最終更新日時2020/04/23

静岡県は日本のほぼ中心に位置し、歴史上の人物で有名な徳川家康が長く過ごした地でもあります。同時に江戸時代の江戸を支える役割を果たしたという歴史があり、現在も静岡県各地に建造物が多く残されています。関東の発展を現在まで支え続ける拠点となった静岡県。そんな歴史のある静岡でぜひとも一度は訪れておきたい、人気のおすすめ観光スポットをご紹介します。

風光明媚な街・静岡

静岡

画像|PIXTA

日本のほぼ中央に位置する静岡県。富士山や伊豆半島、駿河湾など、豊かな自然と美しい景観あふれる地域です。その自然が育む温泉地や、おいしい食べ物も満載!また、歴史との関りも深く、県内には多くの歴史的な建造物が現存しています。

静岡・清水エリアでおすすめの観光スポット6選

1.三島スカイウォーク (箱根西麓・三島大吊橋)

画像|PIXTA

「三島スカイウォーク」の愛称で親しまれる箱根西麓・三島大吊橋は、全長400mの吊橋です。日本で最も長い歩行用の吊橋で、高さは約70m。スリル満点ですが、富士山や駿河湾が一望できる、静岡屈指の絶景スポットです。

画像|PIXTA

楽しみは橋を渡るだけではありません。人気なのがフォレストアドベンチャー。ロングジップスライドからの眺めは絶景で、爽快感あふれるおすすめアクティビティです。小学3年生まで遊べるアスレチックもあるので、ぜひ家族一緒に訪れてみてはいかがでしょう。

名称 三島スカイウォーク(箱根西麓・三島大吊橋)
住所 静岡県三島市笹原新田313
営業時間 9:00~17:00
サイト https://mishima-skywalk.jp/

2. 久能山東照宮

久能山東照宮

画像|PIXTA

久能山東照宮は徳川家康が晩年を静岡で過ごした後、この久能山東照宮に埋葬されました。そして二代目将軍徳川秀忠によって社殿が造られたと言われています。現在も家康を祀る宮として数多くの遺品が残されています。中でも漂流したスペイン船を救助し、その後にスペインの王から贈られたと言われる「家康公の時計」は、現在でも国宝として大切に祀られています。

名称 久能山東照宮
おすすめポイント 家康が埋葬された地で、家康公の時計をはじめ数多くの遺品が残されている。
料金 大人(高校生以上)800円(共通)
小人(小中学生)300円(共通)
所在地 静岡県静岡市清水区三保2389
アクセス R静岡駅より、しずてつジャストライン石田街道線にて終点「東大谷」下車(約40分)。
東大谷バス停で「久能山下行き」のバスに乗り換え、終点「久能山下」で下車(約15分)。
山下からは石段が1,159段あり(約20分)。
拝観時間 9:00~17:00(4月1日~9月30日)
9:00~16:00(10月1日~3月31日)
閉館日 年中無休
サイト http://www.toshogu.or.jp/

【関連記事はこちら】
▷パワースポットの宝庫!富士山の運気が流れ出す静岡県のおすすめ観光地

3. 日本平

日本平

画像|PIXTA

日本平は駿河湾近くにある有度山の山頂付近一帯にある場所です。ここから駿河湾を一望できると同時に、富士山も見ることのできる絶好の観光スポットとなっています。また山頂付近では茶畑やミカン畑が広がっており、時期が合えば綺麗に景色とマッチしている茶畑を見ることもできます。また夜景スポットとしても有名で、2016年には「日本夜景遺産」に認定されました。昼と夜の両方を楽しめる場所となっています。

名称 日本平
おすすめポイント 駿河湾と富士山や、茶畑など静岡ならではの風景が楽しめる日本夜景遺産のひとつ。
料金 無料
所在地 静岡県静岡市清水区馬走
アクセス JR静岡駅よりバスで約40分(JR静岡駅11番バス停〜県営駐車場日本平ホテル入口)
営業時間 24時間
サイト http://www.nihondairakankou.com/

【関連記事はこちら】
▷富士山や温泉も楽しめる!静岡で見つけた、とっておきの夜景スポット

4. 金時山

画像|PIXTA

昔話で有名な金太郎。その昔話は、坂田金時という男が酒呑童子という鬼を倒したことがモチーフになっています。神奈川の足柄は、全国各地にある金時の出生地と言われる場所のひとつ。そこに位置する1,212mの山は、言い伝えに由来して「金時山」と呼ばれています。

