最終更新日時 2019/07/18

開国の港としても有名な下田港のある下田市。海に面したその街は幕末期の貴重な歴史的な遺産も多く、歴史が好きな方にはオススメの観光スポット。また海の綺麗な場所でもあるので、マリンスポーツが好きな方にもピッタリな場所です。今回はそんな歴史と海の魅力が満載の伊豆下田の観光スポットをご紹介していきます。

下田の定番観光スポット11選

ペリー提督が歩いた参道「ペリーロード」

P1020393.jpg

下田に黒船でやってきたペリー提督が日米下田条約締結のために行進した道です。了仙寺というお寺の参道でもあり、道の両側には江戸時代の風情がある町並みを見ることができます。参道に並ぶお店も個性的なお店が多く、そういったお店をのぞきながらゆっくりと散策するのもオススメです。江戸時代に黒船が乗りつけた地、下田のありし日の光景を思い浮かべながらかつてペリーが歩いた道を辿ってみるのはいかがでしょうか。

画像素材|PIXTA

すっかり人気の観光スポットとなったこのあたりには、美味しいランチをいただけるお店やカフェが軒を連ねています。とくに古民家カフェが多くあるので、まったりとした雰囲気でのんびりとくつろげますよ。また、アンティークを扱うお店もあり、そぞろ歩きが楽しい場所でもあります。そのため、半日程度は時間を割けるよう、余裕をもって時間を確保をしておくと良いでしょう。なお、このペリーロードが一番熱くなる日は、下田キャンドルカフェと呼ばれる日でないでしょうか。期間中は通りはもちろん橋桁にも、2,000本を超えるキャンドルが灯され、幻想的な雰囲気を醸し出します。

所在地 〒415-0023 静岡県下田市 三丁目
お問い合わせ先 一般社団法人 下田市観光協会
電話番号 0558-22-1531
詳細 http://www.shimoda-city.info/tourism/perryroad.html

下田の魅力がわかる「道の駅 開国下田みなと」

開国下田みなと

下田市の国道135号にある道の駅です。開国のまちとして知られる下田市の歴史をうかがい知れる資料や、下田で毎年開催されているカジキ釣り大会の歴史資料や実物大のカジキのレプリカなどが展示されています。そのほか下田で水揚げされる海の幸の加工品などのお土産も売られている販売所があり、伊勢えびやアジといった魚介類を購入可能です。とくにおすすめのなのが、金目鯛の水煮。スーパーなどではあまり見かけないのでお土産にもぴったりです。

izu_20171222162729

またお食事処がいくつか営業しており、地魚を使った回転寿司はとくに大人気です。ほかにも、おさかなの定食など、下田の海の幸を味わうことができます。洋食派におすすめなのが、ご当地でしか味わえない下田バーガーです。金目鯛のフライに甘めのソースがマッチ。しかもカマンベールも入っていてボリューム感もたっぷりですよ。土日祝日のお昼時はかなり混み合いますので、ちょっと早めに訪れると良いでしょう。お腹を満たしたら散歩がてら、デッキを歩いてみましょう。まるで船の上にいるような気分になれますよ。

所在地 〒415-0000 静岡県下田市外ケ岡1番地1
お問い合わせ先 道の駅 開国下田みなと
電話番号 0558-25-3500
詳細 http://www.kaikokushimodaminato.co.jp/

一年を通して多くの観光客が訪れる「白浜大浜海岸」

白浜大浜海水浴場|Shirahama Ohama Beach

白い砂浜が一面に広がり、夏には多くの海水浴客で賑わう海岸です。オンシーズンは夏ですが、それ以外の季節にもサーフィンをしに訪れる人も多く、一年を通して多くの観光客が訪れています。春や秋など気持ちの良い季節には、砂浜でヨガを楽しんだり、浜辺を犬を連れて散策したりする人の姿も。冬はアロエの真っ赤な花が咲き、白い砂浜を彩ります。四季折々さまざまな表情を見せる白浜大浜海岸。下田に来たら訪れておきたいスポットのひとつです。

