最終更新日時 2019/07/17

涼やかな風に優雅な風景が広がる浜名湖。その辺りには遊園地を始めとして、航空自衛隊のテーマパーク、美しい花々が見られる公園など様々なスポットがあります。この記事ではそんな浜名湖の観光情報をお届けします!

浜名湖周辺の定番スポット5選

1.航空自衛隊浜松広報館 エアーパーク

AirPark

館内は「展示資料館」、「全天周モニター」、「展示格納庫」の3つ施設で構成されており、それぞれの建物で自衛隊の装備品展示や歴代ブルーインパルスの実物展示を見ることができます。館内には展示パネルなどの説明資料も多く、予備知識がなくても楽しむことができます。「展示格納庫」では可動式の本格的な「フライト・シミュレータ」も容易されており、こちらは小学生以上のお子さまであれば、当日受付で予約することで利用することができます。館内のミュージアムショップでは「広報室オリジナルのキューピー」や「浜松基地せんべい」などここだけのオリジナルグッズを販売しており、ショップ横には「浜松広報館」限定のプリクラもあります。写真撮影のサービスも実施しており、撮影用の機体の前で記念写真を撮影することができます。

画像素材|PIXTA

エアパークの見どころは、ひとつは全天周シアターでの映画「トップガン」さながらのF-15戦闘機によるドッグファイトシーンです。新田原基地の飛行共同群と俳優が出演してのフィクションドラマ仕立てになっています。もうひとつは展示格納庫で展示されている展示航空機、機体によってはコックピットに着座できる貴重な経験ができます。さらに零戦と呼ばれ親しまれている零式艦上戦闘機『五十二型』43-188号機の展示や、戦闘機のフライトシミュレータも見逃すことができません。

施設名 航空自衛隊浜松広報館 エアーパーク
所在地 静岡県浜松市西区西山町
営業時間 9:00~16:00
サイト http://www.mod.go.jp/asdf/airpark/

2.浜名湖ガーデンパーク

Rose, バラ,

地域の学校や企業の協力の元、多くのボランティアの手で作られた都市公園です。園内面積は約57ha、東京ドーム10個分と広大で、浜名湖の景観と植物とのコントラストを楽しみながら散策するのにおすすめのスポットです。4月上旬には展望台横の3,000㎡の花畑に青々としたネモフィラの花が広がり、7月には同じ場所に黄色い向日葵の花畑が広がるなど、季節ごとに色とりどりの景色を見ることができます。特に5月~6月に「花の美術館」で見どころを迎えるバラの庭園は「印象派の絵画の中にいる」かのような美しさを誇ります。夏場には水遊びに利用できる広場や子ども向けの広場もあるので、子ども連れのピクニックなどにもおすすめです。

画像素材|PIXTA

浜名湖ガーデンパークは2004年に開催された浜名湖花博会場を再整備して開園された公園です。園内は西側エリア、街のエリア、里のエリアの3つに分かれています。西側エリアは広々とした芝生広場がメインとなっています。街のエリアは『「にぎわい」の空間』、里のエリアは『「落ち着き」の空間』となっています。園内を貫いている東西水路には、花博で人気を博した「いろどりクルーズ」が再登場しているので、運行日なら是非とも遊覧船ガーデンクルーズを楽しみたいものです。

施設名 浜名湖ガーデンパーク
所在地 静岡県浜松市西区村櫛町5475−1
営業時間 8:30~17:00
サイト http://www.hamanako-gardenpark.jp/

3.はままつフラワーパーク

イルミネーション - はままつフラワーパーク

四季折々の花が見られる公園です。園内はソメイヨシノやチューリップなどの花が咲き誇り、「フラワートレイン」というバスも走っています。こちらのバスはどんなに迷っても入り口まで運んでくれる優れもので、足元の悪い方やお年寄りにおすすめです。春には夜桜のライトアップやフォトコンテストも実施されます。

画像素材|PIXTA

およそ3,000種類もの草木があるフラワーパークでは、夏はアジサイ、ハナショウブやハスが咲き、ホタルを見ることもできます。秋にはバラ、キク、ベゴニアなど、冬はロウバイにウメ、温かい静岡県なので1月上旬からナノハナが咲き並びます。1年中美しい花を楽しむことができるフラワーパークは、浜松動物園に隣接していて、動物園といっしょに楽しむのが一番です。動物園とのセット券を利用して、正門から入って「フラワートレイン」で園内一周して、正門からのんびり散策しながら花を楽しみながら動物園へと向かうのがオススメです。

施設名 はままつフラワーパーク
所在地 静岡県浜松市西区舘山寺町195番地
営業時間 9:00~21:00
サイト https://e-flowerpark.com/

4.浜松城

Hamamatsu castle

「浜松城」は徳川家康が武田信玄を迎え討つために作られ、以来、徳川家康が17年間に渡って居城した出世城として知られています。現在でも「曲輪」や野面積みで作られた石垣に戦の名残を見ることができます。城内には家康や城下町浜松の資料を展示しており、特に1階の「徳川家康の3D像」は必見の出来です。こちらは30歳前後の家康を等身大で再現したもので、彼の手相やしわ、毛穴の細部まで再現した屈指の完成度を誇ります。天守閣からは浜松市の風景を一望することができ、晴れた日には東に富士山を見ることもできます。城の周りにある公園内にある日本庭園は深山式の回遊庭園で、春には桜、秋には紅葉を鑑賞することができます。

