最終更新日時2021/02/09

浜松には、浜名湖や砂丘、温泉、など隠れた観光名所も多く、関東からも気軽に行くことができるエリアです。今回は徳川家康が過ごしたお城や、ある動物を日本で唯一飼育している動物園など、幅広くご紹介します。あなたも観光スポット満載の浜松に出かけてみませんか?

浜松に来たら必ず訪れたい観光スポット10選

1.浜名湖ガーデンパーク 展望塔

浜名湖ガーデンパーク 展望塔画像|PIXTA

高さ50mの展望塔「浜名湖ガーデンパーク 展望塔」。公園の中央にあり、浜名湖を一望できます。晴れた日には富士山も望めます。展望塔から見られるガーデンパークは、広々としていて綺麗な造り。平成16年の浜名湖花博の時に開業されたスポットで、当時はきらめきタワーという名前でしたが、花博の翌年に今の名称に変更されました。年に1回「展望塔の階段昇り」が開催されています。

浜名湖ガーデンパーク 展望塔画像|PIXTA

「浜名湖ガーデンパーク」では、初日の出を迎えるために毎年1月1日に初日の出のイベントが開催されており、展望塔から初日の出を見ることができます。年が明けてすぐに初日の出を拝む、特別な年始を過ごしてみてはいかがでしょうか。

名称 浜名湖ガーデンパーク 展望塔
住所 静岡県浜松市西区村櫛町5475-1
電話番号 053-488-1500
サイト http://www.hamanako-gardenpark.jp/parkmap/town/tower.html

2.浜名湖パルパル

浜名湖パルパル画像|PIXTA

浜名湖畔にある遊園地「浜名湖パルパル」は、小さなお子さんがいる家族連れにおすすめの観光スポット。観覧車やジェットコースター、夏にはプールの滑り台で楽しめます。とくにおすすめなのは、浜名湖の全景を望めるロープウェイ。大きすぎない遊園地なので、手軽に様々なアトラクションを楽しめます。

浜名湖パルパル画像|PIXTA

浜名湖パルパルの中で最も遊園地ならではの迫力を楽しめるのが、メガコースター「四次元」。180度反転して下降するツイストダイブ、直線ラインを360度きりもみ回転走行するブーメランターンなど、複数の絶叫ポイントがあります。ジェットコースター好きには、おすすめのアトラクションです。

名称 浜名湖パルパル
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町1891
電話番号 053-487-2121
サイト http://pal2.co.jp/

3.浜松市動物園

浜松市動物園画像|PIXTA

散歩しながら動物を見られる開放型の「浜松市動物園」。ゾウやキリン、ヤギといった動物に出会えます。特に飼育している動物の種類が非常に多いのも特徴。特に、日本で唯一絶滅危惧種のゴールデンライオンタマリンを観ることができるのが魅力的です。

浜松市動物園画像|PIXTA

ゴールデンライオンタマリンは黄金色の毛に包まれており、顔の周辺に雄ライオンのようなたてがみ状の毛が生えているサルです。元々はブラジルの熱帯雨林に生息するサルでしたが、森林伐採と乱獲により絶滅危惧種に指定されています。ここだけの動物を見に訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 浜松市動物園
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町199
電話 053-487-1122
サイト http://www.hamazoo.net/index.php

4.浜名湖ガーデンパーク

浜名湖ガーデンパーク画像|PIXTA

浜名湖畔のそばにある「浜名湖ガーデンパーク」。浜名湖の美しい自然と開放感は散策にぴったりな場所です。広い芝生場や大型遊具もあり、老若男女だれもが楽しめます。園内は、街のエリアと里のエリア、西側エリアの3つのゾーンに分かれています。ガーデンパークは、四季によって色とりどりの花が咲き、春にはキンギョソウやクリスマスローズ、秋にはコスモスやツルバキアが見られます。