金時山には登山ルートがいくつかあり、初心者にもおすすめ。山頂付近は遮るものがなく、富士山をはじめ駿河湾や大桶谷噴煙などが見られます。また、周辺には金太郎にまつわるスポットも存在するので、併せて立ち寄ってみてはいかがでしょう。

名称 金時山
住所 静岡県駿東郡小山町・神奈川県南足柄市・足柄下郡箱根町
営業時間 24時間
サイト http://hakonevc.sunnyday.jp/kintoki.html

5. 三嶋大社

画像|PIXTA

源頼朝が源氏の再興を祈願した「三嶋大社」は、伊豆屈指の人気パワースポット。恵比寿さまで知られる事代主命と、大山祇命を祀っています。そのため、商売繁盛や家内安全、交通安全にご利益があるとされる神社です。

画像|PIXTA

見どころのひとつが大きな本殿。出雲大社と並ぶ国内最大規模の本殿で、特徴的な屋根の形をしています。また、全国的にも珍しく神の遣いはうなぎ。周辺にはおいしいうなぎのお店もあるので、ご当地グルメを堪能してみてはいかがでしょう。

名称 三嶋大社
住所 静岡県三島市大宮町2-1-5
営業時間 24時間
サイト http://www.mishimataisha.or.jp/

6. 三保松原(羽衣の松)

三保松原(羽衣の松)

画像|PIXTA

三保松原は静岡市内東部に位置し、半島の形をしています。ここからも富士山を見ることができる場所となっており、日本新三景のひとつとされています。静岡市内でアクセスも便利な場所に位置しているので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 三保松原(羽衣の松)
おすすめポイント 静岡市内からもアクセスの良い、日本三景のひとつ。
料金 無料
所在地 静岡県静岡市清水区三保
アクセス JR清水駅からバス25分
営業時間 24時間
サイト http://hellonavi.jp/detail/page/detail/1571

【関連記事はこちら】
▷観光やご当地グルメが楽しめる!静岡でおすすめのデートスポット19選

富士・御殿場エリアでおすすめの観光スポット6選

1. 富士スピードウェイ

富士スピードウェイ

画像|PIXTA

富士スピードウェイでは様々なモータースポーツが開催されており、レースを間近で楽しむことができます。テレビでは伝えきれない音やスピード感を生で見ることにより、その熱意や迫力がダイレクトに伝わってきます。モータースポーツが好きな方にとっては絶好の聖地となることでしょう。始めて見る方も、実際に見てみることで新たな趣味との出会いが待っているかもしれませんよ!

名称 富士スピードウェイ
おすすめポイント 大迫力のモータースポーツを間近で見られる。
入場料 大人 1,100円
高校生 800円
小中学生 無料
所在地 静岡県駿東郡小山町中日向694
アクセス JR御殿場駅より富士急行バス乗車約25分
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.fsw.tv/

【関連記事はこちら】
▷御殿場にきたら欠かせない!美味しいグルメが味わえるおすすめ店19選

2. 遊園地ぐりんぱ

遊園地ぐりんぱ

画像|PIXTA

遊園地ぐりんぱは、富士山2合目の場所に位置しており、目の前に広がる富士山を楽しむことのできる場所です。子供に大人気のアトラクションもたくさん設置されており、大人も子供も楽しめる場所となっています。また、遊園地内にある観覧者の頂点は標高1280メートルにも及び、巨大な富士山を見ることができるほか、伊豆諸島や大島まで視界が広がっており、観覧車に乗りながら絶好の景色を楽しむことができます。ファミリーで訪れた際にも、ぜひ観覧車をチェックしてみてくださいね!