白浜大浜海水浴場|Shirahama Ohama Beach

純白の砂にエメラルドグリーンの海。それが700メートルも続いています。散歩にはうってつけ。波の音を聞きながらのんびりと歩いていると、心安らぐ時が過ごせるでしょう。また、白浜海岸から歩いてすぐのところにあるのが「白浜神社」。海に突き出し向かいあうような形で、2つの巨岩が並んでおり、その片方に朱色の鳥居が建てられています。ちなみに岩のうえからは、海上に浮かぶ伊豆七島を一望することができるので人気の場所ともなっています。実はここは、伊豆のなかでは最も古く、格式の高い神社なんだとか。絶景を見たらぜひお参りを。樹齢2,000年という御神木も必見です。

所在地 〒415-0012 静岡県下田市白浜
お問い合わせ先 一般社団法人 下田市観光協会
電話番号 0558-22-1531
詳細 http://www.shimoda-city.info/blog/archives/1383

下田半島の景勝地「爪木崎」

画像素材|PIXTA

下田半島にある岬のことで、須崎半島とも呼ばれる場所です。水仙の群生地としても知られており、1月から2月にかけては満開の水仙を見ることができます。皇族の別荘、須崎御用邸があることでも有名で、皇族ご一家がご静養されるときに使われることも。岬から望む太平洋は素晴らしく、岬に打ちつける波しぶきのダイナミックさや水平線まで続く海と断崖絶壁の絶景を存分に堪能できます。白亜の灯台爪木崎灯台と青い海のコントラストも美しく、下田の景勝地のひとつです。

画像素材|PIXTA

この岬が一番賑わうのは、やはり水仙の季節でしょう。毎年12月20日から2月10日までの約1ヶ月半「水仙まつり」が開催されています。その数、なんと300万本。海風にたなびいては、訪れる人の鼻を甘い香りでくすぐります。紺碧の海と水仙畑の組み合わせは、日本全国探しても、珍しいのではないでしょうか。さらに1月中旬頃にはキダチアロエの花も満開となり、赤・白・碧のコントラストが楽しめます。期間中は、下田太鼓の実演や郷土料理である池之段煮味噌鍋も振る舞われます。ちなみに、爪木崎西側の海岸では「柱状節理」も見られるので、合わせてご覧くださいね。

所在地 〒415-0014 静岡県下田市須崎
お問い合わせ先 一般社団法人 下田市観光協会
電話番号 0558-22-1531
詳細 http://www.shimoda-city.info/blog/archives/1383

四季折々の花が咲き誇る「下田公園」

hydrangea of Shimoda / 下田のあじさい

春は桜、初夏にはあじさい、冬には椿が咲き誇る自然公園です。特にあじさいの名所としても知られ、あじさいが満開になる頃には毎年あじさい祭りも開催されています。下田港を一望できる高台に位置し、周辺を豊かな自然に囲まれているためここちよい静寂に包まれている公園で、ゆったりとした気分で散策を楽しむことができる公園です。開国記念碑や下岡蓮杖の碑なども見ることができるので、開国の歴史に思いを馳せながら散策するとまた違った気分で歩くことができるかもしれません。

画像素材|PIXTA

一般的には下田公園と呼ばれるこの公園には、実は別名があるのをご存じでしょうか?それは、この場所の歴史と深い関係があります。実はここはもともと、北条氏がもつ水軍の本拠地「鵜嶋城」があった場所。そういった背景から城山公園という別名を持っているのです。公園内にある展望台のうちお茶ヶ崎展望台は、お城の物見やぐらがあった場所で、ここから敵の侵入がないか見張り台として使われていたようです。今は、絶景を見るためのスポットになっているかと思うと、なんだか感慨深いものですね。ちなみに、須崎半島や下田海中水族館方面を一望することができますよ。

所在地 〒415-0023 静岡県下田市三丁目3−1174
お問い合わせ先 一般社団法人 下田市観光協会
電話番号 0558-22-1531
詳細 http://www.shimoda-city.info/blog/archives/1383