画像素材|PIXTA

織田信長の天下統一に同盟軍として働くと共に東方の守りを分担したのが徳川家康で、武田信玄の駿河進出、さらに上洛への対応のために築城されたのが浜松城です。家康は元亀元年(1570)から天正14年(1586)まで居城とし、激動の戦国時代を戦いに明け暮れて天下の覇者となる礎を作ったのがこの城です。歴史的に重要な城である浜松城には、意外にもファンタジックなものを見ることができます。およそ450年前に造られたお城の石垣にハートの形をした石。歴史を感じると共にハートの石を見つけてちょっとしあわせな気分になりましょう。

施設名 浜松城
所在地 静岡県浜松市中区元城町100−2
営業時間 8:30~16:30
サイト https://www.entetsuassist-dms.com/hamamatsu-jyo/

5.舘山寺

観光地の名にもなったお寺である「舘山寺」。「舘山寺」は小さなお寺ですが、地域の方々の厚い信仰心によって観光エリアとされるほどに栄えており、温泉や公園といった様々な周辺施設も楽しむことができます。高台を登ると、そびえ立つのは立派な本堂。観音様と弘法大師が修行した古墳の跡もあり、見所が多かったです。高い場所に位置するため、本堂からは雄大に広がる浜松湖が眺められ、湖を緩やかに進むクルーズ船も見えます。

本堂には県下でも最大級の鐘が有り、それを自分で鳴らす事が出来ます。また、本堂は浜名湖に向かって突き出た特殊な地形の場所にあり、裏の山が散策できるようになっています。天気が良ければ景色の良い展望台や水辺まで降りて行けたり……自然の息吹を感じることができることでしょう。お時間がありましたら、ぜひ散策をおすすめします。駐車場もあり、車で来る方にもオススメのスポットです。

名称 舘山寺
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町1832-1
営業時間 7:00〜18:00
サイト https://www.kanzanji.gr.jp

浜名湖周辺でお子様連れにおすすめのスポット5選

1.うなぎパイファクトリー

うなぎパイは昭和36年にウナギのエキスをブレンドして作られた銘菓で、こちらはその製造工場です。うなぎパイの製造過程を見学することができる他、館内のシアターではマスコットキャラクターの「うなくん」が知られざるうなぎパイの秘密を子どもにも分かりやすく解説してくれます。要予約ではありますが、工場内をコンシェルジュが案内してくれる「スマイルツアー」も実施しており、ユーモアたっぷりの解説を聞きながら見学することもできます。館内のカフェではうなぎパイを使った様々なスイーツメニューが提供されており、ひと味違った銘菓の味わいを楽しむことができます。直売店ではうなぎパイの他にも、「うなくん」グッズや季節限定の銘菓を購入することができます。

画像素材|PIXTA

浜松と言えば「うなぎ」ということから、姿、生地作り、そして秘伝のタレに工夫を重ねて、うなぎパイは作り始められました。「夜のお菓子」というキャッチフレーズで全国的に知られた銘菓は、今でも浜松のお土産の定番となっています。うなぎパイファクトリーの工場見学では、手造りにこだわったほぼ製造開始当時のままという手作業の生地作りにはじまる工程を見学することができます。うなぎパイカフェでは、季節限定メニューをセットの静岡茶といただくのがオススメです。

施設名 うなぎパイファクトリー
所在地 静岡県浜松市西区大久保町748−51
営業時間 9:30~17:30
サイト http://www.unagipai-factory.jp/

2.浜名湖パルパル

左のが新しい観覧車「湖空」

浜名湖の周辺にあるリゾート型の遊園地です。ファミリー向けのものを中心に、小さな子どもでも楽しめるアトラクションが充実しているのが特徴です。全30種類のアトラクションのうち、2歳で12個、3歳で24個のアトラクションに搭乗することができます。誕生日には園内放送で誕生メッセージを読み上げてくれるサービスも実施しています。園内には「かんざんじロープウェイ」の発着駅もあるので、そのまま「浜名湖オルゴールミュージアム」と「大草山展望台」にも行くことができます。「浜名湖パルパル」は再入場することもできるので、周辺の施設を観光してから夕方に大観覧車に乗りに帰ってくるなんて遊び方も良いかもしれませんね。

Jungle Mouse / ジャングルマウス at Hamanako Pal Pal / 浜名湖パルパル

浜名湖パルパルは舘山寺温泉の中にあるので、パルパルで一日アトラクションを楽しんだあとは、温泉でリフレッシュすることができます。パルパルに直結しているオフィシャルホテルはもちろん天然温泉があり、隣接して日帰り入浴施設もあるので気軽に温泉気分が楽しめます。せっかくの浜名湖湖畔なので、園内アトラクションのパルクルーズで浜名湖遊覧をしましょう。もっと浜名湖を楽しみたいなら、隣接している浜名湖マリーナで湖上を豪快にクルージングするスピードボートや免許無しで楽しめるパルチューなどのマリンレジャーはいかがでしょうか。

施設名 浜名湖パルパル
所在地 静岡県浜松市西区舘山寺町1891
営業時間 10:00~16:30
サイト http://pal2.co.jp/

3.浜松市動物園

浜松市動物園 - Hamamatsu City Zoo

こちらは創業60年を数える老舗の動物園です。園内にはアメリカンバイソンやユキヒョウ、ヨーロッパオオカミなど一風変わった動物が飼育されており、中でもゴールデンライオンタマリンは日本で唯一、この動物園のみで飼育されている動物です。こちらは黄金の毛に覆われた小型のサルで絶滅危惧種にも指定された希少な動物です。親子だけでなく、大人の仲間同士でも餌を分け合う習性を持っており、給餌時間には餌を分け合う微笑ましい光景を見られることもあるようです。鳥類に関しても世界中から珍しい種類のものを集められており、エミューやヒメコンドル、ショウジョウトキなどを見ることができます。土日に実施されているイベントではカンガルーやニホンザルに餌やり体験をすることもできます。