名称 遊園地ぐりんぱ
おすすめポイント 富士山2合目に位置しており、観覧車から見える絶景は必見。
入園料 大人(中学生以上)1200円、子供(3歳以上)シニア(60歳以上)800円
所在地 静岡県裾野市須山字藤原2427
アクセス JR御殿場駅・三島駅・富士各駅から路線バス運行
開館時間 9:00~17:00(曜日により異なる)
休館日 不定期(営業カレンダー確認要)
アクセス JR御殿場駅・三島駅・富士各駅から路線バス運行
サイト http://www.grinpa.com/

【関連記事はこちら】
▷富士山を眺めるなら絶対にここで!おすすめの絶景スポット10選

3. 富士山

富士山(富士宮ルート)

画像|PIXTA

静岡県で有名な「富士山」を風景として眺めることのできるスポットはたくさんありますが、直に富士山に登ることもできます!静岡県と山梨県の間に位置する富士山に続くルートはいくつもありますが、その中でも比較的距離が少なく、初心者にもおすすめされているルートがこの「富士宮ルート」です。標高約2400メートル付近までは車で行くことができ、ここから徒歩で歩いていくルートになります。

画像|PIXTA

頂上付近です。地上で雲を見下ろすことができるという経験はなかなかできるものではありません。まさに絶景が楽しめる場所と言えることでしょう。そして頂上に到着したという達成感が、気持ちをさらに高揚させてくれます。各地から富士山を眺める風景も素晴らしいですが、富士山から周囲を眺める風景もまた新鮮な感動があるのではないでしょうか。

名称 富士山(富士宮ルート)
おすすめポイント 比較的距離が短く、登山初心者の方におすすめの登山ルート。
料金 無料
所在地 静岡県富士宮市粟倉(富士宮口五合目)
アクセス JR東海道本線三島駅、またはJR東海道新幹線新富士駅・東海道線富士駅・身延線富士宮駅から登山バスを利用。
またはJR静岡駅より高速バスを利用(夏季のみ)。
登山時期 毎年7~9月(ルートにより異なる為要確認)
サイト http://www.fujisan-climb.jp/

【関連記事はこちら】
▷最新版!静岡ご当地B級グルメ!富士宮焼きそばの美味しいお店12選!

4.富士サファリパーク

画像|PIXTA

「富士サファリパーク」は貴重な動物の触れ合える観光スポット。子供から大人までワクワクした気持ちになれることでしょう。また、ライオンを目の前で見れることから外国人観光客からも人気が高いです。車に乗り込んで動物を見るスタイルなので、本物のアドベンチャーが実現できるでしょう。ぜひ、動物に癒やされてください。

ライオンやシカ、キリン、カンガルーなど色々な動物がいます。大自然の中を探索するため日々の喧騒を忘れることもできるはずです。一人旅や女子旅、デート、さまざまな目的の人々が楽しめる名所といえます。また、動物に餌をあげられる場所も用意されています。ぜひ、楽しいひとときをお過ごしください。

名称 富士サファリパーク
おすすめポイント 車の中から動物を見てまわる。ライオンは特に人気。
料金 昼のサファリ:大人 2,700円
小人 1,500円
シニア 2,000円
3歳以下 無料
ナイトサファリ:4歳以上 1,700円
3歳以下 無料 
住所 静岡県裾野市須山字藤原2255−27
アクセス 裾野ICより車で約15分
営業時間 季節によって異なる
サイト https://www.fujisafari.co.jp/

【関連記事はこちら】
動物たちが目の前に!迫力満点の富士サファリパークの魅力を大解剖

5.白糸の滝

白糸の滝

画像|PIXTA

富士の大自然の中にある「白糸の滝」。無数の糸を垂らしたような姿が特徴的です。緑がしっとりしていて美しく流れる滝は目に優しく映ります。高さ20m、幅200mほどあり広々した空間が広がっており、気分もリフレシュすることができるでしょう。

遠くから見ると幅の広さに見惚れてしまい、近くで見ると滝の壮大さに圧倒されます。また、水質がいいため底が見えるほど澄んでいます。1936年には国の名勝および天然記念物に指定されています。ぜひ、白糸の滝に行ってみてはいかがでしょうか。

名称 白糸の滝

おすすめポイント 底が見えるほど澄んだ、無数の糸を垂らしたような見た目が特徴の天然記念物。

料金 無料

住所 静岡県富士宮市上井出
アクセス 新富士ICより車で約40分

営業時間 24時間

サイト http://www.city.fujinomiya.lg.jp/kankou/llti2b00000018ez.html/

【関連記事はこちら】
▷静岡で海の幸・山の幸を食べつくす!おすすめグルメ店20選

6. 田貫湖

画像|PIXTA

朝霧高原の一角に位置する「田貫湖」は、もともと小さな池沼で「狸沼」「田貫沼」と呼ばれていました。関東大震災後、周辺一帯に水を供給していた芝川の水量が減少。農業用水を確保するために、沼を拡張し、現在のような人造湖へと姿を変えました。