まどが浜海遊公園

まどが浜海遊公園|Madogahama Sea Park

国道135号にある海遊公園です。港を一望できるロケーションがあり、海辺や海岸を散策して開放的な気分を楽しむことができます。また芝生のスペースも広がっており、天気の良い日にはシートを敷いてお弁当を食べる家族連れなどが見られます。24時間無料の足湯や休憩所も設置してあり、雄大な下田の景色を鑑賞しながら下だの温泉で足をあたためることができるスポット。干潮時には潮溜まりに生息する海の生き物とも触れ合うことができる、いろいろと魅力の多い公園です。

画像素材|PIXTA

また、気軽に釣りができるポイントとしても知られ、竿をもつ親子連れの姿を見ることもあります。釣れるのは、キスや小型回遊魚。岩場もありますが、お子様連れは安全のため、柵の内側から行うのが良いでしょう。また、海にむかってはりだす突堤も作られています。水深は浅めなので、よく見てみると魚が泳いでいるのを見ることができます。駐車場は、100台はゆうに停められるスペースがあるうえ、なんと無料で利用が可能。潮溜まりや釣りで楽しんだ後は、足湯でゆっくりと疲れを癒やしてくださいね。

所在地 〒415-0000 静岡県下田市柿崎間戸ガ浜
お問い合わせ先 一般社団法人 下田市観光協会
電話番号 0558-22-1531
詳細 http://www.shimoda-city.info/blog/archives/1383

日本発のアメリカ領事館「玉泉寺」

玉泉寺

米国総領事タウンゼント・ハリスが滞在したお寺で、日本で初めてのアメリカ領事館として有名です。お寺にはハリス愛用の品々や幕末の関連資料などが展示されているほか、吉田松陰の遺品や日本最古の銀板写真も展示されています。幕末のころのアメリカ領事館の跡地として外交の歴史的にも価値が高いとされ、国の史跡にも指定されている建物。幕末の動乱期に思いを馳せながら観光してみてはいかがでしょうか。

画像素材|PIXTA

領事館としての役割を開始した玉泉寺では、翌日には星条旗の旗が空高く上げられたのだとか。当時、外国なんて未知の世界だった日本人は、それをどのように見ていたのでしょうか。そう想像してみると、当時の激動の歴史がより身近に感じられることでしょう。また、逆にハリス側の立場になって彼の立場を想像してみても、なかなか面白い発見があるかもしれません。星条旗をたて、さらに米露水兵の墓地を境内につくったハリスの日記には「・・・疑いもなく新しい時代がはじまる。敢て問う、真の日本の幸福になるだろうか?」と記されていました。彼の考えや人物に迫るためには、この玉泉寺は外せないスポット。新たなる知識の扉をこの玉泉寺で、ぜひ開いてみてください。

所在地 〒415-0013 静岡県下田市柿崎31−6
お問い合わせ先 一般社団法人 下田市観光協会
電話番号 0558-22-1531
詳細 http://www.shimoda-city.info/blog/archives/1383

海から下田の魅力を鑑賞「伊豆クルーズ」

2014_0412_E-500_P1017440

遊覧船に乗って下田沖を遊覧することができます。コースは下田港内を巡るコースと石廊崎を巡るコースの2つあり、下田港を巡るコースは黒船を模した遊覧船で下田港を一周します。吉田松陰が密航をくわだてた「弁天島」を見たり、海上を飛び交うカモメに餌をあげることも可能。春夏秋冬の伊豆半島をのんびりと楽しむことができるコースです。また、幕末の気分を味わえる、黒船サスケハナも評判となっています。別料金が必要とはなりますが、2階にある特別展望室では、優雅な船旅を満喫することができます。

画像素材|PIXTA

一方石廊崎を巡るコースは下田の絶景を楽しめるコース。ダイナミックな岸壁が見られる「石廊崎」や「みのかけ岩」「ヒリゾ海岸」など下田の景勝地を海側から鑑賞することができます。とくに「ヒリゾ海岸」は、本当に日本なのかわからなくなるほどの美しさ。船でしか行くことができないスポットなので、手つかずの自然が残っているのです。船は朝9:30から15:30にかけて、1日何便も就航されていますが、カップルには夕方の便もおすすめ。夕日を背景にみる灯台石廊崎は、大変ロマンチックです。

所在地 〒415-0028 静岡県下田市外ケ岡19番地
お問い合わせ先 株式会社 伊豆クルーズ
電話番号 0558-22-1151
詳細 http://www.izu-kamori.jp/izu-cruise/