20121209_143114_hamazooTKN_02

浜松動物園の希少な動物はゴールデンライオンタマリンだけではなく、タマリンと同じように絶滅危惧種に指定されているユキヒョウのペアも飼育されています。様々な動物のペアリングと繁殖に成功している動物園なので、ペアリングを目的にして2018年2月から飼育開始となりました。ユキヒョウはその名の通り毛色が白やクリーム色をしたヒョウで、オスのコハクが名古屋市東山動物園、メスのリーベが札幌市丸山動物園からやってきたものです。可愛い赤ちゃんの誕生に期待し、無事に公開されたら是非会いに行きましょう。

施設名 浜松市動物園
所在地 静岡県浜松市西区舘山寺町199
営業時間 9:00~16:30
サイト http://www.hamazoo.net/

4.はままつフルーツパーク時之栖

「フルーツパーク時之栖」は敷地面積約43万㎡、東京ドームにして9個分にも及ぶ広大な敷地で、160種4000本以上の果樹を栽培しているファミリー向けのフルーツパークです。四季折々の味覚を様々な形で味わうことができることから、子どもから大人まで幅広い世代に高い人気を集めています。様々な果実を見て、触って、味わうことで、果実をより身近にかんじることができます。

子ども向けアクティビティ、イルミネーションなど、フルーツパークの魅力は果物狩りだけではなく充実した他アトラクションにもあります。特に巨大な滑り台は子どもに大人気で、リピート間違いなし。何度でも滑っていられます。遊具の近辺には広い芝生もあるので、シートを広げてお弁当を食べたりするのも良いでしょう。また、夜まで楽しいスイーツパークと言われるように、リーズナブルなバーベキューやフルーツワインが楽しめるワインカーブなど、大人向けのスポットも多くあります。

名称 はままつフルーツパーク時之栖
住所 静岡県浜松市北区都田町4263-1
営業時間 9:00~18:00
営業時間は季節によって変動します。
※果物の収穫スケジュールについては必ず事前にご確認ください。
サイト http://www.tokinosumika.com/hamamatsufp/

5.トランポリンパーク浜松

「トランポリンパーク浜松」は、アクティビティな子ども向けのパークです。中央には大きなキッズエリアがあり、どの時間帯でも多くの子どもたちで賑わい、楽しそうに遊んでいます。2階の観覧席では場内を見渡すことができ、ちょっと疲れたなと思ったら、トランポリンで遊ぶ子どもたちを座りながら見ることができます。子どもの遊び場ではありますが、年齢問わず歩き始めた小さなお子さんからお年寄りまで全ての人が楽しめる親切な設計となっています。子ども達と一緒になって遊んでくれたり、トランポリンの色々な跳び方を教えてくれたりと、スタッフの方々も親切で良い人ばかりです。

トランポリンの他にも、高い所から飛び込めるスポンジプールやVRゲームのカヌー体験、初心者でも安心なボルタリングや大きな滑り台やなどがあり、想像を超える楽しさに大人も子どもも大はしゃぎ間違いなし!大人も子どももアクティブに遊べる楽しい場所です。電車やバス、車でのアクセスも良く、家族で浜松を訪れた際は遊びに行ってみるのも良いでしょう。

名称 トランポリンパーク浜松
住所 静岡県浜松市中区高丘北3-1-2
営業時間 9:00~21:00
平日(長期休暇を除く)は13時開店。
サイト https://tpark.jp

浜名湖周辺の穴場スポット5選

1.竜ヶ岩洞

hamamatsu_20150921093412

「竜ヶ岩洞」は2億5千年に形成された総延長1000メートル以上の鍾乳洞です。最深部ではカルシウムを豊富に含んだ天然アルカリイオン水も湧き出しており、売店で「天恵の水」として購入することができます。洞内は年間を通して18度に保たれており、鳳凰やワニといった様々な動物を模した岩を見ることができます。鍾乳洞最大の見どころ「黄金の滝」は落差30メートルの大滝で、地底滝としては日本最大の規模を誇ります。夏場には近隣に竜ヶ岩洞あゆ狩り園もオープンし、合わせて楽しむことができます。

hamamatsu_20150921095704

竜ヶ岩洞では狭い通路を奥へ奥へと洞くつ探検気分を楽しみながら、珍しい形をした鍾乳石を眺め、天から流れ落ちるような滝を見るために最奥部へと進んでゆきます。地底への洞くつ探検のあとは、竜ヶ岩洞から流れ出る天然冷風と洞内水で足水が楽しめる「ようきた洞」で一休みも暑い夏にはオススメです。夏場にオープンする「あゆ狩り園」は、あゆのつかみ取りが楽しめるもので、30分間つかみ取り放題、捕まえた鮎だけ鮎の塩焼きが味わえるというものです。

施設名 竜ヶ岩洞
所在地 静岡県浜松市北区引佐町田畑193
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.doukutu.co.jp/