画像|PIXTA

田貫湖といえば、幻想的なダイヤモンド富士が見られることで有名。すぐ近くには田貫湖キャンプ場があるので、宿泊して眺めてみてはいかがでしょう。ダイヤモンド富士が湖面に反射する姿は、ここでしか見られない光景。必見です。

名称 田貫湖
住所 静岡県富士宮市猪之頭・佐折
営業時間 24時間
サイト
http://www.city.fujinomiya.lg.jp/kankou/llti2b00000018ga.html

静岡にきたら外せない、有名グルメ2選

1.炭焼きレストラン さわやか

出典:Retty

「さわやか」は、静岡県内に33店鋪ある、圧倒的な人気を誇るハンバーグのお店。おすすめは、看板メニューである250gの「げんこつハンバーグ」。運んでいただいた店員さんが、そのまま目の前で切り分けてくれます。牛肉を100%使用しているので、レアでもよく焼きでも焼き加減を好みで調整できます。肉汁の旨味がたまらない一品です。各店舗の待ち時間は公式HPで確認できるので、チェックしながら来店するのがおすすめです。

名称 炭焼きレストラン さわやか
営業時間 店舗による
サイト https://www.genkotsu-hb.com/

2.ななや

出典:Retty

「ななや」は、静岡の抹茶を使用したお菓子を販売するお店。看板メニューは、抹茶の濃さが7段階も選べるジェラートです。1番うすいものが、市販の抹茶アイスと同じくらいの濃さですが、そこからあと6段階濃厚なジェラートに挑戦できるのはびっくりです。ドライブで疲れた体に、濃厚な抹茶ジェラートをいただいてみてはいかがでしょうか。

名称 ななや
営業時間 店舗による
サイト https://nanaya-matcha.com/

熱海・伊豆エリアでおすすめの観光スポット15選

1.アカオハーブ&ローズガーデン

アカオハーブ&ローズガーデン

画像|PIXTA

約20万坪もの広大な土地いっぱいに、様々な植物が点在している「アカオハーブ&ローズガーデン」。「錦ヶ浦」の自然な丘陵地を活かしています。香り高いイングリッシュローズや咲き乱れる姿が美しいツルバラ。他にもここでしか見れない貴重な花も楽しめるのです。

出典:Retty

ガーデン内にある「COEDA HOUSE」は、静岡の広い海が目の前に見えるおしゃれなカフェ。建築デザインに凝っており、内観もすてきですが外に出て散歩の休憩に海を眺めるのがオススメです。

名称 アカオハーブ&ローズガーデン
おすすめポイント 熱海の風景と花の共演が楽しめる。
料金 大人 1,000円
小人 500円
住所 静岡県熱海市上多賀1027-8
アクセス 熱海駅より車で約15分
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.garden-akao.com/

【関連記事はこちら】
▷熱海で美味しい料理やお酒を楽しむことができるおすすめの居酒屋

2.MOA美術館

画像|PIXTA

国宝を含む数々の収蔵物を鑑賞することができる人気「MOA美術館」。大きな窓からは、熱海の海も一望することができます。ここの美術館で一番人気の巨大万華鏡は、ドーム型の天井全体に広がる幻想的で美しい世界が堪能できます。眠っている五感が刺激され独特の世界観を味わえることでしょう。ぜひ、大切な人と美の世界を楽しんでください。

名称 MOA美術館

おすすめポイント 天井全体に広がる巨大万華鏡は必見。

料金 一般 1,600円
大学生・高校生 1,000円
中学生以下 無料

住所 静岡県熱海市桃山町26-26-2
アクセス 熱海駅より車で約5分

営業時間 9:30~16:30
サイト http://www.moaart.or.jp/

【関連記事はこちら】
▷熱海で美味しいランチを味わうことができるおすすめのお店19選

3. 熱海城

熱海城

画像|PIXTA

「熱海城」は地上43m、海抜160mの場所に位置しており、町を一望することができます。頂上のからの360度パノラマの眺望は最高のひとときを演出してくれるでしょう。晴れた日は初島や大島、その先に網代・伊東方面の伊豆半島を見渡すことができますよ。
熱海城