爪木崎の横にある島「恵比須島」

恵比須島からの夕景|Ebisu Island Sunset

爪木崎のすぐ横にある小判型をした無人島です。干潮時には千畳敷とよばれる岩盤が出現し、磯遊びや磯釣りを楽しむことができます。また島からの眺めはすばらしく、伊豆諸島や石廊崎などを一望することができるポイントです。島からは古代の遺跡も出土しており、下田市の指定文化財ともなっています。島から見る夕暮れの景色は格別に美しく、水平線まで見渡せる下田の海に反射するオレンジ色があたり一面を照らしまさに絶景です。

画像素材|PIXTA

島とはいえ、簡単に渡ることができるのがポイント。立派な橋が架けられているので、歩いて行くことができるのです。なお、橋の前には有料駐車場も完備しておりアクセスも楽々、また、トイレも備えられていますので安心して訪れることができます。島では、潮が引くとタイドプールができあがるので、そこで磯遊びや簡単なスノーケリングも可能。そういった意味では小さなお子様連れでも比較的安心して遊ばせることができます。なお、遊歩道もつくられているので、いろんな位置から景色を楽しむことができるうえ、すぐ目の前に岩の壁が迫り、火山灰が作った美しい縞模様を確認することができます。生態系と島の成り立ちなどが学べるので、お子様の学習にもなりますよ。

所在地 〒415-0014 静岡県下田市 須崎
お問い合わせ先 一般社団法人 下田市観光協会
電話番号 0558-22-1531
詳細 http://www.shimoda-city.info/blog/archives/1383

透明度抜群の穴場的海水浴「須崎・九十浜」

SDIM0733

透明度が大変高い海水浴場です。下田のビーチの中でもプライベート感覚で楽しむことができる穴場的な場所で、シュノーケリングなどをして浜辺の魚と触れ合うこともできます。行きと帰りに急な坂を通るので少々交通の便は悪いですが、だからこそ混み合わない海水浴場で、ゆったりと楽しめるスポットです。それほど広い場所でもないので、小さい子どもと一緒でも目を離す機会が少なく安心。穴場的な海水浴場をお探しならば、眼下に広がるエメラルドグリーンの絶景をぜひ楽しんできてください。

画像素材|PIXTA

ちなみに「九十浜」は「くじゅうはま」ではなく、「くじゅっぱま」とよみます。噂が噂をよび、最近では人気のスポットなので、混み合う日も出てきています。また、ビーチの入り口前には1日1,000円で停められる駐車場もあるので、遠くから訪れる人も安心です。ただしシーズンオフの場合はクローズしているので、「爪木崎自然公園駐車場」にて駐車してください。水質はAAを獲得。文句なしの美しいビーチです。波も穏やかなので、海外にいるかのようなリゾート気分を味わえますよ。

所在地 〒415-0014 静岡県下田市須崎
お問い合わせ先 一般社団法人 下田市観光協会
電話番号 0558-22-1531
詳細 http://www.shimoda-city.info/blog/archives/1383

海に浮かんだ水族館「下田海中水族館」

shimoda aquarium

天然の入り江を利用して作られ、海の上に浮かんでいる構造の水族館です。イルカやアザラシのショーが見られるほか、「ふれあいの海」ではイルカと一緒に泳いだり触れ合ったりすることも可能。深海魚やくらげなどの展示もあり、海の生き物を見たり触れたりしながら鑑賞することができる水族館です。またウルトラマンの「ウルトラマンセブン」や「ウルトラマンティガ」などでロケが行われたことでも知られています。

画像素材|PIXTA

ここの水族館の目玉であるイルカのショーでは、前代未聞の試みが行われ、話題をよんでいるのをご存じでしょうか?それは、イルカのいるプールに船を浮かべてのりこみ、間近にイルカたちを見られるというもの。イルカたちが頭の上をジャンプするなど、驚きの連続で楽しい時間を過ごすことができます。また、水中マスクやフィンをつけて、イルカたちのいる海で一緒に泳ぐプログラムや、波打ち際でイルカとふれ合えるというお子様むけのプランも。また、4月にはコツメカワウソが仲間入り。その愛らしい姿には、目が釘付けになること間違いなし。ふれあいフィーディング体験もできるので、ぜひチェックしてみてください。