浜名湖ガーデンパーク画像|PIXTA

ガーデンパーク内には、様々な名所があります。シンボルとして知られている展望塔や虹の滝、イベント広場などどの場所も魅力的。遊覧船で巡るガーデンクルーズは、ガーデンパークにいる動植物の説明を聞きながら、ゆったりと園内を眺めることができます。

名称 浜名湖ガーデンパーク
住所 静岡県浜松市西区村櫛町5475-1
電話番号 053-488-1500
サイト http://www.hamanako-gardenpark.jp/

5.遠州灘海浜公園球技場

遠州灘海浜公園球技場画像|PIXTA

球技場にほかに芝生広場や子供がよろこぶ遊具広場や観察園などがある「遠州灘海浜公園球技場」。美しい自然に囲まれた公園の開放的な空間で、のんびりとした1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。
遊具広場には、幼児用の遊び場やすべり台が揃っています。数種類の滑り台があるため、異なる楽しみ方が味わえます。

遠州灘海浜公園球技場画像|PIXTA

遠州灘海浜公園は、「石人の星公園」と呼ばれるほど石像で有名な公園です。公園内の入口広場には石人のモニュメントが、憩いの広場にはモアイ像があります。また、サイクル広場では、誰でも無料で自転車に乗れます。徒歩や自転車などで、モニュメントや広場の自然をゆっくりと眺めてみてください。

名称 遠州灘海浜公園球技場
住所 静岡県浜松市南区江之島町白鳥山1706
電話番号 053-442-6775
サイト https://www.enshunada.com/

6.浜北森林アスレチック

浜北森林アスレチック画像|PIXTA

正統派アスレチックで遊べる「浜北森林アスレチック」。ここは、お子様から大人まで楽しみながら身体を動かして過ごせます。「浜北森林アスレチック」の醍醐味と言えば、40種類のアスレチック。大自然の中、これらのアスレチックをかけ巡ることができます。大人が手こずるほど難易度の高いアスレチックなどもあるため、40のアスレチックを全て攻略する頃には、達成感も味わえます。

名称 浜北森林アスレチック
住所 静岡県浜松市浜北区尾野2615-5
電話番号 053-582-2211
サイト https://www.hamamatsu-gl.com/

7.浜松駅

浜松駅画像|PIXTA

浜松の玄関口「浜松駅」。最初に開通したのは1888年で、太平洋戦争時の空襲で駅舎は焼け落ちてしまいましたが、戦争が終わってから3年後に再建されました。今や人口70万の政令指定都市浜松市を支え、新幹線もとまる程に大きなターミナル駅です。駅とつながっている商業施設「MAY ONE」ではショッピングやレストランなども楽しめますので、浜松駅を訪れた際にはぜひ行ってみてください。

名称 浜松駅
住所 静岡県浜松市中区砂山町6-2

8.浜松城

浜松城画像|PIXTA

この「浜松城」は、徳川家康が17年間在城し、多くの歴代の城主が江戸幕府の重役に就いたことから「出世城」とも言われています。この城で家康は天下取りの野望を目指し、城主として拠点にした17年で三方ヶ原の合戦といった4度の戦を潜り抜けました。

浜松城画像|PIXTA

浜松城は様々な見どころがある歴史スポット。天守閣の中には家康や浜松に関する歴史的な資料や、武具などが展示されています。場内に展示されている家康像は、あの織田信長に劣らぬほど勇ましい姿でまさに歴戦の戦国武将。浜松はもちろん、天下人である「徳川家康」の歴史も学ぶことができるスポットです。

名称 浜松城
住所 静岡県浜松市中区元城町100-2
電話番号 053-457-0088
サイト http://www.entetsuassist-dms.com/hamamatsu-jyo/

9.舘山寺温泉

浜松城画像|PIXTA

浜名湖を一望できる場所にある「舘山寺温泉」。1958年に開かれた温泉街で、浜名湖随一の休憩スポットとして有名。この温泉街は、舘山寺の地を一つの観光地とすべく立ち上がった有志によって、築かれました。