2.浜名湖オルゴールミュージアム

浜名湖オルゴールミュージアム

100年前のアンティークオルゴールやオートマタ、自動演奏オルガンなど珍しい自動演奏楽器を集めたミュージアムです。展示数は70点以上にも上り、「コンサートホール」では解説員による演奏を鑑賞することができます。こちらの演奏会は担当する解説員や時間帯によっても内容が変わるので繰り返し聞いてみるのもおすすめです。手作り体験工房ではオルゴール作り体験も実施しており、ポップやクラシックなどお好きな曲を組み込んだ世界に一つだけのオルゴールを作ることができます。ミュージアムにアクセスするロープウェイは「浜名湖パルパル」にも繋がっているので合わせて訪れてみてください。

画像素材|PIXTA

浜名湖オルゴールミュージアムは浜名湖湖畔の大草山山頂にあり、ミュージアムの屋上は大草山展望台となっていて無料開放されています。展望台からは360度のパノラマで浜名湖や浜松市街、富士山などの景色が楽しめ、特に夕暮れ時は絶景の浜名湖を眺めることができます。展望台にはオルゴールの原点とされるカリヨンがあり、毎時00分に季節と時間に合わせた音色を奏でます。ミュージアムのある舘山寺温泉は、浜名湖かんざんじ温泉として「恋人の聖地」になっていて、展望台にはプレートが設置されています。

施設名 浜名湖オルゴールミュージアム
所在地 静岡県浜松市西区舘山寺町1891
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.hamanako-orgel.jp/

3.龍潭寺

井伊直虎ゆかりの地として知られており、寺院内には「井伊家霊屋」や井伊直弼の母の住んでいた「松岳院跡」などの史跡を見ることができます。文化財としては「龍潭寺屏風 遊楽之図」や「旭英筆 龍の図」などが展示されており、企画展示では国指定の重要文化財「宋版錦繍万花谷 金沢文庫」が展示されます。

龍潭寺

龍潭寺は名門井伊家発祥の地にあり、平安時代にはじまる井伊家40代の菩提寺となっている臨済宗妙心寺派の寺院です。龍潭寺は井伊家ゆかりの寺院としてだけでなく、小堀遠州が作庭された庭園は「竜潭寺庭園」として国指定名勝となっています。春のさつき、秋のどうだんつつじなど、四季折々に趣のある景観を楽しませてくれます。また、本堂には東照宮の「眠り猫」の作者として知られる名工、左甚五郎作の「竜の彫刻」や「鶯張りの廊下」があります。

施設名 龍潭寺
所在地 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989
営業時間 9:00~16:30
サイト http://www.ryotanji.com/

4.浜松八幡宮

樹木が生い茂る鎮守の森に静かに佇む「浜松八幡宮」は、浜松の市街地にある歴史ある八幡宮として知られています。短いながらも松の並木のある表参道があり、荘厳な雰囲気を味わうことができ浜松の歴史スポットとしては浜松城とともに一見の価値がある場所です。境内はおよそ4,500坪にもわたり、先人達が祭りの歴史を綿々と伝えて来た場所とされており、従来の祈祷に加えて車の祈祷も行っているため、不思議な空間を楽しむこともできます。

この八幡宮は徳川家康とも縁があり、徳川家康公が祈願所として武運長久を祈ったとされる伝えや、境内前にある天然記念物である、非常に大きく樹齢を感じさせられる楠の木「雲立の楠(くもたちのくす)」が悠然と伸びています。この木は三方ヶ原の戦いにおける家康公との逸話に登場しますが、実物を目の前にすると、流石の大きさに感動します。青々とした木々のそれぞれに、非常に新鮮な空気を感じることでしょう。

名称 浜松八幡宮
住所 静岡県浜松市中区八幡町2
営業時間 9:00〜17:00
サイト http://www.hamamatsuhachimangu.org

5.方広寺

「方広寺」は”世の人々の苦しみや災難を除く権現様”として、鎮守に奥山半僧坊大権現が祀られている禅宗の臨済宗方広寺派の大本山です。境内には奥山半僧坊の化身とも呼ばれる”半僧杉”がそびえ立ち、黒門、五百羅漢、開山堂・観月院・奥の院など建物も多くあり、宿泊研修や食事もできる施設もあります。お寺を楽しむだけで、あっという間に1日が過ぎてしまいそうです。

本堂内部はとても広く、御本尊や裏庭にある庭園などを見て回るのが楽しみどころです。特に、お堂の梁に施された上り龍と下り龍の彫刻は緻密かつ壮大で大変見事なものです。本堂では実際に坐禅や写経を体験することもでき、従来のお寺見学では味わえない楽しみ方が方広寺にはあります。

名称 方広寺
住所 静岡県浜松市北区引佐町奥山1577-1
営業時間 9:00〜16:00
サイト http://www.houkouji.or.jp

浜名湖周辺の定番グルメ5選

1.清水屋

うなぎ店の多い浜松でも、特に人気を誇るのがこの「清水屋」のウナギ。県内外からたくさんの支持を集めており、常連の方も多く店内には芸能人のサインが数多く飾られています。深めのお重で提供される鰻重は丸っこくて肉厚、とても食欲をそそられます。いざ一口頂けば、弾力がありとても新鮮で脂の乗りもとてもいいウナギですが、おいしさは何と言ってもしっかりした食感。お茶も味わい深く、ほっこりします。

厚みのあるウナギに対してごはんの炊き加減も絶妙で、しっかり強めのタレとの相性も抜群!途中で香りも味わいもピリッと、山椒をかけて味わいに彩りを持たせても良いかもしれません。肝吸いは出汁と塩分のバランスがよくスッと頂けてしまいます。お値段もウナギの平均的な価格からは少し低めで、満足感を味わいやすいです。店員さんもフレンドリーで、アットホームな雰囲気の中ご飯を楽しめます。