画像|PIXTA

城の1階にはマッサージチェアが完備されており、旅の疲れを癒やすことができます。また、定期的に芸能人やアイドルなどを招いてイベントを行っています。そのほか「武家文化資料館」では城や町の歴史を学べます。

名称 熱海城

おすすめポイント 街を一望できる高台に位置し、晴れた日には伊豆半島を見渡すこともできる。

料金 大人 1,000円
小中学生 500円
4歳~6歳 350円

住所 静岡県熱海市熱海1993
アクセス 熱海駅より車で約10分

営業時間 9:00~17:00

サイト http://atamijyo.com/

【関連記事はこちら】
▷あなたのお気に入りがきっと見つかる!熱海でおすすめのグルメ19選

4. 起雲閣

起雲閣

画像|PIXTA

続いてご紹介するのも、文豪が愛したとある宿。「起雲閣」は、1919年に築かれた別荘でした。当時は熱海の三大別荘とも呼ばれていたそうです。1947年には旅館として営業を開始し、数多くの文豪が宿泊しました。

起雲閣

画像|PIXTA

ここで執筆を行ったのが、太宰治。あの人間失格を執筆しました。彼が滞在したのは今は無き別館ですが、彼にゆかりある展示がされています。彼は1948年に、山崎富栄とここに宿泊します。その年の6月に、彼と彼女は心中自殺することになりました。こちらも熱海随一の、文豪ファンには見逃せないスポットです。

名称 起雲閣
おすすめポイント 太宰治がともに心中した山崎富栄と宿泊し、人間失格を執筆した。
料金 大人 510円
中高生 300円
住所 静岡県熱海市昭和町4-2
アクセス 熱海駅より徒歩約20分
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.city.atami.lg.jp/kiunkaku/index.html

【関連記事はこちら】
▷熱海のおすすめパワースポットからランチカフェまで堪能しよう!

5. 旧天城トンネル

旧天城トンネル

画像|PIXTA

明治時代、1905年に誕生した全長445m、幅約4mの、日本初の総石造り「旧天城トンネル」。正式名称は「天城隧道」。石をひとつひとつ積み上げて作られており、使用された石は全部で35,000個以上にも及びます。

旧天城トンネル

画像|PIXTA

実は、このトンネルは川端康成の「伊豆の踊子」、松本清張の「天城越え」の小説の舞台。中はひんやり、苔生した歴史を感じるこのトンネルは、2001年に道路として初めて国の重要文化財に指定されました。小説の中そのままの光景を味わうために、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

名称 旧天城トンネル
おすすめポイント 伊豆の踊子など小説の舞台ともなった、総石造りの重要文化財。
料金 無料
住所 静岡県伊豆市湯ヶ島~河津町梨本
アクセス 沼津ICより車で約1時間20分
営業時間 24時間

【関連記事はこちら】
▷東伊豆をぶらり旅!温泉と花の街・河津のおすすめ観光スポット10選

6. 城ヶ崎海岸

画像|PIXTA

伊豆半島中部に位置する「城ヶ崎海岸」は、断崖絶壁が広がる、観光客にも人気の絶景スポット。その特殊な崖や海岸線は、約4000年前の大室山の噴火で溶岩が流れ、海沿い約2㎞を埋め立てて現在の姿になった、と言われています。

画像|PIXTA

景観だけでなく、ぜひ訪れたいのがスリル満点の門脇吊橋。手すり部分はワイヤーなので、景観を邪魔しません。揺れるのでドキドキしますが、思い切って顔を上げると、そこには雄大な海が広がっています。デートで立ち寄れば距離が近まること間違いなし。歩きやすい服装で訪れましょう。

名称 城ヶ崎海岸
住所 静岡県伊東市富戸
営業時間 24時間

7. 大室山

画像|PIXTA

伊豆半島のランドマーク的存在「大室山」。お椀をひっくり返したような、美しい姿が特徴です。噴火の影響で、湖が形成され後に水田に、そして先ほどご紹介した城ヶ崎海岸の独特な形を生み出しました。まさに、伊豆半島の自然を生んだ山と言えます。