浜松城画像|PIXTA

また、毎年7月には「かんざんじ温泉灯篭流し花火大会」が開催され、多くの人で賑わいます。2千基の灯篭と3千発の花火は一見の価値があります。ここ浜松ならではの夏を堪能してみてください。

名称 舘山寺温泉
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町1832-1
電話番号 053-487-0152
サイト http://www.kanzanji.gr.jp/

10.舘山寺

浜松城画像|PIXTA

旅する人々の心を清める寺として弘法大師が開創したといわれる「舘山寺」。湖面から約30mの高さでは、打鐘が体験できます。素晴らしい景色と共に響き渡る音色に癒されてみてください。

浜松城画像|PIXTA

舘山寺の付近にある弘法穴古墳は、古墳時代後期建造とされる史跡。横穴式石室が特徴な古墳で、弘法大師空海が修行のためにここに篭ったとされています。浜松のロマンを味わえる遺跡なので、舘山寺観光の際には寄ってみてください。

名称 舘山寺
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町2231
電話番号 053-487-0107
サイト http://kanzanji.net/

自然を楽しめるスポット5選

1.中田島砂丘

中田島砂丘画像|PIXTA

東西4km、南北6kmに渡って広がる日本三大砂丘の1つ「中田島砂丘」。近くには「サンクチュアリネイチャーセンター」があり、ウミガメのネイチャーギャラリーや喫茶もあります。運が良ければ、初夏から秋にかけてアカウミガメの産卵を見ることができるかもしれません。

中田島砂丘画像|PIXTA

中田島砂丘で見られるものはウミガメだけではありません。1番の見どころは鳥取砂丘と並ぶ広さ。広々とした砂浜はまるで砂の大地のよう。砂丘のいたるところには風紋が見られます。なめらかな線が数多く形成される砂のアートは、まさに絶景。また、この広い砂丘では、綺麗に日の出や夕日を望めます。

名称 中田島砂丘
住所 静岡県浜松市南区中田島町1313
サイト https://hamamatsu-daisuki.net/keyword10/dune.html

2.竜ヶ岩洞

竜ヶ岩洞画像|PIXTA

鍾乳洞の「竜ヶ岩洞」。中には、滝や滝壺、天井から水が勢いよく流れ落ちるなど、鍾乳洞には珍しい光景を楽しめますよ。夏には天然クーラーがひんやり心地よくスッキリします。滑りやすくなっているため、こちらには滑りにくい靴でお出かけされることをおすすめします。

竜ヶ岩洞画像|PIXTA

竜ヶ岩洞観光で必ず鑑賞してほしいポイントは、黄金の大滝。高さ30メートルの天井から噴出する水しぶきは圧巻。地底の滝とは思えないほど、流れる水が多いです。黄金の大滝は洞窟ルートのちょうど中間に存在します。他にも鳳凰の間やヘチマフローストン、ワニの岩などおすすめポイントがあります。

名称 竜ヶ岩洞
住所 静岡県浜松市北区引佐町田畑193
電話番号 053-543-0108
サイト http://www.doukutu.co.jp/

3.弁天島

弁天島画像|PIXTA

多くの旅館や別荘が建ち並ぶ「弁天島」。観光シンボルタワーでもある大鳥居の周辺は、潮干狩りの名所として有名です。春になると毎年多くの観光客が訪れます。大鳥居は、浜名湖に浮かぶ絶景の宝庫。毎年11月から1月にかけて、鳥居に囲まれる夕日を鑑賞できます。

名称 弁天島
住所 静岡県浜松市西区浜名湖

4.浜名湖

浜名湖画像|PIXTA

浜松に来たら外せないスポット、「浜名湖」。朝夕の美しい姿はもちろん、遊覧船も運航されているので、湖上散策も楽しむことができますよ。遊覧船からみる浜名湖は超絶景ポイント。日本で10番目に大きい湖の光景は、圧巻。移動手段としても、絶景を堪能するサービスとしても遊覧船はおすすめ。浜名湖を訪れた際はぜひ体験してみてください。