名称 清水屋
住所 静岡県浜松市北区細江町気賀238-2
営業時間 11:00~18:00(売り切れ次第終了)
水曜日(その他月1回連休あり)
サイト http://shimizuya-unagi.com

2.みかん工房 三ヶ日店

「みかん工房」は、近年流行りの甘いかき氷屋が味わえるお店です。かき氷は食いしん坊から見ても、その大きさにびっくりするほど!粗く削った氷が綺麗な山となっており、その上に自家製のオレンジピールとみかんの甘い蜜がかかってます。追い蜜やみかんのシロップ漬けなどかき氷のカスタマイズも可能で、オススメは100円プラスで頂ける、お店こだわりの練乳。甘いもの好きなら誰もが満足することでしょう。静岡は有名なみかんの生産地ということで、新鮮なみかんの蜜はとても味わい深い!最後まで飽きることなくいただける、すっきりとした甘さが特徴です。

みかんだけでなく、宇治金時やイチゴのかき氷といったメニューもあり、どれも美味しそうで迷ってしまいます。いちごのつぶつぶと甘さ、果実感が感じられるシロップはとても美味しく、これまた練乳がとてもマッチします。デートや女子旅といった、複数で卓を囲める機会にいろいろな種類のかき氷を注文し、いろいろな味をシェアするのも楽しいですね。

名称 みかん工房 三ヶ日店
住所 静岡県浜松市北区三ヶ日町三ケ日276-1
営業時間 10:00~16:00
サイト http://www.mikan-kobo.com

3.お菓子の森

「お菓子の森」は、ぬくもりの森という施設の中にあるケーキの美味しいお店です。店内はアンティーク調を意識したようなメルヘンな世界観が特徴。お店を見渡すと、白で統一されたイートインスペースや、小さな家具や照明もアンティーク調に改良されているといった拘りが見られます。中庭のテラスでもティータイムを楽しむことができ、落ち着いたバックミュージックを聴きながら美味しいケーキをいただけます。

ショーウインドウには美味しそうなケーキが並び、中でもオレンジスフレチーズケーキやカシスムースといったケーキは絶品の一言です。オレンジスフレチーズケーキは柔らかく上品な味わいで、濃過ぎない甘さがクリームと抜群に合っています。一方ムースケーキは濃厚なムースのさっぱりとした甘さと生クリームやスポンジケーキとのバランスが絶妙なマッチングです。アールグレイティーなど、紅茶と一緒にいただくととても甘さが引き立つことでしょう。

名称 お菓子の森
住所 静岡県浜松市西区和地町2949
営業時間 10:30~18:30
サイト http://www.nukumori.jp/okashinomori/

4.旬菜庵 いつき

「旬菜庵いつき」は州上島駅から徒歩5分の場所にある、和食が楽しめるお店です。、大将自らがこだわりを持って厳選した、地元の採れたて新鮮な魚介類を中心に旬の食材を使った料理が存分に味わえます。ランチだけでなく、夜は美味しい日本酒がメニューに入るため、どんな時間でもふらりと訪れて気軽に美味しい和食が楽しめます。店内の心地いいジャズを聴きながら、一人で、あるいは仲間と素敵な食卓を囲むのが楽しそうです。

四季折々の鮮魚を盛り込んだ刺身盛り合わせや京食材を使った一品、和牛サーロイン富士山溶岩石焼など、多彩な料理が味わえます。大将厳選のほどよく脂の乗った魚は、お酒との相性も抜群です。店主との会話を楽しむことができたり、木のぬくもりが漂うアットホームな雰囲気のテーブル席といった、お客さんに優しい雰囲気での食事ができるのがこのお店のポイントです。

名称 旬菜庵 いつき
住所 静岡県浜松市中区上島1-26-19
営業時間 11:30~14:30、17:30~23:00
サイト http://www.syunsaian-itsuki.com

5.ミートレストランとんきい

豚カツをメインに定食メニューが楽しめるのが、こちらの「ミートレストランとんきい」。自家養豚されているだけあって、お肉やソーセージなどはジューシー、肉厚でとても美味しいです。1000円以上の定食を注文すれば、なんとキャベツ、ご飯、豚汁と手作りウインナーがおかわり自由になります。定食もなかなかにボリューミーなので、満足すること間違いなし。向かいには同社経営の、バイキング形式でご飯が楽しめる農家レストランがあるためそちらも要チェックです。

畜産会社が経営するレストランであるため、食事だけでなく新鮮な豚肉と着色料、保存料等無添加、安心安全でシンプルな材料のみで作ったソーセージ、ハム、ベーコン、ポークジャーキー、生肉といった製品を販売する直売所があります。市販品と違い、味わい深いのが製品の特徴です。浜松市内のスーパーでも購入可能ですが、直売所の方が販売種類が多いです。

名称 ミートレストランとんきい
住所 静岡県浜松市北区細江町中川1190-1
営業時間 11:00~15:00、17:00~22:00
サイト https://www.tonkii.com/restaurant/meet-r1/

浜名湖周辺のホテル・温泉10選

1. ホテルウェルシーズン浜名湖

JR浜松駅から、無料シャトルバスで約45分。浜名湖畔のかんざんじ温泉にあるのが、「ホテルウェルシーズン浜名湖」です。リゾート型遊園地浜名湖パルパルからもほど近く、家族連れにおすすめ。客室は全部で5つのタイプ。扉を開けた瞬間から、安らぎの空間が広がります。