所在地 〒415-0023 静岡県下田市三丁目22−31
お問い合わせ先 下田海中水族館
電話番号 0558-22-3567
詳細 http://www.shimoda-city.info/blog/archives/1383

下田でおすすめのグルメ10選

1. 地魚回転寿司 魚どんや

最初にご紹介するのは、港町・下田ならでの海鮮を味わうことができる「地魚回転寿司 魚どんや」。道の駅「開国下田みなと」の中にあり、アクセスの良さからもとても人気のお店です。下田港で水揚げされたばかりの地魚を、思う存分堪能できます。

ぜひ食べていただきたいのが、下田名物の金目鯛。軍艦や炙り、握り、づけなど色々な食べ方があるので、あなた好みの味を探してみてくださいね。他にも、グルクンやタチウオ、アオリイカなどの少し珍しい地魚もあるので、下田ならではの味を楽しめますよ。

名称 地魚回転寿司 魚どんや
住所 静岡県下田市外ケ岡1-1 ベイステージ下田2F
営業時間 11:00~15:30
17:30~20:00
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22000939/

2. 旬の味 ごろさや

「旬の味 ごろさや」は、伊豆急下田駅から徒歩4分のところにあり、海鮮料理を美味しくいただける小料理屋です。行列ができるほどの人気店で、ランチ・ディナー問わず常に賑わっているので、事前に予約をしてから行くのがおすすめですよ。

名物は、大きな金目鯛が豪快に盛られた金目鯛の煮付けです。甘さ控えめのタレに絡めながらいただく金目鯛は、素材の旨味をしっかりと感じられ、箸が止まらなくなってしまうほどの一品ですよ。定食は、茶碗蒸しや磯汁、ゼリーなども付いてくるボリューム満点のセットで、コスパも抜群です。

名称 旬の味 ごろさや
住所 静岡県下田市1-5-25
営業時間 11:30~14:00
17:00~21:00
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22001409/

3. とんかつ 一

続いてご紹介するのも、伊豆急下田駅から徒歩3分と駅近のお店。「とんかつ 一」は、クセの強いご主人がいるということで有名で、初来店のお客さんのメニューはご主人に勝手に決められてしまいます。少し風変わりなお店ですが、それが人気の一因になっているそう。

メンチカツやコロッケ、唐揚げなどボリューム満点の揚げ物に、たっぷりとデミグラスソースがかけられた定食をいただけます。これだけでもお腹いっぱいになりそうですが、さらにご飯、カレー、キャベツ、スパゲッティがおかわりし放題なので、お腹をすかせて訪れてくださいね。

名称 とんかつ 一
住所 静岡県下田市東本郷1-13-1
営業時間 11:00~19:00
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22003128/

4. 伊豆下田 蕎麦 いし塚

伊豆で一番美味しい蕎麦と名高いお店が、「伊豆下田 蕎麦 いし塚」。お昼頃には大変な賑わいを見せるので、オープン直後の11時代に訪問するのが狙い目です。また、蕎麦がなくなり次第終了なので、十分にお気をつけくださいね。

お屋敷のような趣のある店内で、落ち着いた雰囲気の中お食事を楽しむことができます。軽く火を通した茄子や葱、お肉がたっぷりと入った鴨汁が評判。柚子の香りが効いた爽やかなおつゆは、蕎麦との相性も抜群ですよ。

名称 伊豆下田 蕎麦 いし塚
住所 静岡県下田市敷根4-21
営業時間 11:00〜16:00(L.O.15:30)
サイト https://www.xn--ghq0xt92gnkt.jp/

5. 小川家

「小川家」は地元住民にも絶大な人気を誇る、老舗のうなぎ店。店内の生簀にはうなぎが泳いでおり、注文が入ってからこのうなぎを捌いて調理しています。予約時間に合わせて焼き上げてくれるので、時間に余裕を持って少し早めに到着するようご注意くださいね。

フワフワのうなぎは、骨も気にならないぐらいの柔らかさです。タレは香ばしい醤油の味を感じますが、甘すぎずうなぎの脂とも見事にマッチしています。蒲焼はもちろん、白焼も絶品なので、こちらもぜひ味わってみてはいかがでしょうか?

