鳥羽営業所(鳥羽マリンターミナルのりば)/td>
電話番号 0599-25-3145
詳細 http://shima-marineleisure.com/iruka/map/

女性の願いをひとつだけかなえてくれる「神明神社」

初詣2012

神明神社の境内にある御神体、通称「石神さん」は古くから地元の海女さんたちの間で守り神として大事にされてきました。また海女さんたちの間では「この神様は女性の願いをひとつだけかなえてくれる」という信仰があります。それにあやかるため多くの女性達が参拝し、願い事を祈願の紙にしたためています。かなえてくれるのは1つだけですが、どうしてもかなえたい願いがあるのなら石神さんにお願いしてみてはいかがでしょうか。ちなみにお願いがかなったらもう一度お願いしに行くのはアリだそうですよ。

所在地 〒517-0032 三重県鳥羽市相差町
詳細 http://www.oosatsu.net/midokoro/ishigami/

天空のドライブウェイ「伊勢志摩スカイライン」

DC2 Integra 96spec (at ISE-SHIMA Skyline) [2]

鳥羽、伊勢神宮、おかげ横丁を結ぶ16キロあるドライブウェイ。標高500メートルの高台に道路があるため眺望が美しく、伊勢志摩の市街が一望できるほか、伊勢湾の海岸線や小島の浮かぶ海景を見渡すことができます。また晴れた日には富士山の姿を見つけることも。道路沿いには遊歩道や芝生公園、足湯なども用意されており、ドライブの途中で寄り道しながら散策を楽しめます。車で伊勢志摩方面を旅行するならぜひ立ち寄りたいスポットのひとつです。

所在地 〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町 三重県伊勢市 宇治館町岩井田山 677-1
お問い合わせ先 三重県観光開発株式会社 伊勢営業部
電話番号 059-226-6752
詳細 http://www.iseshimaskyline.com/

伊勢神宮のほか、自然の絶景にも恵まれた地域

伊勢・志摩、鳥羽地域は古くから伊勢神宮を中心に栄えてきた地域でもありますが、そのほか伊勢湾の絶景など自然の眺望にも恵まれている地域です。また海とのつながりが深く、イルカなどのさまざまな水棲生物と触れ合える施設がたくさん運営されています。神話の時代の雰囲気を味わえるだけでなく、自然の絶景や海の生き物にも癒される…そんな旅に出てみてはいかがでしょうか。

三重県のおすすめ旅館・ホテルをさがす

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事