画像|PIXTA

リフトに乗って約6分で山頂に行けるため、アクセスも抜群。毎年、春の訪れを告げる山焼きは大迫力で、先着順ですが着火に参加することもできます。また、春の桜やお正月にはイベントも開催。子供向けイベントも行われるので、ぜひ家族みんなで訪れてみてはいかがでしょう。

名称 大室山
住所 静岡県伊東市富戸1317-5
営業時間 【リフト営業】
10月1日~3月5日 9:00~16:15
3月6日~3月15日 9:00~16:45
3月16日~9月30日 9:00~17:15
サイト
http://omuroyama.com/

8. 天城山

画像|PIXTA

万三郎岳や万二郎岳、遠笠山などの山々から構成される、連山の総称「天城山」。日本百名山のひとつで、約80万年から20万年前の噴火で形成され今の姿となりました。年間の降水量が多く、「雨木」という言葉が由来して「あまぎさん」と呼ばれるようになったのだそう。

かつては徳川幕府の天領でもあったこの土地。登山ルートは手つかずの自然が残っており、木々が鬱蒼と生い茂る姿は神秘的です。また、万三郎岳は春先でも山頂の気温が5度以下になる場合もあるので、登山前には天気予報をしっかりと確認しておきましょう。

名称 天城山
住所 静岡県伊豆市・伊東市・賀茂郡東伊豆町・賀茂郡河津町
営業時間 24時間
サイト

9. 伊豆シャボテン動物公園

画像|PIXTA

1959年にオープンした「伊豆シャボテン動物公園」。温泉に入るカピバラは、メディアでも多く取り上げ全国的にも話題となりました。飼育舎をお湯で清掃していたところ、手足をつけて気持ちよさそうにしていたことがはじまりだとか。今では冬の風物詩として、多くの見物客が訪れます。

画像|PIXTA

カピバラのほかにも、じっとした姿が特徴のハシビロコウや、昭和天皇も見物したサボテンなど、園内には見どころ満載。また、屋内施設も充実しているので雨の日でも楽しめます。子供はもちろん、デートや女子旅にぴったりのスポットです。

名称 伊豆シャボテン動物公園
住所 静岡県伊東市富戸1317-13
営業時間 3月~10月 9:00~17:00
11月~2月 9:00~16:00
サイト
https://izushaboten.com/

10. 初島

画像|PIXTA

首都圏から一番近い離島「初島」。海底が隆起して海上に現れた島と言われており、約7,000年前から人が暮らしていたことが分かっています。また、与謝野晶子や林芙美子の作品の舞台にもなりました。今ではアクティビティが楽しめる島として人気を呼んでいます。

出典:Retty

島内で特におすすめなのが「PICA初島」。ハンモックに揺られたり、ミネラルたっぷりのお風呂に入浴したりと、都会の喧騒とは離れたひと時が過ごせます。また、ダイビングやアスレチックなど本格的なアクティビティも充実。家族や恋人、友人と参加すれば、素敵な思い出になること間違いなしです!

名称 初島
住所 静岡県熱海市初島
営業時間 施設によって異なる
サイト https://www.hatsushima.jp/

11. 浄蓮の滝

画像|PIXTA

あの名曲「天城越え」にもその名が登場する名瀑「浄蓮の滝」。近くに「浄蓮寺」という寺院があったことに由来して、その名がつけられました。かつては容易に近づけない場所で、ジョロウグモの化身が住んでいる、という伝説があったそう。

高さは約25m、滝つぼの深さは約15mと伊豆随一の大きさを誇り、間近で見れば迫力も満点。水の流れる岩肌は、柱状の独特な割れ目があるのでこちらも必見です。滝は駐車場からもアクセス抜群。ただし階段が多いので、歩きやすい服装で向かいましょう。

名称 浄蓮の滝
住所 静岡県伊豆市湯ヶ島
営業時間 24時間
サイト
http://www.j-taki.com/

12. 朝霧高原

画像|PIXTA

富士山西麓に位置する「朝霧高原」は、標高700mから1,000mに広がる高原です。富士山を眺める絶景スポットとして知られています。朝に霧が発生しやすいことからその名が付きました。高原では牛が暮らし、のどかな風景が広がります。