名称 小川家
住所 静岡県下田市2-8-14
営業時間 月〜金 11:00〜15:00
土・日・祝 11:00〜14:00
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22000059/

6. 小木曽商店 本店

下田各地にある旅館の朝食でもよく提供されているのが、この「小木曽商店」の干物。しょっぱ過ぎない絶妙な塩加減と、ホロっとした身の柔らかさが人気です。伊豆急下田駅前にも支店がありますが、立派な店構えの本店はぜひ訪れてほしい場所です。

店内の中央には長い冷蔵ケースが置かれており、下田でとれるあらゆる魚の干物が置かれています。化学調味料や保存料を使わず、1枚1枚手開きしているので、保存期間はそんなに長くありませんが、地元ならではの味を手軽に持ち帰ることができるので、お土産にはうってつけです。

名称 小木曽商店 本店
住所 静岡県下田市2-9-30
営業時間 8:30~17:30
サイト http://www2.enekoshop.jp/shop/ogiso-himono/

7. Cafe&Hamburger Ra-maru

続いてご紹介するのは、「魚どんや」と同じく道の駅「開国下田みなと」の中にある「Cafe&Hamburger Ra-maru」。下田バーガーという金目鯛のフライを挟んだハンバーガーが名物で、その珍しい味を求めて訪れるお客さんがあとを絶ちません。

厚みのあるバンズにカマンベールチーズ、チェダーチーズ、レタス、トマトが挟まれていて、金目鯛のフライには甘辛のソースがたっぷりとかかっています。外はサクサク、中はホクホクと金目鯛のフライと、その他の食材が素晴らしいハーモニーを奏でていて、下田の新たなグルメスポットとして知られています。

名称 Cafe&Hamburger Ra-maru
住所 静岡県下田市外ヶ岡1-1 道の駅開国下田みなと
営業時間 10:00〜17:00(L.O.16:30)
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22002328/

8. south cafe

「south cafe」は南伊豆にある、ハワイアンをテーマにしたカフェ。店内は木目調で広々とした空間になっているだけでなく、外にはテラス席もあり、子供連れのファミリーでも気兼ねなくくつろぐことができるお店です。駐車場はあまり広くないので、車で訪れる方はお気をつけくださいね。

アボカドが入ったハンバーガーやタコライスなど、メニューもハワイアンなものが多く、南国の風を感じることができます。アメリカンサイズでボリューミーなものが多いので、男性でも満腹になれるでしょう。サーフ系の雑誌や雑貨なども置いてあるので、海が好きな方はぜひ足を運んでみてください。

名称 south cafe
住所 静岡県下田市吉佐美918-2
営業時間 12:00~22:00(L.O.21:00)
サイト https://www.southcafe.net/

9. 平井製菓 本店

「平井製菓」は1948年に創業して以来、数々の銘菓を製造してきた老舗の和菓子屋さん。伊豆急行開通と同時に発売された「下田天城路」という、あずきを使った焼き菓子で一躍有名となり、銘菓だけでなく様々な種類のパンの製造も行なっています。

一番人気の商品は、「ハリスさんの牛乳あんパン」。牛乳が練りこまれている生地はしっとりとした食感で、中にはこしあんとフレッシュバターが入っています。あんことバターの濃厚な味わいが評判を呼び、多いときには1日に2000個以上売れることもあるそうです。

名称 平井製菓 本店
住所 静岡県下田市2-11-7
営業時間 9:00~19:00
サイト http://www.hiraiseika.co.jp/

10. 御菓子司 ロロ黒船

本格的な和菓子を提供している「御菓子司 ロロ黒船」。幾多の和菓子コンテストやコンクールで受賞した経歴があり、熟練の職人が作り出す和菓子の造形の美しさには、目を見張るばかりです。

パインやマスカットを白あんとお餅でで包んだ「生フルーツ餅」は、爽やかな後味で暑い時期でもさっぱりといただくことができます。伝統的な和菓子もさることながら、下田にちなんだ創作和菓子も多くあり、お土産として持って帰るのもおすすめです。