このホテルの温泉は、ナトリウム・カルシウム塩化物温泉。保温や保湿の効果が期待でき、赤ちゃんや女性にも優しい肌触り。露天風呂のひとと季の湯は、女子旅にもうれしいシャンプーバー付きです。家族3世代で、友達との思い出つくりにいかがでしょうか。

名称 ホテルウェルシーズン浜名湖
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町1891
営業時間 チェックイン:14:00
チェックアウト:10:00
サイト https://wellseason.jp/

2. THE HAMANAKO

浜名湖を望む、湖畔のホテル「THE HAMANAKO」。客室はエレガントな洋室から、心落ち着く和室など、シーンや利用人数に合わせて選択できます。窓から見える浜名湖はお見逃しなく。夏限定で開放されるガーデンプールでは、南国気分が味わえます。

ホテルの魅力はその眺めだけではありません。経験豊富な料理長が作るフレンチは、地元産の野菜がふんだんに使用されています。味わうだけでなく、見た目も楽しめる料理は、ついつい写真を撮りすぎてしまうかも。また、露天風呂は朝5時30分からオープン。開放的な空間で、その絶景を楽しんでみませんか?

名称 THE HAMANAKO
住所 静岡県浜松市西区雄踏町山崎4396-1
営業時間 チェックイン:15:00
チェックアウト:11:00
サイト https://www.daiwaresort.jp/hamanako/index.html

3. 星野リゾート 界 遠州

浜名湖で極上のひと時を過ごしたいなら「星野リゾート 界 遠州」はいかがでしょうか。客室は全室レイクビュー。モダンな最新アメニティも完備しながら、浜松の伝統「遠州綿紬」に彩られた客室は、日々の疲れを癒すのにぴったりです。

静岡と言えば日本屈指のお茶処。お茶玉を浮かべた温泉や、季節ごとに変わるお茶に関する体験も。食事には、浜名湖のご当地グルメもたくさん。静岡の地酒と共に味わってみませんか?外国人観光客はもちろん、日本人も改めて日本の伝統とおもてなしを感じられる宿です。

名称 星野リゾート 界 遠州
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町399-1
営業時間 チェックイン:15:00
チェックアウト:12:00
サイト https://kai-ryokan.jp/enshu/

4. 舘山寺サゴーロイヤルホテル

「舘山寺サゴーロイヤルホテル」は、浜名湖畔に面したリゾート温泉旅館。まるでハワイに居るかのようなプールは、子供だけでなく大人も楽しめると評判です。家族みんなで行きたい夏休みの宿泊プランも満載。気になる方は公式HPを要チェック!

一番の見どころは、地上40mの場所に位置する古代檜の露天風呂「飛天」。視界は270度と、浜名湖の大パノラマが広がります。男女入替制となっているので、男性は満天の星空を、女性は日の出の絶景を楽しんでみてはいかがでしょうか。

名称 舘山寺サゴーロイヤルホテル
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町3302
営業時間 チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00
サイト https://www.3535.co.jp/royal/

5. ホテルグリーンプラザ浜名湖

レイクビューとバイキングが自慢の「ホテルグリーンプラザ浜名湖」。浜名湖パルパルやはままつフラワーパークからも車で20分ほどと、観光名所からのアクセスも抜群です。客室は全室から浜名湖の絶景が。大パノラマの角部屋は5部屋限定なので、早めの予約がおすすめです。

もう一つの見どころであるバイキングは、和洋中約50種類という豊富なラインナップ。ライブキッチンとなっているので、出来立ての料理が楽しめます。また、2019年7月には露天風呂も新たにオープン。湯冷めしにくいため、寒い冬にもぴったりです。

名称 ホテルグリーンプラザ浜名湖
住所 静岡県浜松市北区三ヶ日町佐久米1038
営業時間 チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00
サイト http://www.hgp.co.jp/inf/Z13/hgp/

6. ホテル九重

心安らぐ空間が広がる「ホテル九重」。館内に一歩足を踏み入れると、開放的なロビーと琴の生演奏がお出迎え。客室は様々なシーンで利用できるように、贅沢な貴賓室やリーズナブルなシングルルームも完備されています。

かつては療養のために訪れる人も多かったかんざんじ温泉。ホテル九重には2つの大浴場に20種類もの湯があるので、湯めぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか。足湯からは、浜名湖の雄大な自然が感じられます。夜には浜名湖のイブニングクルーズも運航。風情溢れた水上散歩はいかがですか?

名称 ホテル九重
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町2178
営業時間 チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00
サイト https://hamanako-kokonoe.jp/

7. 浜名湖グランドホテルさざなみ館

はままつフラワーパークすぐ隣という観光にぴったりの「浜名湖グランドホテルさざなみ館」。客室は全39室で、全室レイクビュー。風光明媚な浜名湖を眺めながらの食事は和室限定。デートや家族のお祝い事にいかがでしょうか。

海の幸をふんだんに使った料理は、海に面した温泉街ならでは。視界には浜名湖が広がる大浴場と露天風呂は、夕方がおすすめです。夕陽が反射して、温泉の水面や床が真っ赤に染まる風景はとても幻想的。色浴衣の貸し出しも行っているので、普段とは一味違った華やかなステイが楽しめます。

名称 浜名湖グランドホテルさざなみ館
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町260-1
営業時間 チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00
サイト https://hamanako.izumigo.co.jp/