画像|PIXTA

周辺には道の駅があるので、ドライブの休憩にもぴったり。また、子供連れの方は乳搾り体験など動物と触れ合えるまかいの牧場がおすすめ。新鮮な牛乳を使用したジェラートが人気です。富士山の雄大な姿を眺めながら味わえば、ひときわおいしく感じるでしょう。

名称 「道の駅」朝霧高原
住所 静岡県富士宮市根原字宝山492-14
営業時間 8:00~17:00
サイト https://www.asagiri-kogen.com/

13. 伊豆・三津シーパラダイス

画像|PIXTA

1930年にオープンした「伊豆・三津シーパラダイス」は、日本でも歴史の長い水族館。日本で初めてラッコやセイウチ、バンドウイルカを飼育したことでも知られています。見どころのひとつがイルカショー。豪快なジャンプは必見です。

画像|PIXTA

館内では様々なイベントを開催。ショーはもちろん、子供も楽しめるふれあいイベントも豊富です。また、日帰りの入浴施設や周辺観光スポットの入場券と、水族館のチケットがついたお得なプランも充実。気になる方は公式HPをご覧ください。

名称 伊豆・三津シーパラダイス
住所 静岡県沼津市内浦長浜3-1
営業時間 9:00~17:00
サイト
http://www.izuhakone.co.jp/seapara/

14. 伊豆高原

画像|PIXTA

大室山周辺を指す「伊豆高原」は、別荘地として人気のスポット。1961年に伊豆急行が開通し、現在の伊豆急コミュニティーが1963年から分譲地の販売を開始しました。その後観光施設や宿泊施設が増え、現在では静岡屈指の人気観光地に。

伊豆高原が人気の理由のひとつが、都内からの交通の便。都内からは踊り子号で約2時間、車でも約2時間と、日帰りでも立ち寄れることが魅力のひとつです。また、ホテルや温泉宿も多いので1泊2日の旅行にもぴったり。ドライブやちょっとした旅行におすすめです。

名称 伊豆高原
住所 静岡県伊東市富戸・池・八幡野
営業時間 施設によって異なる
サイト

15. 来宮神社

画像|PIXTA

静岡で人気の温泉地・熱海。熱海駅のお隣、来宮駅から徒歩5分の場所に位置するのが「来宮神社」です。若い年齢層の女性が多く訪れることでも知られています。そのため、境内には携帯を置いて写真が撮れる台があったりと、女子旅やデートにはぴったりのスポットです。

画像|PIXTA

見どころはご神木の大楠。幹を1周すると寿命が1年延び、願い事のある人は誰にも言わずに1周すると願い事が叶うと言われています。夜には大楠のライトアップが行われ、幻想的な雰囲気に。ロマンチックな空間を散策すれば、心もリフレッシュすること間違いなしです。

名称 来宮神社
住所 静岡県熱海市西山町43-1
営業時間 9:00~17:00
サイト
http://www.kinomiya.or.jp/#pagetop

浜松・浜名湖エリアでおすすめの観光スポット4選

1.竜ヶ岩洞

竜ヶ岩洞

画像|PIXTA

「竜ヶ岩洞」は避暑地としても人気の浜松のパワースポットで、たくさんの観光客が訪れます。洞窟の中はイルミネーションが灯されており、幻想的な雰囲気が体感できます。2億5000万年という長い時間を掛けて自然が作り上げた奇跡の鍾乳洞は必見!

洞窟内の温度は一定なので、夏に行くことをおすすめします。エントランスにはドラゴンの像があり目が光るなど子供が喜ぶ仕掛けなどもほどこされています。マイナスイオン濃度が濃いため健康にも効果的でしょう。ぜひ訪れてみてください。

名称 竜ヶ岩洞
おすすめポイント 洞窟内は幻想的な雰囲気で、夏に訪れるのがおすすめ。
料金 大人 1,000円
小中学生 600円
住所 静岡県浜松市北区引佐町田畑193
アクセス 浜松いなさICより車で約10分
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.doukutu.co.jp/