名称 御菓子司 ロロ黒船
住所 静岡県下田市2-2-37
営業時間 9:00〜18:00
サイト https://www.lolo-kurofune.com/

伊豆急下田駅周辺でおすすめの観光スポット5選

1. 寝姿山展望台

「寝姿山展望台」。伊豆急行下田駅の駅前から出ている「下田ロープウェイ」に乗って、たったの3分ほどで到着します。山頂の展望台からは、下田の町や港、天城連山の美しい山並みを一望することができますよ。

女性が横たわって寝ている姿に見えることからこの名前がついた寝姿山は、縁結びのパワースポットとして、注目を集めています。縁結びや恋愛成就、子宝にご利益があると言われている愛染明王が祀られている愛染堂があり、デートで訪れるカップルもたくさん見受けられますよ。

名称 寝姿山展望台
住所 静岡県下田市東本郷1-3-2
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.ropeway.co.jp/

2. 宝福寺 唐人お吉記念館

坂本龍馬の飛翔の地として有名な「宝福寺」も、ぜひ立ち寄ってほしいスポットです。1863年年に土佐藩を脱藩した坂本龍馬が、勝海舟と第15代土佐藩主山内容堂に脱藩の罪を許された「謁見の間」を見学することができます。

宝福寺の墓地には、幕末の元芸者であるお吉のお墓もあります。下田一の売れっ子だったお吉は、アメリカ総領事のハリスに仕え開国に貢献したのだそう。記念館には、お吉が使っていたかんざしや着物の展示などもあり、幕末の雰囲気をありのまま感じられます。

名称 宝福寺 唐人お吉記念館
住所 静岡県下田市1-18-26
営業時間 8:00〜17:00
サイト http://www.i-younet.ne.jp/~hofukuji/okiti03.html

3. 稲田寺

続いてご紹介するのは、お吉の恋人だった船大工・鶴松のお墓がある「稲田寺」です。奥まったところにある小さなお寺ですが、下田の名所として欠かせない由緒ある寺院。鶴松の死後、お吉は泣きながら墓前に鶴松好物の山桃をお供えし、冥福を祈っていたそうです。

阿弥陀堂にある阿弥陀如来坐像は208cmと、伊豆では一番大きな阿弥陀如来坐像です。また、1854年の大地震で発生した津波の死者を供養するための「津なみ塚」が建てられ、「下田まち遺産」にも認定されています。

名称 稲田寺
住所 静岡県下田市1-14−5
サイト http://shimoda.izuneyland.com/todenji.html

4. NanZ VILLAGE

「NanZ VILLAGE」は2015年9月にオープンした、総合商業施設。漁業用の氷を供給する目的で建造された南豆製氷が、老朽化のため2014年に取り壊され、その跡地に建設されました。下田の海産物をベースにしたレストランやカフェなどが入っている話題のスポットです。

ヨガイベントやマルシェなど、季節ごとに様々なイベントを仕掛けており、地元の住民や観光客を巻き込みながら、下田の町を盛り上げています。象徴的な星型のテントの下では、海風を感じながら爽やかな時間を過ごすことができますよ。

名称 NanZ VILLAGE
住所 静岡県下田市1-6-18
営業時間 11:30〜17:00
サイト http://nanz.villageinc.jp/

5. 下田開国博物館

「下田開国博物館」は、伊豆急下田駅から徒歩10分ほどのところにある博物館。1号館の1階には、下田太鼓祭の様子を再現した人形が展示されていて、2階には開国前の下田の様子や、吉田松陰の密航に関わる展示物が並びます。

外階段を使って移動した2号館には、ペリー来航や日露交流の歴史、アメリカ総領事ハリスにまつわる展示があり、幕末の歴史が好きな人には堪らない内容となっています。出口付近にはお土産屋「豆州庵」があり、地酒などのご当地名物が揃っていますよ。