8. 時わすれ 開華亭

7タイプの温泉が人気の「時わすれ 開華亭」。浜名湖が見える客室は4タイプ。展望内風呂付特別室は、バリアフリーにも対応しています。浜名湖パルパルや遊覧船、動物園などのチケット付きプランもあり、家族3世代での利用におすすめの宿です。

戦前から鎮魂の意味を込めて行われているかんざんじ温泉の灯篭流し花火大会。この宿の目の前で花火が打ち上げられるので、その姿は圧巻です。女性限定で浴衣のレンタルも行っているので、気になる方は要チェックです。

名称 時わすれ 開華亭
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町412
営業時間 チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00
サイト http://www.kaikatei.com/

9. ホテルリステル浜名湖

浜名湖の北西岸に位置する三ヶ日温泉にある「ホテルリステル浜名湖」。自家源泉のアルカリ単純泉をひいており、美人の湯としても知られています。朝は5時30分からオープンしているので、露天風呂からの日の出や太陽の光にきらめく湖水を眺めながらの入浴を楽しんでみてはいかがでしょうか。

全172室の客室は、全てレイクビュー。浜名湖随一の眺望とも言われ、シモンズ製ベッドは快眠できると話題です。また、2017年にリニューアルしたビュッフェダイニングはライブキッチン。新鮮な海の幸や出来立ての料理、作る工程など見て味わって楽しめます。

名称 ホテルリステル浜名湖
住所 静岡県浜松市北区三ヶ日町下尾奈瀬戸2251-38
営業時間 チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00
サイト http://www.listel-hamanako.jp/

10. 山水館 欣龍

かんざんじ温泉最古の歴史を誇る「山水館 欣龍」。1919年に割烹旅館「山水楼」として創業を開始。1923年に名前を変え、旅館となりました。与謝野晶子もこの宿を訪れ、その時に読んだ句がフロントに飾られています。

客室は4階から8階まで。全室から浜名湖が見え、近くの山は一年を通して様々な姿を見せてくれます。料理はかつて割烹旅館だったこともあり、創業当初から受け継ぐ伝統の味。また、1階の大浴場は総檜造り。その香りと湯けむりで、旅の疲れを癒してみませんか?

名称 山水館 欣龍
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町2227
営業時間 チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00
サイト https://www.sansuikankinryu.com/

浜名湖周辺のうなぎ屋10選

1. 炭焼うなぎ 加茂

天竜浜名湖鉄道東都筑駅から徒歩3分の「炭焼うなぎ 加茂」は、食べログのうなぎ百名店2019にも選ばれる超人気店。うなぎ特有のにおいもせず、皮はパリッと、中はふわふわのうなぎは、食べれば人気の理由にも頷けるはず。

開店は11時ですが、超人気店なので予約は必須。開店と同時に行っても食べられないこともあるのだとか。電話予約ではなく、当日朝9時にお店で予約をするスタイルです。待ち時間までは、三ヶ日温泉やかんざんじ温泉で湯めぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

名称 炭焼うなぎ 加茂
住所 静岡県浜松市北区三ヶ日町都筑791-8
営業時間 平日 11:00~14:00
   17:00~20:00
土日祝 11:00~15:00
    17:00~20:00
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22008615/

2. さくめ

「さくめ」は、先ほどご紹介した「炭焼うなぎ 加茂」と同じく、食べログのうなぎ百名店2019に選ばれた人気店。小さめの店内には、うなぎの良い香りが漂います。一匹半のうなぎを使ったうな重の大は一番人気。ご飯が見えなくなるほどの大きさ、肝吸いもついて4,000円です。

天然のうなぎは11月から4月までなので、天然物にこだわる方はその時期がおすすめです。こちらのお店も超人気店なので、開店前に行列をつくることも。駐車場は小さめなので、車を利用の方は早めに到着しておくと良いでしょう。

名称 さくめ
住所 静岡県浜松市北区三ヶ日町佐久米724-1
営業時間 11:00~14:00
16:00~19:00
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22011080/

3. 清水家

天竜浜名湖鉄道気賀駅から徒歩5分の「清水家」は、創業から70年以上の歴史を持つ老舗のうなぎ屋さん。風情ある街並みの一角に店舗を構えています。木のぬくもり感じる店内は、カウンターだけでなく座敷もあり、家族連れやグループにもおすすめです。

一番人気の特うな重は、お昼が終わると売り切れに。関東風の背開きに、白焼きにしてから蒸したうなぎは、ふわっとした焼き上がりに。甘いたれとの相性も抜群です。特うな重は3,500円と、浜松の中でも値段が安め。開店前に到着すると、混雑が避けられます。

名称 清水家
住所 静岡県浜松市北区細江町気賀238-2
営業時間 11:00~18:00
サイト http://shimizuya-unagi.com/

4. 志ぶき

かんざんじ温泉の街中にある「志ぶき」は、創業から60年余りの老舗の人気店。皮はぱりっと、身はふっくらした蒲焼きは、創業当初から受け継がれる志ぶき流の味です。蒲焼きと白焼きの入った特うな重や、うなぎを2本以上使用した殿様御殿、様々な楽しみ方で味わえるひつまぶしなど、メニューが豊富なのも魅力の一つ。

う巻きや肝焼きなどの一品料理も多く、お酒との相性も抜群です。また、駐車場でお店を見守る2代目のうなぎ地蔵は記念撮影をして帰る方が多いのだそう。お店で扱ううなぎにちなんで、運気も「うなぎ」のぼりになるようにと参拝する方もいます。ぜひこちらも訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 志ぶき
住所 静岡県浜松市西区舘山寺2252-1
営業時間 平日 11:00~15:00
   18:00~20:30
土日祝 11:00~20:00
サイト https://shibuki.jp/