【関連記事はこちら】
▷自然やグルメが堪能できる!浜松でおすすめのデートスポット19選

2.浜名湖パルパル

浜名湖パルパル

画像|PIXTA

浜名湖畔にあるリゾート型遊園地「浜名湖パルパル」。たくさんのアトラクションがあり、絶叫マシンから観覧車までバリエーション豊富。かわいらしいキャラクターがたくさんいて子供が喜ぶ環境になっているので、子連れの方におすすめ。

「ドン・ブラーコ」は、地中海をイメージした迫力のある景観の中を、流れている水の上を進むアトラクション!「四次元」はスリル満点のジェットコースターで絶叫系が好きな人なら満足いただけることでしょう。ぜひ、大切な人と訪れてください。

名称 浜名湖パルパル
おすすめポイント 絶叫マシンも子供向けアトラクションも充実している。
料金 高校生以上 1,200円
中学生 900円
小学生・幼児・シニア 700円
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町1891
アクセス 浜松西ICより車で約15分
営業時間 10:00~16:30
サイト https://pal2.co.jp/

【関連記事はこちら】
▷浜名湖まで来たら堪能して欲しい!おすすめの観光スポット10選

3. 浜名湖

画像|PIXTA

日本で10番目に大きな湖「浜名湖」。もともとは淡水湖でしたが、地震と高潮により海水と混じり、現在のような汽水湖となりました。魚など湖に生息する生き物の数は日本屈指。その環境を生かし、うなぎの養殖などが行われています。

画像|PIXTA

周辺には舘山寺温泉や、浜名湖パルパルなど子供から大人まで楽しめる観光スポットが満載!周辺では花火大会も行われ、湖面に反射した色とりどりの花火は必見です。また、近くにはうなぎを提供するお店も多数。浜名湖が育んだご当地グルメが味わえます。

名称 浜名湖
住所 静岡県浜松市・湖西市
営業時間 24時間
サイト

4. はままつ フラワーパーク

画像|PIXTA

1970年に開園した「はままつフラワーパーク」は、浜名湖周辺でも人気の観光スポット。1年を通して様々な花が咲き誇り、季節に合わせたイベントも開催されます。中でも人気なのが、春の桜とチューリップ。1,300本の桜と50万球のチューリップが咲き誇る姿は、世界一美しいと言われています。

画像|PIXTA

歩き疲れてしまった、という場合は園内を約15分で巡るフラワートレインの利用がおすすめ。また、共通チケットを買えば隣接した動物園もお得に見学できます。小中学生は無料なので、家族連れにおすすめのスポットです。

名称 はままつフラワーパーク
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町195
営業時間 3月~9月 9:00~17:00
10月・11月 9:00~16:30
12月~2月 10:00~16:30
サイト
https://e-flowerpark.com/

静岡は魅力のスポットがたくさん!

いかがでしたか?静岡県は徳川家康公が長く過ごした地として、現代まで共に発展してきたという歴史があります。日本一と言われる富士山を楽しむことのできる風景もたくさんあります。富士山に直に登山することができるという強みがあるこの地では、富士山の麓にも数多くの施設が立ち並んでおり、多くの観光客を楽しませてくれる場所でもあります。また静岡県は日本の中心に位置している場所の為、各地からアクセスしやすいというのも特徴の一つです。ぜひ一度足を運んでみてください!

【ホテルの関連記事はこちら】
▷浜松観光のおすすめスポットと宿泊にピッタリなホテル15選
▷これで静岡の温泉を網羅!おすすめの高級旅館からホテル、温泉街まで29選
【観光の関連記事はこちら】
▷浜名湖周辺のおすすめ観光スポット20選!湖畔で憩いのひとときを
▷パワースポットあふれる街!御殿場周辺穴場&おすすめ観光・グルメスポット!
【グルメの関連記事はこちら】
▷静岡で海の幸・山の幸を食べつくす!おすすめグルメ店20選
▷浜松の堪能するならここ!観光客にもおすすめしたいご当地グルメ16選

静岡県のおすすめ旅館・ホテルをさがす

特集

2020/06/01港町・函館で日本一の朝食を。温泉も夜景も味わう最高の癒し体験 ──センチュリーマリーナ函館

2020/05/18余韻を楽しむ大人にふさわしい、手の届く贅沢──京都悠洛ホテル Mギャラリー

おすすめ記事

人気記事