名称 下田開国博物館
住所 静岡県下田市4-8-13
営業時間 8:30~17:30
サイト https://www.shimoda-museum.jp/

下田で雨でも遊べるおすすめ観光スポット5選

1. 上原美術館

「上原美術館」は、上原近代美術館と上原仏教美術館が合併し誕生した美術館です。近代館には、印象派やマティス、ピカソ、安井曽太郎、須田国太郎、小林古径などを中心とした絵画が展示されており、個人コレクションならではの親しみやすさを感じます。

2017年の合併時にリニューアルされたばかりの仏教館の入り口では、一対の金剛力士像がお出迎えしてくれます。館内には、平安・鎌倉時代の仏像や、奈良時代の古写経、近現代の仏像に至るまで幅広い仏教美術が収蔵されており、充実のひとときを過ごすことができるでしょう。

名称 上原美術館
住所 静岡県下田市宇土金341
営業時間 9:00〜17:00
サイト http://uehara-museum.or.jp/

2. 草画房

書道家・竹沢尚生の作品や陶磁器などを展示・販売しているギャラリーの「草画房」。ペリーロードの弥治川沿いにあり、1914年に建てられたという、レトロな石造りの建物が目印です。畳になっているスペースもあり、ゆっくりと過ごすことができます。

1階はカフェスペースとなっており、ドリンクやデザートが食べられます。おすすめは、しっとり滑らかな手作りチーズケーキ。底の部分はクランチになっているので、サクサクとした異なる食感を楽しむことができますよ。

名称 草画房
住所 静岡県下田市3-14−6
営業時間 10:00〜17:00
サイト https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22000529/

3. 村上合掌造り民芸館

世界遺産になっている白川郷より、1964年に移築された日本最大級の急勾配切妻合掌造りを見学できるのが「村上合掌造り民芸館」。入り口には、桜や紫陽花などの花々が植えられており、日本庭園に来たかのように、四季折々の美しさを味わい、楽しむことができます。

建物は5階建てになっており非常に広く、優しいご夫婦が隅々まで丁寧に案内してくれます。囲炉裏を周りで、お茶やお菓子をいただきながら話を聞く時間もあるので、雨の日でもゆったりとした時間を過ごすことができるでしょう。

名称 村上合掌造り民芸館
住所 下田市大浦海岸3-26-27
営業時間 9:00〜17:00
サイト http://www.gasshou.com/

4. Mobs 黒船ミュージアム

「Mobs 黒船ミュージアム」は、2016年1月に了仙寺の中に誕生した、歴史ミュージアムです。黒船来航時の絵巻物や報告書など、3000点を超える資料を所蔵している日本最大の黒船・開国コレクションを誇ります。

エントランスには、記念撮影用の等身大パネルや大きなペリー提督の顔があり、名物フォトスポットです。映像で歴史を学ぶことができる黒船シアターもあり、3種類の異なる映像をご覧いただけます。中国語や英語対応もしているので、外国人の方も存分に楽しむことができますよ。

名称 Mobs 黒船ミュージアム
住所 静岡県下田市3-12-12
営業時間 8:30〜17:00
サイト http://www.mobskurofune.com/

5. 加増野ポーレポーレ

本格的なそば打ち体験ができる「加増野ポーレポーレ」。伊豆急下田駅から車で20分ほどのところにある、小さな村・加増野にあり、綺麗な空気や自然に囲まれながら、静かな時間を過ごすことができます。

粉を振るい生地をこね、細かく切るところまで自分で行なうボリューム満点のそば打ち体験です。体験終了後には、作りたてのそばに、地元の山菜天ぷらをつけていただけます。子供でも簡単にできるので、家族の思い出作りに訪れてみてはいかがでしょうか?

名称 加増野ポーレポーレ
住所 静岡県下田市加増野481-3
営業時間 9:30〜15:30
サイト http://kazounopolepole.web.fc2.com/

歴史と海を堪能する旅

下田には幕末の動乱期を物語る貴重な歴史的資料がたくさん残っています。歴史が好きな方にはその史跡を巡る旅もオススメです。史跡を巡った後には海の幸を堪能したり、下田半島の絶景を楽しんだりと、観光スポットが盛りだくさんの下田市。歴史や絶景、海の幸、温泉などたくさんの魅力がある下田を巡る旅はいかがでしょうか?

静岡県のおすすめ旅館・ホテルをさがす

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事