5. うな修

浜名湖が見える絶好のロケーションにある「うな修」は、1980年創業のお店。広々とした座敷になっているので、家族連れやグループにもおすすめです。近くにははままつフラワーパークや動物園もあり、周辺観光の際のランチにいかがでしょうか。

この投稿をInstagramで見る

@w7k5nがシェアした投稿

うな重並は2,200円とリーズナブルなお値段。ふわふわのうなぎは、注文を受けてから捌き、白焼きにした後に蒸してから焼くので少々時間がかかります。しかし、待った甲斐のあるおいしさで、地元はもちろん観光客にも大人気。ちょっと贅沢をしたい方は、うなぎとご飯が層になったうなぎサンドがおすすめです。

名称 うな修
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町3284-2
営業時間 平日 11:30~14:00
   17:30~19:00
土日祝 11:30~15:00
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22010870/

6. うなぎ食事処 浜乃木

浜名湖畔に面した「うなぎ食事処 浜乃木」は、そのロケーションから美しい眺望を眺めながらの食事ができるお店です。椅子席と座敷合わせて60席と広い店内は、グループでも一人でも入りやすい雰囲気。舘山寺スマートインターから車で8分と、車でのアクセスも抜群です。

うな重はもちろん、子供連れの方にはうれしい小さめのミニうな丼など、メニューも豊富。うなぎ桶まぶしは2,3人前なのでシェアするのにもぴったりです。夏に開催されるかんざんじ温泉灯篭流し花火大会の日は、夜の6時がラストオーダー。湖に浮かぶ花火を見ながら、おいしいうなぎを味わってみませんか?

名称 うなぎ食事処 浜乃木
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町2221-1
営業時間 11:00~16:00
サイト https://hamanoki.com/

7. 手打ちうどん 権太

かんざんじ温泉の真ん中で45年間おいしいうどんを提供し続けた「手打ちうどん 権太」は、2016年に移転し、リニューアルオープンしました。愛知県産のきぬあかりを使ったコシのあるうどんが、地元民をはじめ観光客にも人気のお店です。

夏になると食欲がなくなってしまう、という方も多いですよね。そんな時におすすめしたいのが、権太名物のやらまいか。ずっしりとしたうどんに、ふわふわのうなぎ、とろろが乗ったスタミナ満点のメニューです。のど越しも良く、夏の栄養補給にいかがでしょうか。

名称 手打ちうどん 権太
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町2303-3
営業時間 11:00~21:00
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22029689/

8. 松の家

かんざんじ温泉のメインストリートに位置する「松の家」は、観光や宿泊の際にアクセス抜群のお店です。うな重やうな丼をはじめ、お刺身のついた長焼御膳など、メニューも豊富です。うなぎを使った料理以外にも、焼き魚定食や天丼、エビフライなどもあり、旬の海の幸を使った料理もぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

このお店の蒲焼きは関西風。蒸さずに焼くので皮までぱりぱりです。また、冬の時期に人気となるのが牡蠣カバ丼。ぷりぷりで肉厚の牡蠣は、海に面したこの場所だからこそ味わえるメニュー。温泉街での湯めぐりのお供におすすめです。

名称 松の家
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町2306-4
営業時間 平日 10:30~15:00   17:00~20:30
土日祝 10:30~20:30
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22002638/

9. 舘山寺園

舘山寺の観光名所、曹洞宗舘山寺のすぐ下にある「舘山寺園」。浜名湖はもちろん、浜名湖パルパルの観覧車やロープウェイなどが見える最高のロケーション。開放感あふれるテラス席は、ペットの同伴もOK。愛犬と一緒に食事が楽しめます。

店内はテーブル席と座敷に分かれています。座敷は掘りごたつ式になっているので、小さな子供連れの方でも安心です。うな重の他にも、刺身定食やエビフライ定食、シラスまぶし丼、ヒレカツ定食など充実のラインナップ。魚が苦手、という方でも気軽に立ち寄れるお店です。

名称 舘山寺園
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町2229
営業時間 11:00~20:00
サイト http://kanzanjien.net/index.html

10. やらまいか亭

東名高速道路の浜名湖サービスエリアは、上下線集約の施設。どの方面から来ても立ち寄れる利便性が高いお店が「やらまいか亭」です。「やらまいか」とは、遠州の方言で「やってやるよ」という意味。サービスエリア内のフードコートとあなどってはいけない、本格的なうな丼が人気です。

サービスエリアということもあって、連休や週末には混雑もありますが、24時間営業なので、時間を気にせず食事が楽しめます。テラス席はペット同伴も可能。車での長時間の移動の際、家族やペットと休憩に、今後の移動のエナジーチャージにいかがでしょうか。

名称 やらまいか亭
住所 静岡県浜松市北区三ヶ日町佐久米47-1 東名高速道路浜名湖サービスエリア東館
営業時間 24時間
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22004268/

浜名湖で思い思いのひとときを。

いかがだったでしょうか?テーマパークから歴史あるお寺、浜松特産のグルメなどが多くありましたね。次の機会に浜名湖を訪れる際に、この記事の情報が参考になれば幸いです。

【関連記事はこちら】
▷浜松へ行ったら訪れたい!おすすめランチ20選
▷浜松で必ず訪れたい!おすすめの観光スポット20選

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事