名称 浜名湖
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町

5.佐久間ダム

佐久間ダム画像|PIXTA

日本屈指の巨大ダムである「佐久間ダム」。コンクリートダムの中でも日本第9位の高さを誇ります。展望台からは、雄大なダム全体を見渡せます。また、佐久間ダムについて詳しく学習できる佐久間電力館もあります。ダムの仕組みや建設の過程を詳しく紹介されています。

佐久間ダム画像|PIXTA

佐久間ダムは、「竜奥三河国定公園」に指定されています。日本初の大規模な土木機械を導入したこと、土木業界に大きな影響を与えた大ダムとして歴史的な価値も高いことで知られています。山々に囲まれた存在感溢れるダムを一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

名称 佐久間ダム
住所 浜松市天竜区佐久間町佐久間2552-3
サイト https://www.jpower.co.jp/damcard/sakuma.html

子供から大人まで楽しめる博物館・美術館3選

1.秋野不矩美術館

秋野不矩美術館画像|PIXTA

緑に囲まれた丘の上にある「秋野不矩美術館」。浜松市出身の文化勲章受賞者である、日本画家の故秋野不矩の作品を常設展示してあります。自然素材を多く取り入れた、とても美しい美術館です。館内では、靴を脱いで絵画を見る特殊なスペースも。秋野不矩とは、1908年に浜松の地で生を受けた日本画家。彼女が今までに描いたものは、寺院やガンジス川、インドの人々など異国情緒あふれるものです。彼女の作品を心ゆくまで堪能したい方は、この「秋野不矩美術館」を訪れてみてください。

名称 秋野不矩美術館
住所 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣130
電話番号 053-922-0315
サイト https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/akinofuku/

2.浜松広報館

浜松広報館画像|PIXTA

別名エアパークとして人気の「浜松広報館」。飛行機とヘリコプターの展示館は数多くの展示品で、思わず息をのむほど。大人気のブルーインパルスのミニシアターは、3Dの大迫力です。入場料が無料なのも魅力的なポイント。

浜松広報館画像|PIXTA

広報館の中でも人気の体験が、フライト・シミュレーター。本物のパイロットのように操縦した気分になれます。他にはフライトスーツ試着が人気。フライトスーツに着替え、ヘルメットを頭に被れば、気分は本物のパイロットそのもの。普段は味わえないパイロット気分を味わえます。

名称 浜松広報館
住所 静岡県浜松市西山町無番地 航空自衛隊 浜松基地 浜松広報館
電話番号 053-472-1121
サイト http://www.mod.go.jp/asdf/airpark/

3.スズキ歴史館

スズキ歴史館画像|PIXTA

自動車でおなじみスズキの、創業から現在までのクルマづくりを展示している「スズキ歴史館」。普段は見ることができない、産業ロボットがドアを運ぶ様子などは子どもたちならず、大人も記憶に残る時間になることでしょう。また開発ゾーンでは、企画・設計などの風景をリアルに学べます。事前予約が必要ですが、その代わり入館料は無料なので、予約さえすれば誰でも入場可能です。

スズキ歴史館画像|PIXTA

スズキの歴史を学べるのが、3階・ものづくりの歴史というフロア。見どころは、スズキの初代社長である鈴木道雄が若き日に製作した手作り足踏織機。自動車工場のイメージがあるスズキですが、創業時に織機を製造していた過去も知ることができます。当時製造された織機は需要が高く、非常に高い人気を誇っていました。世界に進出するほどの大企業になったスズキの歴史を学ぶにはおすすめの場所です。

名称 スズキ歴史館
住所 静岡県浜松市南区増楽町1301
電話番号 053-440-2020
サイト http://www.suzuki-rekishikan.jp/

絶景と歴史あふれる浜松

浜松は都内からもアクセスが良く、のんびりとした休日を過ごすのにピッタリのエリアです。様々な観光スポットがあるため、子供から大人まで満喫することができます。次のおでかけは、ぜひ浜松に行ってみてください。

TOP画像出典:PIXTA

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

おすすめ記事

人気記事